今回の岐阜行きの目的は おなじみあらんちゃんこと荒野カオルさん(バッグ)・斎藤由妃子さん(陶)・清水菊乃さん(紙)という
八ヶ岳の作家さんの3人展作品展を見に行くこと。場所は昨年秋にopenした「のぶずGarden & Gallery」という素敵な空間でした。
八ヶ岳の方々がなぜ岐阜で?というのは聞いたけれど話すと長くなるので省略・・・
ま、八ヶ岳は日帰りでは行けないけれど岐阜ならピュッと見に行けたので私はラッキーでした。
このギャラリー築100年の建築物を改装したものでお庭も広くてとても素敵!
以前は開業医さんのご自宅兼診療所だったそうです。襖の引手が蝶々の形(しかも左右違う)だったり、凝った作りでした。
岐阜まで行けない皆さん、写真で少しだけ雰囲気を感じてください。
Img_78bcac7e7e7da7be740f9b4585245740
Img_079a6bc623f2dba5d10df30319f47a53
Img_f3203e93fe1ec0e05de7759cce47b998
Img_01f773d61018721bfde29d8fd5724df3
Img_f7dcae41bae3c3470728af104008ad68
Img_2c98f55f2deacffca3b07b7c3920dfed
陶器を中心に常設展示もされているので岐阜へ行くことがあればぜひ寄ってみてください。 (Click!) 
cafeスペースからはご主人が丹精されたセンスの良い和洋折衷のお庭が見えて、
作家モノの器で出てくる奥様が入れてくれるコーヒーはとても美味しかったです。近ければ入りびたるのに・・・
Img_1420b6bc1145e36cdefb5cb660b89dd0
岐阜市内って何がある? と、行ったことある人に尋ねたら「そりゃ岐阜城でしょ!」と教えられました。
岐阜=美濃の国、斎藤道三・織田信長の居城だった岐阜城は岐阜市の東にそびえたつ金華山の頂上にあります。
ロープーウェイで上りましたが頂上駅から天守閣まで急勾配をまだまだ登らねばならず息があがりました・・・
天守閣まで上ると360度のダイパノラマ!!東は恵那峡・北には日本アルプス・西には伊吹山・南には濃尾平野・眼下には長良川。
楽市楽座で栄えた城下町の面影を残した歴史を感じるいい町でした。
夏になると毎年 枚方と「今日日本一暑かった町」を競い合っているだけあって暑かったけどね・・
Img_9a4f59397a64320dfb523c7cd8ea9757
Img_967a95b2fa609e7f8fb36cbb6fc3e6f6
HIRO
Img_1db0bb1a953a38b00388a9324535f8f4
Img_816d873d2d9d373b27f8c4adf5f605a8
6月になっても、夜はジャケットが手放せない。 明日は月曜・・人通りもまばらなパブ街の裏道で、僕は彼女を待った。
あれから随分 経ったしな・・彼女、もういなくっても不思議じゃない・・とにかく終電まで待つことにしよう。
あの扉から出てくる、出てこない、出てくる、出てこない・・ 左手に持った赤いバラに目を落としたその時
「あら!」
「あっ・・・まだいてくれたんだね! こんばんは。 えーっとまた随分と時間が・・」
「そうね・・でも、バラが一番の時だもの。 ガーデン巡りに忙しかったのよね」
「そう!お見通しだね! でもね、是非とも確かめたいことがあって・・行ってきた! 分かったよ、あのバラの名前!」
「あのバラって?・・えーっと・・ チャールズ・レイニ―・マッキントッシュじゃなかったっていう赤紫の?」
「えっ! そのチャールズの名前も覚えてくれてるんだ・・スゴイや(・。・;そう、あのマゼンタのバラは『ウィリアム・シェークスピア』!」
静かに微笑みながら頷く彼女
「こちらも 忘れようにも忘れられない名前・・でも、あなた 本当に嬉しそう!」
「ずっと気になってたからね。あ、でも今日持ってきたのは『ウィリアム・シェークスピア2000』なんだ。 違いは・・あ、時間かな?」
「そう、ごめんなさい。 でも、あなたのすっきりした顔見て私もなんだか嬉しくなっちゃった。 イイ香りね、今夜も心地よく眠れるわ」
「ああ、よかった・・気をつけてね、お休み」
「あなたも・・お休みなさい」
彼女にも晴れて訂正できたことだし、何より まだあの店にいてくれたことが嬉しい・・さあ、今度はどのバラにしようかな・・
全仏テニス ローラン・ギャロス、男子シングルス3回戦の録画を流しながら、実は手許のガーデンで撮ってきたショットばかり見ている僕 でした。
Img_38ac7a4a568d4d7774a942b4195dbde8
トップ画像がウィリアム・シェークスピア2000 (泉南English Rose Garden)
コチラ←は以前僕が渡した ウィリアム・シェークスピアです。(枚方Rose Garden)
【ウィリアム・シェークスピア・2000】
2000年 デヴィッド・オースティン作出 交配種は 実生 × The Dark Lady
八重咲きの大輪。咲きはじめは深いカップ形が、満開になるにつれて浅いカップ形のクォーター・ロゼットになります。
花色は黒赤紫から青みを帯びた紫色に変化します。 秋色も見てみたいですね❤
濃厚なダマスク系オールド・ローズの香りは、意外と見つけるのが難しいと言われる
”深紅のばらそのものの香り”だとか・・
葉は明緑色、半張り性でサイド・シュ―トの発生や分岐がよく、シーズンを通して
花つきはよいそうです。
1987年「ウィリアム・シェークスピア」の名で発表されたが、耐病性に弱点があり
改良され再登場となりました。
枚方ローズ・ガーデンで『チャールズレイニ―・マッキントッシュ』の横に植えられていたバラ
改良種「2000」より前の種が植えられているのは、さすがです、枚方RG! 
しっかり張っている株に隠れてしまっていたプレートを添えておきます。

さて、僕が録画で流していた全仏オープンテニス。 錦織選手も4回戦に勝ち進みました!
次回はいよいよナダル戦!応援しましょうね!
もちろん、our Roger❤にも頑張ってもらいます。ワクワク(ドキドキ)のシーズン到来です(*^-^*)

つうこ
Img_c863c0cba7db3b96056c367b1c599274
Img_1f3c8c4a23cef08c68d1976071f3da6f
Img_ff6cf1ced0a512789d783de8a8c1c6f3
Img_07dad333a0708f89c0c9af2387f41312
庭の梅の木、実梅ではなく花梅なのに今年は大豊作! 8kg弱採れました。
親戚やご近所の方がたに貰ってもらって、残った3kgで梅シロップを作りました。

4月に植えたプチトマトの苗はグングン大きくなってたくさん実をつけています。
早く赤くならないかなぁ。。。 背丈が伸びるのはとても早く感じるけれど実が付いてから赤くなるのはなかなかです。

同じく4月にフと思い出して 気まぐれに『カラスウリ』のタネを植えてみました。
去年の10月にアレンジメントに使った実から採ったタネです。 (Click!) 
2ヶ月近く全然芽が出ないので「もう出ないんだなぁ・・」と思っていたら数日前に突然発芽、Hallow!!
育つかなぁ・・・ あの超神秘的な花見たいんです。
スズメウリは何度も挑戦したけれど途中で枯れてしまった・・・ カラスとの相性はどうでしょう?

