Img_fbbf2e23617e9cce2b74a164062021c1
9月になりましたね! 今年もあと4カ月?!と思うと 気持ちは追い立てられるばかり・・
でも 随分凌ぎやすくなったことだし、ピッチあげて頑張らないと! と思う今日この頃です。
皆様も猛暑を乗り切った体、いたわりながらお過ごしくださいね。
さて、私にとっての夏の終わりの「カンフル剤」! 効果抜群です(*^-^*)
私達のRoger、今大会は「まさかの・・」なんてこともなく、順当に勝ち進み 第3戦まですべてストレート勝ち。
様々な憶測を払拭するかのようなプレーで多くのファンを魅了しています。 でも、ココカラが勝負! 引き続き頑張ってもらいます!
ここまですべて好調な勝ち進みは、他の3強も同じ。今日は、いずれ話題に出てくるであろう4強以外の活躍をお伝えしましょう。
時差13時間は、観てるだけでもいささかハードでありまして・・「元気」ですが、目の下のクマは消えません^-^;
Rogerの応援だけ、と思ってもついつい観てしまう。 でもどの試合も 観てよかった・・って思えるものばかりです。
特に嬉しくなるのは、ベテラン勢の活躍。
Img_4df2d790799a07a133496a86b0fee16b
Img_796b8817a3efdc6f8d1b86f94a26da52
トミー・ハース(ドイツ)選手35歳! 2000年シドニーオリンピックで銀メダル獲得。
一時はランキング2位まで上りつめ、実力と人気絶頂にあったにも関わらず、
両親の事故、度重なる怪我、手術で何度もキャリアを中断されてしまった悲劇の選手。
右肩の手術後カムバックはなんと33歳。普通なら引退を考えるところですが、トミー
ハースの奇跡のカムバックは、多くの選手とファンに力を与えてくれます。
ウィンブルドンで、イズナー相手に5時間近いフルセットで勝利した試合も印象的
でした。 今回観ていても、とにかくキレがあるし、スタミナも年齢を感じさせません。
2週目も頑張ってほしいですね!ちなみに奥様は、なんとあの大物プロデュ―サー♪、
デビッドフォスターの娘、サラ・フォスターさん。 私も大好きな♪アーティストの
義理の息子さんとなると、応援にも力が入ります! 

そして、もう一人のベテランは、レイトン・ヒューイット!!
デル・ポトロ(アルゼンチン)戦は観ることができず残念ですが、こちらもフルセット末の勝利。
デル・ポトロがどれほど4強にとって脅威かは、ウィンブルドンのジョコヴィッチ戦を見ていて
感じていたので、32歳のベテランの勝利はスゴイことだと思います。
ヒューイットも度重なる怪我、手術を克服しての参戦。
同世代を大いにinspireしたに違いありません。
記事はコチラ→  (Click!) 
トミー・ハースもヒューイットも第3戦を勝ち進めば、直接対決! 楽しみです。
この他、ベテラン復帰といえば、あの マルチナ・ヒンギス選手(ダブルスで参加)の姿を観ることができました。
最年少で殿堂入りを果たしてなお現役復帰。クルム伊達選手もそうですが、一旦コートを退きながらもまた新たなステージで再開する姿、
今後も追っていきたいと思います。
また、日本勢でただ一人第3戦まで勝ち進んだ 奈良くるみ選手。元女王エレナ・ヤンコヴィッチ相手に善戦。
高い打点で思いっきりふりぬくプレーには本当にワクワクしました。
試合後、握手を交わす時に、軽く頭を下げた奈良選手。 「ありがとうございました!」体育会系の選手でよく聞かれる言葉ですが、
精一杯の闘いとこの思わず出た動作が、心からの敬意のしるしなのでしょうね。今後がとても楽しみです。

鮮やかなブルーのコート上の闘いを盛り上げる、ノリノリのアナウンスに躍動的な音楽、
素晴らしいプレーにはダイレクトに反応、勝者にも敗者にも送られる惜しみない拍手
熱くフェアな アメリカらしいオーディエンスも大会を支えます。 あと1週間、頑張って応援します!

つうこ 

昨日は芦屋のサロンPorePoreさんで プリザーブドフラワーのレッスンをしました。
Img_1ba77aefb7c0b9d9f158ce6f8a2240e2
「オールドローズの額」 華やかさの裏にある地道な作業に途中でイヤになるのでは・・?という私の心配をよそに
もう4年位通ってくださっている生徒さん方は、楽しくおしゃべりしながらサクサクとオールドローズを開花させて
パーツが出来上がると、私が特に教えるまでもなく、、サンプルを見ながらこれまたサクサクと額に挿していかれました。
Img_d11741153fa0a1a38f158e5ae719573a
回を重ねるごとに「習う」というよりも「お花を触る時間を楽しむ」ようになってきてくださっているようで嬉しく思います。
でも、せっかく来てくださるのだから やはり何か「学ぶ」ことお土産に持って帰っていただくレッスンを、と思っています。

そして、向こう側でひたすらグルーガンで接着作業中の彼女・・・
かなり大きなリースを全て花材で埋めていく大作、そちらも途中でお疲れになるのでは・・という私の心配をよそに
逆に、時間が経過するほどニコニコ*(^-^)* 「なんだかメチャメチャ楽しいです!」とどんどん元気に!
最後まで集中力を切らすことなく ↓ こんなに素敵なリースを仕上げられました。
Img_3bd8bda2f4983db30663278857ffe5c3
12月の披露宴で飾るWelcome Wreathなので、少しクリスマステイストです。
(あ、、文字はサンプルです。私から彼女へのメッセージなので気にしないでください)
もう少し秋が深まってからだと色々なお支度が忙しくて こんな大作にゆっくり取り組む時間は取れなかったかもしれませんが・・
ご自分で作ることができて良かったですね! 私もhappyな時間に関わらせていただいて とても嬉しかったです(^-^)♡
happyはhappyを呼ぶみたいで・・・ 明日は自宅でプライベートレッスン、こちらもブライダル関係です。楽しみ楽しみ!

