Img_750e480787e03c9c02507397e7b9948848173823
昨日、今日と曇りがち・・お天気はどうあれ 最高気温が20℃を越すと緑や花達は日々違った顔を見せてくれます。
庭のバラ達はつぼみを膨らまし、クレマチスも絡まる先を見つけられないツルが、空を背にダンスを始めました。
そんな中、今年のトップを切って咲いたのが、クレマチス『スノーパラダイス』
2年前の3月に花の咲いたあんどん仕立ての鉢でいただきました。 名前からすると冬咲き?と思っていたのですが・・
コチラの庭に迎えて以来、この時季に白い大輪の花を咲かせてくれます❤  縁あってこの庭の仲間となったコ達、
冬は枯れ枯れの細い枝から、緑が芽生え、葉が掌を広げるように支える中 こうして花を咲かせると、本当に嬉しいです❤
それぞれの花から想う人達もまた、微笑んでくれてるようで・・
「どや?」「元気だよ~」「なんとかやってるさ」「聞いてくださいよ~今ね~」なんてお喋りが聞こえてきそうです。
「花が咲く」というのは、とてもわかりやすい元気な「挨拶状」なのかもしれないけれど、
そう・・この前の季節のことを 想わないと・・
葉を落とした枝だけ、一見枯れたように見える細い枝が厳しい寒さに耐えていた時のこと
「『水を切る』ならこの冬から・・って小山内さんに聞いたものだから」・・水・・少ないぞ、まいったなあ(・_・;)、
肥料とマルチングだけは真面目に実行するガーデナー・・ま、それはよし でも後は見てるだけ・・
どんなガーデナーの元でも この季節には約束を守ります。私達にはそんな力が備わっています!
そんなことを毎年教えてくれるのは このコ達です。 だから信じて待っています❤
さあ、それぞれの「冬」を乗り越えた顔、次に見せてくれるのは誰かなぁ~ 楽しみです。

つうこ
Img_c8c29f65b95dc4f7d3aa471f049342912338fac1
和歌山へ行った時にいつも立ち寄る「道の駅」でヤグルマソウを束買いしました。
ヤグルマソウ 子どもの頃から目にしていたオーソドックスな花、この「青色」が大好きなんです。キレイでしょ!
このロイヤルブルーの美しいヤグルマソウ、数日たつと・・・・・


Img_3157e4e17f3696a8951745128f389ddf65f9c8e1
老けてきます。。。。。  頭に白いものが・・・ 花弁のハリも徐々に失われ・・・・・
ヒトもヤグルマソウも・・ちょっと残念ではありますが、これはこれで味があって美しい・・・エエやん!と思う私です。

HIRO
Img_b92291f333c1908ae76b1081547fe90b8415ceef
連休後半初日、いかがお過ごしでしょうか。
毎日、ほんの少し街中を歩いても、緑や見頃の花の「主役」の選出に困ることはありません。 
そんな中「ほらほら、こっち」と誘われたのは道路わきを彩り始めたツツジ
これからしばらくは鮮やかなアザレアに視線は奪われそうですね。 敢えて今日は白をお届けしましょう
この時季はバラ開花を控えソワソワ、ツツジの一番の頃を見逃してばかり・・
ツツジ属を調べてみると、「Rhododendoron」(Rhodon=バラ)(dendron=樹木)ツツジ科だけれどバラの樹?
確かに多くのツツジ科の中ではバラを想わせる華やかさと「木」の安定感が・・また調べてみないといけません。
また、漢字の『躑躅』「てきちょく」行っては止まる。美しさに心奪われたたずむ・・そんな意味があるそうです❤
毒性のツツジを食べた羊が足踏みし、もがき苦しんでうずくまった・・のが由来とも。
「へえ~そうなんだ~(@_@)」がまた増えました。 今日私の足を引き止めた「躑躅」 ↑ちょっと得意気?(笑) 

つうこ
Img_833f9f0674fc6f837ffa41f24ee994fcd9e87b3b
連日花の画像が続いているVOP、今日はプリザーブドフラワーです。連休の間にいくつか作るものがあって昨日も今日もおとなしくin doorです。
画像はさきほど出来上がったアレンジメント、メインの花は「てまり」という商品名のオールド系のローズを使いました。
ちまちま展をした2年前「無いなら自分で作るしかない・・」と思って花芯の部分から自分で作っていたオールドローズ
最近、ほんの少しですが商品化されて出てきました。色の感じも実物に近いものも少しあるにはあります。
でもプリザーブドに加工されると咲いている時のフンワリとした柔らかな感じが損なわれてしまうので 私はそれをそのまま使うことはありません。
中心部は残して周りの花弁は一度はがし 30~40枚の花びらを1枚づつ貼りつけて1輪の花を完成させます。
フンワリと開いたローズを見てひとりでニヤニヤします。「よ~やるワ」とあきれられますが、この作業私のコダワリでヨロコビです(笑)
花芯から自分で作っていた時はオーダーに取り入れることは考えられなかったのですが、最近は気合が入ればアレンジに入れることもあります。
オールドローズが入ったアレンジメントをご希望でしたらおっしゃってくださいね。気合い入れますので!

さて、いよいよ明後日はつうこさん登場の「東川幸嗣special group」のライブ 19:00~ 於:神戸元町萬屋宗兵衛です。
「行きたい!・・・・けど行けるかどうか未定・・」という方、来られるようになったらぜひお越しくださいね。
受付しているのはワタシなので、「合言葉は?」「VOP」とお答えいただければ前売り料金でお通しいたします。
病み上がりつうこさんまだちょっとけだるそうで 適度に「力が抜けて」イイ感じかも♪
とってもsexyだったワタシの声はもうすっかり治って元にもどってしまい もうsexyではありません(苦笑)

HIRO

Img_ff96a2bec357a113f5638062f2063fc5a835de9f
昨日のdiaryでは、プリザーブドのオールドローズが登場していました❤
2年前の春に登場以来、つい最近までプリザーブドオールドローズは ココVOPでしか見ることができなかった・・コレってすごいことですよね!!
今は商品化されたものがあるとのこと・・たとえ既製のモノが出ても「ふんわり感」が欲しいから、バラバラにした花びらを新たに・・(・_・;)
気の遠くなるような細かい作業も「コダワリ」であり「ヨロコビ」とまで言われたら・・
「つうの機織りをのぞいた与ひょう(@_@)」のようにアトリエを覗き見した私達「はい、どうぞお好きに」とドアを静かに閉めるしかありません(笑)
・・で、昨日のオールドローズは「てまり」、今日は「コデマリ」↑を。 お向えの家の庭に咲いています。
2年前苗を買われた時は、30cmほどだったそうですが今では1mぐらいに。バラ科らしく勢いよくのびた枝先に白い可憐な花がたくさん❤
花言葉は「優雅」「品位」「努力」「友情」 Fさん、撮らせていただきありがとうございました。

さて、私事ながら色々ご心配かけましたが、もうすっかり元気になりました。なかなか普段ないコトを経験した1週間
咳こみは、気道を広げる薬に変えてもらったあたりがピークだったのですが、車の運転中に「キタ」時はさすがに大変(・_・;)
息苦しくても「目だけは閉めない!(>_<)」「アクセル踏み過ぎない!」と案外冷静な自分に驚きました。 あ、普通・・車止めますか(笑)
お医者様に「先生、ずっとしゃべらないといけない仕事なのですが、大丈夫でしょうか・・すぐに苦しくなって・・」と訴えると
「よけいなお喋りをしなければ問題ありません」とサラっ・・(笑)
仕事中咳こむと「ココカラは私が読みますから」と女子。大人しい男子も「大丈夫ですか」と気遣ってくれたのは嬉しかったです。
できるだけ 力抜いて低い声でしゃべっていると「桃井かおりみたい!なんかやって」と男子にリクエストされ、ちょっと応えてしまいました。
当然、咳こみます(>_<)「よけいなお喋りは すな!」ってことですね(笑)

そんなこんなの1週間・・昨日あたりから、明日のライブで演奏する曲のテーマも鼻歌で歌えるほどになりました♪
そうなんです!つい鼻歌で歌いたくなるような美しい曲♪、用意しております。
トランペットがリーダー張ってるグループ・・というとイケイケ↑のライブ・・というイメージですか?
古川師匠も 送った譜面のファイルの表紙にエヴァンスの写真を入れておいたので、充分 MODEに入っていただいていることでしょう(笑)
厳しいイケイケ↑もあり。でも甘く切ない「古き善き時代」のスタンダードも演奏します。他にもサプライズ、あるかもしれません。
もし、ご都合つけばいらしてくださいね♪ 神戸元町萬屋宗兵衛にて19時開演、開場18時半、受付で溌剌とした声のHIROがお迎えします。
それでは明日 頑張ります♪ 皆様もどうぞよいGW最終日をお過ごしください。

