Img_e9618fc736f9936320733520d4d24e48
お天気良くて桜も満開 *(^-^)* で、お花見に行きました。VOPでは毎度おなじみの「背割堤」
2009年は4月7日 (Click!)  2010年は4月9日 (Click!)  2011年は4月12日 (Click!)  2012年は4月16日 (Click!) に ここへ行きました。
今年はやはり1週間ほど満開になるのが早かったんですね。見頃は今週いっぱいくらいでしょうか。
行く所が同じだから毎年同じような写真なので、今年は「トイカメラ」モードで撮った写真を(笑)
わが家からは約10km、今日はひとり自転車に乗って行きました。淀川沿いに自転車道があって片道約40分のサイクリング。
この自転車道初めて通ったけれど「家の近くにこんな所があったんだな~」と思うくらい緑豊かな静かで良い所でした。
ウグイスが鳴き ワンドで釣りをしている人や野草を狩っている人たちも見かけました。春うらら~です*(^-^)*
Img_e5d98a8d5c4d174b9039bd3146dd1d36
Img_0b13fc74346edcd27ba8beed8118f25a
HIRO
昨日背割堤で行きは頭上の桜を愛でながら進み、帰りは土手に生えている草を目を皿のようにして見ながら戻りました。
今を盛りに群生しているのは「ヒメオドリコソウ」「オオイヌノフグリ」「ホトケノザ」「カラスノエンドウ」・・・
それらはこの前お見せしたので、今日はちがう種類の雑草を・・・  「黄色い花」シリーズで
この先はゆうさんの手間が省けるように、漢字表記と簡単な解説をつけていこうと思います。ウンチク苦手なのでちょっとだけネ(笑)
Img_8f7ad3804a0358eb5fafb36b1198a0a5
ウマゴヤシ(馬肥)
Img_3d8ee4899bc130687e4c255e965bba56
オニタビラコ(鬼田平子)
左 「ウマゴヤシ」全草を肥料・牧草にするので「馬肥」 小豆粒大の花は小さなスイトピーのような形、マメ科です。
右 「オニタビラコ」 葉っぱはタンポポに似ています。真ん中の茎が長く伸びて咲く花の直径は1cm以下の小さなもの。
どこにでも生えている見るからに「雑草」ですが、花に注目するとカワイイ顔をしていますね~
Img_a1e1641536c5d0144eeeefb904d73615
クサノオウ(草黄)
↑ 「クサノオウ」 ケシ科だそうです。なるほど葉っぱもウブ毛のある蕾もちょっとシワッとした花もケシです。
茎や葉を傷つけると黄色い乳汁が出るので「草の黄」 強い毒性と強い薬効を持ち合わせるので「草の王」
イボ取りやインキンタムシなどの皮膚病によく効くので「瘡(くさ)の王」 別名イボグサ・タムシグサの地方名も・・・
え!! ちょっとオモシロイじゃないですか・・・ 大きく見えますが、これも直径2cm位の小さな花です。
Img_b8594c377d0153ec498c121179c8804d
ヘビイチゴ(蛇苺)
Img_08ff8857cb4fc570cb5bc1ec607b202d
キツネノボタン(狐の牡丹)
Img_4e6e0b2dda104d059a01097cd74d8cff
ヒメリュウキンカ(姫立金花)
↑ これらの花はどれも大きさ1~2cmで遠目に見ると見分けがつきません。全部同じ花かと思っていました。
でも花びらの枚数や葉っぱの形、花や葉っぱはツルツルなのかザラザラなのか毛が生えているのか・・・
この他にも「キジムシロ」や「ウマノアシガタ」などとても良く似た花があって何種類かにしぼった後も迷ってしまいました。
左 「ヘビイチゴ」バラ科です。葉っぱが苺の葉っぱと同じ三つ葉なので「キジムシロ」ではなく「ヘビイチゴ」だと思います。
中 「キツネノボタン」花が終わるとコンペイトウのようなトゲトゲの実になるそうです。童話チックなネーミング。
若い葉がセリににているので間違って採って食べると、毒があるので胃腸に炎症が起きるそうです。
右の写真は以前に撮った「ヒメリュウキンカ」。左の2つに似ているので並べてみました。ラナンキュラスの仲間?あまり似ていませんね。

「雑草にもひとつひとつ名前があるんだなぁ・・・」「全然知らなかったなぁ」と改めて思います。

HIRO
似て非なる花、本日は紫色の花です。
Img_d6b755fe8e904b1f481f4261b6a80c06
カキドオシ(垣通し)
Img_bd7427ee8afb53f5430ca8fb1566b6a2
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
左 「カキドオシ」カタカナで見ているとすぐに忘れてしまいそうな名前だけれど
垣根を突き抜けて隣の家から侵入して繁殖するから「垣通し」と言われると覚えられます。
生薬で乾燥して煎じると癇の虫に効くそうです。血糖値降下・体内脂肪溶解作用もあってダイエットにも効く!? シソ科です。
カキドオシと同じに見えるけれど、地面に這いつくばるように咲いていて中心のヒョウ柄が若干カラフルなのはムラサキサギゴケ。
サキ重ね過ぎ?タイピングミスかと思うけど漢字は「紫鷺苔」 ただの「サギゴケ」と呼んでもいいみたいです。
花の形が鷺が飛ぶ姿に似ていて苔のように地面を覆うのでこの名前。サギゴケの中心のヒョウ柄部分には毛が生えています。
サギゴケにソックリなんだけどヒョウ柄部分に毛が生えていないもので「トキワハゼ」というのがあるようです。
植物を見分けるには 毛が「はえている」か「はえていない」かは大きなポイントのようです(笑)

HIRO
Img_e0aafbd9409ecd62e8d999552c7338fe
今日は汗ばむほどの陽気でした。  こちら、播州の桜も満開です。
運転中視界に入る山も、日毎 桜餅が増え(^-^)、夢前川の川沿いにも、薄いピンクの帯ができました。
姫路城のお堀も壮観、観光客で賑わっています。
そんな播州の 「混雑を避けたい方にお薦め花見スポット 故郷龍野城」の桜も見ごろを迎えました。
「わあ~まんかいだ~~」と3歳くらいの男の子。 
「ほ~んとキレイね~!ココで写真撮ろう!そこに立って」と小さなお子さん連れのお母さん
若いカップルも「いい時に来たね。満開だし、花が開きたて、『新しい』って感じ」
ベンチに座って、穏やかに見あげる御老人。 三脚を立てて入念に「狙う」桜ハンター達。
みんなそれぞれに「新しい」桜を刻まれたことでしょう。 皆様もどうぞ・・
Img_4b14ebc274cc01491a81939f3d915d93
Img_ad9287fe02a3b5c1ad1ea5b988083b99
Img_1a43d1b48b8a501fb2dba8c4000282fe
Img_c8439eca6a2e2ab991453ec11356638b
Img_e91bfb78468e4fffca7182d0c17acfcc
Img_7f84766ca9c8e1132e12fb1b2dadc09a
Img_4e19cf08e297da0ee66b9c14f67cafbc
Img_cc37d8df28a9c4ff3c0b3956491c30cd
Img_ce7af7f3e0cd91cfd42749a25cd398e3
さて、この週末は全国的に荒れ模様のお天気だとか・・(・。・;
でも、予報ではこちらは、雨は6日土曜午前中まで。 お昼からは上がるそうで・・予報どおりお願いします!(笑)
6日「観桜会ー夜桜コンサート」ライブの時は雨は免れそうですね、一安心です。
お越しくださる皆様、会場は、姫路城「大手門」から左側「西の丸広場」が会場となっておりますm(__)m
18時半~ 20時~、ジャズ・ヴァイオリニストmaikoさんを迎え、スタンダード、maikoさんのオリジナル等演奏します♪
7日は 三宮グレートブルーにて。この日は maikoさん、古川初穂師匠も迎え、熱く盛り上がります♪
開場18時半、開演19時半です。
頑張ります!! お越しいただける皆様、どうぞ気をつけていらしてくださいm(__)m

