Img_a14fa663cf6b565964bc79fb63521c7abb1cfeee
今日の画像の美少年は ビョルン・アンドレセン
その昔CMに登場していたのをご記憶の方も多いと思います。(森永でしたっけ?)
別世界からやってきたようなオ―ラ・・は~~世の中にはこんな人がいるんだ(@_@)・・と「憧れ」とか通り越して
溜息をつきながらただ画面に見入っていたのを思い出します。
夏休みになると、本屋さんに読書のススメコーナ―ができますが、その中にこの画像の表紙の文庫本が・・
一見ハーレクインロマンス?のような表紙、でも確かに トーマス・マンの「ベニスに死す」でした。
昔よりは字も大きくなり読みやすそうだったので即買ってしまいました。
帯に「文豪トーマス・マン x 巨匠ヴィスコンティ 目眩く美の陶酔。20世紀至高の名作が蘇る!」
「ニュープリントにて、2011年10月上旬より公開!」
私は数年前 TVの洋画劇場で観たきりですが、テレビの画面を通してでさえ釘付けになるシーンがありました。
原作には、旅先ヴェネツィアで神々しい美少年に出会った高名な作家アッシェンバッハが、疫病の広がる水の都で
少年を通し理想の世界を夢みながら朽ちていくさまが描かれています。  再び帯の言葉を借りれば
「神のごとき美少年に心奪われた孤高の作家の恍惚と苦悩。そして水の都に迫る退廃と死の気配・・」
映画では「作家」は作曲家に、トーマス・マンとも交流のあったグスタフ・マーラーの影を映したとも言われています。
全編を通して流れる、マーラー交響曲第5番のアダージェットの美しさといったら・・❤
そうです!エスプレッソ・・音楽だけ聴いていてもハート❤をギュっと絞られるような感覚です。
原作、人とシーン、音楽が映画の世界で一つに融合した「ヴィスコンティのベニスに死す」
「世界の果てにバラの花が撒かれ始めた・・」とある「夜明けの海」はどう描かれるのか、ラストシーンはどう映るのか
新たな発見があるのでは・・と楽しみにしています。
折しも3週間ほど前、この映画の舞台となったホテルが売却される・・というニュースが報じられたばかり
世紀末から大戦前の不安、作家や芸術家の苦悩と朽ち果てる美しさ・・
退廃美?なんて・・日本も世界もそんなことゆうてる場合やないです、はい・・^-^;
でも・・「あの時代なればこそ」と客観的に眺めても、今なお私タチを惹きつけてやまない何か
時代を超えて「人の感覚に働きかける何か」を閉じ込めた映画ではないかと思うのです。 機会あれば是非どうぞ・・
 (Click!) 

つうこ
Img_5319cf1aa4ea4cc1dc714e8a053d6aba703f18c4
昨日は、VOPのブログを開いたつもりなのに、、、いきなり妖艶な美少年が出てきたので・・・
「?? スミマセン!! 間違いましたっ!!」と、あわてて一度ページを閉じたワタシ・・(笑)
「でもVOPよね・・」とコワゴワもう一回開いて、文章を読んだら「つうこさんワールド♡炸裂」で大ウケしました。
つうこが書く曲中には、こういう「ワールド」も出てきます♪ 
CDを聴く時・ライブの時に「これや!これや!キターッ!!」ってお楽しみくださいネ (^-')b

それにひきかえ脳みそが超単純な私は、昨日はwowow無料放送→『桑田佳祐 宮城ライブ』を見て喜んでいました。
震災からちょうど半年後の9月11日 震災直後は遺体安置所となっていたアリーナで行われたライブの模様。 
桑田さんが食道がんの治療後初めての復帰ライブでもあり 特別な思いのライブであったことが伝わってきました。 
「お約束」の下ネタはいつもどおりふんだんに盛り込まれ「健在」ぶりをアピール・・  そんな中、
    --「さよならはもうたくさん」と君が言うなら
     「ここで必ずまた会おう!」と約束しよう
      だから それまで元気でいてね --       というフレーズをアドリブで熱唱されました。

誰かに「さよなら」を言わなければいけない時に、私は何と言っていいかわからずにいつも困ります。
で、いつも「また会おう!元気でね!」って小学生が言うようなことしか言えないのですが
「本当はさよならを言いたくない時」に「また会える、元気でいよう」と自分に言い聞かせる言葉でもあるのです。
逆に「また会おう!元気でね!」と言ってもらうと、「元気でいなくちゃ!」って力をもらったように感じます。
別れる時 私は「また会おうね、元気でね!」と きっと言います。
別れ際に気の利いたことが言えないだろうけどゴメンナサイ・・・  でもそれは私の「万感の思い」です。

画像(↑)は「ミズヒキソウ」 
ゆうさん達がもういないのに そちら方面へ行くと、まだ未練たらしく寄り道してしまうGarden・・・
駐車場わきの石垣にたくさんたくさん茂っていました。「最後に見たミズヒキ」これまた「忘れられない花」になりそうです・・・
Img_58dc6909babf0f073cbb6f1ce967e25ee28011ff
Img_295b0544002ad3b21d1124cd0b859fa51bc43124
Img_b2f18ba37f4eaa91cd41a102a1128c0a33ed666f
HIRO
Img_cf73f57f1294d5b46b1bc3475c9d287009baa8c2
今日は10月中旬並みの気温、北海道では初雪も・・
皆さん、風邪をひかないよう気をつけてくださいね。特に季節の変わり目、急に寒くなると 昔痛めた膝が・・とか腰が・・と
辛そうにしておられる方々を周りにも見かけます。 くれぐれもお大事に・・❤
いつもより足早?な秋・・Bbsの方にも色づく実を届けていただいています。いつもありがとうございますm(__)m
私も秋色に夢中になる前に、バラの紹介を急ぎますね。
今日のバラは「バフ・ビューティー」  1939年、イギリス Ann Bentall 作出
以前紹介した「バレリーナ」の作出家の奥さまです❤ わあ♪ ご夫婦で作出家なのですね・・
プロポーズに作出したバラを捧げたり、夫人に捧げたりした作出家は以前にも紹介しましたが、ご夫婦は初めて❤♡
同じような「ハイブリッドムスク」系のバラを作っておられますね。
「アン、ちょっといいかな・・」なんてアドバイスされたり・・❤  ハナシがソレル前に次いきま~す^-^;
Img_2ee7d46368580501d6452ed6532a627cfed417c2
交配種 Willian Allen Richardson x 実生
アプリコット色がかった黄色でかすかに灰色を帯びたロゼッタ咲きの花は
中輪で房咲き。咲き始めはアプリコット色が強く、のちにはほんのりと
桃色がかり、やがて全体が薄くなります。つぼみも表情豊かですね。
枝と、濃緑色の葉の縁にも少し赤みがかっています。
5月下旬のガーデンでは、こんなふうにつぼみから、次々と咲くロゼッタ、
はらはらと散って土を薄黄色に覆ってしまう花びらまで 一度に楽しめます
buff  ①・・狂、熱中する人 ②黄褐色、牛などの黄褐色の革 ③もみ革を張ったとぎ棒 ④人の素肌 とあります。
そういえば、独特な淡黄色・・色から名前がつけられたのでしょうが、名の由来も興味シンシン・・
何よりも、以前誰かさんの夢つながりで選んだ「バレリーナ」の作出家と ランダムに選んだ今日のバラの作出家がご夫婦
気まぐれバラノートも見えない糸でつながっているようで嬉しいです。
「アン、君は君の思う道を行きなさい・・」と優しく背中をおしつつもそれぞれが切磋琢磨・・
そして「バフ・ビューティー」が完成した日「アン!!やったじゃないか! おめでとう!!」
情熱が花開いた喜びを誰よりも一番に分かち合う二人・・❤♡
・・えーっと、VOPバラノート妄想劇場、フィクションであり事実に基づくものではありません・・^-^;
嬉しついでに、たくさんのビューティーに囲まれて恥ずかしそうなプレートを 今日はちょっと大きめに・・(笑)
Img_41c3c78094da6c00379b9977e75765cbbf74e6b9
つうこ
Img_453d9c4a3b8d114c2812b2b9be134105013394d1
本日、日野原重明先生が百歳のお誕生日を迎えられました。先生、おめでとうございます!!
聖路加国際病院の内科医、院長を経て現職。白衣で患者さんに優しく声をかけられる姿もTVでお見かけします。
現役のお医者様でありながら、元気に国内外を旅行をされたり・・様々なエッセイ等皆様もご存じのことと思います。
最近では、ミュージカル「葉っぱのフレディ~いのちの旅~」ニューヨーク公演のドキュメンタリーで
カーテンコールで子供たちと一緒に踊ったり、元気に会話される様子も拝見しました。
「生命の循環、尊さ」を謳うこのミュージカルは、多くの生命と向き合ってこられた先生が
次の世代をになう子供達と、ご自身も大好きな音楽を通して取り組まれた新たなライフワークなのですね・・
各方面でお忙しい先生の予定は、すでに2020年にも入っているそうです。でも
「これは 『予定』ではなく、神様との 『約束』。破ってはいけない大切なことだから、簡単にキャンセルできない。
 だから長生きしなきゃいけないの」 と・・
長寿の秘訣、どうすれば健やかに過ごせるかを示すのもご自身の役割、とおっしゃる先生
30歳の時の体重を維持するために一日1300キロカロリーまでと制限、朝食はティ―スプーン4杯分のオリーブ油を入れた
アップルジュース、牛乳とバナナ。昼食はクッキー3枚と牛乳、夕食は週2回脂身のないステーキ、あと5日は魚
少食、睡眠時間も少ないのに精力的に仕事をこなされる先生、ちょっとウケてしまったのが
「月に数回はエステに通っているの。だから私の顔にはしわがないでしょう・・」へえ~(@_@)
「とにかく、好奇心をもってなんでもトライしてみることが大切。
 人間には約2万2000の遺伝子があります。眠っている良い遺伝子を目覚ませるには新しいことを始めるのが一番いい」
・・だそうです!! 好奇心ならありますね~VOP!!えっと・・トライする行動力には差がありますが・・笑
「私には日本も長寿記録を更新するという野望があるから、100歳なんてまだまだ。ゴールどころか始まりですよ」
頼もしいお言葉です!
この100年を生きてこられた先生・・70年には「よど号ハイジャック事件」にも遭遇されました。
機内で混乱する乗客に、その頃なじみのなかった「ハイジャック」と言う言葉を説明されたり、
人質に読書をすすめる犯人に応じて、ただ一人配られた「カラマーゾフの兄弟」を読まれたとか・・
地下鉄サリン事件では、被害者を真っ先に受け入れ、病院のチャペルまでも開放して対応されたり・・
窮地にあっても冷静で柔軟な対応をしてこられた先生、今日本に起きる様々な出来事に対して語っておられます
「苦難の中に回復があります。辛いけれども、なんとかして立ち上がろうとする気力の中に希望がある。
 前を向く力こそ、生きる力。情熱をもって実行すれば、きっといい方に向いていくはずです」
100歳のお誕生日に、先頭に立ってさらに先 さらに上を目指される先生に力をいただきました。

