Img_6ea62225b6ca5dbf8cfcfb9993f059287b8df601
今日も雨でしたね・・
少し寒さが戻りしっとりとした3月初日、それでもほのかな春色のショットを・・と探してみました。
メルヘン・ケー二ギン、ローズガーデンで撮ったものです。
プリザーブド以外で剣弁高芯咲きのバラが登場するのも随分と久しぶりですね。
思えば最初にバラに憧れたのもこんな淡いピンクのバラ・・文句なしに大好きなバラです。
1985年ドイツ Kordes作出、英名は Bride's Dream, Fairy Tale Queen
Img_4ccc57fd96b6cc9feffcdf5c1ba4c2c3bd611ca8
このバラの母品種をたどれば・・「Royal Highness」
メルヘンケー二ギンと同じく、淡桃色、剣弁高芯咲きの
ハイブリッド系品種のなかではかつての最高クラス品種、
とありました。この「かつて」という書かれ方微妙ですよね・・
漂う気品はやはり特別なものがあると思いますが・・
母の「妃殿下」は、うどんこ病に弱い点と、弁質が弱く
雨などで花痛みしやすい点が欠点だそうですが、
こちら「女王」は雨による花痛みは少なく、
耐病性にも優れた品種だそうです。
父「実生 X」がマイナスを補ったのでしょうね。
交配種、家系図を辿ってみると、イロイロつながりが見えてきて面白いです。
「いや!びっくりした!、○○さんのおばあちゃんもヴィルゴさん?ウチのアイスバーグのお父さんと一緒!!
ご縁やね~」と、ちょっと知ってたら垣根なし、みんな知り合いにして喜んでいるオバチャンになっています(笑)
ロイヤル・ハイネスの母はアイスバーグの父でもある。。??なんて話はどうでもいいですから、
コルデスさんのお名前は覚えてくださると嬉しいです。
その作風は「質実剛健」
特にあらんちゃんやHIROの同窓生の皆さま~、校訓→質実剛健・・・
そこから懐かしい日々を想いつつ、IGELKOTT&VOP→バラ→ドイツの○○デス・・バッチリです!
さらに、アイスバーグ、アンジェラ、メルヘン・ケー二ギンと続けば・・もう・・完璧ではありませんか!!
・・ってコレ、私自身が記憶を辿るルートでもあります。確認にご協力いただきありがとうございました(笑)
Img_90ff97991f836e11001a7af42ff2809b8053bfce
つうこ
IGELKOTT( (Click!) )のあらんちゃんが山梨から遊びにやってきました。
今年は春の作品展をしないことにしたので、すっかり油断して遊びまくるワタシタチ・・・
今回はあらんちゃんが地元関西で行きたい所へ全部行って会いたい人全部に会いに行こう!という「大欲張り企画」
Img_dea4e5cc5a053b9e21424e9ca18f8e29ae527455
Img_ce0fc3ad18d3f885407d9f8c68420b7555760702
Img_3b7935575811f90cbb034385b82071e0094a433a
Img_c27bb8d4c42d3801dd02832d509295c66c4beafd
Img_d2a54a2eacd01271c5bf38b383cbcc9f10a33e58
Img_cd57610e7519936646d7eaa56f81af3aa81d7561
Img_0257d99667d14d913a5f953e11e22f6c28445794
Img_eebd5ad8a97bea2655fd268a493c5e5bef59fe0d
Img_f4451849c0c472f8099309222a5e5cc114cc8c95
悪天候も何のその・・・山超え谷超え、、、ニギヤカな2日間でした。
あ、貴志駅のたま駅長にも会ってきましたよ。寝てました。。。もうお年なのでほとんど寝ているそうです。
たま駅長に一番会いたがっていたつうこさん、お疲れが出て今回は参加辞退で残念・・・今度また一緒に行こうね。
たくさんの方からパワーと優しいココロをいただいてとても嬉しい遠征でした。
皆さん、ありがとうございました! お騒がせしました~ 明日からまた一生懸命働きます。

HIRO
Img_bd0b674ae6b8d62de9d52c3ae6aeead623468a88
「あらんちゃんが行きたいところ全部」ってどこだったかというと

まずは【芦屋Verdan' Garden】 (Click!)   
Gardenへは、いつも「まいど~」とか「ウィーッス!」=「ただいま~!」といいながら入っていきます。
お土産を交換して開けてみては大騒ぎのワタシタチを微笑みながら見ているゆうさんは年下だけれど「お母さん」みたい。
クリスマスローズと十月桜がキレイでした。↑ 写真は取り残されてちょっと寂しそうなレモン。

その後、阪神高速湾岸線を南下して高校の同窓生たちが待ち受ける【地元】へ。そして宴会。
あらんちゃんは2月生まれ・私は3月生まれで同級生の中ではワタシタチは「末っ子」
義理人情に厚い同級生の兄ちゃんや姉さんから見れば私たちは危なっかしくて見ていられないのか・・
皆、とっても世話をやいてくれます。ありがとう(^-^)/ いっつも世話やかせてごめんね。。。
もう実家はない地元だけれど、そんな人たちがいてくれるので、やっぱり「ただいま~!」

あらんちゃんが一番行ってみたかったのは、このHPでも何度か紹介している和歌山岩出の【ビストロたけ】さん (Click!) 
高校同窓生のおっけちゃんがご主人とふたりでされているフレンチのお店です。
同窓生達が行っては「おいしかった!おいしかった❤」とハナシだけ聞かせるので、何が何でも行きたかったそうです。
「おいしい!♥♥♥」を連発しながらスゴイ勢いで食べるあらんちゃん。。。念願叶ってよかったね。
謙虚なシェフとおっけちゃんに代わり「ゆーたとおりでしょ(^-')b」となぜか私が威張る。

このHPがきっかけで知り合いになった貴志川町(まで行ったから→タマ駅長)の【ブティックヴィアン】さん (Click!) へも
行きました。洋服買う時は絶対に一人でしか行かない私ですが、この日はつきあってくれた[りぃ]とあらんちゃんと3人で
ヴィアンさんの的確なアドバイスのもと気に入った商品をとっかえひっかえ試着して「似合う!とかカワイイ♥」とか
さんざん「女子」みたいなことをして遊ばせてもらい、それぞれにお気に入りをゲットしました。
いやぁ・・・まさか貴志川まで服買いに行くとは思わなかった・・・
ヴィアンさん、お騒がせでした。とても、楽しかったです!また伺いますね*(^-^)*

そして「はじめまして」のニットデザイナーさんの工房【毛糸花(もしか)】さんにも伺いました。
天井までギッシリと毛糸玉が詰め込まれた棚を見ているあらんちゃんは自然とニコニコ顔。
編み物が大好きな[りぃ]も素敵な作品を見てはニコニコ顔。
工房のオーナーさんは、フラワーアレンジもされるということでお花の話をうかがって私もニコニコ顔。
泉州方面でニットがお好きな方、ぜひ行ってみてくださいね。南海本線和泉大宮駅の近くです。
キラキラした目の素敵なオーナーさんです。創作に対するパワーを分けていただきました。
「会いに行ってみれば」と言ってくださった人、ありがとう(^-^)/~ 会いに行ってよかった。

そんなこんな・・・ ハイテンションな遠征でした。
ずーーっと お世話になっている方(携帯メール参加の方も含め)たちも、初めてお会いした方も
温かく迎えてくださってありがとうございましたm(_ _)m
ワタシタチは、すぐに「なつく」ので、今度伺ったら"I'm HOME! I'm HOME!"って玄関で叫んでいるかもしれません。
末永く、よろしくお願いしたしま~す!

HIRO
Img_bdecdbb1eb1cf1f4eb2e868f47a6e535fc35b462
今日も冷えますね」・・みなさん体調を崩されていませんか?
画像はこの1週間お世話になっている錠剤です。同じ撮るならちょっと「ゆるキャラ」をねらってみました(笑)
ちょっとした位置で変わる表情を楽しみながら、不安定なフットボール型の錠剤が動かないうちに・・カシャッ!
・・なんて遊んでいるのですから、もう大丈夫です。
実は、和歌山遠征に私も参加する予定だったのですが、1週間前より喉の痛みと発熱によりダウン↓
遠征メンバーからはずれ、自宅でおとなしくしておりました・・残念です(涙)
ちょうど1週間前、花金の夜の街を歩いている時に、キタかな・・というサインはありました。
小さい頃よく扁桃腺を腫らしていた私は、風邪は「喉から来るタイプ」 「キタ感」はよくわかります。
即その夜に早めの対策を!と風邪薬を探しましたが、バラのマルチングをする際に土中の菌を退治するため
砕いて蒔いたため、切らしています。なんとか1本だけあった葛根湯を飲んだ翌朝
唾をのみこんでも痛くて痛くて仕方ありません。でも週末で医院にも行けず・・というか年明けから4回病院にいった私
すでに向こう4年分行った気になり、今回は市販の薬と「気合い」で治そう!と決めました。
薬局で勧めてもらったのが「イブプロフェン」を含むもの↓
Img_54301e6fb685516e4de7a8c7befc25b2a339c2bc
画像は液状イブプロフェンが喉の痛みと、発熱に直接作用します!
・・というキャッチコピーのついた薬のパッケージより
いかにも「効きそう」でしょ!?(笑)
まずはイメージにヤラレテしまいました。
毎食後に2錠、一日6錠、5日を越えて使用しないように、との
注意書きがありましたが、さすがに5日飲み続けると最終日には
喉の痛みも楽になりました。
トップ画像のオレンジの鼻の錠剤は「アイストローチ」
こちらは「はちみつ味」が特におススメです。
風邪の対処法は、みなさんがそれぞれお持ちで、ショウガ、ネギ、漢方等、を利用される方もおられるでしょう。
でも、「それほどの高熱ではなく」「喉が痛くてたまらない」「医院へ行けない」・・というかた、
私はこの市販の薬で治しました。(個人差がありおススメはできません・・ましてや白衣も着ていませんし・・慎重に・・)
でも普段から、うがいを欠かさず、栄養、睡眠を充分に摂り(夜中のネットは禁物ですよ!笑)
体のもつ自然治癒力、外来の悪者と戦う力がちゃんと働ける状態にしておくことが何より大事ですよね。
・・とあたりまえのことをいっていますが、「あたりまえ」に動いている体もちょっと意識してやることで
防げるコトはたくさんあるのですね。この度実感しました。
働きすぎておられる方、週末はどうかどうかゆっくり体を休めてくださいね。
最後になりましたが・・不参加の私にもたくさんのお心遣いをいただきました。
皆様の温かいお心♡に接し、一気に元気になりました。ありがとうございましたm(__)m
次回は是非とも参加させてくださいね!○倍速のペースに頑張ってついていきますから・・(笑)
Img_48c6603167b511897374a5853ea82c726cedb645
つうこ
Img_312d133b1e3a2ec8dd918a55041043b141d13485
少し間があいてしまいましたが、プリザーブドフラワーのレッスンをします。
今回のレッスンでは ジョロの形をしたブリキの花器に春風がそよぐイメージでローズやリーフを入れていきます。
私は花器はシンプルな物を選ぶことが多いのですが、「春」ですから・・・花器で遊ぶのも楽しい。。
このホームページ、informationのpreservedに詳しいお知らせを載せました。興味のある方はそちらをご覧ください。
今回教室となるのは六甲の【プチギャラリーPorePore】 (Click!) 、という雑貨屋さんです。
minakoさんという女性オーナーさんが自ら選んで集めた手作り雑貨でいっぱいの見ているだけでも楽しいお店です。
ここ数日少し寒いけれど、また色々と楽しみな春が来ます!