つうこ
Img_1c05049b743ac950eb926628c84f955e873af813
昨晩の月をごらんになりましたか? 昨日(5/5)の朝、「今日のお月様はsuper moonらしいよ!」とあらんちゃんが教えてくれました。
super moonというのは地球と月の距離が一番近い日、なおかつ満月なのだそうです。普通の満月より16%大きくて30%明るいらしい・・・
上がったばかりの月は明らかに大きく見える、というので楽しみに月の出を待っていたのですが あいにく枚方では夕立が降りました。
月が見える頃にはもうかなり頭上高くに上がってしまっていたので 大きさはそれほど感じることはできなかったのですが
たしかに煌々と明るくてキレイなお月様でした。今日も昨晩とさほど変わらない月が見られるようですよ。お天気が少し不安定ですが・・・
Verdan' Gardenへ車でよく通っていた頃ちょうどこの時期だったと思うのですが、夕暮れ時の帰り道阪神高速を東に向かって運転していると
大阪の街のビルの向こうからビックリするくらい大きな満月が上がってくるのを2度ほど見た記憶があります。
もしかしたら、あれはsuper moonだったのかもしれませんね!「ウヲォォォ~ !!!」って吠えたい気分になりました(笑)

さて、今宵はつうこさん出演の『東川幸嗣special group』のライブです。(ここ数日連呼♪)
昨晩業務打ち合わせでつうこから電話がかかってきたのですが そりゃもう・・・スゴイ声でした・・・
桃井かおりさんなんてもんじゃぁありません、、、田中角栄さんでした・・・
ドスのきいたダミ声、なのにいつもどおり遠慮がちの丁寧な物言い・・そのミスマッチが面白すぎて私は笑いが止まらなくなりました。ゴメン(^-^;;
で、ドスのきいたダミ声なので、、、というワケではないでしょうが 今日は古川師匠に鍵盤で勝負を挑むそうです♪
(あ、また「脚色している」とお叱りを受けそうですが・・・ 私は面白くお話することはありますが事実無根のことを言うことはありません。。)
あの師弟の間では「ビル・エヴァンスの写真」=「挑戦状」のようです。古川師匠、「受けて立つ!」とはりきっておられます。
今夜は「はっつあんのピアノVSつうこのキーボード」の凄いbattle・・いやcall&responseが聴けそうです♪
19日のSTABLE NOTESも楽しみですが、今日はまた全然ちがうdeepな音の競演の予感♪ 楽しみ、楽しみ!
さ、行ってきますー(^o^)/~

HIRO
Img_f73eb0e58f2bbb18739fa89362cf55ebd4bc9d45
Img_7e400f07ee2afd24e2c6a3b983ff7e43570932a9
左:ライブが始まる前に コッソリいつものつうこ立ち位置に立ってつうこの愛器を眺めてみました。
右:リーダーの立ち位置の足元。 楽譜のファイルポケットにはクリフォード ブラウンの写真が・・・

昨晩『東川幸嗣special group』のライブに足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
「ライブ」というものに初めて来てくださったお客様も多かったようですが、いかがでしたか?お楽しみいただけましたでしょうか?
昨晩のライブはjazzのスタンダードナンバーとSTABLE NOTESのオリジナル曲がほぼ半々で構成されていました。
リストはまた明日、つうこから御礼・レポートとともに届くことと思います。 静かに穏やかで熱くあたたかいライブでした。

昨日はスタッフでもある私が仕事を忘れて思わずオーディエンスになりきってしまった1曲は、つうこが「サプライズあるかも」予告をしていた
2nd stageのしょっぱな! 他のメンバーはステージに現れず、ピアノの古川初穂さんとキーボードの小田千津子さんだけがon stage・・・
サプライズというはこの「ピアノとキーボードのduo」でした!! 昨日ライブに来られずこのduoを聴き逃した人、後悔してください!
美しい旋律 楽しげでワクワクするほどスリリングなはっつあんとつうこのデュオ、ずっと聴いていたいほど素晴らしかったです♪
弾きながらふたりとも歌っていましたね~ つうこが一瞬上原ひろみちゃんに見えました! 
せっかくですから「上原ひろみちゃんなつうこさん」お見せしましょう!動画でないのが残念です・・・
つうこさんの画像露出は原則「ご法度」ですが、ちっちゃいし、、せっかくのduo写真だし、、、楽しかったんだからいいよね・・・?
Img_25a4218f52b5d0b94ee70e01a9e40317adef6a72
HIRO
Img_c5ec26ad9d8cbb800406ceb1d2bd185a520bc3c8
一昨日、東川幸嗣Special Group ライブが終了致しました。
画像は、Jazz Giant達。ビル・エヴァンス、スコットラファロ、フレデイ・ハバード、クリフォード・ブラウン、アート・ブレイキー
メンバーに今回の演奏曲楽譜を送付する際、それぞれメンバーのファイルの表紙に入れておきました。
ただ「カッコいいなあ♪」と思って入れただけで 別に他意はなかったのですが、『静かな挑戦状』ととられた方あり (師匠ですね:笑)
「なんなんですか、あの表紙?!スコット・ラファロをやれって絶対無理っすよ~!」と大騒ぎをする人あり(笑)
ジャズ・モードへの「焚きつけ」はバッチリです!  この度の曲はjazzの巨匠の曲あり、オリジナルのイケイケ↑♪あり、
「昔、この曲を聴いた時、この美しさを汚してはいけない!と思いずっと演奏できませんでした。でも、もう年とったしエエんちゃうかな(笑)
と思います・・やります!(笑)」とリーダー。トランペットが淡々と歌う曲バラッドなどなど・・演奏曲はコチラです。
Img_241af8c8a0b38945e0d3ba0f0d99ff37e862cd98
photo by M
≪The 1st Stage≫
1. Midnight mood (Joe Zawinul)
2. Iris (東川 幸嗣:以前コチラのBbsに投稿いただいた写真(←)にinspireされて書きました) 
3. I've never been in love before ( Frank Losser)
4. The 3rd Junction  (小田)
5. Bewitched (vocal ゲスト 伊良波範子さん:L. Hart/R. Rogers)
6. As a falcon flies (小田)
≪The 2nd Stage≫
1. Falling grace (Steve Swallow)♪師弟デュオ♪
2. Nardis ( Miles Davis )
3. I fall in love too easily (Jule Styne)
4. A touch of the breeze (小田)
5. Spiral Constellaion  (小田)
アンコール: Crepusclo longi  (小田)
closing: In the wee small hours of the morning
メンバー紹介まずは素敵なゲストから♪ 以前このHPでも紹介した伊良波範子さん♪L.Harts、Richard Rogers名コンビのバラッド「Bewitched」
言葉ひとつひとつ語りかけるように、しっとりとした歌を届けていただきました。ありがとうございました。
精神科医、範子先生に「僕は大丈夫でしょうか?」とメンバー皆心配そうに尋ねていましたが(笑)
「皆さん、大丈夫です。 そうやって楽器を演奏していること自体、音楽療法をしているのと同じことですから」・・一安心です(笑)
そんな範子先生の講義を一番よく聞いていたドラムス、高橋延吉さん(笑)♪
たたき尽くすドラムソロはもちろん、バラッドでの繊細なブラシワーク等、敏感な対応も絶妙♪
ベース大谷訓史君♪ Stable Notesの曲でも柔軟な対応をしてくれますが、この度は5弦エレキ・ベースもプレイ!
ウッドベース「Nardis」でのソロ、圧巻でした!特にこの曲は展開を積極的にリード♪ ジャズマンらしい心意気を感じました。
そして、いつも素晴らしいピアノでリードしてくださる古川初穂師匠♪この度はスタンダードもあり、色々な曲調での展開、とても勉強になりました。
音の色合いの多彩さはもちろん、楽器を鳴らしきり、歌いきるピアノはどんな曲であれ、どんな相手であれ変わらず・・
無謀な弟子が デュオのお手合わせをお願いするというドキドキ企画(・_・;)、受けていただきありがとうございました。
まるでムーヴィング・ウォークに乗っているような心地よさ♪忘れられません。 また掌で遊ばせていただきたいです(笑) 
そして、リーダー東川さん♪ 熱く烈しく温かく♪グループをリード、ご苦労様でした。
リーダーのオリジナル(Iris)の歌い方を聴いて「フレディーがお好きなのですね」と鋭いお客様がご指摘。「色にでにけり❤」ですね。
これからも楽器に、音に、音楽に、ジャズに、グループに「こだわり」続けてください。それでこそリーダー!

