Img_6d1a1182f443058e0f161320add49ed9
Img_4d7e537f8ed4cb771ef24e07e90824ab
先日 奥入瀬へ行った時に八甲田山ロープーウェイに乗りました。
そこに映画『八甲田山』のポスターが貼ってありました。
高倉健・北大路欣也・丹波哲郎・三國連太郎・緒形拳・加山雄三・栗原小巻・加賀まりこ・秋吉久美子・・・
他にも、昭和の銀幕で主役を張っていたスターの名前が並ぶのを目にして
「これは見なければ!」とTSUTAYAでかろうじて1枚だけあったDVDを借りてきました。
20年位前の映画かな...と思っていたら、1977年の映画 ナント!41年前の映画でした。
おりしも今年4Kデジタルリマスター版で再生されて特別上映会があったり
来年1月にはNHKホールでシネマコンサートはあったりと再び注目を集めている映画です。

映画の内容は、そのそうそうたる銀幕の主役級のスターたちが
3時間近くの映画のほとんど雪の中を歩いているシーンです。
この撮影は、実際に冬の八甲田山で行われ 3年かかったそうです。
あまりの過酷な撮影条件の下、「やってられまへんわ」と逃走した役者も複数出たとか。
40年以上前のことです。ケータイもなければヒートテックもなく温暖化もまだ始まる前・・・
なのに木村大作さんはすごいロングショットで遠ぉい所から撮っていたり
やっぱりスゴイ映画だなぁ、と思いました。健さんの演技にもあらためて惚れてしまいました。
最初は群馬県かどこか景色が似たところで撮影しよう という案もあったそうですが
監督が事前調査で八甲田を歩いていて「絶対にここで撮らなければ」と思ったそうです。
「映画には空気が映るから」というのが理由。
ワタシが言いたかったのもソコ。青森、奥入瀬、八甲田には他の所とはちがう空気を感じます。
まだ行ったことがない方やずっと若い時に行った方、機会があれば行ってみてください。

蛇足ながら、夫はこの映画を社内研修で何度も見せられたことがあるそうです。
「リーダーが判断を誤るとついて行く者たちはどうなるのか」を考える訓練だそうです。
日本の政治家たちも4Kデジタルリマスター版で見てくれたらいいのにね。
Img_a7900a41946ca0a78443e188bc55eec6
Img_bfee93c7d5c13f01af1b642a88a6e053
11月はれんげそうさんでワークショップをさせていただきます。

7,5cm角のスクエアの容器に好きな素材を選んで入れて美しいボタニカルキャンドルホルダーを作ります。
中に入れるアロマのティーライトキャンドルも好きな色と香りを選べます。

★ジェルキャンドルワークショップ★
2018年11月21日(水)
場所:スイーツ工房れんげそう
   枚方市牧野本町2丁目9-8
受付時間:11:00~15:30
  制作時間は約1時間
  制作後waxが冷めて持ち帰り可能になるまで20~30分かかります。
  時間の希望は予約順に伺います。
講習費:2000円(材料費含む)
   プラス ワンドフード+ワンドリンク以上のオーダーをお願いします。
持ち物:作品持ち帰り用のエコバッグや紙袋

