Img_793b18f3902e98392756094900104be6
京都のお土産においし〜〜いカステラをいただきました。
封を切ると、フワッと甘くいい香り!食べるとしっとり、玉子の風味が濃い!
Img_ee23610e8afad4b2324a0de488306a31
Img_19608d10cfed92219aa6a9876f94794d
Img_c44e048a9464b3014713f824c5129752
ラッピングもモダンで凝っていて、おもわず見入ります。
君の名は? 「大極殿のカステーラ」 お見知り置きを。
京都大丸の北隣に本店があるようです。
Img_a0ad3b3b8288787e0cae6227ac53a41c
強い雨の音で目が覚めた今朝、雨戸を開けて「あ!」
クロッカスの黄色いつぼみ‼︎
「えっ⁉︎いつの間に? 」 昨日は全く気付きませんでした。
一晩でこんなに出てきたのかな? あんな雨降りの中…
この勢いなら今日中庭に開くのでは?と思い一日中見張っていましたが、
ゆるやかに膨らんだところで日が暮れて、
明日また雨戸を開けた時にビックリさせようと思っているようです。
まだ蕾なのにいい香りがする…と思っていたらクロッカスではなく、
Img_a570941d62cb0060cfe15d2cfe0d9b9a
その隣にある沈丁花。「あ! ひらいてる!」
春です春です! 春がきましたよ〜♪
Img_3691d96789318508f7257c7a4e9b5773
ここのところ ほぼ毎日中之島バラ園の横の橋を通ります。
今はすべての株が約30㎝ほどに切り詰められて葉っぱの1枚も残っていません。
バラってここまで強剪定するのですね。
日によって人数はちがいますが、毎日誰か係の人がいて 何らかの作業・手入れをしています。
美しいバラ園はこんなに手をかけて作られているのだなぁ〜、といつも思います。
約2ヶ月後には このツンツルテンの地面がバラの花でモリモリになるのでしょうか⁉︎

私のアルバイトは 一応3月まで、ということだったのですが
4月以降も継続することになったので バラが咲くのを見届けることができそうです。
暖かくなるし、日は長くなるし…
大川の桜並木を見たり、バラ園を見たり、、、道草ばかりでなかなか帰れなくなりそうです。
夏になったらリバーカフェでビールも飲んじゃいそうだ(笑)
Img_9e3e52d834025ecf5c9f2cb7d9de82d5
クロッカス(↑)、一昨日 一夜のうちにつぼみが出てきてビックリしました。(同じ写真です)
昨日はこの(↑)写真とほぼ同じ状態だったのですが、今日はまたまたビックリさせられました。
Img_5b60637483924107ce2f5ad0ae50d13f
手前の球根のつぼみが一夜のうちに3つに増えていました! なんだか手品を見ているようです。
Img_938d051022120eb358a9b73a18b327dd
Img_62dbc547800acc2d98ae261293cd5d22
Img_b887bcd0d804b58db603f2cc905c83c1
今日は暖かくて天気もよかったのでみるみるうちに咲きました!
春を告げる明るい明るい黄色です。
Img_973151f40ba8db35b2f399f726c30ccb
去年Eちゃんから「たくさんのおひな様に会いに来てくださ~い」とお誘いいただいていた奈良の高取町へ行ってきました!
た~~くさん居られましたよ(↑)おひな様!! こちらはメイン会場「雛の里親館」に集められたおひな様。
ここに至る街道沿いの旧家やお店が皆「わが家のおひな様」を観光客に公開してくれています。
Img_899d4cf4c6a70f3a813909a447d48f99
Img_f7c7d49945b46506a7518cf3769feb55
Img_22eaf336f4b0e21db1fdcaf49df310ee
幕末や明治時代から代々守られている立派なおひな様も展示されていて見応え十分!
