Img_7f2489176988fdd6c16fed24410b2b66
人がワンサカ押しかけていた中之島バラ園。 また静けさを取り戻しました。
まだ花は残っていますが、こんなふうにスッキリと剪定されて・・・
満開の頃には大人気だった『ピエール ド ロンサール』のアーチもこのとおり
Img_f5fc747be1f89dce535c56374793ce7b
名札の近くに、1輪2輪咲き残った花を置いておいてくれているのが
手入れをされている職員の方の心遣いでありバラへの「愛」を感じます。

一時のお祭りが終わったような人影少ないバラ園では・・・
Img_9beded41e667dd48db1b3cb006cfe027
完璧に日焼け対策をした女性職員がひとり、終わったバラをどんどん摘む作業をしていました。
秋になって涼しくなった頃、またバラを見に来る人たちのために
途絶えることなくバラの世話をする職員さんがいて 美しいバラ園が維持されているのですね。
Img_5f08b426097d347207aefe49e147b6a2
ズーッと雲ひとつない五月晴れが続いていましたが
6月に入った昨日、 バリバリ・ピカピカ・ビュービューと大きな音をたてて空の模様替え。
大荒れの天気でしたね。 帰りに ゲリラ豪雨につかまりませんでしたか?
今日はキッパリと夏空に変わっていました。
でも 本当の夏空になる前に 梅雨がやってきますね。
今年は季節の変わり目がハッキリしているので
「ハイ、今日から梅雨」と(空に)言われて しっかり雨降りの日が続く、
「ハイ、梅雨は終わり!今日から夏空です」と言われて
ガンガン暑い夏になる… ような気がします。
さて、私の何の根拠もないテキトーな長期予報 当たるでしょうか。
Img_d8020a4ad1352144e83a3ea74b48369a
去年はお届けすることができなかったブルースターの画像。
今年は復活です!
つうこにもらった種から育てたブルースター
何年も楽しませてもらいましたが
多年草にはやはり終わりがくるようで
去年枯れてしまいました。
でも、羽毛で飛行したタネのひとつが
約5mほど先の換気口の前で一昨年芽吹きました。
芽吹いたものの
一昨年はヒョロヒョロのまま寒くなると枯れて無くなり
去年もヒョロヒョロのまま枯れてなくなり、、
もうそのまま生えてこないかと思っていたら
今年は逞しくしっかりとした茎が伸びました。
3年かかって今日やっと花が咲きました\(^o^)/
きっとこれからまた数年、ここで咲いてくれると思います。
なんか、やっぱり植物ってスゴイ。。。
Img_2109253b7de54a1ca4e16c7818d86336
このdiaryに 先日書いた「1ヶ月遅れで咲いたのんびり屋のジューンベリーの花」
あくまでもマイペースに実を結びました。
仲間たちは私にジャムにされてすでに完食…
残りはヒヨドリが食べ尽くし、今年は山分け状態だったとさ♪
と、すっかり 終了しているのに 気にする様子もなく。
自分のペースでルーチンをこなしています。
赤く色づいたら ヒヨドリよりも先に採ってパクッと私が食べるんだ〜
Img_4f7c05f44d6f1239faac996ee8f0bcd7
Img_342d650ecf6a20d09dc91ae252ab0db4
今日は空の青がキレイな1日でした。気持ちよい風に誘われて夕方駅までの道を遠回り。
今年が始まってまもなく「京阪沿線の名橋を渡る (Click!) 」をやってみよう!と言っていましたが
今日は「シリーズ21 水晶橋 (Click!) 」を渡ってきました。
本当に美しい姿のこの橋は、以前が堂島川浄化のための可動堰だったそうです。
詳しいことはリンクを見てくださいね。
私の橋巡りは21番から始まりましたが、シリーズ5の難波橋はいつも渡っているし 
今日はシリーズ10の淀屋橋も渡ったのに写真を撮っていません (^^;
いつも通るところは「今日撮らなくてもいっか」と思ってしまうのです。
でも、暑くも寒くもなくお天気がいい今日撮っておけばよかったかな。
Img_4e95170132b7694652a77f548aee6277
今日は年に一度の歯の検診でした。
私が行っている歯医者さんの建物はとてもレトロ。
昭和前半の建物ではないでしょうか。
診察室はモチロン改装されていて 機器は新しい物です。
大先生が開業されていた歯科を息子さんが継いでおられます。
息子さんといっても 私と同じ位の年ごろの先生で
先代はすでに亡くなっておられます。
窓口の事務員さん(女性)は うちのおばあちゃんと同じ年齢です。
うちのおばあちゃんもこの歯医者さんに通っていて、
先生の推薦で8020運動(80歳で20本 自分の歯が残っている)で表彰されました。
同年代ということで 受付の女性と仲良しだった義母も2年前に亡くなりましたが…
先代の時代から受付事務をしていたというその女性は
今日も元気に働いておられました。
今日は先生に 「ウダさんも8020いけると思うので頑張りましょうね」と言われました。
今日の「ひよっこ」のミネコのように
「こんな時、私はどんな顔をすればいいのでしょう…?」と心の中で思いました。
Img_6cb548794bbcc6fdd9ba83a4d2d99cf8
去年「れんげそう」のスタッフのミッチさんからもらった
「タイム」を挿し木したら根付いて、地植えにしたら花が咲きました。
目をこらして見ないとどんな形かわからないくらい小さな花です。
その横にはローズマリーとセージが育っていて、
鉢に植えて茂ってきたイタリアンパセリを並べたら、まるで"scarborough fair"♪
parsley sage rosemary and thyme〜♪
私が料理に使うのはパセリだけなんですけどね…
調べてみたら、タイムは万能調味料で特に鶏肉との相性がよい
塩胡椒でソテーした鶏肉に振りかけるだけでご馳走になる。
ハーブとしての効用は2日酔い・頭痛・咳や喉の痛みの緩和、
ハーブティーにして蜂蜜を入れて飲むと有効、とのことです。
料理に使うことはきっとないと思うけど、タイムが繁ったらリースにできそうです。
Img_8d09348996613d502b2a9034b6fed0da
Igelkottのあらんちゃんから教えてもらった硝子作家のmellow glassさん。
ガラスなのに暖かくて、静かで穏やかな作品。いつか欲しいと思っていましたが、今日 甲子園口で開催中の作品展で買いました!
嬉しくて、ずっと眺めています。

