Img_0ebdbd5c4496c3248186f71e9e02b80ea04edb52
皆様、あけましておめでとうございます。
旧年中はVOPに温かい支援をいただき、本当にありがとうございました。
HIROの言葉にもあったように、日々訪れてくださる皆様と想いを共有し、残された言葉から力をもらい
時には、無言の足跡からさえも大切なメッセージをいただく・・
そんな日々を過ごさせてもらったことを心より感謝致します。
これからも私達の日々見るもの、感じたこと、日々のささいな出来事
できるだけ共通項の話題をと思いつつも、やはりローカル、コアな話題へ走ることもありますが(笑)
この部屋、この基地を訪れてくださる誰かと、そして何かとつながる時を感じていただければ
私達にとってこれほど嬉しいことはありません。

2011年、開いた新たなページにどんな出来事が待っているのでしょうか・・
嬉しい時には共に喜び、頑張りどころは共に励ましあい
青空を背に陽に向かって微笑むブルームーン
私達もこの花のようでありたいと願い、新年の画像に選びました。
さあ、皆様もこのブルームーンの一輪です!
あっ、男性の方、恥ずかしがらないでくださいね(笑)
共に手をとり今年も頑張ってまいりましょう!
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

つうこ
Img_54dd90cf9cd669bfe8359c0e59b9d9226bd5df6a
大晦日には、雪の中で1000台の車が立ち往生し自衛隊が出動・・というニュースに心配されたお天気
幸いこちらは晴天に恵まれました。画像はお正月の青空、やはり元気になりますよね!
昨日初詣に行った際におみくじを引いたのですが、今年は去年の「半吉」より昇格、「吉」がでました!

  過去にこだわらず、心を改めれば 
  憂いも喜びに転じ
  神仏のご加護のもと 幸せ来る      
 
病気    快方へ向かう(あっ、ちゃんと検査は受けますからね。皆様も受けましょう!)
恋愛・縁談 素直なればよし(本人は素直だと思っているのですが・・笑)
待人    来る      (誰が来てくれるのかな・・・笑)  
旅行    道中つつしめばよし(はいはい、慎みます。どこか行けるのかな・・)
金運    努力が報われる  (えーっ!嬉!!)
受験    努力があれば通る (嬉しいですね!菅原道真公にもお願いしたし・・あとは努力、努力)
・・といった内容でしたが、皆様はどうでしたか。
目に見える、又は目に見えない大きな流れの中で生きていく指針として、さあ、と背中を押してくれるコトには勇気を持って
警告は謙虚な気持ちで受け止め、努力を怠らずに日々過ごしていきたいです。

さて、年始2日と言えば駅伝!
この日を目指して走り続けてきた走者が襷をつないでいく姿から、年明け早々力をもらいます。
箱根のあの坂を歩いて上った人の話によれば、走って上ることなど、信じられないコトだとか・・
「山の神様」、区間何人もごぼう抜きをした走者、ずっと補欠でチームを支え最後の4年生になっての箱根の山登りを
任された走者・・この日に至るまでの日々を、アナウンサーが語ってくれるのですが、一人ひとりの
たゆまぬ努力の日々を想い、私も背筋がのびる思いがしました。明日、復路も頑張ってください!!

そして、元気の源をもうひとつご紹介します。
実は私にとって正月は、日頃録画をしてまだ見ていない番組を見る・・そんな日にあたっています。
「坂の上の雲」も「剣岳」「AVATAR」もまだ見ていないのに、年末のWOWWOW,福山雅治さんの年越しライブを
先に見てしまいました!やはり旬のうちにチェック!
昨年REGZAのCM、「少年」と共に流れる映像に「金色に輝く木」が出てきて「おお、電ボの木!」
(クリスマスツリーでお話した例の木です)と興奮、龍馬ばかりでなく福山さんの歌も気になっていました。
初めてライブを見ましたが、紅白歌合戦の企画、断髪式も入る中、何時間も歌い続けファンを惹きつけるパワーに
圧倒されました。バックミュージシャンもギター今剛さん、キーボードは井上アキラさん、大御所がサポートされています。
紅白で歌われた曲も良かったですが、「少年」や「百花繚乱」等、詞も歌もいいですね♪
もう皆様ご存じでしょうが、やはりVOPとしては花のはいったこの曲を!メッセージが響きました♪
これからVOPで紹介するのはジャズやクラシックばかりではありませんよ!
今年私が、教祖様福山さんのライブでスタンディングで熱狂、「お前らぁ!」と言われ、きゃあ~❤と
言っているか・・見ものですね~(笑)さあ、どうぞ (Click!) 

注:ちなみに福山さんが支えるファンの事を「お前ら」と呼ばれる時には斎藤佑樹投手の言う「仲間」と同じニュアンス、
  特別な親密さと愛情をこめてこう呼ばれているのだと思います❤
Img_af0c747d61526845636f06ccb6f5391c3a7980c6
つうこ
Img_566d3758e11ef822bbe1ec6286a4e42e84de2049


明けましておめでとうございます!

去年の私の「初Diary」も同じタイトル『糺の森』でした。
べつに「初詣は下賀茂神社」と決めているわけではないのですが
今年も昨日下賀茂神社へ行ってきました。
この「糺の森」の原生林から降り注ぐ「気」をいただいて
心新たにまた一歩を踏み出そう!と思いました。

下賀茂神社は京都市内でもかなり北に位置しているので
茅葺きの神社の屋根にはまだ雪が積もっていました。
身がひきしまるような凛とした冷たい空気
京都の本当の良さがわかってきた・・・
ワタシもずいぶん大人になったナ。。。


花や写真、今年はまた「学び」の年にしたいと思います。
園芸や料理も楽しんでマメに取り組もうと思っています。
あとはズンズン「歩く」こと、毎日少しでも必ずヨガをすること
「よく動くカラダ」を心掛けます!
年の初めにみんなに言ってしまったらやるしかないでしょ・・・
サボッていたら、どんどん指摘してくださいね。
皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

HIRO
Img_e61919434518d43f7f5dd000b653869c6c79f204
Img_b25c3eede303dcf5bacef150ec305dd45b472c26
今日は実家のお墓参りに行ったついでに
岩出「ビストロたけ」さんへ。
今年の「初たけさん詣で」です(笑)
いやいや…
たけさんへ行きたいばかりにお墓参りに行ったと言うか(^-^;
お父さん・お母さんゴメンナサイ。。。。。
←VGゆうさんも絶賛したスモークサーモン!
たいへんおいしゅうございました*(^-^)*
たけさん・おっけちゃん、ごちそうさまでした!
今年もよろしくです。

HIRO
Img_f4fce1dff6dd77f2f827d2b6c030e3d7dc9b98a7
私の父母が眠る墓地全体が小さな小さな山なのですが
その山のてっべん、墓地のちょうど真ん中に
とても姿がよい桜の大木が一本そびえています。
春はそれはそれは美しくて
ハラハラ舞う花びらの下で眠っている父と母は幸せ者だ…と思うのですが
この木は坊主になってもやはり良い姿です。
立ち姿が美しい桜の木を見上げながら
ボヤボヤしてたら今年もまたアッという間にこの桜にも花が咲くんだろうな…
と思いました。
同じ大阪でも南の方へ行くと、確実に日差しは力強いです。