HIRO

Img_765427a5e0dd041bd1df1c36daf0b9e17dd53a44
昨日は大阪で初めてのタンポポの開花が見られたそうですね。
このHPに登場する花たち、皆様から寄せられる花たちからの春の足音が、日毎近づくきょうこのごろ・・
仕事場のサザンカはたくさんの花をつけ、今が見頃です。
童謡「たき火」にも登場し、冬のイメージが強い花ですよね。一昨日の夜帰宅前には、車のフロントガラスが
凍っていたほどですから、寒暖が一進一退の今年の、この場所の、とても正直な季節のバロメーターなのでしょう・・
鮮やかな花色がまだ枝ばかりの庭の中で私達の目をひきつけます。

この花を植えてくださったのは家主様のお父様
以前住んでおられた家から引っ越しをされる際、庭の柊とこのサザンカをこちらに植えてくださいました。
10年前に移られた新居に奥様(家主様のお母様)も住まれる予定でしたが、引っ越される前に亡くなられたのです。
庭で奥さまが育てておられた花や木の中から、新居のコーナーに「魔除け」として柊、そしてその横にサザンカが
植えられました。
思えば・・園芸初心者の私がこの場所で鉢植えから初め、限られた深さの花壇に植えたオリーブやブルムーンが
こんなに育つのも、実を言うと不思議で仕方ありませんでした。
でもplant長の的確なアドバイスと、ここ数年で実感した植物本来の潜在能力を考えると納得できます。
そして、植物を大事にされてきた奥さまの魂が柊やサザンカに宿り、この庭の木や花達を護ってくださっている・・
そんな風に思えてしかたありません。
木を植えてくださったお父様、お元気な頃は、植物の生長を喜ばれ、夏の早朝に水やりをしてくださったり
まだ小さなお孫さんの手をひいて散歩されるながら、ローズマリーの香を嗅いでらしたり・・
そしてそのお父様も一昨年前に亡くなられました。

先日、花壇の前で友達とサッカーをしていたお孫さん、私を見つけると「この葉っぱ、エエニオイするんやで・・ほら」
とローズマリーの細い葉をちぎって差し出してくれました。
昨日はサザンカの前で一生懸命なわとびをしていました。
その横で「今年はたくさん咲きましたね」と家主さん
夜に、暗がりでは少し落ち着いた赤色の花を「オフクロが咲いとる・・」と眺められる仕事場の上司・・
家族と共に生きる木達は、時折鮮やかな色や強い香を記憶にやきつけながら、いつも静かに見守り続けています・・

つうこ
Img_945fb65f1713d0b1b30e458713827a0a67fec812
今年度は自治会の役員をしていて、昨日は地域コミュニティーの最後の行事「歩こう会」に行ってきました。
行先はこのHPでも何度か紹介している府立山田池公園。
大阪府「お金がない!」「橋下知事シブチン!」と言いながら、この公園は行く度にどんどん立派になっています。
広くてたくさんの樹木が植わっていて気持ちがいい公園なのでたまに散歩に行くのですが、
昨日はまだ行ったことがなかったエリアで↑こんな珍しい木に会いました。丸いタマがブラブラとぶらさがっています。
オモシロイ!!! ワタシのツボです❤ プレートを見ると「スズカケノキ」と書いてありました。
Img_c1b655d3acc026c5e9b72e206a1c67f34b24f2f8
近づいて見ると ← こんな。
本当にヒモで鈴をぶらさげたような恰好で風が吹くと一斉にブラブラとなびきます。
チリンチリ~ンって音がしたらもっとオモシロイのに・・・
さすがに音は鳴りません。でも見上げていると頭の中ではチリチリ音が聴こえます。
この丸い実の中には綿毛のついた種子がギッシリ詰まっているそうです。
街路樹などに使われていて、実が落ちて車に踏んづけられると割れて
割れると綿毛を広げて飛び立って、少しでも遠くへ飛んで種をつなごうとする・・・
よくできてる~ 植物の不思議であります。。。
このHPのTopに使っている写真「フウ」の木に似ていますね。
私が「メチャメチャ好きなタイプ」です❤
「フウ」は今年は少ししか実をつけませんでした。
梅や柿のように「生り年」とそうでない年があるのかな?
それにしても、この曇天・・・ 
曇天のおかげでスズカケノキの実がシルエットになって目に入ってきたのかもしれませんが、、、
自称「晴れオンナ」の私・・自治会行事はイヤイヤ参加するのでいつもビミョーな天候になります。
ちょうどゴールの小学校に着いた頃、雨が降り始めました。秋の運動会の時もそうだった・・・
Img_911210ca5f36c5386b43513b8bdf1e895ed276a3
モノクロームで撮ったのかと思うような写真ばかりになりましたが・・・ カラーです↓
春を告げる花たちもたくさん開いてきています。梅林は五分咲き、大阪城公園もそろそろ見頃でしょうね。
Img_4ea7f58f4d4dc7342b0b08d0acc9539d813c434f
Img_41477b6d63bece65323fb193eb3546695a7f118a
Img_ed15443fceaef318735ac0641421b5e8a7e49947
数年前に見た時にはまだ「株」だったスイセンやクリスマスローズは「群生地」になっています。逞しい!
梅の写真は大阪城編で見飽きたでしょうから、違う花を・・・ ↓ 山田池公園、いい所ですよ。   HIRO
Img_e99cd3dd676d0d71e1f4d10b9b101e2ef8d84cd7
マンサク
Img_2dd224da5c71815b3d4ce5913797cff60e3cb817
ボケの蕾
Img_48f6c4e2204e935b462372cf800d1f4a25921e2e
サンシュウ
Img_cca2110f2d8dd96a93b5961ece9f3ded1cb67723
日々の生活でおなじみのコンビニ。
数ある中で特に行きつけになってしまうのは、道の左側車線沿いにあるお店。
車で入りやすい、これはなんといってもドライバーにとっての必須条件ですよね。
この画像のコンビニは仕事場の近くにありますが、近くに関西電力の変電所があり、広々とした駐車場から眺める
この男子な風景、「かっこいいな~」とお気に入りで、よくショットを撮ります。
「コンディミは基本だよね」
(*コンディミとはジャズでよく使われるスケール combination of diminished scaleの略です)
以前diaryでも書きましたが、これは布川師匠がコンビニに入られる時の口癖です。
共演させていただいた限られた機会のうち、私は六甲アイランドと三宮で2度聞いているので、かなりの頻度で
おっしゃているのかもしれません(笑)
いずれにしろ、私達の生活にはかかせない「現代のよろずやさん」コンビ二エンスストアは「基本」です(笑)
Img_8b33636a0d4824d3188e12a8785217efe9ed95da
画像はご存じキャンペーンのシール台帳、それも満杯です!
ネコにウサギにクマ・・パンなどのおススメ商品についているシールを集め、
キャラクターグッズをゲットしよう!というものですが、交換期日の小さい字が読めず、いつも気付いたら終わってしまっています。
そのうち目的が変わっってきました・・
「どうやら○○さんはシールコレクターらしい・・」と
同僚の先生達も必ず台帳に貼り付け、協力してくれます。
以前紹介したミッフィーのカップはゲットしましたが
満杯のシール台帳もありますよ(笑)

・・とそれだけ通いつめてるのに、ただシール台帳が増えるだけではちょっとサビシイハナシです(苦笑)
LAWSONのレジのところに小さな緑のボックスがあります。
スヌーピーにウッドストック、ピーナッツの仲間たちが旗を持っている絵
大好きな彼らと「緑化運動にご協力を」の文字につられて入れてしまう募金箱です。
LAWSON以外のコンビニにもあり、店により途上国への義援金募金箱になっているようです。
今はどこでもその箱に白い紙が貼られ「新燃岳噴火災害義援金」の募金箱に・・
少しずつでも続けられるこういうシステムは嬉しいですね。

そしてもうひとつ大好きなアレでこんなコトも・・

先日和歌山遠征のお土産に森永のチョコレート「DARS」をいただいたきました。ありがとうございますm(__)m
実はこの「DARS」箱裏側に「1チョコ for 1 スマイル」というプロジェクトの紹介がありました。
チョコレートの原料カカオの故郷ガーナの子供達がしっかり学べるよう、森永製菓は売上の一部を支援に充てています。
「あなたが食べるともう一人がうれしい」
これをいただいてから、私はこのチョコを買っています。
もちろんコンビニ以外でも買えます。皆様も是非どうぞ・・