無くても生活できるけど、あると嬉しいモノはいいなぁ〜
人によって「あると嬉しいモノ」はちがうでしょうけれど、
「あると嬉しいモノ」が自分のところに「あるある」ようにするために
みんな頑張ってるんよね、などと 1人納得した今日でした。

Img_8aa1ca9e7f1fb8ef9f7db4d2f0737c41
今日は話題の映画『人生フルーツ』を観てきました。
映画といっても 90歳の修一さんと87歳の英子さんの
暮らしをカメラで追った日常の物語です。
このおふたり、90歳と87歳には見えません。
身のこなしや働きぶりなど もしかしたらワタシ
負けているかもしれません。
幸せに生きるということを示す
素敵な映画でした。
Img_14e9cc802acd3bb86d5e28802255d8dd
私がプリザーブドフラワーを学んだ京都三条のアトリエ VICE+VERSA FLOWERS
私が大好きで尊敬している長尾篤子先生がご出産のため2011年にアトリエクローズとなりました。
この6年の間 先生は1女1男を出産されて、子育てに専念されていました。
私は無理やりご自宅へ押しかけ、お子さんたちと遊びながらプライベートレッスンをしてもらっていましたが・・・
早いもので、上のお嬢さんはもう年長さん。下の坊ちゃんも今年幼稚園に入園されました。
で、先生 いよいよフロリストとして活動再開! VICE+VERSA復活です。
まずはご自宅で子どもさんがいない間だけのレッスンから始められるようです。
なんだか自分のことのようにワクワクします。先生の復帰を待ち望んでおられた生徒さん方もたくさん。
ホームページも新しく作られました。VICE+VERSA FLOWERS→ (Click!) 

そして、Verdan' Gardenも!! ゆうさんの相棒、誉田さんがゆうさんが残したレシピを元に
パンやハーブのペースト等を色々仕込んで岡山のイベントなどで売り出しています。
「屋号を何にしようかと迷ったんだけど・・・ 樹がVerdan' Gardenがいいって言うから」と
昔の名前で出ています。

帰ってきたVICE+VERSAとVerdan' Garden。ふたつは私の恩人なんですもの。とても嬉しい!!
Img_1a509db009b345a358962819d2996197
Img_6cde4019db34ea3b7760f1d484c3cc15
先日 mellow glassさんの作品を買った時に
一緒に買って連れ帰った作品があります。
ワイヤークラフト(針金細工)のlemon treeさんの気球と木。
どちらも全長6㎝ほどの小さくて繊細な作品です。
ミニチュアでとっても可愛い!
私はガラス細工に合わせたかったので 小さな作品を選びましたが
観覧車やプロペラ飛行機 カメラ、鳥かごなど少し大きな作品も素敵でした。
lemon treeさんのホームページはコチラ→ (Click!) 