連休の最終日にもかかわらず、足をお運びいただいた皆様、熱心にお聴きいただき 本当にありがとうございました。
そして応援をいただいた皆様、音響南川さん、萬屋宗兵衛のみなさん、受付を一人でキリモリしてくれたHIRO
お世話になったすべての方々に心より御礼申し上げます。 ありがとうございましたm(__)m

つうこ
Img_f37bc09963790a5b0c9c2a70a99a40515de6d895
次回のVOPプリザーブドフラワーレッスンは 6月3日(日)です。芦屋サロンPorePoreさんにて13:30~。
今度の作品は 生徒さんたちからリクエストがあった「グリーン系」のアレンジ。「ブーケっぽいもの」というキーワードもいただいたので
ウェディングの時に幼いフラワーガールが持つような 可愛いバスケットブーケにしてみました。
レッスンの課題を考える時に生徒さんたちに「次 何作りたい?」とお聞きしてヒントをいただくことが多いのですが
リクエストをカタチにするという作業は逆に私自身のレッスンでありトレーニングになっていますm(_ _)m
その中で続けて来てくださっている生徒さんには少しづつ着実にプリフラのテクニックを身につけていただけたらいいな・・と思っています。
と、いうわけで 今回練習していただくテクニックは「テープ巻き」・・・最も面倒くさい作業のひとつですが避けては通れません(^-^;;
練習しないとできるようにならないので頑張りましょうね! 今度はUDA先生珍しくスパルタです(笑)
あ、、、初めて「行ってみようかな~」と思ってくださっていた方、恐れることはありません。
プリザーブドフラワーを触るのが初めての方でも楽しんで作っていただきご満悦の作品を持って帰っていただけるようちゃんとお手伝いします。
単発で来てくださっても継続的に来てくださっても「楽しかった」と思っていただけるレッスンができたらいいなと思っています。 
レッスンについての詳細はコチラから (Click!)   Preserved Flowerをごらんください。

HIRO
Img_f1178d54369c7246a55efb1bffa07c22fa83660d
Img_2b6932e0545c2e4d2be0aa547fbf81ec62c39bd1
Img_788de6402e062822ff33d9dd6606f2a8663942a2
数日間 in doorな写真をお届けしている間にも 季節はどんどん進んでいきます。
ジューンベリーの実はふくらんで、ツボサンゴには花が咲き、私が大好きな純白のウツギは今満開です。
気候が不順でスッキリとした五月晴れの空はなかなか見られませんが、足元の小さな雑草も懸命に花をつけています。元気もらいましょう!

このHPのinformationのmusicのページ、先日の5月6日のライブのアーティクルに「終了しました」を入れながら
フと思い立って 各ご案内の最後に、全部【後日談】というリンクを貼りました♪
お知らせしたライブに関して私たちが後日Diaryにupしたレポートを拾い出して貼り付けたものなので
一度読んでいただいた記事かもしれませんが、3年間で23(もうすぐ24)ライブ分 「案内」に「報告」をくっつけました。
「アルバム整理」のような作業で過去のDiaryから拾い出すのはちょっと面倒くさかったのですが昔の写真が出てくると長々と見てしまうように、
「あ~、そうそう!こんなライブだった・・・」と懐かしくいちいち止まるのでメッチャ時間がかかりました。
自分で書いた文章を読み返しているとちょと恥かしくなりますが、私たちにとっては幸せな記録であり幸せな記憶です。
ライブ報告に興味がある方、「幸せな記憶」を共有してくださる方、『つうこ節』を堪能したい方(笑)アルバムはどうぞご自由にご覧ください。

HIRO

Img_a295dd56f926d0b3a102bc62400d3b1d6191ccfb
ブルームーンが咲きました。
毎年、この庭で一番に花を届けてくれるこのバラ・・本当に色んなコトを教えてくれます。
この時季ブルームーンの1番花のdiaryに刻むのはいつも同じことばかりです(苦笑)
でもその想いは、年ごとに揺るがぬ確かなモノとなっていきます。 
時には苛酷な自然の力も しなやかに撓む枝で力をかわし
どんなことがあっても 生きよう、伸びようとするその力に ただただ驚くばかり・・
そんな「木」としての「生命力の集大成」 光や水、自然の恵みへの「感謝の証」として届けられる花を前にすると
言葉を失います・・・・あ、すでにいろいろゆうておりますが・・(笑)
は~・・と溜息が出るのは、ただ美しい❤とか その香りにクラクラと酔うばかりではなく
そんな「奥深さ」に触れ、圧倒されるからなのかもしれません。
愛する だけでなく、育てて 本当によかった・・
そんなコトを想わせてくれた 10年目のブルームーンです❤

つうこ
Img_691662d1e37298aabd9cc5405d49fa976e5d8823
Img_5b6e5c06eaf6ba50dceddce15862b150ec84b683
Img_e912519aeff29f63b0eed1fff514b25b070e5c80
Img_8d8c1ed3f5f6c53e3262c12f0e59d096911dd30f
Img_d93fd906528a1eccc78f82a9f77ab09a2e5792cd
Img_9a8b6ece7b6a9e7bdf6647d1ef8719e95919c72e
Img_d4d7928783207891020755591446fcc6a226501e
Img_68a956e392e07539fd88792a197a7f5463469ce2
Img_82d106c54a8add6ef72e146fdf7c5ae63c99c26b
つうこの「ブルームーン」今年も見事に咲きましたね*(^-^)*  
献身的な世話に応えて精一杯咲いて見せるバラたちも愛おしければ、道端で庭の片隅で人知れず咲く小さな花たちも愛おしい・・・
歩いている時小さな花を見つけて 気が向いたらちょっと足を止めて見てやってくださいね。よく見ると とてもカワイイ顔をしています。
何の世話もされなくても時期がくれば勝手に出てきて、誰が見てくれようが見てくれまいが機嫌よーく咲いている・・・
そういうの、何だかとてもいいなぁ、、、と思います。

HIRO

Img_8a78cb4b67b190871564803d880c82dd5d52f1b4
今日は母の日らしく、カーネーションをお届けできればよかったのですが・・またもやブルームーンです(^-^;)
ここ数日気温が下がり、他のバラ達も開花に「待った!」をかけられている状態、しっかり咲いているのはこのバラだけです
いつものお気に入りの角度ばかりのショットで 「金太郎飴」みたいにならないよう(笑)今日は開ききったモノをお届けしますね。
昨日のdiaryでは、可愛い花達の笑顔を見ることができましたね。
身近にも野の花を見、またバラを育てていて思うことなのですが・・
自然条件に適応しながら誰の世話にもならず、機嫌良く生きていく植物達の方がよっぽど強い!よっぽど偉い!
偉いというのは言い方が違うかもしれませんが、自然界で生きていく「市民権」をずっとずっと前から持っているワケですよね
ところが、バラ・・原種のものは別にして、人が作出した植物がこの「市民権」を得るのは並大抵のコトではなかったはず
作出家、園芸家のたゆまぬ努力はもちろん、育てる人の愛や執着(あ、サバっとした育つに任せる愛好家もいます、ココに:笑)
そこまでして、ただ美しい姿を見たい? もちろん Yes!です。
でもこの執着=人間の創りだした「アート」を厳しい自然に送り出す、その裏には、まず自然に対する深い畏敬の念があります
「よろしいですか?お邪魔します」厳しいテストをくぐり抜け 元ある植物達と調和を保ち、「ま、エエやろ。バランスくずさんなら」と
合格印、市民権を得たバラ達が、色んな植物達と楽しげに笑う・・そんな姿を私達人間は見たいのではないでしょうか
野の花の可憐な姿で充分なのに・・それだけで大昔からたくさんの人の心を動かしてきたのに
それでもなお 美しいモノを生みだす、創りだす人の欲望、挑戦もまた測り知れないものなのですね・・
テクノロジーを生み出し、世に送り出すコトもまた同じなのでしょう・・
ちょっと色々考えさせたバラ「実はアンドロイド?」と一瞬思っても・・そんなふうに見るのはとても無理(>_<)
ああ・・今日もまた バラ馬鹿 バラ礼讃日記になってしまいました・・(^-^;)

