Img_88db92c5d5639f3805496639f13be7aed1da837b
10月になりました。 早いです (@-@; こんなんじゃ、またすぐお正月が来そうですね・・・
写真は庭のアネモネ、ヒヨヒヨの蕾だったので「咲くんだろうか・・」と心配していたけれどちゃんと咲きました。

さて、「キタノ海の家」の話のつづき。
マーケットへ行くのに、枚方から3人の同乗者を乗せて私が運転して行きました。
そのうちの1人は知り合ってまだ1ヶ月ほどで1度だけ会ったことがある人・他の2人は初対面、事情を説明するのは面倒臭いので省略しますが
ま、4人とも「海の家」オーナーのイクとは何らかのつながりがあり「友達の友達は友達でしょ」という大阪人方式→一緒に行くことに。
大阪のオバチャン、知ってる人だとか知らない人だとか関係なく車内の会話は盛り上がり途切れることはありません。
大阪の海辺で育った私は海が見えてくると「懐かしい」感覚がするのですが、ずっと枚方近辺におられる同乗のお三方には
「海へ行く」というのは特別なイベントだそうで、海が見えてくるとテンション上がるのが伝わってきました。
同じ大阪でも「海の家」がある阪南市と枚方市では端と端、景色も気候もちがいます。内陸の枚方はやっぱり暑い(-"-;
マーケットに着いてさっそくたくさん吊るされている洋服を物色し始めると、隣の女性が私に「なぁなぁ、コッチとコッチどっちがエエと思う?」と
聞いてきて「そやなぁ・・」とハンガーごと彼女にあてながら見る私、もちろん知らない人(笑)
5~6歳の小さな子どもも絵本を持ってきて「なぁ、コレ読んで」「あ、ちょっと見て!この髪留めカワイイ~」て・・親戚のコドモか・・・
ソファーコーナーでコーヒーを飲んでいると、隣の席から柚子もなかの箱が回ってきて「食べやー」と。。。そして隣同士 喋る喋る。
つうこがいたらちっちゃい声で「どこのお知り合い?ご挨拶しなくちゃ」と言うのでしょうが、、「知らなーい」だって初めて会ったんだもの。
気候がちがえば風土もちがう、、、泉州は「大阪の沖縄」みたいな所で人と人との間に垣根は全くナシ。フレンドリ~
初対面でも自己紹介やらご挨拶はヌキでいきなり何十年来の知り合いのように一緒にモノ食べて喋っています。
そして「さよなら」でも「またね」でもなく、「ほな~」と言って別れる・・・
大阪人はだいたいそんなカンジですが、南へ行くほどそんな傾向は強いかも。
ちょっとした「沖縄気分」を味わいたければ ぜひ「海の家」へ*(^-^)*

HIRO
Img_f468d6ef0d63883fac15722500443659211f42fc
今日は オリーブの実のアク抜き方法を紹介します。 
以前 ゆうに「アク抜き頑張れ!」と言われていましたが「ナニ頑張るんだろ?」って思ってました。
どうやら長期戦・・てことみたいですね。さ、実がグリーンの内に始めます! お手元にある方どうぞご一緒に!


そう・・ゆうに尋ねる前にネットで検索していたら「苛性ソーダ」を使う方法が出てきました。
そこでまず注意! この「苛性ソーダ=水酸化ナトリウム」は劇薬!購入には印鑑持って行って薬局で必要書類に記入等手続きが必要
で、劇薬使って、その後しっかり洗ったにせよ、ソレ、口に入れる?(・。・; アクが抜けたその劇薬入り水をどこに流す?(>_<)
処理をする際ゴム手袋をグローブぐらい何重にもはめないと・・^-^;などの問題があり、この方法は避けましょう、とのコト。
やり方は3つ ①真水 ②塩水 ③重曹を用いて抜く方法です

*下準備
オリーブの実をよく洗う。つまようじで実に小さな穴をあけ、2%の塩水または砂糖水に一晩つけておく。
(この作業は、油分が多い実の中身 とアク抜き用の水との流通をよくするため)
①真水で抜く方法
 壺あるいはタッパー容器に下準備をした実を入れキレイな水を張る。落としぶたをしてラップをかぶせ、冷暗所または冷蔵庫に入れる。
 毎日、水を替えては落としぶたとラップをかけ保存。これを2週間~3週間繰り返す。 アクがぬければOK!
② 塩水で抜く方法
 ①と同じ要領で、2%の塩水に入れ、落としぶた、ラップをかぶせて保存。毎日塩水を替える。これを2~3週間続ける
③ 重曹で抜く方法
 オリーブの重量を量り、4%の重曹を熱湯で溶かし、冷ましたもので抜く。落としぶた、ラップをかぶせて保存。毎日この要領で。
  重曹を使っての作業は1週間でストップ! 残り1週間は「真水」を毎日取り換えて重曹のアクを抜きをします。

①の方法だと歯ごたえはそのまま、香りも残り本来の味が保てます。
②は塩味が好みならどうぞ。当然その後の漬け方にも味の調整の必要あり。
③重曹が繊維を柔らかくするため、歯ごたえがなくなります。ペーストなどの場合おススメです。
どうぞお好みの方法で。

アクを抜いた後は
*塩漬けならば
 煮沸消毒した密封ガラス容器と4%の塩水(沸騰させ冷ましたもの)を用意。実を詰め込んで早ければ2日~3日で浅漬けが出来上がり!
*これを長期保存するなら
 上記の↑実と塩水を密閉容器に入れフタを開けたまま湯せんにかける。 85℃で75秒以上かければ殺菌完了!
すばやくフタをする (熱いので注意(>_<) これを常温に冷まし密閉。 これで1年はもちます。 
この他、ピクルスにするとか、オリーブオイルにマスタード、タイム、ローリエも入れるとか、はたまた「だし醤油」につけるとか・・
漬けかたヴァージョンイロイロは、まずアク抜いてから、講義を受けますね(笑)
ちなみに・・私は「真水」でアク抜きします。
自然な味と歯ごたえ残したいし「潮風」にさらされて育ったワケでもないしこれでイケるでしょう、とのコト。一番簡単なの・・バレてますね(*^-^*)
さ、毎日おまじないを唱えながら水替えしましょうか・・pd0b^m3.e-v4h8d\jフフ・・

つうこ
Img_929c9d525dcd906063a7aa12c821b2861895a815
久しぶりのour Roger "Come on!"が出た瞬間です。サイトから拝借した画像は、USオープンのもの
いつも ちょっとしたポイントなら右手にラケット持ったまま左手で握りこぶしを作り、斜め下を向いてクールにガッツポーズ♡
でも気合い入っている時は、ラケットは左に持ち「右手」を握って”Come on!"  
わざわざラケットを持ち替えてまで「右手」で握るのは・・? 興奮の度合いが高まるとどうしても利き手で握ってしまうのかな・・
また調べてみるとオモシロいかもしれませんね。 
いずれにせよ、この場で使われた“Come on"は ”(よ)っしゃー!” サッカー観戦などで客席からの"Come on!"は「頑張れ」
映画、ドラマなど様々なシーンに登場しますが、このところ私が一番よく見聞きしている"Come on"は Rogerのです❤

