Img_cf8ec4906091bb1b4117aaae2c999dbe
昨日Stable Notes live at Layla 終了しました♪
応援いただいた皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
大阪、神戸、岡山・・遠くから足を運んでくださった方もおられましたm(__)m
あんなに間近でかなりの音量、しかもオリジナルがほとんどのライブ、
終始集中して聴いてくださった皆様に 感謝致しますm(__)m
LaylaらしくJazzyに盛り上がったライブ、set listはコチラ♪
≪ The 1st stage ≫
1. Layla (New!)  昔も今も変わらず熱いJazz spot Laylaのための書きおろし新曲です。
2. Page 14     久しぶりに開いた14ページ。 TpソロもPソロもゴキゲン♪     
3. Diana Dew (New!) 月をイメージした曲。 抑制の効いた美しいピアノソロは師匠のイメージですね・・
4. The third junction  最初はベースソロ。6弦エレクトリックでSF映画のような世界を表現。
手島クンの展開してくれる世界は毎回、楽しみ♪ 最後は圧巻のGoriさんのドラムソロ!4曲で1ステージ終了♪ 

≪ The 2nd stage ≫
1. The eye of hurricane (H.Hancock) ドラムと終始対話するかのようなTpも古川師匠のピアノも独断場。
フレディとハービーがアイドルの二人、燃えに燃えました!
2. Don Verde ( New! ) lady Bordeauxからバトンを受けた曲。 コードの色づけのせいか、earthyに盛り上がりました↑
3. As a falcon flies   tp,pの高速ソロは空を翔けぬけました。
4. Above the clouds  インストヴァージョンで歌いあげ♪
5. Bird's eye view 「空」の3部作 最後はこの曲で。
* encore Nearness of you
新曲バラードでは、皆様がタイトルを考えてくださいました。
小津安二郎監督の名作のイメージより「晩秋」、静かな月のイメージ「luna」、
「Moonlight holds you on the still lakeside」は若いカップルより(^-^)
私自身最初に考えていた「dew」を入れてくださっていた「Diana dew」に決定しましたが、
この先も演奏する時は、皆様のイメージで聴いていただければ、と思います。
あ、「星影のチヅコ」(マスターより)(笑)は忘れてください^-^;
様々なイメージを持ってタイトルを考えてくださった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
実は、お客様の中にマジシャンが! 休憩の間に、カードマジックを披露くださいました。
もう信じられないコトの連続・・Magic! Trick! Terrific! 皆ただただ驚嘆(@_@)
素敵なサプライズパフォーマンス皆様大喜びでした。 ありがとうございましたm(__)m
会場中が一つになったライブも大盛り上がりの内に終了!
お越し下さった皆様、お世話になったマスターに心より御礼申し上げます。

さて、今週 土曜日は姫路城観桜会「花あかりコンサート」です。 (18:30~ 20:00~) 
西の丸のライトアップされたサクラも本当に見事ですよ。 いかがでしょうか(^-^) 

Img_d2a812d722ffe3206a7bc0f4cafab47a
つうこ
Img_a5ed2f6520b67cc77d38270eb5c2817d
房総半島の旅のお話をするつもりでしたが、季節はスゴイ勢いで進んでいてゆっくりしている場合ではありません!
アッという間に桜が咲きました。昨日・今日は絶好のお花見日和でしたね。
というわけで、房総半島はほったらかして毎度おなじみの背割堤へ行ってきました。

毎年毎年 同じような写真を撮るわけですが・・・
今年はちょっと芸風を変えたいナと思っています。
見ようとするモノを変えればアングルは変わり、感じ方も考え方も変化していくように思うのです。
Img_06f0337147a630dc8f760c3a6edd3a14
Img_7223eeb4d905c1333bccdb4ea6e258dc
「なんかイイなぁ~」と思える『ヒト』を ちょっとづつモニターのどこかにとり入れていけたら、と思います。

HIRO
Img_44561f78d0dbe307e833d24a2236144e
Img_3659dab3da2bf45bc9ad0f41848b1c6e
Img_90ae81603affb5f302e7ff7c97b7e69d
話が行ったり来たりしますが、先週末に行った房総半島の旅の話に戻ります。
なぜ房総半島なのかというと、ツアーを申し込んだ時はまだとても寒くて「房総半島→お花畑→暖かな春」にソソられた・・・
潮来・銚子・九十九里浜・鴨川・館山・・・ どんな所なんだろう?行ってみたい!と思いませんか?!

このツアー、東京まで新幹線で行ってそこからはバス。最初の見学地は水戸偕楽園でした・・・
そう、こないだ個人旅行で行ったばかり! でも今回はツアーなのでショートカットできません (^^;
前回行った時はまだ早すぎて梅はちょっとしか咲いておらず、今回は盛りを過ぎて梅はちょっとしか咲いていませんでした。
偕楽園の次は鹿島灘沿いに南下して鹿島神宮を参拝し、1日目のお宿は潮来ホテル。
夕食の大広間には舞台があって お姉さん(お母さん)が橋幸夫の『潮来笠』を舞って見せてくれました。
Img_3106d7707643d877d45ed8fd971599f8
Img_19355679e88fa9cdf96c739003f1e37c
Img_cf2c9d5d064c83206f292b6110729a90
2日目は朝の7時から女船頭さんが操縦する舟に乗り「潮来十二橋巡り」、
そのあと廃線の危機にあるローカル線「銚子電鉄」に揺られてプチ鉄子気分
銚子タワーに上り新鮮な海の幸の昼食と海産物のお買いもの。
その後は九十九里浜に沿って外房をひたすら南下、途中「月の沙漠」の海岸などに寄りながら
鴨川を超えたあたりで房総半島の先っぽを横断、2日目のお宿は内房の富浦にあるホテル。
Img_8d1150cb64d107ab076b2043547ff7f4
Img_0ba6e4fffa870257c711f3c4042df952
Img_154c09859cd6e237f487240b11af1264
3日目は富浦からさらに南下して房総半島の最南端、野島埼灯台へ。暴風雨で飛ばされるかと思いました(-"-;
館山のフラワーラインには見渡す限りの花畑が広がっていて、本当にキレイだったのですが
雨で一番楽しみにしていた「花摘み」をすることができませんでした。残念!
そして、ここからやっと進路を北へ向け帰路につきます。
木更津から海の上を走る高速道路「東京湾アクアライン」を走って神奈川県の川崎へ、
そこからお台場・レインボーブリッジを通って東京駅へ・・・

Google地図開いて見てみてくださいね。水戸・潮来・銚子・鴨川・館山・野島埼・木更津・川崎・東京・・・
とぉぉぉかったデス。個人旅行では絶対に行けません。バスの運転手さんありがとう。
潮来・銚子は「昭和」のまま時間が止まっているような所でした。
鹿島灘・九十九里浜・・・ ハイ、堪能いたしました。
3日目だけが雨で、フラワーラインとアクアラインの海ホタルは本当に残念でした・・・
なかなかハードな旅でした。。。