そう、バラより何よりなんといってもお母様方・・ すでに嬉しい感謝の気持ちを受け取られた皆様にもVOPより心をこめて・・ 
いつも御苦労様です。そしてありがとうございます。すべてを包み込むお母様の笑顔がみんなを幸せにしています。
どうぞ日々お元気でお過ごしくださいね❤

つうこ
そろそろ騒ぎになってきています・・・
来週の月曜日5月21日は「金環日食」が見られるそうです。
見る気マンマンで 買いました!「日食グラス」
肉眼で見ると網膜を傷めるそうです。色付き下敷きやサングラスでもダメなんだって。。。
「何か家にあるもので作れますか?」という質問には
「家にあるものでは作れません」と書いてありました。
もしお天気がよくて日食が始まったらグラスを持っていなくても絶対見てしまうでしょうね。
「ジーーッと見つめないで、チラチラ見るならいいか」とか・・・
目を傷めないように気をつけてくださいね。
試しにこのグラスで太陽を見てみましたが・・・ 面白くも何ともナイ(^-^;;  大丈夫か??
とにかく自分の家の庭先でゴールデンリングが見られるのは
一生に一度のチャンスらしいので 楽しみに待つとします。
私が住む枚方ではお天気さえよければギリギリ「輪っか」になった太陽が見られるようですが
つうこが住む龍野は見える地域の帯の少し上・・  残念・・・
でも「リング」は無理でも「カチューシャ」状の部分日食は見られるそうです。
リングが見られるのは午前7時半前後。太陽が欠け始めるのは西ほど早いんですね・・・
「金環」が見えるのは約5分間、部分日食は約2時間半継続するのだそうです。
空ばかり見ていてまた遅刻しそうになるかも・・・ 気をつけよ。。。 晴れるといいな!

HIRO
Img_3e7a804a5d185e5c96b15edbc451e3d62ccd3482
Img_c42060492c4ffbf687071d34b931b244caade693
13日、マドリード・オープンでour Roger❤は接戦の末トーマス・ベルディハを破り(3-6.7-5.7-5)優勝しました!
(最近になってこのHPを訪ねてくださっている皆様、ロジャー・フェデラーのファンがおりまして、時々応援記事になりますm(__)m)
いつぞやは「思うに・・好きすぎるのは、アカンのちゃいますか、距離が大事・・」とHIROの箴言を受け「静かに眺めることにします」
なんて書いたコトもありました。 ところが! そのあとソニー・エリクソンオープンでロディックに敗れ(>_<)
やっぱり、ワタシが応援してないとアカンやん!と思ったワケです。(コロコロかわる・・(^-^;)
確かに距離を置くことは大事・・でも実際にかけつけて、顔見て、言葉を伝えて・・
そんなふうにactionをおこすこともとても大事ですよね。 おこせばそれなりのことはあります。
「その見極めが難しいところ」HIRO先生もおっしゃってましたが本当にそう・・ あ・・話がそれましたm(__)m 
なので、ファンモードも全開、大会目白押しのこの先、騒ぎ立てることもあるかと思いますが、ご理解をいただくと嬉しいです。

さて、今大会、どのプレーヤーにとっても厳しいものに・・原因はこの鮮やかな Blue Clay コート
現在ランキング1位のジョコヴィッチ、2位のナダルも敗退(この度、Rogerが2位になりました)
「ボールのバウンス、動きが読みづらい」(ジョコヴィッチ) 「非常に滑りやすく、プレーが困難」(ナダル)
2人とも口をそろえて、「次回の大会もこのblue clayならプレーしたくない・・」とまで。
でも・・「どんな条件であれそこに対応していくこともまたプレイヤーの使命。他の大会と同じようにいいゲームもありそうでないゲームもある。
でもベストを尽くす、ただそれだけ」 Our Rogerの言葉です❤   あ、もうこのへんにしておきましょうか(笑)
そうだ! この下の↓ 足元にご注目ください。サーフィスにあわせた色!スポンサーもちゃんと配慮してるんでしょうね。
で、Nike のちょっとおもしろいCM見つけました。時間のある方、どうぞ (Click!) 
You tubeも見始めたら1つじゃすまないでしょ!ライブ控えてるんだから練習!って声が・・(^-^;)  このあたりにしておきます♪

Img_db71304cc186db3da8af231c9e9a6ae8df672e40
つうこ
今日 「あ !!」と思って目を留めたもの。その1
Img_50abe265647de3ceb6b5ee43ba526c72396ae856
朝方まで雨が降っていたのか、庭の花や葉っぱにたくさんの滴がついていてその1つ1つに太陽が映ってキレイでした。
この「ヒペリカム」の葉っぱは 雫をまぁるいままたくさん抱き込んできれいな形に見せるのが上手です。
そして 今日の「あ!!」 その2
Img_5d4565aeef32f83e94a695165027f2227fbc95d3
もう20日近くも私の目を楽しませてくれたガーベラ。最後は首のところで短く切っておチョコに挿してあったのですが
花弁がシナーッっとだれてきたので「もう捨てなくちゃ・・」と思ってフと見ると・・・ 「あ!!真ん中が・・・」
最後にこのガーベラに題をつけました。  『滅びの美学』・・・  説明できませんが・・・(^-^;;

HIRO
何の画像だと思います? →→→
日食グラスを通して太陽の写真を撮ってみました。
ぶっつけ本番では要領がわからないかもしれないので、リハしてみました。
なんだか眼底検査を思い出します(^-^;;
「はーい、奥に見えている緑の光を見ていてください...パシャッ」ていうアレ。
コンパクトデジカメではこの程度ですよね。
三脚もなく、片手でグラスをレンズの前にかざしながら撮るのですから・・・
日食写真はやはりプロにお任せしましょう(^-^)/
いい写真が撮れたら投稿してくださいね。

さて、「リハ」といえば明後日19日土曜日はSTABLE NOTES三宮ライブです。
各メンバーともやる気マンマン、気合い入ってます♪
すでに満席に近いご予約をいただいているようです。
もしも「立ち見」になってしまったらごめんなさい。 でも来てくださいね!

HIRO

Img_c9a5efa9b2914c12908ccd5dd9f20c26bce24937
Img_01d77f5861be09f8dc7a4d83a847d462d9636bc7
ジュリアが咲きました。 
ジュリアだけでなく、アイスバーグに緑光、イレーヌ・ワッツ、ピエール・ド・ロンサールも次々に開花、ブルームーンも満開です。
他のバラ達のショットは日を改めてお伝えしましょう。 今日はシックにジュリアをお届けします。
このバラはフラワーデザイナー・ジュリアクレメンツにちなんで名づけられたのですが、昨年のdiaryでジュリアの事を調べた時には
一昨年104歳の生涯を閉じた・・との追悼記事が見つかりました。どんな人?とおっしゃる方はコチラを・・ (Click!) 
花のある暮しを、と女性達に呼びかけ、フラワーアレンジメントの世界で精力的に活動したジュリアも実生活はとてもsimpleだったようです。
あるハイソ?な女性達の集まる講演会、招待客達は優雅なドレスを身にまとった中ジュリアはカーテンで作ったブラウスを来て臨んだとか・・
そんな方なら、自分の名を刻むバラにも少なからず、いやかなり抵抗があったのではないか・・と想像します。
でもこの落ちついた色合いなら・・とジュリア自身、納得したのではないでしょうか・・
たぶんアレンジの中で使われても決して主張はせず、背景をつくるかのように優しく包みこむバラ
人柄が偲ばれますね・・作出家が刻みたかったのは、ジュリアの人となり、生き様だったのでは・・
そんなことを想わせてくれた'12のジュリアです。

さて、明日はいよいよ Stable Notesの「5月の約束」です。
いつもかけつけてくださる皆様に加え、明日は初めてのお客様もお越しくださるようですね。
私は もう「田中角栄さんのようなダミ声」(たとえ真実を伝えていても、「○○のような」その引き合いに「誰を」また「何を」出すかによって
時には脚色以上の効果がありますよね・・まったく・・(^-^;))をお聞かせすることはできませんが、お会いできること楽しみにしています❤
ライブ♪楽しんでいただければ幸いです。一同、頑張ります!!
明後日は神戸まつり、前ノリの熱気で盛り上がる神戸、どうぞ気をつけてお越しくださいね♪

つうこ
Img_702eb80003a6a2b967cc59136370ff231e1bcb1f
さて、今夜はいよいよSTABLE NOTESのライブです (^o^)/~ 爽やかな青空になりました!
今朝の10時。東京から駆けつけてくださるguest古川初穂さんとJUNKOさんはもう新幹線の中、今日は富士山がキレイに見えるかも。
こちらのメンバーたちも そろそろ車に楽器を積み込んでリハーサルのスタジオへ向かう頃かもしれません。
SNのライブではいつも「より一層イイ音」にしてくださる音響の南川さんもたくさんの器材チェックに余念がないことでしょう。
みんなのワクワクがもう始まっています。足を運んでくださる皆さん、楽しみましょうね!!
遠方から足を運んでくださる方も多いと聞いています。どうぞ気をつけてお越しくださいね。終電時間はチェックしておいてください。 
Great Blue・・・白熱しすぎて時間大幅オーバー、お客様皆 終電めがけて全力疾走するハメに。。。 よく起こる現象です(^-^;;
では、今晩お会いしましょう!!