HIRO

Img_2a64093a59f5068341b0b9f65b151c60
アスファルトとブロック塀の間から出てきて咲いている『ヒメジョオン』です。 今あちらこちらで真っ盛り!
先日写真をお見せした (Click!) 『ハルジオン』とは近縁種です。『ハルジオン』が別名「貧乏草」だったのに対し
『ヒメジョオン』の別名は「鉄道草」 鉄道の線路沿いに広がっていったからだそうです (^^; 「柳葉姫菊」なんていう愛らしい名前もあるようですが・・
ハルジオンとヒメジョオン、いずれも「要注意外来生物」であり「日本の侵略的外来種ワースト100」に選出されています。
間違いやすいけれど、【正】『ハルジオン(春紫苑)』【誤】『ハルジョオン』、【正】『ヒメジョオン(姫女苑)』【誤】『ヒメジオン』だそうです。
でも、ユーミンの歌のタイトルは『ハルジョオン・ヒメジョオン』でした。
タイトルには「じょ~ん・じょ~ん」っていう対になった響きが大事なのでしょうね。  歌ですもんね♪

HIRO
Img_598d1e917625ddefdfbc58965883aa99
画像のバラは 【ロサ・二ティダ】 北アメリカの野生種です。
 日本の気候にも適応、丈夫に育ち 一株あればいくらでも株分けできるほどサッカー(吸枝)でふえます。
枝の伸び方に特徴が・・真上に伸びたシュートから花茎が地面から45度くらいの角度に伸び、その先に花がつきます。
枝は細かい毛のようなとげで覆われていますが、ささるような棘ではありません。
花色はうすいピンク一重咲き。中心のしべの黄色が鮮やかで美しいですね。
葉は細長く、光沢のある照り葉、秋口に紅葉します。 実がつきやすく、秋に紅熟・・ 見てみたいなあ・・❤
枚方のRose Gardenで、年輩のご夫婦から記念写真を頼まれました。
「ありがとうございます。 あなたもお撮りしましょうか」と奥さまが仰ったのですが、丁重にお断りいたしました(笑)
なんと、島根県からいらしたとのこと(@_@) やはり遠くのロザリアンも訪ねたくなる聖地なのですね。
その後御主人、園内の係員の方に何か尋ねられ・・
「あのコーナーのつきあたりです」「ありがとうございます」
と嬉しそうに向われたのが、オールドローズのコーナー
 
今年のショットで紹介できるものはわずかですが、このバラ達を愛してやまないファンがおられるでしょうから・・どうぞ
いずれも花径 6~7cm。愛されるほどよい大きさながら、個性派揃いです❤
Img_80ec05f551304a288cd62c438867e447
ケントフォーリア・ムスコ―サ
Img_978b5e09d292bdd97bb400043365f5bb
ベル・イシス
Img_b7a6ee0d72ac8e9cee118bdae3bc4a8b
カ―ディナル・ドゥ・リシュリュー
Img_23f392d6100bd89e584e58ead56a9039
バロン・ジロ・ドゥ・ラン
Img_3935b5c4983c385b07cbac10dab928ca
マダム・ルグラ・ドゥ・サンジェルマン
Img_368ebca85b1840ceb36ca0089c638bf4
ソフィーズ・パ―ペチュアル
このローズ・ガーデンには野生種やオールド・ローズ、珍しい種がとても豊富です。
一昨年、小山内健さんのセミナーにHIROと参加した時、こんなことを聞きました。
「ただの 爪楊枝ほどの苗木1本も 無駄にしてはならない!」 京阪園芸の創始者のポリシーだとか・・
その精神が受け継がれ生かされた苗木 バラの歴史をたどるようなこの野生種とオールド・ローズのコーナーでは
まるで野に咲く花のように バラ達が想いのままにおおらかに花を咲かせています(*^-^*)
Img_75e7468357561bd4068b2ef6471d3a12
つうこ
Img_67996fafa788e4ad8b2fcb2554863013


プランターで育てているプチトマトのわき芽を切り取って 
捨てるのも可哀想なので瓶に挿していたら 根っこが出てきました。
スゴイ生命力!
毎日グングン伸びる根っこを見ているとその力強さにちょっと感動します。
ネットで「プチトマトの育て方」を見ていたら
「わき芽を土に刺しておいても株に育つ」と書いてあるので
水の中で根っこを出す・・なんてことはお茶の子さいさいなんでしょうね。
花も次々と咲きます。
こうして瓶に挿したまま実が生ったら面白いのになぁ。
さすがにそこまでは無理だろうなぁ~~

HIRO
Img_788ffd272c924ff73603cdd4fadbf898
今年のステージは「緑光」の葉っぱ! 登場しました、庭の番人カエル君!
歴代「The Guardians」- パット・オースティンやマチルダの花をステージに選んだオシャレな番人
オリーブの木の上に登場した木登り名人もいましたね・・ショットはコチラ (Click!) 
今年は「緑光」の葉っぱに隠れて張り込み。 眼光鋭いです(@_@)  と言いたいところですが
五代目を見つけたコチラが緊張し(・。・;  後ろのローズマリーに焦点があってしまいました・・う~ん、残念^-^;
そして、この向こうのアイスバーグには・・
Img_bf849ca2b2cc502bccd19d42438d4089
隠れたつもりなのでしょうが、キレイな緑の脚が長すぎて・・^-^;  コチラはどなた?
この後の両者の攻防までは確認していませんので(あまり見たくない(>_<))捕食関係は分かりません。。。
つい先日、この裏の田圃にも水が引かれ 夜にはあの鳴き声♪ まだパー練(パート練習)といったところですが、そのうち大合唱になります。
となると・・・本日、カモのペアにサギも登場!
仲良し❤カモがシンクロしてエサを捕まえたり、サギに警戒して逃げて行ったり
眺める側は、そんな季節の風物詩を楽しんでいますが、カエル達にとっては危険な存在(>_<)
田圃には仲間もいるし 合唱も楽しい♪ でも、この庭にはカモやサギは来ません。 安全確保を条件に
「忠義の番人」には、今シーズンもココで頑張ってもらいます(*^-^*)