HIRO
Img_f73afddada42e3aab082c18c9916772ee2977b30
今日も「寒の入り」らしく寒さは厳しいですが、時折射す光がなおのこと嬉しいですね・・
あっ、言った先から又陰ってきました。何度でも小出しで喜ばせてくれるようです、今日のお日様・・(笑)
今日紹介するバラは「ジャンヌ・ダルク」
1818年、フランス Vibert作出。オールドローズ「アルバ」に分類され、開花が進むにつれて、花芯のボタン・アイ
(ロゼッタ咲きの重なりあった花びらが開いていくと、中心付近の花弁がさらに内側に向かって巻き込み、ボタンのように
見えることからこう呼ばれています)が現れます。このショットではまだはっきり見えませんが・・
花色はアイボリーから白になり、寒冷地ではアイボリーが残ることもあるそうです。
樹形は直立性、暑さ、寒さに強く、多少日当たりが悪いところでもよく生育、香りも素晴らしく、
グレーがかった葉も印象的なこのバラ、昨年枚方のローズパークでショットを撮りましたが、
残念ながらこのたびは資料より・・この5月には是非とも自身で撮ったものを公開したいですね。
今はバラ達も京成園芸の皆様も春にむけての準備の真っ只中です!頑張ってくださいね!
品種名は、もちろんあの「ジャンヌ・ダルク」15世紀百年戦争の際、オルレアン開放に貢献、シャルル7世を戴冠させ、
フランスの勝利に貢献した少女に由来します。
実は今日、1月6日はジャンヌ・ダルクの誕生日です。(1412年)
神の声を聞きフランスを救う為に立ち上がり、最後は火刑に処されるという短くも壮絶な一生を終えた少女を
強烈な赤でもピンクでもない、ただこの優しいアイボリーのバラが思い起こさせてくれます。

ちなみに、今日は文筆家、発明家、科学者、外交官政治家ベンジャミンフランクリンの誕生日でもあります。
電気と稲妻が同じものであることを発見したり、違った色の物質に及ぼす熱の影響力について実験をされたのも先生
様々な色の四角い布を太陽のあたる雪の上に置き、どの色がどれぐらい沈むか実験されたそうで(なんだか楽しそう)
夏に光を跳ね返す「白」を着るべきだと示唆してくださったのも先生、ありがとうございます。
そしてそして、シャーロック・ホームズさんも1854年1月6日、実は亡くなった日も同じ日
コナンドイルは何かこの日にこだわりがあったのでしょうか・・
皆様の中にもお誕生日の方おられるかもしれませんね。1月6日生まれの皆々様、お誕生日おめでとうございます!!

話をバラに戻しますが・・この枚方パーク「ローズ・ガーデン」には、以前紹介した ジャクリーヌ・デュプレ
マダム・ルグラン・ドゥ(今日は℃ではありません・笑)・サンジェルマン、そしてこのジャンヌ・ダルクが
同じコーナーに植えられています。実にシブイ!!
女性の名がついたこの3種の白いバラ、鮮やかに咲き誇る色とりどりのバラ達の後に出会える、それはそれは
清清しいバラ達です。機会あれば、是非どうぞ・・

つうこ
Img_84668af2ac3a35daf06832596e560788b28a736d
昨日は三条の教室VICE+VERSAへ行きました。 年始のアトリエはゆったり・のんびり*****
花ではなくパソコンを相手に待っていてくださった先生と一緒にお茶を飲みながら
「今年はこんなことしたい・・」という話をゆっく~りできた楽しい時間でした。
いつも書きますが、先生は本当にカワイイんです❤ 今年もやっぱりカワイかったです*(^-^)*
「学びの年に!」というのを有言実行、今年1回目のレッスンを予約してきました。楽しみです。

そして、遅ればせながら本業(副業?)は今日が初出勤でした。
今年も枚方市民の健康づくり・お子様がたの健やかな成長のお手伝い、がんばります。
有言実行、徒歩通勤。。。青空から小雪が舞っていたので重装備で出かけたらどんどん暑くなってきて・・
マフラーをはずし、毛糸のキャップを脱ぎ、、手袋も取って、、、ダウンのジッパーを全開にして、、、、
25分後 職場に着いたら汗をかいていました。お正月に貯めこんだ「余分3兄弟」少しは燃焼したでしょうか・・
今日は日差しが暖かかったので・・いろんなものを脱ぎながらイソップ童話「北風と太陽」を思い出していました。
明日の朝は「今年一番の冷え込み」だそうです。「寒がり」の方、ご自愛ください!

HIRO
Img_70c4a246794f65e8d3e819fcc65370b7bac8ba11
Img_8cf654428d191155add0a07b38635813d95cdaed
Img_3c3fad5257df2af3065937b0aaba16b477df66e2
一昨日、京都へは車で出かけたのでついでに少し足をのばして上賀茂神社へも行きました。
下賀茂神社は出町柳駅から歩いてスグなのですが、上賀茂神社はどの駅からもバスに乗らないとちょっと遠い。
この上賀茂神社は京都で最も古く葵祭の出発点ともなっている由緒正しい神社です。
雷(いかづち)のご神威により「厄を祓いあらゆる災難を除いて」くださる神様だそうです。
よくよく拝んできましたので、皆さん大丈夫ですよ(^-^)/
初詣客の波が去った神社は静寂に包まれていて、聞こえるのはせせらぎの音だけ、屋根にはまだ雪が・・・
精神が浄化されていくように感じました。
Img_49b39796a0242dae68c1ea17e12db86dadde5e59
浄化されたところで、鳥居の外に出たら俗物にもどり
早足で向かったのは門前にある「神馬堂」
有名な焼き餅のお店で参拝客がいつも行列しています。
「アレ?誰も並んでいない・・・」 時計を見ると11時半
お店のおばちゃんに「お休みですか?」と聞くと
「ごめんなさい、終わりました」と言われてしまいました↓
残念・・・ ここの焼き餅は「買えたらラッキー」というくらい
スグに売り切れてしまいます。
名物にウマいものなしと言いますが、美味しいです。
神馬堂の焼き餅も目的で厄除けお参りに行かれる方は
早朝参拝がオススメです。

HIRO
Img_3465bf299d483f2c59a4501b6f20593b5a630d38
1月4日・5日と私が書いたDiary、写真のカンジがちょっと違う・・と思いませんでしたか?
実は新年早々パソコンが不具合を起こして使えなくなったので、ケータイから投稿したものです。
だいたい、、、よくわかっていないのに何とか使っている私には不具合おこしたパソコンは手におえません。
正月早々電器屋さんへ駆け込み、「初売り」で忙しそうなパソコン売り場のお兄さんをつかまえて
迷惑がられながらも無理やり診てもらったのですが「かなり根深い不具合」とのこと・・・
やり方だけ教えてもらって帰りリカヴァーを試みてはドツボにはまり、、、結局はパソコンを買い替えました。
パソコンやケータイって絶対に3年くらいで買い替えないといけないようにできているんですよね(悲)
そして「お年玉」に【IPod Touch】を貰いました。「子供が」ではありません。「私が」です。
これまた「ワケわからん・・」 紙ベースの取説もないし(^-^;
「ん?タッチパネル?ほぉぉっ!スゲー」などと言いながら娘・息子に教えてもらい、
つたない手つきながら何とか一応使えるようにはなりました。使いこなせるかどうかは別として・・・
間もなくケータイはスマートフォンの時代が来るらしいのですが、これが扱えれば何とかついていけるかな・・
冬休みは「情報の授業」の宿題に追われていた私、苦手分野で疲れました・・・

HIRO

Img_2bc2080110319b5373a8c7b9805a93e4ba0d5a60
今日は成人式ですね!新成人の皆さん、おめでとうございます。
成人ともなればこれからは色んな「責任」がともなうわけでありまして・・
随分前に何気にラジオを聞いてたら何かの講座の先生が言われてましたが、
「英語の”responsibility" とは、社会があなたを一人の大切な構成員として認めている
そのことに応える”respond" 能力”ability" が語源」だそうです。
もう○十年以上前に成人式を済ませた私も、同じ気持ちでこの言葉の意味を刻みたいと思います。
ようこそ!人生イロイロありますが、共に頑張りましょう!(笑)