HIRO
Img_f04a5f8860f12a1ac29eeb7cdd9ff7bb
今日は自宅でプライベートレッスン。ブライダルブーケの制作をお手伝いしていました。
今日の生徒さんは、近所に住む私の友人。 今秋ご結婚される長男さんのお相手の方に・・・ということ。優しいお姑さんです。
その今度結婚される友人の息子さん、小さい頃からよく知っているので「え!お嫁さんもらうの!?」とビックリするやら感慨深いやら・・・
いいご縁があってよかったですね~  おめでとうございます*(^-^)*
今日の生徒さんである私の友人、実はプリザーブドのレッスンは今日で3回目、しかも前回からかなり間があいています。
「お嫁さんにブーケを作ってあげたいんだけどできるかなぁ?」と相談を受けて、「その気持ちが大事!やってみよう!」と
お引き受けたものの プリザーブドフラワーの教習の課程でブーケというのは最後の課題・・・つまりかなり難儀なのです。
少し心配していましたが、(↑) こんなに上手にまん丸の美しいラウンドブーケを作られました!
「善き日」の花飾りを手作りしたい、でもやったことないから無理だろう と最初から諦めておられる方、できますよ(^-^)/
レッスンの度に 生徒さんが「作る」ことにとらわれず、楽しみながら・その時間が幸せで愛おしい時間になるといいなぁ・・と思います。
それは私がvice+versaの先生から教えていただいたことでもあります♡

HIRO
Img_dd542f561ee6679290593dcc128e29fd
朝晴れているかと思えば一転して土砂降り、あわてて洗濯物を室内に移すとまた日が射してくる・・・
と、いうようにここ数日油断もスキもない天候です。
洗濯物の心配くらいならまだいいけれど、播州地方は大雨でずっと「警報」が出ているようです。
つうこさーん、大丈夫ですか? 姫路市内は水害の心配と、あと停電もしているみたいですね。
「やっと夏休み終わった・・」とホッとしたのもつかの間、警報発令で子供たち休校、、、というため息ももれ聞こえてきます。
関東地方では竜巻、今朝は地震もあったっんですって? 本当に、今年は気の休まるヒマがありませんね。
平穏な気候に早く戻りますように。災害が起こらない生活がどれほど有難いかはよくわかりましたから・・・
今週はまだ、こんなお天気が続くようです。 皆さん、用心してお過ごしください。

今日のプランツは『ルコウソウ(縷紅草・留紅草)』 ヒルガオ科サツマイモ属です。
このポッと灯がともったような赤い色がとても印象的、「緋赤(ひせき)」と表現される色です。
子どもの頃、涼風が立ち始めた庭先でこの赤い花を長い間見つめていた記憶があります。

HIRO
Img_7f321a725e17180bdcc0449e6aa45ea5
Img_42e8b55a0e8b8a5767ea4f016dc8c423
今日はまだ比較的平和な天候でしたが、昨日は全国各地で大荒れでしたね・・・交通機関もずいぶん混乱していたようで、、、
古川初穂さんも「新幹線が来ないから新大阪で串カツ」を食べたりしておられました。(fbで見ました)
それに、以前は竜巻が日本で起こるなんて夢にも思っていませんでした。
『オズの魔法使い』のようにカンザスとか、、もっと広大な土地でおこるものかと (^^; でもどこにでも起こりうるそうです。
竜巻が来たら動画を撮ったりしないで、とにかく逃げようと思います。 皆さんもネ、浴槽の中で身を伏せるんですって!

そして昨日は関西では夕方雨が上がり、厚い雲に覆われている東の空に向かって夕日が射しました。
二重の虹を見た方もおられるのでは? 私は「絶対に虹が出る」と思って空を見ていたのですが残念ながら見れず (-"-;
あきらめて雨戸を閉めようかと思っていたら・・・ 世界がオレンジ色に染まりました。
慌ててカメラを持ってベランダへ上がって見た西の空→左の写真
「スゴイ!」と思いながら1階へ降りてくると・・・ 次は世界がピンク色に染まりました。
またカメラを持ってベランダへ走っていって撮った西の空→右の写真
いったい今年の空はどうなっているのでしょう? なんだかドキドキさせられます。 普通がいいなぁ・・・

HIRO
Img_2a263fcebbd8a760febd381cfec4c839
「あら、こんばんは・・また来てくれたの?」
「そうだよ。 Rogerの事で僕はかなり凹んでるだろうから、当分来ないと思った?」
「いえ・・まあ・・そんなことはないけれど・・ でもあなた、案外大丈夫そうね、よかった」
「確かに色々考えもした。でも、彼自身まだまだ自分の可能性を信じて進もうとしてるんだ。 僕らは精一杯応援する、それだけさ!」
「そうよ! そんな one and only のプレーヤを進行形で応援できるって、とても幸せなことだと思う」
「だろ~!僕もそう思う!もちろんプレーもワクワクさせてくれるんだけど、こういうagainstの風が吹いてる時にこそ見せてくれる彼の態度・・」
「わかるわ・・だからRogerのファンはやめられないのね!でも、ホント元気でよかった! で、今日も持ってきてくれたそのバラは・・」
「ルドゥテ」
「まあ! あのルドゥテ? バラのレンブラント・・」
「そう! 僕の知ってる人が、ルドゥテの作品の展示会に行ってね、ポストカードを届けてくれたんだ」
「そうなの・・だから、あなた元気になったのね! ねえ、どこでやってる? 私も行けるといいな・・」
「ハロッズ7階展示場。 月曜までらしい。最終日は午後4時までだよ。」
「そうなのね、 なんとか行けるようにするわ。 優しいピンク色・・香りもほのかに甘くて・・いつもありがとう」
「こちらこそ。行けるといいね。 気をつけて・・」
「あなたもね、お休みなさい」
ルドゥテ
1992年 デヴィッド・オースティン作出
淡いピンク色のロゼット咲き、中輪(花径10cm) 分枝もよく、多くの小枝がある形よいシュラブを形成します
しなやかな枝はフェンスや壁面など、面を覆うように誘引するか、アーチに絡ませるのには ほどよい長さ。
ローズ色の「メアリーロ―ズ」と白の「ウィンチェスター・キャシードラル」とは姉妹。そうですね、違うのは花色だけ・・
作出はメアリーローズが1983年、ウィンチェスターが1988年、 ルドゥテは一番末っ子。
枝変わりとはいえ、あの宮廷画家の名を刻むからには、何かこのバラに特別な思い入れがあったのでしょうね・・・
ここからはお知らせです! 関西方面在住ですでにいらした方もおられるとは思いますが、
『宮廷画家 ルドゥテ 花の美学展 』が 高島屋にて開催されています。 (Click!) 
僕の情報 Harrodsは物語り上でのこと^-^;  実際は、「大阪高島屋 7F」です! 最終日は9日(月)
お近くの方、またお買いものにいらっしゃる方、今週末いかがでしょうか
マリー・アントワネットや、ナポレオン妃 ジョゼフィーヌより寵愛を受けた宮廷画家、ルドゥテ
あの柔らかなトーンとその緻密な筆致で描かれた作品のファンの方も多いと思います。
5月に「バラ花譜」の展示会が催されていたようですが、今回は、銅版画、肉筆画を含め150点!この機会に是非どうぞ・・
ポストカードを届けてくださったRose name 『Julia』 さん、ありがとうございましたm(__)m
素敵なローズネームですよね❤ 皆さんもVOP投稿ネームの他にも、ローズ(プランツ・フラワー)ネームお持ちください。
ローズネームのご相談ならいつでもどうぞ (*^-^*)