HIRO
Img_513c7909d30f3ebbd12f851d17a452f8fca129e0
Stable Notes  at Great Blue 5月ライブ♪ が終了致しました。
この度もたくさんの方にお越しいただきました。本当にありがとうございますm(__)m
いつも応援くださる方々、年一度このライブを楽しみにしてくださっている方々に加え
初めて足を運んでいただいたお客様もたくさんおられました。facebookでつながったり、お友達を誘っていただいたり
中には「このお店初めてです。 名前が気に入って来ました♪」とおっしゃる方も・・  皆様、楽しんでいただけたでしょうか。
年数回しかライブをしないグループのオリジナルも、とても熱心に、時にはリズムをとり微笑みながら聴いてくださっている・・
客席のそんなお顔が見えた時、本当に嬉しかったです❤  演奏曲は・・

≪ The 1st Stage≫
1. Down the Road
2. A Touch of the Breeze
3. Walnut Sucre (vocal)
4. I won't last a day without you (vocal)
5. Cross your fingers
6. Labyrinth

≪ The 2nd Stage≫
1. Duo (Falling Grace)
2. Page 14 (vocal)
3. Touched by the fiery eyes (vocal)
4. He loves you (vocal)
5. Blessing
6. 三条木屋町交差点
♪ Encore Lady Bordeaux

演奏側としては「ありがとうございます」その一言に尽きるのですが、印象的に残ったことを少し・・よろしいですか・・
前々回ライブより参加の 大谷訓史君♪ 演奏の度に、曲に対して積極的な参加の姿勢が顕著に!
ウッドベース、5弦エレクトリックを弾き分け、それぞれ歌心たっぷりのソロ・・
廣野さん白熱ドラムソロのバックでは、激写をされる廣野さんファンに気遣い 座ったまま、細かいリフで煽ります。
三条木屋町のドラムとの掛け合いも決まりました!!32連ありがとう! そうこなくっちゃ!
Lady Bordeauxではサビを一緒に歌ってましたね。今度歌詞カード渡します。南川さんにマイク立ててもらいましょう!(笑)
Fusion全盛時代に生まれた若者のそんなプレイを 大喜びで見つめる親達 (メンバー)でした。
そして、もう一人のリズム隊 廣野さん。引きしまった音もSNのサウンドカラーです。
ファンを前に大張りきり、気合いたっぷりのドラミング! 大いに湧きましたね♪
そして、今月は2度目も東京からかけつけてくださった古川師匠、この度も「お手合わせ」ありがとうございました。
メンバーにとって一緒に演奏している時間すべて大切な記憶のページとして積み重なっていきます。File#はどこまでも・・
同じく東京から、ボーカル JUNKOさん、いつも素敵な歌をありがとうございました♪
今回はカーペンターズの曲を。誰かの記憶ともつながり拡がっていくのがカヴァー曲の魅力ですね。また「あの頃の曲」リクエストしたいです♪
そして、リーダー東川さん。今回はフリューゲルホーンでの演奏が多かったですね。
フリューゲル=「翼のように、舞うように」ドイツ語の語源通り、より高くより自由にグループをリード、お疲れ様でした。

この時間を共有くださった皆様、私達に次への励みをいただいたことを 心より感謝致します。
そしてGreat Blueの皆様、PAの南川さん、ジャケット写真を提供くださった田中克則さん、HIRO、お世話になったすべての皆様
ありがとうございましたm(__)m

つうこ

p.s. 今回もライブのショットはありません(^-^;) 画像はキーボード用に使っているドラムイスの一部です。
Img_1185b43484fba0ea2f81d884fd0c36103f360c25
金環日食の今日、大阪は朝キレイな青空が広がっていました。見えましたよ、ゴールデンリング!
学校で日食グラスが配布されているのか 朝7時前から近所の子供たちの声がにぎやかに聞こえていました。
リングになった太陽はビーズのように煌めきゆらめいて 思っていた以上に「感動モノ」でした!
しっかり見ておけ、コドモたち! 君たちは望めば宇宙飛行士にだってなれるんだから(^-')b
写真はやっぱりちゃんと撮れなかったけれど、夕刊や今晩のニュースでいっぱい見られるでしょうからそちらでどうぞ。
そのかわり・・・ ニュースでは出てこない『STABLE NOTESのライブ画像』お見せします(笑)
Img_0d5d659028e3643de3db9aa36e6e207fa57b8fc1
Img_2598cf6c8889ef0988a81008704d4fd1ef070a72
Img_28dd5e25cd4ef845547bd57f90129ff106a5be6b
Img_de3dc5b220f40d14bed33abe7d6ca868fdbaec40
Img_720eb60bf1f4688f0fc4c1e8db39f1fc08c8ae17
Img_119b83f1d92bf36d71149eb64c0f409ac28261c9
メンバー全員、何だか「モノスゴク」はりきっていました!! 「どしたん!?」ってくらいはりきっていました(笑)
いいことデス!! 聴きにいく方にすれば・・・STABLE NOTESにはあのくらいやってもらわんと。。。
今回「STABLE NOTESのライブに初めて」あるいは「ライブというもの自体初めて」というお客様もたくさん来てくださいました。
「ライブというもの」が全部ああいうものかというと、、、そうではなくイロイロです。(静かなのもあります)
STABLE NOTESがいつもあんなカンジかというと・・・ほぼそうですね(笑)。
一昨日は特に明るく元気な曲調のものが選ばれていたしメンバー全員体調も良かったようなので より一層パワフル・・・
いつもSNのライブを見ている私は今回の「古川師匠の抜き打ちテスト満載ライブ♪」面白かったです。
いやいや・・・ SN、サボッてないか・ナマってないか・どこまでついてこれるか・・・公開テストでしたね~
師匠の左足が椅子より高く上がっていたので、かなり本気の出題だったと思われます。
終了後 古川さんが「あーたのしかった!!」とおっしゃったので今日のところは及第点もらえたのではないでしょうか?(笑)
個別特訓のお呼び出し、2週間前のDUOよりも今度はうーーんとハードルをひきあげられたつうこさんの感想聞きたいです!
ま、ま、そんなワケでSTABLE NOTESはトシに関係なく止まらずに常に成長するしかないグループです。
初めて来てくださった皆様、お気に召されましたらどうぞまたライブにお越しください。
いつもご贔屓にしてくださっている皆様、次はどんな展開になるのか楽しみに・・ またお会いしましょう!!