つうこ
Img_b977f21dc0959c6b65158a6129238140
今日も本当にいいお天気です。
枚方市は昨日は公立小学校・今日は中学校の入学式
桜、まだ満開でよかったですね~
なんだか良いスタートが切れそうですもんね o(^-^)o

先日 背割堤で桜並木を歩いていたら
1本だけ(←)幹がこんなふうになっている木を見つけました。
珍しくてカメラを向けていると
一眼レフを首から下げたおじさんに
「ソレ 何か知ってるか?」と尋ねられ「知りません」と言うと
「『サルノコシカケ』やで」と教えてくれました。
「ソレの白いヤツは癌の薬や」とも。
「ハアァ、これがサルノコシカケか・・」と思いながらまだ写真で狙っていると
その後来た やはり一眼レフを下げたおばちゃんが
「あっ、サルノコシカケや!これ付いたら木ぃ枯れんねんで」と教えてくれました。
皆さん、物知り! しかも関西人、黙ってへん(笑)
家へ帰って調べたら ナルホド!『サルノコシカケ』は「木材腐朽菌」
木材繊維を酵素で分解しながら栄養を取るみたいです。
生きているのに付かれたんじゃ・・・ そりゃタマリませんよね・・・
勉強になりました! ありがとう(^-^)/
10年後ワタシも首から一眼を下げて「ソレ何か知ってるか?」って言ってたりして
(((((^o^)))))

HIRO
今日は予報通りの雨降り、風も強いです。 
姫路城の観桜会も荒天のため昼間予定されていた行事は明日に順延されたようです。
つうこが登場する夜の「花あかりコンサート」も中止でしょうか? 明日Great Blueでその分まで楽しんでくださいね。

さて、桜の木の下で見つけた雑草 今日は青い花 ↓
どちらも近づいて見ないとわからないくらい小さな花ですが、私は子どもの頃からこのテの色の小花が大好きでした。
Img_ca475c0e278be3a5108a8677597b94a0
ノハラムラサキ(野原紫)
Img_6e0b6041fe82223af39d474f7c650825
キュウリグサ(胡瓜草)
左 『ノハラムラサキ』これは実は川原で撮った写真ではなく近くの内科医院のプランターに植わっていたのでたぶん園芸種
「ワクレナグサ!」と思ったのですが、この花は4mmほどの小さいもの。「忘れな草」は花の径が6~9mmあるようです。
右 『キュウリグサ』 葉っぱを揉むとキュウリのような匂いがするからこの名前。
雑草の和名って「案外」というか「やはり」というか安易につけられているような気がします。
『ノハラムラサキ』と『キュウリグサ』、色も大きさも咲き方もソックリです。
『ノハラムラサキ』はムラサキ科ワスレナグサ属、『キュウリグサ』はムラサキ科キュウリグサ属
ワスレナグサ属とキュウリグサ属の見分け方、色々なサイトを見ましたがよくわかりませんでした (^^;; ま、いいか・・・

HIRO
Img_0f14015f47a1978e96adf6be47bcf154
日本列島大荒れのお天気ですね(>_<)皆様のところは大丈夫でしょうか?まだまだ予断を許さない地域の皆様、お気をつけくださいね。
画像は、昨夜のショット。姫路城西の丸のライトアップされた しだれ桜です。
三の丸広場での『観桜会』は中止となりましたが、この週末の姫路城の桜を楽しみに来られた観光客がたくさん。
午後もお城周辺はたくさんの傘の花。。。
そして、夜桜会の花あかりコンサート♪  テントを張って決行しました\(^o^)/
特に18時半からのステージでは、ちょうど開始前に 雨、風ともに激しくなり(>_<)
繊細な楽器ヴァイオリンを maikoさんはなかなかケースから出せず、一時はどうなることかと思いましたが・・
風はやみ、小降りになった頃を見計らってスタート♪ maikoさんのオリジナルやスタンダードを演奏しました。
♪Spainの演奏中、雨の音も激しくなり↑ あおられた演奏側もさらに熱く↑という場面あり・・ 夜桜のように、しっとりとした曲あり・・
楽器も楽譜も湿気で大変でしたが、全員 この日限りの演奏を楽しむことができました♪
maikoさんのヴァイオリンのバックでピアノ(keyboardですが)を弾くのは本当に気持ちイイです♪ 今日も楽しみです。
trumpet東川さん、bass藤本さんは、昨日は地元Laylaの一大コンサート「ジャズマラソン」に参加
でもそんな疲れは感じさせず(逆に楽器弾いている方が元気:笑)東京からの素晴らしいヴァイオリニストとの共演に集中♪
夜桜会には250人近く入場されたそうですが、たくさんの方が足を止めて演奏を聴いてくださいましたm(__)m
岡山、神戸からお越しのmaikoさんファンの方々、雨の中演奏を聴いてくださった皆様、関係者の皆様、
お世話になった皆様に、心より御礼申し上げます。 ありがとうごうございました。

さて、本日は神戸三宮グレートブルーにて♪ 東京より古川師匠を迎え、新しいリズム隊とともに盛り上がります♪
18時半開場、19時半開演です。お越しいただける皆様、どうぞ気をつけていらしてくださいね♪

最後に、もう少し 夜桜を・・  姫路城の桜、やはり見事でした❤
Img_3a3709bbb92deda557bdfdc67e1cfe08
Img_9a05d723dda5a0a1460ad4dc90709532
Img_468061057537604bf4ffb21b0e91214e
つうこ
Img_1f75bc99183c04c3b4d20089d2ba0c4a
連日 ダークなトップ画像ですが・・ maikoさんのヴァイオリンです♪
前日のかなりの湿気・・(・。・;大丈夫?と心配しましたが、maikoさんの鮮やかな指の動きと弓さばきに応えました!
Live at Great Blue 終了♪ 日曜夜遅くまで演奏をお聴きいただいた皆様、ありがとうございました。
そしてこのページのむこうから熱い声援を送っていただいた皆様、ありがとうございました。
新しいリズム隊にヴァイオリン? 弦が加わり「品」の良い風が吹き、wildな角がとれたサウンド♪
そんなふうに想像される方が多いと思いますが・・「熱さ」はかわりません。弦楽器って熱い!を実感したライブでした。
早速、演奏曲を紹介しましょう!
≪ The 1st Stage ≫
1. Lady Bordeaux  もうすぐ走行距離200000km達成するLady Bordeauxですが、曲は演奏ごとに新車♪ 今日の旅も盛り上がりそうな予感
2. Motion Blue  maikoさんのオリジナル♪ マイナーの切なく美しいメロディーも、ソロでは6/8にのってキリッとしたblueに♪
3. As a falcon flies  ソロをとるハヤブサ隊(Tp,P,Vn)が三者三様に大空を駆け抜けました。ドラムソロも圧巻!
4. 春風       maikoさんのオリジナル。 美しく爽やかなテーマとmaikoさんのソロは春の野の花と戯れる優しい風。
5. Roger Federer  Tp,p,Vn,Bass,Dsそれぞれのソロは、Rogerや対戦相手のプレイのよう・・  