つうこ
Img_bfa15d9acf935e4e42307a1ca4a18731
「あら、こんばんは。 今日はオレンジ色のバラなのね。」
「そう、この何日かこの色が気になってね・・ほら、テニスやってるだろ?ローランギャロス」
「テニスとこの色? ああ・・ クレイの色ね!」
「そう!ずっと試合見てるとさ、自然とこの色に目がいく」
「そうなのね・・それにしても、昨日の試合パブでも流してたけれど、スゴイ試合だった!」
「ナダルとジョコヴィッチの準決勝だろ? いやあ、このところあの二人の試合はほんとスゴイよ!昨日も4時間40分近くのフルセット」
「ナダルが勝ったわね。 ずっと膝の故障で休んでたから、ついつい応援しちゃった。 さすが、クレイキングね」
「いやあ、あの二人はホントスゴイ!5時間近くの試合で最後まできれることがないあの集中力といったら・・」
「あなたはどっちを応援してたの?」
「いや・・僕の大好きな選手はクォーターファイナルで敗れた。ふう・・(-_-) でもこの次はやってくれるよ、彼の得意のグラスコートだから!」
「そうなの・・もうウィンブルドンの季節が巡ってきたのね・・あ、時間!」
「ごめん! このバラは ロイヤル・サンセット。気をつけてね、じゃあ」
「ありがとう。 あなたの大好きな選手 私も応援するわ! おやすみなさい」
Img_e3216a116fc0775f60edb97baa0bcb96
【ロイヤル・サンセット】
1960年 アメリカMorey,D 作出  交配種は Sungold × Sutter's Gold
花色はオレンジ色に少しアプリコットがのった微妙な色合い
開花後は急速に退色するそうです。
弁端が波うち、少し切れ目が入るようなゆるいカップ状に咲きます。
香りはダマスク系の強い香り。
春以降もよく咲くそうですよ。これは嬉しい!
枝が太く堅いため、やや誘引しにくい、とあります。枝が上部で分枝し、株もとへの
花つきが少なくなりがち。できれば高めのフェンスに誘引するのがよいそうです。
シュートが発生しにくいけれど、古株にも多くの花を咲かせます。頑張れ、古株(*^-^*)
「僕」と「彼女」のハナシにでてきた全仏テニス、今日は女子決勝、明日は男子決勝です。ここまでにも、たくさんの名勝負がありました。
日本の錦織選手も健闘。惜しくもナダルの前に敗退。でも「彼は近いうちにベスト10入りする選手」とナダルも絶賛。
この【ナダル―錦織戦】の日は、ナダルの誕生日。試合後、セレモニーで贈られた花束は、オレンジでまとめられたブーケ。すごく素敵でした。
私達のRogerは、惜しくもツォンガ(キレもよくノリに乗った状態)に敗れました。でも、その前のシモン戦(フルセット)では
「今のは何?」と目を疑うようなスーパーショット(@_@) そして劣勢にあっても”Come on!”と自らを鼓舞する姿も見せてくれました。
解説者いわく「泥臭いフェデラー」 そんなRogerを見ることができるのも「今」だからこそですね。
すでに次のステージに向けて調整を始めているRoger、芝のコートでのプレイに期待しましょう。とにかく前進あるのみ!です(*^-^*) 
Img_d70ac1d3cd3e426a4644f47774b0a75f
昨日は芦屋のサロンPorePoreさんでのプリザーブドフラワーレッスンでした。
生徒さんの「球状のもの」というリクエストにお応えしてまぁるいトピアリーアレンジを作りました。
まずオアシスを丸く削るところから始めていただいて・・・ あまり大きくなくても球状を埋めるにはたくさんのパーツを使います。
パーツひとつひとつにワイヤリングをして根気よくオアシスに挿していくこと2時間半、可愛いまん丸が出来上がりました!
まぁるいモノは見ているだけでhappyになりますね。お疲れ様でした!
こちらのレッスンは6月23日(日)にもう一度PorePoreさんにて開催します。他の作品をご希望の方もおっしゃってみてくださいね。

会場としてお借りしている「サロンPorePore」さん、六甲の店舗を芦屋に移転されてショップとしてもopenされました。
オーナー美奈子さんセレクトのセンス良い小物たち、JR芦屋駅からスグです。
IGELKOTTさんのバッグやがまぐちも置いてます。お近くまで行かれたら寄ってみてくださいね。
サロンPorePore →  (Click!) 
Img_9e3bdb82f61814872d609016ed068f1d
Img_edbf820ad51f2086fa1a6872d1dc41d1
Img_bf842dea57700ac6e45d1082558ae1e4
HIRO
最近 ネコをかいました。
ずっと前からこのHPを見てくださっている方は「つうこはこよなく猫を愛する人・HIROはネコ苦手」というのご存知ですよね。
でも、見ていたら愛おしくなってかってしまった真っ白なネコ・・・
岐阜へ行った時に見つけて連れて帰ってきました。
最近このHPの招き猫になっているこのコです ↓
Img_b1d2d0fbb8cf7bfdda939bf0ca0152b1
のぶずギャラリーの作品展にあらんちゃんと一緒に出展されていた「工房SPIRIT」の斎藤由妃子(通称キサキ)さんの作品
キサキさんはメッチャメチャ猫好きの作家さんでクーガさんというビューティフルな猫と同居中。
洗練された美しい食器や花器も作られますが、金時豆くらいの大きさの「豆猫さん」はキサキさんの代表作。
寝姿の背中のカーブにこだわりアリとお話してくださいました。本当になでたくなるの。。。
この女性の拳大の1輪挿しの花器ももちろん妃さんのオリジナル。
この1輪挿しタマゴにどってことない庭の草花を入れるとなんだか「特別な花」になります。
Img_2643a55ae12d8e2d2a4d27b1cf8d536e
ネコさんは花によって寝心地のいい所場所に移動します。 見ているととても心が和みます(^^)