ご予約は直接  れんげそう Tel. 072-396-5080  まで 
Img_73a3de0fd0d02e0194ce9020a6209875
写真は奥入瀬で見た楓です。
奥入瀬では 木々の色づきは赤よりも黄色の割合が多いのです。
「赤」もやっぱり見たいなぁ…
今年は作品展が早く終わったので、ゆっくりと紅葉見物に行けそう。
台風で林や森は少し荒れているかもしれませんが。
関西のモミジはまだ色づきはじめのようで
真っ赤になるのは月末くらいでしょうか。
地球の温暖化で 紅葉の時期はどんどん遅くなって
10年後には紅葉見物はクリスマス頃になるかも、
と 言っていた学者さんがいました。
人間よりも植物の方が上手に対応していくのかもしれませんね。
Img_779210ccddc3acb22475195c111bc86e
倒れたユリノキの巨木の根っこ
天気がよかったので私市の植物園へ出かけました。
新聞だったかテレビだったか...忘れたけれど
私市の植物園も9月の台風21号で大きな被害を受けたと知りました。
植物の自然の姿をそのままに観察してもらうために
倒れた根っこを撤去せずそのまま入場者に見せているとのことでした。
もちろん通行の邪魔になる倒木は切ったり撤去したり今も整備中。
先月はまだ園内の5分の1ほどしか公開できなかったのが
11月に入ってようやく公開範囲が3分の1まで広がりました。
メチャクチャに荒れてしまっているのか、、と心配しながら行きましたが
職員さんの整備の甲斐もあってか
一見して変わりなく穏やかな美しい森のままでした。
鬱蒼と茂っていた枝は台風で折れてはらわれ少し明るい森に変わっていました。

台風のあと、樹木医の佐野藤右衛門さんがおっしゃっていました。
「植物の成長の過程にはすべて意味がある」と。
だから台風で淘汰された木があったとしても
人間が手を入れて切ったり起こしたりしなくていいのだと。
今日もらった植物園のパンフレットの「園長のひとこと」にも
"巨木が間引かれた森からは新しい個体の成長が始まっています。
今後の森の再生を末永く見守っていただければと願っています" とありました。
Img_69d4eba194c341d61cf07c1917a386c0
イイギリ
Img_c3675b0c3cafd67175a399b4810ba181
??
Img_a6cf6dadca8d9dda40a04bdb32dc10c8
??
Img_7375c18b2b946cd5f2d06780d02324f7
トキワサンザシ
Img_e242dc5750cbb456f2060d3baee737e6
ガマズミ
Img_5b10148f103e7a7e78d5844b10ae6fdd
セイヨウサンザシ
昨日、植物園で見た「赤い実」です。
上の右ふたつは名札が付いていなかったので名前がわかりません。
ガマズミの実は食べられるようです。
同じ「赤」でも色々な赤があり
形もまん丸だったり少し平べったかったり
赤い実探しは飽きません。
Img_0c8102ebdba3dbb86c6822202d42f0b5
Img_39f6c785ef86a63aebf56c78b31278ea
Img_d18e1047959a9cc0a4a2713b660294cd
Img_3e9159e3b426c343c4ea8c4430903686
Img_379e2430d03c1659c341f2c66bb6a431
Img_c53bb7d1dc3993695bc40b81afa066ee
『ありがと展』が終わって1ヶ月。
皆さんにワークショップで作っていただいたジェルキャンドルはどうなったでしょう?
1週間位したら気泡は消えてきます、とお伝えしましたが
その後 グンと気温が下がったせいか 泡が消える速度は遅くなっているようです。
もし まだ気泡がたくさん残っている ということなら
部屋の中でも暖かい場所に置いて 気長にお待ちくださいね。

そろそろキャンドルに点火してみようという人もいると思います。
点灯するとどうなるか、定点観測で写真を撮ってみました。
ジェルキャンドル はゆっくりゆっくり燃えていきます。
真ん中の芯の周りが溶けて凹んでいきます。
入れた花材はそれに伴って沈んでいく感じです。

5時間点灯したものを消して写真を撮ったのがコチラ↓
Img_c4b1b8484575c65f68baa3e7bcbe4c52
Img_f7ab4aa5997d74a2c26baa557953e142
Img_5e25b3710e2b9465a1baafa84a5e99ed
芯に近い花材は少し焦げたようになっていますが燃え移ることはありませんでした。
もし点灯される時には
近くに燃えやすい物が無いこと、水平な場所であることを確認し
火をつけたら側から離れないようにしてお楽しみくださいね。
Img_35691393cf65f1727e57b1dec0182e3f
Img_f0f01bbdc3296b45b068ab14bf699ae1
縦に掛けた場合


★『お正月飾り』のワークショップ★
12月のキタノ文化教室では、プリザーブド加工された
天然の素材を使って正月のお飾りを作ります。
掛けるスペースに合わせて、縦掛け・横掛け・斜め掛け...
ご希望のタイプに仕立てていただけます。