そして・・あと2年経つと成人式を迎える18歳(17歳)達、今頑張っています!!
今日は今週末、土日にセンター試験をひかえ、受験会場の下見に行った高校生の話です。
受験会場はそれぞれ高校ごとに決められ、姫路市内の大学に当たれば楽ですが、中には神戸、明石(タコで有名)、
加古川(大河のヒロイン上野樹里さんの出身地)にある会場で受験する学生もいます。
同じ市内の会場ですが飾磨区(「灘のけんか祭」で知られている地区です)「大塩」にある大学が会場にあたった女子
方向音痴同士2人で冬休み中に下見にでかけました。
姫路からは、JRより南を走る私鉄 山陽電車に乗って「大塩駅」までは15分。
ただし、築大正12年のこの駅には6両編成の列車は4両までしかホームにかかりません・・
「この列車は5両編成です。5両目は大塩ではドアが開きませんのでご注意ください」
車内のアナウンスを聞いていても、自分達の乗っている車両は1両目だと信じて疑わなかった2人
「大塩駅」で扉が開かずやむを得ず次の駅で下り、折り返します。この時点ですでに30分経過。
改札を出て向かった方向は逆方向(やってくれます)歩けど歩けど田圃ばかりの道中、出会ったおばさんに尋ねます。
「えっ!受験生!!そりゃ大変や!試験始まってるんやないん?おばちゃんが車で送ったげるわ!!ここで待っとき!」
犬を連れたおばさん、今にも車を取りに引き返す勢い
「いえいえ、私達今日は受験会場の下見に来たんです」と慌てて止める女子。
「あ~そう、よかった~。ほな、近くまで一緒にいったげるわ」と犬と一緒にナビをしてくださったそうです。
想定外のコースを散歩することになった柴犬も使命感に燃えて先導したことでしょうね。
「お嬢さん方、任せなさい!」と言わんばかりの切れ長の涼しい目、嬉しそうに揺れる尻尾・・(おそらく・・笑)
再度引き返しながらも分かりやすい道を案内してくださったのでしょう。
「あとここからは、まーっすぐ行けばエエからね、、まっすぐに・・」
「ありがとうございます」
2人が少し歩いてから振り向くと
「まっすぐやで~」ともう一度叫んでくださったおばさん、「真っ直ぐ」を5回ぐらい繰り返されたとか・・

そしてもう一人こちらは男子。駅を出て向かう方向はあっていても道に迷い、おじいさんに尋ねたそうです。
丁寧に道を教えてくださったおじいさん、
「あとそこからこうこういけば、神社があるさかいな、ちゃーんとお参りしときなさい」
「はい、ありがとうございます」
その男子は会場を確認した後、言われた通りお参りをしました。
神社は大塩天満宮、菅原道真が大宰府へ左遷される際に立ち寄ったとされる神社、道真公が主神として祀ってあります。

小さな町でたまたま出会って道を尋ねたおばさん、親身になって案内してくださったり
道真公の守護もいただくよう教えてくださったおじいさん、はっきりと励ましの言葉を口にされたわけではないですが
頑張る学生を応援し、若者を大切に想う気持ちが伝わってきて、心温まる思いがしました。
学生達もそんなメッセージをしっかり受け取ったことでしょう。
さあ、そろそろカウントダウン、受験生のみなさん、体調を整えて頑張ってください!
ちなみに方向音痴の仲良し女子2人、当日はお互いにもっとしっかりした友達と会場へ、と話がまとまったそうです。
まあ、模試でのマークミスも含め「べからず」をさんざんやリ尽くしてますからもう大丈夫でしょうが・・
それがいいでしょう・・(苦笑)

つうこ
Img_db6ff63f8e3b01445f08657e261592199c63732c
今日はある猫好きさんちへあがりこんで遊んでいました。 ニャ~(=^・^=)
← 猫好きさんちのトイレです。
(猫好きさん、勝手に写真撮って公開してゴメンナサイ)
ミョーに居心地のよいトイレでありました。
猫好きさんは一匹のネコさんを膝に抱いて
「ほれほれHIROさんだよぉ」と紹介してくれて
「このコ ちょっと人見知りがあるの」と・・・
「知ってると思うけどワタシ『猫見知り』なんだよね」・・・
人見知りのネコさんは私と視線を合わそうとせず、、
ネコさんが私をチラッと見ると私は視線をはずし、、、
で、今日のところは
結局ネコさんと私は見つめ合うことなく
打ち解けあうこともなくそのまま別れたのでした(^-^;
昨日「徹子の部屋」を見ていたら
「マツコデラックスに異様に敵意を示すタモリさんちの猫」の写真が
映っていましたが、そんな目つきではなかったので
「人見知り」と「猫見知り」が解ければ友達になれるかな(笑)
帰り道、空がキレイでした*(^-^)*
Img_e5ba0deeeb196700b13eb56dfe6de3bac3524282
Img_eed6df23f466d985de7dc3e5f3956ad9e1c90d63
HIRO
Img_2ba14af14a8892ea430682afce8a9b3a733790a3
Img_b5ff59c212ca0743057822e8ee62e1c7d02bcb7d
今日は このあたり↑をウロウロしていました。そう、大阪城近辺です。
この日記を見てくれている人から「新年早々、よぅウロウロしてるねー」と言われていますが・・
そうですね、、でも全部「用事のついで」です。少し時間があるなら「ついで」に一足、オマケつきは楽しいですよ!
大阪城公園の梅林は府立北野高校の同窓生が昭和49年に創立100周年を記念して
22種880本の梅の木を寄付したのが始まりだそうで今では92種1270本の木があるそうです。
まだ一輪も咲いていないだろう・・と思って立ち寄った梅林、
早咲きの「寒紅」と「八重野梅」がポッポッと開きかけていました。ロウバイは満開。
Img_7b33cf9fccef7a4abd6a98cb712cb3c17eccfc78
寒紅(かんこう)
Img_95bfd5f90aa29f7c1d0ac898b6f979817b56954f
八重野梅(やえやばい)
Img_c85843c5594c07a40612cb6d9809a06794af5428
ロウバイ
まだあまり人がいない梅林で 咲いている木に近づいて写真を撮っていると
首から一眼レフを下げてチャリに乗ってる何人ものオッチャンから「咲いてるか~?」と声をかけられました。
「八重野梅(やえやばい)」という名前・一番先に咲く白梅だということもそのうちの一人の方に教えてもらい
高い所に咲いている白梅をレンズで狙っていると「ちょっと遠いんちゃうか?白い雲バックでなく青空に抜くように
ウマイこと撮りや~」とまた他のオッチャンに声をかけられ(^-^; 人懐っこいというか、おせっかいというか・・・
満開になると花でかすむような見事な梅林です。バックに大阪城、そして近代的なビジネスパークのビル群
「大阪」が凝縮されたような風景、人情味を感じる人たちも含め好きな場所です。
Img_cac84decab4e0eabbcd0105eadaf3e2c7acff470
Img_50ec1c0279deefcf7c0ca6dee2bdfb5a3b66cc33
Img_aa2303001f99a734644c9dd72720a7eb54cd436f
HIRO
Img_2732c1599047056db3ac2384a6d8f980a24ced67
昨日 大阪城の外堀の外周で「十月桜」が咲いているのも見つけました。
Verdan' Gardenにも「十月桜」の木があって(ゆうさんも好きなんだろな)今花が咲いていますが
バラ科サクラ属のわりには地味ではかなげで近づいてみないと花が咲いていることに気づかないくらいです。
十月桜を見ると「届かぬ想い」を抱きながら、それでも「想って想って想い続けて」いるような花だといつも思います。
ソレ、かなりカッコいい・・・ 好きな花です。

HIRO
Img_efe3a748ba8b6b60661fe530342bf7c7ff99a5c2
明日はいよいよ「大学入試センター試験」ですね。
センター試験の日って必ず雪雲がやってきて電車が遅れたりするんですよね・・・
うちの子供たちがセンター試験を受けた年も2度とも雪が降りました。
明日・明後日も各地で雪だるまマーク、受験生の皆さんトラフィックアクシデントに巻き込まれて
いらぬストレスがかからないよう早めに出かけることをオススメします。
このDiaryを見てくださっている方がたの中にも、今年「受験」に関係ある方たくさんおられると思いますが・・・
受験生お持ちの親御さん、気を揉みますね。無事、早く決まってくれるといいですね。
受験生をお持ちの先生がた、気を揉みますね。無事に通してあげてくださいね。。。
我が家の子供たちがまだ「塾」でお世話になっている頃、中学・高校の3年生が受験本番を迎える2~3月には
すでにもう次の学年の受験用カリキュラムがスタートしていて、塾では「仕上げ」と「出だし」が同時進行。
休む間もなく年がら年中受験指導を続ける塾の先生ってタイヘンだな~と思っていました。
タイヘンだな~と思っていますよ、、、つうこさん、ガンバッテ・・・!!
そして受験生の皆さん、いい結果が出ますように!