HIRO
Img_22703e0cf2b5bc08f3a17052d33bf4c4
日曜日に 全仏オープンテニス2013が閉幕しました。
今年もレッドクレイでのタフな闘いの中、どの選手のプレイにもワクワクしました。
4強とは言われますが、準決勝に勝ち上がるまでにも素晴らしい選手がたくさん。
スーツを着てバラを持てば似会いそうな選手とか(笑)、立ち居振る舞いがいいな~と応援したくなる若手選手
「もしテニスをしていなかったら? 消防士か警察官かな。体動かして人の役に立つ仕事がいいな」と答えるツォンガ
「一緒にカンヌ映画祭に行くなら?ナダルだね。一番ありえなくって笑ってしまう。結婚式の司会には? ジョコヴィッチだね。」
と答えるフェレール(準優勝)など・・ゴキゲンな素顔を垣間見るとみんな応援したくなります。
そう!今回特に嬉しかったのは30歳以上のベテランの活躍。 準々決勝まで進出したトミー・ハースは35歳。準優勝フェレールも31歳。 
今、ドイツの大会で頑張ってるRogerも31歳。 年齢やスタミナの壁を乗り越えてチャレンジしつづける
そんな背中で若手を育てているベテラン勢。 是非とも次の大会も頑張ってほしいです。
Img_7fa0099a8ee716e35a13e20b3319dd25
こちらは、優勝したラファエル・ナダル
昨年の全仏がグランド・スラムの最後のタイトル。 それ以降、膝の怪我に苦しみ7ヶ月間大会欠場を余儀なくされました。
「ずっと病院のテレビでテニスを見ることしかできなかった事を考えると、今こうしてコートでプレイできることが奇跡」と語るナダル
大好きな『レッドクレイ』のコートでなんと8回目のタイトルを獲得!1大会7度のタイトル獲得のフェデラーを抜きました。素晴らしい!
画像はスペイン国歌が流れる中、ローランギャロスの空にはためく国旗を見つめるラファ・・少し目が潤んでいました。
どんなことがあっても必ずまたコートに戻ってくる選手達、次の熱い闘いまで2週間をきりました。楽しみです!
Img_a29a57c70a5dceaa1638484e3634a7ca
そして、同じ「国歌」つながり。こちらは昨日見つけた動画です。
【国歌演奏中にシンバルを落とした少年のスゴイ機転!】 ご覧になった方も多いと思いますが・・
 (Click!) 
 なんてエエ少年・・ 家で、でーっかいサイズのアイスクリーム食べながら
「ほらほら、おじいちゃん、おばあちゃんも見てよ!」って You Tube見てもらってるのかな・・
いずれにせよ、ご家族にとって、彼が子であり孫であることを誇りに思うできごとであったことは間違いありませんね(*^-^*)

つうこ
Img_6c77f455051dc7e8fbd370b916bb0bdd
キッチリと折り目正しく蕾のサヤに収まっていたのが

ほどけて・・・
Img_fd81a9fa728643d37d7563a7d711e8f0
山折り・谷折り・・・・
開くとペチュニア ✿✿✿
植物って ホントよくできているな~と感心してしまいます。

台風は?梅雨は?どこへ行ったのでしょう??
部屋の温度計は32℃ (-"-;; また「30℃超え連続記録」を塗り替えそうな勢いです。
今日の空は もう夏が来たような空でした。
Img_70852f23c18336cbbdb2c539be6dcc8a
HIRO
Img_392e7d9bf0e1707036436f67e9788d30
今日は、全国各地で猛暑日を記録しました。 このまま夏になってしまうのでしょうか・・ 熱中症にお気をつけくださいね。
少雨に高温の6月らしからぬ天気の中、花達もとまどいながら咲いています。 
画像はやっと咲いたピエール・ドゥ・ロンサール。 
昨年もそれほど花をつけず、早くに葉っぱ落とし長期間籠りっきり。 本当に心配しました(・。・;
他のバラ達より大幅に遅れ先月末に一番花が・・・こんなにマイペースだった?・・でも一安心です。
Img_1e90913d7d20bf6e85f7d35563352d96
Img_1b3caddf5c08f4bf28f39d64903c06a5
画像左が、1週間前のショット。 枝が細く大きな花をつけるとうつむいてしまいます。 「彼女」には渡しにくいバラです。(笑)
低い位置の花達は、寄せ植えのパンジーにうもれて。 ちょうどよい収まりどころ見つけたようです(*^-^*)
右は、中ほどの枝で咲いたもの。 昨日のショットです。 暑くても結構もちがよく、長く楽しませてくれます。

こちら ↓は今日の空とブルームーンのシュートから出た新しい葉。まだ緑になりきっていません。
どんな天気であろうと、必ず花を咲かせ、新しいシュートを出し次へ送る
1番花のピークを過ぎた今、「潜む力」が確かに在ること、まだまだ伸びる気満々であることを 黙々と伝えてくれる庭のバラ達です。
Img_dbdf63e88766889c5ac557b33176360d
つうこ
Img_39323b36baf989b64c6886a6388316cb
今日は2ヶ月ぶりのオランダスタイル生花レッスンを受けに京都まで行きました。
本日の課題はティアドロップブーケ。以前にも習ったことがあるのですが花材が違うと扱いが変わり、これまた難しい・・・
結構苦しんでブーケホルダーのオアシスを穴ボコにしながらようやく形を整えることができました。。。フゥ・・
先生が用意してくださる花材は、いつも「そう来ますか~!?」というようなワクワク素敵な組合せ。
今日先生に言われたのですが、その花材を私に組ませると「え?その花ソコへ入れちゃうの?そう来るか~」と『独特』なのだそうです。
一応カリキュラムに則った「オランダスタイル」というのを学ぶクラスなので「決まりごと」は守らねばならないのですが
「このお花の次はコレ!」なんて堅いシバリをかけない先生なので、生徒は自由にやらせてもらっています。
サンプルはなく、他の生徒さんとは課題が違うことが多いので自分の発想が「独特」ってことに気づかないでいます(^^;
先生の教室名は『vice+versa (=それもアリかも)』 教えの通りに進みます(^-^)/

それにしても暑い・・・ 京都の町を昼日中歩いていたら立ちくらみがしました。皆さん、体調気をつけましょうね。
この急激で猛烈な暑さで体調を崩されているお年寄りも多いということです。
東日本に住んでおられる方は信じられないかもしれませんが、関西は気が遠くなるほど暑いです。
親御さんが関西で離れて暮らしておられる方、どうぞ「元気にしてる?」って暑中見舞いの電話してあげてくださいね。

HIRO
Img_94118f933e56e315fd315c6c83561d4a
今日は大阪も雨降りです。 気温も少し下がりホッと一息。
Plantsたちも待ちわびていた雨で生き返ったようです。
園芸が苦手なワタシが植えたトマト、(だけど)たくさん実をつけています。
今ドキの苗は病気に強く実付きも良いように改良されているのですね。
赤く色づいて収穫できるのを楽しみに待っているところです。

そして、相変わらず地味でパッとしないこのコ
Img_bdf8c3ffd6838f904bf9c604a08e401f
サカムケだしカサブタだし・・・ 
でも「もうすぐアッと言わせるで~」とツブやいています。
10日後のこのコに注目です。
Img_f24f15fe6c07537740467d76e9ce20de
Img_5b3c3527c0e28463521a4e58e5bf56ae
さて、今晩19:30より武庫之荘のMクワトロにつうこさん登場!
共演するのはボーカルのキタちゃんこと喜多美子さん♪ お名前の字の通りの美人さんですよ~
キタちゃんがリーダーライブをする日は絶対に雨が降るのです。 しっとりとしたオトナのjazzをお楽しみください!