つうこ

P.S. 画像のバラは 2010年フランス ゴジャール作出「悠久の約束」です。
Img_bdaaf1c6142a384b57d36852e06aed41f457aa2b
今日はどんよりと曇っています。 まもなく雨が降り出すでしょう。 また季節が進みそうですね。
昨日の空はとてもキレイな青色でした↑。空ばっかり見上げながら自転車こいでいるものだからアブナイ・アブナイ・・・
今日10月5日は「レモン忌」。 詩人高村光太郎の奥さん智恵子さんが亡くなった日だそうです。
『智恵子抄』・・・ 私は「智恵子は東京には空がないといふ」という一節を思い出しました。
が、つづきが思い出せなかったので調べました (^-^;

《あどけない話》
智恵子は東京には空がないといふ。
ほんとうの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の山の上に
毎日出ている青い空が
智恵子の本当の空だといふ。
あどけない空の話である。

ネットで『智恵子抄』を検索すると、高校の授業で習った詩がいくつも出てきて次々読んでしまいました。
そして「こりゃ~ 高校生にはまだワカランわ・・・」と思いました。
今、読み返してみるとずいぶん色々なことが分かるような気がします。
智恵子さんは亡くなった時52歳、「阿多多羅山」や「阿武隈川」は智恵子さんが愛した故郷福島の山や川・・・
いろいろなことを思います。

HIRO

 
Img_c37ad8988b6afd9494c89945f4cbe4e582c34035
以前、このDiaryで「地下鉄の駅は撮りようによっちゃパリのメトロ」のように写る・・と話題になっていて
つうこが梅田駅で蛍光灯を激写して、投稿したりしていました。 私も一度やってみたかった(^-^)/
森山大道さん(写真家)の写真を見て、私も「天王寺駅」でマネッコしよう!と決めていたのですが
天王寺・・なかなか通る機会がなくて、先日ようやく実行することができました。
なんだか、しばらく行かない間に「天王寺駅」きれいになっていて・・・パリのメトロよりもピカピカしてる?
私の中での「地下鉄御堂筋線天王寺駅」のイメージともちょっと違っていました。
でも「ナカナカやるやんデザイン」の蛍光灯照明はそのままでした。

HIRO
Img_e938967e06684c4e886cb283a3774686e518d105
テレビはあまり見ないのですが、先日から始まったNHK朝の連ドラ『カーネーション』は面白くてつい見ています。
舞台が岸和田。デザイナーのコシノ三姉妹を育てた母:小篠綾子さんをモデルにした物語だそうです。
劇中では「糸子」という名前の少女、大きくなったら「大工方」になってだんじりの屋根の上で華麗に舞うのが夢ですが
「女はだんじりには乗れない」と言われ、毎日身もだえして悔しがっています。
男子から理不尽な因縁で喧嘩を売られて「こーちゃろやないけぇ!!(訳:受けて立とうじゃないの!)」と
川原で取っ組み合いをするような勇ましい少女を 強烈に芸達者な子役の女の子が演じています。
最近の子役は・・・・ ウマすぎる・・というか、恐ろしいほどの演技力ですよね・・・
だんじりが懐かしい方・岸和田弁が懐かしい方または岸和田に興味がある方、チラッと見てみてください。面白いですよ。
椎名林檎さんが歌う主題歌に合わせてCGのお人形が「足踏みミシン」の胴体をだんじりに見立ててその上で舞うんです。
小学生の頃、家にあった「足踏みミシン」を思い出しました。それを使ってチマチマといろんな物を縫うのは楽しかった・・
今、見ると「足踏みミシン」ってデザインが美しくてレトロで温かくて素敵・・・ 売っていたら買ってしまうかも。。。

HIRO
Img_8695ad6a382cfc2d60371c99cad2f18c5588b2cf
今日の画像はレトロな足踏みミシン。 懐かしついでに「夜なべモード」(笑)で撮ってみました。
夜遅く・・カタカタという音で誰かを起こしてしまわないかしら・・と気にしながら手元の明かりだけで何かを縫っておられる
お母様の背中が浮かびましたか?
「あ~!!明日までに○○がいる!!」
「もう・・・もっとはよ言いなさい・・」と小言を言われながらも朝起きると出来上がってましたね。
このHPをご覧の皆様は作家さん始め器用な方ばかり。色んなものを作る楽しみをすでに味わっていた方が多いでしょう。
少し「昭和」に帰っていただいたところで・・私も「カーネーション」見ています!
「ウチは転んでもタダでは起きません!」
糸子が、父の使いで料亭(友人の家)へ集金にでかけ、門前払いされた時のセリフなど
まさにその前日「誰かさん」と電話で話した時に聞いたセリフだったので大いにウケテしまいました。
悶々としていても、「そや!楽しいこと考えよ!」と嬉々としてドレスの絵を描き始めたり・・モード転換の素早いこと(笑)
明るくて前向きで、溌剌として、とっても気持ちがいいです。大阪らしいオチも欠かさず・・
でも、あれだけ乗りたかった「だんじり」にこっそり乗せてもらった時、暗いお宮の倉庫?の中での少し潤んだ瞳・・
世の中にはどうしようもないコトがあるんや・・糸子の表情が印象的でした。「大工方」の夢への決別があって
新たな夢がココカラ始まるのですね。「おしん」の子役そっくりの少女時代の「糸子」も女学生に・・来週からも見ます!