≪ The 2nd Stage ≫
1. Falling Grace  Duo  今回も師匠とduoをさせていただきました。
2. Answer        maikoさんオリジナル♪ 何かの答えが見つかったような・・雲がはれた爽快感あふれる曲です。
3. Spiral Constellation  渦をまく星座をイメージした曲。fast swingのソロではたくさんの流星が飛び交いました
4. Above the clouds   飛び入りでJUNKOさん登場♪ 雲の上の青空を歌いあげてくれました❤ 
5. Bird's Eye View   この日生まれた鳥も元気に大空へ飛びたちました♪  
*Encore
Crepusclo longi  遠い黄昏もベースのテーマ、ソロ・・と様々な色に変化・・陽は海の向こうに落ちていきました
♪この度のゲスト、素敵なヴァイオリニストmaikoさんSNの曲での「男前」なソロ♪そしてバラードでは抑制のきいた深い音にひきこまれました。
私の位置から見えるmaikoさんの弓を持つ右腕は、色んな音世界を自在に飛び渡る鳥の翼のようでした。また是非ご一緒したいです。
♪そして、古川師匠。 今回も気合いたっぷりのソロで会場を魅了!Roger Federerでの、最初大きく揺さぶりながら徐々に乗り上げ、
鍵盤狭しと駆け巡るソロは圧巻でした。クロスにふって、強力なフォアでノックアウト・・Rogerにはこんな相手(>_<)とあたってほしくありません:笑
♪はじめましてm(__)mのベーシスト手島甫君(はじめちゃん、と呼ばれていました)なんと21歳!この日は6弦ベースを操り、色々なリズムに対応。
4beatのランニング(SN tuneは高速)も見事ですが、Federerのソロでは、イフェクターを駆使、テニスプレイヤーの心の内面を映すような
ソロで世界を創ってくれました。 
♪そして、手島君とは相性バッチリのドラマー 松田'Gori'広士さん。 jazzyで熱く、シャープなビートとheartfulな音で、音楽を前へ進めつつ、
色んな世界を創ってくださいました。短時間にもかかわらず、手島君と連携をとって、強力なリズムを固めてもらった隊長さんに感謝ですm(__)m 
♪そして、急遽かけつけてくれた、JUNKOさん、クリスタルヴォイスと素敵な歌をありがとう♪
♪最後に、リーダー東川さん。 ライヴ3daysの最終日も気合いたっぷりでした。  

このライブの時間を共有いただいた皆様、楽しんでいただけたでしょうか。 私達の音を受け止めていただき、心より感謝致します。 
そしてグレートブルーの皆様、田中克則さん、お世話になったすべての方々に御礼申し上げます。 ありがとうございました。

つうこ
Img_703d0b9f3d1b684852859c3dbe2ce5cb
ハハコグサ(母子草) 別名:ゴギョウ(御形)
日曜日のライブ、つうこのレポートを読んでいるだけでも熱が伝わってきます。よかったんだろうな~・・・
実は私、行けませんでした (ToT) 近所に住んでいる親戚のおばあちゃんが亡くなってその日はお通夜・昨日は告別式でした。
つうこちゃん、ごめんなさい。「一緒に行こう♪」と約束していた方々、ごめんなさいm(_ _)m
たいへん残念でしたが・・・ま、そんなこともあります。 亡くなったおばあちゃんの息子さん(もう還暦を超えている)号泣しておられました。
で、それにちなんで今日の雑草は『ハハコグサ』 この草、毎年わが家のエアコンの室外機の前に出てきます。
フワフワした毛に覆われた葉っぱや蕾が可愛い。明日・明後日には黄色い花が開いてくるでしょう。
母子草は別名『御形(ごぎょう・おぎょう)』で春の七種のうちのひとつ、食用になるんですね。
『母子草』という名のとおりホンワカとしたなんとも優しげな面持ちをしています。
こんな心暖まるような名前の草があるかと思えば、『ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)』などというエグい名前の草もあるようです (@-@;
茎や葉っぱが刺だらけで憎い継子の尻をこの草で拭く(韓国では「嫁の尻拭き草」と言う)ところからつけられた名前だそうです・・コワッ!
見つけたら、お見せしますね・・・ (^^;; ますます雑草にハマっていく予感です。。。

HIRO
Img_5deb4c1b535f4512a65c354f187ffb26
足元ばかり見ていましたが頭上を見上げると、イロハモミジにも花が咲いているのを見つけました。
VOPのくせに・・・ 「モミジの花」に気がついたのは去年のこと。つうこも私も・・・
春 モミジに花が咲くことを学習したので今年は二人ともチェック、3月29日にはつうこはモミジの花の蕾を見つけていましたね。
近づいて見るとちゃんと「花」です。シャラシャラと風に揺れて、全然ピントが合わず首が痛くなりました。
Img_d74ef8a8436a70613385fda299b22c5e
そしてこちらはわが家のしだれ梅についている実。今年は花付きが良かったので梅の実も豊作の予感!
数日前はリンゴの種くらいだったのに今日はビー玉位の大きさ。この実たちは朝起きて見る度に大きくなっています。
日々 どんどん景色が変わります。  これからは緑の季節になっていきますね。

HIRO
Img_8ae172821d87abbc55368d8b4751adb0
Img_d9550b3fbda2ad08604e4395a43b9862
Img_dd1fb61f8c8b3a4de7f4e2e208d8872e
ちょうど1週間前の木曜日に『しょくぶつずかん』というタイトルの作品展を見に行きました。
尾畑涼子さんという大阪の写真家さんと 佐藤文(あや)さんという福島のドライフラワーアーティストさんのコラボ展。
場所がとても面白い所で・・・ 大阪市東成区にある築100年の長屋の1室。
Img_e2c531f8c17a6759685cc8dc238fc802
昔懐かし長屋の角の1室を・・・
Img_6e46a9e417278537519c7d9e99c7ea2e
集会所として開放しています
わざと白黒写真にしてみましたが、100年といえば「昭和の香り」どころか大正時代でしょうか・・?
戦時中空襲にあっても焼け残った建物がJR玉造駅から徒歩5分という都会のまん中に残っているんですね。
この会場のオーナーは写真家のご主人と割烹着作家の奥さんご夫妻(たぶん私よりずいぶん若い)
この長屋の住人で、他の住人が減ってきたのでもう1室借りて色々なことを発信する「集会所」にされたようです。
『傍房(ぼうぼう)』というスペース。写真展の他、出張カフェ・「ごはん会」や「男子台所部」「道草を食う会」なんてのもされています。

最近 若い人にはレトロ人気。カフェなんかもわざと昭和の建物のような作りにしている所が多いのですがココの古さはホンモノ!
傍房のオーナーによると「物やエネルギーの消費に頼るばかりではなく足元の暮らしを大事に」したいとのこと。 (Click!) 
なるほど~ 物やエネルギーを消費しまくるバブル全盛の時代に社会デビューした私たちとは視点が違うのかも・・・
今の若者は阪神や東日本の震災を多感な時期に経験して、「足元の暮らし」や「心の豊かさ」を真剣に考えているように思います。
私たち世代の子どもの頃の「日常」がその答えなのでしょうか・・・? ま、ピッカピカはたしかに落ち着きませんが・・・
彼らがステキという「昭和の暮らし」も イケイケで夢が何でも叶ったバブルの時代も両方知っているオトナとして
これからのエネルギー対策や憲法改正のことちょっとはちゃんと考えなズルイかな・・・と思いました。