つうこ

P.S. 最後は「DARS」の画像を載せるつもりが、ウチの(=^・^=)がキーボードをちょいと触った後
   昨日のHIROのdiaryの水仙の画像しかでてきません・・(汗)メイは水仙の画像を推しておりますが・・
   もう少し下に↓に水仙の画像、さらに下に↓に「DARS」がありますm(__)m
   次のdiaryを書く時までには直っていますように・・
Img_8564e2619290b010caf15aae89db92e05830674f
少し前にカメラを買い替えました。
このDiaryを見てくださっている方でご自分でも写真を撮る方々からは、画像しか見ていないのに「カメラ変わったね」と
すぐに反応メールをいただいたりしました。  さすが~***
昨年は「一眼レフ!一眼レフ!」と騒いでいて、もう今にも買いそうな勢い @@@@@@
いつものワタシの行動パターンからいくとよく考えもしないうちに買っちゃうトコロだったのですが、
花の教室の先生やスタッフさんとカメラの話をしていたら、すでに一眼レフを持っている女性たちからは
「使いこなせない」「かさばる、重い、持ち歩くには不便」という意見。
それもそうよねぇ・・・歩き回り走り回るワタシ、一眼レフなんて毎日持ち歩けないなぁ・・・
でも4年間使っていた前のデジカメは「もっと近づきたい」とか「もっとデッカク」とか「もうちょっとボケて」という
要望に応えきれなくなったので、手っ取り早く要望に応えてくれるコンパクトカメラを探していました。
そこで、たまたま見つけたのがRICOHのCX4というカメラです。結構「地味」・・・(笑)
現像することがあまりないので画素数はそれほど重視せず1000万画素です。
でも以前は4倍だった光学ズームが10.7倍になり、接写が1cmまで寄れるのが嬉しくてたまりません。
そして写真をやる方には邪道かもしれませんが、ド素人の私には嬉しい機能も使いやすく設定されています。
例えば、「ソフトフォーカス効果」を選ぶと・・・

Img_69ff1bab4b6e16a1b072d0671d47ea19badf722a
普通撮影
Img_821aa37f0e1230463cb6a900f850fb3a661e8b35
ソフトフォーカス効果選択
ソフトフォーカスレンズを通して撮ったような画像になって「ソフト具合」も選べます。
「効果あり」と「効果なし」の両方の画像がファイルに記録されて見比べることもできます。
ちょっと気に入っている「トイカメラ」もついていて、それで撮ると・・・
Img_05a0a0c51fab13fa8f1d4bebdcdb8691e87b3ca8
普通撮影
Img_939f5e2d2f16ee15781ec656fd1effc537f66da8
トイカメラ
Img_51b09c419d7d103d24f1437018de3befa72f7bd1
白黒写真
昔懐かしい「昭和の香り」の写真が撮れます。
一度シャッターを切れば5枚連写したり、ピントを5カ所にずらして撮ったものを見比べることができたり・・至れり尽くせり

今ドキのカメラはこのくらいの機能はどのメーカーのカメラにもついているようですし
パソコンを使えばどのようにでも加工できるので、自慢するほどのことでもありませんが (^-^;
「よくわからないくせに結構機械好き」のワタシにとって、新しいカメラはやっぱり嬉しい。
カメラの先生もたくさんできたので(勝手に先生にする・・)色々教えてもらって楽しく写真を撮りたいです。
でも・・・ 宮崎あおいちゃんがやっている「PEN」のコマーシャルを見るとやっぱり欲しくなる、、一眼レフ。。
いつかは必ず・・・・・!!

HIRO
Img_9bf76d16962cca0a71c57a15f6facbe35ef87682
音楽的刺激に飢えておられる皆様、お待たせ致しました!今日は久々にライブのお知らせです。
トップ画像はこのHPでもおなじみ、布川俊樹Standard Jazz Projectのアルバムジャケットより・・
でも何かが違うでしょ?そうです、天の邪鬼は裏ジャケットを紹介してみました(笑)
もう気付かれた方はおられると思います。今までのショットと植物の向きは逆になっているんです!
これは撮られたショットを後に処理されたものでしょうね・・シブいですm(__)m
SJPのライブは昨年5月以来、私自身もとても楽しみにしています。
・・と来週にせまったスケジュールをお知らせする前に、少しだけライブ以外の師匠の顔を紹介しましょう。

ジャズギターリストとしての演奏活動ばかりでなく、音楽大学講師、また教則本、DVD,レッスン等で、後進の育成にも努めておられる師匠。
3年前春のガーデンライブの際、古川師匠は2日目森山さんのコンサートがあり、布川師匠に残っていただき
ギタークリニックをお願いしたことがありました。
参加者は神戸大学軽音楽部のジャズ研究会のメンバー達。Stable Notesのリズム隊にご自身も加わクリニック参加者と共演という形で、一人ひとりとても丁寧に指導くださいました。
参加者のもってきた曲を演奏、質問に対し豊富な経験からひきだされるエピソードを交えて丁寧に回答を
また「ソロでやっていきたい、」という参加者には、ギターデュオでサポート。
「まだジャズはやり始めで・・」という参加者には「じゃあ、ロックでブルースやろうよ!」と熱い指導のクリニックは
新幹線に乗られるぎりぎりの時間まで続けられたのです。
ジャズを志す若者達と真摯に向き合われる師匠の姿を、私は企画、共演というかたちで目の当たりにしたのですが、
実は師匠のHPでもその熱意を感じることができます。
布川俊樹ジャズジャングルの「Q&Aコーナー」、かねてから私はこのコーナーのファンでした。
内容の濃い質問にもとことんの回答、丁寧な解説と例証に納得・・最後にはきっちりとご自分の立場を明確にしておられ
音楽に対する姿勢、意志、そして、美学、哲学までが感じられます。
昨年このコーナーを中心に校正を加えられまとめられた本が出版されました。 (Click!) 
「ジャズの壁を超える100のアイディア」(シンコーミュージックエンターティンメント)
昨年5月ライブ後に早速読まれた方もおられますよね。
表紙のイラストは師匠の妹さん尾崎結実さんが描かれたそうです。ご兄妹そろってアーティストでいらっしゃるのですね。
バックの楽譜はVALIS ファーストアルバムに収められている師匠のオリジナル「Long Long Way」選曲、グっときます♪
ジャズを志す方達ばかりでなくミュージシャンの方々からも絶賛の書です!皆様も是非どうぞm(__)m
お待ちかねライブスケジュールです。会場によってはクリニック、セッションも企画されています。 (Click!) 
「布川俊樹 Standard Jazz Project Spring Tour 2011」
布川俊樹(g) 佐藤 浩一(p) 高瀬 裕(b) 安藤 正則(ds)

3/18 (金) 静岡ライフタイム (Click!) (tel/ 054-250-0131)
19(土)  岐阜アイランドカフェ (Click!) (tel/058-274-8014)
20(日)  福井県坂井市三国ハウスアムメーア (Click!) (tel/090-6815-4396) 
21(月)  大阪ミスターケリーズ (Click!) (tel/06-6342-5821)
22(火)  広島 Jazz Club Bird (Click!) (tel/082-241-6906)
23(水)  岡山 LIVEHOUSE BIRD  (Click!) (tel/086-232-4831)
24(木)  高松きまま亭 (tel/087-821-7076)
25(金)  高松スピークロウ (Click!) (tel/087-837-0777)
26(土)  広島県福山デュオ (Click!) (tel/084-923-5727)
27(日)  福山スガナミホール (Click!) (tel/084-923-5727)

進化し続ける布川俊樹SJPの熱いライブに 皆様是非いらしてください!

つうこ
Img_88917201ccde635537888995ec7094b33aa867b4
Img_85b1b09f0bd979d3a0a4e7efa48e533a1c48af98
昨日、たまたま『気分障害』というタイトルの市民向けの健康講座を聴く機会がありました。
講師は枚方市内で『気分障害』の専門病棟を持っておられる精神科のドクターでした。
ちょっと知っておくといいな、と思ったお話だったのでここで紹介しようと思います。

『気分障害』というのは一般的には『うつ病』と言われている病気などのことです。
『うつ病』は「心の風邪ひき」などと言われますが、精神科医としては「風邪ひき」なんて軽く考えてはいけない、
感覚的には「心の『骨折』」ととらえてほしい、ということでした。
「風邪ひき」なら無理をしたり放っておいたりしてしまうかもしれないけれど
『骨折』なのでちゃんとギプスをかけて安静にして時には痛み止めの投薬も必要・ギプスがはずれたらリハビリも必要
だから「気分が塞ぐ・・」と感じたら「風邪」だと思わず「骨が折れているかも」と意識してほしいのだそうです。
そして 一番肝心なのは最初から「精神科」の門をたたいてほしいということでした。
「気分障害」=「うつ病」だと思われがちですが、ちゃんと検査をしてみると実はその半分以上は『双極性感情障害』
いわゆる「躁うつ病」。気分が良い時には誰も「医者いこう!」とは思わないので見落としがちなのだそうです。
「うつ病」と「双極性障害」への療法は全く異なるので、診断を誤って違う処方の薬を飲み続けていると
症状が回復するどころかどんどんこじらせてしまうそうです。
ところが 特にお年寄りなどで内科のかかりつけ医があって、「気分が塞ぎます」と訴えると
「じゃ、気分がよくなるお薬出しときます」とか「よく眠れる薬出します」と何種類も薬をもらえたりする・・・
これは精神科医から見ればとても危険なことなのだそうです。
ちゃんと「診断」をくだすことができる専門医を受診して信頼のもと治療にあたらないと
遠回りをしてしまうことになり 長い間苦しい思いをしなければならない、というお話でした。

誰にもストレスはあって、それをうまくピョンピョンと乗り越えられる人はよいのですが
中にはとてもつまづきやすい歩き方しかできなくて 平坦な道を歩いていてもつまづいてしまう人もいる・・・
『気分障害』の治療のプログラムの中には「つまづきにくい歩き方の訓練」のようなものもあるそうです。
でもその歩き方、医師が歩かせてくれるわけではなく やはり本人が「転ばずに歩こう」と意志を持って努力しないと
習得できないようで・・・  それができないから苦しいんじゃないの・・と思ったり・・・
自分がつまづいて転びそうになった時に、転ばないように支えてくれた何本もの手を思い出してありがたかったり、、、
私が支えきれずに目の前で転んでしまった人を思い出してちょっと悲しかったり・・・ 
今、苦しい人が少しでもマシになれますように・・・ と思って久々に真面目に講義を聴いた昨日でした。