どのお家も「どうぞおひな様を見てください」と門も玄関も開け放ち、
こちらが見せていただいているのに、家の方は「見てくださってありがとう!」と言ってくれるのです。
なんてあたたかい*(^-^)*  古い町並みもなんだか懐かしくて素敵でした。
Img_19ab87472d8255db7db06319d876989c
Img_4111080dffaeafd14305af79347679d7
Img_cee35c640519ca727b7f77360b8ede1f
おひな様だけではなく、手作りの物もたくさん展示されていて!
この町の人は皆手先が器用なのかな~なんて思いました。
Img_aff7ba8f0b12a40290ce1c18c8262d48
Img_310cee7fa1b16220994e7c7d4536f3c3
Img_fb50a0de0c595060ccb9ae4ed37398ef
だからEちゃんも手芸が上手なのかなぁ~
Eちゃん、楽しかったよ! 教えてくれてありがとう\(^o^)/

高取町城下町のひな祭り、今月いっぱいしています。→ (Click!)  ホッコリしますよ~
Img_88c2d831bc3cf6569219b0169cf8d57a
Img_ad92ae116aa3bce7b48bb8ad0267a2da
Img_55510e6d964f768cf00941b1a056aa39
高取町で展示されているおひな様には創作ひなもたくさんありました。どれも可愛いのです!
左:ちりめんのネコ雛、ネコさんたちがお雛祭りをしてるのだけど皆メチャたのしそうな表情(^^)
まん中:こちらはネズミちゃんたちのお雛祭り。手のひらにのるほどのネズミちゃん、柿の葉寿司食べてます。
右:盃に入っているちりめんのおひな様。ホヨ~ンと和みます。
Img_59fa46a0b9dcb9e950aeb20395d34f13
Img_42dc1d5a1e8900d3ffe27c53451944e1
Img_2382b810e1d4b99dc40159dbbb20ff89
目をみはるほどのミニチュアも! 1円玉ほどの大きさの重箱にこれだけのご馳走!よぉやるわ。。。
まん中は和紙のおひな様、百円玉と大きさを比べてみてください。よぉやるわ。。。
右は飴玉大のちりめん玉。 高取町の住民はやっぱりメチャメチャ手先が器用です。

高取紀行、つづく
高取紀行のつづきです。イベントのメインストリートに入ってほどなく、骨とう品及び瀬戸物屋さんの前でコレを発見!!
着物をつぶした古布・ハギレ 袋に詰め放題で500円!! スグにビニール袋を取って物色開始。
Img_2b954b4eb3c03668f2ff605944f88d8f
つまみ細工の素材探しにはいつも苦労するのです。
ちょっとづつでいいから色んな種類の正絹の生地がほしい。
京都の古着屋さんやネットオークションなどで和ハギレの詰め合わせを入手しますが、
結構いいお値段で 半分くらいは欲しくない色や柄。
それが~、袋に詰め放題!? しかも選べるの!? ❤ テンション上がりました↑↑↑
そうですよね、この町の人は皆さんつるし雛やちりめん細工をするので和ハギレの宝庫ですよね。
つまみ細工は10cm角もあれば梅が1輪できるのでカケラでもじゅうぶん。夢中で箱をかき回していました。
私がハギレの物色を始めてから約10分後、1組のご夫婦がそのお店にやってきました。
奥さんがハギレの箱の前で「コレ・コレ!私の今日の目的はコレなのよ!」とご主人に宣言。
おもむろにビニール袋を手に私と並んで物色を始める。ご主人は「じゃ、ボク中を見てくるよ」と店内へ。
手早く夢中でハギレを選ぶ奥さんに「何か作られるんですか?」と聞くと
「ええ、つるし雛。来年用の材料にしよ思て。あなたは?何作るのん?」
「私はつまみ細工をちょっと・・」なんて会話を交わしているともうご主人が店から出てきた。
「エッ、まだまだ終わらないわよ」と奥さんの心の声が聞こえたワタシ・・・ 手持無沙汰で待つご主人。
横で立たれても・・・まだまだ選ぶんですよねぇ私たち、、、そのうち奥さんが
「お父さん、先に進んでいて。私 追いつくから大丈夫よ」とご主人を優しく促す。
人の良さそうなご主人は「じゃ、そうするわ」と立ち去る。