この作家さんは 針金と戯れている時間が1番楽しいんだろな。
色々な手芸がありますね。 ちょっとやってみたい手芸です。
Img_80b6562d392209f4f3b8b70d99f632a5
しばらく やらなければいけないアレやコレやに謀殺されていて 
花をすることができない日が多かったこの頃。
ようやく一段落したので、花に没頭しています。
オーダーいただいているのに、お待たせしている方々 申し訳ございません。
鋭意制作中ですので、順次お届けのご案内ができるかと思います。
朝の家事がひととおり終わったら、グルーガンとFMの電源を入れるところから始まる一日
嬉しくてニヤニヤしてしまいます。
私は、やっぱり花をしているのが好きだなぁ~と改めて思います。
Img_704f3fa073f4cd5b780e57e1e4200045
「バレエの発表会に出る中学生のお嬢さんへ」というオーダーをいただきました。
花器のストックの中にトウシューズ型の物があったので
こんなアレンジメントを作りました。

昔々、子どもの頃 私もバレエを習っていました。
トウシューズは憧れでした……が、いざ履いてつま先で立つと痛い(ToT)
シューズの中で足の指先はグゥになっていて
足指の第二関節辺りに自分の全体重がかかる、
靴のつま先は硬い木でパッドなんて入っていません。
もう 血まみれ… かなりの苦行でありました。
それでも、スーッとした顔で踊る。バレリーナってスゴいわ…
そんなことを思い出しながら 作っていました。
Img_05b1fc3a299daddd79df3eb427cb591b
爽やかなよい天気が続くので 今年はバジルがスクスク育っています。
どんどん食べなくちゃ… と 摘んできて
グラスに挿したまま使い切れずにいたら根っこが出てきました。
ここでも増えるつもりです(笑)
Img_9e95e274f65e8e85fea274d9fd51063a
6月21日は「国際ヨガの日」だそうです。
それに因んで 今日は市主催・私が通う市のヨガ教室の先生指導による
「チャリティーヨガ」のイベントがありました。
今日はタップリ2時間、最初の1時間が 色々なポーズをとるいわゆるヨガ
後の1時間は ヨガの由来のお話・呼吸法・瞑想でした。
ヨガ、肩こり等・他の不調がスッキリするので体操教室のような感覚で行き始めましたが
実は 色々なポーズを取るのは「無」になるための手段である と常々教えられています。
インドの人は古来から 自己の感情をコントロールする術と向き合ってきたのでしょうか。
日本の政治家も「自分の呼吸だけに意識を向ける5分間」必要なのでは?
そんな雑念を振り払いながら、また自分の呼吸に気持ちを戻すワタシ。
今日の参加者に配られた水には、丁寧なメッセージが添えられていました。
シャンティとはサンスクリット語で「心の平安」という意味だそうです。
Img_9f2170c4b6e071fe6450a5e87008e92a
ようやく本格的に梅雨になりそうですね。
雨が降りだす前に伸び放題のラベンダーをチョキチョキとカット。
ゴミ袋に入れようかと思いましたが、ちょっと輪っかにしてみました。
すぐにしおれてしまうでしょうが・・・
編んでいる時間はヒーリングタイム。 いい香りでした*(^-^)*
Img_788928a08adc5187560b1933bc18fed7
夫の出勤時間が少し早くなり、それに伴い私の起床時刻も早くなりました。
それで 毎朝6:25〜6:35のテレビ体操をしています。
何年か前にも「ラジオ体操をしています」と書いたかことがあり、
その後も毎日ではないけれどYouTubeで音楽をかけながら体操はしていましたが…
皆さん、ラジオ体操はラジオじゃダメです。テレビを見てください!
模範演技をしているのは 体育大出身で体操か新体操をしている
アシスタントと呼ばれるお姉さんたち。
選びに選ばれているのでしょう、、その均整のとれたスタイル抜群のレオタード姿…
それにつられて毎日体操しているオジサマ方もおられると聞きます。
美しい肉体・正しい姿勢も見所ですが、その動作の美しさといったら!
「あぁ、ラジオ体操って正しくはこうなのね!」と自分の間違い発見の連続です。
そして 準備運動や軽いストレッチの気持ちいいこと。
ほんのわずかな運動ですが「あー、効いてる効いてる〜」と普段 いかに筋肉を使えていないか思い知ります。
時々「みんなの体操」というのをやる曜日があります。
ラジオ体操よりも1クールの種類が少なくてごく簡単な動作ですが、
なかなかカッコよくできない、そしてこれだけで筋肉痛になる。。
2ヶ月つづけて ようやくついていけるようになりました。
この習慣を続ければ、足腰が弱るの10年は遅らせることができそうです。
6時半に起きられないよ、朝のその時間体操してられないよ、という方
YouTubeでも見られます。YouTubeを見ながらラジオ体操をするなら
「NHKテレビ体操」で検索すると 色々なバージョンが出てきます。
お手本の正しい体操を見ながら効果的に体操を!オススメです。
Img_c7ae91197e27ba4b4659e4c6ab76e8b8
Img_901bb7790f2a293c6631c1e33291efa0
いつもお世話になっている「ナチュラルスイーツ工房れんげそう」さん。
枚方の隣町 交野市に神宮寺ぶどう園ところがあって、
今年はそちらとタッグを組んで『大ぶどう祭り』をされるそうです。
T-siteでは来月、8月には牧野本店でぶどうをフィーチャーしたイベントが開催されるとのこと。
それで、葡萄のリースを作って 今日ディスプレイしてきました。
おいしいに決まってるれんげそうのぶどうスイーツ❤︎
私も楽しみにしています。