そうそう『しょくぶつずかん』の話です。築100年長屋の集会所ではうら若き女性写真家の尾畑涼子さんがひとりで留守番してました。
他に誰もお客さんが来なかったので1時間以上おしゃべりをしてしまいました。
人の家の「生活感」が垣間見えるようなモノを撮るのが好きだと話してくれました。干してある洗濯物とか団地のベランダとか・・・
それらを撮っていると必ず植物が写り込んでいるのを発見してから植物にも興味を持つようになったそうです。
もうひとりのフラワーアーティストさんにお会いできなかったのは残念でしたが、涼子さんから伝え聞いたところによると
福島ではセシウムの影響なのか・・・ 直径が倍ほどもある巨大タンポポが咲いていて異常を感じるとのことです。
新聞の「展示会」という欄でたまたま見つけて出かけた作品展、色々考えるきっかけとなりました。

HIRO


Img_e5eeb9ee95df9a1d1dc082155bfd82bd
アリアケスミレ(有明菫)
いつも通っている道のアスファルトとブロック塀の間に白いスミレが咲いているのを見つけました。
『シロスミレ』か?と思って調べてみたら葉っぱの形が違うし、『シロスミレ』という種は高地でしか咲かないそうです。
ならばこれは『アリアケスミレ』。踏みつけに強くどこでも生えてきて分布域の広さは日本一というありふれたスミレです。
もっと紫の筋が多く入った『アリアケスミレ』もあるようで、変化に富む花色が「有明の空」に喩えられてこの名前がついた、とか。
たぶん毎年咲いていたのでしょうが・・・ 気がつきませんでした。 皆さんの足元にも咲いているかもしれません。

と、まぁ毎日植物写真を撮っては載せているVOP植物係。季節は今まさに「木の芽時」。。。
今年はお天気の急変や気温の上下も激しくて・・・調子崩していませんか? 自律神経をヤラレるんですよね~
私はしばらく休んでいたヨガ教室通いを再開しました。 深呼吸・腹式呼吸をするだけで自律神経を整える作用があるそうです。
ヨガに行ってインストラクターの「すって~~はいて~~~~」という声に合わせて息をしていると
普段自分の呼吸がいかに浅くなっているか・・・を思い知ります。 私の場合、息していない時もあるかも(苦笑)
深呼吸くらい自分ですればいいものを・・・ 私は、会費払ってインストラクターに号令かけてもらわないとできない。。。
皆さん、意識して深い呼吸をするとかなり立て直せますよ~ 「どうしょ!??」て思ったら深呼吸です(^-^)/

HIRO
Img_5fb20197af5691bc19e9d103188f1375
今朝は兵庫県・大阪府で地震があってビックリしましたね。 大きな被害がなくてまだよかったです。
どこかで「自分が居る所では大きな地震は起きない」と思っているワタシ・・・ 反省します。

そんな今日は久しぶりに芦屋PorePoreさんでプリザーブドフラワーレッスンの日でした。
フラットフレームアレンジ  21cm角のボードに絵を描くように花を乗せて貼り付けていきます。
丸いリース台に貼り付けていくよりもかなり難度が高く、最初は「途方にくれる」課題です。
でも ちゃんと出来上がりました! いつものように同じ課題でもその人「らしさ」が出ています (^-^)o
会場のサロンPorePoreはJR芦屋の駅前スグなのですが、今日は午後になってもJRがちゃんと動いておらず
生徒さんには阪急か阪神までご足労かけてしまいました m(_ _)m

まだ余震の心配もあります。他の断層が刺激を受けて動いたりするかもしれません。
避難リュックをチェックし直さなければ・・・  というか1から作らなければ・・・ 地震、ヤダな。。。

HIRO
Img_bb58ea73e334c88839b8060a2a76d366
今日4月14日は つうこの誕生日です。
思えば 草木がどんどんと育っていく「活力溢れる季節」につうこは生まれてきたのですね。
生まれた時 季節から授かったパワーをずっとずっと持ち続けている人だと思います。
新たなpage14からまたスタートで、このトシはどんなstoryを綴っていくのでしょう。
ますます充実した1年になりますように! 元気で過ごせますように! お誕生日おめでとう(^-^)/

HIRO
Img_f673f64f02ed39616cc063b7c80d8d06
今日もとてもイイお天気でしたね(*^-^*)
画像は、ちゅんさんにいただいた葉ボタンです。1週間ほど前から黄色い花が咲きはじめました。
冬の間のでシックな装いから、背丈を伸ばして踊りはじめる春・・そして只今「葉ボタンの花まつり開催中」\(^o^)/
ちゅんさん、ありがとうございます。 どの表情もたっぷりと楽しませていただいていますm(__)m
後ろの鉢に映った影たちも何やら賑やかでしょ? バラの葉っぱもどんどん大きくなってきました(*^-^*)
裏の駐車場では、HIROのplants memoに登場したコ達が大賑わい・・  木々からはひよひよと芽吹いた新しい緑が新鮮な今日このごろ・・
先日は皆様より心あたたまるメッセージを頂戴し、ありがとうございましたm(__)m
こんな歳になっても(時々、1の位が何だったっけ?と忘れます:笑)たくさんの方々からメッセージをいただくなんて・・本当に幸せ者です❤
誰かに心に留めておいてもらえる、というのはこんなに有難いことなのだ・・と実感した1日でした。
と同時に、しっかり生きていかないと! そんな想いを新たにしました。
このページのむこうの皆様へ! 
お誕生日はわかりませんが、VOPはいつも、皆様の特別な日に、こうして出逢えたことを喜び、幸せな時を繋いでほしい、と願っています❤

さて、ここからは5月のライブのお知らせをさせていただきます♪
すでにHP等でチェックされているとは思いますが、なんといってもお薦めは私達の師匠 古川初穂氏率いるピアノトリオツアーライブ!!
「古ピト」関西は2年ぶり!! あのス―パ―プレイヤー軍団の驚きと感動を是非!!
古川初穂ピアノトリオ「初夏の旅2013」
 古川初穂(p) 須藤満(b) 則竹裕之(ds)
5月13日  京都ラグ
5月14日  神戸元町萬屋宗兵衛
5月15日  名古屋 Doxy
5月16日  目黒 Blues Alley Japan
詳細はコチラ (Click!) 

14日元町の萬屋宗兵衛でのライブは、私達もお手伝いしています。ご予約はこちらのHPメールフォームでもお受け致します。
素晴らしい時間を皆様と過ごせると嬉しいです♪


♪そして、もうひとつ・・GWのライブのお知らせです。
5月4日  この日も 古川初穂師匠は神戸に熱い音を届けてくださいます。
 メンバー 東川幸嗣(tp)  古川初穂(p)  小田千津子(key)
place: 三宮 Great Blue(tel/078-231-0071)  Time: 18:30open 19:30 start    charge:¥2500
何やら・・メンバー少ないですね(・。・;
実はこの日は 高槻ジャズストリート。ミュージシャンのみなさん、そちらで演奏されています♪
色んな方にお願いしましたが、皆様予定があわず・・  それならば!と3人で演奏します。
編成としては異色ですが、室内楽っぽいサウンドをお楽しみいただければ嬉しいです。
特に・・古川師匠の右手に連動する「歌」が聴けたり♪なんてことも・・こういう編成ならではですね(^^♪
ご予約はこちらのメールフォームでもお受け致します。 お会いできると嬉しいです♪
つうこ
Img_bbfd588ad8749fe902a57b629397a110
昨日・今日といいお天気が続きます。 湖東シリーズ、先月の長浜に続き昨日は近江八幡へ行ってきました。
「水郷巡り」が有名な観光地。大阪よりも少し桜が遅いのか、桜は散り際・・・水面は桜の花びらで覆われていました。
Img_e12576f19e7ef7a8ab4e2c53668ea3d2
Img_95c3b0c0c4d70a39ba8edf390d2eab12
Img_b4dfb7b85550b595c35f65188975bfef
「近江商人発祥の地」だそうです。当時の面影そのままの美しい景観が保存されています。
Img_634d0b691fc8d4bd1faebafbefb0f63c
Img_9990480fe5816b9a61ff2ec768b86da1
Img_36c3e25dec952d2bd5b5255ed4cbffbd
有名な建築家ヴォーリズが長年住んでいた町ということでヴォーリズ建築もたくさんありますが、それはまた明日お見せしますね。