さて、先日授業中 高3生A君「下線部和訳」で「確信をもって振り抜いたショットが鮮やかに決まるような」訳を答えました。
ちょっとしたコトにも「力」の片りんをのぞかせるのですが、なんせ「お調子モノ」軽々しくのせてはいけないと思い、あまり誉めません。
でも、ココは誉めるところ。
構文、一語一語の働きも正しくとらえ、筆者の言わんとすることを読みとり、同じ単語も日本語の当て方をちゃんとかえています。
「あ! 今のよかった!」どこがよかったかも説明。 するとA君(元テニス部)
「Come on!」
「はあ~?(・。・; ”Come on!"て まるでフェデラーやん(>_<) でも、そのタイミングさらによかった!」
「でしょ~! だからゆったんっすよ。 Bアイツ言いませんか?」B君は元テニス部部長
「う~ん・・聞いたことない・・たいがい調子エエけどね」
「おかしいな・・よぅ言いますよ。 さてはアイツ・・まだ本気出してないな~、あっかんな~」
その話をB君に
「A君が まだ君の口から”Come on"が出んのは、本気だしてない証拠や ゆうてた」
「えー!それ違いますて! テニスの時はアッツーなって興奮もマックス、そこで集中して集中して決まった時に思わず出てくるんスよ
勉強は集中するとどんどん沈みこみます。深~い海の中で静かに考えて考えぬいて・・それがあってても”うん、よし!”ぐらい
海面まであがっていきません。 そんな時に”Come on!"は出んわ!!A、アイツ変!ふざけとーだけっスよ」
・・などとお互いけん制しながらも、先日仲良くセンター試験の願書提出、振り込みに行っていました。
ハヤイです・・秋のお楽しみ、そのあとクリスマス、お正月・・あっと言う間です・・彼らの調子がエエ↑のもどこまで続くか見ものですが・・
「コンディショントレーナー」としての日々、引き続き彼らの筋肉増強につとめます。

とかく「えー!かなんな~(>_<)」の ”Come on・・”が多い日々ですが、ささいな「イイね!」がそんな想いを消してくれる
皆様にとって明日もそんな日でありますように・・

つうこ
Img_201c5d9df909cd5b0df0aa3e42eee3a2c3f55c82
9月は何かと忙しくて伺えなかった京都の先生のご自宅での生花レッスン、昨日行ってきました。
昨日の課題はラウンド型のオアシスリース、10月なので「ハロウィーン」をテーマに先生が花材を選んでくださいました。
カボチャ色をイメージしたオレンジ色のダリアとポンポン菊、畑に生るカボチャをイメージしたカラスウリ
柔らかな黄色とフリルの寄り具合が可愛いマリーゴールド そして秋色アジサイ、
ナチュラルなのにとても重量感のある秋らしいリースができました。花をさわっていると本当にいい気分*(^-^)*
レッスンに行くとすべて適材が適量用意されているのですが、本当は素材選びが難しいんですよね。
色合わせ・質感の組み合わせ・完成させるのに必要な数量・・・ 先生の準備はすべてパーフェクト。
毎回レッスンの時にテクニック以外にも特にそれらを意識するようにはしているのですが・・・独り立ちはまだまだ先です。
さて、ご自宅レッスンに行きはじめた2月にはまだ生後3ヶ月だった先生の愛娘こよりちゃん、来月にはもうお誕生日です。
寝返りもまだできなかったこよりん・・ もうそろそろ独り立ちをしています。成長の速さ、ワタシ負けています(^^;

HIRO
Img_eefe1baceadd3e80db873dddd6c39712a75451e8
水曜日に生花レッスンで作ったリースに入れたカラスウリ、日々熟れて色づいていきます。黄色く黄色く*(^-^)*
何だかとても美味しそう。食べられるのかなぁ・・・と思って調べていたら花の写真が出ていてビックリ→ (Click!) 
いつか花が咲いているところも見てみたい。 このリースが枯れたらタネを採って植えてみようと思います。

さてプリザーブドフラワーのレッスン、しばらく間が空いてしまっています。
いつも来てくださっている生徒さん方、待ってくださっているならゴメンなさいm(_ _)m
なんだかバタバタしていて企画し損ねています。考えてはおりますので、、、またご案内いたしますね!

HIRO
Img_dd15faf26e852454ffa5c49064ff8476f5ca61e0
ココはどこ? この樹を撮りたい! この樹の下で本を読みたい、 寝っ転がって空を仰ぎたい・・傍にはビール?(笑)
VOPをいつも訪ねてくださる皆様なら まずそう思われたのでは・・
あ、今日は音が鳴る?(鳴らないんですけどね^-^;) ・play allを クリックすると、コンサート会場、機材のセッティング・・
綿密な準備のひとつひとつをも愛おしむかのようなミュージシャンとスタッフの表情・・ そしてコンサートが始まり描かれる音世界は
MONOTONY 、Jackpot 、 山月伝、Tool Box、 Holiday、 月の虹、On the Road、 夜会、SORA・・・
DVDで観た(聴いた)私、どうしても「映像」に引っぱられてしまいますが( 呼吸する手元・指先を捕えたカメラワークが絶妙! )
こうしてタイトルのみを見ていただいた皆様の方が、作曲者の意図する世界をより豊かにイメージしてくださったのではないでしょうか・・
そうです! この音世界を創り上げられたのは画像のシルエットの方、平井景さん (Click!) 
以前HIROと「秀景満」のライブのお手伝いをしたのですが、その時getした平井さんのアルバムに夢中になりdiaryでも紹介しました。
VOPとは切っても切れない『空』や『月』、自然の豊かな音が紡がれた「こだわり」のアルバムです。 HIROのdiary (Click!)  私のdiary  (Click!) 
そしてこのDVDは2011年行われたツアー、2月3日 東京ゆめりあホールのツアー千秋楽
メンバーはドラム平井景さん、金髪の人気ヴァイオリニストNAOTOさん (Click!) )、ピアノはG-CLEFの元メンバー、TV、映画の音楽を担当
多彩な活動をされる榊原大さん (Click!) 、ベースはポップス、ジャズなど多方面で活躍中 村上聖さん。 (Click!) 
コンスタントにライブを重ね、熟成された楽曲、共鳴しあうプレーヤー達の音と映像の記録、本当にお薦めDVDです。
そして、待望のライブがなんと関西で!!

「平井 景 スペシャル To The West ,2012」
この度は平井さん、榊原さん、村上さんのTrioです。 
「このトリオ、ズンと”塊”になって迫ってくるね。すごいエネルギーを感じられて、楽しい」
先日横浜モーションブルーでライブでご一緒されたヴァイオリニスト中西俊博さんの言葉です。
スペシャルなTRIOが展開する自由な世界♪ 本当に楽しみですね!