つい今しがた(20時15分)ココ仕事場の前を「宵宮」の子供神輿が通っていきました。ホットなショットを・・カワイイでしょ!
明日明後日はお祭りの地域が多いとか・・ お天気にも恵まれそうですね(*^_^*)
Img_76bc179a1b7c8fb52e28cee649886e097563b213
つうこ
Img_5ae8db49621c3e04fc6f85e75f4484d8d23b3934
昨日、今日と本当にいいお天気でした*(^-^)*
昨日は、PorePoreさんで「キャンドルアレンジ」のレッスンがあって出かけてきました。
皆さんそれぞれに可愛いキャンドルポットを完成させられ、お持ち帰りいただきました。ご参加ありがとうございました!
レッスンに出かける時は 花材、花器などの資材、道具一式・・とても荷物が多いので車でないと行けません。
私の車にはナビがついていません。最近どこも新しい道がどんどんできるので地図を買う気にもなれず
どこかへ出かける時には事前にネットで地図を見て道を覚えます。それで何とかなっています。
六甲でのレッスンは今回で3回目、阪神新在家~阪急六甲間のおおまかな地図と景色がだいたい頭に入りました。
昨日は帰り道「住吉浜ランプ」から阪神高速5号湾岸線に乗りました。 湾岸線、好きな道です。
雲ひとつない空、左手には六甲山・右にはキラキラ光る大阪湾、次々渡る美しい橋、奇抜な外観の大阪市ゴミ処理工場、
天保山の観覧車や海遊館、USJにはもう巨大なクリスマスツリーが立っているのも見えました。
爽快なドライブでした。 写真を撮りたかったのですが、車が流れていたので撮れなくて残念・・・
なので 画像↑は今ウチに活けてあるコスモスです。コスモス、花屋さんで売っているのはこの時期だけ・・好きな花です。

HIRO
Img_a1176a433a8886379cb5ddf6f67daf52b36bb102
Img_905ed27a6b64a16e38c3b561502260fe50d8f436
Img_8f5aa6067a00bb335762ecb8ab74f0164eae0d6f
Img_1347b36f336ebbb195fa5324faf2d8902f8fb93e
最近、VOPのDiaryには「何か」が足りない・・・と思っていたら、『オイシイもの』の画像でした。
食べ物画像が最後に登場したのは、たしか、、、つうこと「ひらぱー」へ行った時に私が作ったお弁当・・・ショボッ・・
「アカンやん!!」と言いながら早速オイシイものを求めて南へ車を飛ばしました。目指すはモチロン『ビストロたけn』さん!
う~~、おいし~~~(ToT) 来てよかった~~~❤ 皆さんは 画像でお楽しみください・・・
家から『たけさん』までは片道100kmあるのですが、時々たまらなく「ちょっとお昼ごはんを食べに」行きたくなります。
そして、スグ行く・・(笑) 『たけさん』のお料理をいただくと、とってもシアワセな気分になります。
知っている人、ほらほら・・・ また行きたくなったでしょ!! 行ってね(^-')b おっけちゃんもシェフも元気でしたよ!

HIRO
Img_3ca223f8726c02a12270b9872495c380182dd97f
IGLEKOTTのHPよりお越しの皆様、コチラ VOPのdiaryで間違いございません(笑)
以前にアップされていた素敵な「糸パック」や、美味しそうな毛糸の画像に憧れて・・なあんちゃってIGELKOTTです^-^;
先日「昭和の夜なべモード」でアップした足踏みミシンのミシン糸。色合わせもド素人、テトリスも苦手なのバレバレですが
イロイロ並べて撮ってるだけでも楽しめました(笑)
さて、今日は「糸」にちなんで ある歌詞を紹介しようと思います。
中島みゆきさんの「糸」。数年前ドラマの主題歌にもなっていたのでご存じの方もおられるでしょう。私が知ったのは
以前紹介したブログ「ニューヨークの歩き方」、「J-pop, 歌謡曲を日本語で歌う外国人が急増!」という記事
今夜日テレで22時より『のどじまん!ザ ワールド』が放送されますが、出場するイギリス人男性(LondonのUNIQLO勤務)の歌にびっくり!!番組では違う曲を披露するそうですが、いい曲、いい詞に出会えました。記事はコチラ (Click!) 

「糸」      中島 みゆき 

なぜ めぐり逢うのかを   私達は なにも しらない
いつ めぐり逢うのかを   私達は いつも しらない

どこに いたの   生きてきたの
遠い空の下     ふたつの物語

縦の糸はあなた   横の糸はわたし
織りなす布は    いつか誰かを
暖めうるかも    しれない

なぜ 生きてゆくのかを  迷った日の跡のささくれ
夢  追いかけて走って  ころんだ日の跡のささくれ

こんな糸が    なんになるの
心許なくて    ふるえてた風の中

縦の糸はあなた  横の糸はわたし
織りなす布は   いつか誰かの
傷をかばうかも  しれない

縦の糸はあなた  横の糸は私
逢うべき人に   出逢えることを
人は「仕合わせ」と 呼びます 


「大切な人との運命のめぐりあわせ」はもちろんのこと、「人と人が出逢い共に何かを行うこと」
その尊さに改めて気付かされます・・
歌は中島みゆきさん始め、桜井和寿さん、岩崎宏美さん、手嶌葵さん関西電力のCMのカバーがYou Tubeにあります。

N.Y.Libertyさんのブログをあらためまして・・ (Click!)  スティ―ブ・ジョブズさんの追悼記事シリーズ、
スタバの雇用創造プログラム、ジョンレノンさん71回目の誕生記念特別ギャラリー記事等 
連日HOTなN.Y.が満載です。

つうこ
Img_094e7f5c6be6f3bf3d9ef22ee9fd6d71918b8765
今日もイイお天気でしたね。お天気キャスターによると「秋晴れはラストスパート」をかけてたとか・・
明日は曇り、徐々にお天気はくずれるそうです。
14日、15日は毎年姫路「灘のけんか祭」の日。この地域の方の「祭りへの情熱・意気込み」は岸和田のだんじりに
通じるものがあります。祭に賭けておられる方々の為にも、なんとか小雨でもってくれればいいのですが・・
さて・・今日は昨日紹介した歌詞つながりでイロイロ思った「しあわせ」について・・
ナニナニ・・VOP1/4倍速が「しあわせ」を語る?聞いてやろうじゃない!と思われたかもしれませんが
思えば今までさんざん「幸せ」や「喜び」を感じられるコト・時間の話してきましたよね・・充分すぎるぐらい^-^;
「しあわせですか?」と尋ねられると、私は自分の価値観や気持ちから答えてしまうでしょうが、
昨日の歌詞を知って「しあわせ」という言葉に対する考え方がかわりました。「しあわせ」の語源を調べてみると・・
「し」(動詞「する」の連用形)+ あわせ 、二つの動作が合うことから「偶然、運命のめぐりあわせ」
室町時代には、良い運命にも悪い運命にも用いられていたものが転じ、江戸時代に「めぐりあわせの良い状態」に。
一方、漢字の「幸」を調べてみると、「手かせ」の絵が登場!象形文字だったのですね。
手かせをはめられる(刑罰を受ける)危険から免れたところから、「思いもよらぬ運に恵まれた」という意味に。
(漢字に対するイメージは、愛、夢とか希望とかと同じ「バラ色カテゴリー」に入ってたのに、案外イカツくって驚きでした)
ちなみに、英語の「happiness」の「hap」も「運・運命」。洋の東西を問わず同じようなところから生まれたのですね・・

こんなふうに「しあわせ」を考えると、今おかれている状況、多くの良きめぐりあわせに感謝しないと・・って思います。
皆さんも「しあわせ」ですか?  明日もこれからも「しあわせ」な日々が続きますように・・
今夜は曇りがち・・幻想的な月がキレイです♪  

つうこ
Img_6e7fbce361adb577a49802e824dc32f90c3054c5
セイタカアワダチソウ・・・この花私たちが子どもの頃には背丈の倍ほどもあった、という記憶があるのですが
私が写真を撮ったこのセイタカアワダチソウは高さ50cm位で全然「背い高ノッポ」ではありません。
この植物は「周囲の植物の生育を抑制する化学物質を根から発生する=アレロパシー」という性質を持っているそうです。
それでもって周囲のススキ等の領域を席捲したのですが、周りの他種が衰退してセイタカアワダチソウばかりになると
今度は自分が出した成長抑制物質によって自分自身が小さくなっちゃったそうです。 漫画みたいなホントの話・・・
それで現在では2mも3mもあるセイタカアワダチソウはほとんど無いそうです。
私が子どもの頃、セイタカアワダチソウは気管支炎や花粉症の原因となる「害草」という汚名をきせられていましたが
検証の結果、現在ではそれらとは無関係だと考えられています。
「害草」どころか薬効があって乾燥させてお風呂に入れたりお茶にして飲むとアトピーに効く説もあり
「アレロパシー」を利用して植物成分の「除草剤」の開発も研究されているそうです。
一生をかけて「セイタカアワダチソウ」のことばかり考えている人もいるんだなー・・・
『雑草』という名前の植物はないんですよね。。。 