HIRO
Img_a86ce1fb05304509dadf12d71b5687aa
Img_e379df69e337d1677d9c04e8a9110c1e
今日は風が強かったですね・・
満開の桜もそろそろ花びらが舞う頃になりました。
花曇りの桜も撮りましたが、やはり晴れの日の桜も残しておきたくて・・
行ってきました!龍野城跡。 でも人はまばら
明後日、さくらまつり「武者行列」には たくさんの人で賑わうのでしょうが・・
一足先に、VOP添乗員が皆様をご招待したいと思います(*^-^*) どうぞ・・
Img_b26a9914958d51fd7abb818086c75bc1
Img_2031c88f8c81e19b7996b38af301efbd
Img_88079850029d2e121347ced7be568072
Img_0759a9279749b086e3aadc67ed58bd06
Img_9fa844798d9388687a5d53d9ac99838b
Img_fb8cbd7d6ee28d3d2946bc35e2e3391d
明日は 姫路城西の丸庭園にて開催される「観桜会花明りコンサート」に出演します。
ところが!天気予報は、雨(>_<) もしかして雨女だったのでしょうか、私・・(・。・;
昨年もそう・・小降りになった 頃あい見計らって テントを張っての演奏でした♪
今年もなんとか演奏できますように・・ そうです!夜桜、撮ってきますね。
明日は気温が下がります。 皆様、風邪をひかないよう、お気をつけください。

つうこ
Img_2e2a2eefbca3ce7d1a0b4ec3a5371165
観桜会 花明りコンサート終了しました♪
午後には陽が差す時間帯もありましたが、予報どおり雨が降りました。
テントを張ってのセッティングですが、繊細な生楽器には厳しいものがあります。
そういえば、昨年もmaikoさんはなかなかケースからヴァイオリンを出せませんでした。
ベースも最初のステージ後にはわずかにネックが反り、ドラムもかなりの湿気を吸い込んで音がかわります。
「木」を使った楽器、金属を使った楽器は本当に生きている楽器なのですね。
雨に加え「花冷え」の本日、吐く息も白く・・この時間帯の気温は5℃(・。・;
でもそんな雨や寒さに負けてはいられません!今が一番の夜桜を!と、駈けつけられた方々が 本当にたくさん。
演奏が始まるとみなさん 足を止めて聴いてくださいました。
傘をさしたまま、30分間・・たいそう寒かったと思います。本当にありがとうございましたm(__)m
2部のステージでは急遽素敵な飛び入りも。♪Bye bye blackbirdを歌ってくださった米山久美さん、ありがとうございました。
星や夜にちなんだオリジナルとスタンダード♪ この日だけのステ―ジを楽しむことができました。
来園いただいた皆様、お世話になった関係者の方々に改めて感謝いたします。
冷たい雨と寒さにもかかわらず、たくさんの方々をこの庭に招いた「桜」・・本当に見事でした。
閉園まで時間わずか、大急ぎで撮ったショットです。 雰囲気が伝わるといいのですが・・
Img_1cb1501cbc9f18ff5b597893964c0286
Img_1e60e265a488c6d0ed6348d91242adf3
Img_4e40031dd4396125ba959bb69c7178d5
Img_16f0a018a4f80263b9d7004bc3fd36c8
Img_afcf99d8ebad120edd183af9fc5abdaa
つうこ
Img_1fb6b1119fbf0ca4a68a050bf5eab32a
Img_3025d9ba5768de52967b730b0ef9693c
Img_82011931e95953fe5c2687adb5332bdb
今週も旅に出ています。 メインの行き先は出雲大社。
これまでに賜ったたくさんの幸せなご縁に御礼を、
そしてこれからも 人やモノ よいご縁に恵まれますように!

足立美術館・松江の城下町・石見銀山、どこもとても良かったです。
帰ったらまた報告しますね~(^-^)

HIRO
Img_b6a493a450d4af63f38eb98503779444
Img_a89a98067cf6ac9c8e552e90a91b4b80
Img_86e31fb2d3020fc88faa92a0b41ff990
ずっと前から行きたかった足立美術館へやっと行けました。
ドジョウすくいで有名な島根県安来市、畑の中にポツンとこの美術館と安来節会館だけが建っています。
辺ぴな場所にあるにもかかわらず年間50万人もの来館者が訪れる 日本庭園と横山大観コレクションで有名な美術館です。
なぜこんな辺ぴな所にあるかというと、作品を収集した創設者の家がそこにあったからです。
横山大観はじめ著名な日本画家らの多くの作品・溜息が出るような北大路廬山人の器たち、
すみずみまで丹精されて 11年連続best of japanese gardenに選ばれているお庭・・・
こんな美術館を作った人はさぞかし大富豪なのだろうと思うのですが、創設者:足立全康さんという方は貧農の出身
大観の絵を見た時に「いつかこの絵をわが手にしたい」と思う一心で一生懸命働いて実現した信念の人のようです。 (Click!) 
この美術館に所蔵されている作品群を観ていると心が動きます。感動します。
全康さんが惚れて惚れて、本当に欲しくてたまらない絵ばかりを集めてあるからでしょうか。
お庭は凛とした美しさの中にも懐にいだかれるような心地よさ。いつまででも飽きることなく眺められます。
行ったことある人は皆「素晴らしかったよ」と言いますが、私も「大好きな場所」がまた増えました。
今回はツアーでの参加だったので いつまでも眺めていることはできなかったのですが、
お庭の景色はモチロン・展示作品も季節ごとに変わるようなので、今度は個人旅行で行って好きなだけ眺めたいです。
「ちょっと行く」には少し遠いんですけどね・・・

Img_aeff18a0a9970559c6138a29668802cf
Img_e50ed7465b2bcc78b69f01030965f191
Img_5c22526347777e431e3d85a8abfc20dc
展示作品は撮影禁止なのですが、庭を撮るのは自由です。
足立美術館の建物は、こんなふうに窓が額縁や屏風のように配置されていて
四季折々の庭の景色が絵画のように楽しめます。

HIRO
Img_e51647544f22880ae80838a73e17ce51
「出雲紀行」足立美術館の次はおそらく・・と期待してページを開いてくださった読者さま。
今日もイイところ(野球なら7回表終わったところ)でチャンネルは西播磨局に切り替わります^-^; 
HIROの紀行文、続きはまた明日。 どうぞお楽しみに(*^-^*)
先週末、姫路城の夜桜を少し紹介したのですが、雨の中、慌てて撮ったショットばかりでした。
このままでは心穏やかに桜の時季を越せないワタシ・・行ってきました、姫路城!もう少し紹介させてくださいね。
週末の荒天で花びらも痛み、赤い萼は消えかけの線香花火のよう・・
でも、それはそれで雨と風に耐えたしるし・・とご覧いただくと嬉しいです(^-^)
今日は特別企画です! 桜とともに、ライブのご案内もしてしまいます♪
最初にご紹介する2つのライブは今週末。 日が迫っていますが、ご都合よろしければ、是非どうぞ。

まず可憐な花とともに紹介するのは・・かわいいお嬢さんですよ~❤ ホリサカ ユキさん。
Img_1143be524d600f11872faf8ff2ba1617
Img_491e874df218256a2cf1925e742b5da5
Img_74384f68f581663428556f03a4104540
 以前、Stable Notesライブでも素敵な歌声を届けてくださったユキさん
オリジナル楽曲を中心としたグループ、アコースティックなユニットでのヴォーカリスト、
ジャズヴォーカリスト、そしてヴァイオリニスト(学生時代Vn専攻)としても活動中です。
SNライブの時は、♪Someone to watch over me を歌っていただきましたが、
最初Verse 部分を聴いて「なんてpureな声をしたお嬢さんなのだろう❤」と惹きこまれました。
山口友生さん(布川師匠の後輩、よくギターduoご一緒されてます)とのアルバムも、空気感がとても素敵♪
この3月には、映像と音楽のコラボライブ「マチオト」 盛り上がりのうちに終了したようです。
実はそのPV (Click!) には、山口さんやVOPゆかりのアノ方のお写真も!また改めて掘り下げますね。
今回のライブではギターとのduo、 マイクもアンプも一切使わないアコースティックライブ。
ユキさんの歌が たっぷり聴けるのですね、とても楽しみです♪