HIRO

PS. 午前中にこの日記をupして仕事に出かけました。
   15時前に地震の揺れは感じたものの勤務中だったので何も知らずに夕方帰宅して テレビを見て驚いています。
   お見舞い申し上げます。

この国が経験した最大規模の地震から一夜が明けました。
次々と衝撃的なニュースが飛び込んできます。
被災された方々、心よりお見舞い申し上げます。
そして尊い命を失われ犠牲となられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

余震の不安と恐怖におびえ、寒い夜を過ごされた被災地の方々、どうか引き続きお気をつけください。
交通機関がマヒした都心で何時間も歩いて帰られた方々、仮の施設で眠れぬ夜を過ごされた方々、大変でしたね。
昨日携帯の速報で知り、慌てて連絡を取った方々も
「大丈夫です。ありがとう」から始まり、皆、揺れの恐怖を語っておられました。
「もっと大変な方がおられるのだから」と寒い中長時間歩かれた事も控えめにおっしゃていましたが
どうぞお疲れのでませんように・・
そして、連絡の取れない方々、どうかどうかご無事で・・
そしてそしてこのHPを訪ねてくださっている関東、および被災地の方々、大丈夫でしたか?
この非常事態にdiaryをアップすべきかどうか悩みましたが・・・
「私達はここにいます」 (以前HIROが書いていた言葉を借りました)
すぐにかけつけることもできず、いたたまれない光景を前に、自分の日常をこなすことしかできない無力な私達ですが
皆さんのことを思っています。ここを訪ねてくださる方も同じ気持ちだと思います。
この先の被害が最小限にくいとめられますように・・
そしてなんとかこの状況を乗り切ってくださいますように・・
たとえ言葉でなくとも皆様からのメッセージを受け、伝えるためにも 私達はここにいます。

つうこ

状況が明らかになるにつれますます悲惨なことばかり・・・
胸が痛むだけで何もできないのがとても申し訳ない気持ちになります。

無事を確認したくて巡っていったブログの中で、ギタリストの布川俊樹さんのものを見たら
「転載希望」という記事で以下のものが掲載されていました。
もとは布川さんの友人でやはりギタリストの竹中俊二さんがブログで発信されたものだそうです。
果たして このVOPに掲載したところでどれだけの方の役に立つかはわかりませんが
すぐに実行できることは全部やろうと思います。
布川さんにならってVOPもコピペします。 自分が住んでいる所で災害が起きた時のご参考まで。


(転載希望記事)



大切な人を守ってください。一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。



避難の際に確実にもっていたいもの


□現金

□身分証明書

□印鑑・預金通帳・保険証

□飲料水(1人1日3リットルが目安)

□非常食(缶詰等)

□携帯電話と非常用充電器

□家族の写真(はぐれた時の確認用)

□ホイッスル(倒壊に巻き込まれた際に最小限の労力で居場所を伝えられ生存率が格段に上がる

□母子手帳(乳幼児の子がいる場合)



■災害用伝言ダイヤルと伝言板


利用エリアに制限あり


・利用方法は「171」をかけるとガイダンスが流れる。

・そのあと「1」をかけ電話番号を入れる

・一つの伝言あたり30秒の録音ができる。

・その音声の伝言は48時間保存されます。


■それを外から聞きたいときは

・「171」をかけたあとに「2」をかける

・被災地の方の電話番号を入れれば音声の再生が可能になります。

・つながらないと思ったら「171」をかければガイダンスが流れるので使用法を忘れてしまっても大丈夫。



通信各社の災害用伝言板は以下の通り。

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス

→"http://..www.ntt..docomo...co.jp/i..nfo/not..ice/pag..e/11031..1_01_m...html"



伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

PCからメッセージを確認する場合は"http://..dengon...docomo...ne.jp/t..op.cgi"


▼KDDIの災害用伝言板サービス

EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。



安否情報の確認は"http://..dengon...ezweb.n..e.jp/"

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板

→"http://..mb.soft..bank.jp../mb/inf..ormatio..n/dengo..n/index...html"


Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。


安否情報の確認は"http://..dengon...softban..k.ne.jp../"

▼NTT東日本

→"http://..www.ntt..-east.c..o.jp/sa..igai/in..dex.htm..l "


 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。



▼ウィルコムの災害用伝言板

→"http://..www.wil..lcom-in..c.com/j..a/dengo..n/index...html"


 ウィルコム端末からのアクセスは"http://..dengon...clubh.n..e.jp/"


 他社携帯やPCからのアクセスは"http://..dengon...willcom..-inc.co..m/"


▼イー・モバイルの災害用伝言板

→"http://..emobile...jp/ser..vice/op..tion1.h..tml#sai..gai"


 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。


 安否確認は"http://..dengon...emnet.n..e.jp/ "


Google では、本日(2011.03.11)起きた地震のあと、連絡のとれない家族や友人がいる方のために、Google Person Finder というツールを提供しています。 "http://..goo.gl/..rlR07"



特に知っておいてほしいこと


・避難した女性の方。

絶対に一人で公衆トイレに行かないで。

便乗する性犯罪者がいます。

常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。


・赤ちゃんがいる方。

赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。

阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。

彼の死を無駄にしないで。


・電話の使用は極力避けてください! 

非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 

安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 

またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。



・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。

まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。

阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。



・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。

また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。

送電時に火災になって家が燃えてしまいます。

停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。

通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。

漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。



・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。


・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。

飲料水の確保もお忘れなく。

ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。


・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。

絶対に見物などには行かないようにしてください。


・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。


阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。


X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!


携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!


ヒール履いてる人は折る!



食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。

トイレは基本ないからビニール袋を。


火事などの2次災害に注意!


パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。


ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。


少しでも多くの方のご無事を祈ります。



以上が布川さんのブログからの転写です。  
それから、他の方のブログでは「ツィッター情報なので真偽のほどはわからないけれど
『関西・中部地方の皆さん、節電してください。中部電力は関東方面への送電を開始しました』という情報があったので
やっても無駄になることではないので 節電しようと思います。」
と、あったので私も節電を心掛けたいと思います。

本当に何もできないし、掛ける言葉すら持たないのだけれど・・・


HIRO    18:00


未曾有の大地震、津波発生より二夜が明けました。
衝撃的な映像と報せに言葉を失います。
救援活動が続けられる一方で、新たな恐ろしい事故が相次ぎます。
一人でも多くの命が救われますように・・不安な日々を過ごす方に援助が届きますよう・・
ただ祈ることしかできない無力な私は、遠い土地から何かできることをと
昨日 朝のdiaryに続き 「皆様へのお願い」と下記内容↓の記事をアップしました。
(掲載時間 12日19時20分~21時40分)
この内容に誤りがあったことを訂正し、深くお詫び申し上げます。
*雨の日に注意!
という内容は、悪質なチェーンメールであったことが明らかになりました。
市原市、コスモ石油のHPでも警告をうながす記事が掲載されています。
メールを送ってくれた友人は常日頃から人の為に力を尽くす人です。
私も協力ができれば、と確認もせずお知らせをしてしまい、アップ後に訂正メールを受けました。
大変な時に誤報でご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。
この時間にこのページをごらんになり、どなたかにお知らせくださった方、本当に申し訳ありませんでした。
訂正しお詫び申し上げます と共に、情報には慎重に対応するよう気をつけたいと思います。


掲載記事は以下の通りです。


「皆様へのお願い」

転載希望、皆さんに知らせてください、というメールがどんどん入ってきます。

すでに↓HIROが布川俊樹さんのブログより、転載希望記事を掲載しています。

そちらをご覧になり、皆様のご協力よろしくお願い致します。

重複のない内容を中心に随時アップしていきます。


* 雨に注意!!18:20 (東京在住、ご主人の会社よりメール)
工場勤務の方からの情報です。
外出の際には肌を露出しないようにしてください! 
コスモ石油の出火により有害物質が雲などに付着し、雨などと一緒に降るので
外出の歳はカッパなどを持ち歩き、身体が雨に接触しないようにしてください!!
東京の皆さんに知らせてください!よろしくお願いします!

* 関西方面の皆様へ節電のお願い 16:30(HIROの記事と重複)
関西電力が電力提供を開始しました。少しの節電でも立派な支援になります。
電子レンジや炊飯器等、普段さしっぱなしのコンセントを今日だけでも抜いて節電しましょう。
ご協力お願いします。

つうこ   19:20


以上が掲載内容です。
関西方面にお住まいの皆様、節電は引き続きご協力お願い致します。
この度の事を教訓に、冷静な判断のもと、引き続き自分にできることを続けていきたいと思います。 つうこ