HIRO

Img_ab188ad5addb11efae3c9872bb37515c59882224
今日のバラは「ロサ・グラウカ」
ヨーロッパ中央部、ピレネー山脈、アルプス山脈からアルバニアにかけて分布する原種です。
花径3cmほど、ライラックピンクの中心が白く色が抜ける小さな花
この野趣あふれる可憐な花達は 少し遅めの春 山を歩くどれほど多くの人達の足を止めてきたのでしょう・・
「glauca」は「灰色がかった緑」、また別名「Rosa Rublifolia」の[Rublifolia]は「赤い葉」
・・なんて葉色をその名にきざむぐらい 葉の観賞価値も高いバラとして重宝されています。
葉ばかりではありません!これからお店にでまわる赤い実をつけた「鈴バラ」はこの「ロサ・グラウカ」の実
「ヨシノスズバラ」として流通していますが、「由野よしお」さん、このバラの栽培法を確立させた方にちなんだ名です。
どこかで赤いスズバラの実をごらんになったら、この花と葉とつぼみのことを少し思ってくださると嬉しいです❤
Gardenのコーナー・・原種達のつくる「らしい」佇まい、惹かれます。色づく実を見に行きたいな・・
Img_770c3758e95be178f1160c0ffbccfb0104bedb83
つうこ
Img_1f578b1254ea7132cdbe0a332cd780154990a305
このHPのBbsで「月(moon)」が話題になっていて、「満月」あるいは「新月」の時には出産が多いらしいと書いたのですが
果たしてホントウなのでしょうか?  産院から「生まれます」連絡を受けて あわてて向かうご主人が 夜道で空を
見上げると、ポッカリとまぁるいお月様というのはよくある図なのだそうです。それは ちょっとステキな絵ですネ。
ま、生んでいる方は「月」どころではありません。必死です・・私が子どもを生んだ日にはどんな月が出ていたのでしょう?
今は毎日空を見上げますが、当時の空の記憶はほとんどありません。
その日にどんな月が出ていたかなんて、今さら知る術もないよねー・・・と思っていたら見れるんです! その日の「月」!
GoogleやYahooで「月」を検索すると「月齢カレンダー」というサイトがあります。
そこに19○○年○月と入力すると、その月(month)の月(moon)の画像が出てきます。ずっと過去もずっと未来も。スゴイ!!
自分が生まれた日のmoonを見てみました。満月の翌日でした。満月→出産説、近い。。。
自分が生んだ日のmoonを見てみました。上の子は満月の2日後・下の子は新月の2日前に生んでいました。
すこーしズレてはいるけれど、私の体内も一応月の満ち欠けに反応していると言えるのでしょうか?(笑)
月齢カレンダー、面白くて「あの日の月はどんなだっただろう?」と思い出にまつわるいろんな日のmoonを見ました。
気になる「月」がある方は検索してみてくださいね。 でも、この画像は「こんな月が出る(出ていた)」というだけで 
実際にその日見えた月を写真に写して載せているものではありません。未来の分まであるんですから・・・
やはり 空は自分の目で見るのがイイナと思います。

HIRO
Img_b42e9c4fcac5c80a74616c6cdab6709e38fa4289
ちょうど昨年の今頃、「世界体操選手権」での内村航平選手の活躍をdiaryにアップしたのですが、もうあれから1年・・
今年も次々と新しい記録を樹立!素晴らしいですね。
団体戦は残念な結果に終わりましたが、個人総合では各種目丁寧に、フィニッシュも鮮やかに決め史上初の3連覇達成
種目別「床」では、あの笠松選手以来の金メダル獲得!G難度の大技では、回転が速すぎ、審判も誤審するほど・・(@_@)
あん馬では落下したものの、「鉄棒」で銅メダル。個人総合とは異なるメニューで臨み「自分がどこまでできるか」
をアピールしたかったとか・・
団体では鉄棒で落下。一旦底まで落ち込みながら、翌日には気持ちを切り替え頂点へ。さらに翌日には思いっきりの演技で落下しても笑顔・・連日の演技で体力的に厳しい中、精神面の強さとそのコントロールぶりに驚かされます。
私達が幼い頃に見てきた選手には「日の丸を背負う」プレッシャーからくる厳しさ、悲壮感が漂っていたのですが、
今の若い選手は、根本的な動機が違うのでしょうか・・爽快感さえ感じます。
個人総合3連覇達成後、イイ演技ができたこと、なによりも「エレガンス賞」で自分の目指してきた
「美しい体操」が認められたことを喜ぶコメントが印象的でした。そう・・先輩たちもこだわってきたコトですものね・・
ロンドン五輪では、もう個人より団体でメダルをとりたい、と・・ニクイですね~
と言いながら、自分にプレッシャーをかけ、さらなる上を目指すであろう内村選手
「あれ、今の速すぎて見えませんでした?」ってさりげにアピールする姿も見せてくれるのでは?
何よりも「内村航平の体操」を思いっきり披露してほしいですね! 結果はあとからついてきます、楽しみです!!

さて、ようやく本題です。 今日のタイトルは内村選手とは何の関係もありません。
画像をご覧になって、「もしかして作出は・・」と思われた皆様、そうです、質実剛健、コルデスのバラ、エスメラルダです。
まさにバラ色、光沢のある美しいローズ色の剣芯高弁咲き。濃い緑の葉とのコントラストで相性抜群。
香りも強いとか・・誘われそうですね・・
生育も旺盛、シュートもよく発生し、大きな株に育ちます。交配種は 実生 x Red planet

・・と花に関してはここまでの資料しかないので、「エスメラルダ」について調べてみました。
「エスメラルダ」=「エメラルド」を意味するスペイン語、およびポルトガル語。 色からついた名ではなさそうです。
ではディズ二ーの「ノートルダムの鐘」に登場する「エスメラルダ」?
ヴィクトル・ユーゴーの原作「ノートルダム・ド・パリ」の美少女「エスメラルダ」に焦点をあてたバレエ作品も有名です。
原作は救いようのない重さがありますが、ディズ二ーではストーリーはアレンジされています。
あらすじはコチラ (Click!) そして踊りはコチラ (Click!) 英国ロイヤルバレエ団の高田茜さん
どこか懐かしい雰囲気のバラも、エキゾチックで特別な存在感が漂ってきます・・不思議なもので・・(笑)
体操、バラ、バレエと話はとびましたが・・・共通項は「強さと美しさ」です。このバラの名を覚えてくださると嬉しいです。
Img_a798037451b09f0d3a39bdf9f463248c04be7fa1
つうこ
Img_7456a89fb9ce9d34ee54f67a22db3f9ba4046427
今日の画像は、ワルシャワ、ジェラゾヴァ・ボラにあるショパンの生家です。
190年前?にタイムスリップしてみましょうか・・この家から流れるピアノの美しい旋律、流麗な音の粒
道行くだれもが足を止めて聴き入ったのでしょうね・・
フランス語教師、フルートとヴァイオリンをたしなむ父、ピアノと声楽の得意な母、家庭に集う音楽教師、知識人
ショパンの豊かな才能を育んだ場所です・・・
「ピアノの詩人」ショパンといえば、抒情性あふれる楽曲から、こんな美しい音楽を生む作曲家の人生はさぞかし・・と
充実した芸術家の日々を重ね合わせてしまいがちですね。 そこで時代背景とともにを垣間見ますと・・・
20代ショパンは祖国ポーランドを去りフランスへ渡りますが、この頃ポーランドはロシア、プロシア、オーストリアに
分割され植民地となった時代。 最晩年、2月革命がおこった時にはイギリスへ逃れ・・と常に独立運動が起こっては
潰れていく祖国の姿に心を痛めるポーランド人作曲家・・・
また、作家ジョルジュ・サンドとの交友関係、その豊かな時代と徐々に亀裂が入り苦悩する一人の人間
ある時は緊張感の高いハーモニーとともに迫りくる激情の波・・・ある時は木漏れ陽にたわむれるやさしい風・・・
豊かな自然の命を謳うかのような音楽・・でもその裏に隠された日々を思うと、MUSEに捧げられた音すべてが、
言葉で表しようのない深みをましていきます。 ショパンを愛する人だれもが入り込むLabyrinthなのでしょうね・・
色んなエピソードを知る毎に、後に生きる人の心をこれほど豊かにしてくれる作品を遺した芸術家への深い敬意と
感謝の気持ちが増すばかり・・
今日はそんなショパンの命日です。1849年パリで息をひきとったショパンの心臓は、姉ルドヴィカの腕に抱かれ
20年ぶりに祖国ワルシャワに帰って行きました。
「わたしを思い出す時には、モーツアルトを演奏してください」モーツアルトの信奉者でもあったショパンの遺言により
パリで行われた葬儀の際には、モーツアルトの「レクイエム」が演奏されたそうです。
でもやはりショパンを聴きたいですよね・・