ハギレを選ぶ手は止めず「男の人は見たい物がちがうのよね」と私に言う奥さん。
「そうですよね、だから私はいつもひとりで行動します」と答える私。「そうね、それがいいわ」と奥さん。
それから30分あまり、石切から来たというお友達同士のおばちゃん2人も加わって箱の底からひっくり返して物色。
「なかなか袋いっぱいにならないねぇ」と言い合って、「そちらさんは何色探してはるの?」と分業開始。
「ご主人きっと待ちくたびれてはりますよ」と言うと「ご主人はもう放っとくわ」と生地選びにますます没頭する奥さん。
「じゃ、私はこれくらいで・・・お先に失礼します」と声をかけた時、まだまだ終わる気配のないあとの3名様でした。
そんなこんなの物色も楽しく大収穫でした\(^o^)/
Img_b5c7522171bf98b1586567acf55f11bb
Img_dcdc553d45f6107bad3ebf212f0c7439
Img_86c483eb32a3aab40c48f8d64e8f15cf
3月8日は「ミモザの日」
イタリアでは日ごろの感謝の気持ちを込めて男性が妻や母や恋人にミモザの花を贈る日
そして女性はこの日は家事から解放されて女友だちと食事を楽しむ日… なのだそうです。
イタリアではなく日本ですけど、、   特に感謝もされませんけど、、、
高校の同級生が集まって女子会。自分たちで勝手にミモザの日を楽しみました!
ビストロたけnnにてスペシャルランチ♪ 
いちごの季節なのでサラダにはいちごドレッシング、パンにはいちごバター、チキンにはいちごがロール。
スッゴクおいしかったです。
そして、3月生まれのメンバーへのサプライズでおっけちゃんがシフォンケーキを焼いてくれていました!感激(T0T)
その後は皆でキタノヴィレッジへ行って洋服を試着しまくりお買い物。
ハッピーなミモザの日でした\(^o^)/
Img_d068313f0eaeff6c0ccb70521154b1d8
Img_32e1ddf59f50cb539aecfc0653ca98ee
Img_9199ef96b32a1f8d1a20aa7fc6d0a276
昨日は「ミモザの日」のことをお伝えしたくて高取町紀行は一回休みでしたがつづきです。
壺阪山の駅舎を出ると「観光と薬の町」という看板が目に入ってきます。
ホォォ、、、薬の町なのか・・・ 若い頃製薬会社のOLをしていたワタシは「薬」に反応。
さかのぼること1400年前「推古天皇が同町で薬猟りをした」と日本書紀に記されているそうです。
奈良には貴重な薬草がたくさん生えていたのでしょうね。都がおかれていたので医学や薬学も栄えていたようです。
Img_bcf4a5ecd2c9061a444a5726583a14e1
配置薬(置き薬)といえば「富山の薬売り」を連想しますが、高取町も配置薬で栄えたそうです。
ひな祭りのメイン会場の近くに「高取町の薬コーナー」があって↑こんなレトロな薬箱を展示されていました。
町を歩いているといくつかの製薬会社や漢方薬局を見ました。どこも古くて趣きのある建物でした。
Img_cd311a05a0da5fd3379a8fd102ca7c01
Img_a89e080fc80798d01130f2470cbf0081
Img_798adf310e52cd24415d6bb7a6faad92
Img_29b13cc78b1dff2a43efbab981d6fa00
Img_601f39542b4963607b86e23b0f2549ad
Img_55629f0a42ab0500ef3efcafc5f6d53c
お雛祭りのメインストリート土佐街道は↑左上の写真のような石畳。
その左右の両脇に所々写真のような絵のパネルが埋め込まれています。
薬効のある植物とその効能が書かれていました。見つける度に写真を撮って、集めたのは5種類。
あとでもらった「大和高取新聞2017年3月号」によると、この薬草パネルは全部で9種類あるそうです。
後4種類は何だったんだろう・・・?とかなり気になっています。
来年あとの4種類を探しに、そして詰め放題500円のハギレをめがけてまた行こうかな。(笑)
と、まぁ 色々と楽しませていただきました*(^-^)*  高取町の皆さま本当にありがとうございました!