10月17日 (水) 大阪・堂島 Mister Kelly's 予約/ 06-6342-5821
Open 18:00 / Start 19:30 (2ステージ 入替なし)
予約 ¥4,000/ 当日¥4,500/ 学生¥3,500 (+ order)

10月18日 (木) 奈良・新大宮 Ocean Boulebard (こけら落とし公演)
予約/ 0742-62-0036 (ジュエル奈良店/ 担当:里)
Open: 18:30 / Start 19:30  (2ステージ 入替なし)
予約 ¥3,800/ 当日 ¥ 4,300/ 学生¥3,000 (+ order)

10月19日 (金) 兵庫・神戸元町 ヤマハミュージック大阪 (神戸店3階サロン)
予約/ 078-391-7652 (担当:田島)
Open 19:00 / Start 19:30 (90分1ステージ) ¥3,000

10月20日 (土) 愛知・名古屋 DOXY  予約/ 052-242-1227
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ 入替なし)
予約¥3,500 /  当日¥4,000 / 学生¥ 3,000 (table charge 500 + order)

お近くの方、どうかこの機会をお聴きのがしなく!!
神戸元町のヤマハライブでは私もお手伝いをさせていただきます。 ご予約はコチラのHP メールフォームでもお受け致します。
ジャズとクラシックをクロスオーバーさせた美しくダイナミックなサウンドを♪  VOPよりお薦めDVDとライブのお知らせでした♪
Img_5eb39676469ae4104941b372e0eeae4459726969
つうこ
Img_41180a355a393f1d7a7806032328e261a05d53b8
カラスウリに夢中になっていたら 妬きモチをやいて・・・かどうかは知らないけれど、スズメウリが芽を出しました。
種蒔きもしていないのに??? と不思議に思っていたけど 思い当たることが!
花も咲かず結実もせず枯れてしまったスズメウリの鉢の土をこのあたりにまきました。その中にまだ発芽しなかったタネが残っていたのかも。
ものすごく好きでものすごく見ていた葉っぱだから絶対見間違いません。
これから寒くなっていくのに出てきちゃって・・・ きっと育たないだろうけど会いにきてくれてありがとう(^-^)
Img_9db90be39cb60ff9acfde666849f3285b23ad916
HIRO
Img_a55b6eec091813dbe72cad37282a815c256eb5b2
「久々の登場」・・・ 何が?かというと、プリザーブドフラワーのアレンジメントの写真です(^^;
やってます、やってます! 花もちゃんとやってますよ~
日中はまだ暑いくらいですが 朝晩はめっきり涼しくなってきたのでこんな↑秋色のアレンジを作りました。
オーダーのリクエストが「赤が入っていて優しい雰囲気のアレンジメント」ということでした。
「優しい雰囲気の色」というと何色を思い浮かべますか? 「赤」というと「強く」「激しい」イメージがありますが・・・
たとえば「夕日の赤」は明るくあたたかく包みこむような優しさがありますよね。「赤」は包容力の象徴でもあります。
もうすぐ「まっかな秋」になりますね。こんなゴチャゴチャした街にも美しい季節がやってきます。
またひとつ、「美しい季節」の記憶を心に刻みましょう*(^-^)*

HIRO
Img_bdcbc78d2f9045ed999913a74f5d7bf6c57aac70
昨日のバラに誘われました。 ノリやすいタイプです(笑) 
久しぶりにコルデスさんのバラ、『ショッキング・ブルー』(1974年作出)
ショットは5月に福山で撮ったものですが、図鑑ではもっと赤紫色が濃くでています。
寒冷地ではもっと茶色を帯びた色に咲くことがあるとか。・・ということは、秋にはパープリッシュ・ココア? 楽しみです。
1輪または数輪の房咲き。 花茎の数が多いため、花つきもよい。とげが少なく、照り葉の緑のうつりもよい、強い芳香あり
切り花品種として流通しましたが(花屋さんで見たら絶対誘われます)地植えにも優良品種!
イイことづくめですよ! マジェンタがお好きな方、お手元で育てられてはいかがでしょう?
ノリやすいタイプのワタシ、自分で書きながらちょっとウズウズしています(笑)
『質実剛健』コルデスのバラ 『ショッキング・ブルー』
皆様ご記憶の青バラの仲間に加えてくださいね ❤

つうこ
Img_e04612dac1933e77507245cbf3a4da73743d38b7
今日もバラノートです。 昨日のバラと作出家つながり コルデス作『モナ・リザ』 
この画像では濃い黄色ですが、図鑑では花色は「オレンジ系」とあります。
これから出会う秋の『モナ・リザ』はオレンジ色もはっきり、縁のやわらかな桃色ももう少し色濃くでてくるはずです。
半剣弁高芯咲き、フロりバンダのなかでは大輪。 強い芳香あり・・存在感たっぷりですね。
春はたくさん花をつけるとありますが、私が見た時もそのとおり。あっちにもこっちにもモナリザ、モナリザ、モナリザ~♪(笑)
でも秋は少なめ 色の濃さも凝縮された静かな微笑みに出会えることでしょう。
そう、モナリザと言えば「若き日のモナリザ」が35年に及ぶモナリザ財団の調査の末、ダ・ヴィンチ作 という鑑定結果がだされ
その一方で、いや、それはよくできた複製品・・などと物議を醸しています。
昨年はモナリザのモデルを特定するために研究チームが墓を掘り起こしたり(・。・;
(芸術作品としての価値は変わるわけではないから、そっとしておいてほしい・・と子孫にあたる方が言われてました)
微笑みにトリツカレタように 謎の究明へと、500年後の人々を動かす 不思議な力・・
謎めいた絵画・・そんな思いが先に立ち、このバラの「温かみ」のあるオレンジに、コルデスは何を映そうとしたのか
そんなことも知りたくなりました。(実際見ると受ける印象は違うのでしょうが・・)
そう・・色んなモナ・リザの中でこの色とイメージがあうもの・・・やはりこの曲、ナットキングコールで有名な『モナ・リザ』です♪
歌詞を調べてみると・・ 君の独りぼっちなのはあの魅惑の微笑みに似た近寄りがたさから?
君に温もりはあるの? 君は現実のもの? それともただの孤独で美しい芸術作品なの・・?
え・・(・。・; あかんやん(>_<) やっぱり謎の微笑みの女性・・(^-^;)
でも曲はかくも甘く美しく・・優しく包み込むようなメロディーが「君」の孤独の冷たい微笑を融かしてくれるはず♪
娘さん ナタリーコールの歌でどうぞ・・ (Click!) 

つうこ
Img_476380c345f9d198bddb5a546257e8bf886ef3ab
3日目のバラノートです。 『モナ・リザ』からバトンが渡されるのはこのバラしかありません。
1993年 フランス Meilland作出 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』
ローズ色のクォーター・ロゼット咲き。 花弁数は70枚~80枚
花弁が暑く堅いため、雨による花痛みがほとんどなく、花もちもよく、最後まで美しい姿を保ち続けます。
花つきがよく、数輪の房になって開花。夏の開花は少ないものの、秋も数多く開花し、冬期に短く切り詰めても開花するそうです。
孤高の天才の名前が刻まれていたら、限られた少ない花を「どーん!」と咲かせそうですが
そんなにたくさん花が咲くなんて・・芸術だけでなく、様々な分野で才能を発揮した天才のマルチぶりを表しているようで
それはそれで、なるほど・・って思ってしまいます。
さて、レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば、『最後の晩餐』のあるエピソードを思い出します。
ダヴィンチがイエス・キリストを描く際にそのモデルとなった高貴で神々しい青年
そして最後に描いた「裏切り者」ユダ そのモデルにダヴィンチが選んだ卑しく瞳のにごった青年。二人は同一人物・・
あの絵には一人の人間の表と裏、陽と陰が描かれているのですね。
中学時代にHRでシスターから聞いたこの話、締めの「レッスン」は、へえ~(@_@)が大きすぎて覚えていません^-^;
ダヴィンチはこの絵を3年間で描きあげました。その3年間に、この青年をそこまで変える何かがあった、ということ・・
そうです、気をつけないと・・ 「なんか、この頃おかしいで!」 ってことがあれば、教えてくださいね。あ、いつも?(^-^;)