そこで・・・私が今日聴いたアルバムを紹介させていただきます。
8月下旬のdiaryで、同郷のピアニスト 三木香代さんの紹介をしました。 (Click!) 
ご覧になられた方、香代さんの写真は・・CDではないかしら・・と気にかけてくださっていたのでは?
そうです!『ショパンバラード全4曲とソナタ第3番 ロ短調 作品58』(2005年11月のリサイタルの録音)
聴く度に心が洗われ、新たな発見と驚きに満ちた、私にとってとても大切な11.5cm版に閉じ込められた音世界です。
本当におすすめアルバムです! 皆様も是非どうぞ・・
このアルバムの試聴サイトは残念ながらありませんが、以前「音楽の友社」より出されたアルバムより『幻想曲』を
少し試聴いただけます (Click!) 
そしてこのアルバムに添えられた三木香代さん自身の言葉を・・
―  アルバムに寄せて
このアルバムに収められたバラード全曲とソナタ第三番は、ピアニストとしての私を弾く度に成長させてくれる
大切な宝物です。幾度弾いても作品の魅力は色褪せることがなく、そればかりかその都度新たな輝きを放ち、
その奥深さに驚かされます。
よく弾く作品には、私の履歴が刻まれていると感じることがあります。
それは精神面だけでなく身体的な感覚にも及びます。
過去にその作品を弾いた時の記憶が心身を駆け巡り、再び弾くことによって自らをアップデートするような感覚・・
そうして、その時の自分が刻印されていくその作業は、なんとも喜びに満ちたものです。
しかし作品の中に入り込み自分のものとなったかのように感じた次の瞬間、それが幻想であったと
嘆きたくなることもあります。
誠実であろうとすればするほど試行錯誤は続く。 演奏家の仕事はその繰り返しなのではないかと思います。
それはまさに演奏が創造的行為であることの証なのでしょう・・
これまで私を導き支えてくださったすべての方々に、心からの感謝を申し上げます・・・・

今日、ショパンとむきあう演奏家達はどの曲を弾き、ショパンを愛する人達はどの曲を聴いたのでしょう・・


つうこ
今日は、いいお天気!澄み切ったキレイな青空、ちょっと暑いくらいでした。まだ半袖Tシャツで過ごす私です。
この季節になるとスゴイ勢いで巨大化する隣家の『皇帝ダリア』はもう3mを越えて、月に近づいていきます。
Img_c73291a9ad12a0407893bcdd7f6a7039cc8eebbe
お月見の時に取ってきたススキは 綿毛を広げてフワフワと種が飛び立とうとしています。
綿毛が光を浴びると金色や銀色にキラキラ光ります。ススキの山は、金や銀の海みたいになっていることでしょう。
花瓶でドライフラワーのようになっている2~3本のススキを眺めながら一面のススキ野原を思い描きます。
Img_ecc5477513c71deb05d0f6863e95660189fcdb5b
これが一斉に風で飛ぶと思うと何だか鼻がクスクスしそう・・・ でも私は「綿毛」がある植物が大好きです。
ススキは「イネ科」なので、「ススキアレルギー体質」という人もいるようです。
コレ見てクシャミが止まらなくなったらゴメンなさい。でも原因はあくまでも「花粉」で、「綿毛」ではないようです。

HIRO
Img_64a91b01fb7d4b2c20157ec2a1a99e3f05976bb9
「鳥カゴ」型の木製のウッドチャーム、IGELKOTTさんから届きました。
このパーツ、可愛いので気に入っていてアレンジに取り入れています。
このチャームを使った「鳥カゴアレンジ」は次々作っていて ちょっとした「シリーズ」ができています。
前回送ってもらった「鳥カゴ」を全部使ってしまったので、「今 お店にある分を全部送って」と買占めました。
届いた封筒を開けるとフワッと「外国の匂い」がしました。「外国の匂い」ってどんなん?って笑われるかもしれませんが、
海外の空港に降り立つと「日本とはちがう匂い」が香っているでしょ。 そんな感じです。
たぶんチャームを包んでくれた このペールグリーンの薄紙の匂いだと思います。
色も微妙に「外国っぽい」薄紙をクンクンと匂って「ウ~ン、やっぱり外国のニオイだ!」と外国を感じているワタシです。
今、作品展前で様々な花材や資材が山積みになっている私の作業場は色々な匂いがします。

しかし、、、いいお天気!! 「これでもかっ!」ってくらい晴れていますね。
あーー、どこか遊びに行きたいな。。。 でも、仕事に行かねば・・・ 皆、仕事してるんですものね。
ワタシだけが「仕事」だったらイヤだけど、みんなも仕事してるんだから、、、行ってきます!

HIRO
Img_ff646c6c7b2cfb4f9e65ce3e632baf0aae7be43e
今日関西は日中汗ばむくらいのイイお天気。様子をうかがいながら活動中の蝶や蜂も見かけました。
今月いっぱいは過ごしやすいお天気とのこと。 暑すぎず寒すぎず、なんて気候も期間としては短いですよね・・
この気候を楽しみつつ、色んなコトもはかどる時期に!と自身に言い聞かせています。
11月になると何もかもあっという間ですから・・ なあんて思いだけは意外と現実的なVOP B型です(笑)
さて、今日のバラノート、画像は「ドクターヒューイ」。
房全部が咲ききると、こんなふうに黒赤色からパープルがかった濃いローズまで、色変化が楽しめます。
中輪花弁数約20枚前後の半八重咲き。株全体を赤く染めるように一面に開花します。それが、コチラ ↓
Img_120af4bee92f9763e0c2e68df38f308ab64f9cf1
5月のRose Garden 第1回目のレポートでも紹介したショットです。
アーチにしたてられたバラとしては、ここでは「アンジェラ」に並ぶ
「看板」!(一番エエ時です。よければClickしてご覧ください)
ローズ色アンジェラはグレーの石に、シックな赤色「ドクター」はレンガ色に、
それぞれウツリも抜群ですね。
一般のつるバラと違い、枝を曲げても花茎が分岐しやすく、
よく花をつけます。葉はやや赤みを含み旺盛に茂る、枝にもとげは少なく
柔軟性があり誘引しやすい・・とダイナミックな仕立てにはうってつけの品種です。
1914年 アメリカThomas,C,G,C作出
ロバート ヒューイ博士 - 1880年代フィラデルフィアでバラを育て始め、信頼できる情報の少ない頃
自ら栽培した経験から得た知識を広く一般に提供、アメリカにおけるバラ栽培に大いに貢献した方です。
オースティンローズにも「グラハム・トーマス」のように、園芸研究家の名を刻んだバラがありますが、そのアメリカ版?
このバラはアメリカやオーストラリアでは台木として利用されています。(流通名「シャフター」)
咲くとこんなに華やかなのに、地味ィ~に台木として他の多くのバラを支えているなんて・・❤
アメリカのバラ栽培、研究を支えた生きざまそのものですね・・
「えーっと・・ドクター・ヒューイ・・台木にも使われますよね・・」なんてさりげに口にされると・・
ロザリアンの目は輝きます(笑)
Img_74e82111806b402c2da9e2365583ec215ab447f3
つうこ
Img_6fde668b8174cb767290200b086ae4e2a3244aef
Img_0c3f5a6b967b7eb79d56bd0f0c482bb236425d53
左の写真↑『ヒメキンミズヒキ』です。今、このHPのTOP画像に写っている『ミズヒキソウ』は赤。
『ミズヒキ』という名前がつく草は、赤・白と金・銀があります。名前どおりオメデタイですね。
↑ これは『キンミズヒキ』の仲間でも花の大きさが5mmもないちっちゃな花で『ヒメ』がついています。
りかちゃんハウスの庭に生えているくらいミニチュアでメチャメチャ可愛いんです。
こんな天気がいい日に仕事だなんて・・とブツブツ言いながら出かけましたが「金」のミズヒキを見つけて得しました。
右の写真は『イヌタデ』 道端どこにでも生えていて見過ごされていますが、よく見るとこんなに可愛い❤
名前に「イヌ」がつく野草はたくさんあります。よく知られているのは『イヌフグリ』。
『イヌフグリ』は有川浩さんの小説『植物図鑑』の中にも出てきました。
野草にはうといサヤカ(女子)が 春先に本当にカワイイ青い花をつける『オオイヌノフグリ』を見つけて
「この花の名前知ってるよ、オオイヌノフグリ!フグリ!フグリ!」と得意げに言うと、イツキ(男子)はシレッと
「『イヌノフグリ』って「イヌの陰嚢」っだって意味は知ってるの?」と言うくだりです。
『イヌフグリ』も『ヘクソカズラ』同様、メチャメチャ可愛いのに「ヘンな名前」をつけられてしまった野草です。
名前に「イヌ」が付く野草はざっと20種類くらい見つかりましたが、「ネコ」はあるのだろうか?
思いつくのは「ネコジャラシ」・・ いやそれは『エノコログサ』の通称でしょ・・・と独り言をいいながら
パソコンで調べてみると『ネコヤナギ』『ネコハギ』『ネコノメソウ』という3つがやっと出てきました。
雑草と仲良しなのは、圧倒的にネコよりもイヌみたいです。
いいトシして道端にしゃがみこんでは道草ばかりくっているワタシもどちらかというとネコよりもイヌです(笑)。