キタノ文化教室 『お正月飾り』
日時:12月16日(日) 
   11:00から か 14:00から 
   (時間の都合はご相談ください)
   制作時間 約1時間半
参加費:3,800円(材料費含む)
定員:午前午後合わせて7名
場所:キタノヴィレッジ
   貝塚市海塚71
   Tel. 072-430-2977

お問合せ・ご予約は このHPのE-mailから
または直接キタノヴィレッジまで
Img_a06159dd93464a5d650063c58b3ac9b8
先日、このdiaryで見ていただいたウェディングブーケ。
一昨日日曜日は その花嫁さまの結婚式で
嬉しいことに すぐに写真を送ってきてくださいました。
自分が作ったブーケを持ってくださっている花嫁さまを見るのは夢のようで…
嬉しくて ちょっと小躍りしてしまいます(*^^*)
髪飾りも華やかに可愛く付けてもらっていて「100いいね!」自分で出します。

どうぞ 末永くお幸せに❤︎
ブーケを作らせていただいて 本当にありがとうございました!

Img_560e9f28d7d212f68de7f261cd2404be
ハボタンを植えました。
今年も高校時代の同級生が丹精込めて作っているハボタンを分けてもらいました。
農園は岸和田の山中にあり、9月の台風で甚大な被害を受けました。
ハボタンは何割か残ったものの、花苗は全滅。
台風が通過した後 農園を見に行き、あまりの惨状に
ご主人が「もう農園をたたもうか…」と言ったほどだったそうです。
1番堪えたのは事務棟が半壊水没して
ハボタンを育て始めてからずっとつけていた記録のノートや資料が
全て失われてしまったことだと聞きました。
「人生ゲーム」のように、時に何コマか後ろに戻らされることもあるけれど
ガンバって ガンバって、ゴールをめざして行きましょう。応援しています!
Img_12262dd46c382204b15d1e39bd75d823
今朝 上賀茂神社へ行きました。
モミジはまだ青々しているだろうと思って行きましたが、
結構 赤く色づいてきています。
今 緑と赤が混ざっていて それはそれでとてもキレイ。
まだ人もまばらな清浄な空気と朝日に照り映える紅葉。
とてもトクした気分でした。
今度の週末は 紅葉狩りの人々で京都は大混雑でしょうね。
大原や上賀茂神社・大徳寺など中心部から少し離れた所は
混雑の度合いがちがいます。
可能ならば 朝早く行くのがいいですね。
Img_8c0cf4c0c33eb7b46702a25733835dde
Img_3a162a6da405d657f64e3ec1d8e043f7
Img_9fd14de329695af41a8de45f8de1fdc0
上賀茂神社は神社の中でも最上位の格を持つ由緒正しい神社です。
パワースポットとも言われますが
そもそも「パワースポット」の意味がよくわかっていないワタシ。
ググってみると「本当は凄い修行を積まないと得ることのできない"徳"が
ただそこへ詣でるだけで得られる場所」という説明が1番わかり易かった(^^;
科学的に磁場がどうとか、天上・地上・地下を結ぶ軸がどう…という説明はよく理解できません。
上賀茂神社には本殿の他に小さな祠が点在していて
「癒しの神様」とか「迷いを振り切る神様」とか やおよろずの神様がおられます。
前行った時には無かった説明書きの看板が立っていたので何の神さまなのかよくわかりました。
朝早く行って 鳥居の前に引かれた砂紋を見て
日本人はこうして神様につながって信仰してきたのだな、と思いました。