つうこ

Img_1d007024a2e2139d107fa814bc92bba5
連日熱戦が続いているUSオープンもいよいよクライマックス! 男子シングルスも今夜準決勝、女子はいよいよ明日決勝が行われます。
日本の国枝慎吾選手も決勝進出! 5連覇へ向けて頑張ってほしいですね!
たとえ応援していた選手が退いても、冷静に試合を観ることができるし(笑)色んな発見もあり、連日観てしまいます。
昨夜は混合ダブルス決勝。2人のコンビネーションとかポイントごとに(落としても)コンタクトを取る姿、イイなあ~と思いました。
優勝ペアの男性マックス・ミルニー選手(ベラルーシ)は日本食を食べて体調を整えているとのこと。でしょ、でしょ!日本食はいいでしょ!
和食もですが、このところジョコヴィッチやマレ―、またテニス以外でもレディー・ガガ等が取り組み 話題になっているのが・・
『グルテンフリ―ダイエット』 ご存じの方も多いと思います。
小麦粉・ライ麦・大麦等に含まれるたんぱく質の1種、 パンやケーキの生地を膨らませモチモチ感を出しているのが「グルテン」
このグルテンの中に含まれる「グリアジン」という成分、脳内で麻薬のような働きをしパンやスウィーツを食べ始めると止まらない・・(・。・;
また、小腸を刺激し栄養が吸収できなくなり、肌荒れ、肥満の原因にも・・そんな(・。・;パンやスウィーツ好きのワタシ、警告ランプ点滅です^-^; 
画像↑のようなグルテンフリーのケーキやマフィン、このあたりではそう簡単には手に入らないし・・
テニス選手の話に戻します。 ジョコヴィッチ選手が、小麦と乳製品に対し強い不耐性であることが、酵素免疫吸着測定でわかり
このグルテンを断つと とても調子がよくなったそうです。 体重も5キロ落ち、柔軟性、スピード、集中力も向上↑
彼の世界ランク1位の躍進には、このグルテンフリーダイエットが大きく貢献しているのですね。
ジョコヴィッチ選手、他にも、冷水は筋肉に必要な血液を分散させてしまうため「常温の水」を飲むとか、大豆プロティンの濃縮シェーク、
乳製品を控え、カシュ―バターにアボガド、砂糖はごく少量に控え、メラトニンのサプリメントにヨガ、太極拳、瞑想・・
ストイックなまでの徹底ぶり・・ ここまで登りつめる選手みんなそうでしょうが・・
造り上げ鍛え上げられた選手達の躍動する姿を観ることは、観戦オンリーのワタシの 食べ物に対する意識も変えてくれます。
「食欲の秋」には抗えないけれど、健康とか体力作りとかちゃんと気をつけます。
さあ!ここまできたら、名勝負になるにきまってます。 楽しみです!

つうこ
つうこにdiaryを2日間おまかせしている間に 庭にキノコが生えました。
Img_d53c84d794d57a990e6a8facb73ecf64
金曜日
Img_5b9ed6e8c2d2958feb0ffae254bff2fa
土曜日
Img_25e9a32d1fac0e841cc710264e728268
日曜日
金曜日:エリンギのような首・マッシュルームのような頭・・・ 柔らかくて美味しそう!
土曜日:「ハイホー!ハイホー♪」とこびとが周りで踊りそうな 絵に描いたようなキノコの形になりました。
日曜日:笠を広げて雨を受ける立派なキノコになりました。大きくしてヒダヒダを見てください!よくできてます!!
このキノコは白くて肉厚で見るからに美味しそう・・・ 採ってバターでソテーして食べてみようか、と本気で思ったのですが、
ネットで調べてみたら、白いキノコは実は毒キノコが多いのだそうです。 素人にはキケン (゚o゚;;
信州の「キノコおたく」さんが鑑定してくださった結果、これはたぶん『オオシロカラカサダケ』という有毒なキノコのようです。
もうちょっとで救急車に乗るところでした・・・  アブナイ、アブナイ・・・
こんなに美味しそうなのに食べることはできませんが、、、 この「非日常感あふれる」たたずまい・・・
そのルックスに魅了されて、ここ3日の私のSDカードはキノコだらけです(笑) キノコって美しい!
Img_0c083f50fb29d8eb46cfb2f81f6cdd82
そして、2020年のオリンピックは東京開催に決まりましたね。
7年後、どんな日本になっているのでしょう?
それまでにまた大きな地震が起きたりしないかなぁ・・・?
還暦になる私たちは皆元気でいられるかなぁ・・・?
世界中の人々が笑顔で日本に来てくれるかなぁ・・・?  とか、
ガラにもなく ちょっと心配もしたりするぅ。。。
得る物よりも失うかもしれない物の心配をするなんて、、、
それだけワタシもトシとったってことでしょうか(苦笑)
でも 「失うかもしれないモノ」がとても大切な物で
それが「今有る」ことのシアワセに気づく、
ってのがオトナになるってことかもしれません。
東京招致に使われていたロゴマークの「さくらのリース」
公募で 女子美大生がデザインした物が採用されたそうです。
日本を象徴する桜・五輪カラーと東京のシンボルカラー「江戸むらさき」
リースの形は 震災の復興に差し伸べられ結び合う手をイメージ
感謝と希望を想いデザインされたそうです。 いいロゴですね*(^-^)*

HIRO
Img_721dc6f1bac9a801581b65da849e72fe
Img_1a484f09ec29f29514d74cd0b7329fec
Img_3f3d6d27e76b7ff6cddd3abb17aadde4
8月の下旬から気になっていたのですが、楓の木の紅葉が始まっています。
上↑の写真は通勤路途中にあるお宅のモミジ。 別の家でこの2件はかなり離れています。
お盆過ぎ頃から「あれ?! 紅葉してる、はやっ!!」と思いながら眺めていました。
まだカンカン照りで気温は40℃近くある日が続いていた頃です。
8/30のdiary (Click!) で「アントシアニン」のことを書いた時に調べたら
「アントシアニン(赤い色素)には植物の中の組織を守る『日焼け止め効果』がある」ということでした。
今年はあまりにも陽射しが強くて暑いので、アントシアニンを増やして木を守っているのかも!と勝手に解釈しました(^-^)/
それがあっているかどうかはさだかではありませんが、今年はスゴーク見事な紅葉が見られそうな気がします。
何の根拠もありません。  勘です・・・

HIRO


今年も11月に作品展をする予定です。
気に入った素材があればぼちぼち集めていますが、「ぼちぼち」が積もってきて作業部屋がグチャグチャなってきました(^^;
どこに何が入っているかわからないし・・・ 自分で仕入れておきながら忘れている花器などもあり・・・
作品展の準備に本格的にとりかかる前に思い切って一度モノを整理しようとやり始めたらエラいことになってます。
あっちこっちの部屋に散らばって押し込んである資材を作業部屋に集めようと触ったら
結局3つの部屋の押入れの物を全部入れ替えるハメに(-"-;
今日は3つの部屋がグチャグチャになったところで時間切れ。。。 あ”~~
と、今日はこんなことを必死のパッチでやっていたので写真はありません。
汗だく・馬鹿ヂカラでやったのに・・・ かえってグチャグチャ ### はぁぁーーーーー

