Img_a1e37fb3b01515dbeb23c511bc4439bc70c893fd
これが・・・  ↓
Img_31093860a75727763d748cf075e1d1194ad0f9ca
こうなりました。。。
Img_ed9abbe2f6f89b6b58fef459b1ae89a2d98b6706
これが・・・  ↓
Img_d3001447416df01a15ce2677c751297b6c1683ed
こうなって・・・  ↓
Img_2b98bdf3424a836ad5cb09145e3559114d887707
こうなりました!!!
パッチが裾から見え隠れするほどバタバタ走り回る・・・どころではなく、、、
着物の裾を腰までからげて全力疾走 """"""""""""というような、ここ2~3日。本当に倒れるかと思いました。
電話やメールをいただいていたのに返事できなかった方々ゴメンナサイm(_ _)m  今回ばかりは皆様のお心遣い
「返信不要です」のお言葉に甘えさせていただきます。この場を借りて「ありがとうございます!」
毎回キワキワになるとめちゃめちゃ「追い詰められ感」あるのですが、今回の「追い詰められ感」はまた一段と格別でした。
今日、フタを開けてみたら理由がわかりました。3人とも「アホほど」作っています(笑)。
「アホほど」ある作品たちをあらんちゃんと二人でディスプレーしたら、すごーく「達成感」がありました。
まだ「達成」してないし、作品展は「ココカラ」だけど・・・ふたりで「できたぁぁ!!」って思わず叫んでしまいました。

「ココカラ展」できました!!! 
部屋の一面が大きな窓になっている本当に居心地のいいギャラリーです。
窓辺には椅子とテーブルもご用意しました。どうぞ ゆっくりしてくださいね *(^-^)*
あ、、、あらんちゃんが載っている「レタスクラブ」を見逃した方、窓際のテーブルに置いてあります。
それと「どこのCDショップにも置いていないレア」な「STABLE NOTES」のCDがほしい方、置いてます!
3日金曜日なら「つうこのサイン付き」で。。。ぜひ、この機会にご入手ください。(テレショップみたいになりました・・・)
皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。



Img_3d196d5c871eac9eb01a39de11033be34da807fe
HIRO
Img_c00c597c6b2a994482e10f00f4a049d691f10d34
ココカラ展、始まりました。初日から足を運んでくださったたくさんの皆様ありがとうございました。
芦屋・京都とはまた違う街の空気の中での作品展・・・ ギャラリーまで歩く途中の御堂筋の銀杏並木はまっ黄色。
大阪の街もずいぶんキレイになった、と感じます。
今日はたくさんの方にご来場いただいたのですが、お昼過ぎにポッと空き時間ができたので
あらんちゃんに「散歩してきまーす」と言って靭公園をウロウロしに行きました。
私が「必死のパッチ」で手元ばかり見ている間に、もう「紅葉黄葉」はすっかり終わってしまうだろうと思っていたのですが
ここ靭公園は桜もイチョウもメタセコイヤもナナカマドもキレイに色づいた葉っぱをつけたまま待っていてくれました。
降り敷いている落ち葉をカサッツカサッツと踏みながら チラチラ落ちてくる葉っぱたちを眺めていたら
「めちゃめちゃシアワセだー❤」と感じました。本当に今日は暖かくていいお天気でした。
ここ一週間くらい息をするの忘れてたけど、今日は久しぶりに深呼吸した気分です。
先日下見に来た時は会場を見るのが精一杯で公園を回る余裕はなかったのですが、今日バラ園を見に行ったら
タイヘンなことに気付きました。(いや作品展目的で来られる方には全くタイヘンなことではないのでご心配なく・・・)
プランニングしたコーディネーターの趣味なのか やたら「オースティンローズ」の種類が豊富です。
大きなバラ園ではないのですが「ひらぱー」のバラ園にはなかった種類のオースティンローズもあることに気付きました。
皆さん「明日来れば会場につうこがいます」と書きましたが、きっとつうこはいません(^-^;
つうこさんがどんな人だか見てみたい方は隣のバラ園へ行ってトロけそうな顔で怪しくバラを接写している女性に
「つうこさんですか?」と声をかけてみてくださいね(笑)。
オースティンローズの写真と解説はまた後日つうこさんから・・・
私はオースティンのライラックローズ以外は他の画像をお届けします。
Img_14e86ba34af9068b9698e3e6750f32f74bd8a1ae
ライラックローズ
Img_2f1d68e3369713fe24c6e024af0b1b6bfa2345ae
グリーンローズ
Img_0472bfbe0728badacbf43876ad528aa0f66fcf11
ストロベリーアイス
Img_ed5f1216531ae991cbeeb5acb81df956d9caa5b6
エンジェルトランペット
Img_8a34f2704dc93fe737e1af326c9facace6dd5da8
ツワブキ
Img_73603db9aba30f56d0bdf40ac0e6e1cb66762fa0
ゆうさん!コレ何?
靭公園、町の真ん中にあるとは思えない広くて気持ち良いとてもいい所です。
行ったことない方は、ぜひ公園を散歩する時間もプランに入れておこしください。
今、雨が降っていますが、明日「ココカラ展」が開場する11時ころはきっとまたいいお天気になると思います。