つうこ
Img_201a840ae41add3e0faacfe57ca2ed15c333b4b7
爽やかないい気候になりましたね。1年中で一番快適な数日間かもしれません。朝も昼も夕方も空がキレイです。
つうこがセッセと「バラノート」をまとめている間に、山中教授はノーベル賞を受賞し金本アニキはマウンドを去りました。
バラノートの前には「オリーブのあく抜きの仕方」が書いてありました。本当に勤勉なつうこさん。。。オリーブの実といえば・・・ 
私の職場への通勤路にあるオリーブの木、実が生っていることはまだ私以外の誰も気がついていないのでは?と思います。
Img_8a915b5b44317dc90bda4a113b18a78df08c50e9
一部こんなふうに↑紫色に熟してきましたが、きっと誰も収穫しないままあんなにたくさんある実はしなびて落ちるのでしょう。
だったら、採らせてほしいな~(^-^)/ と、まだ狙っている私です。
でも・・あく抜きとか面倒臭そうだし・・・オリーブのピクルスもそれほど好きではないし・・・
オリーブが欲しいワケではないのです。ただ「オリーブの実を採る」という行為を楽しみたいだけです。
採った実は管理者に渡すので、、、ってことならいいかな?(笑)

HIRO
Img_831efa4224078b8e618dc969c71b592f4875f6a0
今日もいいお天気でしたね*(^-^)* どこかへお出かけになりましたか?
私もどこかへ出かけたかったのですが、家にこもって来月のコラボ展のDM用の作品を作っていました。
そちらはDMが届いてのお楽しみなので、まだ写真は公開できませんが・・・
あらんちゃんもミキちゃんも信州でのイベントがたてこんでいるようで、今年はちょっと出だし遅めです(^^;
でも遅くても今月中にはご案内のハガキをお届けしますので、少々お待ちくださいね!
日にちは決まっていますのでお伝えしておきます。11月22日(木)~27日(火)、場所は去年・一昨年と同じ靭公園の「ギャラリー道」にて☆
DM用の作品が出来上がって写真も撮れたので、夕方散歩に出ました。
先日車で通りかかると夏にひまわり畑だった場所がコスモス畑になっているのが見えたので、そこまで歩いて行きました。
でも、、、コスモスは遠目に見た方がキレイでした。↓
Img_4d8c0df9452d42ebf3945defcd127d04f190348c
他にも色々な植物が花をつけていてカワイかったです。
今日のトップの写真は川原一面に生えていた小さな白い花、「ヒルガオ」の一種かと思いますが名前わかりません。
コスモスよりも私の「ツボ」でした❤

HIRO
Img_d4c65cffde8aedf64882903262cdfcd20daf14d8
昨日はお待ちかね「コラボ展」のプレ告知がありましたね! 皆様早速予定表に書きこまれたことでしょう。 
こちらのdiaryでも作品が紹介されることと思います。 どうぞお楽しみに!
さて、紅葉までもう少し・・ これからの秋バラをお楽しみいただけるよう、今日もバラの紹介をしましょう。
画像は『ジャスト・ジョーィ(Just Joey)』1972年、イギリスCant作出。
インパクトのある巨大輪花(14cm)でアプリコット色の丸弁抱え咲き。 細かに波打つ花弁といい・・うーんゴージャス・・
この画像ではぷりぷりアプリコット色ですが、咲き進むと退色します。秋花は濃い色に・・
世界連合バラ協会の「バラの栄誉の殿堂」入り品種です。 肩書きもゴージャス!(笑)
この名前ですが・・作出者はこの美しいバラに ジョアンナ夫人に因んだ名をつけようと試みました。
デヴィッド・オースティンが夫人の名をつけた『パット・オースティン』も、あのブロンズ色のバラを作出した喜びが刻まれていますが
Cantさんもそうだったのですね。でもなかなか妙案が浮かばず・・
「あれこれ迷っても仕方がないし、そのまんまジョアンナにしたら?」との友人のアドヴァイスを受け、『ジャスト・ジョーィ』とつけたとか・・ 
完成した喜びをすぐさま『おお、まさにジョーィ!』ってつけたのかな・・と思いきや
悩みぬいた末「ま、えっか~『そのまんまジョ―ィ』で」 というのもなんだか愉快(*^-^*)  今日のバラも覚えてくださると嬉しいです。
 
つうこ
Img_8f5de9cc326eab6e073b2982168d82a384062d6a
今日もバラノートです。 このところ、アプリコット、オレンジのバラのオンパレードですが・・
リメンバー・ミ― 1984年 イギリス Cocker 作出 、交配種は Alexander × Silver Juilee
ブロンズ色を帯びた濃いオレンジ色。外弁がやや赤みを帯びていますが、つぼみから咲きかけの時の2色のコントラストが楽しい!
・・ってここに画像を出せばいいのにごめんなさいm(__)m  検索していて愛好家さんのサイトで見ました。
大丈夫ですよね! このフィルムを逆戻し、頭の中で3Dイメージつくってみてくださいね。 
剣弁高芯咲き。1輪咲きか数輪咲きで全体の花数は多いとか・・忘れないで、忘れないで、忘れないでって咲いてます^-^;
交配親の「シルバージュビリー」の特性で暖地では花が小さくても、寒冷地では驚くほど素晴らしい花を咲かせるそうです。
秋に寒冷地でこのバラに会いたいものです❤
そう、何よりインパクトがあるのがこの名前・・・
「スヴ二ール・ド・・」とか、誰かの名前が刻んであるバラはよくありますが、「Me」に会ったのは初めてです。
一期一会の1輪1輪に愛おしさがつのる名前・・❤
「私のことは忘れてもらっていいですから、このバラのことは忘れないでください(涙)」と誰かさんの名言を拝借(^-^)v
ほ~ら、もう覚えていただきましたよね!このバラ Please『Remember Me』❤

つうこ
Img_46caae0d9a34ac2a55e99d14b35725d6af7fe154
勤勉なつうこさん、連日「バラノート」をまとめるのにいそしんでいますね。
これらはすべてつうこが今年5月に「バラの町福山」へ行った時  (Click!)  に仕入れてきた画像だと思われます。
つうこはその日の日記で「4時間近くひたすらバラを激写する私につきあってくれたKちゃんありがとう」と結んでおりますが・・・
改めてこうして連日のバラノートを見ていると、日傘をさしてただただつうこ先輩の横にお供していたであろうKちゃんにご褒美をあげたくなります。
つうことKちゃんと私が所属していた学生時代のクラブは「体育会系軽音部」だったので先輩には絶対服従。。。
先輩の荷物を持ってトコトンお供するのは習慣として身についていて 卒業後何十年たっても出ちゃうんですよね(笑)