4月14日・15日は八幡様の春の大祭だそうで、大きな和太鼓の形をした山車が町を練り歩いていました。
Img_dc4c3f8fcc794ca0d564a6bdf59511b0
Img_1af224985c1066cddc2a8587c191c601
Img_81426a0064b704ca578b9c1901d507f9
落ち着いた良い町で、の~んびりしました。 派手な看板の土産物屋さんもなくどちらかというと地味。
「たつの」にちょっと似ています。たつの市の人口密度377人に対し近江八幡市の人口密度は462人、いい勝負ですね!(笑)
でも、近江八幡市にはたつのには無い『クラブハリエ』本店があるのです。。。 あの阪神百貨店で行列しているバームクーヘンの ◎◎◎
ヴォーリズ建築のカフェで美しく手入れされた庭を見ながら、ここでしか食べられないハリエの生ケーキをいただく・・・至福のひと時でした*(^-^)* 
「クラブハリエ」とその向かいにある「たねや」本店、近江八幡市の集客にかなり貢献しています。土日はやはり行列だそうです。
Img_696d989b77cc134cfe58e7e15bd3d782
Img_3c83414e93b6b5add06323835327d916
HIRO
Img_2c1508e6528829bac9230fe4b314aa33
Img_47d00cab5306f5ef7150a3982b171387
ヴォーリズ記念館
Img_1409e8b93165f6143e0ae27325297eef
八幡郵便局
Img_a88ea079f19db67bff35f5c099b1625b
クラブハリエ日牟禮ヴィレッジ
Img_f9d892a2232d5ea82c8588df643074a4
Img_562477306ecf0ece6f0eb1da1f6bd3d0
池田町洋風住宅街
Img_a2e2ddf2bbb0d1a1610737b82adb646a
日本に多くの建築物を残し その建物が多くの日本人から愛されているウィリアム・メレル・ヴォーリス氏。
大阪の大丸百貨店・関西学院大学・東京山の上ホテルが代表的・・・と聞くとその懐かしく美しい建物が目に浮かぶ方も多いのでは。
ヴォーリズは近江八幡を「日本の中心」と言って長年そこで暮らしていたと資料に書いてあります。
25歳の時に英語教師として滋賀県立商業学校(現:滋賀県立八幡商業高校)に赴任、日本人女性と結婚して
新婚時代は近江八幡市池田町に、晩年は現在ヴォーリズ記念館になっている自邸(写真左上)に住んでいたそうです。
多くの教会や学校・病院・公共施設などを設計したヴォリーズですが、図面を引く時にはいつも人が暮らす「家」を作る感覚だったようです。
Img_ff0fa61ba12ef208ec71a765562f0d0a
Img_dd6587e736665a52e634360b76b0fd82
Img_e071153ce290b78847c48972ab546d3a
だからヴォーリズの建物は人を惹きつけ、そこに居ると心地よくとても落ち着く・・・のかもしれません。
ヴォーリズは60歳を過ぎて日本に帰化し、83歳の時近江八幡の自宅の2階で永眠されたそうです。
建築家だけれど実業家でもあり、メンソレータムの会社の創業者の一人だった・・というのは近江兄弟社のパンフレットで初めて知りました。
ヴォーリズさんは日本が大好きで近江八幡が大好きで、近江八幡の人たちもヴォーリズさんを大好きだったのでしょう。
近江八幡にはヴォーリズが建てた建物がいっぱい残っています。 お好きな方は是非行ってみてください!

つうこと私も学生時代に美しく居心地のよいヴォーリズ建築で4年間を過ごすという幸運に恵まれました。
一昨日いくつかのヴォーリズ建築物に入ってデジャブの感覚・・・  「この光の取り入れ方だ・・」と懐かしく思い出しました。
Img_b51ae5504013cb8ae0797502f3a701a1
Img_633608aa39389bab0ade377db6001eca
HIRO
Img_f46aee2dbe9ad21ad16e4ebf19a0d81b
今日も汗ばむほどの陽気でしたね・・  
でも明日は一転、3月に逆もどりだそうです。皆様、体調管理にどうぞお気をつけください。
ここ数日車を走らせていても、まわりの風景の「色」が日毎変わっていくのがはっきりと分かります。
山には明るい緑がチョンチョンのり始め・・ 桜も「一人前の」緑に
イチョウ並木もあたりをうかがうように 緑が加わり始めました。
そんな動き始めた緑の中、赤く燃えて熱いのは・・マンサク! そして・・あ!あそこのピンクの木は・・花水木\(^o^)/
イイ季節ですね(*^-^*) 今日は、庭とその周辺の花達の「今」をお届けしましょう。
画像、ちゅんさん作「葉ボタン」の花に Closer to you❤
葉っぱももちろん、葉脈の色、花をつける前のつぼみも、種ごとにとても個性豊か・・ いつまでも眺めてしまいます❤
Img_821c14cbd7a9df94e09a25b112318562
Img_0154ceeed4da7cf93399a7851b975b66
Img_5fa5f7d43e837cc446a369a8edb8f128
踊る葉と一緒に撮ればよかったのですが・・
左は、「バラの巻き」の葉ボタン。 真ん中は ギザギザ葉のもの。
右側、パンジーと寄せ植えにして、葉ボタンだけ前列中心で「指揮者」になるかな・・と思いきや
パンジ―も競うように背丈をのばし・・・今はこんもりドームです。
Img_2b22a1764104951fe80e5902a074dcae
Img_d687a2aaa6b3057fabfde069ac2dffcc
Img_bbfa1a68b9d96ddbc6b2af05829dd0fc
こちらは、パンジー色々・・   中央はトキワナズナです。
Img_18a1563214f94d25c3d38c16a53329d0
Img_ac1d999a7e32b9242556f1a3e40eeddb
Img_9311fe43b19271674f0c40a4b7bb2869
そして駐車場のplantsタチ。あ、車を停車する「周り」に咲いています。踏んでいません^-^;
中央は数年前に隠し埋めた球根から・・ 今年も会えました(*^-^*)
右側、今日撮ったショットです。 今季初めてのテントウムシ!
かなり低い位置から狙っていますが、この向こうはあぜ道。そちらに下りました。這いつくばって撮ったわけではありません(笑)
花と同じ目線になるのも、色々と発見があります。 お散歩してる(=^・^=)の気分です。