Img_7de31ed1d5e5a9316e0f37a800a15f0e
Img_b23e2a99f9baba83a211cce5590c3adc
曇ってしぐれたり、ジンワリと寒かったり、風が強かったり、、で なかなか春らしい陽気になりませんが
春の花は次々と咲いてくれます。
植えて1年目なので今年はまだ咲かないと思っていたクリスマスローズ、咲きました!
キレイ!!苗に付いている花の写真を見て選んだ種類ですがこんなにきれいな花が咲くとは\(^o^)/
クリスマスローズの美しさを教えてくれたのはVerdan'Gardenのゆうさんで
クリスマスローズの花を見るとゆうさんのことを想います。
水栽培のヒヤシンスも立派に咲きました!
昔理科室の窓際に並べて置かれていたガラスの球根ポット、そのレトロな雰囲気が今また人気。
ヒヤシンスという花もレトロなイメージですが、この花の人気も赤丸上昇中です。
Img_7d8be1e7fe7209584dfa897a7c4e664e
東北の震災から6年目の今日です。
最近になって被災地から避難している子どもへのいじめ問題がよく聞かれますが、
とてもいたたまれない気分になります。
子どもは時としてとても残酷なことをしたり言ったりするけれど
子どもがそんなことを言うということは、そういうことを大人が言うのを聞いているからではないかと思います。
そのことばかりではなく「おかしいやろソレ」ってことが多い昨今。
感情をむき出しにして○○firstって言ったモン勝ちなんでしょうか。
私たちは、日本は、世界は、「思いやり」なんて言葉からどんどん遠ざかっていくのでしょうか。
そんな世界にしてしまったら、これから生きていく子供たちにあまりにも申し訳ないと思うのです。
人が争わなくても天災は起こり多くの命が失われたりするのに。
考えていたらどうすればいいのかわからなくなってちょっとしんどくなったので。
ニコニコメレンゲを食べました。 みんながニコニコしてたらいいのになぁ。。。
Img_7b56e393680bc0b97e66b8b6ba257810
今日はこのHPにもリンク先を貼らせていただいている「Cotton Merci」きぬよちゃんのキルト展に行きました。
もうね… 「手の込んだ」どころではない 気が遠くなるような大作ばかり。
きぬよちゃんのスゴイ作品は撮影することができなかったのですが
写真はきぬよちゃんの妹さんの作品。
ひと針ひと針のステッチが描き出す紋様が素晴らしい!
たくさんの想いがこもった丁寧な手仕事をたくさん見てパワーを分けていただきました!

Img_e36aac966627bf879a6af2b9e6ee921c
ハニービーさんの作品展で 完成するのに2年近くかかっているというベッドカバー大のタペストリーを見て
私にはパッチワークやキルトは無理だなぁ…と思いました。
きぬよちゃんのお知り合いで切り絵作家さんも作品を出しておられましたが…
見せていただいて「うわぁ‼︎」とか「うへぇ〜」とか 言葉にならない声を出してしまいました。
なんて細かい作業、なんて細い線…
色々な手芸に手を出す私ですが、これは無理〜とてもできそうにない(^^;
見せてもらって楽しむことにします。
Img_0f229e6229adcf708872995f46cba484
今日はワタシの誕生日でした。 元気にまた誕生日を迎えられたことに感謝です。
先週 高校時代の同級生たちとビストロたけさんで女子会をしました。
その時に おっけちゃんがサプライズの誕生日シフォンケーキを焼いていてくれました。
その翌日が誕生日の浩美ちゃん(私の着付けの先生です)と 次週誕生日の浩子ちゃん、名前入り!