で、話しは「マツヨイグサ」に戻ります・・ 「ヨイマチグサとも言う」と思っていたのですが「ヨイマチグサ」という種はないそうです。
それは「待てどくらせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ~♪」と作詞した竹久夢二の誤記が定着したという説
いや、夢二はちゃんと「マツヨイグサ」だと知っていて あえて語呂の良さで「ヨイマチグサ」にした説、があるようです。
しかも「ヨイマチグサ」とか「ツキミソウ」と呼べるのは白い花だけだそうで、↑この黄色のは「マツヨイグサ」でしかないそうです。
ま、名前はともかく「待てどくらせど来ぬつうこ先輩・・・」 マツヨイグサとKちゃんの姿がシンクロした私でした。

HIRO
Img_66bdd0a16a4b47e33029f2a38da79b49df60373b
今日はまたバラの画像ですが・・・  お題はバラではなく「ラベンダー」です。
5月に行ったプリザーブドフラワーメーカーの内見会で予約してきたラベンダーがようやく届きました。
夏に咲くラベンダーの収穫を待ってプリザーブド加工、そしてやっと今頃届けられたというわけです。
ラベンダーはプリザーブド加工されてもいい匂いがします。これは会場予約の限定カラー「ホワイトウォッシュ」という色に染色されています。
「ホワイトウォッシュ」シリーズの花が何種類かあって、これを使うと作品の仕上がりが「花」というより「雑貨」のようで
なかなか面白いものが出来上がります。今度の作品展で「雑貨のような花」の作品をいくつか作りたいと思っています。

HIRO
Img_a0ff51cf64e6c5e2f12d0391cc90c4680fc031f7
今日の夕焼け空です
雲に覆われていた昼間よりも明るい夕刻
空いっぱいのオレンジは 人も ボルドーやグレーの車も 家も
 染められるものは全部染めてしまいました
沈む夕陽に照らされて 真っ赤なほっぺたのきみとぼく~♪
つたのはっぱももみじも まだまだこれからだけど
さあ、そろそろいきますか! 色づく秋へ気合いたっぷりの空の色・・
いつもの風景に届けられる 本日限定の贈りもの 
VOP夕焼け宅配便 皆様にお届けします❤
Img_a1269dc1aa4099ddd97acbc183969c69bb0e525a
つうこ
Img_677043572e80c02c5fed11d5887dd7890e067267
昨日の夕焼けは本当に美しかったようですね。 ニュースの天気予報でも投稿されたキレイな夕焼けの写真が紹介されていました。
私はちょうどその時間 花の資材屋さんで物色中・・・ 美しい夕焼けを見ることはできませんでした。
今日は目が覚めて雨戸を開けたらスッキリ快晴! 昨夕は「男子歌」・今朝は「女子歌」♪ 揃いましたね~

ところで4~5日前にBbsで「今年はキンモクセイが香るのが遅い」というのが話題になりました。
その時 隣家のキンモクセイはもう散りかけているのに、わが家のキンモクセイは蕾もつけていなかったので
「今年は木が弱っていて花は咲かないのだ」と思っていました。 ところが、その翌日から急に枝にツブツブが発生。。。蕾です!!
遅刻、遅刻!キンモクセイ 大遅刻!! 遅れたけれど、ま、ちゃんと蕾をつけたから ま、いいか (^^)
うちの木が隣家の木に大きく遅れをとったので、この近辺では今年は長い間キンモクセイが香ります *(^-^)*

HIRO


Img_e0f825a15debdda1109288ded2863e1d6ec77529
今日は爽やかな秋晴れのお天気、雲ひとつない青空が広がりました。
「お約束」空色無地画像をアップしてもよかったのですが・・もうイイですよね(笑) 今日はブルームーンのつぼみと・・
ブルームーンもですが、パティオースティン、Spirit of Freedom・・次々開花しています
須磨離宮公園の秋バラ、関東の方でも京成バラ園、各地でバラの開花情報が届いています
バラは夏が暑かったせいで少し早目だとか。。コラボ展とお楽しみカップリング、靭公園のバラはゆっくり咲いてくれるといいのですが・・

さて以前 diaryで紹介した 平井景スペシャル To the west今日はツアー最終日、名古屋でライブです。
連日大盛況のライブですが、diaryをご覧になってかけつけてくださった方もおられました。本当にありがとうございますm(__)m
神戸ライブのレポートは後日させていただきますね!  この度もたくさんの方にお世話になりました。  
 私自身いつもと違う立場で 「音楽」を中心に人と人が交わり支えあう力を実感しました。
同時に自分達のライブのことを想い、色んな方々の顔を浮かべては感謝の想いを新たにした次第です。
目に見えない 気づかないところで、人から人へバトンが渡され繋がっていく不思議な縁とその力を想いました。
この青空にも色んなリボンがのび、バトンが飛び交っているのでしょうね・・

つうこ
Img_e21a588fb43db6d064321d7598487b387aed146e
土曜・日曜といいお天気でしたね。 皆さんどこかへお出かけになりましたか?
私は2日間一歩も家から出ないで作品展用の制作をしていました。 こもっていましたが、それはそれで楽しかったです。
画像↑は 私が初めて使う素材で「サンキライ」という蔓植物です。 サンキライの蔓で編んだリースはよく使いますが
プリザーブドのサンキライの実は初めて見ました。 小さなさくらんぼが房になったようです。
最初は1個づつバラして使うつもりだったのですが、この蔓の感じと花火のような実のかたまりが面白いのでそのまま使うことに作戦変更。
Img_24b0ab1d2ec27b5f8016d977bb5cfc2475dfc628
クリスマス物、今年はヒカリモノ無しで思いっきりナチュラルな雰囲気です。
全体的にナチュラル指向になるかも・・・ そんな 気分なのかな。。。
できた作品によって「あ、ワタシいま○○な気分なんだ~」と認識することがあって自分でオモシロイです。
しかし、今日の画像の薄暗さ・・・ 「こもっていた感」出てますねー(笑)