   ホリサカ ユキ (Vo)    仲山 涼太 (gt)
日時 : 4月11日 (金) 19:00 open 19:30 start
場所 : カフェスロー大阪  (Click!) 
チャージ : ¥ 1500 (予約・1drink付き)  ¥1700 (当日・1drink付き)
Img_c76a5a8e7b40d3e028373f4a089d5ca7
Img_08ce7767249e461032333b4fa8fa05b4
Img_df73d5169d6d3e0ef1ecae61da3e81c0
そして、ライトアップされた幻想的な桜とともにご紹介するのは・・
以前duoでご一緒したジャズヴォーカリスト 喜多美子さんのライブ♪
武庫之荘Mクアトロでのライブレポートはコチラ (Click!) 
喜多ちゃんのヴォーカルは温かみと深みのあるアルト、しかも私の中のイメージではA♭管(*^-^*)
本当にヴォーカリストさんて、持ってうまれた「声」の個性って大きいですよね・・
今回も素敵なスタンダードナンバーをたくさん聴かせてくださいますよ。
ピアニストは、関西ジャズシーンでご活躍の多田恵美子さん。
Duoでされるアプローチ、とても勉強になります。楽しみです♪

 喜多 美子 (vo) 多田 恵美子 (p)
日時 : 4月12日 (土) 19:00 open 19:30 start / 20:30~ /21:30~
場所 : 武庫之荘 M.クアトロ (Click!)  
チャージ :¥2100 (予約)  ¥2300 (予約なし)
Img_b31702197fb27969f494e7d598fd780a
Img_9666aa984cc38d856c344ce3adc4e3fb
Img_7837779099786d2223c1b5348df484ac
そして、最後は ・・ あ、その前に、この上の1番左側画像ごらんください!
 桜の大樹!樹齢何年ぐらいですか?先生! コメントの方に答え、お願いしますm(__)m
古木、城壁とともにお伝えするのは、Stable Notes ^-^;
いつも5月連休ライブが恒例となっていましたが、メンバーの予定があわず・・2週目土曜日です!
この日もドラムのGoriさんの予定が合いませんでしたが、ドラムレスで行います。
・・ということは、古川師匠の「ピアノソロ連動の歌」・・そうです!お聴きいただけます♪
自身の年齢の X倍分の大人を支えるベース手島クンのプレーなどなど・・
室内楽風でも熱いSNライブ、楽しんでいただければ嬉しいです。 

東川 幸嗣 (tp)   小田 千津子 (key)   手島 甫 (b) 
Guest : 古川 初穂 (p)
日時 : 5月10日 (土) 
場所 : 神戸三宮グレートブルー
詳細は改めてお知らせ致します。

さて、姫路城夜桜 特別企画お楽しみいただけましたか?
ここまでお読みいただきありがとうございました。スマホの方、大変でしたでしょう。。
最後に・・お礼のしるしです(*^-^*)
Img_2499f414ed5b083d0ac0699c89891dd9
つうこ
Img_881785e0ae5615b9f7be4f8271190d7a
Img_108f7ba42f7e94e8dbaeaab0cc1b1146
Img_c7182e650d08de16b950935d5b4839d8
さて山陰の旅のハナシはちょっと置いといてぇ… またか(^^;;
今日は京都植物園の横・鴨川沿いにある半木の道(なからぎのみち)を散歩しました。
紅枝垂桜のトンネルが900mほど続きます。
枝垂れは今満開でとてもキレイでした。
そこで こんなステキなお花見をしている女性2人!
Img_04d9a66efc479521d9a0d090fafc367c
最近 お花見といっても 皆 手に手にコンビニのビニール袋を下げている…
このご婦人方は美味しそうな手作りのお料理を持ち寄って
ドレッシングも何種類かあるし、ワインも(^^) 素敵な籠に入れて。
私も 混ぜてほしかったです。。。
私のお花見はいつも1人で行って写真撮ってピューッと帰るだけ。
こういうの見るとイイなぁ〜 来年は誰かとお弁当持って行こうかなぁ…

HIRO

Img_2e70e5bae89b2a8b0fcc6f271890a390
Img_9c183de44c023dde040f15ea8c09d409
世界遺産に登録された石見銀山、正直それほど行ってみたかったわけではなく
「ツアーのコースに入っているから・・」今回行った場所でした。
ここは上高地と同じで環境保全のため自家用車を乗り入れることが禁止されている地区です。
観光バスの降り場からでも坑道の入口までは40分位歩かねばなりません。
私たちのツアーには「生まれも育ちも石見」という70代のカワムラさんご夫妻がガイドについてくださいました。
清流に沿ったハイキングコース、とても豊かな自然に抱かれている場所です。
Img_f8cd0b2674acb7f681ff6e95b2b1322b
Img_c287370746c64b248a6a49035bd2cfd4
Img_f3f1f00e5deea4b96a77f5703ed0b405
日本のどこにでもあるようなこの山に銀の鉱脈があることがなぜわかったかというと
日本海を船で航行していた博多の商人が「山が光っている」のに気がついて
地元の領主の協力を得て採掘を試みたのが銀山発見の始まり・1525年頃のこと。
掘れば銀が出てくる「宝の山」はその後 激しい争奪戦の舞台となりますが
徳川家康はこの銀山を天領にして江戸時代には最も栄えていたそうです。
映画「もののけ姫」をご覧になった方、「たたら場」のシーンを覚えておられますよね。
あのたたら場の建物のモデルになったのは石見銀山近くの雲南市吉田の「菅谷たたら」。
そこでは銀を採掘するための鉄の道具も多く作られていたようです。
島根の山々には 映画で見るように精霊たちが本当に住んでいそうな神秘的な雰囲気があります。
Img_74821f6f7b32afdda20d1358d047cfde
Img_e7ea07e716f9dbfea19bde38ea802bbf
Img_744a94c29132fdedfc4194390d01cbfe
見学した龍源寺間歩(まぶ=坑道)の中では当時の採掘の様子を知ることができます。
この間歩は世界遺産に登録された際に観光用に整備されて歩きやすくなっていますが
枝葉のように分かれている採掘道には江戸時代の人が掘ったものも残っているそうです。
お宝を採りにいく鉱夫は命がけ、今日は無事に地上へ戻っても明日は死ぬかもしれない・・・ということで
働きの稼ぎはその日の夕方必ず受け取ってその足で大森にあった遊郭へ行くのが鉱夫の日常であったようだ
とガイドさんは言っておられました。 そう聞くと「この暗く深い穴は人間が手で掘ったのだなぁ・・」とシミジミ思いました。
これから石見銀山へ行こうと思っている方、ぜひ地元ガイドさんに案内してもらってくださいね。
自分で行って見ただけなら、何もない山里・違うのは穴があるだけ・・・ですが、ガイドを聞くと特別な山になります。
お会いしたカワムラご夫妻はベテランガイドで石見を語ることにそれはそれは情熱を傾けておられます。
「こんな田舎へ、石見へわざわざおこしくださってありがとう!」とおっしゃる「ありがとう」に本当に心がこもっているのが伝わってきました。
先日銚子電鉄に乗った時もやはりボランティアガイドの年配のご婦人が色んなことを教えてくださいました。
皆 ふるさとを愛しているのだなぁ、ふるさとの良さを知ってほしいのだなぁ・・・と思いました。
一期一会、短い時間一緒にすごした私たちに最後は手を振って「来てくれてありがとう!」と言ってくれます。
旅に行ったらその地の人と言葉をかわしてみようと思います。 良い春旅が続きました*(^-^)*