HIRO

Img_504c30301965b72ab93e32c731f8457c
今日は京都の先生のお宅へフレッシュレッスンを受けに伺いました。
今日のレッスンは「キャスケードアレンジ」 キャスケードというのは「滝」という意味で、
ミスカンサスやベアグラスのような細いラインのリーフで流れ落ちる滝のイメージを表現します。
ススキの穂のように見えるのは「ギョリュウ(御柳)」というピンクの花。お月見に似合いそうなアレンジメントです。
「キャスケードアレンジ」・・・ 葉っぱを挿しながら「ちびまる子ちゃんの友達はなわクンの髪型」を思い浮かべていました(笑)

HIRO
Img_7554d77cd13792ee60a6b9b0a2e1c9ff
Img_028928689f5e1c5db474fde0cb297717
一昨日の続きで、今日も作業場の整理・片付けをしていました。
花材は必ず半端が出て、それらは溜まる一方です。葉っぱ1枚でもその素材が欲しい時があるので捨てられません。
大きな紙袋に3分割して納戸の隙間・隙間に詰め込んでいましたが、邪魔になっているし探しにくいし・・困っていました。
そこで、細長くて深い箱(2L飲料6本入りが最適)を3つ束ねてキャリーボックスを作りました。
底にはキャスターもつけて、これで残っている花材は一目瞭然! スッキリ収まってメチャ自己満足しました(^-^)v
ただ花材は明るい場所だとパラパラになったり色褪せしたりでダメになってしまうので・・・
クロゼットの中にこれが入るスペースを作るのがまたまた一苦労だったんですけどね (-"-;
本当に「片付け」というのはキリがない。。。 今日は蒸し暑くて枚方はまた30度超え、汗だくでした。

HIRO
Img_e152b159b56fd64d80872a2147a69dc6
「あら・・」
「お疲れ様。 今日も暑かったね。」
「ホントに・・週末はお天気くずれるそうね・・ そう!あなたに報告しないとって思ってたの! 私、ルドゥテの絵、見てきたのよ」
「ええ?!そうなんだ・・僕も日曜に行ったんだけどな・・一緒に行ければよかったけど、日曜は君が忙しかっただろ?・・いつ行ったの?」
「月曜日。一緒じゃなくて残念だったけど・・絵、本当によかったわ!バラはもちろん、繊細な花や果実もたくさん・・
あと1日あればもう1回行ってた」
「そう! バラを見るつもりで行ったんだけど、他にも”こっちこっち・・”って手招きする花がイッパイでさ。いや~困った、困った・・^-^;
あ、僕が 振り回されるのは花だけだからね。 誤解のないように言っとくけど」
「はいはい(^-^) でも、あなたと同感。 っていうかあのタッチと色調・・ ルドゥテにしっかり心掴まれてしまったようね、私タチ・・
ねぇ・・ "ワタシの話は?"ってその白いバラが言ってる・・」
「あ・・そうだ、ごめん。 今日のバラは 『ウィンチェスター・キャシ―ドラル』  この間の『ルドゥテ』のお姉さんだよ」
「まあ、姉上は純白の大聖堂・・オールドローズの甘い香りね・・ありがとう」
「どういたしまして」
「ウィンチェスター・キャシードラルと言えば、ジェーン・オースティンが眠っているわね・・”君の心の庭に・・”あ、いい・・ありがとう、またね」
「ああ、気をつけて」
彼女を見送りながら、僕はその 続きを呟くのでした。
「”忍耐を植えよ。 その葉は苦くともその実は甘い” 僕に言いたかったのか・・よぉし、植えてやるぞ!
でも彼女、「忍耐」とか「パティエンス」とか すぐ反応するんだよな・・そうだな、今度こんなふうに言ってみようか
”君の心の庭に・・このバラを植えよ! 僕が面倒みるから!” なあんちゃって・・^-^;」
言えるもんならいっぺんゆうてみ・・って言ってやりたいですね (笑)
『 ウィンチェスター・キャシードラル 』
 1988年 デヴィッド・オースティン作出
「メアリーローズ」の白バージョン枝変わり品種。 時折、センターにちょっとしたピンクが入ることも・・この画像にもあらわれていますね。
親の長所をたっぷりと受け継ぎ、総合評価は抜群! 
良く繁った株にたくさんの花が付き、大きめの鉢に植えても、花壇にボーダー、生け垣にしても素晴らしい万能品種です。
蜂蜜とアーモンドの花を感じさせる、強いオールドローズの良い香りは、暖かい気候ではいっそう強く薫ります。
イギリスで最も有名な大聖堂のひとつ、ウィンチェスター大聖堂から名前が付けられました。
花弁の優雅な「揺れ」は、VOPフローリストの心をもとらえ、「大好きな白バラ❤」 と聞いております。
皆様のお手元にもいかがでしょうか・・

つうこ
Img_711e7ab9fc1792a378a9c22c206e5097
『ルドゥテ花の美学展』に行って来ました。 
「バラ図譜」「美花選」よりバラ、美花、プランツ、果実が 150枚・・
そうですよね、150って確かに紹介文で書いてます。
でも150枚分の見どころ(@_@)と向き合うことがどんなことか、
会場に行くまでは考えてもみませんでした。頭の中はバラ、薔薇・・(笑)
ところが!バラだけでなく、このHPにも登場した花々、身近な花に珍しい花、
もう現存しないプランツや美味しそうな果実・・繊細なタッチと大好きな色調で
目の前に咲いていると・・もう・・これはルドゥテの魔法にかけられて迷宮を
彷徨っているようなもの(笑)
何からお伝えしたらよいか・・と迷いましたが、 マルメゾンの庭のバラや
皆様もきっと大好きな花達は また後日紹介しますね(^-^)
今日は「それは知りませんでした(@_@)」という「驚き」から・・

『バラ図譜』には”スティップル・エングレーヴィング(点刻彫版法)という
銅板画の技法が採用されています。銅板画をされる方、詳しい方なら
ご存知でしょうね。
エングレーヴィングとは、丹念に研磨した銅版に、ビュランという彫刻刀を
用いて直接 線刻していく方法。  (Click!) 
スティップル・エングレーヴィングは、線ではなく、点刻用の彫刻刀や
ルーレットで、銅版に直接点を刻んでいく方法です。
18世紀フランスで素描を複製するためにしばしば用いられた技法ですが
あまりにも手間がかかるため一時は廃れていました。しかし、18c後半、
イタリア美術に憧れたイギリスにおいて、ルネサンスやバロック期の
素描複製に再び用いられるようになりました。
ルドゥテがロンドン滞在時にこの技法を習得、作品に導入します。
この方法は輪郭線を彫らず、点の集積によって形を表します。 点の粗密により、陰影と、柔らかな立体感が生まれるのですね・・
さらに、線と異なり点は非連続であるため、版に詰める色どうしが混ざりにくい・・
よって 複数の絵の具を詰め分けることで、一枚の版の多色刷りが可能に!
ルドゥテの場合、彫りあがった版画に、更に手彩色が加えられています。