【こちらもお詫び】
関西電力のホームページを見たら「関西電力からチェーンメールを発信することはありません。」とありました。
なので、皆さんも何本か受け取ったであろう「節電へのご協力お願い」メールは関西電力からのものではないようです。
VOPでも早合点してブログに載せてしまって ごめんなさい m(_ _)m
でも「何か自分ができること・・・」と思って少し暖房を控えたり電気を消したりコンセントを抜いた人たちがいるなら
みんなの「気持ち」ですもの。無駄だった・・とは言い切れないと思います。
しかし、チェーンメール拡散の速さ、、、どんな内容にせよ危機感を持たなければ、と感じました。
ブログを発信する者として以後気をつけます。   HIRO
Img_1db24de4e7823bba2889572f627f66b5c55ca3e5
今日からはまたいつものVOICE OF PLANTSに戻ろうと思います。
心が揺れたり胸が痛かったりはするけれど、私たちが暗い顔をしていてもきっと誰の役にも立たない・・・
ならば、いつものようにここに居て 訪れてくれた人は笑顔で迎えよう。
「おかえりなさい。大変だったね。」とだけ言って 黙って温かいお茶が一杯出てくるような、そんな場所でいよう・・・
それがきっと私たちにできること。 さ、皆さん、一緒にお茶でも飲みますか *(^-^)*
Img_17947756891a6dc273afd50c7e30b1debd882aea
私はド近眼なのでメガネやコンタクトレンズ無しでは生活できません。
メガネをはずして無意識にどこかへポッと置くと そのメガネが見えなくて
途方に暮れて探し回る・・・というくらい視力は悪い・・0.03レベルです。
目がいい人にはわからない世界だと思うのですが
目がいい人は目がいいなりに、この年齢になってくると「老眼」という
残念な現象が早めに現れてきて それなりに苦労しているようです。
そういう私も残念なのは同様で「あまり遠くが見えるように合わせると
今度は手元が見辛くなりますよ」と言われ
近視の度数は少し抑え目のメガネを使っていました。
ところが最近、あまりにも見えない。。。
特に車の運転をして知らない場所へ行った時、道路標示が真下へ到達するまで見えなくて
「あぁーっ、今の右だった!」とか 車線変更が遅れてしまうことが たびたび・・・
先日 和歌山へ遠征した時も「見えないよ~」と言っては「HIROソレあぶないよ」と言われていました。
今年は免許証の更新の年。メガネをかけても絶対に0.7見えないと思ったので新しいメガネを作りました。
検眼したら前のメガネでは0.4しか見えていませんでした。あらんちゃん・りぃ、本当に危なかったね (^-^;
「手元はいいから、とにかく遠くがよく見えるように」と1.0に合わせてもらったメガネ、なんてよく見える~!
みなさんの顔をしげしげと眺めようと思います(笑)。
でも、このメガネ やっぱり手元は見辛い・・・ ややこしいことになってきました・・・(哀)

HIRO
Img_1edae9b5075ab227784e035c3bc03d7d0a0fa499
日毎、いえ時間毎に深刻化する事態を知らせるニュースが入ってきます。
被災地の方々の心情と健康、原発関連の余談を許さない状況、相次ぐ余震、計画停電の不自由を引き受ける人達のこと
変わらぬ日々を送る人達はみな、そのことを思いつつ「自分に何ができるか」を真剣に考え日々を送っています。
「節電」 「義援金」 「円滑な援助活動の妨げとなる行動を慎むこと」 「できる限り日々の経済活動を継続させること」
「力になりたい」みな同じ想いを実際に届けられる人達に託し、私達も日々を大切にすごしていきたいと思います。

仕事場への移動中ラジオを聞いていると、地震発生直後から日々多くのメッセージが届けられています。
送られた言葉と共にリクエスト曲、小田和正さんの「大丈夫」が流れてくると、こちらまでジーンとして涙が出てきました。
まだ震災直後のことでしたから、情報収集の為に被災地のみなさんが聞いてらした局とは異なるかもしれません。
でもきっと想いは届いたはず・・

阪神淡路大震災で被災した人達から
ー 大きな力をもらった僕たちが、今度はみなさんを支える番です。頑張ろう、東北!頑張ろう、日本!

NYのジャーナリストへのインタビューより(13日午後)
― 今、N.Y.じゅう、国中が心から応援をし、この大惨事にあっても秩序の保たれた日本という国に敬意をもっています。
街を歩いていると「あなた日本人でしょ?頑張って!と国の皆さんに伝えてね!」と何人もの方に声をかけられます。
また友人が被災されたご両親のもとにかけつけることもできずにいると、彼女のboyfriendが「君の代わりに
僕が行く!」と救助隊に志願をしたそうです。早速、今朝飛行機で日本へ向けて出発しました。みんなが日本のことを応援しています。ですから、どうぞどうぞ頑張ってください!!」
必死にメッセージを伝えようと感極まり震えるジャーナリストの声・・
遠い国におられる日本の方もどれほど心配だろうと、N.Y.にいる知人から紹介してもらったブログを開いてみました。
『ニューヨークの遊び方』 Libertyさんのみずみずしい感性で描かれる N.Y.
「この街に住む人はみなそれぞれが夢や希望を持ち、自分以外の誰かの為に生きることを喜びとしています。そんな人を街を可能な限り伝えていきたい」とインタヴューで語られるLibertyさん、発生直後からの政府、メディアの動向、救援活動そして、世界中からのメッセージ『Pray for Japan』を届けてくださっています。
Libertyさん、ありがとうございます! (Click!) 

各地から寄せられる言葉が少しでも被災地のみなさんのもとに届きますように・・
電波にのせて送られるメッセージはもしかすると残らないかもしれません。
でも、一人でもひとつでも多くのメッセージを記憶していきたい。
ラジオを聞く時間は限られていますが、私自身の耳で聞いたメッセージを、このdiaryで残していきたいと思います。

今日は現地へ向かった人達、そのご家族からのメッセージを紹介します(ラジオネームまでは覚えきれませんでした)
ー 私の弟は自衛隊員です。今日「現地のみなさんの希望の光になれるよう頑張ってきます!」と出かけました。
みなさん、どうか頑張ってください・・(13日夜)
 
ー 今、被災地の倉庫から荷物を運び出しています。現実を目の当たりにし、心が痛むばかりです。
これから本社へ戻ってUターンし、救援物資を運びます。一刻でも早く被災地へ届けます。
みなさん、待っていてください!   (14日夜/トラッカー)

つうこ

P.S. 今日の画像のバラは「ラジオ・タイムス」 ショットは昨年Rose Gardenで撮ったものです。
   1994年、イギリスD.オースティン作出。 同名の雑誌の創刊70周年を記念して命名されました。
Img_405acacea8ed4a8893d017bfc621c573022c0559
Img_7fc6ee52fc4275b39a83ae590a1ff7b02a79365a
画像の桜は昨年春に撮ったものです。
被災地のある中学校、卒業式が延期になったけれど、式の為に用意された桜がその日までどうかもちますよう・・と
寒い体育館に置かれている映像を見ました。
学び舎からみんなを送り出す日まで、ソメイヨシノさん、あなたも頑張って!!

被災地の悪天候、燃料、救援物資の不足、輸送路の確保、原発、・・国中が不安を抱える中、現場の人達は
不眠不休で闘っておられます。
こんな時に・・と思われるかもしれませんが、こんな時だからこそ、力を得たいですよね・・
学生時代に読んだ「Jazz Life」 ジャズピアニスト、リッチーバイラークへのインタヴュー記事の中に
こんな言葉がありました。
「今僕たちが音楽をしているこの瞬間にも、世界のどこかで戦争、飢餓、災害の為に命を失う人がいる。
でも、こうして命が与えられ音楽をする機会を与えられた僕達は、やり続けないといけないんだ。
音楽家にはその義務がある・・」

数日前にこのdiaryで紹介した布川師匠、災害翌日にはこのdiaryでも転載した記事を、そして
その翌日にはギターマガジンの取材記事を掲載されていました。その記事に被災地のジャズギターリストから
「元気が出ました。ありがとうございました!」とコメントが寄せられていました。
そうです!音楽から力をもらう人達、音楽を待っている人達がたくさんいます!
明日からのツアーでジャズファン、ギターファンの皆さんに力を届けてください。必ずその力は支える力となり
つながっていくことでしょう・・
布川師匠とくれば・・皆様お待たせ致しました!古川師匠のツアーのお知らせです!!

古川初穂ピアノトリオ 「春の宴  2011」
すでにスケジュールをチェック済みの方もおられると思います。
日程自体はすでに決まっていましたが、この度の出来事を受け、古川師匠、須籐満さん、則竹裕之さんが
どのような気概で臨まれるかは想像できます。
いつものおしゃべりは何も言いません。
日程があえば、どうか皆様ご自身がライブ会場で、紡がれる音を 熱いメッセージを受け取っていただきますよう・・
お願い致しますm(__)m

古川 初穂ピアノトリオ   春の宴 2011

古川 初穂(p)  須籐 満(b)  則竹 裕之(ds)
4/10(日)  広島 SPEAK LOW (tel/082-545-3960)http://speaklow.net/
11(月)  神戸 萬屋宗兵衛 (tel/078-332-1963)http://soubei.net/  
12(火)  京都 RAG (tel/075-241-0446)http://www.ragnet.co.jp/live_spot_top.html
13(水)  名古屋 LOVELY (tel/052-951-6085)http://www.jazzinnlovely.com/access/index.html
17(日)  水戸 Girl Talk(tel/092-225-0050)http://www.girltalk.co.jp/index.shtml
18(月)  目黒 Blues Alley Japan (tel/03-5740-6041)http://www.bluesalley.co.jp/

お近くの会場へ是非おでかけください!!
神戸元町 萬屋宗兵衛でのライブは私達がお手伝いしています。
予約お申込みはこのHP、メールフォームでもお受けいたします。
皆様のお越しをお待ちしております。
花の候にお会いできると嬉しいです・・(何も言わないといいながら、まだ言っています・・笑)
Img_5974258d8010b8308c528a032bc64441fe5a7012
つうこ
Img_d94fbdf830180b6ab54b1ac7b094b260c23f56bc
プリザーブドフラワーの「春のレッスン」のお知らせを出したら、思いがけずたくさんの方が申し込んでくださいました。
私のレッスンに初めて来てくださる方も何人かおられます。   とても嬉しかったので、
今回のレッスン料(花材費は除きますが)をすべて東北関東大震災の義援金に回そう、と思いつきました。
義援金、いつ・どんな形でしよう?いくらしようか?と考えていたところでした・・・
郵便局へ行って赤十字の振込用紙をもらって 今日先に義援金を振り込みました。
だから 明日芦屋であるレッスンと来週の土曜日に六甲であるレッスンに来てくださる皆さんは
VOPの小さな小さなチャリティーに参加していただくことになります。ありがとうございますm(_ _)m
[チャリティー]は「後付け」ですが、私が「花」で何かできるなら何よりです。
私ひとりができることは本当に知れていますが、小さな力でもたくさん合わさればきっと大きくなると思います。
できる範囲のことをやって、元気にしていようと思います。