HIRO
Img_4382fdd6b6f460fc19040ca9f3f66a3a6c6d0892
画像のバラは「フレンチ・レース」
ロゼッタも一重も半八重も、鮮やかなローズもシックな赤もいいけれど・・やはりタイプ❤のバラです。
Rose Gardenではお天気がよかったので、無理矢理自分で影をつくり花曇りにして撮りました(笑)
薄い桃色を含むアイボリー色、花弁の縁の波が美しいでしょ❤
数輪の房咲き、または1輪咲き。花茎が長いので切り花にも適しています。優しい色合いで名脇役にもなるでしょうね・・
樹形は直立性、枝はやや細く、葉は小ぶり、とげは大きめ(きました・・ただ優しいばかりではありません)
1980年 アメリカ Warriner,W,A作出。 交配種は Dr.A.J.Verhage x Bridal Pink(「緑光」の母でもあります)
枝がわりは 2004年武藤忠さん作出「ピンク・フレンチ・レース」
このバラはモダンローズの「フロリバンダ」に分類されますが、この系統は「ポリアンサ系統(ノイバラ+チャイナ)」と
「ハイ・ブリッド・ティ―系統(オールドローズ・ハイブリッド・パ―ペチュアル+ブルボンローズに由来するティーローズ」との
交雑。中輪房咲きのガーデンローズとして重要な系統です。花はハイ・ブリッド系でしょうが、房咲きはポリアンサ系?
ちなみに今まで紹介したフロリバンダ系は「アイスバーグ」「緑光」「スブ二ール・ドゥ・アンネ・フランク」「ゴールドバニー」
姿形は全く別なのに、遠い遠い祖先があのノイバラ・・と考えるとちょっと不思議な感覚です。
でも当のバラ達はごくごく自然に同じ部屋に集まってワイワイやってるんでしょうね・・
フレンチレース、ピンクフレンチレースもこの度加わり乾杯!!一番にぎやかな部屋になりました(笑)
Img_c508d8d3da500ae5ae8c16bb1f5dfec0a14577e7
つうこ
Img_1fc49501d58f487253ad7a12c47dfe14426fed30
Img_7688c0e1b3fd3dd72200b59f838e9f137b2452d4
Img_cf954d4d1782694c139bab994c27c405eb5ab9df
ちょうど1ヶ月後の11月23日(水・祝)から作品展をします。
今回もhandmade bagsのIGELKOTTさんとfeltのJolie saison29さんとのコラボ作品展です。
IGELKOTT、Jolie saison29そしてVOICE OF PLANTSのコラボは『ちまちま展』『ココカラ展』に続いて3回目
『ニコニコ展』って・・・ またそんな小学生みたいなタイトルしか思いつかなかったの?って言われそうですが
今年は表情が曇ってしまうような出来事がたくさんあったけれど、しばしフッとゆるんでほしい・・・
すこぉし胸が温かくなってニコニコしてもらえたら嬉しいなー、という思いでつけたタイトルです。
IGELKOTTのアランちゃんもJolieのミキちゃんも私も、皆さんの笑顔を思い浮かべながら毎日作品を作っています。
作っている時は、私たちニコニコしています。好きな事ですから。。。
今回も作品展の案内ハガキはそれぞれに出すことにしたので、複数の案内状が届く方も多いと思います。
VOICE OF PLANTSの案内状はすでに発送しました。
「まだ届いていない」または「VOPのも送って!」という方はメールフォームよりお知らせください。
IGELKOTTさんとJolieさんは「高速回転中なう」らしいので(笑) まだかとは思いますが近々届くと思います。
遠方の方で「来ていただくのは無理かな・・」と思う方にもハガキを出させていただきました。
来られなくても、ポストに届いたハガキを見てちょっとニコッとしてもらえたら嬉しいです。

作品展に関する詳細は このホームページのInformation (Click!)  Preserved Flowerをご覧ください。
日常の中でも 皆さんがニコニコしていますように・・・  

HIRO
Img_81fa9388728e4a6ae1e21c32474edf49ec7e7161
『ニコニコ展』の会場は、去年と同じ大阪市西区の「ギャラリー道」です。
靭公園の北側に隣接していて、窓からは公園や市民用テニスコートが見えます。
東京に比べて、街なかに緑があまりない大阪では数少ない人々の憩いの場となっています。
ハガキには「地下鉄四つ橋線:本町または肥後橋」と書いてありますが、御堂筋線淀屋橋から歩いても12~13分です。
御堂筋線の本町駅から地上へ上がって御堂筋を通っても徒歩12~13分です。 本町駅で地下を歩いて
28番出口を目指すより、地上を歩く方をオススメします。ちょうど御堂筋の銀杏並木が美しい時期なので!
京阪「渡辺橋駅」から歩いても10分くらい。渡辺橋駅上には「堂島ロール」で有名な「モンシュシュ」があります。
「ロール」といえば、ギャラリーの近くでたまたまメチャうまロールケーキを発見しました!
『マメ6(まめろく)』というお店 (Click!) 。 甘党の方は要チェックです。
この界隈はバールやビストロもいっぱいあって、ちょっとオシャレな大人の街です。
「ランチするけどどこがいい?」かは聞かないでください。見て通るだけで入る時間がなかったから知らない・・(^-^;
去年来てくださった方で「美味しいお店」を知っている方、教えてくださいね。
「ランチするけどどこがいい?」って必ず聞かれると思うので・・・(笑)
「大阪一」のパン屋さんと言われる『Takeuchi』の混雑ぶりはエスカレートしています。「並ぶ」「売り切れ」は覚悟で・・

↑ 画像は去年の『ココカラ展』の時に撮ったものです。今年は去年よりも時期が少し早くてベストシーズンだと思います。
靭公園ではモミジは見かけませんでしたが 紅葉が美しい大きな木がたくさんあります。楽しみ~
11月なら バラ園の花もまだたくさん咲いているハズ。つうこが敬愛するバラ職人小山内氏設計のバラ園・・・
!! そだ!「つうこさんと巡る靭公園"秋のローズツアー"」っての企画しましょうか!
参加ご希望の方は1泊2日をご予定ください・・・(笑)
ま、それは冗談ですが、もし会場につうこがいたら一緒にバラ園へ行くと楽しいですよ。
『ニコニコ展』にはVOPメンバーであるつうこさんも、モチロン絡みます。そちらもお楽しみに!

