Img_a32c7455e495283a5275d5cc0ba70d6976eb1c43
あいにく雨のスタートになってしまいましたが、今日から5月です。雨に洗われた新緑が美しい*(^-^)*
お天気が少々悪かろうが、今日のワタシは朝から上機嫌↑↑↑だって、今晩は待ちに待ったStable Notesのライブです♪
メンバーはそろそろ楽器を車に積んでリハに出かける頃でしょうか。メンバーたちもきっとワクワク♥
1年半ぶりのハチローくんのエレベ、アサコちゃんの歌、楽しみです!アルバム"On the HORIZONE"のオリジナルメンバーですからね。ハチローくん、ライブハウスで鍛えられてまた腕を上げているんだろな。。。
ウッベの出宮くんが「新婚」だということで(ヒューヒュ~❤)オトナなハズの他のメンバーがなぜかテンション上がって
いるようで、それが今回のライブにどう作用するのか・・も見どころのひとつです(笑)。
もうひとりのヴォーカル・大切な妹のようなJUNKO、今回は私が一番聴きたかった歌を唄ってくれるようです。
皆様、ハンカチのご準備を・・・
今頃 新幹線で神戸に向かっている初穂さん、またあのピアノが聴けると思うと嬉しくてたまりません。
そして、いつも変わらずStable Notesを支え続け音楽をひたすら愛してやまない3人のオトナ、、、
リーダー・ヒロリン・われらがつうこちゃん❤❤❤ 
いつもだけれど、今日はいつもより増してたくさんの伝えたい「想い」 音に乗せて届けてくださいね!とても楽しみです。 
では、今日行かれる皆様 のちほど会場でお会いしましょう (^-^)/ 皆さんがお出かけになる頃にはお天気回復します。

HIRO
Img_042a8d322f769c5a23712de19fbe82bcbdb34d80
Img_fc9b7eea1eea3198360f9935b17a4ecbe4ba3427
昨晩のGreat BlueでのStable Notesライブ♪ 60名ものお客様をお迎えして大盛況のうちに終了しました。
事務局より、たくさんの方々お越しいただき本当にありがとうございました!!
満員電車のようにすし詰め状態、「立ち見」で聴いてくださったお客様がた、ゴメンナサイm(_ _)m
「立ち見ですが・・」と言われても文句も言わずに立ったまま聴いてくださったお客様、どうぞこれに懲りずにSNのライブ
ぜひまたお越しくださいね。今回は「想定外の混雑」・・・いつもならちゃんと座って聴いていただけます。
「想定外」に忙しい思いをさせてしまったGreat Blueのスタッフさんにもお礼を申し上げます。
目が回るほど忙しくても気持ち良い笑顔でキビキビと動いてくださるGreat Blueのスタッフさんたち大好きです。
想定外の盛況ぶりに大喜びのメンバーたち「(ライブとライブの間)空けてみるもんやな~」とノンキに言うので
「空けすぎや!」とツッこんでおきました。メンバー本人であるつうこからの「感謝の言葉」は明日こちらで。
せっかく来ていただいたのに混雑でご迷惑をかけてしまった方もあるかもしれません。
Stable Notesのライブに関するご意見やご要望などありましたらこちらのHPよりお聞かせくださいね。
と、いうワタシは身内だったり、お客だったり・・・
アッチいったりコッチ来たりで中途半端な立場ではありますが 昨日のライブを一番楽しんでしまった一人です。
待ちすぎていたので一瞬のうちに終わってしまった・・もっと聴きたかったよ~ と感じますが・・
やっぱりStable Notesのライブはイイ!! 「自分もがんばらなっ!」って思えます。ソコか・・(笑)
いやいや、もちろんソコだけではありません、、、言葉では書きつくせない「何か」をいつもくれます。
「何か」をちゃんとコトバで書いて!とつうこに言われそうだけど・・・(^-^;
一緒に聴いてくださった方にはわかりますよね。。。
Stable Notesの音楽を聴くと不安な気持ちの中にも一瞬光がさすような・・
ちょっと力がわいてくるような・・・ そんな気持ちになる、と昨日また思いました。
それはきっと彼らが音楽に支えられ歩み続けてきた、そしてこれからも歩み続けて行くという
「生きる姿勢」のアウトプットだからかもしれません。 トシとるのも悪くないやん~
じゃ、今度は客席から、    ありがとう!Stable Notes❤

HIRO
Img_c2a3d1b4f4496e504e1ac40909fa516916682983
心配された雨もあがった一昨日、Stable Notesのライブが終了いたしました。
本当にたくさんの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
いつも応援いただいている皆様、5月連休は、と予定を入れてくださっていた皆様、ありがとうございました。
そして初めてお越しいただいた皆様、楽しんでいただけましたか?
この度はベース2人、ボーカル2人という特別企画で臨みましたが、同じオリジナルもベーシストによる変化、
それぞれのボーカルの個性を楽しんでいただけたなら幸いです。
お届けした曲目はこちらです!

≪ the 1st Stage ≫
1. Lady Bordeaux (bass ハチロー)
2. Labyrinth (b/ ハチロー)
3. As a falcon flies (b/出宮)
4. A Nightingale sang in Berklee Square (v/JUNKO b/出宮)
5. Page 14 (b/ハチロー、出宮)
6. Touched by the fiery eyes (v/アサコ, b/ハチロー)
7. Bird's eye view (b/出宮)

≪ the 2nd Stage ≫
1. Feast (b/出宮)
2. Spiral Constellation (b/出宮)
3. Beki (v/アサコ、 b/ハチロー)
4. Wreath (b/ハチロー)
5. 時よ (v/JUNKO、 b/出宮)
6. Down the Road (b/出宮)
アンコール 
  Blessing

ステージ側からお伝えすることはいつも限られていますが・・素晴らしい仲間と音楽ができること
そして何よりもそれを受け止めてくださる方への 心よりの「感謝」に尽きます。
素敵な歌を届けてくれたアサちゃん、JUNKO。男子な「勢い」?のライブに華やかさ、そして
「人の声と言葉」に触れる温かみをありがとう。
久しぶりのハチロー君、白魚のような手の鮮やかな運指を又見ることができました。
Bordeauxでステップを踏んで弾いてくれていましたね♪ ありがとう!
新婚出宮君、名古屋よりようこそ!昨年3月加入以来、骨太なウッドベースでSNを煽ってくれました。
若きジャズマン、頑張って!神戸方面での演奏の際は、SNに知らせてください。捕まること覚悟で(笑)
SNのリーダー、廣野さん、お疲れ様でした。このバンドの勢いはやはりこの結成以来のメンバー2人が牽引しています。
人間ドックにも入り(リーダ!)たばこも控え(廣野さん!)健康に留意しつつこれからも頑張りましょう!
そして初めてのVGライブより7年間参加いただいている古川師匠、いつも素晴らしい演奏をありがとうございます。
これからも師匠に参加いただけるバンドであり続けたいです。

終わってみるとまた次の山が見え・・というのが正直な感想です。
これからもずっとそうなのでしょうが、少しずつでも前へ進んでいきたいです。
Stable Notesの音を受け止めてくださった皆様、本当にありがとうございました。
Great Blueの皆様、チームVG,HIRO、お世話になったすべての方々に御礼申し上げます。
ありがとうございましたm(__)m

つうこ
Img_038a20e2d3f5e46bd1b457e9fad4200ddad582d5

ライブ報告・・・・・オマケ

← 新婚出宮クン(愛称デミィ)
昨日の写真 ↓ は「大きくして見られると困る・・」人が多いので
クリックしても大きくなりません。ゴメンナサイ。。。
唯一アップに耐える若干26歳のデミィの写真は大きくなります(笑)。
キラリと光る薬指の指輪・・・
末永くオシアワセニ♥♥♥♥♥

HIRO
Img_c6836d57605eddb797791231f00de90d5474a62d
昨日は『阪急電車』という映画を観ました。
「阪急電車」は京都線・神戸線・宝塚線とあるのですが、
神戸線と宝塚線を結ぶ「今津線」というのがあるのをご存じでしょうか?
この映画『阪急電車』は阪急の中でもその今津線を舞台にしています。
今津線・・・つうこや私が学生時代毎日お世話になっていた電車
西宮北口・門戸厄神・甲東園・仁川・小林・逆瀬川・宝塚南口・宝塚。
有川浩さん原作の単行本はベストセラーになっているようですが
私はまだ読んでいません。
新聞広告を見て今津線の話しだと知り ただ「懐かし~、見てみよう」と
思って見に行ったのですが、とてもいい映画でした。
宮本信子さん扮する「時恵さん」という女性がすごくステキでした。
最近ちょっと背中が丸くなってしまっていたり、肩を落としていたり
逆にギンギンに肩にチカラが入っている方、『阪急電車』観てみてください。
スゥっと自然に背筋が伸びて、その視点から見ると
ちょっと景色が変わって見えることに気づくような、気持ち良い映画でした。
GW「映画見にいこ」と思ってもたくさんの映画が上映されているので迷ってしまうかもしれませんね。
他の映画は観ていないのでわからないのですが 『阪急電車』はアタリです。
女性の方には特にオススメ、男性もデートで観ると「チャンス有り」かもしれません。何のチャンスやねん・・(笑)
今津線や阪急電車を知らない方でも タイトルに関係なく十分楽しめると思います。
思い入れがあるワタシはなおさら・・・
戸田恵梨香さん扮する女子大生が「この電車に何か恩返しがしたくて」と言うセリフがあるのですが、
私も・・「一生の友達」と思える人たちと出会わせてくれた今津線 また乗りに行きたくなりました。