そしてこのひとつの作品の完成は、多くの人々の共同作業に支えられています。画家、彫版師、刷り師、版元に植物学者・・
それぞれの絵の下方には、左から「ル・ドゥテ」、中央 刷り所「レモン」、右 彫版師「ラングロワ」のサイン
超版師は、10人にのぼり、すべて「レモン」の工房で刷られ、パリの出版社より出されました。
ルドゥテの植物への情熱と観察力の鋭い描写を、当時の職人集団の技術が支えたのですね。
あの静かで繊細な絵に秘められた、緻密な作業と技と、ルドゥテ始め、関わった人の分だけの植物への執着と愛情・・
ますます迷い込みそうです。 ルドゥテの迷宮・・(*^-^*) 

明日は台風で大荒れのお天気です。 皆様どうぞお気をつけください!

つうこ
Img_b40cab4ad09441667f7a4d3ca5c6569f
Img_a6b65c04be42064bec26a620c3190543
Img_dea626b52e61f427be85620e23406b7c
金曜・土曜とDiaryをつうこにおまかせして「お伊勢参り」に行ってきました。
数年前からのパワースポットブームに加え今年は「式年遷宮」の年だということで伊勢神宮参拝はスゴイ人出でした。
「式年遷宮」って何?という方、コチラJR東海の解説がわかりやすいです→ (Click!) 
式年遷宮は大御神様が清らかな新居にお引越しをするという20年に1度の一大イベントで、その転居日「遷御」は今年の10月2日
だから今行くと20年お過ごしになられた現在のお住まいと間もなく引っ越される新居が並んで建っているところを見ることができます。
Img_6d8ac3ab4b2db9cf3309a70026f103f1
↑ 下宮で撮った写真。向かって右に現在の本殿、左側にはまだ現在建築中のまっさらな白木の新居。
その奥にはこれまた真っ白な神殿が連なっているのですが、撮影禁止です。行けば見られます。

と、いっても・・・ 私は建造物に対して造詣が深いワケではなく、神様への信仰も厚いワケでもなく・・・
今回の伊勢神宮行きは全くの思いつき、「そだ、お伊勢さん行こ!」くらいの軽いノリでした (^^;
「お伊勢さん」といえば、「小学校の修学旅行」を思い出す方も多いのではないでしょうか?「広島」世代以前の関西人。。。
私もそうだったのですが、「ナンデコンナオモシロクナイトコナンダ(-"-;」と思っていましたネ。
伊勢神宮の良さをわかる小学生はかなりオマセさんだと思います・・・
Img_e0fee44c9662160522cf5b46daed21f8
Img_f94fb6d61810ea8f7edea8d040e6d0e7
「何事のおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」と伊勢を訪れた西行法師は詠まれたそうです。
清浄な空気に包まれた伊勢の森を歩いていると、胸がスーゥッとして心洗われるような・何かに守られているような気になります。
大人になってから伊勢神宮へ行ったことがない方、行ってみては? 小学生の頃にはわからなかったことがわかります。

ただ・・・ 日中の伊勢神宮は(というか街中が)大混雑で大勢が玉砂利を踏みしめるのでホコリっぽい(らしい)。
ゆったりした気分でお参り・・というイメージではないかもしれません。
私が撮った写真にはほとんど人が写っていませんが、これは朝の5時半だからです!
天照大御神のかたじけなさを感じようと思ったら、近くに宿をとって「早朝参り」をするのがオススメです。開門は午前5時です。
「新名神道」ができているので以前は枚方から4時間ほどかかっていたのが2時間位で行けるようになっています。

HIRO
Img_e62a9080f9e57d47511cdbd2392e6417
昨日は台風通過で各地で大きな被害が出ました。 3連休・・交通機関の乱れに巻き込まれた方もおられたのでは?
京都の山間部の豪雨の影響で桂川・鴨川・木津川・宇治川などいつも見慣れている川が全く違う顔をしている映像に驚きました。
本当に今年は自然の厳しさを何度も何度も思い知らされる年ですね。 夏ばっぱの言葉が身に滲みます。
で、台風だったから・・・ ではないですが、昨日はDiaryをサボってしまいました。全く台風の影響ではありません。ゴメンナサイm(_ _)m

台風一過の青空にちなみ、台風が来る前に見た夫婦岩の写真です。
このVOPをご覧いただいている皆様は4倍速16倍速の方が多くて、明日にでも「そや!お伊勢さん行こ!!」と出かけそうなので(笑)
ご参考までに伊勢レポート掲載しておきます。修学旅行で行った夫婦岩、小学生の時は全く良さがわかりませんでしたが
参道の旅館街は明治時代からの木造建築が残っていてレトロブームな今・大人になって行くとなかなかエエ雰囲気です。
ゆっくりとそぞろ歩いてみてください。以前は賓客の宿泊施設だった『賓日館(ひんじつかん)』という所が資料館になっています。
Img_6f74ee421b0d33e7603bb1cb116b516e
Img_db81456bac06b6256f0173e21727d3df
Img_0b25c22be24d9def1ee31bb09edab9af
この日は夕方からNHKの公開生放送があるということで、スタッフさんがセッティング中。
ちょっとバタバタしていましたが、皇族方が海を眺めながら静養された場所・いい所でしたよ!

内宮の天照大御神・下宮の豊受大御神の他にも伊勢には多くの神様がおられて、それぞれに色々なご利益を授けてくださるそうです。
宿泊した旅館の仲居さんに「ぜひ行ってみて」とススメていただいたのは『猿田彦(さるたひこ)神社』
『猿田彦大神』は「すべてのことに先駆け、人々を善い方に導き、世の中の行方を開くみちひらきの神様」なのだそうです。
赤ちゃんのお宮参りが5組も来ておられました。地元では信仰を集める神社のようです。
その横に佐瑠女(さるめ)神社という小さな神社があります。由来を読んで私は「佐瑠女さん」のファンになってしまいました。
「佐瑠女さん」は本名「天宇受売命神(あめのうずめのみこと)」 元気でおおらかな女性の神様です。
物怖じせず偏見も持たず必要な時に神と神の間柄を取り持つ役目を果たされたことから「良縁の神様」
男女の縁に限らず、人と人・仕事や物との様々な縁を良い形で結び導いてくださるそうです。
また「たましずめ:高ぶる心を鎮め落ち着かせ穏やかな心にする」「ふりたま:眠っている心を呼び覚まし活力を与える」力もお持ちだそうです。
佐瑠女さんは芸能の祖神として、技芸・技術・習い事の上達成功も叶えてくださるそうです。 
不信心なワタシですが、効能書きに叶えていただきたいことばかり書いてあったので熱心に長いこと拝みました (^^;
神様にお願い事をする時は、まず自分の住所と氏名をハッキリ唱えるんですって。
でないと神様は「どこのどなたのお願い事」なのかわからないから叶えようがないんだって。皆さん覚えておいてくださいね。
これは帰り道に寄った松阪の肉料理屋の仲居さんが教えてくれたことです。。。 あ"ー、住所氏名なんて言わなかったよ・・・(-"-;