HIRO
Img_a2fc7e1e55a2ea7a71b4d17e9fed8768
Img_a19652dcd4f29d76ed5fb34a97039cc2
Img_533b27542de66b7d39d4fcf1b74d3598
連日、必ずサクラが登場「サクラ週間」のdiary でしたね。 今日はかなり落ち着いた画像から・・
先日こちらのdiaryでも紹介した ホリサカユキさんのライヴ♪ 行ってきました!
会場はカフェスロー大阪。十三のジュース工場跡地を改装して生まれた 参加型オーガニックカフェ× コミュニティ・スペース
オーガニックな食材を使ったお料理を出すお店でのライヴ?なのですが、ちょっとそのシチュエーションから紹介しますね。
このお店が単に「スローフード」を意識したカフェではなく、情報発信、イヴェント企画などを通して
スロームーヴメントを推進していること、 ライブ後改めて知った次第です。
fbでも皆さんが色んなお野菜作っておられる写真が・・ VOPとしては、素通りできません。
でも今日はライヴレポート♪ 残念ですが・・興味のある方、是非HP (Click!) をご覧ください。
このカフェ・スローでは、月1回、カフェ内の電灯を消して、蝋燭の灯りのみで営業。その「暗闇カフェ」で 様々なイヴェントが催されています。
この「暗闇カフェ」ですが・・ブッシュ政権のエネルギー政策に反対したアメリカ発、カナダ、オーストラリア経由の活動がきっかけ
その活動とは、夏至の夜、19時~22時まで電気を使わずに過ごそうという「自主的停電」
地球の自転とともに拡がる「暗闇のウェーヴ」にカフェスローも参加したのが始まりだそうです。
蝋燭の温かいオレンジの光、その中でのこの日の演出人は・・お待たせしました!
ホリサカユキさん(Vo)と仲山涼太さん(g)
Img_7a77097da64ebf4d7361c319214057c3
画像ではほんのりと明るいでしょ?でも最初 目が慣れるまではほぼ暗闇(@_@)
会場に入って、ユキさんを見つけ挨拶した時もほとんど顔は見えていませんでした。
なんだか仮面舞踏会みたいで(笑)ちょっとワクワク、ドキドキ
薄暗がりとかすかな蝋燭の灯・・意識はおのずと耳に集中・・
優しい歌声と、ガットギターの音色♪ こちらの緊張も徐々にほぐれ自然と惹きこまれていきます。届けられた曲は・・
♪But not for me ♪My favorite things ♪Softly as in a morning sunrise ♪Smile ♪Dindi・・など、スタンダード、ボサ
♪So far away ♪The end of the world などポップス
そしてユキさんのオリジナル  ♪夜の羽  ♪ 朝の歌  ♪雨夜  ♪長引く昼
そっと寄り添って語りかけるような歌、内省的な歌、大切な人を想う歌、別離の歌・・
蝋燭の灯の中ではとても「自然」な歌ばかりですね・・でも、改めて曲を思い返してみると
「朝日」や「朝」「昼の・・」など「太陽の光」の曲もそこかしこに・・
暗闇もやがて朝の光に繋がっていく・・光あってこそ闇・・などと改めて気付かされる曲タチ♪
ずっと聴いていたいユキさんのpureなvoice、微妙な音色のコントロール、伸びやかな声域の響き・・
終始ブレスをしながら、丁寧に紡がれる仲山涼太さんのギターとも相性ぴったりでした。
弦のスライド音も含めどの音も声も心地よく、会場の皆さんも、感覚を研ぎ澄まし
空間に生まれては消えていく どの音をも大切に拾われていたのではないでしょうか❤ 
色んな気付きがあったライヴでした。「暗闇演出人」のホリサカユキさん、仲山涼太さん、ありがとうございました♪
素敵なライブ、また次回を楽しみにしています♪
Img_5c979a01cf885aeb741222fdff039631
つうこ
Img_08b1f8dcb4cd45e6249117ca8ce41214
昨日のdiary、ホリサカユキさんのライブレポート♪ 
つうこのライブレポートは読むと本当に「行きたかったな~」「よかったんだなぁ~」と良く伝わってきますよね。
今日も本当はdiaryはつうこの番で、昨晩の私たちの後輩キタちゃんのライブレポートをお届けするハズだったのですが
今しばらくお待ちください。只今 鋭意制作中であります。 その間 花の画像をご覧ください。

HIROは旅ばかり行っていて最近花を触っていないんじゃないか・・・と思われていることでしょうが
そうでもありません (^^; 家にいれば 生の花もプリザーブドも触っています。
どこかへ出かけなくても小さな庭にも次々と春を告げる花たちは咲いて次々と散っていきます。
ずっと庭の手入れをしてくれていた義母が家の外へもう一人で出られなくなってからは
庭に咲いた花はキレイなうちに惜しげなく切って花束にして室内で見られるようにしています。
これが結構楽しい(^^) 先日からHPのトップ画像にした水盤にテンコ盛りのツバキも全部わが家の庭で咲いたものです。
Img_ac10923fb32b651c9b6a0daca963c2e3
ツバキをどんどん切っている時にはすっかり忘れていたのですが・・・
去年 花後ツバキの剪定をした後に気が狂いそうな痒みを伴う発疹に見舞われました。チャドクガです(-"-;
「ツバキを触ると危険かも・・」と一瞬アタマをよぎらなくもなかったのですが、キレイなツバキを集めるのに夢中
手袋もせずマスクもせず・・「姿見えないし大丈夫だろう」と・・・チャドクガをなめてました。。。
翌日 下肢にはブツブツが、、、気が狂うほど痒くて、掻いてしまうとどんどん広がるチャドクガ地獄に陥っています(ToT)
美しいツバキ遊びの代償は、ブツブツが出て皮膚科通いです。皆さん害虫も繁殖期です、ご注意ください!

HIRO
Img_a7eb7dfc2d16067e52aa86e88bcd0e5f
Vocalist 2 Days♪ 先週金曜ホリサカユキさんのliveに続いて、土曜は喜多美子さんのライヴに行ってきました。
M Cuatro-以前 紹介しましたが・・このお店の【M】は music, Muse, 武庫之荘の頭文字
【Cuatro】は、「音楽」「お酒」「楽しい会話」「居心地のよいスペース」が渾然一体となって存在する場所
そんなコンセプトを持ってつけられたそうです。 本当にそうです♪
ジャズのライヴハウスってその店独特の顔がありますよね・・
どのお店も、オーナーさん、スタッフさんのジャズ(広く音楽)を発信する場所としての熱い想いを感じますが
集う人が雰囲気を作っていく部分が大きいですね・・
こちらの M Cuatroに行く度に、お客様とミュージシャンに本当に愛されている店なのだなあ・・と思います。
まず、ミュージシャンに愛されてる証拠として、すでにブッキングは秋までイッパイ♪
私もスケジュールを見ていて、この方の演奏聴きたいなあってプレーヤーがよく出ておられます。
お客様も、熱心なジャズファンはもちろん、若い女性も多く、皆さんat homeな感じで楽しんでおられます。
そんな M Cuatroでのライヴ♪ この日も喜多美子さんのファン。多田恵美子さんのファンの方々でいっぱい・・
特に歌好きの方(実際歌われる方でしょうね)が多かったですね・・
喜多ちゃんが、タイトルをふせて曲の紹介をし始めると「Poor butterfly!」とか即座に当てられるお客様が♪
スゴイ・・楽器の人間はメロディーと曲構成、コード進行で覚えていても、歌詞までは・・^-^;反省ですねm(__)m
多田恵美子さんの素晴らしいピアノに乗って、終始心地よさそうに歌っていた喜多ちゃん、今回のset listはコチラ!
Img_6158a8ef08e49ddccb4122d1cc0a40ef
≪ The 1st set ≫
1.Misty (p solo) 2. In a mellow tone 3. Old devil moon 4. Cheek to cheek
5. You go to my head
6. Someone to watch over me  7. Stella by starlight