つうこ
Img_13aac450fc4fccc5726987e14c73a59d
今日は京都の先生のご自宅でオランダスタイルアドバンスクラスのレッスンを受けてきました。
その中に↑こんなオモシロイ花材が! 「クリオネ!?」「ニョロニョロ!?」と言いながら写真を撮っていたら
『エピデンドラム』という名前だと先生が教えてくださいました。 「ああ、この形 エビ(海老)か!」と納得しましたが
「エビ」ではなく「エピ」、Epi(上) dendron(木) 「木の上に着生する蘭」を表していて「海老によく似たデンドロビウム」ではないそうです(^^;
それにしてもつくづく面白い顔をしていますよね。リップが上向きに付いているし・・・ 蘭はどれも個性的です。
このエピデンを使って 今日はこれまた個性的な「エジプシャンブーケ」というのを作りました。
エジプトの遺跡の壁画でクレオパトラのような女性が持っている直線的な花束、アレです。
出来上がりはこんな ↓
Img_5570a2fefdb82737c5ea3deb0c5286be
なんだか不思議で面白いブーケでしょ。オランダスタイルアドバンスクラスでは色々な国・色々な時代の花飾りが課題のベースです。

面白いブーケに興味があるか、と思いきや・・・ 花瓶の水でジャブジャブするのが面白かった先生の愛娘こよちゃんでした*(^-^)*

HIRO
Img_f0918aab2325e71b4f357f9073a537fd
昨日、先生の愛娘・1歳児のこよちゃんと遊んでいた時にはちょっとコミカルな表情をしていた「エジプシャンブーケ」
家に持って帰って一夜明けるとハッとするほど妖艶な表情をしています。ショウブとクレマチスが開いて紫色の濃淡がアダルト~
時間とともに姿を変えていく花々は古来より人々の心をつかみ、歴史さえ変えてきたのかもしれない・・・なんて思います。
昨日 先生の家で『フラワーデザインと時代様式』という本を見せていただいたせいかもしれません。
壁画に描かれている古代エジプト人が持っていたブーケにはどんな花が入っていたのでしょう?
風土や気候が日本とは全然違う国へ行って、どんな花が咲いているのか・花屋さんにどんな花が並んでいるのか・・見に行くのが夢です。

HIRO

Img_7526b6394c745a873b4713b92e21892f
「あら・・すごくいい香りがすると思ったら・・ とっても久しぶり!」
4月になって彼女はもうどこかに行ってしまっただろうな・・会えないことを覚悟でPubの裏口で彼女を待ってた僕は、動揺を気付かれまいと深呼吸
「お疲れ様。えーっと・・会えて嬉しい。ホント、嬉しい。・・あ、僕がずっと来れなかったのも 4月になるとさ、色々あってさ・・
いや、そんなことはどうでもいい。とにかくまだ君がココで働いててくれて・・ありがとう。いや、ありがとうは変か・・(落ちつくんだ!僕:笑)
あ、そんなことを言ってる場合じゃない、時間ないんだよね。 そう!イイ香りだろう?このバラ、アブラハム・ダービ―」
「アブラハム・ダービ―・・・アイアン・ブリッジの?」
「そう!まずあの橋が有名だよね、でも作者のオースティンが捧げたのは・・」
最初 僕のハナシを微笑みながら聞いていた彼女、少し左へ首をかしげ、ちょっと申し訳なさそうな表情・・
「あ、もう行くんだよね。いいよ。ああ、とにかくよかった、このバラ君に渡せて」
「どうもありがとう。 ほんと、甘い香り。今日はフルーツ系のお酒ひっかけて寝ようかな(笑)じゃあね・・」
「気をつけてね、お休み・・」
『アブラハム・ダービー』
1985年  デヴィッド・オースティン 交配種は Yellow Cushion × Aloha
咲き始めは深いカップ咲きで次第にロゼッタ咲きに(花径11cm)
花色は淡桃色のベースにオレンジ色、アプリコットが入り、全体としてサーモン・ピンクに見えます。
片親がつるバラの「アロハ」の為、樹勢は強健。 四季咲き性が強く、次々に開花し強剪定にも耐え、
優しい色と優雅な形は周囲との植物との調和がとりやすい・・と、 本当にお薦めのイングリッシュ・ローズです。
何と言ってもおススメはこのバラの芳香。フルーツ系の強い香りは「アロハ」譲り
このバラは4年前にも一度、diaryに登場しました。ご記憶の方もおられると嬉しいです。
久しぶりに登場する僕が、『香り』で攻めたい!と言いだすのでコチラをもたせました。
手許で咲いたバラの中で、今でも香りが蘇ってくるのはこのバラです❤
彼女も香りが気にいったようです。それにしても名前を聞くと「アイアン・ブリッジ」がでてくるところ・・久しぶりだけど、彼女もなかなかやります(笑) 
僕が訂正しようとした続きを・・ このバラは、アブラハム・ダービ―(1678-1717)に捧げられました。 
Wikipediaではアブラハム・ダービ―Ⅲ世、世界初の鉄の橋を造ったⅢ世のところに このバラが掲載されていますが、
オースティンが捧げたのはⅠ世。鉄の製造方法に改革をもたらした人物です。
従来の木炭を燃焼させるのではなく、コークスを混ぜることで純度の高い鉄の製造に成功。後の産業革命に多大な貢献を果たしました。
イングランド西部、木材と鉱石が豊富な山間の街コールブルックデール。セバーン渓谷に Ⅲ世は 世界初の鉄の橋を建築。
Ⅲ世はわずか39年の生涯のうちに偉業を成し遂げ、亡くなるまで建設費負債の返済に追われていたそうです。
「爺様」、そして爺様と同じく鉄の製造法改革と量産に貢献した「父様」から渡されたバトンを開花させた3世。
オースティンがⅠ世にこのバラを捧げたのは、すべての始まりであるⅠ世への敬意の表れなのでしょう。
でも、代々継承された発明家、事業家としての気概とその偉業に触れてしまうと、刻まれた名前から浮かんでくるのは炭坑、製鉄所、
労働者達の厳しい表情、そして鉄の橋の完成・・100年に渡って時代を牽引した3人のアブラハム・ダービーと「大きく動き始める時」です。  
産業革命発祥、その歴史を伝える山間の街は美しい橋とともに世界遺産に登録されました。 
訪ねてみたいイギリスが また増えました。
Img_f9172d79c6d573b5e4bf34a427f63f43
つうこ
Img_ad19b22e08f90ac4701097c89a23cc6b
庭のスズランが咲き始めました。 スズランの開花も今年は1週間ほど早いようです。
↑ このスズランは庭の通路の所に出てきてしまい、たぶん・・・いつも急いで出かける娘の自転車に轢かれてしまったのでしょう。
首が折れてプラプラ・・ 瀕死の状態でした。 折れてしまった5cmほどのまだ緑色の蕾をお猪口にさしていたら
3日目の今日、花が開いてきました。 ちょっと感動的♥

そして ↓コチラは活けられるために故意に切られた花ですが
Img_8846fa55e8f4294d51c1dd640094b689
クレマチスに続きユリも開きました。 日々 賑やかになっていくエジプシャン = ~(^^)~=  花は命の限り咲こうとします✽