HIRO
Img_11e6eabf7bda8a120d949f39f1d1664188fd5d5e
今日でGWも終わり、皆様、連休はいかがお過ごしでしたか。
お休みの方々、充分リフレッシュされましたか?変わらずお仕事の方々御苦労様でした。
え?毎年連休あたりから、やたら頑張るあのコ達はどうしてるか?ですか?(誰もそんなこと聞いてない?笑)
バラのつぼみはどんどん太り、クレマチスも絡み始めました。あのコ達の季節到来です。
もうしばらく花を待つ間、昨年のRose Gardenで撮ったバラを紹介しましょう。
あっ、今年も行きますよ!「枚方~魅惑のRoseを訪ねて~2011」HIROからお誘いがありました。楽しみです!
さて、画像マスタードのバラは「チャールズ・ダーウィン」2003年、デヴィッド・オースティン作出
花弁の外側は白に近いベージュ、開きかけの花はゆで卵を花形に切ったみたいで、とても美味しそうでした。
交配種は実生×実生・・さすが「種の起源」の著者の名のついたバラです(笑)


そういえば、ダーウィン先生、人生の大半をソファの上で、また何年も寝たきりでお過ごしになられたそうです。
若い頃から心臓病を患っていると「思いこんで」おられ、あのビーグル号に乗り込み博物学者として働くポストに
応募した時も健康状態のよくないことを理由に断られるものと覚悟されていたとか・・
ところが採用され、奥地への厳しい探検ではとてもハッスル。同行メンバーが疲れ果てて歩けなくなっている時にも
水を探しにいけるほどお元気だったそうです。好きなことになると別人のように頑張られたのですね(わかります・・笑)
それでも、体力のなさ、疲労、頭痛、気力低下にはずっと悩まされ、知らない人と少し話をしただけでも
夜眠れなかったり、窓の外をみるだけで疲労が強すぎる、と感じられるほどだったそうです。
先生は一日2時間だけものを書いたり実験をしたり・・そんなの午前中で終わってしまいますよね。
でもコトが順調に運んでいると「あ~今日はよく仕事をした」と満足気に仰ったそうです。
午後は犬の散歩、その後ソファで読書、重い学術書は2つに切って読まれたとか(そんな・・・汗)
そんな病人の生活でも、もちろん大学者の脳は活動していました。
先生が大胆な考察に思い至ったのも、ソファに寝そべり物思いにふけり、長時間沈黙と孤高を護っていた時です。
「どんな問題であれ、長時間熟考できる限りない忍耐力」ご自分の貴重な資質をそう語っておられます。
この大学者の実験室、その熟考を支えたソファってどんなソファだったのでしょう・・
長時間でも腰の痛くならない適度な固さで・・
とポイントのずれた妄想が膨らむどうしようもないワタシです(笑)
いつものプレートありませんが・・チャールズ・ダーウィンです!


Img_57c653738ae8c754cbc9cc3867044d0a0d7a8835
つうこ
Img_9c820bd2e3808c9aec3cb2e67450b30112a781e2
他でもありませんが、ウチのネコ「メイ」は「玉葱のスライス」に異常なほどの反応を示します。
この画像のようにさっきまで寝ていたかと思えば、目の色を変えて足元にまとわりつき、調理台にまで上がろうとします。
バンパイヤ?いえいえ・・実は、それほど食べることには執着しないこのコの大好物が「カツオのたたき」
まだカツオは冷蔵庫にあっても、この後には出てくることを知っているのです。
ぽーとしてるわりには、ちょっとするどいところアリマス。
でも犬のように「待て」「よし」ができるわけはなく、邪魔しかしないのでダイ二ングの外に出します。
すると、ドアをガリガリ・・「早く早く!」とうるさくて大変です。
人間の食べる分を切り分け皿に、メイの分はいつもの猫の缶詰をテーブルの下のネコ用膳にセットします。
準備完了!「いいよ」とドアを開けるやいなや、突進したのは自分の皿の缶詰・・(唖然)
何の為にあれだけ玉葱のスライスに反応したか、もう忘れてしまっています。 残念・・↓

また、お風呂のお湯を張る時、お湯の入る音の微妙な変化で「もうすぐだよ」・・と足元スリスリして知らせます。
これもびっくり! ほんとうに7分目まで入っているのです。数秒経つとタイマーが鳴ります。
そのあと、水をオケにくんでもらって飲み(人の手をわずらわせ、汲みたてを飲むのが好きです)、
風呂の淵にあがって、張ってある湯を眺めながら、ぼーっとしています。
ところが、「漱石の猫はカメに落ちて死んだ・・」と心配のあまり、「メイが風呂に落ちて溺れる夢」を見た兄は
お風呂のフタをホームセンターで買ってきました。
次の日から、お風呂には一切興味を示さなくなりました。
ちょっとした芸ももう忘れてしまっただろうと思うと、少しサビシイです・・ 

あと・・、テーブルの上に本や雑誌、たとえ紙一枚でもあれば、必ずその上に座ります。
「台座」が必要なのです。分厚くやわらかいほど言うことはありません。
毎月1日は、父親の月命日なので、お坊さんがお経をあげに来られるのですが・・
そのお坊さんの座られる座布団、もう大のお気に入りです。
お坊さんの来られる前に座ってしまうので、「あ~、もう!」と怒りつつも、
雪の日に信長の履くぞうりを暖めて外で待っていた秀吉みたいやなあ・・と写真を撮りました。
「サル!ワシの草履の上に座っておったであろう!」「いえいえ親方さま。この懐に入れて暖めておりました」
う~ん、この場合、座ってますけど仕方ありません。
えーっと・・今日はタイトル「ネコばか日誌」にした方がよかったですね。失礼しました(笑)
Img_708c7bbc5d5e10a007ec72066e551e8ee8bd492b
つうこ
Img_226bb27379bc72895b9a777d52304e4f2d3f704c
↑ コレは私の娘が小学生の時「母の日」に私にくれた「お手伝い券」です。
よくよく見ると「'96」と書いてあるので15年前のことですね・・・ 「りぼん」の付録だったかな?
本人はこんなモノ渡したこともすっかり忘れているでしょうが
私はこれをずぅぅーっと大事に持っていて、いつかカラダがきかなくなった時に
おもいっきり「お手伝い」してもらおうと思っています。  コワッツ・・(^-^;
いえ、、、冗談です。。。 そんなことはさせたくありません。(させないようにお母さん頑張るから~!)
ただ使うこともできず捨てることもできず、現在に至っている・・・というだけのハナシで・・・
たぶん10年後も20年後もこれは私の手元にあって
母の日が来るたびに「こんなのくれたなぁ、カワイかったなぁ・・」と思うのでしょう。
皆さんも忘れているかもしれませんが、お母さんはあなたがむかーし昔渡した「お手伝い券」をまだ持っておられて
今年あたり・・・ ココゾというシーンで出してこられるかもしれませんよ・・・
その時は潔く「お手伝い」しましょうね! 「手伝う」って言ったんだから (^-')b

HIRO
Img_8b9b91eb8b5df655607e8b8df6989816cbc12915
ゴールデンな週が終わりましたね。 主婦でもあるワタシは「ハァァ~ やっと終わった・・」という感じです。
「うんうん・・・」という主婦たちの「うなづき」が聞こえてきそうです・・・
ご飯ってなんで1日3回も食べなくちゃいけないんでしょう・・ 1日1回ならいいのに・・・ うんうん・・・(笑)
ま、連休が終わったからといってご飯を作らなくてもよくなるわけではありませんが、
何だか連休中ってご飯ばかり作っているような気がするんですよね。 主婦同士 ねぎらい合いましょう。。。
主婦の皆さんご苦労様でした! 次は「お盆」まで・・・ とりあえず前半戦のヤマ場は超えました。
でも、元気でいて自分がこしらえたご飯を食べさせる人がいるってことはシアワセなことなんですよネ。
ご飯を作ってもらえる人がいるってのもシアワセなことですよネ。
今年はそのどちらかを突然なくしてしまった人も多いのですから・・・
さ、明日から また「通常」に戻ってがんばって働きましょう (^-^)/

HIRO
Img_b4e378caac6f5ea365f57195821bb002a75a99af
              今朝は久しぶりにカメラを向けたくなるような気持ちよい青空です。
              明日からしばらくはお天気崩れる? 今日のこの青空を堪能します。

このホームページはつうこが所属するバンドStable Notes(ステイブルノウツ)の広報係も担当しています。
メンバーそれぞれに仕事を持ちながらの音楽活動、公式HPを管理する時間があるなら練習したい人たちなので。
Stable Notesのライブ情報などはこのVOPがどこよりも早く正確にお届けいたします♪
と言っても、Stable Notes→VOICE OF PLANTSがそれほど有名ではないのでネットで「Stable Notes」を検索したら
たまたまこのHPに行き当たった・・といって来てくださる方もおられます。 ようこそ~(^-^)/
ライブの回数が少ないので、聞き逃すとなかなか「次」がこないStable Notes・・・
ネットで探せば行き当たるように、私はがんばって「Stable Notes」やメンバーの名前を連呼しようと思います。
で、今日連呼するのはドラムの廣野和男さん。
廣野和男さんは「練習のムシ」の集まりSNの中でも、メンバーたちから敬意を払われるほどの「練習のオニ」。。。
とにかく、ずうぅぅぅぅーーーーっとドラムを叩いている方です。ドラムが好きで好きでタマラン❤のだそうです。
「好きこそモノの上手なれ」ということわざがありますが、、、廣野和男さんのドラムはスゴイですよ~
練習風景をYouTubeで見ることができます。私はライブで制御不可能になった廣野さんを見るのが好きなのですが(笑)
とりあえずは練習中、制御されているStable Notes自慢のDrummer ↓ 廣野和男さん。見てみてくださいね。
ドラムのセッティングを見て「アレ?」と思うかもしれません。スネアの位置が逆、左利きです。
Img_6afc6fb1016180370f0709e9c24da72de3d54e1d
 (Click!) 