HIRO


Img_507f50380e55469ac0b692f8a06c398542c50ce6
この1週間 帰宅時に必ず聴くラジオ番組があります。
「全国38のFM局をつないでお届けする未来の鍵を握るラジオの学校、School of Lock!
LockのスペルはL,O,C,K!、生徒のみんな、用意は言いかあ!さあ今夜も始めるぞお、きりーつ!れーい!叫べー!」
ハイテンションの「校長」と相方「教頭」がパーソナリティー、そこにゲストが加わると「○○先生」
全国の中、高生リスナー「生徒」から寄せられるメッセージとリクエスト曲で構成される番組です。
この番組を聞いていると、若い人達が音楽やこの電波でつながるコミュ二ティーを どれほど大切にし
心の拠り所にしているかがよくわかります。
今日は、この1週間に聴いた若者の声を紹介します。

ー 今、避難所で聴いています。声をありがとう・・
  本当にこわかったよ・・でも生きているよ・・動いているよ・・大好き! (13歳 /14日夜)

ー 今日私の住んでいる地域にも電気がとおりました。近所の食料品店に買い出しに行くと長蛇の列
  そのお店で私よりもまだ年下の女の子、12、3歳くらいのコが一生懸命お手伝いをしていました。
  自分だって被災してタイヘンだろうに笑顔でお客さんに「ありがとうございます」と・・・
  えらいなあ・・私も頑張ります!           (16歳 /15日夜)

ー 今日、僕達の中学校では卒業式でした。幸い全員が出席できました。
  先生に名前を呼ばれ 一人一人が「はい!」と答えるその返事が今日ほど重く響いたことはありません
  (15歳 /15日夜)

ー 私のいる避難所で、今日、男の子がみんなを勇気づけようとピアノを弾いていました。
  まだ練習なんだけど、「僕がこれを弾けるようになったら、みんなで合唱しようよ!」
  と一生懸命弾いていました。曲は Bump of Chicken「魔法の料理」です。(16歳/17日夜)

ー 僕にできることは何もないけれど、あの地震のあった翌日から毎朝近くの神社へお参りにいっています。
  そしてその帰りにコンビ二によってその日のお小遣いを募金箱に入れます。
  今は大変かもしれないけれど、被災地のみなさんがいつか光に向かって歩きだされる日が来ることを
  心から願っています。(16歳/17日夜)

ティーン達の生きた声、生きた言葉でした・・

つうこ
Img_def3db0d7e7987334dbba1bce4b69d14fe43510a
めちゃめちゃ寒かった・・かと思うと、今度はめちゃめちゃ暖かくなってみたり・・・
この一週間はカラダもココロも洗濯機の中に放りこまれてグルグル回されているようなザワつく日々ですね。
そんな中、「僕らの基地:Verdan' Garden」へ行くとミモザが満開!春になっていました。
「ミモザ」と呼ぶのは実は正しくない・・・VGにあるこの黄色い花が咲く木は正しくは「ギンヨウアカシア」
「ミモザ」というのは「フサアカシア」のことで、似て非なるものなり・・と教わったのは2年前のこと。
そう教えられても私は3月にVerdan' Gardenへ行くといつも「あ~、ミモザが咲いた!春ですねー♥」と思うのです。
Img_24aae8c1bbc8f92e290aec7e1fb73f3daa4bbf22
Img_20bb4afde4e4747d0e1990c9702a0c4633c76594
Img_5f64733751980f0bca51846cb04a6014d1cceb79
Img_94ec537730cb82c467e1fb06d83385ed97295ed8
Img_11fed4b22924fb2c7add68b19d63e8cddaab3553
Img_c225fa93a49f244369a5d8cb64260e7a8bbfb556
春が来れば土の中から芽をだしたり花を咲かせたり、植物たちは与えられた「生」を淡々と繰り返しています。


カウンターにふりそそぐ光も「春」でした。
Img_ba41cc05081ba21d58c745207d5dbe82368a1949
Img_33be571c20c49617755e0d5c4acfc31523f567ce
HIRO
Img_b27002a05a3eb5db4f8d36e3b54f6dd0e8a0fdef
震災発生後9日目、16歳の高校生男子とおばあちゃんが助出されましたね。本当によかったです・・
東京消防庁の決死の放水作業帰還インタヴュー、余震、放射能の不安、被災地の現状、支援の動き・・
色々なことに心が動く日々は続きます。
でも、今日のdiaryは敢えてモードを少しはずし、「今日は何の日」ネタでお届けしましょう。
画像の楽譜は「前奏曲とフーガ ト短調」(断片)とワイマール城
そうです、今日はヨハン・セバスチャン・バッハの誕生日です。(1685年3月21日)
18世紀に活躍した大作曲家・器楽演奏家、当時から即興演奏の名手として有名であったとか、
教会の音楽監督をつとめ、宗教心にあつい人であることから「5人目の福音音楽家」と呼ばれるとか
(聖マタイ、聖マルコ、聖ルカ、聖ヨハネに次ぐ)・・
あまりにも偉大なバッハ大先生・・大先生に一生をささげた演奏家、音楽家、神学者、研究家(シュバイツアー先生とか)
バッハを心のよりどころとする信奉者の皆様にくらべ、私のような1ファンがおこがましいですが、
やはりバッハ先生の曲を聴くと、教会にいるような気持ちで背筋が伸びますし、色々と勉強させていただいています。
大音楽家のご誕生と偉業に心から感謝したいと思います。

でも本をパラパラとめくっていても、遺伝学の研究対象となるバッハ一族のずっと祖先は「流し」だった・・とか
ラテン語学校でも成績優秀、幼い頃から同じく音楽家の兄をしのぐ音楽的才能を発揮
その才能に兄クリストフは嫉妬しパッヘルベルの楽譜を「おまえにはまだ早い」と写譜を許さなかったけれど、
兄に隠れて月明かりで写譜をし、その楽譜をすべて覚えてしまった・・とか
バッハの合奏の伴奏における即興演奏はそれはすばらしいものであったにもかかわらず、その即興演奏が
「長すぎる」とブーイングがきたり、それならば、と短めにまとめると「短かすぎる」と言われたり・・
今でこそ偉大なバッハ大先生も、当時は色々苦労されたのですね・・
困ったことに頭に残っていくのはこんなエピソードばかりです(苦笑)
あと・・今書店にいくと「バッハの暗号」という書がありますが、数に色んな象徴的な意味をもたせて作曲をしたとか・・
楽譜を一つの絵画として扱い、バスのパートの動きが「地獄」をあらわす「蛇」を描いている宗教曲がある・・とか
もちろん楽曲、クラビーア、オルガン曲、カンタータ、管弦楽曲・・
何からどうお話してよいか、全然まとまらないので(困)また折を見てとりあげようかな・・と思っています。

ではひとつだけ今日はバッハ音楽に生涯をささげた音楽家のことを・・
こちらも絞るのは非常に難しい中、ヘルムートヴァルファ、ドイツ最高のチェンバロ、オルガン奏者を紹介しましょう。
1907年ライプツィヒ生まれ。演奏家、教育者、音楽学者としてのみならず、バッハの主要な独奏用鍵盤楽曲を
すべて録音するという偉業を達成しました。
ここで特筆すべきは、ヴァルハが盲目の音楽家であるということでしょう。
16歳のころ最後の視力を失うまで、ひとつひとつの声部を読みとって記憶し、最後に全部を総合して覚える・・
とい習練を続けました。光を失った後は、彼の母親アンナが目の代わりとなり、それぞれの声部をピアノで演奏したものを記憶、頭の中で完全な曲にくみあげたのです。
25歳の時バッハの全ての鍵盤用楽曲を暗記しようと決意、結婚後はウルズラ夫人に助けられ40歳で
この仕事を完成しました。まさに超人的努力と記憶力です・・
その背景を知るとなおさらその演奏を聴くにも背筋が伸びます。解釈等、専門的なことはわかりませんが、
やはり私はヴァルハのバッハが大好きです。
あの「1Q84」でも登場したことで、ご存じの方も多いでしょうがバッハの鍵盤音楽をお聴きになる際はぜひどうぞ・・

昨日のラジオのあるパーソナリティーの話より・・
「佐渡裕さんが話してらしたんだけれど、阪神淡路大震災でチャリティーコンサートをされた際、被災された方が、
『これでやっと泣けます・・』とおっしゃったんだって・・その状況って・・」

被災地の方々の心にも、いつかバッハの音楽が沁みる日がくることを願っています・・
Img_0e4516d9ed1dfd11084473f6db209127fe68e0ba
つうこ
Img_84190be73bdab2f5bdfe6c1d5cbd2db9b5640d19
「ふぅぅ~」っと皆でゆっくりお茶を飲んで元気が湧いてきたら 次は「腕まくり」してまた頑張りましょうか!
原発破損による生産物への影響は深刻だし、関東地方の計画停電も思っているよりも長引きそうだし、こんな時
西日本の人間が「日本経済を低迷させてなるものかっ!」って頑張らなければ日本は元気を失ってしまいます。
日本中が元気を失ったりしないように明るさを届けたいです。

さて、「義援金を」とお考えの方も多いと思います。
私の高校の同窓生のN君が自身のブログや高校同期の掲示板に書いていて「なるほど」と思ったことがあるので
ここでもお知らせしたいと思います。どこを通じて義援金を届けるか?ということについてです。
多くの組織や団体が義援金を募集していますが、N君が例として挙げている組織を紹介します。
    
    ◆日本赤十字社  (Click!) 
    ◆中央共同募金  (Click!) 
    ◆日本ユニセフ協会  (Click!) 
    ◆国際協力NGOセンター[JANIC]  (Click!) 