さて、昨日はサロンPorePoreさんでの春のレッスンPartⅡでした。
課題のフラットフレームを作った生徒さんは「斜めアレンジ」に挑戦されて独創的な作品になりました。
「丸いリース」を・・とご希望された生徒さんもおられ、ちょっと雑貨っぽい可愛いリースができました。
一応の課題をご提案しますが、VOPのプリザーブドレッスンはかなり自由です。作ってみたいものがあればおっしゃってみてくださいね。
次回の芦屋PorePoreレッスンは6/8(土)と6/23(日)を予定しています。
Img_1b5b2971bd3c12f6fcd93993579d3507
Img_5aef0ceaaf624b4e6ef1d8350ae5944a
HIRO
Img_6e474eb6b4e6ec28ab3a830cfdf25592
VOICE OF PLANTSを名乗りながら 相変わらず「園芸」は苦手なワタシですが・・・ ミニトマトの苗を植えました。
義母がホームドクターから「健康とボケ防止のために何か『日々楽しみにしていること』をひとつ作ってきてください」と宿題を出されました。
自分ではなかなか見つけられないようなので、ちょっとお手伝い。
これから義母は毎日「今日はどれだけ大きくなったかな?」とトマトを観察するのです。小学1年生みたいに。
「実が生る植物」は楽しみでいいですよね。しかも食べられるなら一層楽しみ *(^-^)*
トマトの横にイタリアンパセリもチョコッと植えてみました。
レモンバームとパイナップルミントとオレンジミントの寄せ植えの鉢も作ってみました。
そんなことをやってみようと思ったのは有川浩さんの『植物図鑑』を最近読み返したせいかもしれません。
ちゃんと収穫できるといいなぁ。。。  これで枯れちゃうと「やっぱり園芸は苦手だ・・」って凹む・・・
うまく繁っていっぱい収穫できれば「園芸好き」になっていくかもしれません(コドモか・・・ 笑)

HIRO

Img_78bd8f2225cc62647b6a4ca53606f3f9
Img_f3b41ced6f8db0c41928f38ee3e1e82a
Img_61028844cbd367cf6853e4427ce5254a
ここ数日とてもよいお天気でしたが 今日は雨でしたね。
低く分厚い雲がかかった山は 頂上が見えず台形の山ばかり・・
それでも随分と新しい緑の増えた山と 灰色の空とのコラボもこんな日だからこそ
雨を喜ぶ木々を想い、バイパスを下りると・・ 
道路沿いの花水木、ピンクの花より少し遅れていた白い花も咲き始めました。
日々 変化する植物達、どの木もどのPlantsも驚きの連続です。
画像 ↑は数日前の裏の野原。 またHiroのPlants memoにも登場するかもしれませんね。
スジとるの難しそうな(笑)小さな薄っぺらい鞘、たんぽぽと入れ替わりに咲き始めたシロツメクサに黄色いコメツブツメクサ
自由に咲く野の花達もちゃんと順番を守って 楽しませてくれます。
そして庭のバラもクレマチスも日々 勢力拡大、だんだんと通り道が狭くなってきました。
コチラ↓は 雨があがった夕方のショットです。 
水滴の抱え方(乗り方?)がそれぞれ葉っぱも花びらも個性豊か、マクロにしながら入り込んでしまいました(*^-^*) 
Img_780c123bb727b1213779c0f5d862cb1a
Img_a779ea6871fc0b09a4af62785124cd0a
Img_f7fd077bc8a1d507a7f53b86fa23a164
つうこ
Img_d063e76b5b628d7b7706a5a9c8c80fc6
4月9日のDiaryで紹介した『ハハコグサ(母子草):別名 ゴギョウ』咲いてきました。
私はその時、「明日・明後日にでも咲いてくることでしょう」と書いたのですが開花するのに2週間ほどかかりました。
この『ハハコグサ』は スキあらばあちこちに繁殖し・驚く程成長が早い他の雑草とは違い本当にオットリしています。
カッチカチの地面から生えてきた時の2本3本のまま増えることもなく、花が咲いても↑こんなふうに慎ましやか・・・
干してお茶にすると咳止めや内蔵に効くお茶になるそうです。 性格も良い「母子」です。

そして、この母子草から約50cm距離を置いて こんな草が1本ポツンと生えています。
Img_a9b06d6539cc1a041b915b3614f7b50f
これね、ハハコグサの終わった後かな?と思っていたんです。 葉っぱとかよく似ているし・・・
でもこのコは生えてきた時からこんなふうに先っぽが茶色っぽくてパッとしないコでした。
「ハハコグサになりそこなったコ」と勝手に思っていたのですが、ネットの雑草図鑑を見ていたら
これは『チチコグサ(父子草)』という種で、「咲いてこんな花」なのだということを知りました。
Wikipediaでは「直立する花茎の頭状花の集団、その基部から出る苞葉が星型になるなどの特徴はエーデルワイスと共通するのに
そのような観賞価値が全く感じられず注目されることもない。残念な植物である」とケチョンケチョン・・・ (^^;
実際に見ても「ほぉぉ、これで開花中なのか・・・」ととても残念な感じに満ち満ちています。  可哀想なお父さん。。。

HIRO
Img_f68e95cb9e2bae759c9e68d448681e70
VOPで「Plants Memo」を始めてから、以前よりもより一層「犬の散歩視線」で歩くようになったワタシ・・
すると、見ているようで見ていなかったんですね。 気づいていなかった花を毎日発見します。
コレ↑は可愛いかったのでちょっと大きな画像にしてしまいました。『ノヂシャ(野萵苣)』です。
萵苣(チシャ)って「レタス」のこと。英名は『ラムズレタス』ヨーロッパ原産の帰化植物で子羊が大好きな草だそうです。
こんなふうに花が咲いてしまうと薹が立っているのですが、若葉は人間が食べるサラダにもなるそうです。
直径1mmくらいの小さな淡いブルーの花の集合体、遠目に見ると「何か咲いてるかな?」という位の地味な雑草。かなり私のツボです♥

Img_441b684ee9d657dccd3c2b5176b47166
そしてコチラ↑は数日前につうこも写真を撮っていた『コメツブツメクサ(米粒詰め草)』
「詰め草」というのは 昔オランダからガラス製品が献上される際その草の花が緩衝材として使われていたことに由来するそうです。
この黄色いのは『米粒』(実際は小豆粒くらいの大きさ)ほど小さいので詰め物としてはあまり役に立たなかったかも・・・
『シロツメクサ』やもっと大きな『ピンク詰め草』は詰め物としてよく使われていたようです。
『コメツブ』は今すごい勢いでグラウンドカバーになっています。緑の絨毯に黄色い星を散らしたようになっている地面はきっとコレです。
小さいので気づきにくいけれど『ラムズレタス』も『コメツブ』もきっと皆さんの近くでも群生しています。見つけてみてね!

HIRO
Img_b510f7a13f97798af55c30d56b1008e8
今週はプリザーブドフラワーのお届けが2件。 (↑)は昨日枚方市内の 某美容院へお届けしたアレンジメントです。
私が行っている美容院ではないのですが 昨日が15周年ということでそちらのお客様がオーダーしてくださったものです。
オレンジ色が大好きなオーナーさんなので、明るく柔らかいオレンジ色のお花でナチュラルな感じに・・というご注文でした。
わが家からは近くだったので、歩いて配達に行きました。
「花屋です。15周年おめでとうございます!お祝いのお花のご依頼を受けお届けに参りました!」と言うと
太陽のように明るいオーラを放つオーナーさん、「エーッ☆☆☆誰から?誰から??」とビックリされてでもとても喜んでくださいました。
サプライズ大成功!!   ワタシもイッチョ噛めて楽しかったです。


Img_b18510eda4026c1d90764b9167dd23a0
そして(↑) こちらは水曜日に天王寺までお届けに出かけた新築祝いのアレンジメント。
マンションのインテリアをすべて白黒のモノトーンで統一しているのでブルーがアクセントのカッコイイアレンジ、というご要望でした。
この写真・・どうなっているの? と思いますよね。。(^^; 下段がミラー・上段がガラスのフレームです。
ミラーの上にブルーとブラックのローズをドーム型に配してあるのでそれが鏡に映って球状に見えています。
これは私の知人がオーダーしてくれたものですが、新居を構えられたご本人と一緒に受け取りに来てくださいました。
作品を初めて目にする瞬間の表情を目の前で見るのはとても緊張しますが・・ お二人共とても喜んでくださってホッとしました*(^-^)*