≪ The 2nd set ≫
1. A night in Tunisia 2. Love Dance 3. Speak low 4. Take the A train (p solo)
5. Poor Butterfly 6. A nightingale sang in a Berkeley Square

≪ The 3rd set ≫
1. The shadow of your smile (p solo) 2. Angel eyes 3. I thought about you 4. Pick yourself up
5. My favorite things 6. Girl talk 7. I'll remember April * encore - Smile

アルトの温かいvoiceにのせて届けられた曲タチ、やはり春の曲、多いですね~♪ 
ヴォーカルの方のライヴって、曲の世界へ誘うMCも含め、ストーリー性があっていいですね♪
ロマンチックな春の曲をちりばめながらも、大人の愛の歌、別れの歌・・「歌詞」があってのステージ構成も色々練られてるのでしょう。
前回私が提案した イヴァン・リンスのLove Dance、取り上げてもらって嬉しかったです♪
そう・・2 Daysで興味深かったこと、ユキさんと同じ曲が3曲!でも、歌い手が違うと、金管と木管ほどの差があります。
いや、もっと? 全く違う曲に聴こえる自由度の高さ・ 今回そんなジャズの魅力も充分味わえました。
喜多ちゃんが「暖かくて大好きです❤」と全幅の信頼をよせる多田恵美子さんのピアノ、本当に素晴らしかったです。
ソロは、まるでオスカーピーターソンみたい(@_@) 圧巻でしたm(__)m
ヴォーカリストに寄り添うバッキングと華麗に歌われるソロ、陰影も豊か・・お二人の心地よい対話に酔った夜でした。
喜多美子さん、 多田恵美子さん、素敵な夜をありがとうございました♪

つうこ
Img_948420f74fc8a2f79478cdf9e8b6fd48
皆様、今年の桜、充分楽しまれましたか?
もうほとんどが葉桜・・遅れて咲いた八重のしだれ桜が、色の鮮度を落としながらも頑張っている今日この頃
西播磨の桜レポーター、最後にふるさとの山の桜をアップしておきたいと思います。
龍野城跡の桜から始まったレポート、先週は姫路城の夜桜に夢中になってしまいました^-^;
官兵衛で湧く姫路。近くに住む人間としては、姫路城の桜もお伝えせねば!とはりきったワケですが・・
このdiaryをご覧くださってる方々より、「龍野は心のふるさとのようなところですね」
「是非、一度桜の時季に訪ねたい」との嬉しい言葉をいただきました (感涙)
レポート最終章は、もう一度 ’ふるさと’に戻ってお伝えします。
ちょうど一週間前に撮った のびのびとした桜タチ。山の空気や鳥の声も届きますように・・
Img_2c8420d854fa12db68d44d88e8f3ad67
Img_0386fd4be485d425ef5afd884439316b
Img_416c51354d302d505de31f4496037ec3
Img_c9f65652e1f5279fac0a564545caf7ae
Img_b99e298c4de19a5fab4dd59fbf50affa
Img_537005635a8d674dab7753848ba2e980
Img_de15e1e2b3b5d318fbceff930a66dbda
Img_57a739a98322f61da597e780e3335c58
Img_9da679098ce18893864eb168c0b34f2f
このショットを撮った日は、桜を楽しみながら山歩きをされる方がたくさん(比較的:笑)
私も撮りながら、互いに写真を撮り合ってる方には「よければ撮りましょうか・・」と申し出ました。
2組のショットをお撮りしました。1人がSelfieで、中央↑の桜と二人の友達も撮ろうとしている若い女子3人組み
奥さまとお孫さんを撮ろうとされていたお爺さん。遠くからわざわざ・・やはり一緒に写真に入っていただきたいですから。
もし桜や紅葉の頃にいらして「撮りましょうか」と申し出るおばさんがいたら、それはVOPふるさとレポーターです(^-^)

この上の一番左側の桜、 一週間後の今日のショットがコチラ↓
 緑の季節が もう始まっています。
Img_e34a049236140f417aa5c73283f9e099
つうこ
Img_fadabc3178ba17f10aa66acc4dc21f8d
Img_280d8e3f9f54ca425e956a3a89ba9b5c
Img_8f5662e338bb45486c9e270c868d6457
VOP今年のさくら祭りは盛大で、本当にさくら画像が多かったですね(笑)。
というか、今年はお花見時期に好天が続いたのでさくらたちはたくさんの人に愛でてもらえたのではないでしょうか。
私も今年は何度もいろんな所でさくらを見ることができました。 最後のお花見は近所の八重桜の並木道。
ここには7~8種類の八重桜の木が植わっていて それぞれ趣がちがう花の姿を楽しむことができます。

Bbsの方にも投稿いただいているのでお気づきの方もおられるかもしれませんが、4月14日はつうこの誕生日でした。おめでとう(^^)!
八重桜を見ていると「つうこさん」の雰囲気だ・・と思いませんか? フンワリと淡くはんなりと優しく・・・
つうこが生まれた日 たつのの里にもこんな可愛いピンクのポンポンのような八重桜が咲いていたのでしょうか。
Img_60696ecd6c1aed3bd3ebe2265a705f0c
Img_905658f0de704b9ed241634703e361e0
Img_d6eb892d641beb81a75d2223ec69a5bb
HIRO
Img_38957efe20119d6506faaef7510195ae
ある方から嬉しい報告のお手紙をいただいてhappyな気持ちの今日です。
「幸せのおすそ分け」をいただきニヤニヤ♥ それにちなんで「縁」のハナシ。
← このお守りは先日出雲大社へ行った時に購入した物です。
出雲大社では去年遷宮があって
今しか手に入らないスペシャル仕様の「えんむすび」のお守り。自分用です!
一応既婚でよこしまな願望はそれほどなく・・・(^^;
「叶いますように」というよりは「これまで生きてきた中でいただいた『ご縁』への感謝」
「今恵まれている『ご縁』への感謝」という気持ちで買い求めました。
出雲の神様は、男女の縁だけではなく人と人・人と物・人と土地などの良縁をつなぎ、
逆に良くない縁なら断ち切っていくのだそうです。
「神様を信じるか?」と聞かれたら「さぁ?」としか答えられないいい加減な私ですが
多くの日本人がそうであるように、お正月には初詣に行くし 子どもが生まれれば
初参りや七五三・厄年には昇殿して「かしこみかしこみ・・・」とやってもらいます。
「バチが当たった・・(((>.<)))」と思うことも何度もあるので
自分ではどうにもならないことを動かしている力の存在は「あるかも」と幼少の頃から
意識下にすりこまれているのかもしれません。
でも『縁』というのは「有る」と思っています。
これまでに出合ってきた人たちすべて・住んだ町・行った学校・仕事・持ち物・・・
きっとすべて縁があったのだと思います。
神社の参拝は「二拝・二拍手・一拝」が一般的ですが、
出雲大社では「二拝・四拍手・一拝」が作法です。
出雲大社を案内してくれたガイドさんが「二度頭を下げてから『シ・ア・ワ・セ』と
手を打ってください」と教えてくれました。
回数を間違うことなくちゃんと拍手を打つことができました(^-^)