HIRO
Img_71a51a8ceb05ba4e371dfee7f5d66693f178f01c
日本列島は荒天、雪の影響による各地で列車の遅れのニュースが流れています。
皆様の地域ではいかがでしょうか・・
こちら瀬戸内は本当に気候に恵まれた地域、西日本の日本海側はもちろん、九州、四国にまで雪マークがついていても
この地域だけははずれています。昼過ぎには、時折陽がさすほど・・
雪の中を会場に向かう受験生達の映像を見ていると、この地方に住む人達は克己心が強いんだろうなあ・・と思いつつ
「頑張って!!」と応援したくなります。
逆に自分の生徒達には「このハンディで『力』出せんかったらアカンやろ」と心の中でハッパをかけつつ
やっぱり「頑張れー!!」と叫んでいます。
きょうの画像、我らがフローリストの作品です。
毎年、年末に「合格」を祈願したリースが届けられるのですが・・・ありがたいことですm(__)
一昨年は「青信号で渡れるように」との願いをこめたシルバーと青のリボンを基調にしたリース
(このリースにinspireされてStable Notesのリーダーが作った曲「Wreath」がアルバムに収められています)
昨年は「努力が実りますように」と「木の実」のリース
そして今年は、「無事合格『○』できますように」とラウンドアレンジのお花が届きました!!(大喜)
本当に嬉しいです。彼らには頑張らせます!!
でもこうしてHPで紹介するからには、この願いは、受験生みなさんに・・そうですよね、HIROさん?
そこかしこに「○」が埋め込まれています。
バックと全体像のショットも載せておきますので、できる限り「○」をたくさん見つけてくださいね!
Img_5ab77f29d1cb60418a2ea93d62065af62ac37c00
Img_ab773fbb1e4dd97baf7e7923452817e2104fc5bd
そして、私が毎年受験生に渡す「御守り」です。
強い香気が脳を活性化させる作用があり、遠い昔古代ギリシャの青年たちも登用試験に持って臨んだというローズマリー
由緒正しい神社の「御守り」を持っている子も、「Kit Kat]や「Toppa(Toppoではなく)」
はたまたコンビニに売っている「芸人御守り」(その子の持っているものには「ロザン」がついていました)
を持っていた子も「いいニオイです。頑張ってきます!」とメールをくれました。
こちらも受験生の皆様にどうぞ・・・
さあ、第1ラウンドは始まったばかり、中学受験の小学生も、高校受験の中学生も、この先第2、3ラウンドを控える
受験生のみなさん、頑張ってください!!
Img_e25209ed33075ab05428d07a0d266df8603196fd
つうこ
Img_525e4d7cd7619072084ce24ec24d23c1d23726e3
「雪マーク無縁」を誇る兵庫県南部も今日は雪です。
画像、我が家の(=^・^=)の足跡ですが、積もり方はたいしたことはありません。
でも車は禁物・・・2度ほど雪道でスリップし、大変な目に遭ったことがあります。
大きな機械を毎日あたりまえのように運転していますが「制御がきかない」事がどれほど恐ろしいか思い知りました。
ツーーとすべっていく瞬間、叫び声をあげながら(一人なので遠慮なし)無力にハンドルを握りしめフリーズ・・(冷汗)
そんな人間はこんな日に車に乗るベカラズ・・ということで、今日は電車で出かけます!
JR「姫新線」かなり久しぶりで緊張します。
というのが、ドアが手動とか、奥の駅は無人駅があるため、バスのような回数券ボックスがあったり・・
何かと勝手が違うんです。
「これはツボ!」と思っても、カメラで撮っていると周りの人に「田舎もんやな~」と思われるかもしれないので(笑)
ショットは紹介できないかもしれませんが・・
では行ってきまーす!



「ただいまー!あ~お帰りー」別に吉本ではありませんが・・(笑)
実は・・あんなに「電車電車!」と言っておきながら、出発前「姫新線不通」とi-執事より報せが入り
バイパスの雪は解けているとの確認もでき結局車で仕事に出かけました。
ワクワクレポートはまたいずれお伝えしますね。
青空と暖かな日差しは車中にいる限りは心地よいのですが、吹く風は肌を指すような冷たさ・・
そんな中、真っ直ぐに背筋をのばしたストック、変わらぬ姿で迎えてくれました。
玄関の寄せ植えに植えたこの花、誰かがドアを開ける度、落とされる視線を受け元気になっているのかもしれません。
「はよ中へ入り・・寒かったね」
そんな風にみんなに語りかけてくれるこの花・・今夜はもう一度雪と「白さ比べ」です・・
Img_e7cb34d93a0f988d1b95cceb103df35d7938b535
つうこ
Img_c301d3e4dbf8a4c181b7f4c1aecd6b4f992d5064
今日で阪神淡路大震災から丸16年です。
何もできないので、この1月17日と広島・長崎原爆投下の日と終戦記念日には黙祷をささげます。
私の父は震災が起きた日の2週間後に亡くなった(震災とは関係ありませんが)ので
ニュースで「今日で震災から5年」「10年」「15年」と聞くたびに
震災の記憶とともに「父が亡くなってもう○年たったのだな・・・」と思います。
1995年は私もそれまでに経験したことがないほどの「喪失感」をはじめて知った年でした。
そこまで身近な人に死なれて初めて「あぁ、人間はいつか必ず死ぬのだ」ということを実感しました。
無口なので何を考えているのかよくわからなかったけれど 人の前ではいつも機嫌よくしていた父に
会えるものならもう一度会ってみたいと今でも思います。
私もいつか必ず死ぬのだから、その時にはウィスキーの角瓶をさげていって一番に父のところへ会いにいこう・・・
震災の日には毎年そんなことを思います。

HIRO
Img_bfcf4871bbf6159b0bf48ebfa49db13fea371edc
朝日新聞の金曜日の夕刊に劇作家の三谷幸喜さんが「ありふれた生活」というコラムを書いておられます。
もう9年になるそうで・・ 三谷さんはだいたい私と同じ年代なのですが、最近忘れっぽくて9年も毎週書いていると
「これって以前書いたのではないか・・・?」と不安になり読み返すと実際に同じ話題を何度か書いておられるようです。
このVOICE OF PLANTSのDiaryは早いものでもうすぐ2年になりますが「毎週」ではなく「毎日」更新。
なので当然「それ聞いたことある~」ってことも忘れて何度も書くわけで・・・
1年前の1月のold logを開いて思わず苦笑いをしてしまいました。
センター試験を控えて 私は「受験生をお持ちの親御さん『気を揉みますね』」と全く全く同じフレーズを書いていました。
でもね、あの気持ちはもう「気を揉む」という表現がピッタリなんですから!来年もきっと書くでしょう。。。
そしてつうこさんも、去年もセンター試験の日の日記は「ローズマリーのお守り」の写真と
私が塾の生徒さんを激励するために贈ったアレンジの話・・・
ま、私とちがってキッチリしているつうこさんは「お約束事」をちゃーんと慣例にそって実行する人なので
忘れているわけではなく、この時期この日はこの話題と「敢えて」「計画的に」書いていると思います。
ワタシは行き当たりばったりで(とっくにバレてる・・)その日思ったことを思ったままに書くので(^-^;
劇作家の三谷さんよりももっとずっと「ありふれた生活」の中でそんなに目新しい話題があるはずもなく・・
忘れっぽいうえに言いっぱなしのやりっぱなしなので・・・
「あぁ、またおんなじコト書いてる・・・」と思っても笑って済ませてください。
でももし、目に余るほど同じコト何度も書くようなら「老年内科を受診した方がいいよ」とご指摘ください。