HIRO

Img_2bad36f08735792a02d795e84a0c131a458ee324
待ちに待った「コラボ展」開催のお知らせ! やはりウキウキしますよね!
ふだんはページのむこうにある作品に実際対面するのは、ライブで演奏を聴くのと同じ喜びがあります。
美季ちゃんの笑顔が閉じ込められたようなほっこりとしたフェルト作品❤(ついぬくもりを確かめたくなります・笑)
あらんちゃんのお約束「この度のたくらみ」もとても楽しみ❤(私の名前がうっすら見えるアレ、ゲットしなくっちゃ・笑)
溜息のでるようなHIROのお花にうっとり❤・・独創的な作品「キタキタ、これこれ~」っていうのも絶対ありますよ!
あ~この空間そのまま全部家へ持って帰りたい!と思われるのはワタシだけではないですよね❤
「高速回転中なう」だそうですが、去年は「必死のパッチ」ってみんな言ってました(笑)
作家さん方、頑張ってくださーい!!
私も絡みます。できることがほんのわずかな私の「アレ」です(笑)また、改めてお知らせしますね!
そう、昨日靭公園の紹介もされていましたが、いらっしゃる方、是非公園のバラもご覧ください!
オースティン・ローズもかなり新しい品種が見られます。Rose gardenの小山内さんの講座にHIROと参加した時
「あのバラ園も僕がデザインしました」と聞き納得・・都会の真ん中で生きるバラ達をしっかり見てこようと思っています。
さて、今日の画像は 「スイート・ジュリエット」
Bbsの方に投稿くださった素敵なバラ達の4番目、春はこんなふうに咲きます。
1989年、デヴィッド・オースティン作出 交配種は Graham Thomas x Admired Miranda
Img_a08b96454048fc669e2cfd3f3bbde3c51f5f3c04
花径8cm、アプリコットがかったオレンジ色でカップ咲きから
ロゼット咲きに変わります。 5輪前後の房咲き。上の画像のように
丸くふくらんだツヤツヤのつぼみから、しっかり開き切った花まで
ワンセットの房があちこちに・・樹勢が強く、生育も旺盛。
強健種、日照不足や半日陰でも生育がよいそうです。
5月のガーデンで、おおらかに陽気に咲くジュリエット達・・
大方のバラの例にもれず、芯は「強い」ようです。
「ロミオとジュリエット」の有名なあのセリフ「おお、ロミオ、ロミオ、なぜにあなたはロミオなの・・」の後には
「お父様と縁を切り、家名をお捨てになって・・それが嫌ならせめて私を愛しているとお誓いくださいまし・・
私にとって敵なのはあなたの名前だけ。たとえモンタギュー家の人でいらっしゃるとしてもあなたはあなたのまま・・
名前にどんな意味があるというの?
バラと言う花にどんな名前をつけようとも、その香りに変わりはないはずよ・・」と続きます。
そうですね・・どんな名であれ、バラはそこに咲くべくして咲いているのですが・・
もしどこかでこのアプリコットのバラを見かけたら、
「あなたは・・ジュリエット・・」と思いきって声をかけてみてください。 ただそれだけで
「私の名前をご存じなんですね・・❤」
このバラは柔らかに微笑み、頬をほんのり染めてうつむくでしょう・・
間違っても「『スイート』も前につけてくださいますか?」なんて自分からは言いません(笑)
Img_7cc8f08510737116ab14b1b99fcd721e20e2bb99
つうこ
Img_0130a7fb52aa98eb2505e2c1cbfc8874d59a22e4
作品展の直前になると いつも「必死のパッチ」です。
そうなるのわかってるんだから、もっと早くとりかかればいいのに・・・学習しようよ・・・と毎度思うのですが
早くとりかかっても結局 最後は「必死のパッチ」になる、と決まっているのです。
途中で「あ!コレをこうしたら・・」とか「コッチの方が面白いかも・・」とイロイロと思いつく、、、方向転換は全く平気・・
そして思いついたらやってみないと気が済まない性質なので。。。
早くとりかかると思いつくことも多くなる分 余計に忙しくなるというスパイラルに自ら勝手に巻き込まれ
結局最後は「高速回転」せざるをえない状況になるのです。「必死のパッチ」でやらないと達成感ないしね・・(笑)
でも最後の追い込み「コレ間に合うのか(-"-;」という焦燥感と、寝不足によるフラフラ~はかなりコタえるので
できれば避けたい・・・ 余裕持って仕上げたい、今年こそ・・・ と、ちょっと早めから馬力をかけています。

『ちまちま展』では「オールドローズ」、『ココカラ展』では「IGELKOTT・Jolie Saison29とのコラボ:あらんちゃんが縫製した
花器とミキちゃんが作ったフェルト玉を使ってアレンジ」・・・というように作品展ごとに自分なりのテーマや課題を持って
臨んでいるわけですが、 『ニコニコ展』の私のテーマは「eco」と「スロー」。
地震が起きたり、台風が来たりで停電生活を余儀なくされた方も多かったことでしょう。で、手近なところに
ローソクはひとつ置いておきましょうよ、 というご提案の意味をこめてキャンドルアレンジをたくさん作っています。
キャンドルアレンジ、というと私自身も「クリスマス」というイメージが強かったのですが
年中置いてあってもおかしくないようなステキなもの、可愛いものを思いつくままに作っています。
対停電対策のみでなく、特別な日の「特別な演出」をお手伝いできると嬉しいです。
電燈を消して、キャンドルを灯すと世界が変わりますから。 「eco」で「スロー」な時間が流れます。

キャンドルアレンジ以外の物もたくさん作っています。
完成予想図はないままに「あ!コレ使ってみたい!」と思って貯蓄した花材や資材が山積み (^-^;
これらを全部カタチにしようと思ったら、「超高速回転」は必至!今年もやっぱり「必死のパッチ」な予感です。

HIRO

Img_a0769d47efb6c273dd54ddec19de6a2911046784
この夏「サイトウキネンフェスティバル松本」で指揮台に立たれた小澤征爾さん
まずはこの音楽を届けられた小澤さん自身の言葉を・・

「3月11日に東日本大震災が発生した直後、私はあまりの被害の大きさに
 こういった状況下では音楽は無力ではないか・・と思わずにはいられませんでした。
 しかし、阪神大震災の起きた時も ニューヨークの同時多発テロの際 その直後に演奏した時も
 多くの皆様が音楽に聴き入ってくださったことを思い出し
 音楽には 命に密接につながった強い力があるのではないかと思うようになりました。
 私達は音楽家として、また音楽に関わるものとして そうであることを信じ
 今年もサイトウ・キネンフェスティバル松本での最初のオペラ公演での冒頭を
 東日本大震災で失われたすべての命と被災された人々に捧げ
 バッハのアリアを演奏することに致しました・・・」 

画像は最後の音が消えた瞬間。 音楽に接した全ての人が共有したこの後の「静けさ」・・「想い」をひとつにした時間でした

先週土曜日NHKで放送された「世界から日本へ~音楽のメッセージ」、ご覧になった方もおられるでしょうね。
番組は、会場に設置されたスクリーンでさまざまなチャリティーコンサートを鑑賞しながら
東京会場からピアニスト小山実稚恵さんの生演奏、指揮者(元オーボエ奏者)の宮本文昭さんの興味深い話を
中継のつながった仙台市、釜石市の会場からインタビューも交えて進められました。
チェロ奏者ヨー・ヨー・マさんから届けられた演奏もありましたが、録画ミスで途中から(悲)再放送チェックをお約束します。
今日是非とも紹介したいのはコチラです。
Img_52e77b5ae5662efc40dea87918c9084f389753e7
Img_f5628aceb4c4c0b33eccf4008fce2a5af17bfc72
Img_265c257cd8c7bf528414ef6ed2446033e8d30c1b
昨年夏のdiary でも紹介した「ルツェルン音楽祭」
中央スイスにありワーグナーやラフマニノフも暮したルツェルン市では、1910年代から小さな音楽祭が行われていました。
ザルツブルグ音楽祭隆盛の陰で1920年代には衰退の一途をたどっていたこの音楽祭
皮肉にも ナチスドイツのオーストリア併合によりザルツブルグ音楽祭を締めだされた音楽家達を集め
1938年 名指揮者トスカニーニのもと 最初の国際音楽祭を開催する運びとなります。
「戦禍の中始まったこの音楽祭の精神を私達は受け継いでいます。愛と情熱を注いだ音楽を届けたい・・」と語るアバド氏
ルツェルン祝祭管弦楽団との演奏はマーラー交響曲第10番「アダージェット」♪
そしてこの度の音楽祭で打ちだされた素晴らしい復興支援プロジェクトがあります。
「ARK NOVA」8月に開かれた音楽祭でこの企画が発表され、大きな話題を呼んでいました。
ルツェルンのオーケストラが東北を巡回、被災地で演奏会を開こうというものですが、会場となるのは移動式のホール!
トラックで運べる移動式のテントのキャパは約700名、コンサートホールに劣らぬ音響で音楽を堪能できます。発想に脱帽・・
中央はそのデザインデッサンの一部、右側ショットは設計を担当される建築家 磯崎新さん。
詳しい内容はコチラをどうぞ!斬新なデザイン!音響、建築、デザインの分野でも注目を集めそうです。  (Click!) 
来年春に向けて準備が進められているそうです。クラシックにとどまらずジャズやダンス、演劇、マルチ・メディア等
様々なアート・プロジェクトが提供されるとのこと。本当に楽しみですね!!!
Img_b99059a96ef62b449f725ddb690ecaa051b6410c
Img_1b9c76e195043d9b2bd899efce1a83cca760e1e4
Img_b84a444bf81172f0e4c93eb9996457378c115289
そしてこちらは5月に開かれたベルリン・フィルのメンバーによるチャリティーコンサート
ファンならワクワクする名演奏家達の共演はコンサートマスターを務める 樫本大進さんの呼びかけにより実現しました。
まず左側、変わらぬオ―ラのマルタ・アリゲリッチさんと室内楽の名手イタマール・ゴランさん
なんとオープニングは「赤とんぼ」を連弾で!何よりのプレゼントですね♪
中央は、チェロの詩人ミッシャー・マイスキーさん、ベルリンフィルのもう一人のコンマス、ガイ・ブラウンシュタインさん
ビオラのトップ、アミハイ・グロスさんも加わり「シューマンの5重奏」ソロでもきわだつ名手達による、迫力の演奏でした♪
そして右側、「早く東北にきて演奏したいと思っていました!」と語る樫本さんとベルリン・バロック・ゾリステン
コンサート移動の合間をぬって、仙台市の中継会場にかけつけ、ビバルディの「四季」から「夏」第3楽章を。
気迫のこもった演奏に再び感動 ♪ トリオ、五重奏、室内楽・・いずれも一人一人のエネルギーと想いがダイレクトに迫る
「熱さ」をたっぷりと味わうことができました。