こんなトシになって 誰かに誕生日ケーキを焼いてもらえるなんて! 嬉しかったなぁ〜(*^^*)
ところで 誕生日も数日ちがいの同級生・浩美と浩子。 これは偶然ではなく…
現皇太子の幼名は「浩宮」さま。2月に誕生されました。
その翌月に生まれた女の子2人は浩美と浩子という名前をつけられました。
天皇家の跡取りに付けるような字だから間違いないという思った、と母から聞かされました。
はい、おかげさまでハッピーにすごしています。
Img_49994782c2cff247d4c9d1334f86e9b2
気温は冬に逆戻りですが、動き出した植物たちは止まることなく
庭のクロッカス 紫色も出てきました。
昼間 出かけていたので紫色が開いたところは見られなかったのですが、
明日は家にいるので開花を見届けられそうです。
手前には絞りの紫の蕾も出てきています。楽しみ!

中之島バラ園の川沿いのハクモクレンも産毛の殻を脱ぎ捨てていました。
明日はバイトが休みで見られないけれど
明後日見ればきっと白い鳥が飛び立つような花が咲いていることと思います。
Img_d2e7df34ae46f4186623b7b9d96558c0
昨日お見せしたクロッカス、今日は開きました!
この手前の柄物、スゴイです。 こんな模様描けません。無地の紫もいい色です。
人間は太古の昔から物を作る時 植物にインスパイアされてきたのでしょうね。
色だとか柄だとか・・・ デザインのモチーフは植物からヒントを得たのだろうと思いました。

クロッカスが夕方になると花を閉じて眠るのを知っていましたが、
今日は一日家にいたのでずっと観察していて発見!
今日は晴れたり雲ったり、すると花も開いたり閉じたりするのです。
お日様が照ると花はフワッと開き、雲が厚くなるとゆるやかに頭頂部を閉じていました。
その後また日が照るとちゃんと開いていたので、早じまいしたワケではないようです(笑)
明日には真っ白のクロッカスも咲きそうです。
10球390円でこんなに楽しめるなんて♪ とってもおトク\(^o^)/
Img_841888e7005dc8815b7a653ed7464e0f
今日見た中之島のハクモクレンです。
木に止まった白い鳥たちはまだ羽を閉じていますが
明日・明後日には 一切に羽ばたきそうです。
↑ これは朝撮った写真で…
少し早引きで 午後3時頃に通ると
陽気に誘われて公園を散歩する人がいっぱい。
なんだか パリの街角のような素敵な音楽が聞こえてくると思ったら、
Img_0276c145bfe84cd1370866fb8d04de54
ハクモクレンの傍らのベンチでアコーディオンを弾くおじさん♪
すごーく お上手でした。 春が来るっていいな(*^^*)
Img_b1db2ec51a267f9a8597705d99d5eb10
「また」だけど 見てください!
クロッカス 白も咲きました‼︎
すこぉし 紫色の筋が入っています。
これで全色咲きそろいました。
ひとつの花は3日ほどで終わってしまいますが
次々と蕾が出てくるのでまだしばらく楽しめます。
Img_97a0d57b23c97492e743645b4ad30744
今日はとても暖かくて春本番!という感じでしたね。
春に浮かれて最近制作の手が止まっているんじゃないの?! というツッコミが聞こえてきそうですが・・・
やってます、やってます (^^;; 花もやっています。
今日 依頼主のところへ届いたようなので写真をお見せします。
先にこちらで公開してしまうと楽しみがなくなりますものね。
このリースは「ご結婚60周年のお祝いに」というお題で作らせていただいた物です。
春らしい色合い・穏やかであたたかな作品にしたいと思って作りました。
長い間一緒に過ごされてきたご夫婦がホッコリと2人でお茶を飲む時に
その横の壁で静かに優しくお二人を見ている・・そんなリースにしたかったのです。
受け取られたご夫妻がよろこんでくださるといいな。
Img_9e84a12c485699b4766c89c5a36129ca
私が行ってみたい国No.1だったイタリアへ来ました!