お花をお渡しして喜んでいただけると本当にしみじみ嬉しくなります。私の元気の源です。
昨日、つうことメールをしていて「最近の作品をあまり見せてもらっていない」とダメだしされました。
そうですね・・・ 雑草ばかりお見せしてプリザーブド・・あまりお見せしていませんでした。
やってます、やってます(笑)  他にもありますが、そのうちに・・  Gallery整理しなくちゃね。。。

Img_9d78904258a588115e37d95d86e19fb1
Img_3e9bc7cf4c28f84772569656d4666261
HIRO
Img_a747246c42b9cad2508d19e461a0bd30
Img_87e7a88bac9770a624e8579fc4745eb4
きょうもイイお天気でした。 GWはおおむね晴れ、行楽日和だそうです。
今年は連休が前半と後半に分かれるので、近場で済ませる人が多いとか・・
なので私も今日は空き時間に近場を散歩(^-^) 1周廻っても20分弱のコースですが、野の花、畑の作物、道路沿いの木、緑、花・・
今が旬の植物達をたくさん楽しめます。
お庭の花はお許しを得ないと撮らせていただけないので、これなら大丈夫?と思われるものを・・
まずは、歩道沿いのツツジ。すぐ横は片側二車線、歩道も自転車の往来が激しい場所なので、ゆっくり楽しむ人が少ないのは残念・・
登下校の小学生(低学年)や、散歩のワンちゃんたちは、甘い香りと一番イイ時に気付いてくれるでしょうね。
そう!このページの向こうの皆様に楽しんでもらえばいいんですよね! じゃあもう一枚!
Img_adc8f4794cdcd3f906426dc4d6c6df1b
「VOPより、ツツジをお届けにあがりました!」
(なあんて、フローリストのような事を いっぺんゆうてみたかった\(^o^)/)
そういえば、昨日のdiaryでは華やかなプリザーブドの作品展でしたね。ブルーのドーム型の作品を依頼された方は共通の知人なのですが・・
「新築祝いですか・・きっとモダンな作品なのでしょう・・ところで、ショットあるよね、私に見せておかないでいいのかな?」
なんてつついて(半ば脅し:笑)よかったでしょ?他にもたくさん❤素敵な作品、皆様もお楽しみいただけたことと思います。
そう・・今から4年前、私はある方に差し上げるお花をHIROにお願いしたことがあるのですが・・
「おまかせします!が、○○でもなく○○でもなく」と「~ない」を連発「でも控えめな華(?:笑)があって、凛としてクラスを感じさせ・・」
と、どこが おまかせしてんねん!と言いたくなるほど(笑) 無茶ブリをしたことがあります^-^;
でも我らがフローリスト、プラチナゴールドと深いグリーンローズのそれはもう『納得』の作品を完成させ❤私は大満足で先様にお渡ししました。
ということで、贈る側も贈られる側も 思わず笑顔になる作品達❤ また見せてもらいましょうね。

ショットをもう少し・・雲より高い花水木(笑)、石垣に咲くツルニチニチソウ、庭のブルームーンです。ポピーにコデマリはまた後日
思いっきり近場の 別にGWでなくてもできる「楽しみ」ですが、「今逢えてよかったplants❤」と逢えた散歩でした(*^-^*)
Img_cb62b6955b0aa714694db3b7331eb27c
Img_4fce44a303ce28b7ef17e78b49ad1cb0
Img_db4791a811f4c83937d03e6b9f0bfc6f
つうこ
Img_06fef54b7f41586069aec931eefc8af2
Img_a3dbbe1eefbabd97a10ba236ae6137e2
庭のセッコク(石斛)とオダマキが咲いてきました。 この花たちが咲くと「GWが来たなぁ・・」と思います。
両方ともほったらかしでも毎年必ず花を咲かせ季節を告げてくれる律儀で生命力の強い植物です。
セッコクは生薬なんですね。つぼみの時に採取して日干しにしたものを煎じて飲むと解熱・消炎・強壮に効くそうです。
また声を美しくする「美声薬」とも書いてあります。飲んでみようかな?(笑)
オダマキはキンポウゲ科の多年草・園芸種として定着しています。園芸種でありながら山野草の趣を失わないところが好きです。

さて、本日の「ちょっと残念な雑草」はコレ↓
Img_01fcbbff0806af87898070cc55d099ec
『ヒメウズ(姫烏頭)』という名前です。別名トンボソウ(蜻蛉草)、昔の子どもがトンボ釣りにこの草を使ったところから。
このヒメウズ、オダマキの仲間であるにもかかわらず
「花があまりに小さいため、それは肉眼ではほとんど判断できない範疇であり観賞価値は無いといっていい」
と Wikipediaではやはりバッサリと切られています (^^; 
本当に目をこらして見つけた花、萼や葉っぱはオダマキと同じような形をしているんですけどね・・・
雑草界においては「ヒメ」と冠がつく物は「小さい」という意味合いがあるようです。
「可愛い」の裏返しに「ちっっちゃっ!!」って ちょっと呆れているくらいの勢いです(笑)

HIRO
Img_ca7143393dbf6bceb8def987f1705fbc
昨日見たニョキニョキ生えているもの
Img_b042f8c81fcc31b6c61118e00936ae39
そして 次の瞬間 ピューーー!!  昨日は甲子園球場へ行ってきました。
球場でビール片手に野球観戦・・・ なかなかゴキゲンなゴールデンウィークの過ごし方
ですが、、、風船が舞い上がった空の雲行きが怪しかったように・・ 9回逆転されてタイガース負けてしまいました(>.<;

ま、斜め前に座って応援していたマートンのお子さん二人がとっても可愛いかったから許そう。。。
お父ちゃん、家族のために頑張って働いてるんやからね~ 連休の合間の平日出勤のお父さんご苦労様ですm(_ _)m
Img_e5cdb37ccb3d52088eb2c0b4691db640

話は変わりますが、昨日の朝 連続ドラマ「あまちゃん」を見た後テレビをつけっぱなしにしていたら
「82歳の『草撮りじいさん』」のお話が始まりました。ご覧になった方もいるのでは?
埴 沙萠(はに しゃぼう)さんという植物写真家さんのドキュメンタリー。思わず見入ってしまいました。
多くの植物図鑑などにも写真を提供しておられるようなので、もしかしたらこの方が撮った写真を見ているかもしれません。
この方が撮る写真はただの草花写真ではありません。HPからの転用は禁止と書いてあったので、これ(↓)はニュース記事に載っていた写真
Img_e5e5191073999eb921eb90cf8255d78f
将来『草撮りババア』を目指すワタシとしては ただただ憧れ見とれるばかりの生き生きとした素晴らしい植物写真たち・・・
この方、喋っておられるのを聞くと 本当に自然の中にある植物が愛おしくて愛おしくてたまらないって感じでした。
愛されるものは可愛く優しく強くなり、愛情に満ちた眼差しを注げば特別に美しい姿を見せてもらえるんだなぁ・・・って思いました。
埴さんのHPを見たくて昨日からずっとトライしているのですが、たぶん番組を見た人たちが押し寄せているのか・・・
Topまでしかたどりつけません (-"-; ここでリンク張るとまたつながりにくくなりそうだけれど・・・
移り気な人たちが去ったあとにでもアクセスしてみてくださいね →  (Click!) 

HIRO