少し久しぶりにれんげそうさんへ行ったら、
パティシエ修業中のヤーギーちゃんのトライアル作品
「初めての砂糖細工」が展示されていました。
ヤーギーちゃん、お見事‼︎
Img_44d5af170efec2aebc9fdf587ebb45b7
「ナチュラルスイーツ工房れんげそう」での7月のワークショップは
『海』をイメージした夏リース!
透明感のある青いアジサイを使って涼し気なティアドロップリースを作ります。
制作後には、この日限定のれんげそうスイーツプレートをいただきます(*^^*)

【日時】2017年7月11日(火)
    13:00~15:00頃
【参加費】3700円(税別)
     講習費・材料費・スイーツ代含む
【持ち物】作品持ち帰り用袋(紙袋・エコバッグ等)
【場所】ナチュラルスイーツ工房れんげそう
     枚方市牧野本町2丁目9-8
*定員6名 
*参加ご希望の方は「れんげそう Tel.072-396-5080」へ直接ご予約お願いします。
Img_b6dfed6319dd0af9b1642e384b0b9a9f
ハワイで結婚式を挙げる娘さんのために
ブーケレッスンに来てくださっている方がおられます。
第1回目は髪飾り。 ブルーとオレンジ色を入れるのは花嫁さんのご希望。
ハワイが大好きな新郎新婦だそうです。
来週はブーケとブートニア。 楽しみです!
梅雨らしい天気が続きますが、気分はハワイの青空の下です。
中之島公園の近くの交差点にある小さな緑地帯の木に
たくさんの白い花が咲いています。
遠くから見ていると、「ん?ハナミズキ⁈ 今ごろ?」
近づいて見たらヤマボウシでした。
本当にたくさんの花!
ハナミズキがアメリカ原産なのに対し、
ヤマボウシは日本が原産だそうです。
とても面白い実がつくようです。
忘れずに見ようと思います。
Img_274532da126b8b2157e7ae52c65dcefc
Img_55e611931daf57a4cc35249bc50e6139
Img_a987bbad90448a75cef588c6d655619f
Img_94e860e027970cae957b3bc759bbecca
Img_ae3a243b241468ce7e5cdc9e140f1b3e
Img_d088fdc15deb961609851039b2f46a27
Img_65af5cb6a64341d6664ab6169380392c
Img_df7bbc029d3458830735a4df921c271b
Img_41ffe9f5762a7642c8951d47365e6678
Img_6877bad28afb1f977c2f82be6b3333bc
きょおと~おーはらさんぜんいん 恋につかれたおん~ながひとり~♪
いえ、別に疲れていませんが、、 元気いっぱいですが(笑) 京都大原三千院へ行ってきました。
京都でも大原は「ずいぶん遠い」というイメージがあるけれど、
京阪電車の三条か出町柳から京都バスに乗れば40分位で着きます。
そのバスはJR京都駅が始発で四条河原町も経由しているので、JRでも阪急でもバス1本で行けます。
バスの乗車時間は結構長いけれど、川端通りを通っていくので景色は良いし退屈しません。
秋の紅葉シーズンにはこのバスがギュウギュウ詰めで、乗れない人も続出の大混雑だそうです。
そりゃね、これだけのモミジの木 さぞ美しいことでしょう。 でも行けませんね・・・秋は。
アジサイの名所でもあり その時期も人が多いような記事も見たので少し心配しましたが
バスはガラガラ、お寺も人が少なかったです。
滴るような緑に包まれて、慈愛に満ちた仏像に静かに手を合わせ お堂の縁側に座ってボーッと庭を見る。
日ごろバタバタバタバタ走り回っているので すごく良い時間でフル充電できました!