今日は『最後の晩餐』を観ました。
教科書で見るのと違って
息づかいや絵に込められたパワーが伝わってきます。
ミラノのドゥオーモも言葉を失うほどの壮大さ。
いーっぱい感動して帰ります。
Img_71b10a1f2731ecdd4cbdda7d67a0afb2
今日はフィレンツェを1日中歩き回りました。
ミケランジェロ広場から見下ろすフィレンツェの街
長年「リアルに見たい」と思っていた景色です。
食べる物は美味しくて 陽気でフレンドリーなイタリア人 この国 とても好きです。
初日のミラノは曇っていたものの その後は晴れ女のツキが続いています。
帰ったらまた写真を見てくださいね。 まだ帰りませんが……(^^;
Img_1ebf2df5b569e2c4d7983c47ef3370d1
有名な遺構をたくさん見て、どれがどうだったのかヤヤコしくなっていますが、
今日見たばかりだし 印象的だったのでずっと忘れないだろうと思う作品は
今日 バチカン美術館で見たこの ↑ 彫刻、ラオコーン像です。
作出 紀元前20年とも紀元前100年とも言われるこの作品。
骨格・筋肉・血管…古代ローマ人は解剖学的にその頃すでに
解明し尽くしていたことを証明する像だそうです。
美術館のガイドさんが「日本では埴輪を作っていた頃です」と言ったのにウケました。
世界中の人が集まるバチカン美術館、日本人の顔が皆埴輪に見えました(笑)
Img_006ad413934495b4140f56eec6ba4aed
Img_74a082868a50d17c3b7906c3c6107cbc
Img_fc79b587b83fe82aa8842c75823d1c6e
帰ってきたら桜が咲いているかと思ったら・・・ 寒くてビックリしました。
でも、わが家へ戻ると行く時にはまだ固いつぼみだったヒヤシンスやムスカリが
「おかえり!」と言ってくれました。
よかったよかった、キレイに咲いていられるところを見られました\(^o^)/

時差ボケでポォ~としているけれど、宿題山積みです。 シャキッとしないと。。。

HIRO
Img_9c7e5bd3708558e82a6990f9a8e74b89
イタリアは行くのは初めてで、ミラノ→ベネチア→フィレンツェ→ローマという
オーソドックスな初心者コースを巡ってきたわけですが
行った順に真面目なレポートを書くワタシではないことは皆さんご存じでしょうから(^^;
徒然なるまま気ままに旅行のお話をします。
今日は、この旅行で撮った写真の中で「一番のお気に入り写真→バチカン市国サンピエトロ寺院の衛兵」です。
たくさんの教会に立ち寄りましたが、カトリック教会の総本山・ローマ法王がおられるサンピエトロ寺院はやはり別格ですね。
その寺院を守っているのが↑彼ら衛兵、歴代スイス人。スイス人は勤勉だから、という理由だそうです。
この写真の何がお気に入りかというと、この衛兵のコスチューム、ミケランジェロがデザインしたそうです。
ミケランジェロっていつからいつまで生きてたん!?と調べてみたら1475年~1564年です!!
500年以上も前にデザインされた衣装を今も纏っている衛兵たち、今見ても斬新! 
そして、さりげにカメラ目線してくれています。(呼びかけたワケではないですよ・・・)
彼らがイタリア人だったらきっと笑顔を浮かべてウィンクしてますよね(笑)
翌日のフリータイムにもう一度サンピエトロ寺院へ行きました。
その日は前の日に比べたらグッと寒くなったので衛兵もコートを着ていました。
こんなの↓  やっぱり一味ちがいますね~
Img_3f8460f4c8b49a7330b5e40e49d0e371