制御がきかなくなったキーボード小田千津子さんも観てみたいものです。次はいつかなぁ?狙いますか・・・(^-')b

HIRO
雨の降る日はひそやかに、大好きな庭のことを想っています。
「ずーっと変わらないモノ」はないのかもしれないけれど
「ずーっと変わらないでいてほしい」と思える時を過ごせたことはとてもシアワセなことだよね。
だから笑って「ありがとう」って言おう。
「変わる」から辛い時は過ぎていくのだし、「変わる」からまた次の「ずーっと変わらないで」と願う時に出会える。
笑ったり・泣いたり・憤ったり・おちこんだり・救われたり・立ち直ったりしながら人生は過ぎていって
いずれ私たちは皆いなくなってしまう・・・ 雨が降る日はボンヤリとそんなことを考えます。
小さな花たちは、そんなニンゲンを静かにそっと見守っているような気がします。
Img_67fb9739ffbaebc01321da101701fec55fd5aa0a
Img_2ffcf2708dff867fd6716f07d2614d0d5d162fa2
Img_e15452f4c33241b00389f796eff6b63866b0f505
Img_2727671bb4c0ef296bb159a7b4d2389278dc5487
Img_a0e351b3f052542ee50db88ca1d28909d2ad6711
Img_d716ec074988367f7c6f4e19a8f088ee5fc442db
'11/5/1 Verdan' Gardenに咲いていた花たち
HIRO
Img_e8c383fe8425eb4b08d475d269efa6c86afbd258
今日も雨ですね・・しっとりとした花や緑も格別ですが、今日は元気色のバラで気分を盛り上げたいと思います。
画像のバラは「ディズニーランド・ローズ」 枚方Rose Gardenで撮ったショットです。
昨年、Rose Garden入り口の石造りの門を鮮やかに彩る「アンジェラ」を紹介しましたが、このバラは
すぐ横の花壇に植えられ、子供の目の位置でテーマパークらしい明るく楽しい雰囲気を盛り上げています。
花径7cmほど 咲き始めのピンクがかった濃いオレンジから黄色へのグラデーション
何かおしゃべりしてるような小ぶりの花達、房咲きでまとまると、とてもかわいらしいオレンジのブーケになります。
2003年、アメリカ J&P 作出。

・・と残念ながらこれ以上の資料がありませんので・・ディズニーランドの話をしましょうか。(もう?笑)
6年ぐらい前になるでしょうか、このあたりで大規模な停電がありましたね。
交通機関の一時不通、遅れ等で30万人以上の利用者に影響がでたとか・・
事故が起こったのは、ディズニーランドのすぐそば。
ディズニーランドのマネージャーへの取材も夜のニュースで取り上げていました。
「交通機関の影響で、ミッキーやドナルド達も来れなかったり遅れたり、大変だったでしょう」
レポーターは、ミッキーの中に入られるスタッフのことを言いたかったのでしょう。するとマネージャー
「いえ、ミッキーもドナルドもここディズニーランドの住民です。ですから全く問題はございませんでした」
それはもうあざやかな受け答えでした(拍手)

「夢の国」ディズニーランドのスタッフ達のプロ意識、そのスマートな対応が、この度の地震に際しても発揮された
先日そんな取材番組を見ました。
普段から防災訓練はしているそうですが、ただマニュアルに従うのではなく、それぞれのスタッフが
何が必要か自ら考えて行動したそうです。こういう意志付けは、さすが本場仕込み?
「~してください」「~しないでください」と大声で呼びかけるより、ある男性スタッフは
ホールのシャンデリアにお客様が近づかないよう、自分が真下に立っていたそうです。それも笑顔で・・
一人一人の冷静な行動と思いやり、笑顔を絶やさないスタッフ達に皆が感謝の言葉を述べておられました。
私達もディズニーの絵を見ると、わくわくしながら絵本のページを繰っていたあの頃を思い出すように、
「ディズニーが好き!ディズニーランドが好き!」
ランドを訪れた人も迎えたスタッフ達も その気持ちでつながり、「ランドの夢」が護られたのですね・・
なんだか温かい気持ちになりました。また行ってみたくなりました、ディズニーランド!

つうこ
Img_9a84dbcdd3b91b81eb45a8513c8fdcf76658a515
昨日の大変な雨でした。5月にすれば過去最多の降雨量を記録したとか・・皆様の地域は大丈夫でしたか?
庭のバラは、やっとブルームーンとアイスバーグの一番花が咲いたぐらい、大雨による被害は免れました。
雨の中多くはは撮れませんでしたが、昨日の庭のショットを・・
画像は2週間前に紹介したコンクリートの隙間に咲いたビオラです。(庭?はい、晴れの日には水やりもします・笑)
あの時、ハンギングのパンジー達のやんややんやの喝采をあび、少し戸惑いがちな表情をしていたのですが
そういうことでしたか・・仲間がいたのですね!
「・・そんなボクだけちゃうし・・みんな~はよ出てきてよ・・」そう呼びかけていたようですね。
「一人じゃない・・」
よく流れているACのCFの声が聞こえてくるようです。


そして少し暗いショットですが、こちら↓はアイスバーグの一番花。
雨に見舞われようと下を向くことはなく、一番花らしい気概をもって咲いています。
落ちた陽のせいで少し青みがかり、ライトを浴びて少しピンクがかっていますが
隠れた「色」を映し浮き上がらせる「白」・・この時間だからこそ出会えた「白」です。

そして左側に写っているビオラ達、昨年10月末に紹介した「マチルダ」の鉢に落ちたタネのビオラです。
マチルダと肥料を分け合い、こんなになりました。トップ画像のビオラも同じ種ですね
ひそやかに、でも着実に「連帯」の輪は拡がり「力」は浸透することを伝えてくれる花達です・・
Img_c26b7e08c31ae694a3fe5abf8480923c7fbb4a54
つうこ
Img_c40829d3d67a13653c5927fb22815491b9f29449
今日5月13日は スティーヴィーワンダーの誕生日です。Happy Birthday ! Stevie!!
1950年生まれ、ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、マルチ・インストゥルメンタリスト(ピアノ、シンセサイザー、ハーモニカ、パーカッション、ドラム、ベース、ギター等)。その非凡な才能によって生み出される音楽は、
世代を超えジャンルを超え愛されるスーパースター・・なんて改めて紹介するまでもないですね。
世界の音楽界に与えた影響は測り知れず、また精神的支えとしているファンもたくさん・・
特に「Key of life」の世代の方々には、音楽ばかりでなく、そのメッセージから、何モノにもかえがたい大切なモノを
得られた方もおられると思います。
実はこんな私もその昔、膝をかかえて下を向く夜に(そんな頃もありました・・笑)勇気づけられたのが
スティーヴィーの音楽です。
どんなに心が弱り傷ついても、変わらぬ響く音楽・・「そこ」には一切のマイナス要因を持ち込まないでおこう!
そんな決心をしたのもスティーヴィーの音楽がきっかけでした。
歌詞、歌、演奏、アイディア、姿勢・・たくさんのものを与えてくれるスティーヴィー、
でもライブに行ってふと忘れていたことに気づきます。手を引かれてステージに登場するスティーヴィー・・
幼い頃から光を失ったスティーヴィー、でもそのココロの目が見、感じ、伝えてくれる世界は
いつの日も変わらず、私達に何かを語り、やきつけくれます。
さあ、今日は何を聴きましょうか・・数年前CFにも使われ、皆様の記憶にも比較的新しいこの曲を・・
フランシス・コッポラ監督、マット・ディロン主演「アウトサイダー」('83)のテーマ曲です。

 Stay Gold

Seize upon that moment long ago         
One breath away and there you will be
So young and careless
Again you will see
That place in time ..so gold

Steal away into that way back when
You thought that all would last forever
But like the weather
Nothing can ever ...and be in time
Stay gold

But can it be when we can see
So vividly a memory
And yes you say
So much the day too fade away
And leave a ray of sun
So gold

Life is but a twinkling of an eye
Yet filled with sorrow and compassion
Though not imagined
All things that happen
Will age too old
Though gold

若く、畏れを知らなかった頃、輝いていたあの頃
けれどその輝きは永遠ではなく時ととともに変わり消えてゆくもの
でも本当に・・?思い出はこんなにも輝いている、消えていく日没がまばゆい光を残すように・・
またたく間にすぎゆく人生は悲哀にみち、有るものすべて年をかさねる、輝きを残しながら・・