HIRO
Img_23787fb4fa09ba197647c071290d5bf1b922a5ba
ココカラ展の扉が開いて2日目です。
こちら関西では夜半に激しく降った雨もあがり、「西」は晴れています!
1週間前の天気予報では、狙ったようにこの日だけが「雨マーク」だったのですが、
作家さん達のパワーにおされ、雨雲も早めに関西上空を通過・・
「ココカラ展日和」です。やはり笑顔が似合う作家さん達、お日様の笑顔をひきよせました!
今日は待ちに待った、コラボ展へでかける日です。
そうですね・・今のこのワクワクを音楽にたとえると
ミュージシャンが時間とともに紡ぎあげていく音をすぐそばで聴いている・・そんな感覚に似ています。
次に何が出てくるんだろう・・
期待感でいっぱいの気持ちは音が出された瞬間
ああ・・こんな音が聴きたかった・・
そんな喜びへとかわっていくのです。
どんな音であれ、喜びです。そして、それが笑顔に・・
作家さん達の作品を見る度に作品の数だけ同じような気持ちを味わい、そして微笑み、
何か暖かな「灯」がともるのを感じます。
(行動力バツグンの作家さん達の作品でも「炎」ではありません・・笑)
おそらくそれは、ひとつひとつの作品に籠められた丁寧で細やかな手と愛情
そして何よりも作家さん自身の「喜び」の気持ちがそんな「灯」をともしてくれるのではないか・・と思います。
大好きな作品達に会いに・・行ってきます!
そして、会場にいらした皆様とそんな気持ちを分かちあいたいと思います。
え?それだけですまないくせに・・ですか・・?
時間がゆるせば、靭公園のバラ達の前で「アヤシイ人物」になっていると思います(笑)
それでは!!行ってきます!ワクワク・・・(嬉)

つうこ
Img_e5d204b431ab07bfecbca8eefaaefef4e7966b75
20代のお嬢さん方が「ココカラ展」会場に来られると 「お約束」のようにとる行動があります。
ご案内ハガキでVOICE OF PLANTSの写真に使っているクリスマスツリー(プリフラというよりもぬいぐるみ)の前に立つと
「カワイイ!」と言いながらひとさし指でついている赤いハートを「ピッ❤」ってしてくれます。
まず、それをやったのは家でできあがった作品を見せた私の娘ですが
その後 会場へ来た何人ものお嬢さん方が教えもしないのに同じことをしました。
だから、このハート何人もの若い乙女の❤をいただいています。ハートの中心が少し減ってきています(ウソです)。
会場へこられるオジサマ方!ぜひ「ひとさし指でハートにピッ❤」ってしてみませんか?
若い娘の「カワイイ❤」って声が聞こえるかもしれません。
たまにオバチャンも「ピッ❤」ってやる人います(笑)。。。。。

HIRO
Img_507760d7161cafc77f6e3ed3d2cd2a1b034358ed
「まあ、ちょっと一息ついて・・」
ギャラリーの窓際に置かれたテーブルと椅子、腰掛けると少しレトロな窓の外に広がる緑・・
静かなギャラリーにアランちゃんがかけてくれたのは コルトレーンの「バラード」
1曲目「Say it」とともに、それまで駆け足で流れていた時間が歩みを緩めゆったりと漂い始めます・・
こんなお店があったら毎日いりびたり・・そう、バイトさせてもらえないかな・・(笑)
行ってきました、コラボ展!
金曜日に、「やはり天気は私達の味方です!」とdiaryに書き、いざでかけよう!としたところ急に雲行きが怪しくなり大雨、
diaryを訂正する間もなく出発、するとバイパスは事故のため大渋滞・・(マジ?!)
やっと新快速に乗ったと思えば、今度は強風の為運転見合わせで西明石で列車は動きません・・(そ、そんなあ・・↓↓)
ようやく運転再開、梅田到着・・そんなagainstのお天気(プラス本町で磁石が狂い軽くウロウロ)で大幅に遅れはしましたが、
ギャラリーの扉のむこうには丸くて温かくて優しい作品たち、そしてアランちゃんとHIROの笑顔がありました。