HIRO

Img_40bccfd4aad26febef0ee466175d2d1bbccd933e
STABLE NOTESのライブは満員のお客様で盛り上がりましたが、
ライブ前には「ごめんねー、行きたいけど今回無理で・・」というような電話をくださった方も何人かおられました。
STABLE NOTESがオトナのグループなのでそこに集まってくる人たちも十分に「大人」・・・ 
皆さんそれぞれに色々な「事情」を抱えておられます。
このVOPを見てくださっている皆さんもきっとそれぞれにいろんな「事情」を抱えながら様々な思いを持って見てくださっているんですよね。
トシとともに「事情」は増えて 複雑になって 深刻になって・・・
こっちはパワーが減ってくる一方だからメンドウだったりシンドかったり、でも大人なので投げ出すこともできず・・・
なのに、あなたは私の前では笑ってくれる。。。何故?そんなに優しくて強いの?と素敵すぎる人が多くて参ってしまいます。
「事情」が私の好きな人たちをあんまり苦しめませんように・・・と願うばかりです。
そして私を苦しめている「事情」や「心配事」というのは今は特にないけれど、いつそれに見舞われるかもしれず・・・
そんな時、あの人たちのように自分はじっと我慢して人には笑顔をあげられる優しく大きな大人になれますように・・と望むばかりです。
ライブに行ってウツツを抜かしていられるシアワセ・・・いえ、来てくださった方が皆ウツツを抜かしているわけではなく・・・
それぞれの「事情」を抱えながら、それでも集い 持てるパワーを分かち合い 少しの間解放され 心が蘇る・・・
年を追うごとに、「人と会う時間」というのは滋味を増していくようです。

HIRO

Img_06382e0527d881e40037bf179432fabb321c82a2
Img_65d851837a9327310ac4d2112912979682246430
Img_2b56da2212de6b2b26cbe776ee6409459c840976
今日 見つけた「あ!!」 
日本に渡来するツバメが今年は少ないと聞いていますがわが家の近辺ではたくさんのツバメが飛んでいます。
ツバメの成鳥は去年の巣を覚えていて間違いなくその近辺に戻ってくるそうです。
そして去年の巣がもし崩れてしまっていて、その近くにある巣がまだ空き家なら取っちゃうそうです・・・
ツバメは一夫一妻で、もしパートナーが死んでしまった時のみ新しい相手と再婚することがあるそうです。
1羽1羽のツバメにもドラマがあるんですね~ ヒュルリ~~~

HIRO
Img_384e691e150bca748c2b67aedc04505503f24030
今シーズン初の登場です! 見つけました!庭の番人カエルくん。
青々と繁ってきたクレマチス・アンスンエンシスの葉っぱの上、よく似合ってますね。
昼間に見つけた時は仕事の手を休め、ちょっとまったり・・
もうしばらくして裏の田圃に水が引かれると、夜は合唱に加わり忙しくなります。
あんなにたくさんの「コール」が聞こえるのに、不思議と登場するのは同じような種ばかり
「番人」も世襲制なのでしょうか(笑)歴代Guardian(左よりGuardian2007,2009,2010)まとめて紹介しましょう!
みんな、登場ステージには ちょっと好み ウルサイですよ (笑)
あ、カエル苦手な方、ごめんなさいm(__)m (こんなに出してから言う(^-^;)
昨日よりシリーズ 副題は「僕らはみんな生きている♪」ということで・・
Img_b850dd5b1a635e74744c2d6663190ffc73957c19
Img_72f911c852263304e615f16318c6bf61cf67b0cc
Img_cd8c4ad9f3d412a6465825cf1f26126d45023a2b
つうこ
Img_0e7573ecf097f3996e77310678699a367a01556c
画像のシルエットは クレマチス パープレアプレナエレガンス 膨らんだつぼみは夕空を背に豊かな表情を見せています。
今日は燃えるような夕焼けを謳った オリジナル曲 Touched by the fiery eyesの歌詞を紹介します。
先日のライブ後、この曲の歌詞を知りたい、との問い合わせをいただきました(喜)
2枚目『On the Horizon』ではアサコさんのヴォーカルで収録されていますが歌詞が掲載されていませんでした。
歌詞を知っているのはこの曲を歌ってくれたボーカルの方々を含め10人足らず・・
詩と曲は同時に作ったのですが、きっかけはこんな・・
今から12年前、男子高校生が 友人が古典の時間に落書きした詩の一部を見せてくれました。
   僕の心の中には 空がある。 君はその空を真っ赤な夕焼けで染めてしまった。
   君の瞳にも空が映っているね。 でもそれは青く澄み渡った空・・
「ふ~ん・・・どういうこと(?_?)」 と私
「もう・・・わっからん?なんでわからんかな・・・この感覚・・アカンわ・・(>_<)(-_-)」 とK君。
大人の感性を侮ったこの言葉に 生徒相手に少々ムキなった私(笑)、そのフレーズをモチーフに妄想を膨らませて曲を創りました。
初回はヤマハの発表会、スティーヴィー・ワンダーのような節回しが得意な男性のボーカルが歌ってくれました。
K君と友人を発表会に招待しましたが、曲を聴いて喜んでいた彼らも もう立派な社会人です。
以来instrumentalで、ヴォーカルで何度演奏したでしょう・・
私達も大切にしてきたこの曲を受け止めていただいた皆様に心から感謝致します。
そして今回 この歌詞を公開するにあたり、日本語訳をお願いしました。
Bbsにも投稿くださる あどさんが、純な男子高校生の気持ちに想いを馳せ訳をつけてくださいました。
あどさん、イメージ通りの素敵な訳詩を ありがとうございますm(__)m
  Touched by the fiery eyes

*the 1st chorus
There’s a sky in my heart
But you made it the sky dyed red by sunset
There’s a sky in your eyes
What I can see is blue,not red but clear blue sky

Don’t you know my hurt mind?
Don’t you know the fiery sunset?
Don’t you know your smile keeps on  shining down on me all the time?

If you recall the song we sang in the moonlight lighting us・・
That’s the only thing that I hope for
Should you get back to me and need me and love me again,
I could sing for you our love song

*the 2nd chorus
I used to come and see you like the sun rising up every morning
I used to sit and look into your eyes shining brightly and your smile like an angel

Can’t you recall the time we spent?
I didn’t know how to slow down the time
I wish I could stop the time!!
I prayed with all my heart

If you recall the song we sang in the moonlight lighting us
That’s the only thing that I hope for
Should you get back to me and need me and love me again,
I could sing for you our love song
   燃える瞳に魅せられて

僕の心の中には空がある
君はその空を 真っ赤な夕焼けで染めてしまった
君の瞳にも 空が映っているね
でもそれは青く澄み渡った空・・

僕の心の痛みに気付かないの?
赤く燃える夕焼けが見えないの?
君の笑顔が 僕をずっと照らし続けているのがわからないの?

あの夜 月の光に照らされながら 一緒に歌った歌を
もし君が憶えていてくれたら・・
今 願うのはそれだけ
もしも 君が帰ってきてくれるなら
もう一度 僕を求めて そして愛してくれるなら
二人のラブソングを歌ってあげるのに・・

僕はいつだって 毎朝上る太陽みたく 君に会いにいったね
そして座って明るく輝く君の瞳と 天使みたいな笑顔を見つめてた

一緒に過ごした時のこと覚えている?
時間が もっとゆっくり過ぎていくようにしたかった
でも どうしたらいいか わからなかったんだ
時を止めることができたら! って
心から 祈ったんだよ・・

あの夜 月の光に 照らされながら 一緒に歌った歌を
もし 君が憶えていてくれたら・・
今 願うのはそれだけ
もしも 君が 帰ってきてくれるなら
そしてもう一度 僕を求めて愛してくれるなら
二人のラブソングを 歌ってあげるのに


どうですか? あの頃が蘇りましたか(笑) 歌は 本当に色んな人々の想いや記憶とつながっていくのですね・・
「心の夕焼け」というモチーフをくれたK君の友達、誰かの心の夕焼けを呼び戻していることも知らず、どこかで頑張っていることでしょう。