ゆったりとした美しいメロディーにのせて謳われる「真実」が、響く歳になりました(笑)
まだまだこれからも輝く瞬間をたくさん心にとどめ、そんな時をたくさん繋いでいきたいですね・・
 Stay Gold ・・ (Click!) 
Img_f8d264c0b3b0bd77f5ebd346073d89c5f73cc7eb
つうこ
Img_77978b6b759c1528dccb0e637e431cd233d1bd3e
昨日からようやくお天気が回復しました。よく降りましたね~ ;;;;;;
つうこに3日間 Diaryをお願いしている間、雨にもかかわらず やっぱりウロウロしていました。
Img_cd383fe6f81b126ae134a26534aaab8c0da75be7
Img_7bff7aaba43cb987f35600b6032aa270a6c7423f
Img_ce36aa183bca8a3e931d86994e0c6433e8469118
お花をお届けするために「阪急電車」に乗って西宮北口まで行き、
映画で見た今津線のホームへちょっと下りたら、懐かしくて思わず電車に乗りこんでしまいました。
私が前回今津線に乗ったのは阪神大震災前だったので 景色はずいぶん変わっていましたが
あの電車には昔と同じ独特な空気感が漂っています。今津線には「ネコ背率」少ないように思います。。。
あまり時間がないのにアテもなく乗ってしまって・・・ どこまで行こうか迷ったのですが、、、 
かつてつうこの下宿があった「仁川」まで行って写真を撮って戻ってきました。つうこ、懐かしいでしょ!
Img_4d8002e3d442253038a613b36133240000211dad
Img_4299ab1439fabbff3e5e7fcf25a99555b72555a2
そして急いで大阪駅まで戻ってきて、JR大阪駅へ! 通れるようになったばかりの「時空の広場」に向かい
「わあぁぁぁっ!!」って ひとりで行ったり来たり、いっぱい並んだホームを見下ろしたり、、おおはしゃぎでした(笑)
それから、、、  まだある・・・
Img_0b98adf4a43d52a56c5c7f188d7462aa2683bd97
北浜でひとつ用事を済ませ、「難波橋」から見るとグレーのカーテンをかけたような大阪の街・・・
『悲しい色やね』と独り言を言いながら写真を撮りました。
フと下を見下ろすと中之島公園のバラがきれいに咲いてきているのが見えます。
惜しいけれど、もう日が暮れてきたし、、時間切れ・・・ 一人でよく遊びました*(^-^)*

HIRO
来週あたり、VICE+VERSAへレッスンを受けに行こうと予約の電話をしたら
先生がとても元気そうな声で出てこられて「ちょうど昨日UDAさんのブログを見ていたんです」とおっしゃいました。
わワワ・・・ やばい~
あわててDiaryを見直してみましたが・・・ 遊んでばっかり~・・・ 花のことはあまり出てこない (^-^; けど、、
やってます、やってます!! ちゃんと花もやってますーーー (^-^)//// 
やってなくても先生が何かおっしゃったりはしませんが 
せっかく習得したことを一人でも多くの生徒が継続できることを願ってくださる先生ですから、ちゃんと言っておきましょう。
いろんな方々のおかげで私は「花活」を続けられ、Daily Trainingもしています。皆様 ありがとうございますm(_ _)m
春に作品展をしなかったので少しゆっくりペースでしたが、その分作るものにはじっくり楽しんで取り組んでいます。
今年は花嫁のブーケもいくつか作る予定があり、とても楽しみ❤
次回のPorePoreさんでのワークショップは6月22日(水)に決まりました。詳細はまたお知らせしますね。
11月の末には大阪で作品展も予定しています。こちらはまたIGELKOTTさんjole saison29と一緒 *(^-^)*
いつもギリギリまでバタバタする3人なので「早め早めに!」を合言葉に、そろそろ作品展のタイトルを決めようか、と
言いだしているところです。 『ちまちま展』『ココカラ展』ときて・・さて、次は何にしましょう?
11月まではずいぶん時間があるので、オーダーやレッスンのご依頼は喜んでお受けいたします。よろしくお願いします。

「花活」の一環として 今度の水曜日につうこと一緒に「ひらぱーローズセミナー」に参加します。
そちらのレポートは きっとビッシリとノートも取ってしまうであろうつうこさんに任せますが(笑)
ワタシはひらぱーでオールドローズを見たら もいっかいオールドローズを作る気になるかな・・?
何か新しいことinspireされるといいな。。。 と 思っています。

いきなりあわてて花のことを書いているので、先生 きっと笑ってはる~ みんなも・・(^o^)))))
Img_c64886312e7356910e7927f22cfecf99fe0c7381
Img_3458dec483a868afe345148d34529fed5e1f66f6
Img_af614c4b4d70f00f8252d37f2330429c4bc93db7
Img_42ebd6692b8c5b5aa37eff2f25d232cfeb8ecd1d
HIRO
Img_97288ac53cd286a93b11a4aef4883a8fa0695057
4月ならば、「咲きました」は桜、5月の「咲きました!」は、ブルームーンです。(いつからそんな・・笑)
5月9日、他のどのバラよりも真っ先に花を届けてくれたのはこのブルームーンです。
思えば初めてVGでゆうが見つけてくれた苗との対面したのが9年前・・まるで昨日のことのように思い出されます。
「苗が入ったよ!」連絡を受けた私が、喜びいさんでかけつけた時には1mほどの苗でした。
でも早速剪定をされた苗を見た時、「あれ?花・・?」と正直少し気落ちしたのを覚えています。
でもこうして実際育ててみて、剪定の大切さ、また花のいい状態も悪い状態も経験してみると
なぜ、あの苗だけの状態で ゆうが渡してくれたのかが、少し判るような気がします。
私がこの手で植えて育てそこから咲いた花を、最初に見せたかった・・きっとそうですね!
次の年の春に感動的な1番花との出会い、そしてすくすくと生長、その間にも大風、雨、黒点病、イラガの攻撃・・と
その年年に木は色々な「難」を経験してもこの季節になれば必ず花を届けてくれます。
昨年は壁の塗装工事のため、大幅な剪定、そして誘引のし直し。
右へ行くはずだった枝も逆へ方向転換を迫られ、上へ伸びた枝も無理やりアーチに・・
「はいはい、そうですか、こっちへね・・」流れに逆らわずしなる枝からもたくさんのつぼみがつきました。
負けない強さ、他を護る強さを見せながらもいい塩梅に力が抜け、「変わらず在るもの」を「花」という形で届けてくれる・・
いったいなんてバラなのでしょう!
・・とブルーームーンへの愛を惜しげもなく語る今日のdiary、○○バカ丸出しです(笑)
「えっと・・水曜はグラハム、チャールズとジャクリーヌにミセス、ジョンレインとか・・みんなに会いにいくのよね」と
心のワクワク、動揺をしっかり読んでいるブルームーン
「無理して、イイように書かなくっていいのに・・皆様によろしく!」
・・と余裕で送り出しながら、「帰ってきたら満開!びっくりするから!」なんて思っているのでしょうか・・(笑)
東向きの枝に咲いた花、しなる枝先で風に揺れながら、みんなを迎え、送り出すブルームーンです。
Img_13938992435054a4dc723c8fae50200b163fdf86
つうこ
Img_1e40e25ac8ce9e6139834c9862e0b44092626ddc
Img_325057562ee3774706c63ced6e3611db659c81d3
Img_522bc9f7e55580505b8f91074b4406557ec90d45
Img_f674efc76143acd37fe995618a1bd2b88c870d41
今日は午前中で仕事が終わり、お昼頃道端に咲いている野の花の写真を撮りながらゆっくりゆっくり歩いて帰りました。
何だか こんな時間を持つのは久しぶりのような気がしました。震災以降、やはり何かがヘンなんですよね。
直接には何の被害も受けなかった私たちでさえも何かが変わってしまって、漠然とした不安を抱いているのでしょうか?
心の底から「ゆっくり・ゆったり」できていますか?心掛けて「ゆっくり・ゆったり」しましょうね。

昨日の夕刊に 以前このDiaryでも紹介した (Click!) 「祇園しだれ桜」の記事が載っていました。
満身創痍の痛々しい銘木ではありますが あちらこちらから新芽が出て若葉が広がっているそうです。
その「桜守」16代目佐野藤右衛門さんの言葉がいい!
サクラは枝と根がバランスよく広がって成長する。枝が弱ると根も腐る。 この木は生きるために自ら枝を枯らして
体を小さくし、残る枝と根で新芽を育てようとしている。人間ももっと自然に生きなあかん・・・
なるほどー! 弱っているなら弱っている時なりに・・小さくなったなら小さいなりに・・電気が足りないのならある分で・・・
ショボショボやってるだけじゃなく 「そうして力を蓄えて もうひと花もふた花も咲かせるぞ!!」という希望を感じます。

目を向ければ ちょっとした空地にも今小さな名もない花が自然のままに勝手にいっぱい咲いています。見てくださいね。
そして、今日一番のワタシのお気に入りのコは ↓ アスファルトの割れ目から出てきて勝手に咲いているヤグルマソウ
ベッピンさんです*(^-^)*
Img_69947bea35540a8056bcc1ebf6bae2ae0da5c04c
HIRO
Img_a8944f5374b30dbdd47e4194fd9696d679a0b5a7
いいお天気です!今日はつうこと一緒に「遠足」に行ってきます。
と、いっても行先が枚方パーク(ひらぱー)なので私にとっては「遠足」ではなく「近足」?つうこにとっては「超遠足」?
昨年ひらぱーのローズガーデンをすっかり気に入ったつうこさん、今年も枚方くんだりまでやってきます。
去年撮った写真もまだほんの一部しか公開していないのに、今日また溜めこんでどうするのでしょう・・・
はるか龍野からわざわざ枚方くんだりまで来るのだから、大山崎の美術館も行って・宇治で新緑を見て・・
宇治の中村藤吉商店(お茶屋さんがやっているカフェ)で抹茶ゼリーを食べて・・・家にも寄ってもらって・・
夜は私が地元で行きつけのドルチェの盛り合わせがおいしいイタ飯屋さんへ連れていって・・・と、
デートに誘うのに成功したオトコノコのように完璧なコースプランを練っていたのですが、、、
つうこさん的には「そんなにたくさん・・・(^-^; ありえへん・・・」らしいデス。
「このくらい行くでしょ!ひらぱーだけ・・とか・・・ありえへん・・・(^-^;」というのはいかにもワタシ的発想で・・
オトコノコの、ものすごくビンボーショー的プランはあえなく却下されたのでありました。。。
ゆる~り、のつうこさんはじっくり時間をかけてローズガーデンのバラをひとつひとつ眺めるのがお望みだそうです。
「HIRO、私に気を使わないでね」と優しいつうこちゃんは言ってくれます。
「うん、飽きたら帰っていいよ。。ってことだよね。まだか~?次、行くで~って横で待たれたら せわしぃてしゃーないもんね。私はまだ居たければ居るし、帰りたくなったら帰るから つうここそ気にしないでね」と約束しました。
では、ひらぱー「だけ」行って、ゆる~りとしてきます(^-^)/
つうこさんをデートに誘おうと思っている方、プランの秘訣は「一点集中」「テーマを掘り下げる」ってのがいいでしょう。
「山盛りテンコ盛り!」「分刻み・秒刻み」はダメです。それは私・ワタシ~(笑) いってきまーす!!