HIRO
Img_c6a36165b1f2927a22d02b5fa1ed9f9a144b7b5a
私もありふれた日常を送っており行動パターンはほぼ毎日変わりません。
なので、変則パターンの行動をとらない限り、それほど大きな失敗はないのですが(ホンマかなあ・・笑)
このdiaryでさんざんやらかしております(笑)
でも皆様の温かさに支えられています。「はいはい・・」と見逃してもらったり、ご指摘いただいたり
いつもありがとうございますm(__)m
ただ今日はいつもとは違う場所へ行き、ある大失敗を・・人さまにご迷惑をかけてしまいました。
パーキングから出ようとして精算機にカードを挿入、お金を入れようとしたら小銭が足りません!!
大きなお札では通らないことを知っていながら、財布の中身を確認せずに精算機へ向かってしまいました。
夜にパーキングから出る時は帰れないと困るから必ず確認するのに、今日は色々考え事をしながら車を動かし出口へ・・
財布を開けて冷や汗・・その時間には管理人さんは不在、400円のところ、あと50円が足りません(汗)
ボックスを探しまわっても出てきたのは5円・・後ろには何台も車が迫りクラクションを鳴らします(大汗)
精算機に寄せ過ぎて右側座席から出られず、左側座席から出て後続の車の方に事情を説明
「すみません、出たところで両替をしてもらいますから、50円貸していただけませんか?」
「50円機械とおる?大丈夫?」
会社の営業の方らしき男性、小銭入れから50円を出し貸してくださいました。
「ありがとうございます!」
無事に遮断機が上がり、駐車場から出て道路を出たところにある薬局に飛び込み両替をお願いしました。
薬を買うわけでもない私にもお姉さん方は笑顔でテキパキと対応してくださいました。
「助かりました。本当にありがとうございますm(__)m」
後続の車の方もパーキングから出て私の後ろに止められ、無事お返しできました。
・・というように私の日常は色々な人に支えられています。皆様に感謝ですm(__)m
今度からは車のどこかに「まさかの時の○円」を用意しておくことにします。
色んな「まさかの時」に役立つでしょうから・・えっ、それ結局使いこんでアブナイ?じゃあ「P専用まさかの時」にします。
というかちょっと確認すれば済むハナシですね・・(笑)そう、意識、イシキ、確認,カクニン・・

つうこ
Img_fbb4f955d2207d7083203c0a6829fbf28d7b7e80
連日寒い日が続きますがお変わりありませんか?くれぐれもお体ご自愛くださいね。
一昨年インフルエンザにかかって以来、寝込むこともなく元気な日々を送っている私
それをイイことに「検診を!」という警告ものらりくらりとかわして逃げ回っていたのですが、
昨年秋ちょっとした異変に気付きました。
左首筋リンパ腺にしこりができました。夏にはなかったものが、ふと気付くと突然に・・
痛くもかゆくもないし体の異常は全くないのですが、検索して調べると「まさか!」という病気の可能性もあり、
それも痛みがないものがアブナイとか・・
そこで、医療に従事しておられるエキスパートにどの病院の何科を受診すればよいかお尋ねしました。
私の近くでは、姫路赤十字病院の血液内科が信頼できるとのコト、まず内科で受診を勧められ年明け、
1月5日に行ってきました。

待つこと3時間、内科の先生に診ていただき、はっきりさせるには組織を切り取って調べるのよいから、と
形成外科の先生につないでくださいました。
その前に採血、たっぷり注射器3本分をとられた後、形成外科の診療室に呼ばれ診ていただきます。
やはりその組織をとりナノレベルで検査をするのが一番、ちょうど今日の手術が終わったところ、
もしその気があるならできるとのコトです。
「家族と相談して日を改めてもいいですよ・・」と仰いましたが、どうせなら!と
「今日お願いします」と切除してもらうことにしました。
改めて手術「リンパ節腫切除」の説明があり、承諾書にサイン、そのあと感染症の検査の為、再び採血
手術室までは看護婦さんがつきっきり、手術室で執刀の先生と看護婦さんにバトンタッチ
お二人ともとても優しく、逐一何のため、何を行うか、丁寧に声をかけてくださいます。
右手の血圧計、5分ごとに測定する音はテレビドラマのアレ!と思いながら「痛いですよ~」と言われる麻酔注射の時にも
楽しいことを考えるようつとめました。音楽は「夜空のトランペット」風のゆったりとした曲が流れていましたが
わかっていれば、コレかけてもらっていいですか?と持ち込むのに・・(笑)
切除した後「すぐ東京へ送るので、見せられませんがいいですね?」と言われ、見たさ半分でしたが「はい」と返事
ちょうど入ってこられた担当の先生と「大丈夫でしょう・・」とコソコソ話しておられました。
最後、傷口を縫い合わせた後は、首を固定され、ロボットのようなカタイ動きで内科へ戻り血液検査の結果を聞きます。
すると、血液は問題は全くなし。すべて基準値にキレイに収まっているので安心してください、と言われました。
白血球の値も正常、腎臓、肝臓も心配なし、20代の人でもひとつぐらいチェックが入るのに・・とほめられました(喜)
帰宅した私の姿を見て、手術までするとは・・と驚く家族に血液検査表を戦利品のように見せびらかし、
陰で支えてもらったHIROにも報告、「やる時はやるやん!」と誉めてもらいました。
その翌日ドレーンを抜き、1週間後に抜糸、そして病理検査の結果を聞いたのが昨日
良性の組織で全く問題はなく、口、鼻、耳等バイ菌が入りやすい個所にある首筋のリンパ節に
菌をブロックしようとできたものだろう、ということです。
最初に診てもらってからちょうど2週間後には明らかになり、もう心配しなくてすみます。
今回のように、先生がたの連携がとれ、速やかな診断を受けられたのはなんといっても総合病院ならではですね。
お世話になった先生方、お薦めいただいた方に御礼申し上げます。ご心配いただいた方々、もう大丈夫です。
さあ!ということで、私ももう白衣を見てにげまわることもなくなりました。
皆様、何かあれば早めに診てもらいましょう!縁あって出会ったみなさんが日々健やかに笑顔でくらせますように・・
「ありふれた生活」を送れることがどれほど幸せか改めて知った私達の願いです。

つうこ

Img_4322b78ef84835b6187f8107a4b39338d985925f
昨日は「プリザーブドデザイナークラス」のレッスンを受けに三条の教室へ行きました。
京都、冷え込んでいました。寒かったです・・・
「デザイナークラス」というのは 「いわゆるプリザーブドフラワー」アレンジのイメージとは異なり
花よりも「葉っぱ」や「少し変わった素材」をどう使うか、というチャレンジ精神に満ちたVICE+VERSAらしいクラスです。
レッスンの初めに「今日のレッスンはこういう素材をこんな感じで使ってこういうようなモノができる予定」というのを
先生がザックリと説明してくださいます。先生も同時進行で作業されるのでその時点ではまだサンプルはなし・・・
「自由に、お好きに~」という いわば「リトミック」のようなレッスン、私は好きです。
でも「自由に、お好きに」「それもアリかも」ができるのは、ちゃんと定石を打てる上でのこと。
先生のところへ行くとちゃんとそのあたりの再確認、指摘が受けられて気づくことが多いです。
昨日作ったのは蔓系の植物とローズの葉っぱを使った丸いリース。
「お好きに」選んだ他の素材は まだ扱ったことがなかった白いチューベローズとクレマチス。
クレマチス(ロウグチでしょうか?)までプリザーブドが出てきました。
これからプリザーブドフラワーの種類が増えて もっとアレンジの幅が広がると思うと楽しみです。
「巣篭りリース」と名付けたのはワタシで、先生がそうおっしゃったわけではありません。
この記事をごらんになったら きっと笑っておられることと思います。