Img_346552c7cc015a7b20b7e78cd51cfd90
Img_5090345635e00f714bbbe8f6e3d0ac05
Img_83c8c48ceebb5017eab55ca8e177d683
上賀茂神社→「神馬堂のやきもち」というくらい
門前の焼き餅屋さんはいつも行列ができていて
朝9時に行っても売り切れていたりで
なかなか入手困難なお菓子… だったんです。
「神馬堂の焼き餅」は、以前は…
ところが この前行った時には誰も並んでいなくてヒッソリ。
やってるのかな?と 思いながら 店をのぞくと「いらっしゃいませ」と。
いとも簡単に焼き餅を買うことができました。
河原のベンチに座ってまだ暖かい焼き餅を食べました。
昔と全く変わらない 素朴な美味しさ!
しかし、人の心は移ろいやすいなぁ、、と ちょっと切なかったです。
Img_b1cf8ff5881d141965a4aadb94481445
冬桜
Img_c785891c0b690405429a29af2111d9c9
四季桜
Img_38b844d4930a518d77a4f5c1d42fb30a
十月桜
京都の植物園へ行った時、桜が咲いているのを見ました。
「冬桜」「四季桜」「十月桜」、3種類の桜です。
十月桜は知っていましたが 他にも春でない時に咲く種類があるのですね。
チラホラと雪が舞うように咲くさくら。少し寒そうです。

植物園でも 上賀茂神社でも結婚式の前撮りをするカップルを見かけました。
この日はお天気が良く 暖かくてよかったです。
今日は寒くなりました。今週末にかけて冷え込むとのこと。
風邪などひかれませぬよう!
Img_e08465f5cf75a9f35176fc4dfae1cf25
Img_af68f4c0f6c134055d63c0aa960e3556
Img_61e791c4889796545ee2cd90b404fcaa
クリスマスに向けて、小ぶりのジェルキャンドルを作りました。
れんげそうさんに販売用として置かせてもらいます。
クリスマスケーキと一緒にいかがでしょうか?

写真のキャンドルは3週間ほど前 全部同じ日に作った物です。
これまで 結構暖かかったので 気泡はすでにかなり抜けています。
中に入れる物によって発生する気泡の量がずいぶん違い
今の時点で残っている泡の量もそれぞれです。
どれも いずれ気泡はほとんど消えると思います。

明日はれんげそうさんで四角い容器のジェルキャンドルワークショップをします。
まだ 空席がありますので 当日参加も可能です。
ケーキを買いに来て、見てご興味持たれたらどうぞお気軽にお声かけてください。
Img_96efe41b1645c9694db25e407f7084fa
れんげそうさんでのジェルキャンドルワークショップ終了しました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!
たくさんの素材の中から 自分で好きな物を選んで作った作品は
それぞれにその人らしさが出て とても素敵です。
それを見るのか 密かに私の楽しみだったりします。
わが家には 素材はいっぱいあって
ワークショップに持って行く素材はその中から絞っています。
選んで、使い勝手のよいように切ったり揃えたりしていると
軽く準備に半日以上はかかってしまいます。
でも 「今日はコレを作ります」と材料を揃えてしまうよりも面白いので
これからもできるだけ自由度の高いワークショップを提案していきたいです。
Img_c902cd76bbfaeb6d6632ced7171203b8
テレビはあまり見ないのですが、最近好きな番組があります。
それは木曜の夜NHK総合で放送されている
「世界は欲しいモノにあふれてる」という番組。
この番組を見ていると、遠い世界のその街へ明日にでも行ってみたくなります。
行ってみたい外国はまだまだたくさんあって、
行けるうちにできるだけ出かけたいと思いますが… やっぱ英語は重要。
このトシでも 何とかなるでしょうか?
英会話アプリだけはいくつもダウンロードして
なかなかつづかないダメなワタシ、、、
Img_721c1a553a122e5cc5207a368ddef1e0
来年 日本で開催されるラグビーワールドカップ。
今年の初めからチケットの抽選先行予約が始まっていて
すでに 数ゲーム分のチケットはゲットできています。
ところが… 日本が出場する試合は何度 抽選に申し込んでも当たらない(ToT)
せっかくの自国開催、チームJAPANを応援したいじゃありませんか。
皆んな そう思ってるんですよね…
抽選はこれで終わりだったので 次のチャンスは1月の早いモン勝ちの申し込み。
全く勝ち取れる気がしません。。。
Img_b723ad91978871af3162c2ed5ed21d8a
Img_e2998f6821e14e3a28892741f8fe40e6
Img_b96ae7cfb6a6c67e74e31a055855466f
季節労働バイトのワタシ、
最近はまたよく中之島バラ園で昼にお弁当を食べています。
今年は 秋バラがキレイで長持ち。
まだ 花を付けている株も多いです。
手入れをする職員さんは その年のバラを見ながら作業を進めるようで
去年は11月の末には すでに短く剪定されていたように思いますが、
今年はまだ「好きなだけ咲いていていいよ」というように
切り詰めることもなく置かれています。
12月の声が聞こえてきましたが 今日は暖かな小春日和で
散歩しながら写真を撮っている人も多かったです。