これらはちゃんとしたボランティア組織で寄付した義援金は確実に被災地の方々に届けられるのは間違いないのですが
その創立の主旨によって少しづつ届け方や使い道が異なります。
日本赤十字社はまずは被災地での「医療面における貢献」でイニシアチブをとる立場にあります。そして日本最大の
寄付組織ということで一番多くの義援金が集まるので、その多くは被災者の生活再建や復興に使われるようです。
中央共同募金(赤い羽根)では、義援金は現在は実際に被災地に入って支援活動をするボランティア団体や
NPO団体への一助として役立てているようです。
ユニセフでは「子どもの保護・心理的社会的支援」を挙げていて現在は学校再開や心のケアに尽力されているようです。
JANICというのは私は知らなかったのですが、普段は開発途上国支援など国際協力を目的とするNGOで
途上国の草の根支援や国内外の緊急支援に高い実績のある26団体が正会員なのだそうです。
フットワークよくすでに現地に入りボランティア活動を進めておられるようで、義援金もその救援活動のサポートのため
迅速に振り分けられるそうです。

せっかく義援金を寄付しようと思うのなら「自分がこう役立ててほしい」と思う形で使ってもらえる方がいいでしょう。と、
N君が言うこと 私もそうだと思います。 他にも色々なところで義援金を募っていて
どのように届けられてどのように使われるかは各ホームページ等で参照することができます。
どんな形で届けたいかを考えることは、金額にかかわらず気持ちを届けることになると思います。
コンビニの募金箱に小銭を入れるだけでも全然構いません。
義援金を考えておられる方のご参考まで。

あ~、私も昨日の布川さん・・・「スタンダードジャズプロジェクト」の大阪ライブに行きそびれたから・・
「行ったつもり募金」しようかな。 「呑んじゃったつもり募金」もすればバカにならないかも・・(笑)

HIRO
Img_75465e663c95a16510f98d2364ba7de75c3202d2

「一本の薄紅梅に冴え返る  - 虚子」
一旦暖かくなって早春の気を振りまいていたら、寒さが戻ってくる
はやる気持ち「春の先駆け」「冴え返る」という表現と共に生きる「梅」・・
そして春のバトンを受け取る桜(画像)は、着々と準備を進めています
寒さも明日が「底」だそうです

被災地の小学校では延期になっていた卒業式が行われました
職員室のロッカーに保管されていた卒業証書
津波の被害に遭っても、和紙でつくられていたため無事でした
逆境を生き延びたこの証書とともに小学生達は巣立っていきました

そしてこの度の出来事をうけ、「天」とか「神」とか「不条理」とか・・
悶々とした想いを抱えているであろう方々へ
同じく被災地の中学校の卒業式、卒業生の言葉を紹介します
「この苦境にあっても、天を恨まず、人と人が助け合って生き抜くことが僕達の使命です」
泣きじゃくり、唇をかみしめながら、「天を恨まず」と言ったその言葉が重く重く響きました。
実際に被災された方から発せられたこの言葉を刻み
私も顔をあげて歩いていきます

Img_6c99a996bc6ee2dac10a3d17e382c1ed938cf1fa
つうこ
Img_87ae515a56dee8fbfe21a42972dce64cb14b1497
さて、3月もあと残り1週間となりましたが「お雛様」は片付けましたか?
わが家は ちゃんと3月4日に片付けました。(威張るほどのことでもない・・・)
と、入れ替えに今度は「端午の節句用の兜」を飾りました。
単に、「めんどくさいからもう出しちゃえ~!」と言って出したのですが(^-^;  もうひとつ、
今年わが家の息子は就活のトシなので「出陣、しゅつじーん!!」と早めに兜を用意しました。。。
その後、震災が起こったので超氷河期といわれる就職活動、ますます支障が出るかもしれません。
でも震災が起こったからこそ考えたことは多いと思います。
例えば就職活動をしている彼らは、震災後いちはやく救援活動にのりだした企業の力を目の当りにしています。
企業は利益を求めるだけではなく「社会貢献」をしているのだということ強く感じたのではないでしょうか。
就活は自分もそこに参加するための第一歩だ、と思って踏み出してほしい。そうして自分が力を注ぐ場所を見つけたなら、
彼らがこれから作っていく「企業姿勢」はきっと素晴らしいものになると思います。

報道で映し出される被災地のこどもたち。久しぶりに出会った友達とハグハグして見せる笑顔に「希望」を感じます。
若い人たちに背負わせてしまう物は大きいけれど、若い人たちに任せることができるまで中年も頑張りましょう。
情けないことに、こんなことが起こらなければ忘れてしまっていたこと・・・
「人はこんなにも人のことを想えるのだ」ということに皆気づいたんですから。

HIRO
Img_6064ac6b617dfd5a796c17b387629662f8f05f2d
「雛人形」や「兜」を出すと、オルゴール付きの写真立てが一緒に出てきて
子どもたちが幼かった頃の写真を目にすることになります。そして「こんなに可愛かったんだー」といつも同じことを言う。
わが家は娘と息子がひとりづついるので「雛人形」も「兜」もあるワケですが、「兜」と一緒に出てくる
息子の初節句の写真を見ながら「男の子育てるのはオモシロかったなぁ~」と思います。
「女の子」は自分が女なので何事もだいたいわかるのですが、
「男の子」を育ててみると「ハァ~、男子ってそうなんだ!」と目からウロコがポロポロ。。。
自分が生んだムスコなのでどんなに観察しようと誰にもモンク言われない・・・ 母親の特権です(笑)
いやいや、今はもう観察していません(^-^; 彼ももう大人なので「ヨロシクやってくれ~」って放ってあります。
で、女の子・男の子を育ててみて「男の子って純粋で一生懸命だなぁ」と私は感じました。
・・・何事にも・・・ やらなアカンことにも、やらんでもエエことにも・・・
「一途で一生懸命」なオトコノコたち(オトコノコダッタヒトも)がいれば、この国はきっと早くに復活します。

HIRO




Img_e0b95e8b986a462b4537674c9a5bffe0a9b4b5e1
神戸市長田区の復興シンボル、あの「守護神」を撮ってきました!
懐かしいあの頃の白黒映像と歌がよみがえってきた方も多いのではないでしょうか・・
半音ずつ上昇するイントロとともに迫りくる大きな影、「ビルーの街にガォ~、夜のハイウェイにガォ~・・・」
ネクタイをした正太郎少年のかたつむりの角みたいなリモコンのハンドル?もチェックポイントですよね(笑)
歌のエンディングに「グリコ、グリコ、グ~リ~コ~」とスポンサー名が組み込まれていたのも今思えば新鮮・・・
あっ、ご存知でない方、失礼しました。
always三丁目世代がただ無邪気に遊び、陽が落ちれば帰宅し家族で夕食、その後の大きな楽しみ=テレビに
夢中になっていた頃の番組「鉄人28号」
神戸市須磨区出身の原作者、横山光輝氏にちなんで神戸市長田区若松公園に設置された高さ18.6mの鉄人
中は鉄骨、対候性の銅版で造られた鉄人は重量50t、両足の下6mに埋められた150tの基礎で支えられています。
両足を踏ん張り右手をつきだした力強いポーズ、阪神大震災復興、商店活性化のシンボル、長田の鉄人
その顔は南側を向きこの地域を見守っています。(公園北側のJRからは背中しか見えません)
でも力強いエールとまなざしは、この街を再建した人々の精一杯の想いとともに東北へ届いていることでしょう
きっと・・
Img_fd5d04c3bf19461cbb84352f6ba0becca09869b4
つうこ
Img_80b955f7937a9cc365347be21b34e68f55be06e6
画像は皆様おなじみ、このHPでは最多の登場回数を誇る imageです。
もう表も裏も斜めでも・・どこまでも引っ張ります(笑)
今日このdiaryを読んでいただいている頃、布川俊樹SJP Spring Tour ラストライブは終了
興奮冷めやらぬ中、メンバーもオーディエンスも大きな感動と深い充実感に浸っておられる頃でしょう。
21日大阪のライブに行ったはずのVOP音楽部、レポートも自粛・・?と心配いただいたでしょうか?
実は、ツアー途中でプログラムを公表してしまうと その後ライブに行かれる方々の楽しみを奪ってしまうことになるので
ずっと我慢していました(笑) 本日22時をもちまして解禁!! 行って来ました!SJP大阪ライブ!
会場 Mister Kelly'sは、SJPの音を待ちわびた多くのファンでほぼ満席
このような時だからこそ、想いの凝縮された熱い音を共有しよう!そんな同志が多いとやはり盛り上がります(嬉)
当然ながらその演奏の凄いこと・・エネルギー、音に対する執着、集中が「凄み」をもって迫り来るライブでした。
昨年5月に聴いたライブでもそうでしたが、4人のエネルギーの融合により、日々新しい何かが生まれる
興奮と驚きの「実験室」にいる・・そんな感覚です。
もちろんこの度の事を受け、より深く強い「想い」が、音楽の「凄さ」を押し上げたことは言うまでもありません
そんなん分かってるし、はよプログラム!!ですよね? 了解です!(笑)

実は・・21日 diaryをアップ後JRで大阪へ向かったのですが、人身事故により運転見合わせ(ショック↓)
乗り継ぎ可能な駅から鈍行に乗り換え、1st stage 最初数曲を聴き逃すという残念なことに・・(悲)
休憩中に師匠にプログラムをお聞きすると 「いや、盛り上がったのなんの~残念だったね~(笑)」
いえいえ・・1部最後の「Hope in the cave」昨年のチリの落盤事故と救出にインスパイヤーされ作られた曲だそうですが、福田重男さんとのデュオアルバム発売に先行して聴かせていただきました。
希望のメッセージの籠められた明るいナンバー、師匠印のメロディーとサウンドに心躍るあの感覚を
少し遠のいていた「あの感覚」をほんの数秒で取り戻せました。(喜)
1st Stage
1. Moon River
2. On a clear day
3. Mona Lisa
4. Autumn Leaves
5. Hope in the cave

2nd Stage
1. Dancin' in the Darkness
2. ウルトラマンの歌
3. Children in the lost paradise
4. Mad Hatter Blues
5. おいしい水
アンコール
 My one and only love
1曲目ー今や師匠のstandard「Dancin’」はリフにシーケンサー、クローン師匠も登場で大盛り上がり!
2曲目ー「今必要なものは何だと思いますか?」という問いかけに「愛です」とお客様の一人が即答
「あなたの言葉に感動しましたが・・僕は『スーパーな』存在だと思います」という導入で「ウルトラマンの歌」
3曲目ーVALISのアルバム「アリズダンス」にも収録、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の際、子供達に想いを寄せ書かれた曲
「Children in the lost paradise」はこの度の出来事に寄せて・・・
4曲目ー力強いビート「Mad Hatter Blues」で4人のジャズ魂はさらにパワー全開!
ラストは「美味しい水」毎回凄いことになっているとのことですが、この日は中間部に「Here's that rainy day」-美しすぎる佐藤さんのピアノ・・そして再びビートが戻ると、メセニーワールドを彷彿とさせる展開、そして再現部・・と大迫力の組曲
でした。
熱い拍手に応えたアンコール、 「今必要なものは愛」という言葉を受け しっとりと「My one and only love」