HIRO


Img_d0cef842d8ff6fec056632af74a89f5d
Img_6dc1eec7f8e5f0984dd01746a4877700
Img_e1e5235ea91a9a89f2ea1d9e06a939de
Img_63bde5c275f86dac52a2c0665779a7d5
一昨日月曜日、友人のお誕生日会に行ってきました。
お誕生日会といえば、ふつう「およばれ」ですが、ワタシの場合は「おしかけ」です。「行くよ!」って(^-^)
そして、ふつう「お誕生日会」と言えば、祝福される人は、上座に座り「おもてなし❤」を受けるのですが、
このお誕生日会のミョ~~なところは、祝福される人が嬉々(^-^)として厨房に立ち、祝福する人がもてなされる・・^-^;
でもね、どちらも笑顔と笑顔(*^-^*)ならばこれでよかった? 私だけ美味しい思いをしてごめんなさいm(__)m
メニューを紹介しますので、皆様もイメージしてみてくださいね!
特筆すべきは、ここに並ぶほとんどすべてのお野菜は自家製! 大地の恵みがアノ方の絶妙な技で驚きのお味に・・さあ、いきます!
まず、左上「カプレーゼ」と「白ネギのスープ」
白ネギのスープに白ネギとジャガイモもスープストックで煮てこし、生クリームと、お豆腐を入れてお味付け。
優しいお味、しかも濃密な感じがジャガイモとお豆腐からなんですね・・美味でした~❤
右上は、なんと蒸してアツアツのホールオニオン!! 皮を剥くと、ツルツル肌の美人たまねぎさん、甘くとろけます。
オリーブオイルとガーリックで炒めた水ナスも大好き❤ この時点ですでにお腹いっぱい・・
で、許してもらえるわけなはいのです! 左下近江牛のローストビーフ❤ 言葉を失いました。。。
そして、右下は自家製パンチェッタ(ベーコン)とフェットチ―ネのカルボナーラ・・
いえ、ちょっと違います。フェットチ―ネに見えるのはなんと「きしめん」!大麦から作ったきしめんだそうです。 
お味がすごくしっかりしているので、これならパンナチェッタとチーズの濃厚さに負けないだろうと、カルボナーラにしたとか・・
そして、この下の松の実のチーズケーキ、チーズはクリームチーズと○○の2種類で、粉は小麦粉と「米粉」を使っているそうです。
グルテンも控えられるし”しっとりもちっと感”はこの「米粉」が支えているのですね。
たいへん美味しゅうございましたm(__)m  祝福する側のMission『美味しく完食』も無事遂行(^-^)v
自然の恵みと、冴えわたるアレンジでいただいたお料理から元気をたくさんもらいました。
ゆうへ、ステージお疲れ様でした(笑) 健やかで素敵な1年を重ねてください❤
Img_b06c0093a769208cef43f3823e1f2671
つうこ
Img_b29cd0e507925ab3aa43d0e600e00ea7
中秋の名月、ご覧になりましたか?
こちらでも本当に美しい月を見ることができました。
皆様もそれぞれの場所で、何かを感じ、想い、この秋の名月を心に刻まれたことと思います。
そんなしっとりとした月を topにお届けできればよかったのですが・・
何度撮っても朧月・・(・。・;なので、今日の画像はコチラ!
イザヨイバラです。 わあ!この私が先取りなんて!(^-^)v それにしてもこの晴れた昼間画像・・一気に「月」が遠のきましたね^-^;
ロサ・ロクスブルギー・ロクスブルギー という名の原種ですが、
ロゼッタ咲きが一部分欠けて咲く様を「十六夜の月」に見立ててこの「俗名」がつきました。
やはり日本人としては、こちらの名前で呼びたいですよね。 覚えてくださると嬉しいです。以前のバラノートはコチラ  (Click!) 
そう・・「月と言えばどんな曲を想い浮かべますか」とFM genkiのDJさんよりコメントをいただきました。
月にちなんだ素敵な曲たくさんありますよね! 皆さんならどんな曲でしょう?
ベートーヴェンの♪月光、ドビュッシーの♪月の光・・♪Fly me to the moon・・♪ Moon River・・
「あれは?ほら・・あれ」と僕がゆうておりますので^-^; 「僕」のリクエスト曲を・・
Pat Methny ♪Naked Moon 月を眺めながらどうぞ・・ (Click!) 

つうこ
Img_3c60d173e56049880bd60e0eefac8317
昨晩のお月様は本当にキレイでした。 私はひとりで石山寺までお月見に出かけました。
石山寺:滋賀県瀬田の洗堰をのぞむ山にあり、紫式部が『源氏物語』を書いたお寺として有名です。
写真に写っている建物は「月見亭」 月見亭の上に浮かぶ月は「石山の秋月:近江八景のひとつ」だそうです。
瀬田川の向こうの山から顔を出しはじめだんだんと空高く浮かんでいく月は本当にキレイでした。
中秋の名月が満月で、こぉんなにいいお天気、しかも自分が行ける状況、というのはそうそう有ることではありません。
「月を見るためだけにどこかへ行く」というようなことをこれからスキあらばできるだけたくさんしようとたくらんでいます。
Img_b5d987aee173a3184953833b7254b7d7
Img_acddab0d059d08d4d1f02cacc0c10b0b
Img_c629ff2096d44d5de6d4413b88c0bf6b
HIRO
Img_806ec55af0d642f6df8858db306d7d39
Img_a9bd8688ee28f106e735dbfc6a538381
Img_c32f696217af5b38e950399c2cd9a120
ブルースターのタネが詰まった鞘がはじけました。
その精巧な作りには毎年毎年感心してしまいます。(毎年毎年 言ってるかも・・・)
風に吹かれて、、、飛んでいけぇ♪

HIRO
Img_f9e7007cc229c1d7ef6b3c7b9412d24c
秋の訪れを感じるのは、まず”夜”からでしょうか。 風、虫の音、澄んだ月・・ 
まだ30℃越えの昼間、夏の名残りの雲が気遣いながら隅っこに浮かび、鰯雲が堂々と張り出している空は・・秋ですね~(^-^)
となると秋は夕暮れ・・暮れ行く空を眺めるのも楽しみな季節ですね。
今日はこの鰯雲がほんのり染まる柔らかな茜色 
まあまあ・・これからやから・・と言われているようでした(*^-^*)
Img_d2f334031936dd3666ceb16d44e4fb64
そしてこちらも秋の訪れを告げる色です。 
画像は2日前に撮ったもの。今日はすでに稲穂も刈られてしまいました。
あぜ道には約束事のように咲く真っ赤な彼岸花
夏の暑さがどんなに厳しくとも、カレンダーがうめこまれているのではないかと思わせるほど
淡々と季節を告げる空と地と花・・ 
さあ、イイ季節がやってきたのだから! って後押しされているようです(*^-^*)