HIRO
Img_970ee7d78fa55674b3a2337c81161aa93bbb53a0
財布、鍵、免許証、携帯、メガネ、手帳、カメラ・・日々持ち歩く貴重品です。
日々意識を伴わない動作をしていることが多い私でも、これらの貴重品をなくすことは滅多にありません。
まるで見えない糸でつながれているかのよう・・
あっ、今、フって笑われましたね(笑)
「ほら、またこんなところに」「下のテーブルのところにあったけど・・」と鍵や携帯を手渡されることはしょっちゅう・・
やはり周りの人に助けられる日々です(感謝)
ところが先日「非常に大事なモノ紛失事件」発生!!(大汗)画像の薬です。
手術後、細菌による感染症を抑える抗生物質を出していただいたのですが、当日自宅で2錠、翌朝1錠、
昼食後仕事場で飲んだ後、袋ごと持ち帰ったはずの薬が行方不明になりました。
さすがに手術翌日、化膿しないか不安を抱えつつ「きっと仕事場にあるはず!」と次の日早めにでかけました。
前日の行動を思い出しながらくまなく探しましたが見つからず・・帰宅後もう一度探しても見つかりません。

何か大事なモノがなくなった時、我が家ではある神様にお願いをします。
その願いを聞いてくださるのは「トイレの神様」
トイレをきれいにすると「べっぴんさんになる」とか「かわいい女の子が生まれる」とか言われますが・・
それだけではありません!遺失物をちゃんと見つけてくださいます。
あれだけ何度も何度も探しても見つからなかった場所に、ふと気がつくと落ちているんです。本当に不思議・・
薬も無事見つかりました。(ちなみにお願いし見つけたのは母ですが、特別な霊能力があるわけではありません・笑)
みなさんも、そ~んなあ・・と思われる前に一度騙されたと思ってお願いしてみてください。
家の外となると神様の力の及ぶエリアはちょっと・・でも家の中なら「ホラ!」と出してくださるでしょう。
♪ン探しものはなんですか?見つけにくいものですか?・・それより僕と踊りませんか~フフフ~♪
踊って夢の中へ行く前に「トイレの神様」にお願いしましょう!(笑)探し物が見つかりますように・・・

つうこ
Img_48368428008746b5b743c460d9aa1e5e456d5797
数日前このDiaryでつうこが「駐車場から出ようとして50円足らず後続車の人に助けてもらった話」を書いていました。
つうこさんという人は何か困ったことがあると「困っていますぅぅぅ~・・・」というオーラが全身から滲み出る人で
その「困っている様」は通りすがりの道行く人でさえ思わず「どうかしましたか?」と声をかけずにいられないほど
儚げなので、彼女は本当に見ず知らずの人にもよく助けられています(笑)。
私もその場に居合わせて目撃した「三条木屋町交差点でつうこサラリーマンに助けられる」というエピソードは
結構有名なハナシでそれを曲にした「三条木屋町交差点」というテーマソングまでありますが、その話はまた今度。
それにひきかえ、このワタシ・・ とーっても困っていても、ぜ~んぜん困っているようには見えないらしく
あまり手をさしのべられることはありません・・・(^-^;
大抵のことは「ま、いいか」で済ませる私が「どーしょぉぉ・・誰か助けて!」と泣きそうになったコトが去年1度ありました。
ご存じのように私は結構ひとりでウロウロ出かけます。電車でも車でも。
大阪の南の方へ車でひとり出かけた時、帰り道ETCカードを差し込むのを忘れているのに気づかず
高速のETC専用ゲートに突っ込みました。。。開かない・・・・・??? 「あっ!!入っていない!!!」と気が付いて
あわててカードを入れたけどすでにセンサーのポイントを過ぎているので入れたところで開くハズはなく、、、
ETCレーンが1車線と普通レーンが1車線しかない高速入口、しかも田舎なので無人・・・
センサーのポイントまでバックすればカードを認識してくれるか・・と思ってすこぉしバックしたり、、、
モタモタしているうちに後ろにダンプが、そして2台・3台と車が並び始め・・・もう寒い季節だったのに汗だく;;;;;
「どぉすりゃいいんだ===!!」と叫びながら本当に泣きそうになりました。
私の車があまりにも不審な動きをしていたのに気が付いたのか、後続のダンプはかなり距離を取ったまま停車して
クラクションを鳴らすこともなく気長に待ってくれたので少し落ち着くことができました。
つうこのように降りてダンプのお兄さんに「どうしたらいい?」と助けを求めるしかない・・と思った時
何も聞こえない状態になっていた私に向かって叫び続ける機械の声がようやく耳に入りました。
「発券機のカードを取ってください!!」たぶん50回以上叫び続けていたのでは・・・
皆さん、私と同じミスをした時のために覚えておいてください。
ETCカードを入れ忘れたのに専用レーンに入ってしまった時はあわててバックしたりしてはいけません。
まず、落ち着いて・・・専用レーンにも発券機があってゲートが開かなければ入場カードが出てきます。
そのカードを取ればゲートは開いて通れます。そして出口では現金精算ゲートへ進みましょう。
現金で精算・あるいは有人ゲートならばETCカードで精算しますと言えばカードで通してくれます。
いやぁ、、、勉強になりました・・・  知ってた?やったコトある人なら知っているかもしれませんが・・・
さ、これで「ETCカード入れ忘れ」てももう怖くなくなりました。またドライブが楽しめそうです。

HIRO
Img_5a6162758b5d5247f30748dcecca306c9fdb9c24
「泣きそうになったこと・・・」もうひとつ思い出しました。
私は結構「時間が気になる」方で、といっても「早め早め」ではなくいつもかなりギリギリの勝負をしている・・
なので 家には「常に正確な時間を表示している電波時計」が何台もあります。
目覚まし時計も狂いのない電波時計。絶大なる信頼を寄せていたわけですが・・・ ある時事件が・・・
寝つきも寝起きもとっても良いワタシはトシとってきたワリには「早く目が覚めちゃう」なんてこともなく
目覚ましが鳴ったのに起きなかったということもなく何十年も過ごしてきました。
去年のある日珍しく自然と目が覚めてなんだか「イヤな予感・・・」
横になったまま目に入る壁掛け時計(電波時計ではない)に目をやると!
起きなければならない時間をすでに1時間経過(@-@;
あわてて目覚ましの電波時計を見ると何の表示も出ていない!!
「わあぁぁぁっ!!!」と叫んで家族をたたき起こし、、、10分以内には全員仕事や学校へ飛び出していきました。
皆さん、電波時計にはご用心!!
従来の時計なら電池がなくなってきたら遅れてきたりしてわかるのですが、電波時計は命尽きるその時まで
正確な時間を受信して表示しつづけるので弱ってきているのがわからないのです。。。
前の日の晩に目覚ましをセットする時には全く普通なのに、いきなり止まってしまうので注意しましょう。
特に受験生をお持ちのお母さん、電波時計を目覚ましに使っているなら新しい電池に変えておいた方がいいですよ~!
ま、子供が入試の日に寝坊してしまうお母さんはめったにいないでしょうが・・・(^-^;

HIRO
Img_925751090ce50cf8ef4a4fd8c67deca275d58912
先日から2度ほどつうこのDiaryの写真に登場しているシンビジュームは
もしかして同じ方から贈られた「揺れる想い」という名の甘やかでロマンティックな一鉢ではないでしょうか?
私も「揺れる想い」の画像、12月30日のDiaryに写真を載せていました。(もう忘れていたので確認しました・・・)
そのネーミングといい まぁるく優しいルックスといい 抑え気味のグレーがかったピンク色といい
ロマンティックなつうこさんの「ツボ」ですね・・・
つうこさんが「あなたたちキレイよぉ❤」とモノスゴーク寄って接写している姿も目に浮かびますが
この「揺れる想い」・・・ 私には違う「ツボ」で・・・
Img_33e4e699594db485ac246f05226ffe436a61b075
中央の細く飛び出しているパーツの先端の白い部分が2本の「前歯」に見えて仕方ありません。
黄色い部分が「舌」に見えて仕方ありません。
このヒトたち皆、大きく口をあけて歌っているように見えて仕方ありません・・・
「揺れる想い」という儚げなネーミングの割には、結構ご陽気に歌っているように見えます。
チャカ・カーンが「ハレルヤ」を歌っているみたい♪・・・とワタシは思います。。。
この白い部分は「葯」といって花粉の塊をたくわえているシンビジュームの「おしべ」で「前歯」ではないそうです。
それを受けるように下に広がる花弁・黄色い部分があるパーツは「唇弁」=「リップ」というようです。
ホラ!やっぱり「口」だった!!
つうこちゃん、、見る目を変えて見てごらん。。。 全員でゴスペル大合唱しているように見えますから♪♪♪