HIRO
Img_c22cd78b20adef930b5b8fde32a5df2e67d5c094
Img_f30cb5a0d4b4180fafdf94df73c54b0afcf4ba1e
画像は 平井景スペシャル 新作DVD『live Around The Mountain Side』
9月の八ヶ岳・信州ツアーライブが収録。 え?・・このHPのLink、IGELKOTTさんを通じ信州を身近に感じる私達としては気になりますよね!
会場は小澤淵のペンション月下草舎、安曇野アートカフェ清雅、あがたの森旧松本高等学校講堂ホールの3か所
地名やお店の名前だけで 澄んだ空気、清流、緑、月光の滴・・風景が浮かんできます❤
そして音♪・・虫の音とコラボするような平井さんのドラムソロ、榊原さんの色彩豊かなピアノ、村上さんの歌心あふれるベース
平井景ワールドにピッタリの場所で描かれる音世界は やはりスペシャル♪
人柄がにじみ出るト―クや、講堂の窓の外を普通に通行人が歩いてらしたり・・このsituationならではの楽しみもあり・・お薦めDVDです♪
そう! 画像をご覧にいただくとお分かりのように、ジャケット(左側)を開くと右のように1枚のポスターのようになります。
以前、アルバム『SORA』の時も見えないところにこだわりのデザインが施されてましたが、この度も!
このデザインをされた JUNKO HARAさんは1枚1枚 ご自分で切って包んで・・ほんの数ミリ違うとうまく収まらない(・。・;
そんな作業をお一人でされ、今回のツアーに間にあわせてくださったそうです。 
音楽創造集団「チーム平井景」(と勝手に呼ばせていただきます:笑)一面も知っていただきたく、新作DVDの紹介から・・
Img_def586cdb3f27d497a7b5b55cda3c3e12fdb5acd
やはり初めに音ありき・・ライブの紹介です。
この神戸ライブの会場、ヤマハ神戸店サロンは、普段はクリニックや発表会に使用されています。
ライブハウスの雰囲気とは少し異なりますね。 でも、何よりもピアノがイイ!! ということは、当然演奏は盛り上がります↑ 
画像のシンプル感とは反比例!色彩豊か、ライブならではの熱い音で満たされています。感じてくださいね(強引:笑)
私自身ライブでの演奏を聴くのは初めてでしたが、演奏はもちろんMCや演奏表情から溢れるお人柄にも魅かれました。
♪ピアノ 榊原大さん
以前、私の街に葉加瀬太郎さんのコンサートで来て下さいました。NHK朝ドラ「ファイト」の音楽担当をされてた頃です。
ホールでの演奏はとてもダイナミック。作、編曲、演奏と音楽を総合的に創り上げるピアニスト榊原さんの魅力あふれたコンサート♪
今回は近くで聴かせていただき、繊細な音から音圧が迫りくる音までレンジの広さ、そして新鮮な驚きに満ちたインプロヴィゼーションに
圧倒されました♪クラシックはどんな作曲家がお好き(東京芸大ご出身)なのか、ソロの時は何を考えておられるのかなどなど、
聞きたかったのですが・・緊張しすぎて(・。・;  「はっつあんと、焼き肉食べに行ったよ」 この日ゲットした情報はこれぐらい(笑)
また機会あれば色々とお聞きしたいです。
♪ ベース村上聖さん
関西出身の村上さんを、平井さんは「兄さん」と呼ばれます。芸人さんが先輩のことを礼儀と親しみをこめていう呼び方・・イイですね(笑)
まるでギターのように弾かれる超絶技巧、エフェクターを駆使し、3人と感じさせないサウンド、テクニックに圧倒されたのはもちろんですが、
安定感と歌心たっぷりのベースは 頼りがいがあり温か~い「兄さん」そのもの♪
今回、実はこんな仕事もしています・・と裏話を披露くださいました。以前ヤマハの生徒用アンサンブルの楽譜を書かれた時、音符が白く少なく、目立たないベースパートを 一番活躍するアレンジにされたそうです。その曲は今でも大人気だとか・・あと子供の英会話のバック音楽も担当されてるなどなど・・ヤマハと縁があったのですね♪ いずれにしても演奏の機会あればぜひ聴きにいきたいです♪
♪ ドラム平井景さん
今まで私が聴いた平井さんの演奏は、たなかりかさん(Vo) 市川ひかりさん(Tp) 秀景満でのドラマーとしてのライブ♪
ジャズを中心に、フロント奏者の表現する世界に自然に寄り添い、ご自身を反映させる柔軟なドラミングを聴かせていただきました。
今回「平井景ワールド」は初めて。 MCの中で小学校の頃、脚本、撮影、音楽、主演、編集すべて自身でこなし8mmフィルムの作品を作られた
との話がありましたが・・まさにルーツなんですね・・
作曲、演奏、映像・・すべてに関わりそれを喜びをもってされる姿を見てつくづく表現者なんだなあ・・と思いました。
宇宙、自然、人、小説、日常、色んなことを「感じ・受け止める」→「音で表現する」その純粋な想いに心から共感する人々が自然に集まり
その「核」平井さんはいつもニコニコ、関西人らしい笑いも忘れず・・本当に素敵な「ワールド」です♪
演奏曲は「月の虹」「April]「山月伝」「Old Clock Tower」「Folk Tale」・・・限られた時間ながら、たっぷりと世界を堪能できました♪
Img_44ac44d6cb78602a3ccef7bb68402c282620278c
最後に、このツァ―をサポートをされていた素敵な女性を紹介しましょう❤
音楽ライター(スウィング・ジャーナル)、ラジオのDJもされている島田奈央子さん (Click!) 
ね?お綺麗な方でしょ?(以前は歌手として活動されていました)ライブ前に紹介したDVDでも
とても素敵な文で紹介されていて、実は秘かにファンになっていました。
ワゴン車から降りてらした時にはびっくり(@_@)。重い機材を運び、大きな車を運転、
狭い駐車場でも1度の切り返しもなく収められたのにさらにビックリ!アーティストに同行し、
音チェック、進行、物販等サポートをされる姿に、ご自身の信じる音楽を少しでも多くの人に
という熱い想いが感じられ、さらにファンになりました❤
島田さんがプロデュースされる「Something Jazzy」のHPはコチラ (Click!) 
画像の執筆本もジャズのお薦め曲がとても幅広く挙げられていて、私も勉強になります。
この先も島田さんお薦めのライブ、ア―ティスト等紹介させていただきますね♪
平井景スペシャルのみなさん、素晴らしい音楽を届けていただきありがとうございました。
そして、お世話になったヤマハ神戸店の皆さん、本当にありがとうございました。会場セッティング、調律、受付・・
アーティストにとっても、お迎えするお客様にとってもベストな音場空間を作ってくださったこと、心より感謝致します。
数日前にも書きましたが・・音楽を介し人が繋がり、支え、交わり、広がる・・
そんな「音楽と人の力」が 色づく季節のように静かに深~く心に沁みた秋の1日でした❤

つうこ
Img_91c73da5bd6eebe5bd8b2f2cd2b048283d2a2605
今日は寒冷前線が通過、時折激しい雨が降りました。通勤通学の時間帯、ビショ濡れになってしまった方もおられるのでは?
時間が経つとともに朝よりもどんどん気温が下がっていきました。 風邪ひかないでくださいね!
私が住んでいるところでは夕方4時頃ようやく青空が見えました。 そして夕焼けも。
「雨上がりには空にたくさん水蒸気があってそれに夕日が反射して見事な夕焼けになる」と、先日テレビで言っていたので
今日もこの前つうこが見た時のように見事な夕焼けになるのかと思い、仕事場からの帰り道ちょっと遠回り・・・
淀川の河川敷を通って帰りました。でもまだ天気が回復しきれていなくて真っ赤にはならず・・・「惜しい」夕焼けでした。
「惜しい」けれど なかなか風情がある夕焼けでしたよ。