HIRO

Img_c56b460f58e3833bc95b18d22cf4c3c920c5362c
行ってきました!!枚方Rose Garden!!魅惑のバラを訪ねて~2011
太陽を味方につけているHIROと一緒、とあればお天気も申し分なし!
「写真のコトを考えると、5時ぐらいまでは花曇りが望ましいのですが、なんとかなりませんか・・」前日HIROに言うと
「贅沢を言ってはいけません」と諌められました(笑) はい、ごもっともm(__)m(笑)
昨日のdiaryで紹介されていたように、手作りのお弁当つき(美味しかったです!)のこの度の企画
なんといっても、あのバラのソムリエ 小山内健さんのローズセミナーを受けられ、充実のバラ観賞ツアーとなりました。
実際にガーデンを歩きながら、花にまつわるエピソード、実、枝や仕立て方、薫りのこと、興味深い話がたくさん・・
ローズガーデン巡りを さあ、皆様ご一緒に!
まず、メリーゴーランド前に集合、挨拶。今年は例年にもましてつぼみのつきがよく、満開の花もあればつぼみもある
絶好の時期にセミナーができることをとても喜んでおられました。
コースの最初に満開の「ゴールデンウィングス」 (Click!) かたや、「のぞみ」は小さな固いつぼみをたくさんつけたまま
ここで、開花の時期と、花数、大きさとの関係についての説明。
開花するための養分、エネルギーを全体にいきわたらせることができる、大きく、花数の少ない花ほど早く開花
小さく、ぎっしりと房のつぼみをつけた花は遅いそうです。
また、ゴールデンウィングスは秋にはレモンのような実がなるとか。実も楽しめる おススメの一重のバラだそうです。
Img_7490492d260772c5152d4fabf13394c5707819f8
こちらのバラは「光華」1996年m小山内さん作出のバラです。
爽やかな黄色の剣弁高芯咲きの花が満開でした。
その頃の「流行」を敢えてはずし、黄色のバラを作られたそうです。
そういえば、黄色のバラはあまり好まれないとのエピソードもあります。
あのグラハムトーマスが自身の設計した庭に植えた唯一のバラが
オースティン作出の「グラハムトーマス」でした・・
でもそれだけ何か「特別なバラ」のような気がします。
「「風水」では運をアゲル色↑、あの当時に言ってくれてたら
もっとブレイクしたでしょう・・」と冗談を仰っていました(笑)
Img_55e8e2381581128e59c3308b03ffb55119e0c1cd
Img_9e7d36a3a802ef365a13643e5c68dbac61ae1470
Img_1a1a45379d123ee42dfd21d6798787cddd837b0f
こちらはガーデンの中でもおススメ「恋を成就❤させるスポット」
優しいオレンジの「スイートドリーム」こちらも小輪、房咲きの花が満開
生垣状に誘引、仕立てられていますが、支柱はこちらのガーデンを造るにあたり伐採した木を利用
とても自然な雰囲気がでています。
両側のスイートドリームに「ガンバレ!ヒューヒュー」と背中をおされながら、中央のバーゴラまで進み、
キューピッドの前で愛を告白するとかなうそうです。
ただ、❤を射抜く矢が何者かによって盗まれ・・(もう、誰やねん↓↓)「ちょっと今は保証しかねます」とのことでした。。
大丈夫!「綺麗なバラやね・・」とお互い心から言えること自体、感性は通じあってます❤保証します!(笑)

この後、満開のスヴ二ール・ドゥ・アンネフランク (Click!) の前では、このバラの由来を
また、京阪園芸作出ブラック・ティー (Click!) の前では、珍しい褐色のバラが苗として売り出した頃は売れなかったけれど
切り花にしたとたん、大ブレイクした・・等エピソードを話してくださいました。
Img_1be1bace633d8284583b9ba8b1dc653df1e4d6c1
Img_0790841963bcc22a9b8324963b857671e96d21f4
Img_7ddefd76c74f6f5a222efca3d2ce205cbab3da32
コチラ、アーチと石の壁に仕立てられたバラ達です。
トップ画像のクライミングローズ「ドクター・ヒューイ」はこちらのアーチです。
石の熱吸収、保温効果のため、ここに仕立てられたバラ達は一足先に開花するとか
「白」よりもドクター・ヒューイのような、濃い色の方が、光を集め熱を吸収するのも手伝い、
昨年紹介した「アンジェラ」 (Click!) やこの「ドクター・ヒューイ」は圧巻でした・・

このあと、アーチをくぐり、誰かさん達の愛してやまないオールドローズのコーナーへ向かいます。
オールドローズに関する本も出しておられる小山内さん、話したいことはたくさんあったでしょうが、
何よりもその豊かな「薫り」を楽しませてくださいました。そう、現場でないとできないことですものね・・
皆様に薫りをお届けできないのが本当に残念です・・

このあと屋内で、クッキーとお茶をいただきながらガーデンの管理方法についてお話を聞きます。
去年ここを初めて訪ね、病気が全く出ていないその完璧な管理ぶりに驚いたのですが・・・
なんとその秘訣は「low maitenance]水を極力やらないこと!だそうです。
基本的には自然の雨にまかせ、全体に大がかりな水やりは年数回・・(驚)
施肥、過剰な水やり等、甘やかし過ぎて「植物が本来もっている力」を損なわないよう・・
そんな話を ゆうからもよく聞きました。
バラの持つ力と美しさを引き出す管理が、low maintenance、広大なガーデンもたったの2人で行われている
目から鱗でした・・
セミナー後、「先生、ちょっとよろしいですか・・」とあつかましくも個人的にお聞きした話は、また次回に・・
色々な質問にもを快くお答えくださった小山内さん、本当にありがとうございましたm(__)m

セミナー後は、もう一度最初からゆっくりと観賞。
去年はオースティン作出のイングリッシュローズのコーナーでかなり時間を費やしましたが
今年は、オールドローズのコーナーでつかまってしまいました(誰に?笑)
長い間、HIROを待たせ(感謝ですm(__)m)、陽が低くなりかけた閉園前のショット
「ロイヤル サンセット」です。
Img_763abef680fabef91a46bfeb8fba9a808cf656f5
つうこ
VOPは今週は"勝手にRose Festival week"なので、バラの写真が続きますがおつきあいくださいね。
つうこのレポートが昨日は「-ローズセミナー編-」となっていたので、きっと「続編」があるのでしょう・・・
「ハナシの早い」ワタシが「ミもフタもない言い方」で今日全部しゃべってしまうと つうこがガッカリするので・・・
そして、「つうこさんから聞きたかった・・・」と読者の方から苦情が来るかもしれませんので・・・
今日は黙って写真だけをお見せします。 バラ園へ行く暇のない方々、しばしごゆるりと~  癒されてくださいね。
                                                                                                                                        
Img_c51a911e42eb9e711f698627cbcd88a24acbb047
Img_7e11c635a74ff3a9d312287805a3b948c00b1b19
Img_94c8df2c2d1c1eadf694b60fcb70f46608c8b49b
Img_dcfee3efd390e1ca30619de45e18b5548ca0723d
Img_585ce52ec109b636182651c062eb3940f302cdab
Img_9e0c9a87c3796100f6fb9020d59bddda57757f23
Img_a3f24a59bf722b56654e16f984557070764e25ca
Img_df46bb4b5377be1b9356e8e336f8c9fd842c08d4
Img_241f50a52f81f9ad1c1c72b8d3df1d4f07003e06
「名前」は、左上から・・・・・ まっ、エエやないですか、君が誰であろうと・・・  キレイやから❤
ポーッと眺めてください*****  お時間ある方は一枚一枚ズームにしてご覧ください。
タイプの違うコがそれぞれに「一週間お仕事お疲れ様❤」とささやいてくれるように感じます。  
何となくシアワセになってきませんか?(笑)  よい週末をお過ごしくださいね *(^-^)*

HIRO
Img_513af2f9a86bd27bd7b3628484f295189ab01f45
昨日のdiary HIROのショットはいかにもフローリストらしいショットでしたね❤
皆様、美しいバラ達に充分に癒されたことと思います。私も大好きなコ達に惚れなおしました(笑)
華やかに咲き誇るバラ達のfesivalはまだまだ続きますが、ちょっと日陰で休憩しましょか・・・