「もぉぉ・・・コノ人はどうしてこうもノーテンキでロマンティックさに欠けるのだろう(^-^;」と
つうこは脱力しているでしょうが、、、
言っときますが、誰かと二人きりになれば結構「ロマンティック」です~。 わざわざ言わんでエエか(笑)

HIRO
Img_f691eb20e2b815cb46a326e2697c92c79b84e9d8
学生時代 「広告批評」という雑誌を読むのが毎月の楽しみでした。
「広告批評」はもう廃刊になってしまって今はないのですが、「広告批評」の代表だった天野祐吉さんは
朝日新聞に1990年から「CM天気図」というコラムを毎週書いておられ、今日で1000回目の掲載になるそうです。
私の父と同世代の天野さん、
私がちょっと背伸びをして「広告批評」を読み始めた頃にはずっとずっと年が離れた「憧れのオトナ」でした。
そして私が当時の天野さんの年齢を追い越して自分が「オトナ」と言われる年齢になった今
天野さんもその分トシを重ねておられるはずですが、その感性は変わらず瑞々しく若々しいことに感動します。
【「面白い」というのは、げらげら笑えるってことじゃないんです。
 いままで見えていなかった世界が、雲が切れてスッと見えてくる感じ。
 いままで気づかなかったものにフッと気がつくことですね。
 そのとき雲が切れて、向こうから光がさしこんできて、面が白くなる。
 それを昔の人は「面白い」といったんですね。】
と、こんなふうに「なるほどー」と思えることをとてもわかりやすい言葉で暖かく穏やかに教えてくれるような
天野祐吉さんの語り口がとても好きです。 「面白がり」なところもとても好きです。

HIRO
Img_87d20f840d1f9c50f6a2c6c9131e9b81b2cbd530
寒い日が続きますね。でも低い雲間からさす陽と空の青から元気をもらう日々です。
画像は今日の空です。元気を・・と言っておきながらやっぱり寒そうですか?撮る人間の気持ちが出てしまうのでしょうね。
「歩くの大好き宣言」をして、冬も元気に闊歩しているHIROの撮る空とは違います(笑)
私も冬に「きびきびした空」が撮れるようになりたいですね・・根本から変えないとムリ?(笑)

連日diaryをすっかり読者気分で読ませてもらっています。
その中で京都「三条木屋町」の出来事にふれられていました。
人の記憶というのは、時の経過と共に、またその出来事に対する個人の感情が働くとどんどん変化してしまうようです。
それを誰かに伝え、その人が「こっちの方が面白いやろ」と脚色を加え、伝言ゲームのようになってしまう・・
そうなる前に当の本人がコトの真相を明らかにしておこうと思います。しばしおつきあいくださいませ(笑)

学生時代の仲間で、毎年夏には京都で鱧鍋を囲んでの宴会が催されます。
もう4年前になりますが、初めてお店に行った時のこと・・
少し遅れての参加になった私は、自力でその店にいかなければなりませんでした。
友人の送ってくれたメールは「○○通り東上ル、○○筋西下ル」。。京都ナビではありませんか(汗)
「郷にいれば郷に従え、よおしちゃんと辿りついてみせるから!」と田舎モノコンプレックスの意地が私を奮起させます(笑)
木屋町通りを歩きながら、多分ここを入っていけばありそうな。。とニオイはしましたが、
「イヤイヤ、まずまず原点から上ったり、下ったりすればよい」と思い、三条通りと木屋町通りの交差点を目指しました。
その頃、すでに乾杯がすんだ宴会場「つうこ?自分で来る?ムリ、一生たどりつけない・・」などと言われていたとか
誰も立とうとしない中、腰をあげたのはHIROさん、我らが部長!さすがですね、一人も落伍者をだしてはならぬ!
個性豊かなメンバーをまとめつつ常に細かい配慮の目を行き届かせるリーダーのカガミ!
交差点の角で、さあここから西はどっちだ?とキョロキョロしている私の携帯にコール
「つうこ、今どこ?何が見える?」HIROのよく通る晴れやかな声です。
「えっとね、交差点の角にいるんだけど・・松屋!」
ここで「松屋」とあわてて言ってしまったのですが、実際には「(斜め前の角に)松屋」です。
「え?松屋?じゃあ、そこから小川コーヒーの角まで戻って来て!私その前にいる」とHIRO
「え?小川コーヒー?前にいるの?」
「うん、前」
「前って、お店の前にはバリスタ風のお姉さんしかいてはらへんよ。おかしいなあ・・」
「前にいるから・・」
こんなやりとりをいるうちに、私の横にいたサラリーマン風の男性が肩をトントン・・
「あの人ちゃいますのん?」
ふと見るとほんの数歩離れたところに携帯を握っているHIROがいます(驚・笑)
パズルの謎解きのように交差点を頭の中で描いてくださっていた方はすでにお気づきのことと思います。
同じ交差点の角で「前!」だの「いない!」だの悲痛なやりとりをする二人、それを右と左から
ステレオ効果で聞いていた男性・・ちょっと楽しかったでしょうね。
信号が変わり交差点を渡っていく男性に「ありがとうございました!」と挨拶をする私
その姿をHIROは見て「つうこがサラリーマンに助けられたハナシ」とまとめあげていましたが。。
はたしてこれは「私がサラリーマンに助けられたハナシ」なのかどうか・・その判断は皆さまに委ねます。
このストーリーは交差点の同じ角で気付かずにしゃべり続けていた相手がいないと成り立ちませんよ、HIROさん!
よく普段の会話でも「アレ、ソレ」でも充分に通じたりしますし、ツーカーだと思いこんでいても
携帯で話す時、ましてや場所を特定するときには、そんな端折ってはいけません・・
「斜め前に松屋」「小川コーヒーの向かい側の角」と正確に伝えなければ・・気をつけたいと思います(笑)
でも、私達の性格をご存じの皆様がまたどこかでフォローしてくださるのでしょう・・皆様その時はよろしくお願いします(笑)

この楽しいハナシをネタに書いた「三条木屋町交差点」、ちょっとおキャンな感じの曲です。
イントロのSUS4コードの頭打ちとベースパターンは古川師匠、布川師匠のツボにもはまったようで嬉しいです。
「あれは、スーチャカスーチャカってカッティングが王道」
「いや、プレグレ風にいくとベースとユニゾンだよ」
ととても楽しそうに演奏してくださいます。
でも、リーダー東川さんのMCを聞いてらした布川師匠が一言
「携帯で話してたにしては、タイソ~な曲だね~笑」
そうです・・タイソ~な曲なんです(笑)でもとても楽しい思い出の詰まった曲です。
今日も色々な人と思いが行き交う交差点・・あ~また演奏したくなりましたあ!(笑)

つうこ
Img_4c6b32ab4729ef7ddecca5b280a23a185064d352
Img_41edfae06be2f382be16269bedeb8008696c359c
1ヶ月ぶりくらいで大阪駅へ行きました。
1ヶ月前にはまだ見えていなかった大屋根の全容を見あげることができたり、
2階の連絡通路へ上がってそこからたくさんのホームに出入りする列車を見渡すことができるようになっていました。
「鉄子」ではないけれど、思わずテンションが上がって心の中で「うわぁぁっ!!」って叫び
写真を撮ったりエレベーターで連絡通路へ上ってはガラスにはりついて列車を見たり・・・
ひとりで大騒ぎをしました。このワクワクは何なんでしょう・・・(笑)
思えば、大阪駅って今まで古すぎたんですよね。慣れていたので何とも思わなかったけれど・・・
この新しい大阪駅、5月4日が全面改装オープンらしく
「5月4日 大阪駅が街になる!」というのぼりが掲げられていました。
確か今週の月曜か火曜日に「その100日前のプレ公開」が報道関係向けにあったと新聞で見ましたが
日々、大阪駅を利用している人たちはもう見慣れているのか・・
興奮して走り回っているのは私だけみたいでした(^-^;
でも しばらく行っていない人は絶対に「うわぁぁ!!」ってなりますよ。行ってみてくださいね!