HIRO
Img_50cb3bed8d7d9891094ff7743d737e25fa575af9
今朝は一気に冷えましたね(>_<) でも日中の陽ざしは「嬉しい」温かさ・・
秋は一進一退だそうで・・ 私達も足並みそろえて、深まる季節を楽しみたいと思います。 
さて、燃えるような夕焼け空特番に譲り、コンサート♪レポート・・で1週間ぶりのバラノートです。今日は『マリア・テレジア』
1999年 ドイツ タンタウ作 (ブルームーン、キャンドルライト等作出したナーサリーです)
ソフトピンク(中心はコーラルピンク)のクォーターロゼット
モダンローズとオールドローズの長所をあわせもつ「アンティーク・ローズ」を得意とするタンタウならではのバラです
花弁のウェーブは王侯貴族のエレガンスさを際立たせていますね。
これが花径10cm以上の大きさならいかにも「女帝」の風格漂うバラ・・ ところが!!なんとわずか7cmおさまるクォーターロゼット。
大輪のハイ・ブリッドティーの多いバラ園で、控えめで古典的なローズの罠❤ この罠にはまらないあなたは強い意志の持ち主です。
なんて、バラ占いはイイのですが(笑)そう!「マリア・テレジアのことなんだけど」と世界史を選択しているBクンに尋ねると・・
「いや、もう・・アノ人、ごじゃしよるんスよ!」とオーストリア継承戦争、外交革命と七年戦争などを熱く語り
「他にもエカチェリーナ2世とか・・いやあ今も昔も女の人は、強い!怖い、ヤバい・・」とぶつぶつ言いながら帰って行きました。
Bクンのいう「ごじゃ」とか「ヤバい」とか、行政、軍事、外交・・多方面に手腕を発揮した行動力をいっているようですね。
でも、フランツ1世とは恋愛結婚、16人の子をもうけ宮廷にあっても市民的な家庭生活を重んじ、愛する夫の亡き後生涯喪服で過ごしたとか、
敬虔なカトリック啓蒙君主としても多くの他民族からなる国民から慕われる「国母」
そんな姿を、樹勢は強健、花は優しく・・不思議な力で惹きつけるこのバラは映しているのかもしれません❤

つうこ
Img_bcc1b55c20a34012b5c450e557270355c98024ca
今朝も冷えましたね(>_<) 最低気温が8℃以下になると紅葉が始まるとか・・
来月中旬が紅葉のピークだそうですが、日毎に山頂から下りてくる「色」・・ 染め上がるまでの色変化も楽しい日々が続きます。
さて、もう少しバラノートを・・今日は昨日の母『マリア・テレジア』から娘『マリー・アントワネット』へ・・読まれてました?(笑)
2003年、ドイツタンタウ作出。この4年前に『マリア・テレジア』を作出・命名した時、当然「次」を期待されますよね。
プレッシャーかかったでしょうに・・これぞ『マリー・アントワネット』!納得のバラを世に送りだした時のタンタウさんの喜びやいかに・・
やや黄色がかったアイボリーの花弁は20枚~30枚のカップ咲き。やはりクラシカルな優雅さをたたえています。
たとえばまだこのバラの名を知らなかったとして、2つのバラをどちらが母?娘?と特定するよう言われたら、
う~ん・・私は落ち着きのあるアイボリーを母にしてしまいそうです。 皆さんはどうですか?
母娘でも、タイプの違う花形、色合い・・そうですよね、違う人生を歩んだのですから。
マリー・アントワネットのことならおまかせ!と詳しい方も多いでしょうし、私など何も言えないのですが・・
38歳で幕を閉じた波乱の生涯で、どれだけ本当の心の平安を得られたのだろう・・と思うと
このなんともいえない繊細なアイボリーのほうが、やはりマリー・アントワネットかな・・って思いました。
確かにこのバラの房咲きの華やかさは、宮廷の豪奢な日々を思わせます。 でも晩年残した言葉
「人は不幸になって本当の自分が何者かを知るものです」「無実の罪で断頭台に送られるなら恥ずべきことではない」
歴史の波に飲み込まれた王妃の最後の心持ちを想うと、カップ咲きのアイボリーは達観にもにた深い静けさをたたえてみえます。
母と娘、ショットをもう1枚づつ・・ どんな会話を交わしているのでしょうね。
「ごめん、政略結婚させたおかあちゃんが ごじゃやった・・」
「まあ、そういう時代やったから・・私らの誰が欠けても今には繋がってないんやし・・」
Img_10b5d5f522ed216960d59ddff380e30d794d8341
Img_1ecd766dbb056ca584f37d23e331b0db70178244
つうこ
Img_882f5336b086c60a82034ae53f200ae842149df3
Img_dfe87d48e935c15aba9f67888a8832ccb1068344
Img_c382a946d6006fe4a5be51407473dc95df98dd13
今年もハンドメイドバッグのIGELKOTT・フェルトのjolie saison29そしてVOICE OF PLANTSで合同作品展をします。
IGELKOTTのあらんちゃん、jolieのミキちゃんと一緒に作品展をするのはもう4回目。
『ちまちま展』『ココカラ展』『ニコニコ展』に続き・・・今回はミキちゃんがネーミング 『ワクワク展』です!
今回はミキちゃんがリーダー、若者についていきます!(笑)
ワクワクメンバーそれぞれにナンダカンダと忙しくしていますが、「次は何を作ろう?」と考え出すと止まらない・・・
素材を前にするとメッチャ『ワクワク❤』します*(^-^)*  そんな「ワクワク」が伝わるといいな~
そして作品展をすると「皆さんにまたお会いできる」と思うと嬉しくて「ワクワク❤」です。
場所は去年・一昨年と同じ靭公園の「ギャラリー道」。また素敵なあの場所で秋の一週間を過ごせるのも嬉しい(^^)
作品展の案内状は今年も3人がそれぞれに作って発送しています。『ワクワク展』の案内状が2枚3枚届くこともあります。
VOPからの分は今日ポストに投函しました。明日か週明けには届くかと思います。
いつものように「遠くて(または忙しくて)とてもじゃないけど来ていただけないだろう・・」と思う方にも出しています。
いつも言うけれど・・年賀状代わり、、、「またこんなんやってるわ」と思って、ご笑納ください(^o^)/
作品展の詳細はこのホームページのinformation(Preseved Flower)に載せました。
さてさて、いっぱい材料を集めていっぱいワクワクしているのに今年はまだあまり形になっていないんです・・急がなければ>>>

HIRO
Img_f38e07d6cfcbe962020eb7e51d15cb06474b098d
『ワクワク展』のご案内状が着いて見ていただいた方もおられるかと思います。
実は、DMを印刷し始めて 10枚刷ったところでプリンターがダウンしました(嘆)
これから作品展までフル稼働してくれないと困るのに・・・プリンターって4~5年で壊れるようにできているのでしょうか (-"-#
メーカーに問い合わせたら修理に1週間から10日かかると言うし、修理代を聞くとチラシに載っている新品より高い。。。
モノを大切に!とは思うものの、そんなこと言っている場合ではなく結局プリンターを買いに走りました。

今年の案内状に載っているVOPの写真の作品 全部写すとこんな↑作品です。
「ブッダナッツ」という実を花器にしました。この実、味があって面白くて好き。
パックリ割れた口に小さくて可愛い花を詰めました。 これも好きな素材ばかり*(^-^)*
かなりたくさんの花材が作業部屋に山積みになっていますが、今回はローズが少ないかな・・・
『ワクワク展』ですから。 ちょっと違う感じのものをつくるとより一層ワクワクします!