HIRO



Img_79a1387aa228687ff9c96379d9ac43c4
Img_276842de3b6c8d871a4d0a66c5adbf50
Img_576765ca119850af8508b6bac0af67a8
今日は一日中曇りでした。
灰色の雲が居座り、ほんの時折差した日もすぐに雲隠れ
そんな今日、一番の「明るい色」を見つけました!「緑」です!
山にも少しずつ増え始めた新しい緑。 イチョウ、クヌギの芽吹き始めた緑
あちこちから 明るい信号を送っています。

画像は、今日の庭のショットです。
左は「新しい緑」ではないけれど、色がしっかりしてきたバラの葉。
中央は 新旧交代、へデラの葉っぱ。
右は、「明るい緑」とは言えませんが表情が明るい(笑)クレマチスの緑。
つるはもうその下のパンジーにチョッカイかけ始めました^-^;
えーっと・・「明るい」・・この葉っぱ達の成長を見る側の主観が多分に入っていますね^-^;
皆さんも、身の回りの生まれたての「緑」どうぞ 楽しんでくださいね。
最後にクレマチスの華麗なイナバウアーを![出来栄え点]プラスがつくといいなあ(*^-^*)
Img_50ea38f0dce1df34b87f4255086ed9bc
つうこ
Img_e2a6b3648fbff20b8682634d47f733f2
「ああ・・今日は名古屋・・行きたかったなあ」ツアー日程を追いながら思っておられる方、多いのでは・・
古川初穂ピアノトリオ「春旅 2014」盛り上がっているでしょうね♪ 
明日 20日は 安曇野・・ 古ピトのリリカルな音世界とイメージ、重なりますね・・
そして明後日最終日は目黒ブルースアレイ! 行かれる方、関西の古ピトファンの分まで聴いてらしてくださいね♪
今日はVOP所縁のアーティストのライヴのお知らせを!
いつもスケジュールを見て、行きたいな・・と思いつつ、なかなか厳しい現実(>_<)
でもこのHPご覧になってる近くの皆さんが、「あ、行ってみよ!」と思ってくださると嬉しいです。
では、VOPお薦めライブカレンダー! 春~初夏 編、行きまーす(^^♪
【 4月 】
♪ 古川 初穂ピアノトリオ 「春旅2014」
 ≪ 古川 初穂 (p) 須籐 満 (b) 則竹 裕之 (d) ≫
 20日 (日) 長野県安曇野アートカフェ 清雅
 21日 (月) 目黒Blues Alley Japan
   古ピト 春ライブ千秋楽、間に会えば是非どうぞ! 詳細はコチラ (Click!) 

♪ maiko Sound Spirits Vol.24
≪ maiko (vn) 伊藤 志宏 (p) 西嶋 徹 (b) 橋本 学 (d) ≫
 * Special guest 寺井 尚子 (Vn)
22日  (火) 渋谷 JZ Brat
maikoさん、活動開始15周年記念ライブはお師匠さん寺井尚子さんを迎えて! 詳細はコチラ (Click!) 

【 5月 】
♪ maiko (Vn) 布川 俊樹 (g) Duo
≪ maiko (Vn)   布川 俊樹 (g)  ≫
6日 (火)  吉祥寺 ストリングス
   Wow! ついに実現! maikoさんと布川俊樹さんのduo♪ 詳細はコチラ (Click!) 

♪ Stable Notes
≪ 東川 幸嗣 (tp) 小田 千津子 (key) 手島 甫 (b) ≫
 * Special guests 古川 初穂 (p)  JUNKO (Vo)
10日 (土) 三宮 グレートブルー
   ドラムレスでも熱いSNライブ、JUNKOさんも参加で賑やかに盛り上がります♪

【 6月 】
♪ 白根 真理子 Live at 横浜 KAMOME
≪ 白根 真理子 (Vo) 浜崎 航 (ts) 福田 重男 (p) 高瀬 裕 (b) ジーン 重村 (ds) ≫
14日 (土) 横浜 KAMOME
ファンの皆様お待ちかね白根 真理子さんのホームKAMOMEでのライヴ!もう予約は始まっています。お急ぎください!詳細はコチラ (Click!) 

【 7月 】
♪ Found
≪ 吉田 睦 (Vo) 布川 俊樹 (g) ≫
11日 (金)  神戸元町 萬屋宗兵衛
   吉田さんと布川さんのユニット Found 初の関西ライヴ! 楽しみです。 

♪ ピアノトリオ
≪ 古川 初穂 (p) 手島 甫 (b) 松田'Gori'広士(ds) ≫
11日 (金) 姫路 Layla
古川師匠とSNのリズムセクションのトリオ! 楽しみです。
   あれれ?同じ日に師匠方が、神戸と姫路で(@_@)

♪ Stable Notes × Found
≪ 東川 幸嗣 (tp) 小田 千津子 (key) 手島 甫 (b) 松田'Gori'広士 (ds) ≫
*  Special Guests 吉田 睦 (Vo) 布川 俊樹 (g) 古川 初穂 (p)
12日 (土) 神戸三宮 グレートブルー
   
   ちょうどFOUNDの関西ツァーとSNのスケジュールがBINGO! 大いに盛り上がります♪
   少し先になりますが、土曜日の神戸は とにかく宿泊先をおさえるのが大変ですので・・(・。・;
   早めにお知らせしておきますね。
   いずれかのライブ、御都合よろしければ是非お願いいたします♪

つうこ
Img_1e5530f449c5d1c3c92e4c99161ef3f7
Img_4ae9aa16484f2873e720a6f15cafad44
数日前 フレッシュレッスンで作ってきたブーケです。
ブーケの基本のクラッチスタイルという手法
茎を斜め・スパイラル状に重ねて花の位置を固定していきます。
先日のレッスンの時に発覚したのですが
このスパイラルの向きが私は普通の右利きの人と反対
そういえば、ワイヤーのテープ巻きも人とは逆回転なのです。
別にどちらが正解というわけではなくやり易い方で良いのですが
無意識にやり易い方が、私は人とは反対なのです。
サスガ、あまのじゃく! と、自分でちょっと笑ってしまいました。

さて、昨日はつうこからたくさんのライブのご案内
楽しみなライブが目白押しですね。ワクワクな季節です♪

HIRO
Img_bd96482816668365aef2ae9b95601d33
今日は雨のち曇り。 それでも日増しに木々の新緑がエリアを拡大する今日この頃
ひときわ目立つ道路沿いの赤!! レッドロビンの紅葉を撮ろうと車を停めたところ
コチラ↑ を撮ってしまいました。(えーっと・・私はアマノジャクではないはずですが^-^;)
新緑と花はよく見かけますが、春紅葉と赤い花・・初めてです(@_@)
そこで春紅葉について少し調べてみました。
春の花々の次に芽を出す木々タチは 水分を木の鞘まで送るのに、草よりも多くのエネルギーが必要
木々の芽吹きはエネルギーを充分確保できる温暖な時季に。
若葉は晩春の強い紫外線をまともに受けてしまいます(・。・;
この紫外線を遮るのが、色を染める物質「アントシアニン」(昨秋のdiary にも登場)の出す色!
まだ組織の未熟な若葉を強い紫外線から守る色だったのですね。
また、こんな考え方も・・
植物にとってエネルギーの生産するのに大切な葉緑素は、多くの動物達の好物。
若葉のうちからたくさん葉緑素を投入してムシたちに食べられてしまうと、その損害は大変なものに・・
葉緑素を少なくして、アントシアニンを投入し、ムシからも紫外線からも守っている、と。
春に紅葉する種、と言われればそれまでですが、陰にはそんな戦略もあったのですね・・
この後どうなるのかな・・ 引き続き、観察していきますね。