HIRO
Img_aecd817aafdb17b33bf26fd01c2a77a4
今日は父の日でした。 
このHPをご覧の皆様も感謝の想いを伝えたり、伝えられたり・・
伝える側も伝えられる側もちょっぴり照れくさいけれど、やっぱり嬉しい
そんな気持ちになられたお父さんがたくさんなら何よりです。
CMにあるように ビール画像などで「いつも御苦労さまです。乾杯!」といきたいところですが
ここは VOPらしく バラをお届けしましょう!
母の日には、赤いカーネーション。 父の日には白いバラを贈るのだそうですね。
1910年 ソノラ・スマート・ドッドが男手ひとつで育ててもらった父親に感謝する礼拝を 父の誕生月6月にしてもらったこと、
墓前に白いバラを供えたことがきっかけだそうです。
白ではありませんが・・画像のバラは【ファーザーズ ディ】 1959年ドイツ タンタウ作出
ポリアンサローズ【マザーズ ディ】の枝変わり。「オレンジ・マザー・ディ」もこのバラのことです。
【マザーズ ディ】の枝変わりというのも、なんともいえませんが(・。・;
まあ、バラの世界では仲良く同系、ということでよいのではないでしょうか (*^_^*)
働き盛りのお父さん方、くれぐれもお体を大切に 明日からまた頑張ってくださいね !

つうこ
Img_6b774e45d5daebd5a65cd36e4cdc79b1
土曜日 M クアトロでのライブが終了しました。
M クアトロ - 『M』は 【Muse】【Music】そしてこのお店がある武庫之荘の頭文字【M】をかけあわせたもの
そして『cuatro』 スペイン語の4(1/4)は「音楽」と「お酒」「お客様との楽しい会話」「居心地のよいスペース」
4つの要素が渾然一体となり至福の時間を届ける・・ そんなコンセプトがこのお店の名前に籠められています。
お店のドアを開けて入ると、まさにそんな空間が広がっています。
この画像↑にご注目ください(@_@) ね、ね?!ココで『彼女』に会えるとは\(^o^)/ テンションが上がってしまいました。
HIROのdiaryで紹介された ハービー山口さんの写真展のポスター。お店のママもこの写真が大のお気に入り❤ お店の雰囲気にもぴったり❤
この写真の女性があまりにカッコよくって、モノ黒に色添えたくなって、バラノートは彼女に渡すバラシリーズで遊んでおります^-^;
勝手につくりあげたキャラクターですが、もう他人とは思えません(*^-^*) なんだか嬉しくなってしまいました。
そんな思いがけない出会いはさておき・・  
雨にもかかわらず足を運んでいただいたお客様、本当に ありがとうございましたm(__)m
あんなに晴れ続きだったのに、さすが雨を呼ぶ女、喜多美子さん(キタちゃん)♪  ファンの方々は、雨は承知でお越しくださいました(^-^)
温かいお客様にお届けした曲はコチラ♪
Img_22c63b2a9b651c9f3f61dc8ffec6a658
紹介します!  喜多美子さんです❤
ね?「名は体を表す」でしょ~?(*^-^*)声は、アルトのやや太め、温かみのある
A♭管(A♭の曲非常に多し:笑)をイメージしてくださいね♪
【The 1st set】1)On Green Dolphin street (pソロ) 2)Night and Day
3)Girl talk  4) So many stars   5)Moonglow
6) A Nightingale sang in the Berkeley Square
【The 2nd Set】 1)You've changed  2)September in the rain
3)Here's that rainy day 4)Midnight mood(pソロ)  5)Born to be blue
6)You don't know what love is   7)I thought about you
【The 3rd Set】1)Dindi   2)I didn't know what time it was
3)Love dance  4) No moon at all  5)Speak low  6)That's all
* encore  On a clear day
リストごらんになって、ああ~あの曲、イイよね~❤と思われた方も多いのではないでしょうか。
私も普段 Instrumentalでは機会が少ないけれど、大好きな曲 を演奏する機会に恵まれました。
逆にInstrumentalでやっていて歌が入ってとても新鮮だったり・・
知らない曲もたくさん覚えられたし、特に「ピアノのみの伴奏」は、とても勉強になりました。 
それに・・何より「生」のピアノ♪と歌♪ 自然に楽しめました。
温かいお客様、お世話になったお店の皆様に感謝致します。本当に素敵な機会をありがとうございました。

実は、キタちゃんは大学のクラブの後輩。 ライブが決まってピアニストを探していたところ、Hiroに
「つうことやりなさい」と言われ、私が起用される運びに。 確かHiroが書いていたと思いますが、このクラブは完全な「タテ社会」(・。・;
「部長命令」は絶対!なのです^-^; ということで、このライブ実現の裏には部長Hiroあり・・ 感謝ですm(__)m
で・・・終わってから、こぉんなキタちゃん見つけました(@_@) 絵になりすぎるし、部長さんに通報しないと!と証拠をゲット!
これだけ見ると、美人でカッコイイ、だけどちょっと近寄り難い お姉さんに見えますか?
いえいえ・・丁寧で、品があり、口調はとても柔らかい・・なのに時には「ちぇっ!」って言う歌を迫力たっぷりに歌うキタちゃん
そのアンビバランスな魅力は、あの写真の『彼女』を彷彿とさせます。 また、ご一緒したいです♪
 
 
Img_99bb7f93f500b5e0ee978c40cc984e35
つうこ
Img_a17f7dc596f475caebc261964a2dee37
京都大丸の少し北に面白い八百屋さんができました。
『京都八百一本館』 先日レッスンに行った時に寄りました。
モダンなビルの入口を入ると新鮮な野菜が山積み!
京都の伝統野菜もたくさん並んでいます。
野菜だけではなくて、肉屋さん・魚屋さん・パン屋さん
酒屋さんグロッサリー売り場・テーブルウェアのお店・花屋さんも!
普通のスーパーとどう違うかというと
「野菜をおいしく食べる」ために何が要るか?考えて集めたら
こんなお店になりました!というスタイルが明確なお店です。
フェアトレードの食品やビオワイン、添加物の少ないグロッサリー商品など
他では分散している商品もここではまとめて入手できます。
京都の町中だし、お値段も高いのかな・・と思って見てみたら
野菜はスーパーとさほど変わらない価格設定です。


ここで面白いのは
屋上に「六角農場」という畑があります。
六角通りに面しているので六角農場
おくら・ズッキーニ・かぼっちゃ・キュウリ・ジャガイモ・・・
小川が流れて土手は雑草で覆われています。
とても不思議な空間。。。

Img_1876bebf7e2a52ec5bcad36f7f163211
Img_37abd31e9ea545e6bee372ae7c424c84

温室の中は水耕栽培トマトのジャングルのようになっていました。
植物の生命力感じます。
ちびっこ達も「うわぁ!!」と言いながら目を丸くして見ていました。
子どもでなくても大人でも「生っている食べ物」を見るのは楽しいですものね。

野菜を使ったイートインも数カ所あります。
こちらはお値段少し高めかな・・・
お持ち帰りの野菜のおかずもたくさんあります。
家のおかずの参考にしたい (^^)!
京都八百一本館、興味ある方はコチラから→ (Click!) 