ベンチに腰掛けてボーっとしていると、
MBSラジオの取材の女の子にインタビューされました。
「最近 腹が立つことは何ですか?」と聞かれて
「えー、特にナイ」って答えちゃったからきっとカットだな(笑)
Img_262852620d29ddda220c437fd9519f65
Img_c5ab603856e8eada1892480d1e9a9d5e
Img_f59b99fc391b4e0f0109738fdb3feb58
今日起きてみたら案外いいお天気。
もう今日しかない!と思って京都へ紅葉狩りに出かけました。
モミジの葉っぱの数ほど人がいる所へは行きたくなくて
一足のばして山科まで。 はじめて行く毘沙門堂に向かいました。
毘沙門堂は2011年のJRの「そうだ、京都いこう!」キャンペーンのポスターになったので
そこそこ有名どころですが、中心部からすこしハズレているせいか
人でごったがえしている...というようなことはありませんでした。
紅葉にはギリギリ見頃に間に合ったという感じ。
こちらのお寺はカエデだけではなくドウダンツツジの木も多く今まさに真っ赤!
そして見上げている先からハラハラ..ハラハラ..と落葉してきます。
ポスターになった勅使門につづく参道に散り敷くモミジが有名で
気合いを入れて、早朝に行けばその光景が見られるかも。
毘沙門堂は500円の拝観料を払って本堂に入るとお坊さんが説明をしながら回ってくださいます。
格の高いお寺で襖絵なども見応えがありました。
京都、まだまだたくさん行きたいところがあります。

今日はもう1寺行きましたが、それはまた明日。

Img_932c545a03c06e469b04c53c7945d71c
紅葉を見に訪れたお寺 もう一箇所は山科を少し南に下った随心院。
醍醐寺は桜も紅葉も有名ですが その近くにある小野一族にゆかりの寺。
小野一族といえば 古くは小野妹子、そして一番有名な小野は小野小町ですね。
ここは地名も「小野」で 地下鉄の駅名も「小野」です。
お寺は知名度を上げるために やはり小町推し。
Img_74c270bd62a751a91068e80ce1309a78
秋田生まれの小町が宮仕えのあと ここに住んでいた、と縁起録には書かれています。
小町に寄せられた山のようなラブレターを埋めたとされる「文塚」や
小町が顔を映し 洗ったと言われる「小町の化粧井戸」跡などが残されています。
ここへお参りすると モテモテになり良縁に恵まれるというご利益があるそうです。

さて、紅葉は…
上の写真のように 「絵のように美しい」紅葉の景色を見られます。
ま、カエデの木が境内にそれほどたくさんある所ではないので
ピンポイントで このシーンですが この景色はいつまでも見ていたいほどキレイ。
そして 何より良いのは、空いている!
Img_6bc4bd8a3d508c3e1a787581b9c910e1
この縁側に座って この美しい紅葉の景色を独占、できます。
真言宗の由緒正しいこのお寺 本堂には観音様も何体も祀られています。
ご本尊の如意輪観音像のお顔が優しく穏やかでとても好きでした。
なんだかとても静かで心が落ち着くお寺です。写経場もありました。
心が迷った時には また訪れよう、随心院… 覚えておこう。
Img_421c9232744f02dcf86841a10cdb7fdd