実はこのモミジを撮った場所、仕事への行き帰り通る道ですが、国道をはさんで、ゴルフ場があります。
官兵衛でも登場した「黒田家」VS龍野「赤松家」の合戦の舞台、ちょうどこのゴルフ場の9番ホールあたりだそうです。
・・なんてVOP西播磨局らしいプチ情報も(^-^)v あ、レッドロビンも入れておきました(*^-^*)
Img_fcfc81f90da66a7aa283669e03803ad0
つうこ
Img_f94355150688d93e0061cbefe52c18a7
Img_e8f4f78428a680bceef326702075a5d2
Img_31c24edec739256c476620e83849c8ef
ブライダルシーズンです。 「プリザーブドフラワーで花冠を」というご依頼をいただき作りました。
ブライダル業界に身を置く私の長女からの情報によると、イマドキの花嫁さんは「花冠」大ブームなのだそうです。

大きなローズとリボンを使いフワフワしたラブリーなカチューシャタイプ
大きな蘭を入れて白とグリーンを基調に清楚でノーブルなタイプ
パステルの小花をリング状にたくさんくっつけたプリティーなタイプ

花嫁さんがかぶればどれもとても可愛いでしょうが、私の個人的なお気に入りは真ん中の花冠。
娘も「ちょっと見たことないタイプでカッコいい」と褒めてくれました。 かぶるとこんなカンジです。
Img_a0596db562c735065c8ef81847237256
花冠を作っている時は シロツメグサを摘みながら冠を編んでいた少女の気分に戻ります。
もう楽しくて楽しくて! いっぱい花のついた冠を早く完成させて頭にのっけたいと夢中!
花冠を制作する時は、花の位置や向きを決めるために時々自分でかぶって鏡でチェックするのですが
そこに映るのは少女ではなく、もう花冠は似合わない大人すぎるワタシ・・・ (-"-;
いえいえ! VOPは大人の女性にピッタリのクールまたはゴージャスな花冠もご提案する準備はございます。

花嫁さんの花冠、相場は生花でだいたい2万円前後・プリザーブドフラワーならその1.5倍~2倍はするようですが
VOICE OF PLANTSではプリザーブドフラワーの花冠 写真のボリュームの物は2万円まででお作りさせていただきます。

HIRO
Img_c5c48239678018343b26e8663080af48
Img_68ac4316a343aec56e2df136854a592f
今日みたいにお天気がイイと、庭のクレマチスやバラの緑を見ていて、思わず口ずさんでしまいます。
お~牧場は緑(牧場じゃないけど^-^;) 草の海、風が吹くよ、お~牧場は緑、よく繁ったものだ、ホイ\(^o^)/
本当によく繁りました。でも、ちょっと待った!(@_@)(>_<) 鼻歌なんか歌ってる場合じゃありません。
うす~く透けた葉を発見!昨日はなかったのに(>_<) ムシ達も活動開始?! 早く手をうたないと! 
そこで、顧問の先生に対処法を尋ねてみました。この時季葉っぱが黄色くなっている「緑光」のことも・・Q & A いきますね!
Q : 先生、例年どおり一番成長の早い「緑光」、イイ感じで繁ってきた時に急に冷えたのと強風とで葉っぱが痛んでしまいました。
黄色い葉っぱが出て落ちかけてたり・・以前先生は、葉っぱが黄色いのは「カリウム」「マグネシウム」不足だと言われてましたね。
何を補えばよいですか?

A : 先の方がクシュクシュってなって、乾燥してますね、 黄色い葉も水をかければ落ちるでしょ?
  落としてしまって大丈夫です。
  同じ黄色いと言っても、花をいっぱい咲かせたパンジーの葉が黄色くなるのと、このバラとでは話が違います。
  花の時季の黄色いのは「カリウム」「マグネシウム」を補えばいいけれど、そのバラの葉っぱは葉緑素不足。
  育たないヨワイ葉っぱは落としてしまって大丈夫。 その分「木」は残った葉を強くする為に働きます。
  もし何かを補いたければ、「観葉植物」用の肥料をおあげなさい。
  ちなみに、「カニ」「カキ」「アサリ」の殻は、天然の「カリウム」「マグネシウム」がとても豊富です。
  袋に入れて金槌でたたいて細かくして乾燥材をいれて保存しておけば、肥料として使えますよ。

Q : ありがとうございました。 やってみますね。
  もうひとつ。そろそろ「サルバトーレ」(消毒剤)を散布しようと思うのですが、今の時季のムシ対策も教えてください。
  透けた葉っぱも出てきてしまいました(>_<) 「スミチオン」混ぜてもいいですか?

A : 「スミチオン」は薬剤なので、今この新芽が出てくるかこないかの時期にはキツイですね。
   まだ虫達も育ってない卵の状態ならば、台所用の漂白剤、除菌もできる洗剤を混ぜればOK。
   要は、「被膜」を作ってやるワケです。
   でも、葉っぱが透けているというのは、もうヤツらは「離乳食」の段階は過ぎた、ってこと。
   葉を食べられるぐらい大きくなってます。 かといって、薬剤は避けた方がよいから、ムシの嫌がるモノを。
   ひたひたのお水入れたお鍋で、お茶っ葉と、ネギとトウガラシとニンニクいれてコトコト煮だしましょう。

Q : 以前作った「ドラキュラ」のスープですね。「サルバトーレ」(救世主)と「ドラキュラ」 手ぇ組ませる・・大丈夫ですか?

A : 薬品同士の化学反応は問題がありますが、薬品に有機物を加えても問題はありません。

Q : 分かりました! 早速、散布します。 ありがとうございました。

以上、ガーデニングSOSでした。 バラを育てておられる方、参考になれば嬉しいです。

つうこ
Img_b3a5bc8843e55cb82dc47aea9345351c
今日はいい天気です! それに空が青い*(^-^)* 元気出ますよね~
もう花期が終わったハナミズキも多いのですが、私がお気に入りのこの白花の木(ご近所の庭)は今が満開!今年もお見事!!
Img_583cc1a48271afb24093c65043dd42af
咲くのを楽しみにしていたアネモネ・シルベストリス、蕾をつけたのに何者の仕業か根元から倒れていました。
が、すぐに救出してキサキさんの一輪挿しにさしておいたら次の日にちゃんと開花しました。
「キサキさん」というのは八ヶ岳で活動している陶芸家さん・IGELKOTTさんと仲良しのステキな女性です。
瀕死のシルベストリスはキサキさんの花器からパワーをいただいて蘇ったようです。
このアネモネ・シルベストリスはVerdan' Gardenゆうさんに選んでもらって植えたもの。
底知れぬパワーを持つ女性ふたりにまつわる花コラボ、パワースポットならぬパワー画像なのでTop画像にしました(笑)

Img_800a675c9b469ae1963d606478f291d4
スズランも咲いてきました! 可愛くて見ているとニコニコします♡
そして今日は写真を撮れませんでしたが こちらも大好きな「ウツギ」も咲き始めました。
やっぱり私は白い花が大好きです(^-^)

HIRO
Img_6884c1a4b6502c662a8864f2d1cec340
『スカビオサ』という花です。 こちらは庭に咲いた物ではなく先日のフレッシュレッスンで使った切り花。
この花型・そしてこの色は園芸種として改良が重ねられたものでしょうが 原種の和名は『マツムシソウ』
花の構造はコチラで見てくださいね →  (Click!) 
昨日「白い花が好き」と書きましたが、こんなふうに小さな花の集合体が一輪の花になっている物も大好物です。
ラベンダーやヤグルマギク・ヒゴタイなど・・・その造作、「よくできているなぁ!!」と どれだけ眺めていても飽きません。
「集合体萌え」のワタシです。 よく見れば皆さんも「萌え」ると思いますよ(笑)