昨日、HIROが話したくても、グっとこらえていたのは・・アノ事!ローズセミナー後に小山内さんとお話したことです。
聞きたいことがあるくせに躊躇している私に、
「いいの?せっかく来たんだよ。お話すれば・・」とHIRO
勇気を出してコクるコのバックで「私がついてる!頑張れ」と見守り、背中をおす親友の図・・と言いたかったのでしょう(笑)
色々と質問されていた方が、「あっ、長々とごめんなさい・・」と帰られた後、ドキドキ・・
「小山内先生、今日は興味深いお話をありがとうございました。実は、私は先生のつくられた『あおい』を育てていまして・・」
『あおい』と聞いたとたん、小山内さんはにっこり・・(やったー!)この後、係の方からストップがかかるまで(笑)
二人でいろんな質問をしました。この話はまたHIROから聞いてくださいね、その方がダンゼンおもしろいですよ(笑)
・・セミナー終了、手作りお弁当をいただいた後、
「あつ、小山内さん」今度は数人と園内をまわっておられる小山内さんを HIROが見つけます。
「私、荷物ロッカーに置いてくるから、はよ行っておいで!」
スト―カーのようにその群れにつかずはなれず・・お一人になられた時に、もう一度お話を聞くことができました。

「先生、先ほどはありがとうございました」
「いえいえ、楽しめた?」
「あの・・もう少しお聞きしてもよろしいですか?」
「どうぞ」
ー 先生は、バラを作出されたり、このように庭を設計されたり、セミナー、執筆と広くご活躍ですが、特に今取り組んでおられるお仕事についてお聞かせください。
「プロデュースをしています。それほど名が知られていない作出家達が創ったバラを世に出す仕事です。日本人の創ったバラというのはどうしても下に見られがちですが、そんなことはない!私達の感性にあった素晴らしいバラがたくさんあります。そのバラを多くの皆さんに知っていただき広めたいのです・・」
 あの『あおい』も、小山内さん「プロデュース」のバラですね。
 どうしても「作出」ということばかりにとらわれていた私ですが、音楽のことを考えれば納得・・
 アルバムもプロデューサーの名前で「間違いなし」と買うことを考えれば、バラの世界でも「プロデュース」という仕事が
 どれほど重要か理解できます。

ー 先ほどのセミナーで、このGadenが年数回の水やりと、わずか2人の方によって管理されていることに驚きました、
「枚方は、実は『日本で3番目に暑いところ』なんです。でもそんな場所で、しかも水を極力少なくして、これだけのバラを咲かせることができました」
 バラの本来持つ力を、この日本で3番目に暑い地で引き出す・・この管理法はこのガーデンでの
 いわば「挑戦」だったのかもしれませんね。
 午前、午後のセミナーの間も、少しでも時間があれば園内を歩いていたい小山内さんの気持ち、とてもよくわかります。
 ご自分でデザインされたRose Gardenのバラ達が咲き誇る様子を、誰よりも喜ばれていることでしょう・・

途中で、同僚のガーデナーの方が一輪のピンクのバラを持ってこられます。
丁寧に眺め、薫りを嗅がれ
「○○○○○○○○○・・?」と聞いたこともない名前を・・

ー先生の頭の中には一体どれほどのバラが入っているのでしょう!特にオールドローズとかは、どのように勉強されたのですか
「私がオールドローズに興味を持った頃は、日本語で書かれた資料は全くありませんでした。
フランス語、ドイツ語の本ばかり、まず言葉からの勉強ですわ・・でもそうやって苦労して読んだものは、実際見たことがなくても、花や詳細、香りも、もうココにイメージができあがります・・」
  と、後頭部を掌でおさえられます。是非、著書も読んでみたいと思います。   
「まだまだ・・日々勉強です・・」
  遠い目をしておっしゃいました。

ー最後にひとつだけ・・ここのオールドローズのコーナーには、グラハムトーマスをバラの道へと導いた「ミセス・ジョン・レイン」、オースティンがインスパイァされた「スタンウェル・パーぺチュアル」とか、会いたいバラに出会えとても嬉しいです。
さらにこの奥のコーナーには、「マダム・ルグラン・ドゥ・サンジェルマン」や「ジャンヌ・ダルク」そして「ジャクリーヌ・デュ・プレ」・・この白いバラのコーナーは特別な意味があるのですか?
「僕の大好きなバラを植えました。僕がくつろげる場所をと思って・・じゃあ、この後も楽しんでください」
そう言ってにっこり微笑まれ、去っていかれました。
小山内さん、こんな海のモノとも山のモノとも分からない私の質問に、真摯にお答えいただきありがとうございました。
すでにこの時期に陽に焼けたお顔、そして手は、現場でバラと向き合う日々を物語っています。
丁寧に答えてくださる言葉の端々から、バラを心から愛してやまぬ想い、そしてこの花と触れる喜びを少しでも多くの人に伝えたい・・そんな気概が感じられました。
最後にジャクリーヌ・デュ・プレを・・
Rose Gardenにいらしたらこのバラを探してください。もしかすると小山内さんに会えるかもしれません(笑)
Img_a61890771c5922ed14c032f1b41cde0b0932a0b9
つうこ
Img_91465839584945a86e648a54178b0fb35164c74a
雨の日曜日になりました。「水やり」は自然に降る「雨だけ」のひらぱーのローズたちはきっと大喜びしていることでしょう。
つうこの「ひらぱーローズガーデンレポート」を読むと、「小山内さん」がとっってもつうこの「憧れの君❤」であることは
お察しいただけると思うのですが・・・ そもそも「小山内健ってだれっ??」と思っておられる方もいるでしょう。
この人です ↓ セミナー参加者の中でバラを撮らずして講師をガン撮りしているのはワタシだけでした(笑)
Img_511efc4289d4f7c78c3f7bb1d2e922de108df073
身振り手振りも交えて バラの歴史や性状や鑑賞のポイント等を
あまり勉強熱心でない私のような参加者にもわかりやすく飽きさせずに
聞かせてくださる小山内氏42歳、京阪園芸株式会社の社員です。
京阪園芸というのは「東の京成・西の京阪」といわれるほど
日本では有名なバラの栽培育成に力を注いでいる園芸会社です。
「バラの神様」と呼ばれた岡本勘治郎博士が 枚方の地に
世界中のバラを集めて栽培育成を始めたのが1955年。それが
「ひらかたパークバラ園」の始まりで、その時から今までずっと
京阪園芸がこのバラ園の設計管理を行っています。
小山内さんはテレビ東京「TVチャンピオン」の「全国バラの花選手権」で
2連覇してその知識の広さが認められ、また数々の著書もあり
バラ愛好家からは絶大なる信頼と人気を得ている方です。
セミナー参加者、私以外は皆「おさないさま~❤」って感じでした・・・
「TVチャンピオン」出演の際には[トゲだけ見て100択の中から1つのバラの種類を言い当てる]などというマニアックな
問題を勝ち抜かれたのですから、この方の知識はパンパではない! バラに関してはやはりこの方「スゴイ」方です。
でも写真↑で見るとおりニコニコ、ただただバラに関わっているのが「楽しぃてしゃーないねん❤」みたいな方でした。
天職に出会い 極めておられる人ってそういう方が多いですよね。気取りがなくて心から楽しんでいる。
専門用語は一切使わずに、子供が聞いてもわかるように専門に関する話しをしてくれる。だから聞く人に入ってくる。
それができるのは やはりそのことに関して何でも知っているし何でもできるという自信があるからなのでしょうね。
「知る」努力も「できる」ための努力も惜しみなくされてきて、今後もずっと続けるのでしょう。プロの「職人」です。
私は何にせよ「極み」の境地にまでは自分では一生行き着くことはできないので、「極めた」人に会うのが好きです。
今回のセミナー、内容もよかったけれど小山内健さんという「人」に会えたことが一番の収穫でした*(^-^)*
「極めた」人ってのは実際にはなかなかお目にかかれませんが、何らかを「極めよう」ともがいている人はたくさんいます。
そういう人たちも愛おしくて(笑)好きですよ。 なかなか極められへんけど・・がんばろっ!! ワタシもがんばる(^-')b

HIRO

Img_e6547f774b0031d9322ef2d748d2a40669514d7d
先日よりよくウチの庭にミエルお得意さん?です。
ブ~ン・・大きなバイクに乗ってるオニイサンみたいな派手な羽音で来られます。
わわわ・・大慌て(汗)でも・・身をかがめ 遠く逃げても ショット忘れず(笑)
数日前Igelkottの diary (Click!) にも登場していたハチとお仲間、熊蜂ですね。
あちら様はIgelkottのお客様らしく、柄もオシャレ!かたやこちら、ずんぐりむっくりいかにも「クマ」・・(笑)
「網でつかまえて、お帰りいただきました」って、あらんちゃん、勇気ある~・・と感心していたのですが
熊蜂は人間に害は加えないのですね。へえ~・・物語での悪役イメージは捨てなければ・・
大きな体に見合わない小さな翅、航空力学上「飛べる形ではないのに飛んでいる」のは謎とされ、
「彼らは飛べると信じているから飛べるのだ」と、大真面目に論じられたことがあったそうです。
今では「レイノルズ数」を計算にいれることで飛行法は証明されている、とありましたが、
「レイノルズ数」のページを開いてみても、私には星のように遠い世界の話でした・・(笑)
飛べるはずはないのに飛んでいることから「不可能を可能にする象徴」として
会社やスポーツチームのシンボルマークに使われているとか・・
ツキヌキニンドウがお好みのようで、あちらこちら開花した花達の蜜を集めて、飛んで行きました。
「大丈夫?」とこちらが心配するほど、重そうな体で蛇行しつつ上昇、まったりもったり飛び去る姿が忘れられません。
不器用なんだけど根は優しく・・できると信じる・・不可能を可能に・・う~ん、タイプのハチかも❤(笑)