SJPの皆様、素晴らしい音楽をありがとうございました。
帽子がお似合いのドラム安藤さん、柔軟なレスポンスと鋭いキレが秀逸なドラミング・・まさに推進力の参謀です。
MALTAさんのグループ、市原ひかりさん、藤陵雅裕さんのグループでも活躍中です。
なんと、20kg減量された高瀬さん。若き求道者の面影?が漂っていましたが、骨太なグルーブは変わらず!
3次元的展開も「羅針盤」高瀬さんのベースあってこそ!浜崎航さんのグループでも活躍中です。
そして、ピアノ佐藤浩一さん。聴く度に尽きぬpotentialにただ圧倒されるばかりです。
「色々なユニットで自らの可能性を試したい」と話される佐藤さん、以前このdiaryでも紹介したトリオのアルバム発売は
6月にPONY キャ二オンより。改めてお知らせします。皆様、お楽しみに!
そして布川師匠、ありがとうございました。
個人的な印象ですが、SJPに起こっている現象は、'60初期マイルスクインテットで起こっていたそれと
どうしても重なってしまいます。
若い力を率いJAZZ道を邁進、Standardに新しい息吹を加え日々進化、そして世の事象を自らの音で綴られる・・
そんな師匠とお話している時、呟かれた言葉です。
「今こんな時に音楽ができるなんて・・本当に幸せなことだね・・」
その音楽を受け取り、様々な想いを昇華できる私達こそ 幸せです。
これからも音楽の力で多くの人々に力や希望を与え続けていただきたいと 強く願っています。
VOP音楽部より、ライブレポートでした。

つうこ

p.s. この日はライブ前に東日本大震災で犠牲となられた方々へ黙祷が捧げられました。
   そしてこの日集まった義援金は、管理担当責任者 佐藤さんが責任を持って関連機関を通し
   被災地へと送られました。   
   いつの日か被災された地の方々にも 布川俊樹SJPの音が届けられる日が訪れますように・・
 
Img_9c16c9b54963a1d6ef650776c82b418a883a36b6
「寒いのは苦にならない」と豪語している私ではありますが、いい加減あったかくなってほしい・・・
「いったいいつまで寒いんだーーー(-_-)/~~~!!!」とシビレをきらしています。
で、明日からちょっと春を迎えに行ってきます。
ノロノロ足踏みしている春をとっつかまえて 連れて帰ってきたいと思います。
Diaryはつうこに留守番を頼みますが、春を見つけたらmobileの方へ投稿しますね。
新しいモノ好きなので、新車両「さくら」にも乗りたいと思っています。(九州までは行かないけど・・)
「さくら」と「みずほ」華々しくデビューするはずだったのに地震がおきたからヒッソリ地味ぃに発車・・可哀相・・・
新幹線の新型車両、、、鉄子でなくても(すでに鉄子か?)ちょっとワクワクです。いってきます(^o^)/~

HIRO
Img_251472d43d83bd8694e676e1111c44a1366712b7
(カランカラン~♪)いらっしゃいませ、ようこそ、VOP カフェへ・・
そうなんです、今日は主宰が留守なもので、不慣れですけど、カフェまかされてます。大丈夫かな・・
そう、「旅に出る」ってね~、私も送られる便りを楽しみに待っていようって「どこ?」とか聞いてませんでした
「鉄子」「鉄子」っていうものだから、てっきり新幹線から在来線乗りついで、萩、津和野、あちら方面かな~
って思ってたんですけどね・・直島ですって・・海・・瀬戸内方面・・はずれました
いずれにせよ、旅日記楽しみに待ちましょう!

いつもみなさんにふるまってもらってばかりなので、今日は私がおいれしますね。
本日のおすすめコーヒー?了解です。
やはり、この香から嗅いでいただかないと・・
あっ、マメですか?「珈楽」さんていう、直接現地から買い付けしておられるお店で焙煎されてるものです。
う~ん、今日の泡だちもイイ感じです。マメが新鮮だとふっくらもりあがって・・
やはり珈琲の香は落ち着く?それはそれは・・・
あつ、入りましたよ、どうぞ~
Img_3df9d2412313e5fb3245e55ada871aebbd795140
Img_899cc1de13f7910d25ec1b0e6b1ac14a274d4330
どうですか? モカ・イルガチャフィ
すこし、甘みがあるでしょう?さわやかなのに独特のコクもあり・・私もお気に入りです。
また、入れますね。いつでもいらしてください。

Img_8f5129e7fd2049a405bad06f5fef38c437f7e5e6
あつ、そうだ!たまたま東京に行ってらした方のおみやげ!
満願堂の芋きんもあるんですよ。
いかがですか?もちろん召しあがりますよね?
珈琲にもあうでしょうけど、やはりお茶いれましょうか・・
どうぞ・・
満願堂。。。

そう、願いましょう・・
えっ?さっきから鳴ってるBGMはって?
Bill Evansの 「You must believe in spring」です。
もう時間ですか?またいらしてくださいね♪ お待ちしていますm(__)m

つうこ
Img_2ba3b864ba65e8e420f9fa83a50e6ae986354f10
昨晩は、なんと言ってもカズ選手の得点に力をもらいましたね。
今なお現役にこだわりプレーし続けるベテランの、日本中を元気にした大きな大きな1点でした。
ご覧になった方は、Jリーグ代表選手に日本代表選手、どちらを応援してよいのかわからないぐらい
どの選手のプレーにも興奮されたことでしょう。
もし私が見ていたら、カズダンスに川口選手、キャプテン、長友選手、内田選手・・多くのショットを掲載したでしょうが・・
そう、海外豪華メンバーとのドリームマッチは頑張って撮りますからね!(笑)

今日もゆったりモードのVOP、画像はお気に入りの Greeting Card です。
同じカード持っていても仕方がないのに、このカードは数枚持っています。
こんなショットよく撮れたものだ・・と写真家さんのお力、ワザ、自然への愛あればこその執念?に頭がさがる思いです。
自然や動物への深い知識ばかりでなく、リスの気持ちになって、この地や季節に同化しないと撮れないでしょうね・・
このショットを届けてくださった写真家さんに感謝しながら、私達もこんな風に春を慈しみたいと思います。
桜色はもう少しですが、足元に咲く黄色・・ 確かにはずむ時を迎えています ♪
Img_f5e6eb3b3a75f90d0ce0dbf409f80811ebf4d31b
つうこ
Img_f2d7989a40133f2387f89f2a11d26cf6ae40e85f
主宰は本日タビから戻ってまいりましたが、休む間もなく年度末諸々の用があるようです。よってもう一日つなぎます。
ゆったりシリーズで、海におちる夕陽のショットを一枚「少しボーっとしてください」で終わろうかな、とも思いました。
(実際、ストレスの解消法として、広々としたところでボーっと過ごすのも良いとか・・)
何気に「今日は何の日」か調べてみると、「オーケストラの日」だそうです。331・・ミミにイイ日の語呂合わせで・・


ということで、最近観た(聴いた)オーケストラのコンサートを紹介します。ご覧になった方もおられるでしょうね。
3月20日に行われた NHK交響楽団カナダ アメリカ公演、アメリカ・バーチェスで行われたコンサートです。
団員の方がブログで書いておられましたが、出発前日が地震と津波発生の日。中止を覚悟されていたそうですが
予定通り公演は決行、翌日一行は日本を発たれました。
残されたご家族、被災地の人々のこと等、本当に不安な想いをかかえての公演となったことでしょう・・
そんな中、素晴らしい音楽を届けられたNHK交響楽団
プログラムの最初には、追悼の意を籠めて バッハの「G線上のアリア」が演奏されました。
この日のプログラムは
 武満 徹 : グリーン
 エルガー : チェロ協奏曲 ホ短調 作品85
 プロコフィエフ :交響曲第5番 変ロ長調 作品100
Img_8def661ad374a04441ae58eee85c053bb1234226
Img_412c2a6ba4ae9ca43430b79a279d587a5afefcb2
画像左側は、ドイツのチェロ界の新星、いえ、今や世界屈指のチェリストの一人 ダニエル ミュラー=ショット
とにかく大人気!気付いたら何枚もショットを撮っていました(笑)この先もこのHPに登場は必至です。ご期待ください!
そして、2009年よりN響のタクトを任されたアンドレ・プレヴィン
クラシックばかりでなく、映画音楽、ジャズピアニストでもあり、作曲家、あのプレヴィン先生もこの4月には82歳に・・
お若い頃をご存知のみなさん、驚かれたことでしょう。私もびっくりしました。
杖をついて出てこられ、椅子に座っての指揮でしたが、音楽を創りだすその指揮、コントロールぶりは、
何か別の次元におられる方のような雰囲気が漂っていました。スゴイ・・

最後のプログラム プロコフィエフ第5番は、1941年のヒトラー率いるドイツ第三帝国が、独ソ不可侵条約を無視し
ソ連に攻め入った現実を見て、祖国愛に目覚め書かれた作品だそうです。
「戦争が始まり誰もが祖国のために全力を尽くして戦っているとき、自分も何か偉大な仕事に
取り組まなければならないと思った」
「私の交響曲第5番は自由で幸福な人間、そして純粋で高貴な魂への讃美歌の意味を持っている」
後にプロコフィエフはこのような言葉を残しています。
作曲家が曲に籠めた祖国へのメッセージは、演奏家達の強いメッセージを映し、特別な「プロコフィエフ第5番」
となったことでしょう。

届られた音楽に惜しみない拍手を送ったオーディエンス
演奏後取材のマイクを向けられた誰もが、目を潤ませながら、感謝と敬意、そして励ましの言葉を述べられていました。
会場ロビーでは折りヅルを折るコーナーが設けられていました。
「祈りの響き」と復興の願いを運ぶツルです。
Img_fd5d456b213333027e07e37e803a68ab2da9a3ed
つうこ