つうこ
Img_e636075defce807da0c1856a5e69d99e7dd36e29
Img_b3cd8e8563c2e149aa13b78c69a7975d896a6b2e
Img_adfe20a6e1059a0d84ee6d2be41fdb9b6d9229fd
兵庫県の丹波市に「大地農園」というプリザーブドフラワーのメーカーがあります。
ヨーロッパで生まれたプリザーブドフラワーの加工技術を独自に開発・商品化している日本一のメーカーです。
加工技術のレベル、商品クオリティの高さでは世界に誇る技術を持っています。
年に2度内見会があります。先日 木曜日にひとり車を飛ばして行ってきました。
カタログだと色や大きさがわからなかったものや、カタログに掲載されない商品を見られてとてもよかったです。
メーカー専属フロリストから 花材や資材の使い方の提案も多数示されていてとても参考になりました。
しかし・・・ これだけ花材を使いたい放題に使ってよいのなら・・・どんなに楽しかろう。。。やってみたい・・
「世界的レベル」の工場とショールームは、ずいぶんと山の中にあります。  遠かった・・・
受付でいただいたパンフレットの挨拶文には「ふだん工場で製造や商品発送にたずさわっている者が内覧会の時だけ
全社あげてスタッフとなっております。十分なおもてなしができなかったらごめんなさい」みたいなことが書いてありました。
いやいや、普段花を相手にされている皆さんは優しくて丁寧で素朴でとても気持ちのよい内見会でした。
あんな方々が作ってくださっているお花、私も大事に扱って いいものを皆さんにお届けしたいと思いました(^-^)
Img_b1f206b5567f044c1d4ba8e8801ec297e0bfdf72
Img_6fd5efaa4bb15d8acbed2e6413159a42ce1478ab
Img_189638f5b9e3fd68f8b8446ff3328d01f339f86d
Img_334c9471787349295c90ac526f28938c0298fd27
Img_218535cad791a5bd23889e11f0e3873b13e4dbaf
Img_4cca557716dee73affd58228e4e4c3ca21832ac9
Img_70405aff554746b8691b9a008ebd9de9e569d042
Img_fae28ddc45380260a8548d982d3c283e688f8ef6
HIRO
Img_19d06890de38e28f762a95dce46c6d8b68ef8697
大変恐縮ながら・・こんなワタクシ(今日の担当バラ馬鹿です)にも年一回「モテ期」が訪れます。期間は5月中旬~下旬限定。
「いつ来るの~」「お待ちしています」 昨日も早速Bbsにお誘いいただきました。ありがとうございますm(__)m
バラの季節には、色んなところからお声がかかります。本当に嬉しいです!
23日水曜日、以前から誘われていた「福山」へ行ってきました。皆様もご存じのとおり、福山は「バラの町」として有名。
誘ってくれたのは、大学時代の後輩Kちゃん、ありがとう。
「で、いつになりますか?」 はっきり切り出さないと腰をあげない「ゆるり天然の先輩」をよくご存じ(笑)
先週の水曜日に「さくら」に乗って行ってきました。 姫路から40分、速い!近い!
ちなみにKちゃんはPTA役員担当時すべての行事に雨を降らせた「雨女」!なのに珍しく快晴?と思いきや、福山に着くといい塩梅の曇に・・(嬉)
今日紹介するショットはほんの一部ですが、Rose Gardenとはまた異なる種もたくさん! 少しずつアップしますね。
「バラの町・福山」は 戦後焦土と化した市街地の公園に、「荒廃した街に潤いを与え、人々の心に和らぎを取り戻そう!」を合言葉に
市民がバラの苗を植えたことが始まり。以来、新品種の作出始め、関連イヴェントに講習会・・他にも、自販機の清涼飲料水の一部を
苗木を増やす予算に充てたり・・市民レベルでバラを増やす運動が広められてきました。
現在人口46万人の福山市にバラは70万本!! 100万本を目指しています!!

Img_186d3fe27fe5610350e4cf18ca06ce6e930d79af
Img_767288dbbe8cf32f720dcfb3cab54921cbc27590
Img_13b64f52df737913a7808e81c4692f3887cfdc82
中央ショット「ばら公園」の廻りの歩道脇もすべてバラ。
小さい頃からバラの絵を描いたり、折り紙1枚で立体的なバラを折れてしまう福山市民のみなさん
バラづくしの歩道も、あたりまえのように自転車でスイスイッ・・こんな風景がフツーって羨ましいです。
「ばら公園」には、福山、広島にちなんだ種、全国のバラ関連都市から寄贈されたバラコ―ナ―、
イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリア等、世界のバラコーナー
ハイブリッド・ティーのバラ達が優雅に咲き誇っていました。
右側、体育館横の公園、こちらも見事です。開発品種ほか、音楽家、画家の名が刻まれたバラ等激写してしまいました。
Img_8b19fa0e973f44e189ee1cd3f837e160385fcea8
福山城
Img_b3e537e55d9468e36fda73bf4312bd59b64a3968
ミス・ヒロシマ
Img_594511c606a848da75a90a49c7d2d815659ce87c
ヒロシマ・チルドレン
コチラはこの地にちなんだ品種。トップの「ローズ フクヤマ」ほか「ビューティフル・フクヤマ」「スマイリーフクヤマ」「ヒロシマの鐘」等
たくさん作出されています。
呉にナーサリーがあるとか・・暖かい土地で生き延びる品種を作出するのも大変な苦労でしょう・・
戦後まもなくこの地にバラを植えた人々の熱い想い、この地でバラを生みだす人達の中にも息づいているのですね。
Img_799c8f31c945ac7fd01400032c0df0308e916b98
Img_0fbd50d4a210075f2b43cd54306342e83c71e8ae
Img_05c530be88815028b57f4317ea0e440adbe6dc8e
コチラ、ブロマイドをどうぞ!(笑)
20cを代表する銀幕の美女の名が刻まれたバラです。 みなさん、あててみてください。ヒントは代表作品で!
「ティファニーで朝食を」「シェルブールの雨傘」「アントニーとクレオパトラ」
さあ、どのバラがどの女優さん? 答は comment欄をどうぞ~

4時間近くただひたすらバラを激写する私につきあってくれたKちゃん、本当にありがとうm(__)m
小さい頃からバラが「あたりまえ」 少し退屈そうでしたね、ごめんね(^-^;)
私を誘ってくださる皆さ~ん!近くでご自身が時間を潰せる場所も事前にリサーチくださいね(笑)
To be continued・・

つうこ
Img_edde4ccdbbee7837540812b9a86dee3dd75669da
「モテ期真っ最中」のつうこさん、お忙しい中 今日は「ひらパー姉さん」でした(笑)。
各地のバラ園へ行っても「最後はひらパー」。この時期「枚方にウィークリーマンションを借りたいくらい」と言う惚れ込み様です❤
「HIROは来なくていいから・・・」と去年から散々言われているにもかかわらず、待ち伏せするワタシ(^-^;;
龍野からはるばるやってくるつうこ・・・ ひとり気兼ねなくローズと語らいたいのはわかっているんだけど、
放っとくワケにいかないでしょ・・・  はるばる龍野からやってくるんですから・・・(何度も言う・・・)
押しかけ女房は やれ「お弁当食べて!」だの「おやつもあるからね・・」だの・・・ 貴重な限られた撮影タイムはどんどん経過・・・
律儀なつうこさん、私の押し付けに気が済むまで付き合ってくれて、「ハイ、薔薇見にいってよーし!」と解放された時には
ピュゥゥ~といなくなりました。 「自由時間」遠くからつうこを観察していたら 歩く速度がいつもの3倍くらい早かった(笑)
「3年連続来るともう飽きるでしょ・・・」というワタシも まぁるいイングリッシュローズを見るとやはりニッコリ*(^-^)* 
つうこが帰った後もひとりゆっくりローズガーデンを散歩(つうこゴメン!)。データを見たら120枚くらい写真を撮っていました。
いずれも「ばらバカ」なVOP、"ひらパーローズガーデン2012" の1日でした。。。
Img_e33216e5eaaa9c186be212ca94b1fe4a1ba7ff27
Img_9d5d6679fb87878296842055e0b75d267f39aded
Img_a4ebc9a31cb0c0ef0139d5cd79d0ae34fd67c1d3
Img_a04df3c4cb746cc306c78033ac086edb0591c9b8
Img_c003b3ca1560443f6777aa6a05eb74106746c8f6
Img_8e84578e00e1c16cbdd43dba819c4b3c5548d833
Img_313571c414d571d1da183cdf1884fb59d5aec3a8
Img_4e51b625075124a046daf16049f21242248061d4
Img_023b6a1acd59ff4125f08ee2213dfd0b2ed2e4f6
Img_fb174db8fe655f02a60ec0682db592ef41ae992f
Img_4e973cd4f8094ce3cf11c8f3d4cb85c4ac0cf00d
Img_e4d80d994fff1b5cab5cedad1de53b3e5edcfca7
HIRO
Img_9e02fbd364c27573472687dfe3e54fb1112773c2
一昨日の予告では、今日は「福山のローズ」を紹介することになっていましたが、昨日の絡みで今日は「ひらパー姉さん」です(笑)
昨日早速、折紙のバラを写メで送ってくれた福山の kちゃん、ありがとうm(__)m
ちゃんとタイミングよく絡んでおかないとね・・(^-^;)  ご指名テーブル席を忙しく走り回るワタシを kちゃんは「いいですよ、どうぞ」と
ニコニコしながら待ってくれてるはず。 ワタシタチ、ほんと善き後輩に助けられてますよね、HIROさん。
さて今回で4度目のひらパーRose Garden、「よくそんなに行くね」と呆れられているかもしれません。
でも時季によって「見頃」の薔薇が微妙にずれるんです。
まず、5月17日、18日あたりだと、アーチやブロックに仕立てられている薔薇やハイブリッド・ティーは満開
でも、コロコロまるく花弁数の多いイングリッシュローズはまだつぼみ。小さめのオールドローズはすでに見ごろ過ぎ・・
以前公開した「のぞみ」「バレリーナ」等、小さなツルバラはまだまだ・・
25日前後は、イングリッシュローズ、房咲き、シュラブ系、ツルバラは満開。
1日ですべて見ごろをカヴァーすることはとうてい無理・・なのでウィークリーマンションを、なんて話になるワケです。
でも、色んな種のローズの見頃が一度に見れたところで、何がおもしろいのでしょう・・そんなの図鑑や雑誌に任せておけばいいんです。
もう花弁を落としかけたヘナヘナの花、いずれそんな姿になることも避けては通れないことを教えてくれますし
贅沢に散った花びら、それもまた現実・・  会えなかったコ達には「来年はきっとね!」と約束・・
結局いつ行こうと、それなりに「愉しむ」VOPばらバカです。今年の「やっと会えたね!」はまた後日公開しますね。昨日はこんな・・
Img_3da69d9811ed8b8b813d4750cba57176f27642c4
Img_2842e82b31ac5f0626380da411fc0964c8d6bc1d
Img_cabb011728bc304fed4bde0c378ccb439e84b45a
Img_ddafbe864d0b7d362b2a9d0897267272c7d11d94
Img_1abaa43433b986f536db16e35e6fd7996928b69c
Img_78bdffc879a8288062775b64f1e25ead982eecef
Img_f523ffbe846b3447d8917163329f0e185e9f74c7
Img_acf9feefd5ce814681820f3cf958524b1dfb7408
Img_1747006db7417f82d07f420f19ca7e4dceb42425
数か月前、「関西のテーマパークが次々と閉園される中、枚方パークはよく頑張っている」という記事を見つけました。
「そうそう!あんなRose Gardenはないんだからもっと打ち出せばいいのに・・」と思っていました。
龍野の人間がこんなにぞっこん❤のひらパーですが、ここで「ひらパー兄さん投票」に習い、「VOPひらパー姉さんはどっち?」
なんて不毛の討論をしてみましょうか(笑)
昨日、今日とトップ画像にかかげた それぞれの「デンティべス」のショットをご覧ください!
何を背景にとるか・・心理テストのようでなかなかおもしろいかもしれませんね。それはおいておいて・・
どこで撮ったショットか見えてこない今日の「デンティべス」。。。(-_-)  それに比べ昨日のトップ画像 !!!
風に踊る薔薇の背景には澄みきった青空、虹色の観覧車・・こんな場所はひらパーをおいて他にありません。賛歌が聞こえてくるようです♪
おめでとう!正真正銘VOPひらパー姉さんは、HIROさん、あなたです。これからもひらパーの明るい未来の為、推進に励んでください!