つうこ
Img_0a4ce2e7767e4380aa0ed0824d151d93f73c9449
このところ「続編」の多いVOPです(笑) 昨日の熊蜂、飛んでいます(そら、飛ぶやろ・・はい。笑)
ツキヌキニンドウの花に 今まさにランディング
蜜を集めている最中はもちろん静かですが、花から花への移動中は、やはり羽音は派手です。
でもこの音も一種の威嚇行為だとか。
他のハチのように、偵察バ千が「蜜源発見!」と仲間に伝達、大挙してやってくる、ということもなく、単独行動を好みます
人間には関心を示さない・・いやいや実は熊蜂、心の奥底ではサビシイんですよ・・❤
えーっと・・昨日から、なんだか熊蜂に入れ込んでいますが・・(笑)

今日のタイトル「熊蜂の飛行」といえばリムスキー・コルサコフのあの曲ですね!
羽音を模した速いパッセージ、蜂が迫ってきては近くをかすめ旋回、また様子をうかがいつつ、向かってくる・・
そんな緊張感たっぷりの1分23秒
プーシキンの原作をもとに作曲された歌劇「サルタン皇帝」の第3幕主人公グヴィドン王子が
蜂に姿を変え、悪役の姉妹を襲うシーンでの曲です。
だから攻撃的・・本当の熊蜂は温厚なのに・・熊蜂の悪役イメージを払拭するには時間がかかりそうですね。
この曲はピアノ、ヴァイオリン、フルート、オーボエ、トランペット、チューバ、トロンボーン、ギター、
さまざまな楽器で演奏され、どの楽器でも超絶技巧の課題曲?ともいえる曲ですね。
「この楽器でやる?」 楽器の特性上、演奏自体が「挑戦」の「熊蜂の飛行」もあるでしょう。
動画でもご覧になれます。楽器によってキャラクターの異なる熊蜂をイメージしてみてください。
でも本当の「熊蜂」、攻撃的ではないし孤独なんです・・また言う(笑)

私の手持ちのアルバムの中ではコチラ↓に入っていました。
ヨー・ヨー・マとボビー・マクファーリンの 「HUSH」
Img_da8b152b93a0bffb7896dfc5439f683b87ad8528
ご存知若き巨匠チェリストと、声を楽器のように扱う驚異的歌唱法で
注目を集めたボーカリストのデュオ。音で話すことが楽しくてたまらない、
そんな2人のコラボ、クラシックやジャズの枠を超えた楽しさ、温かさ、
生の声と楽器から音が生き生きと躍動する様が伝わってきます。
「熊蜂の飛行」「アヴェ・マリア」「G線上のアリア」ラフマニノフ「ボーカリーズ」
子守唄、書き下ろし曲etc収録
ー Hush という言葉どおり、まさに聴くものを沈黙させてしまう
深い音世界を持ったアルバムだ -ライナーノーツ 熊谷美広氏の言葉より
人の声と弦の響きの織りなす世界を、是非どうぞ・・        つうこ
Img_ee12003863268f88599870bea1bd70f6cafcf798
今年のブルームーンはアーチに届きました!
「届きました! ゆうても距離は?どのぐらいですねん?」
「1mぐらいなんて、言いなはんなや・・そんなもんで大騒ぎしてたら 『私はツルバラ、誰やおもてますねん・・』ゆうて
このおネエさんラにおこられまっせ」上方落語に登場する旦那さんの声が・・ (diary ツッコミの新パターン・笑)
距離は花壇からアーチ中央までは4m、枝は三角形の斜辺なので、もっと長いです。ザくっとしてますが・・(笑)
今月9日に一番花が咲いたブルームーン、先週末にピークを迎え、次のバラ達にバトンタッチをしました。
このバラのきれいなうちに是非香りも届けたくて、日曜日に「アノ人」のところへ行ってきました。
Img_8ae2912919a466938fa75761b1406f27b0ffed82
急に思い立ち、咲いてるのチョンチョンと切っただけなので
ちゃんとしたブーケではありません。
でも・・準備したからといって、私に「ちゃんとしたブーケ」を作れる
わけでもありません(笑)フローリストはクリックをご遠慮ください(笑)
白系とピンク系がかたまっているのは、枝の長さが異なるため2束
なんです・・と言い訳がましい(笑)
「あつ、写真!」と気付いたのが車中だったので、シートが写っていますが
決して運転中に撮ったわけではありません。停車中でした。誓います(笑)
アノ人は、バラを とても喜んでくれました。
優しい目をして眺める様子を見て、「やるやん、君たち・・」と心の中で呟く私。
私が花まで鼻を近づけないと分からない香りも、2、3m離れた位置から「いい香りだね・・」 う~ん、嗅覚オソルベシ!
庭のバラの現状とアドバイス、オールドローズの話や、その他モロモロ、延々バラの講義・・・
「つまるところ、いかに苛酷な状況で育てるか、ですね・・」
先日の小山内さんの話にも相通じる話など、また追い追いお知らせしますね。
図らずも(笑)夕飯をいただくことになり・・(嬉!)それはもう、感動のアノ人のお味でした❤ごちそうさまm(__)m
あっ!最後にひとつだけ・・アノ人が出してくれたジャスミンティーがすっごく美味しかったんです!
グラスを空ける度についでくれるので、「美味しい!もちろん自家製でしょ?」と尋ねると
アノ人はニコニコ笑いながら、ペットボトルを出して、ポンとテーブルの上に置きました。
なんと「伊藤園のジャスミンティー」・・アノ人だからきっと・・って思うじゃないですか・・なのにビックリです!
はい!皆さん、バラのことはもういいですから・・

今日のイイタイコト「伊藤園のジャスミンティ― 爽やかな風味、ちゃんと香りもほのかに・・とにかくおススメです!」
(「オチ、そこ・・?」と呆れる ゆう・・笑)
Img_c0fbc1d27d6e4e0a758eaaa4422b603253ca3ea9
つうこ
Img_f58a53f548a1d84fc3b388d67f9fa96108bd854d
IGELKOTT Handmade bagsにオーダーしていた『UDDA』がやってきました(^o^)/
いつも一緒に作品展をさせていただくIGELKOTTさんはこのHPでもおなじみ、
このHPを見てくださっている方の中にはVOPとIGELKOTTのHPを行ったり来たりしている方も多いようですので
「あ!アレか!!」と思われる方も少なからずおられるでしょう・・・ 『UDDA』というのはこの生地の名前だそうです。
私は苗字が「UDA」なので4月25日のIGELKOTTのDiary (Click!) で『UDDA』という文字を見た時に
「あっ!つまづいた!!」と思いました(笑)。 「要するにデコボコ」という意味の『UDDA』にミョーな親近感。。。
そして 翌日4月26日のIGELKOTTのDiary (Click!)    「単純」「動きのある」「とても面白い」・・・・・
「ソレ、私にピッタリ~!!」と言うと、IGELKOTTさんも「そー言われてみるとすごくHIROっぽい気がしてきた」と言い
即 Bagを作ってもらうことに決まりました。(このコンビはいつも「即決」なのだ・・・) こんな ↓ のが来ました。
Img_8c995e14bcf31318d4f9bacc602d1d6c7471daf8
Img_2173b283d764e30c7eb6a09404baf5c98362f7b1
2個ではありません。 表と裏です。 「生地は縦・横どっちに取る?」と聞かれ、欲張りなので「両方」と答えました。
いつも大荷物の私は両手を空けたいので 今回も「ナナメ掛け」をリクエストです。
ナナメ掛けですが 掛けヒモがキレイにバッグ内に入れこめるように縫製技術が進化しています。
少し大きめに作ってもらったのでファイルやペットボトルなどもガンガン入ります。
調子良くガンガン物を入れて斜めに掛けたら・・・ 重い・・・ 昔の新聞少年の気持ちがわかりました (^-^;
モノを詰め込むのは 程々にしようと思います。。。
IGELKOTTさんのバッグ、私は商品を実物とパソコンの画像両方で見ることが多いのですが
PC上で見た物を実際に見るとかなり印象が異なったりします。本当の色や質感は画像では伝わりにくいですよね。
ハッキリ言って、どれも実物のほうがもっと素敵です❤ 画像はどう撮っても平坦な感じがするので・・
なので、もしPCで見て気に入ってオーダーされても実物はもっとステキなのが来るので間違いないです。保証します!
『UDDA』も 一番上の写真をクリックして大きくして見てください。少し質感を感じられるかと思うのですが・・・
PC画像で見ていたよりも実物はシックで大人っぽい印象を受けました。 そ、「UDA」も案外オトナです。。。
おりしもIGELKOTT2周年の「DECOチョコ」のオマケつき、ラッキー(^-^)/~ メッセージに「VOPもDECOチョコつくって!」と
ありました。 ん?今までもらうことしか考えてなかったけど それも面白い! 何かの機会にぜひ作ります!