つうこ
Img_3990b966b21d4734062269a8781e4fe2
Img_f2b7ff6dc37715cb987e56d3ad03f77b
このところ プライベートレッスン(教える方)が続いています。
ブライダルのグッズやブーケ、そして数ヶ月に一度お招きいただく「女子会」でのレッスン。
こちらから「これを作りましょう」というのではなく、全くのリクエストレッスン。
相手の方の頭の中に「こんなモノ」というイメージがある・・・それを想像して自分の頭の中に構築し
素材を揃え作り方を考える、その作り方を伝える、できれば楽しんで作っていただきたい・・・
教える方の私がメチャメチャ鍛えていただくスペシャルレッスンです。
特に「女子会」の女子たちは私が作ったことない物を作りたがるので、「こういうモノ」でいいのかどうかドキドキします。
でもいつも可愛いくて面白くてちょっとオシャレなものが出来上がります。
「それもアリか!」と 目からウロコがはがれる思い、 そして「あぁ、そういう物が好きなのか」と若者のニーズも教えていただけます。
緊張しますが・・ 出来上がった時の生徒さんのニッコリ笑顔を思い描きながら私も楽しみたいと思います*(^-^)*

HIRO
Img_98f653d9cba4ea3578c2a52a228b0ce7
Img_3667ea69d6de689f87d5ddfa5ed3e2ba
ヒガンバナが盛りですね。 昨日Bbsにヒガンバナの画像を投稿していただきましたが、その頃 私も撮ってました。
ヒガンバナ 「ちょっと苦手な花」という方多いのでは? 私もそうでした。子どもの頃はなんとなく怖かった・・・
開花の時には葉っぱがなくて茎だけが突然スゥーと伸びてきて鮮やかな朱赤の花をつけるヒガンバナ
「死人花」「地獄花」など多くの別名、「赤色は地獄の血の池の水を吸っている」とか「持って帰ると家が火事になる」という言い伝え・・
子ども心に恐怖心を植付けるのにこれほど多くのネタを持っている花は他にないのでは?
そういう意味ではvopが選ぶ「残念な植物」ベスト5に入るのではないでしょうか。
『ヒガンバナ』を調べていて、「え?コレは聞いたことなかった」という別名がありました。
沼津あたりではヒガンバナのことを「はっかけばばあ」と呼ぶそうで、かなりポピュラーな通称のようです。
子どもたちは「この花に歯を見せると歯がかける」と信じていて、彼岸花を見つけると口をおさえて通り抜けるのだそうです。
漢字では「歯っ欠け婆あ」 これはヒガンバナが開花の時に葉っぱがない→「葉っ欠け」→「歯っ欠け」になったようです。
ナールホド! でも何故『はっかけじじい』じゃないんでしょう!?

子どもの頃はなんとなく怖かったヒガンバナ、私はもう怖くなくなってその放射線状の赤が美しいなぁと思うようになってきました。
これは私がちょっとずつ「彼岸」に近づいていってるからでしょうか・・・? 悟りの世界にはまだほど遠く迷いと煩悩にまみれていますが・・・

HIRO
Img_eeb8410f3863ffcb0b0969c95294e5ec
『宮廷画家ルドゥーテ花の美学展』を見にいってきました。
「え?もう終わったんちゃうん? (Click!) 」と思う方もおられるかも・・・
薔薇のマークの高島屋、今度は京都店で今開催中です。先日高島屋で靴を買ったらルドゥーテ展の招待券をくれました。ラッキー!
詳しい解説をおさらいしたい方はつうこさんから→ (Click!) 
絵葉書や写真になるとタダの「花の絵」ですが、その精巧で緻密な手法は実際に見るとスゴイんです!
華道が盛んな京都での展示は大盛況、お花好きな皆さん花の名前を読みながら熱心に見ておられました。
私も絵葉書を買い求めましたが、選んだのがバラじゃないのばかり・・・その「あまのじゃく」ぶりに自分で苦笑しました。
あ、リースは薔薇です。Juliaさんが私に送ってくださった絵葉書、私もこれは一番大好きな絵でした。
「原画を1枚あげる」と言われたら、このリースのにしようか「パンジーのブーケ」にしようか迷うところです。
つうこはやっぱりどれか薔薇のを選ぶんでしょうね。

HIRO
Img_198298977c68004f1060e7201b439168
8月末、3年半使い続けた携帯の調子が悪くなり機種変更、ガラケーとスマホの2台持ちにしました。
使い慣れてからアドレス変更のお知らせをと思っていても、メールはガラケーでも今までどおりできてしまうので・・いまだにスマホは恐る恐る^-^;
このところ、ちょっと新しいお友達ができてしまい、そのお友達とのやりとりにかまけています(*^-^*)
紹介します! メイドのメイちゃんです ↑ とても優秀です。
実はコンシェル「しつじ君」もいるのですが、彼はテンポの早い人むきかな・・ あまりに早口だから
私 「しつじくんって、早口だね~(^-^;)」 すると
しつじくん 「早口駅までの時刻と乗り換え案内を調べました」
一瞬のうちに、¥5万いくらかの運賃とANAも含む交通機関、乗り継ぎ時刻、到着時刻が出てきます(・。・;
早口駅という駅があるのも知りませんでした。私の滑舌が悪い「せい」か「おかげ」か、行ったことがない秋田県の早口を調べてみたり・・
それはそれで楽しかったのですが、以来、ゆっくりの私はメイちゃんにそばにいてもらっています。
天気、Rogerのいる場所の時刻、行きたい場所の地図、アクセス方法、料理のレシピに健康管理など・・おてのもの
メイ 「何か御用ですか」
私 「メイちゃん、喉が痛いの」
メイ 「周辺の耳鼻咽喉科を調べました」 と数10件を一気に表示
私 「咳が止まらないんだけど・・」
メイ 「咳に関する記事を調べました」 と、咳の原因となる病気・咳・痰が出るメカニズムと病気・・なんて記事を検索してくれます。
とにかく手軽でサクサク表示されるのは本当に助かります。