さて、実はたくさん付いているものの
もう赤くならないのでは?と思ったくらいずっと緑色だったわが家のプチトマト
やっと色づいてきました(o^^o)
先へ向かって毎日1個づつ赤くなっていきます。
まっていれば「機が熟す」のだなぁ~
赤くなったトマトを見るだけで ちょっと元気が出ます!

HIRO
Img_a8a65061eea4f376d806dec020fa09fd
Img_1abdb47a9e45a45a55ada76595d533a8
ようやく雨・・・でも、ところによっては豪雨ですね。 皆様の地域は大丈夫ですか?
明日にかけても注意報、警報が出て予断を許さない状況です。週末には台風も接近(・。・;どうぞお気をつけくださいね。 
急に激しい雨に遭った花達は、こんなはずでは・・(>_<)とでも言いたげ。
でも、ほどほどならば 雨の日のplantsの表情を見ていると、こちらも少しホッとします。
 
さて、今日のタイトルですが、しっとりとした雨の日にぴったりの曲♪ Here's that rainy day
大好きな曲ですが、 歌詞を調べてみると、失恋の曲でした。
見残した夢やずっと紡いできた望みをどこにおいてきてしまったの・・と振り返りつつ
恋に冷たい雨がつきもの?・・そのまさかの時が訪れるなんて・・’funny'
と自嘲的なところが、沈みこむような悲しさからは救ってくれます。 とにかく、メロディーとコードが美しいです♪
過ぎた時間を雨が優しく包み癒してくれるような雰囲気の曲♪ 
と演奏側はとってしまいますが、歌の人は歌うたびに「失恋の時」に戻らないといけないのですよね・・大変(・。・;
ビルエヴァンスの演奏はコチラ (Click!) 
季節の花と歌詞、対訳つき(関西弁^-^;) (Click!) もありました。

つうこ
Img_bc34ffd57a2a5459bdb76fead2dced8e
出窓の所に置いてある「月美人」という多肉さん、ビョ~~ンと伸びて、伸びて、、伸びて、、、
どこまで行くのか放っておいてみようかと思ったけれど・・・
さすがに根元が辛そうだったので何とかしなくちゃ、、と思い、ネットで調べて・・・
勇気を出して・・・
Img_fd0bce5be176a3b2bed326515cd6e18a
こんなコトになりました(゚o゚; バラバラ事件。。。
多肉植物のちぎれた葉っぱは土に挿しておくと根っこが生えてくるのは知っていますが、コレは・・大丈夫か?!
主幹を分割したものはすぐに土に挿してはいけない、と書いてありました。
水も入っていないカラの瓶にさしておくと根っこが生えてくる・・・ハズ。根っこが生えてきたら土に植えるのだそうです。
根っこ生えてくるかな?? はえてきたらまたお知らせしますね。
園芸が苦手・・・と言いながら、「ヘンな園芸」ばかりしている私・・・(^^;
ゆうさんはこのDiaryを見ながら「あぁあぁぁ・・・ヒロ何やってんだ~・・」っていつもハラハラしてるだろうな。。。

でも、土に植えたプチトマトは今日初収穫! First TOMATOはちゃんとおばあちゃんに食べさせてあげました(^o^)v エヘン!
Img_34b868f373493e6397b6ed7538d54438
HIRO
Img_a1dd9070162ce840d2fa5f555bef4878
台風は温帯低気圧に変わったようですね。引き続き、大雨や土砂災害への警戒がよびかけられている地域の皆様、お気をつけください。

仕事場の近く そこそこ車の往来のある通りに貸農園があります。本屋、薬屋、雑貨屋etc・・の一画にこんなスペースがあるのがいかにも姫路 
赤信号にかかると、花や緑タチを眺めるのがちょっとした楽しみになっています。  
色んな野菜や緑がテリトリー守って植えられている そんなよくある貸農園と一見変わらないのですが、
道路沿いには、季節を彩る花が植えられています。 嬉しいですね・・この心遣い(*^-^*) 雨が小降りになった時を狙って撮りに行きました。
この近くには小学校。狭い歩道、傘さして下校する小学生の邪魔にならないように・・列が途絶え、しゃがみこんでVOPしていると(笑)
そのうち動かない傘・・女の子二人が立ち止まり「何やってんだろ、この人?」って表情でコチラを見ています(@_@)(@_@)
「あ・・・ごめんね、狭かったね ^-^; ほら、紫陽花、キレイでしょ!」
すると二人はにっこり(^-^)(^-^) あ~よかった・・ また出没します。よろしくね(*^-^*)

さて、今日はStable Notes 夏ライブのお知らせを!  4月グレートブルーのライブと同じメンバーで熱く盛り上がります♪ 
表情豊かな色づけとpassion溢れるソロでSNtuneに新たな息を吹き込んでくださったmaikoさん  (Click!) 
5月ライブと古ピトの素晴らしいプレイはまだまだ記憶に新しいところ♪ でも何度でも聴きたいですよね~ 古川師匠をゲストに迎えます。
8月のグレートブルーライブには 神戸ファン待望のクリスタルヴォイス♪ JUNKOさんも登場
6弦ベースでメリハリの効いた心にくいプレイのルーキー手島クン、Jazz spiritに加えこの季節はLatin度アップでゴキゲンなGORIさん
そして Stableに熱いこの人! 東川さんも加われば、間違いなく夏祭りです♪ 


東川 幸嗣 (tp/flh) 小田 千津子 (key) 手島 甫 (bass) 松田'GORI'広士 (ds)  
Guests: maiko (vn) 古川 初穂 (p)  JUNKO (v)

7月21日(日)  姫路Layla  (Click!)  tel/079-224-9469
8月3日(土) 三宮Great blue  (Click!)  tel/078-231-0071

詳細は近日中にinformationにアップしますね。 いつも通りご予約をmail formにてお受け致します。
お会いできると嬉しいです (*^-^*)