HIRO
Img_bc01ea699a7de52571cfcb3bb0096cdb72f7e4c7
毎回同じ書き出しですが・・今日も冷えますね。
でも吹き抜ける冷たい風にゆれるバラの枝では、小さな小さな赤い芽が動き始めました。
園芸便りが滞っておりますが・・年明けに春に向けての施肥、腐葉土、バーク堆肥でマルチングをし、
チョコレート色の土とそこから伸びるタダの枝をいとおしげにながめる園芸部です。
花もないのに、変な人ですが・・「待つ喜び」ですね。
そして小さな赤い芽は、確実に巡り来る季節の遠い足音・・❤

・・と浸るのは育てる側の勝手。やはりバラの画像が少なくてサビシイ思いをされていませんか?
ですよね~?今日はこの季節にふさわしい純白のバラを紹介しましょう!(強引な・・笑)
マダム・アルディ (画像はカレンダーより拝借しました)
1832年 フランス Hardy作出
かすかにピンクがかったつぼみが開くと細かな花弁が詰まったロゼッタ咲きに
その中心、緑の目のようなスポットが一層その花を引き立てます。
この「グリーンアイ」は雄しべと雌しべが退化したものだそう・・ 
(ジャンヌ・ダルクは「ボタン・アイ」でしたね)
花色は画像どおり純白、時にパールがかり、花弁の重ねが淡桃色になることがあるそうです。
オールドローズの中でも、香料用に古くから栽培されているダマスク・ローズをもとに育成された系統
甘く強い香りがある芳香種だそうです。
ルクサンブール宮の公園管理官であったウージェーヌ・アルディ氏が夫人に捧げたバラ
オールドローズの名花をいつか私も育ててみたいと思います。

いつもだとここで終わるところですが、皆様!お待ちください!!
このVOPのページを開いてくださった方だけにとっておきのマダム・アルディを!
世界にたった数輪のプリザーブド・フラワーによるマダム
我らがフローリスト HIROの力作をGallery(Preserved)にてご覧になれます。
昨年春 chima-chima展にも出展されていましたが、再度ご鑑賞いただければ幸いです。
私も改めて見直し、その「技」に見入るばかり・・❤
軽く制作秘話などインタヴューを、と連絡を取ってみたのですが、例のごとく駆け回っておられるようですね~(笑)
そちらはまた改めまして・・それではGalleryへどうぞ・・

つうこ
Img_8279003c1d20d04e477c627252f7b6f04ecb87e3
昨日つうこが私に電話をくれた頃、ご想像どおり・・! 外で「駆け回って」いました。
つうこは毎日とても寒がっているようですが、暑いのは大の苦手だけど寒いのはさほど苦にならない私、
あまり寒いと思わない。。。だから夏は「暑い~暑い~」と毎日ウルサク言ってたけど「寒い~」とは言わないでしょ(笑)
犬はヨロコビ庭駆け回り、ネコは炬燵で丸くなる・・・やっぱりワタシは犬でつうこはネコのようです(=^・^=)

昨日は三谷幸喜さんの芝居「ろくでなし啄木」を観にOBPのシアターブラバへ出かけました。
藤原竜也さん・中村勘太郎さん・吹石一恵さんによる3人芝居です。
三谷幸喜さんがご自身でおっしゃるに、初めて挑戦した「エロティックサスペンス」だそうで
話としてはかなり色っぽいドロドロとした愛欲の物語なのですが、三谷さんが描くとちょうどいいエロ加減。。。
ドロドロなのに全然そう感じさせないのは演じる役者さんの持ち味や力量に由るところも大きいのでしょう、
見終わったあとスカッとするような愉しめる芝居でした。 たまにはお芝居観るのイイですよ。
でもチケット代11,000円は高いですよね。客層は30代のOLさん以上という方が多かったです。
「演劇」は作家や演出家が「人間の本質」や「色」や「欲」をつきつめて表現しているものが多いので
「ありふれた生活」の中では忘れてしまっている「自分の中にもあるモノ」と向き合うきっかけになります。
本当は10代・20代の若い人こそ演劇やミュージカルをたくさん観てほしい。
人間の中には「色」や「欲」がいっぱいあって、「行動は本能に突き動かされている」ということを感じれば
「自分は何をしたいのか」とか「コノ人とどうなりたいのか」とか「それには何が必要か」とかをもっと考えて
「就職しなくちゃいけないから活動する」とか「結婚しろっていわれてるから婚活する」みたいな無気力なカンジから脱却し
もうちょっと元気になるのではないのかな?
若い人がお小遣いで演劇やミュージカルが観られる文化を育てることは、
ニッポンを元気にするひとつの手ではないかと、帰り道思いました。

HIRO

Img_64bd5e07e887d216ab41cd3b90c8c598078eec02
右手にホテルニューオータニ・左手にシアターBRAVA
昨日、大阪国際女子マラソンで
選手たちが一陣の風のように通り過ぎて行った曲がり角、
今日は何事もなかったかのように人通りも少なく静かです。
一昨日と今日この場所に立っているワタシ・・・
昨日だったらマラソン見られたのに・・・ 残念・・・
マラソンや駅伝を沿道で応援するのって楽しいですよね。
テレビで見ていると必ず横で一緒になって全力疾走している人や
必死でチャリこいでいる子供が映っていて
選手たちがいかに速く走っているかがわかりますが
実際に見ると「来た!来た!」と思ったら
本当にアッという間に通り過ぎてしまいます。
解説の増田明美さんが言っておられましたが
大阪人は黙って見てはおらず 大騒ぎで声援を送るそうで
他の土地で走るのとは一味ちがう面白さがあるそうです。
昨日はこのあたりもさぞにぎやかだったことでしょう。
Img_089a31050e49488dde29fcb182959d59a80073d0
Img_0137a75c96b88cd2b307d2ea2a528a8eaca7f8ee
Img_914af109cf79d628696cb9c692075bf0730f1364
せっかくここまで来たので、
(左)水上バスを眺めながら城ホールに向かって橋を渡り
(中)「青屋門」をくぐって
(右)「大阪城梅林」へ 2週間たってどのくらい咲いたか見に行きました。が、まだこのとおり・・・
あと3週間くらいかかるでしょうか?満開になると花霞の上にお城が浮かんでいるように見えます。
Img_738222b3bd48ad49250e6dadaae948cfb5e2c1f3
Img_214e7203535c85abb4a454ce8335d0417c1befa3
Img_dc084ff0861609875471b8df8d4ae638e4f847a1
でも前回見に来た時にポッポッと開きかけていた早咲きの白梅は満開になっていました。
左から「八重野梅(やえやばい)」「一重野梅(ひとえやばい)」「月の桂」です。
同じ白梅でも少しづつたたずまいが異なります。梅は桜とちがいすごく「香り」ます。今は人が少ないから特に・・

さて、こうやってウロウロと遊んでいるうちに1月が終わってしまいました。
豪雪や降灰に苦しめられている地域の皆さん、2月の訪れとともに災いも去りますように。
光は日々力強くなって、青空には春色が混ざってきています。今日はたくさん空を眺めました。
Img_70ec2a3d39c78af83e0b936780d02cc026cd8779
HIRO