仙台、釜石の会場で演奏に聴き入っていた人達から、「心にしみました」「力がわいてきました」などの言葉が・・
震災後に体育館で聴いた小山さんの演奏に感動し、「ピアノを弾きたくなりました」と笑顔の小学生
「私達もこの地で頑張って演奏活動を続けていきます」と語る市民吹奏楽団のメンバーの晴れやかな顔が印象的でした。
「世界の人達がこんなにも僕たちのことを思ってくれたのがわかってとても嬉しいです・・」
小学生の男の子の言葉が、私達の気持ちを代弁してくれています。
素晴らしい演奏家たちの心からの音、熱い想いに触れ感謝の気持ちでいっぱいです❤

つうこ
Img_baaa529741ee01bccdfd5903f9fdbf43184776b4
今日もいいお天気でした。
今日みたいな日に このスヌーピーのついた飛行船に乗ったらどんなに気持ちいいでしょうね、乗ってみたい!
でも、何か気にかかっていることがあったり・悲しい出来事があったり・何となくやるせなくてダメダメな時、
お天気が良すぎるとかえって辛くなることってありませんか?
こーんなに天気はいいのにワタシはどうにもこうにもアカンな~、って時・・・
でもね、その気持ちがずーーっと続くわけではありません。
また雲ひとつない空をしっかりと見上げて「あ~、いいお天気!!」と思える日は必ず来ます。
「どうにもこうにもアカン」時のオマジナイの言葉は『ゆっくりゆっくり』
あまりにも天気が良かったので そんなことを思いました。

HIRO

Img_2ae9b0610fac09f11539907a243b6eb4e484dc80
突然ですがお尋ねです。
左利きの皆様! 左手で文字を書いていて間違った時、右手で消しゴムを持って消すことができますか?
今まで出会った左利きの人によると「必ずペンを置いて左手に消しゴムを持つ。右手では消せない」そうです。
数年前、毎週地元のライブハウスのジャムセッションに参加していました。セッション後は深夜のファミレスで、
「○○のアルバムのアソコがいい!」とか「今度あの曲やりましょうよ!」とかワイワイ盛り上がるのがおきまりの絵。
毎回行く限られたメンバー6人のうち、なんと4人が左利きでした。(サックス2人、ドラム2人)
テーブルにつくときは、おはしやフォークを持つ手がぶつからないよう右利きは左利きの右側に座るように・・
その時に聞いた話です。左利きの人が「そう!右利きの人って右で書きながら左で消しゴム持って消せて器用ですね~。
私達絶対ソレできないんです。」 「そうそう!ソレでけへんわ~」
いえいえ、左手で包丁もってお料理したり、さらさらと文字を書いたり・・かと思えば「おはしとお習字の筆は右手」と
どちらも使い分けたり・・よっぽど左利きの人の方が器用です!
スポーツ選手でも左のまま通す人もあれば、無理矢理右に替えたり・・
世の中には「右利き」に都合のよいようにできているものがほとんどなのに、ちゃんと適応できるし、ホントにスゴイ!!
なのに! 消しゴムだけは必ず左手に持ち替えるという話は妙にうけてしまい、左利きの人に会えば尋ねてしまいます。


昨晩 Bbsにト二ーベネットの新譜の紹介をいただきました。ありがとうございますm(__)m
ページを開いてみましたが、デュエットもバックの演奏も最高にゴキゲンですね♪♪私も聴いてみます♪
懐かしくなって引っ張りだしたアルバム。エヴァンスが左手にペンを持っている事に気づき左利きの話になりましたが・・
ト二ーベネットののびやかな声とエヴァンスのピアノのハーモニーの色づけがしっとり融け合ったデュオアルバムです。
この季節にぴったりです。 よろしければどうぞ・・♪

つうこ
Img_875050b90550990fe1095db56a098f595f1e63cb
一緒に住んでいる義母は80歳を超えています。
嫁とはちがってあまり出歩くタイプの人ではないので携帯電話というものを持ったことがありませんでしたが
このたび、ケータイを持ってもらいました。 ↑『みまもりケータイ』です。
ディスプレーとボタンがひとつ付いているだけですが、ちゃんとした携帯電話です。大きさは普通のケータイの半分位。
ボタンを押すと指定したオーナーに電話がかかります。
オーナーが電話をとれば通話できるし、オーナーが電話をとれない時には「みまもりケータイから電話かかってたよ」と
メールで通知されます。GPS機能がついているので位置情報も確認できます。
防犯ブザーも付いていて、それをひっぱった時には大きな音が鳴るだけではなく
「みまもりケータイへ至急連絡してください」というメールが位置情報とともにオーナーに届きます。
このみまもりケータイ、電話をかける方はワンボタンでオーナーの電話番号宛てにしかできませんが、
かかってくる方はオーナーが設定した最大20人からの電話を受信、ボタンを押せば通話できます。
主に「お子様向け」に開発された商品だと思うのですが、新しい機器の操作はちょっと困難であろうお年寄りには
うってつけの機種だと思うのです。ナースコールみたいなものですから・・・
義母のみまもりケータイのオーナーは「私」になっています。
チビッコ並みのケータイとはいえ、生まれて初めてケータイを持ったおばあちゃんはかなり嬉しそうです。
嬉しくてたびたびボタンを押されるとちょっと困る・・・ と内心思う 自由にウロついている嫁であります(^-^;

HIRO
Img_5620668099bc4fbf627ef5d2262aee02a63c8946
画像はかれこれ1年半お世話になっている「執事」です。仕事ぶりは申し分ありません。
この頃はメールも少なく、ちょっと手持無沙汰・・そんな時は狭い部屋を床を見つめながらいったりきたり・・
時には考え込みすぎてエアー障害物につまづき・・でもすくっと起き上がると重そうな頭をフリフリいったりきたり・・
ちょっとした思索家なんです。 今日考えていたのは『人生』について・・
なぁんていうのは冗談ですが、本日限定の服を着ておでましだったので記念撮影(^-^)v
今日はちょっと仕事関係の資料整理をしていました。 あっ、執事ではなくワタシがです(笑)
過去問から重要単語・熟語を抜き出し、テーマ別(『言語』『文化・歴史』『科学』『医学』『メディア』・・)に分類する作業
この単語はココかなぁ?と分けてみて『人生・心理・人間・哲学』に並んだ語にちょっとビックリ 
「~と片付けてしまう、あてにならない、曖昧な、疑念を抱く、へつらう、~に巻き込まれる
自己犠牲、名目上の、苦悩する、流動的な、・・それでもやはり」
たまたまその文章が≪アイデンティティ≫を扱ったものだったからなのでしょうが、それにしても人生、人間って・・(汗)
読者の皆様は、「ふ~ん、ある意味真実やん・・」と、デンと構えておられると思います。
それは最後の「それでもやはり~~~」で「今」があるからですね!(笑)
そう・・「VOP]という項目があればここに入れたい語はたくさん!「ゆる~り」なんて間違いなく入ります。
せっかくなので執事を前からどうぞ。カワイイでしょ?2等身(だから転ぶ?・・・笑)
この衣裳もあと数時間で見収めです。
Img_2d970e0d07faef411872309fc1591a8fc53f775b
つうこ