つうこ
Img_5c0332b21e1147842b740779c4b5fa03
今日もトマトの木の画像です。
目の前で花が開いていきます。(時間にすれば30分位です)
ギュウッと握ったこぶしををだんだんと開いていくようでした。
Img_bd8b7b21af0ae332329061ae3ee0b7a0
そして 開いたばかりの花びらの先はビューラーでカールしたまつげみたい。
花弁がピンと反り返った花完全開花の花しかよく見たことがなかったので何だか新鮮でした。

季節が進んで野原は夏草に覆われてあまり雑草の花は見られなくなりました。
でもキュウリやカボチャやオクラの花が咲いているのが見えるので畑侵入をたくらんでいます。。。

HIRO
Img_4ca055782b1bca624801f07d24dcdc1e
Img_450995100855538410ab9e137cae13a7
今日は芦屋のサロンPorePoreでのレッスン日でした。
今日始めてプリザーブドフラワーを触るという生徒さんもパーツが多くて根気が要るトピアリーに挑戦!
約4時間 休憩も無しで頑張ってくださいました。
トピアリー作りは「お花」というよりも「工作」のようにチマチマした作業の連続なので
チマチマした作業が嫌いな人には苦痛になってしまうのですが・・・
出来上がった作品をニコニコして見ながら「私かなり無言だったけど、とても楽しくて夢中でした」と言ってくださいました。ホッ。。
ずっと長く来てくださっている生徒さんはカラーテクスチャーのような色合わせのラウンドアレンジをご希望
ローズを開花させるところから始まるこちらもチマチマな作業。
そして大きな花で丸い面を作っていく難しいテクニックですが、完璧なラウンドを作られました。お見事!
PorePoreレッスンは 次回は9月か10月にと考えていますが、ご希望あらばご要望に応じますので
「お花さわりたいな」と思われたり誰かに差し上げるものをご自分で作りたい、と思われたらお問合せくださいね!

HIRO


Img_48464cfea49bd0a30213e9eb6491db98
しばらく梅雨らしいお天気が続いていたので 紫陽花を見たくなり三室戸寺へ行ってきました。
(で、「紫陽花が見たくなり」と言いながら画像はハス・・・ (^^;  )ハスももう咲いていました*(^-^)*
紫陽花を見にいくのは雨降りでもいいや!と思っていたら、晴れてしまいました(笑)
朝10時前に着いたのですが、観光バスがすでに5台も停まっていて結構な人出。平日なのに・・・
三室戸寺へはもう何度も行っていますが、こんなに人がいるのは始めてです。
・・と、言っても少し待てば人が写りこまない画像を撮れるのだからやはりゆったりとした紫陽花見物ですよね。
Img_e55e8d96aaae5a68c35e2c7663ba33ae
Img_fde323c76ecbcc96bfd6790d1352e790
Img_5c2539e4e2bd3f31564783bc44c2aed4
毎年・毎年 紫陽花の写真は撮っていますが、、、写真上達しているのかなぁ・・・? 一皮むけたいです(≧౪≦)
Gallery(Others)に写真を載せました。あまり代わり映えしない気もしますが、お時間あったら見てくださいね。

こちらの方へは「三室戸寺名物(?) ハートあじさい」の画像を載せます。
あまりの綺麗なハートに「剪定したか?」とジロジロ見てみましたが細工は施されていないようです。
若い観光客も結構いて、この「ハートあじさい」を見つけるのがちょっとブームのようでした。
1週間ほど前に新聞に載っていましたからね。 週末にはライトアップもあるようですよ。
Img_c83998c8ccb2edd85e77b87288c9737f
Img_4b040c9c3f781664eda8168b5cb24043
HIRO
Img_dc9a35d530bc873bc7b71e811be79716
Img_878d43ac2e61949639f8a19e34427da3
あと少しで6月も終わりますね。 6月に入ってから何だかバタバタ、道端にしゃがみこんで花を見る余裕もなくすごしてしまいました。
目的地に向かって爆走する私には夏草ばかりが目に入り 花はあまり見つけられませんでした (^^;
そんな6月に見つけた数少ない地べたの花 ↑ 団地の緑地のグランドカバーの中に何やら小さな白い点々を発見。。。。。
自転車から降りて見ると、こんなに可愛い花を無数につけていました。 ?? 名前、知らない花・・・
「グランドカバー」というキーワードから入って『ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)』という名前にたどりつきました。
「高速絨毯」という違名をとるほど生育が早く、坊主の野原もたちまち緑で埋め尽くされる!というくらい繁殖力が強いそうです。
『リピア』という名の園芸種として販売されているようですが、とにかく猛烈に増えるので覚悟して植えた方がよいようです。

雨降りだったり暑かったり・・で、道草もなかなか食う気がしなくなってきますが、
道端に咲いている小さな花に気づいて「カワイイね!」って言ってあげられる気持ちの余裕は持たなければ・・と思います。

HIRO


Img_8a53aa96d0771926d777e845cddae381
今日は一日中雨。 梅雨の末期らしいお天気でした。
今年はひどい被害が出ませんように。

雨が降ると植物は嬉しそうです。
気まぐれで植えたわが家の「カラスウリ」 元気です!
ツルを伸ばしはじめました。
花が咲いて実が生るといいな。
でも「スズメウリ」は何度トライしても
花が咲く手前でダメになってしまったので
あまり思い入れずに 見て見ぬフリをして
放任気味に育てようと思います。

HIRO
先日 岐阜へ行った時に「うちわ」を買いました。
周囲を山に囲まれた美濃の国は竹がたくさん採れるようで
岐阜の名産品を調べると「和傘」「岐阜提灯」「岐阜うちわ」
細く割いた竹を組んで紙を貼る・・・という手工芸が盛んなようです。
岐阜は城下町
そういえば!時代劇の中で「武士の内職」といえば「傘張り」ですよね。
提灯やうちわは、長良川の鵜飼には欠かせないアイテム なので
風流な美しい手工芸が発達したようです。
私が買ったのは「水うちわ」というもので
昔は鵜飼見物のお客が川の水にうちわを浸してそれで扇ぐとあぁ涼しい~
という使い方をしていたそうです。
防水のために何重にもニスが塗ってあり光沢があります。
金魚や花などの繊細な柄が刷り込まれて向こうが透けて見えます。
これね、あまり大きくない物だけれど5000円位しました。
うちわは何かのフェスティバルや酒屋さんでもらう物・・・と思っている
私は「じぇじぇっ!!」と ちょっとためらいましたが
ま、工芸品だし、持ち手は塗りだし、いっしょうものだし、、
これで扇ぐとより一層涼しいような気がするし~~~~~~
エイッっと 清水の舞台から飛び降りました(笑)
玄関に飾ってあります。
この夏、汗だくでやってくるお客さんはこれで扇いでさしあげます。