HIRO
中国・四国と関西も昨日梅雨入りしました。平年より12日も早いそうです。長い雨になりそうでヤダナ・・・
「ジューンベリー」という名前なのに比較的暑い枚方では5月に実が生るわが家のこの木、
ここに植えてから「今年は最高の出来!」というくらいの豊作です。実の数が多いし粒が大きい(^o^)v
花も実も可愛くて虫もつきにくいから・・とこの木を勧めてくれたゆうさんに報告すると「それはね、冬が寒かったからだよ」と
教えてくれました。いつも実が赤くなるとすぐに見つけて私より先に取ってしまうヒヨドリも 今年はナゼカほとんど来なくて
おかげでボール1杯位の実を収穫することができました。ジューンベリーの実は食べられるのです。
3分の2はジャムにして、3分の1はホワイトリカーに漬けてみました。さて、どんなお酒ができるかな?楽しみ楽しみ❤
Img_8b8c81c5e6f8729e2b25f564575114011af06f9f
Img_a46bac42a58dcaa77ba2db65116188c12060ed51
Img_348c88fb128b51f9a7da86a96502c24e4ed159f0
さて、雨ならば雨なりに、、、日々を楽しく過ごす術を見つけなければなりません。
今日は イイモノ見つけました(^-')b 週末の雨の夜にはピッタリ! 白根真理子さんのライブ画像です♪
スゴーク行きたかったけど行けなかった2月に横浜KAMOMEであったライブ、YouTubeにupされています。
布川俊樹さん・古川初穂さんも一緒、ベースは鳥越啓介さん・パーカッションは岡部洋一さん。
「いかにも関東」の香りが漂ってきます、関西とは一味ちがう・・(笑) YouTubeって便利ですね。見れる・聴けるんだから!
グラス片手にYouTubeでライブ巡り・・・ いいかも*(^-^)* よろしかったらご一緒に・・ 仕事中はちょっとマズいかな・・
Img_c93a804c847e81063e02e80832bdc084c961e211
SATISFACTION  -白根真理子-
 (Click!) 

同じライブで撮られたもので "We'll Be Together"というナンバーもupされていて
布川さんの超ゴキゲンなギターに加え、古川初穂さんのソロの超高速テクが映っています(驚!)
ソロの最初の方が映っていなくてワタシ的にはちょっと残念ですが・・・ ご覧になりたい方はコチラ →  (Click!) 

HIRO
Img_c5824d1d7a024ea64938d90c0347339b759567e1
六甲のプチギャラリーPorePoreさんでの2回目のレッスンが決まりました。
今回はこの季節にふさわしい花「アジサイ」をたくさん使うレッスンです。
油絵のキャンバスにローズやアジサイを貼り付けていって立体的な絵のようなboardに仕立てます。
真ん中にはお気に入りの写真やメッセージカードをセットして、Anniversary BoardやWelcome Boardとして飾ります。
参加をご希望の方で「このカードを使って」というものが決まっておられる方はお持ちくださいね。
キャンバスの周りにはトーションレースを貼って少しロマンティックに・・・
お花の色目はあらかじめうがっていればお好きな色を用意していきます。
「見ないとわからない」という方は、何色か持っていきますので
その中から組み合わせてお選びいただけます。
ただ・・・言っておかねばなりませんが、この作品 思いついて作ってみたら
かなり面倒くさい・・・(^-^;  ちょっと「根気」がいります。
「ちまちま」することにヨロコビを感じる人には
とても楽しいレッスンになると思われます。
「根気」に応じて【大】【小】2つの大きさをご用意しました。
レッスンに関する詳細はInformationのPreserved Flower (Click!) 
ご覧ください。
Img_fe3c01d09e31098df7a804b5419f6f1c7b9aa155
VOPのレッスンはとても自由なので、「コレでないといけない」というシバリはいっさいありません。
一応「課題」はご提案しますが、「課題以外を作りたい」あるいは「やってみたいけれど初めてなので自信がない・・」
という方は遠慮なくおっしゃってくださいね。少人数なので、「ご自分が作りたいもの」にそってご提案させていただきます。
また ↑ コレが作りたいんだけれど、その日はダメだ・・とか六甲は遠い・・とか言うご相談にも応じます。
おっしゃってみてください。ワガママに対応する許容範囲はかなり広いつもりです(笑)。

HIRO
Img_41214c9990415dcd44bab763444781b2ae349637
台風2号到来、午後3時には温帯低気圧にかわったそうですが、引き続き大雨と強風に注意とのことです。
皆さんもどうぞお気をつけください。
こちら兵庫南西部、朝から警報がでていましたが、午後3時頃に暴風のピークをむかえました。
仕事場から見える桜の木に銀杏、せっかく緑が美しくなった木々の枝は、灰色の空にゆっさゆっさ大揺れ・・
へえ~桜の枝もあんなにしなるんだ・・と感心ばかりしていられません。
風で飛ばされたバラの花びら、葉っぱや小枝がご近所に散乱(汗)大変!!回収作業をしなくては!!
台風接近のニュースを聞いた日、吹き飛ばされそうな花に葉っぱ、古い枝をかなり処理しましたがそれも2日前
あれから「やっぱりもうダメです・・」と風の力に負けた葉っぱや花びらが、雨で濡れた道路にはりついています。
おかげで風に舞ってどこまでも・・ということはないのですが、箒では掃くのは無理、一枚一枚集めていきます・・チマチマ・・
先日は延々雨の中での作業になりましたが、今日は、風が弱まり作業を開始する頃 雨もやみました。
今日の牡羊座の運勢80点!こういうところに効いているようです(嬉)
でもショット撮ってる間に、「じっとしてくれてありがとう」と4か所も蚊にさされました↓ これ20点分?(笑)

そんなこんなの園芸部が、剪定ばさみ、箒、液体絆創膏、カメラ・・を順番に持ち替えつつ撮ったショットの一部を・・
今年の「5月の約束」を守ってくれた花達です。
まず、トップ画像は「あおい」 一昨年、インフルエンザでダウンした時、HIROからお見舞いに贈られたバラです。
先日もこのdiaryでお話した小山内健さんがプロデュースされました。色に形に咲き方・・とても魅力的です。
花径7cmほど。開くほどに花弁は波打ち、マゼンタの花は開ききるとパープリッシュココアに・・シブいですよ❤
繰り返し咲き、切り花としても楽しめるおススメのバラです。是非どうぞ・・
Img_e42ed2c1d941f340bc7a94b8a835ae0c9373c752
Img_6e11dfd10cd558620cafef651b34aa928bf55241
Img_af6b4f18cdfb4c584f557b9a1af98d954b380d79
そしてそして、こちらは「ピエール・ドゥ・ロンサール」!!
昨年はご心配をおかけしました。でも今年はこの通りです! ショットは一輪ずつですが、たくさん花をつけました。
1年間ご無沙汰だったけど、またこんな元気な花を届けてくれて・・本当に嬉しいです。
「元気です」・・・もしちょっとご無沙汰の方がいらしたら、この一言、とても喜ばれると思いますよ❤
お天気もお天気だし、今日かなり切りました。テーブルの花瓶は夢見るピンク、ピンク、またピンク・・
ちょっと慣れるのに時間かかりますが、気分も若返ります(笑)
Img_577785011c5c9aa1cfbfada9e4a294e213dbdc70
Img_5b63354fae4d15d15fbdd062f19dbf507a58f282
Img_3e3ec02ed30450b8dd71bad6c531ea500674ec7a
それからコチラ↓左から、「緑光」「パティ・オースティン」「アイスバーグ」です。
8年目の選手達、みんな元気です。
Img_633ad50188fd594c9443b76054d1ae8db7369710
Img_1f74b6a1275460745f538c5f9bad25bc58c44f3f
Img_d07c6330def8e45518af9dfee07b941c573ea2d5
バラの他にも5月の庭は・・左まだ元気なパンジーとビオラ。アンスンエンシスの葉っぱを傘にしてるコもいます(笑)
中央はツキヌキニンドウ、熊蜂さんのお気に入り❤でした。
右は、クレマチス「ハグレー・ハイブリッド」まだこれから頑張ります!
Img_6530423b9061a847b510874b45ae274013c745b5
Img_edd28b0b16b0d54a7ddbe65fc9a6f062a2af728a
Img_43fab8dbcd2b8d5dce5df8da69a6f94decc0c270
お天気、その他諸々で、体調を崩されている方が多いようですね。
皆様、くれぐれもお大事に・・
明日からまた頑張ってくださいね!                  つうこ
Img_c3aac97c59f42ae4a3b0899cdb90fe4a0eac1f92
東日本大震災がおきて少したった頃ユニセフに募金をしたら、最近になって領収書が郵送されてきました。
その中に「マンスリーサポート・プログラムのご案内」というリーフレットが入っていました。
スルーしようかと思ったのですが 何でもすぐに忘れちゃう自分のことを顧みて、よく読んでみました。
月々指定する口座から引き落としでユニセフに募金をするシステムの案内です。
ちょっとづつでもいいらしいので、このプログラムに参加することにしました。
あんなに「何かしなければ!」と思っていたキモチを早くも忘れてきているようなおバカなワタシ・・・
月々引き落としてくれるなら、少なくともそう思った気持ちをカタチにして継続できるハズ。
マンスリーサポートに入っていることもすぐに忘れちゃうんだろうけど (^-^;
会えない人を思い続ける、知らない誰かに想いを馳せる、その人の痛みや悲しみを想像する・・・
それらは何て難しいことなのでしょう。。。

あ!  台風一過、青空が見えてきました (^-^)/
Img_a480c7258c4141b7910a150accb5b033f1d4a6f1
Img_6dc47a02e1522be80b7da2ccc61093e0878b2ec2
HIRO
Img_c12e20b5923719a881bd725910725e8befeba5b7
プチギャラリーPorePoreさんでのプリザーブドフラワーレッスン、日にちが追加になりましたのでお知らせします。
'11年6月11日(土)にもレッスンを開催することにしました。時間は午後1時30分からです。
定員4名で残席が2席です。参加をご希望の方は6月8日(水)までにこのHPのメールフォームからお申込みください。
課題は一応 ↑ のAnniversary Boardですが、
花器へのアレンジなどがご希望でしたら相談させていただきますので 連絡先をお知らせください。
レッスンに関する詳細はこのHPのInformationのPreserved Flower  (Click!) を、
コメントは5月28日のDiary (Click!) をご参照ください。

さて、明日から6月。 早い・・・ 6月のスタートは雨になりそうですね・・               HIRO