HIRO
Img_f055ae885d9b6c077ccdec1c0879ab3e367ca451
今日は夜半から午前中、かなりの雨が降りました。午後からは降ったりやんだり・・
皆さんの地域はいかがでしたか?イチョウや花ミズキの紅葉も撮りたかったのですが・・断念。。
なので今日は繋ぎます(=^・^=) 年中休日、非番のメイですが、話題に困ると「繋ぎ」にはなります。
Bbsに投稿いただいた精悍なネコさんのような真剣な表情も少ない・・ですが、食事と睡眠は真剣です。
あ・・今 毛づくろい中、こちらも真面目です。これは(=^・^=)の健康のバロメーター
昨年夏に熱を出した時など、毛づくろいができず、若者がムースで毛を逆立てたみたいになっていました^-^;
長年飼っていますが、あんな状態を見たのは初めて・・よほど調子悪かったのでしょう
その時以来毎月 皮下点滴に通い、その度に「頑張ってくれてますか・・イイでしょう、イイでしょう」
と院長先生に言われます。元気すぎて、点滴終了後ケージへ飛び込むと、ドアを閉めようとされた先生に
ドアごしにネコパンチを差し上げるほど^-^; あ、先月から若い男の先生が入られ、緊張気味でした❤
そういえば・・仔猫とか小動物のかわいいしぐさをとらえた動画がよくアップされていますね。
小さな、カワイイものの動きを追ったあと、何か「細かい作業」をすると能率アップ↑との実験結果があるとか
「より近づきたい」という思いが注意力、集中力を高める、と認知心理学者の先生がおっしゃってました。
また試してみてください。今日の画像では無理です。でも「力」抜けます↓ 作業前に抜けたらアカンやん^-^;
今日の雨は季節を進める雨だとか・・体調管理にご注意くださいね。  今夜も月がキレイです(^-^)

つうこ
Img_c8114011dddeb41844813ef2a222cf0182f8a7a5
『ワクワク展』の案内状を受け取ってくださった方、申し訳ございません! 間違いが一カ所見つかりました。
宛名の下のご案内「ワクワク展 2012年11月22日(木)~11月27日(火) 11:00~18:00 open」
「最終日28日は11:00~16:00」とありますが、【27日が最終日】で16時までです。
この書き方だと22~27日は18:00までで、28日は16時まで・・・ということになってしまいますよね(>.<;
ごめんなさい! 『ワクワク展』の開催期間は11月22日(木)~27日(火)で、最終日27日は16時で終了ですm(_ _)m
なぜ、そういうことになったかというと・・・ その部分、去年の『ニコニコ展』の原稿を使いました。
表題と期間は差し替えたのですが、その下の最終日「28」を「27」に直さずに印刷してしまいました。
こんなことになるなら最初から「最終日は16:00まで」にしとけばよかった(ToT)
実は自分で気がついたのではなく、さきほどミキちゃんからメールで教えてもらい「ガビーーン!」とあわてています。
お気づきになった方も「ああHIROやなー、まちごーてるわ」で済ませてくださっているのか、まだご指摘受けていませんが・・・
重ねて訂正します!! 『ワクワク展』は11月22日(木)~27日(火) 最終日27日は16時で終了いたします。本当にごめんなさいm(_ _)m

HIRO
Img_c26dc6add1d0f4f0a86bd9909300e2aca0b2884e
今日「ひょうたん」が届きました! 瓢箪を栽培して瓢箪細工を自分で作っている高校の同窓生が約束どおり本当に送ってきてくれました。
写メを見せながら瓢箪について熱くウンチクを語る彼に「ふぅん~」と生返事をしていた私ですが、実物を手に取って見ると!!
みなさん!「ひょうたん」って魅力的!!! たおやかなボディーライン、肌はスベスベ、軽くて丈夫!
ゆうさんが「HIROなら瓢箪徳利作らんと」と言った (Click!) けれど、すでに「瓢箪徳利」の完成品で到着。
さ、中にお酒を入れて腰からぶらさげて・・・ 気候はいいし紅葉でも見にいこうか!
能書きが付いていました。「強風にも逆風にも吹き飛ばされることがなく、順風として受けうまく流すことができる」・・・ナルホド!
何だか今の私には とても深く感じ入るお守り瓢箪です。逆らわずなびきながら参ります~~ Nくんありがとう(^o^)/
元はといえば、Nくんは私のアレンジメントを見て「和テイストのものも作ってみ」と言って、素材として瓢箪を送る約束をしてくれたのです。
お酒を入れて腰からぶら下げろ・・と言ったワケではありません(^^; なので、さっそく使ってみました。
Img_2f05e53aaf78b203674edf1e0a01b4b905d4fdfa
一番小さな瓢箪をしめ縄アレンジに付けてみたら、とってもカワイイ!作品展に持っていきます、見てくださいね!
大きな瓢箪徳利も(徳利じゃないかもしれないけど・・・)とても美しいので持っていって展示します。お手に取ってご覧ください!

HIRO
Img_9e8304f394b3da44bd1ff823d469c3c1f7e879b4
今日はハローウィーンですね。 パ―ティーもないし・・
DLのHPで「性格判断によるあなたのぴったりの衣裳は?」とか検索したり・・だけではサビシイので(そんなんするの私だけ?:笑)
ケーキを食べましょうか(^-^)v  皆様もどうぞ。
小さな子供が大喜びのこのテのケーキ、パフェ、外ではなかなか食べられませんよね。
私も選んで買う時には、ちょっと外してしまいます。でも今日は大丈夫(^-^)v
神戸、大阪に出ると購買意欲をそそられ、選ぶのに迷ってしまうお店がたくさんでしょうが、
今日の↑は地元のケーキ屋さん、ドイツ菓子の「ハンザ」で買いました。
以前「ソロ充のあなたへ~本龍野編」というアーティクルでJR姫新線本龍野駅前を紹介しましたが、その通りにあります。
もう30年近く前ケーキ屋さんの少ないこの街に、阪神方面のホテルでパティシエをされていた方がお店を出されました。
どんなに小さな街でもいいから「自分のケーキを・・」と求めて来られる人のために作りたい・・
そんなご主人の作るスウィーツは、驚きとこだわりの品々・・本当に美味しいです。
今は店舗を姫路にも出し、菓子職人さん、店員さんもたくさん。特に女性の職人さん増えましたね。
どのケーキーも、外見の可愛さ、美しさにそそられるのは当然。プラス!フォークを入れた生地、この凝りようはなかなかです。
「うわ~!」「へえ~!」そんな驚き=「おまけ感」 それ・・嬉しいですよね(^-^)v
このケーキだって、外から見えない中の「パンプキンプリン」に 何か「しかけ」があるはず!
ちょっとしたアイディアも女性ならではの感性が生かされているのでしょうね・・
たらいほどの大きなボールで生クリームを泡だてるお姉さん(重たいでしょうに(・。・;)見ながら、頑張って!と心の中で叫んでました。
フランスにいるAyamiちゃんも頑張ってるだろうな・・と思い、彼女のオリジナルスウィーツを懐かしく思い出しました❤
今日は、ハローウィーンというより・・ケーキの話でした。 おあずけ状態で、お腹なりっぱなしです。さあ、いきます(^-^)v

つうこ