HIRO
Img_d910342d7f897e6c5c91349cf229b78c
Img_fc51c5113b6dba560aa0533282d90212
今週月曜日に始まりましたね! 芝の大会といえばコレ↑ ストロベリー&クリーム!
この大会には欠かせないデザート。開催中の2週間に 27000キロのストロベリーと7000キロのクリームを消費するとか・・
ジョージ5世が観客に薦めたのがそもそもの始まり。 1877年の開催以来、このデザートを食べながらテニス観戦
さらにシャンパンそしてビムズのNO.1カクテルも・・・う~ん、優雅ですよね・・
ところが!! ファンはそんな悠長に構えていられないほど、今大会は1週目より波乱の展開に(・。・;
ニュース等チェックされた方はご存じだと思いますが、全仏王者ナダルが1回戦敗退(・。・;
まだ大会3日目の水曜日には棄権者続出、シード選手の多くが敗退
この「魔の水曜日」に姿を消した ベスト8(4)進出常連の選手の名を挙げると アザレンカ、ツォンガが棄権、シャラポアはまさかの敗退
そしてそして・・ディフェンディング チャンピオン  Roger Federer (>_<)
木曜日チェックされた方「じぇ、じぇ、じぇ!あ~あ、ヤツ(私)凹んでるやろな(・。・;」だったでしょ?  はい、木曜日は凹凹でした(-_-)
今大会1回戦は、ホント観ていてワクワクする完璧な試合でした。
2回戦、この調子ならスキップしても大丈夫? とも思いましたが・・いやそれはファンではない! 観てよかったです。
相手はウクライナ出身セルジ―・スタホフスキ―(116位)、技で勝負。攻撃の引き出しも多く冷静。立ち居振る舞いも品がある選手でした。
叔父様をガンで亡くされたそうで、自分のサービス1本取る毎に5$を関連機関に寄付しているそうです。
試合内容は・・サービス&ダッシュでネットを取るというスタイルを終始貫いたスタホフスキ―から なかなかブレークが奪えず苦戦
ちょっとした流れの変化にも動じず1.2.4.セットがタイブレーク(>_<) 
タイブレーク・・競りに競った試合でも、一瞬で明暗を分けてしまいますからね・・でも「それが勝負というもの」とはナダルの試合後の言葉
Img_18c1a8d190ef52f9132d4d56f1d5f7de
いつもなら、負けても勝利した相手選手を待って共に退場するRoger
でも、この日ばかりはうつむいたまま、先に芝を去っていきました。
心中察するにあまりあるものがあります。
試合後の会見、非常に落胆している正直な気持ちを語り、相手選手を讃え、
「まだまだ何年もプレーしてここに戻ってくる。敗戦を受け容れ、前に進まなければ」
と語る Roger。 
今大会の躍動する姿を刻んだファン達はついていきます、どこまでも!
ところで・・もうひとつ「芝の大会のお約束」は白を基調としたユニフォーム。
実はノリノリのオープニングマッチでRogerが履いていたシューズのソールがオレンジ
大会側より規定違反とされ変更を求められたRoger、この←シューズで臨みました。
次の全米は、オレンジのソールでノリノリで決めてもらいましょう!
そしてそして、我らが錦織選手、伊達選手は3回戦へ!! 
錦織選手、本当にイイですよね! イメージどおり決まっていく感じで見ていて気持ちイイです。
伊達選手、次は昨年度優勝のセレナ・ウィリアムズと。 2年前のお姉さんヴィーナスとの試合も善戦でした。
今「本当にテニスを楽しんでいる」ことを試合後のインタヴューで語るクルム伊達選手。
新たなステージで挑戦し続ける姿は、色んなことを教えてくれます。
皆さん、応援しましょうね!

つうこ
Img_6866392040b69839381d761efbb2e66d
6月もあと一日ですね。 6月と言えば ジューン・ブライド 
月がかわってしまう前にこのバラを紹介しておきましょう。 ブライダル・ピンク❤
あ、今日は「僕」と「彼女」は登場しません。shyな僕がこのバラを渡すまでにまだまだかかりそう・・コチラも待ってられません(笑)
画像は5月に中之島バラ園で撮ったものです。 You tubeで靭公園のブライダル・ピンクも出てきました。
どちらのガーデンもデザインは小山内さん。 小山内さんの選ぶバラ○○撰の中に間違いなく入るのでしょうが
このバラをたくさんの人に知ってほしい、という想いもあってのことなのでしょうね。

『ブライダル・ピンク』
1967年 アメリカ バーナー作出    交配種は Summertimeの実生 × Spartanの実生
光沢のある淡桃色で剣弁高芯咲き。  花弁数は約40枚、数輪の房咲き、微香あり。
樹形は半横張り性で、枝立ちもよく、以前は切り花品種として多く栽培された強健種。

これから善き日を迎えられる皆様、いかがでしょうか❤

そしてちょっとおまけです・・コチラはおなじみ「緑光」
このブライダル・ピンクがお母さんです。 1986年 鈴木省三先生作出 Bridal pink × (実生×たそがれ)
この時季も次々に返り咲く強健種。このグリーンは多分「謎の実生」から得たものなのでしょうが
6cmと小ぶりながら、巻きと花弁の優雅さ、そして強さは「母譲り」
この花に日々癒されている私としては、この母あってこそ!「ブライダル・ピンク」に感謝ですm(__)m
あ、すでに「強き母」のイメージが・・これは大変 ^-^; リセットしましょうか。
もう一度純白のウェディング・ドレスをイメージしてトップ画像をごらんくださいね(*^-^*)
Img_20fe74614005fa2a3345e8a0e80a8963
つうこ
Img_9995436185a0ed2f9ce9541b07c71035
Img_5314046a1579502709eeb4a4ad46be2f
Img_e22a92cf523cd8556ee42aea582d195d
昨日・一昨日と奥飛騨温泉へ行ってきました。
奥飛騨温泉郷は平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高という5つの地区に分かれています。
とても山深い所で「秘湯」と呼ばれ、その中でも私が泊まった福地温泉は山に囲まれた谷底のような所。
店は一件もなく、ただ温泉に浸かりにいくような所です。
2年前にネットでたまたま見つけて一度泊まり、その「何もなさ」と「美味しい料理」に惹かれて今回リピートです。
行く前に つうこに「私 明日からケータイの電波の届かない所へ行くからDiaryよろしく!」と言いおいて出たのですが
電波は全く問題なく(soft bankです)携帯画面のアンテナは常時5本立っていました (^^;
翌日は新穂高ロープーウェイに乗って標高2,156mの西穂高口駅まで行きましたが、やはり5本立っていました。
便利なような・・・ 「私の足では もうどこまで行ってもケータイに捕まってしまうんだナ・・」とちょっとガッカリしたような・・(-"-;
ビミョーな気分でした。。。。。(笑)

HIRO