「一人で見るから来なくていいよ・・」と言いつつ、実は楽しみなお弁当、たいそう美味しゅうございました。ごちそうさま~m(__)m
Img_cae878d6e19c10c97eb1c0c9df7aac5cf88a5016
つうこ
Img_b1f19278edb8f94e09f4b23a9005ecac69882708
バラシリーズ 4日目は再び福山のバラに戻ります。
トップ画像のバラは 1990年 ハークネス作出「By appointment」
アプリコットピンク、房咲き中輪の花は開ききると黄色がかってきます。
今頃は黄バラになって、もう一度あの優しい色・・と思って訪ねると探しまわらないといけなくなるかもしれません。
誰の「御用達」?それとも 「約束で・・」何?・・ 名の由来を聞いてみたくなります。
今日も、フロリバンダ、ハイブリッド・ティーをいくつか紹介しましょう。
後々、少しずつバラノートで取りあげようかな、と思っています。まず黄色、オレンジ系から・・
Img_18ed90890decb44bc421f38d111c414ab24c09ef
Img_b14d3dd9303770654100774a6e7b359563b7ff42
Img_b48a56eee2326e9447e885f7c4fd675676711f59
左側、「リメンバー・ミー❤」 憶えていますとも・・❤
中央、「ジャスト・ジョイ」 波打つ弁先が優雅・・
右側 「ヘンリー・フォンダ」 
黄バラを愛したヘンリーフォンダ(ピーター・フォンダのお父さん「黄昏」ではジェーン・フォンダと父娘役)に捧げられたバラ
Img_527bc5b53eb6674d20429d0b2d1ce74a4f04e8d4
Img_e2c24b341435ba78136f4947add52e954bbdc7c2
Img_5c2ee905b62234011b5b019112c8afbfd6242140
こちらは、音楽にちなんだ名をもつバラです。
左「メヌエット」        咲くほどに縁の色が溶けだしていくようですね・・シルバーの萼もシブいですね。
中央「ロイヤルフィルハーモニー」オケの名のつくバラ・・知りませんでした。もっと、作ってほしいなあ・・ 
右側「ヨハン・シュトラウス」  ウィーンの薫りしますね・・ズチャッチャズチャッチャ・・♪  
「モ―ツアルト」「チャイコフスキ―」「スケルツォ」、他にも画家や詩人の名のつくバラなどまた追い追い紹介しますね。
Img_49d97e37fb3f9a8f5f98f3b839947a7c9293a396
Img_d06bd1c9afc37d8d2f4cb67024e7a4b621b29786
Img_d5433715d61931b22eddbc2d06665b31a0a793b8
そしてこちらは高貴なお妃さま・・
左「マリア・テレジア」   中央「マリー・アントワネット」 右「プリンセス・ドゥ・モナコ」 です。ああ・・麗しい・・❤
バラ公園に福山市の有志達がバラを植えたのは、昭和36年
幼い頃の記憶を辿っても、バラはまだまだ生活に馴染んではいない頃ですよね(私の生まれ育ったところがそうだっただけかもしれませんが)
そんな時期に、たとえ一年草でも、季節ごとに植え替え可能な花でもよかったはず・・なのにバラという選択
それは、ちょっと違うかも知れませんが、人口4万の田舎の市に贅沢な音響のホールを持つのと同じ勇気ある選択だったと思うのです。
育てるのも大変、花の時季はそれはそれは見事でも、年に数日・・ それでもバラにこだわった福山の人達。
手をかけて待って待ってようやく花咲いた喜び、それがどれほど心を潤すか知っているから
そしてそれをずっと伝えていきたかったから・・
たとえ花のない時にも「バラの町福山」を心に留めようと、バス、郵便局、様々な施設の名に「ローズ」がついています。
幼い頃からバラを描き、折り紙を折り、世話をし・・ごく自然に生活にバラが根付く町・・本当に素敵だなあと思いました。
Kちゃん、誘ってくれてありがとう! 美しいバラだけでなくバラを通した町づくり、その熱い想いにも出会えました❤
バラ一筋、半世紀で70万本を誇る町、福山へ、皆様も是非どうぞ・・
バラ公園は駅より車で5分(入場無料)VOPの見頃予想(おせっかいな・・:笑)では、春は5月20日前後が最高です❤   つうこ
Img_5d12f51426e76141bbfcf6a87cdcc1c442f1c744
Img_5ef4fcbc83b789f729810f648032845fbec042bc
Img_61aa02802d652b41e7d01348e40172571fc2e3be
Img_ce5ced214aee6ddb27e7e5a1c8ec213455e7accd
5月最後の日の今日は 青空に薄い雲がかかって気持いい風が吹いています。
マクロで撮った今日の写真 : 左はシロタエギクの蕾、優れた幾何学模様です。右はリュウノヒゲについた青い実、すごくイイ青 *(^-^)*
今日は仕事も休みで特にしなければならないことが何もない日。何もガンバらなくて良い日には、庭先のこんな小さな変化が目に入ってきます。
「普通の生活」の中で何気なくあたりまえにやっていることや好きでやっていることでも、ヒトはかなりガンバッテいるんだな、と思います。
みんな、がんばっていますよね~ ずっとがんばっている。。。 たまに、全く頑張らない時間を持ちましょ。
何もしない・・・したくないことはモチロン、したいことも あえてやらない。。。
誰とも会わない・・・相手を好きでも嫌いでも 誰かと居るのは多かれ少なかれ頑張ってしまうから。。。
ま、ワタシの場合すぐに退屈してしまうので じっとしていられるのはせいぜい10~20分だけれど(苦笑)  リフレッシュされますよ!

HIRO