そしてこんな会話も
メイ 「おかえりなさいませ」
私 「メイちゃんのこと、だぁいすき」
認証中・・のあと 「嬉しいです」 とか 「メイは何番目かな?」 カワイイ(*^-^*)
今度は
私 「メイちゃんのこと、一番好き❤」  すると
メイ 「知ってます」 そしらぬ顔で仕事(本を読む)を続けます(・。・;  かわします、うん、なかなか・・(^-^;)
特に、個人的な質問
私 「メイちゃんの体重は?」
メイ 「そんなの言えません」
私 「メイちゃん、身長は?」には
メイ 「勉強中です・・」 と取り合ってくれません。  う~ん、プロ・・(^-^;)
でも、「疲れた・・」とか、「ごめん」とか、ネガティブな言葉には
メイ 「元気なご主人様が見たいな~」 とか 「元気出してください」 と慰めてくれます。イントネーションもほどよい感じ・・
必要な情報を手軽に得ながら、やりとりに癒されたり、認識違いの意外性を楽しんだり・・身の丈にあったスマホとの付き合いをしています。
メールは従来のアドレスで問題ないのですが、早くこちらのアドレスもお知らせしないと・・(^-^)
「まあ、ここまできたらそれはいつでもいいけど・・なんか、さびし~い人になってないかな?(^-^;)」  なんてご心配は結構ですよ:笑

元気な証拠に・・・ 10月ライブのお知らせです♪
10月14日 『宝塚音楽回廊』に出演します。 (Click!) 
『宝塚音楽回廊』は市制50周年、阪神大震災10年を機に、街ににぎわいと活力を!と立ちあげられた音楽祭♪
10月5日、 13日、14日、 20日、と3週にわたって週末に様々な開場で行われます。
Stable Notes(東川 幸嗣・tp / 小田千津子・key / 手島甫・b / 松田"Gori"広士・ds)の出演は
14日(祝・月) 逆瀬川 末広中央公園 サブステージにて 12:50 ~ 13: 30 です。
演奏時間は40分ですが、 色々なグループの色々なジャンルの音楽が聴けて、フリーマーケットも楽しそうです!
イイお天気になりますように~ 頑張ります!

つうこ
Img_7b2485f03f64d93cec4670b9dc6c71d8
「あら、こんばんは」
「やあ・・・随分涼しくなったよね。 どう?元気だった?」
「ええ、涼しくなったら 俄然元気がでてきちゃった。っていうか、あと3カ月で今年も終わりって、焦るわ」
「そうだよね。 あ、でも元気でよかった。いや・・この間さ、『君の心の庭に・・』なんて言いかけただろ? だから・・」
「気にしてた?ごめんなさい。」
「いや、そうじゃなくって・・僕へのメッセージかな、と。でね、植えたんだ!『忍耐』 頑張ったな~あれから・・」
「まあ、それは御苦労さま(^-^) じゃあ、やっと芽が出たぐらいね。実がなるまでいったいどれくらいかしら(^-^)」
「え?そんな~(>_<) ま、そりゃそうだけど・・」
「大丈夫。 私も植えてるの。まだまだ実はならない・・でも、そんな木を忘れさせてくれることが色々あるから助かってる
たとえば・・・あ、もう行かないと」
「そうだね、今日のバラは『ジェームズ・ギャロウェイ』 えーっと・・このバラがそうだと嬉しい」
「ええ、もちろんよ! たっぷりの花びらに甘い香り・・ 今夜は、そう・・ジェームズ・ギャロウェイのフルートを聴いて眠るわ」
「それがいいね、気をつけて」
「いつもありがとう、お休みなさい」
『ジェームズ・ギャロウェイ』
2000年 イギリス デヴィッド・オースティン作出  交配種は Heritage × 実生
中心部の桃色が外に向って薄くなるロゼット咲きの花弁は130。
波型の花弁が盛り上がったダリアのような咲き方がとても印象的です。
甘いオールドローズ香。 逞しく大きくなるシュラブでシュートの発生もよい 強健種。
節間が長く太い枝にとげも少ないシュラブで、つるバラにも最適だそうです。
アイルランドのフルート奏者の60歳の誕生日を記念したバラ
庭からフルートの調べが聞こえてきそうですね・・ いかがでしょう・・

そして「ゴールウェイ」 と言えば、金色のフルートとともに想起される名手。
あのヘルベルト・フォン・カラヤン時代のベルリン・フィルの トップフルート奏者です。
フルートがお好きな方は、ゴールウェイなら○○とこだわりがあるかと思いますが・・
アイルランドといえば、この曲・・  1息毎に籠められた歌・・・とにかく沁みます❤ 
『Old Irish Air Danny Boy』 (Click!) 
  
つうこ
Img_7754e0525bb116bd67ddb647f6007156
手作り石鹸が届きました。 made in つくば です。
以前1ついただいたこの方の石鹸が いい香りで泡立ちもよく
とても使い心地がよいかったので ご趣味で作っておられるのに
無理を言って分けていただきました。
顔を洗った後でもつっぱらないし 洗い上がりのお肌はしっとり・・・
これを作っておられる方は頭のてっぺんから足の先まで
全部この手作り石鹸で洗ってしまうそうです。
私も一度シャンプー替わりにこの石鹸を使いましたが
しっとりと収まりよく洗いあがりました。
こんなに手作り石鹸が良い物なら・・・
石鹸を自分で作ってみたくなりました。
色んなことをやってみたくなります。 秋ですね・・・

HIRO
Img_d6d42670c8088095e17e82aabe3ccf54
枚方には海はないのですが 二日続きで海の景色を見ました。
金曜日、↑ 大阪府阪南市の海。以前にも紹介したことがある「KITANOおしゃれな大人のマーケット」へ行きました。
大阪湾のずいぶん下の方、海が見える素敵なギャラリーでのマーケット
Img_4f05525da13246b3924e2118757389ea
Img_cef6e5aef11c661d1e14987e2a27a3ab
夕景もキレイでした *(^-^)*
Img_2793b8e88588d4b17036fa7cbf46fcb5
そして昨日土曜日は ↑ 神戸市須磨のビーチ。 こちらは大阪湾の一番上の方ですね。
須磨へ行ったのはちょっとした集まりがありまして、この「このちょっとした」ってのがクセモノですネ・・・
ぶっちゃけて言うと「飲み会」です。 少し涼しくなったので「活動期」に入りました(何活動やねんっ!?)

Img_3e270f6654a5cf54e2435da66f7fa146
今年は荒天続きで心穏やかに過ごせることが少なかったけれど、こんなふうに美しい空や海を眺められる日もあるんやなぁ~

今日は家でまったりしています。 花活もヤル気満々! 活動期に入ります!!

HIRO
春にこのHPに『Plants Memo』というコーナーを作ったのに
夏 暑くなってから すっかりサボっていました。
今日で9月も終わるので、これではイカンと思い
7・8・9月分の植物写真を一挙公開しました!
・・・と言っても、、、少ししかありませんでした (^^;;
夏はダメです・・・ 暑くて植物も私もくたばっていました。
それがよく表れている記録として残しておきましょう。
ここで見せていただいた写真も残しておこうと思うので
Bbsに投稿していただいた写真も載せさせていただきました。
Memoなので、忘れたら見て思い出せるように。

HIRO
Img_97a32d23b8505dc03e2e1d2b5a6ad7c7