大原三千院だからなのか? 「女ひとり」で来ている人が多かったです。
私は前からひとりで行動することが多かったのですが、最近 どこかへ出かけると「女子ひとり」よく見ます。
年齢も若い方から70代と思わしき方々、そういえば新聞にもひとりでどっか行く女性が増えていると書いてました。
独りはとっても気ままで身軽、でも分かち合う人が居ればそれはそれでまた楽しいし・・・
独りで行った所、誰かと行った所、思い出は積み重なっていきますね。


Img_fe4135797c69cd25e573de86b4195e4a
Img_22786e0b4c33b450c6b60eb947dc35b1
Img_4c6fd94f563dd9c506473dc1d695d107
大原は日本の原風景が広がるノンビリとした美しい所でした。
べネシアさん(ハーブ研究家のべネシア・スタンリー・スミスさん)もこんな土地柄を好んで移住されたのでしょうね。

同じ京都でも、中心部は海外からの観光客でエラいことになっています。
大きなコロコロをひいて歩く人たちで、歩道をまともに前に進むことはできず
京都の人たちの生活の足であるバスも外国人観光客で満員で乗ることもままなりません。
先日 新聞に書いてありましたがもともとの京都の住人は
「これ以上他からのお人が増えたらもう京都に住むことかないまへん」と
日常生活に支障が出るほど 京都は観光客で飽和状態。
ま、京阪電車も以前に比べ3倍くらい混んでいます。 京都につながっていますから。
南海本線にもよく乗りますが、自分が外国の電車に乗っているようなアウェー感を感じることも多いです。
数日前にはテレビで、ヴェネチアが映っていました。
観光客が増えすぎて、もはや自分たちが住む町ではなくなってしまった。観光客は来ないでほしい。
と いう住民が多くなっている・・・という話題でした。
京都へ観光に行ってゴメンなさい m(_ _)m ヴェネチアも行きました。ゴメンなさい m(_ _)m
江ノ電も生活電車なのに観光客でごったがえして地元の人はとても迷惑しているとのこと。
江ノ電も乗りにいきました。ゴメンなさい m(_ _)m

「どれほど観光客が来ても全然変わらない」所は無いわけで、
観光客が来ることで町が得るもの、失うもの・・・ 難しいなぁ~
Img_09381190354e1aa07f6b9b2263b1071e
Img_9207db5e76bfe535700880c410116a7b
Img_5d9e2be61a969d4779dc9a6982cbe747
大原へ行った時、「寂光院」も訪ねました。ここは平家物語ゆかりの寺です。
源氏に敗れた平家・平清盛の息女建礼門院徳子がわが子安徳天皇を抱いて入水自殺を図ったものの
源氏に助けられ自分だけが生き残ってしまった。
その後 この寂光院に閑居して念仏を捧げながら生涯を暮らしたという由緒正しいお寺です。
それほど大きくはありませんが、とても趣きのあるお寺です。
2000年に放火により本堂が全焼、ご本尊の千手観音像も黒焦げになってしまいました。
でもご本尊の胎内に収められていた3000体以上の地蔵菩薩や経文は焼けずに保護されて
今ではその一部を宝物殿で見ることができます。
本堂とご本尊は今では新しいものに作り替えられていてちょっと残念ながらピカピカ。
でも観音様はたおやかで慈悲深いまなざしで見降ろしてくださり、やはり自然と手を合わせました。
「不幸なことに負けない強さ」を源平のいにしえから引き継いできたお寺なのかもしれません。
入口を入って本堂への階段を上っていく途中で剃髪した若い尼僧と何度かすれちがいました。
皆さん清々しい顔をされて「こんにちは」と爽やかに挨拶してくださいました。それがとても印象的でした。