HIRO
Img_dac72337c14049e3d7cc0d8280febc9b
Img_f29e5d85121d92da6d54ebc93b340202
Img_f32944aaa3b2bfe7a51f71cba43c4bec
川原を彩る黄色い帯に誘われました。 今日 夢前川(ゆめさきがわ)の土手から撮ったショット
秋の台風には増水で隠れてしまっていた河川敷にセイヨウカラシナが群生しています。
土手の桜も緑に。 桜のサイクリングロードは緑を楽しむには絶好の場所です。
川や海を眺めていると、最近浮かんでくる曲が・・The water is wide ♪
お好きな方も多いと思います。 聞かれると「あ、競艇のCMの!」と思い出される方も。
実は、この曲を思い出すきっかけになったのは、朝の連続TVドラマ「花子とアン」
IGELKOTTさんも村岡花子さんのこと、diaryに書いておられましたね。
TVご覧になってない方には(?_?)でごめんなさいm(__)m  数週間前の放送ですが・・
寮に入りホームシックにかかった花子、夜中に門のガス灯の下まできてくれる「おとう」と会っては
少しずつ元気を取り戻していく場面。
優しいスコット先生の部屋から聞こえてくる歌が The water is wide ♪ 
あんなに嫌いだった英語が、美しい響きとして自然と彼女の中に入り込んだきっかけとなった歌
16世紀のスコットランド民謡、 作詞、作曲者不詳ですが、多くの人に愛されている曲
多くのカバーがありますが、このアルバムで聞かれた方が多いのではないでしょうか。
この曲が大好きで歌っていた友人タチの歌までも 蘇ってきます。
カ―ラ・ボノフのアルバムより The water is wide♪ (Click!) 

つうこ
Img_47960a3b23e385eacab85111bf286ede
Img_b0dd5d005eaf95872f86a9fb767ca894
先日ご紹介した花冠の写真を見て気に入ってくださった方が「ステージ用にこのような物を」とご注文をくださいました。
コサージュやヘッドドレスなど身につける物はプリザーブドフラワーだと傷みやすいのが悩みです。
ステージ用に・・・ということなら、ライトも当たるでしょうし花嫁さんよりは動きもあるでしょうから
アートフラワーを使うことをご提案しました。イマドキの造花は繊細な部分までとてもよくできています。
アジサイだけはプリザーブドフラワーを使って写真右のような花冠になりました。
プリザーブドフラワーにはない中間色の色合いやライトが当たるとキラッと光るであろうラメ素材なども入った「ステージ向け」
取扱いもプリザーブドよりは断然気を使わなくてよいので、用途に応じてはオススメです!
私がかぶってお見せするとイメージダウンなので・・・着用イメージをお伝えできないのがとても残念デス(-"-;

HIRO
Img_ef750510ce5ad556448211f1379e3a36
Img_36e09704ebb620f549e7ba5533eea3fe
Img_9c6d5dce937851a00769fa310af87f14
Img_b77090c9fb351527aa4ecf136646d12f
Img_93debcb46a401418535caa65fbd05d8a
Img_ce0a25342c8e9c9c97698f7738ab1b03
去年はGW頃に長谷寺のボタンを見に行きましたが、そこまで行かなくてもわが家から車で30分弱の所に
知る人ぞ知るボタンの名所があります。住所は京田辺市ですが枚方との境目「天王」という所にある「無二荘」というお庭。
実は、こちらは個人の自宅です。趣味で育てているボタンを「どうぞ見てください」と開放しておられます。
「見事に咲いていますねぇ、6鉢ですか」・・・なんてレベルではなく、↓ こんなお庭です!
Img_dae00660138d989230a6f3a1388a4696
美しいボタンが咲く素晴らしいお庭を知り合いじゃなくても「どうぞどうぞ入っていいよ」と言っているうちに
どんどん人が行くようになり、休日には観光地のように混雑することもあるようです。入場は無料です。
私は何度か行ったことはあるのですが、ここ数年時期を逃して見に行けていなかったので
「どうかな?まだ開放してはるかな?行く人が多くなりすぎてもう『入場お断り』にしているかな?」
と、思いながらネットで情報を集めてみたらどうやら期間を限定してまだ入らせていただける様子・・・
行ってみてビックリ!『お断り』どころか休耕田の土地を駐車場にして誘導係の人まで雇っています。
そして来場者用に仮設のトイレまで建ててくれています。駐車場もトイレも勿論タダです。
現在のご当主はこの牡丹園を引き継ぐ4代目。初代が米1俵と牡丹10株を交換したことからこの牡丹園は始まったそうです。
キレイに咲いたら自分で見ているだけよりも見たい人に見てもらおう・喜んでもらおう・・・という心の広さ
心から牡丹を愛しておられるのでしょう。 見せていただいてありがとうございましたm(_ _)m
Img_242bf31b70d1325002eafa28f6c3f6ad
HIRO
Img_05edf872d2a7d5185128dcf73e563ea2
Img_2d681ca27fea240b47fb248646e482e6
Img_09444212c7762d8da0bac819a7c17a54
GW初日、生憎の雨でしたね。少し気分も明るくなるように・・数日前 晴れの日のショットをお届けします。
お向かいのお家のコデマリを撮らせていただきました。
この画像では、まだマチ針の頭のようなつぼみが残っていますが 今日は満開。
庭はお家の裏手、この花を観賞できるのはお家の方々と、駐車場からお庭をのぞかせてもらえる私ぐらい?
というのは少々もったいない・・ですよね。
お家の表玄関には、葉っぱを楽しむモダンなミニ盆栽タチ・・大人~な落ち着いた雰囲気ですが
裏のお庭には屋根の高さまで伸びたクレストにハニ―サックルローズを絡ませ、季節のお花の花壇、中央に花水木、バラ、コデマリ、ミモザ
楽しまれるのはお家の方ぐらいかもしれませんが、南側に庭を造られ、植えられている木や花達も
植物の立場にたった ごく自然な選択なのですね。
昨日もdiaryで、ボタンの庭が紹介されていました。本当に見事!!
庭に植えられている花や木って、本棚やレコード(CD)棚とちょっと似ています。その主がどんな人なのか、なんとなくイメージができて・・
どのお家の庭でも大事に育てられた花々が道行く人の視線を惹きつける日々、ちょっとした散歩も楽しみ!
GW後半はお天気が回復するとのこと。 今が旬のPlantsタチ、是非ご覧くださいね。
私も色んな花を楽しませてもらいつつ、バラの葉っぱにつくムシ達に監視の目を光らせることにします(@_@)
ちなみにウチの庭の主は・・塀にも上ります!そして下りるとトレーナーにくっついてきた小さなシャクトリムシを(>_<)
お箸でつまんで裏の駐車場に逃がしてやる そんな天然な主です。 あ、もうご存じでした・・ね(^-^)


つうこ
Img_532e852c42019b6593e1fc6b30cfdbdb
順々に咲く花を追いかけて走り回っているうちに4月も終わりました。
明日5月1日は「スズランの日」
フランスの習慣で 「1年の幸福を願って大切な人にスズランを贈る日」
2年前にIGELKOTTさんに教えてもらってこのブログに書きました。
今年も庭にはスズランが咲いています。
これからの1年も皆さんが幸福でありますように!

HIRO