すでにいらした方もたくさんおられるでしょうし、作品は作家さん達のHPでも紹介されているので写真は割愛致します。
といいますのが、ライトの加減でオレンジ系が強くでてしまい、本来の作家さんの意図と違うものを紹介してしまうのは
よくないと思いますので・・どうか皆様ご了承くださいね。
でも撮ったショットをズームにし、新しい発見がある度に、アトリエに、作っているすぐそばにいさせてもらったような
そんな気持ちになって喜んでいます。
その中からほんの少しですが・・Closer to YOU!!
Img_6f5121916f4e087b744fd055eebf9fde24614e83
Img_0fac0ced423f3e51d61c7f55bc3f947256ca526e
Img_538157308d4ba49538f61ba76d6266207f3134a4
左側、美季ちゃんの作品に登場するカワイイ女の子「ジョリちゃん」いつもおしゃれさんです。
足元にご注目、この小ささと細さでブーツのカットまで・・まさに一針一刺し?のワザ(驚)
このブーツ思いっきりズームにすれば、細面の犬に見えるんですよ❤
中央、ご存知「IGELKOTT」地にあわせて色んなパターンがありました。
この「IGELKOTT」も足と鼻先がカワイイ!!人差し指で鼻をツンツン、上品な足先はなでてあげたいです・・
jolie saison29やIGELKOTTのファンの皆様には、今ごろ?と思われるかもしれませんが、とにかくハマります❤
この形、カーブ、角度にこの色・・これ以外考えられない!ファンはそういうものですよね~(笑)
右側、HIROの作品、美味しそうなクランベリーコーン、カリカリコーンは実際はこの下へのびています。
柔らかベリーとお花のアイスはずっと眺めていたいから、食べられないもので作られていて正解!(笑)
HIROさんへ質問です。この羽根形状記憶できるの?ムースでかためてるわけでもないのに・・・
空調からのかすかな空気の流れや静電気にも泳いでいません・・フリーズしてる(驚)

もっとたくさんの作品の掲載を期待された方、申し訳ありません。
これからも喰いつきドコロのずれたリポートとなると思いますので(笑)全体像は作家さんたちのHPでご覧くださいね。
実を言いますと、自身のものをゲットするのに楽しく迷い、興奮、うわついていたのが「あっさり記事」になった原因です。
いずれまた紹介しますね!きっとどなたかとおそろいです!(喜)
でも・・たとえ限られた時間でも、どれほど私が穏やかな、それでいて心ときめく時間をすごせたか・・それは伝わりましたか・・
ひとつひとつの作品を創る作家さんたちの「喜びの時間」
私達の心が動くとき、ふと笑みがこぼれる時、それはそんな「喜びの時間」に触れられたからなのでしょう・・
「ココカラ展」がこんな空を送るのもあと2日となりました・・
Img_005a92e6c63d5440db22231b4fcb0baeb1d178c2
つうこ
Img_d25448d69a388be5bf02b0a84865e947f1e54145
今日も暖かくて穏やかないいお天気でした。
ギャラリーの窓から見えるメタセコイヤの葉っぱ、搬入した5日前には青々していたのにずいぶん黄色くなりました。
あらんちゃんの八ヶ岳のショップIGELKOTTへ行ったことのある人は、このギャラリーへ入ってくると
「あらんちゃんのお店に雰囲気が似ているね」と言います。私もそう思います。
ところで、ずっとあらんちゃんと一緒にいると「あらんちゃんの音」というのがあるのに気付きます。
『ピューゥゥ』あらんちゃんは思いつくと同時に行動している人です。「あ!」と言った瞬間に『ピューゥゥ』と消えています。
『ヨイショッ!ヨイショッ!ヨイショッ!』あらんちゃんはよく独り言を言う人(笑)ですが
初日に舞台裏のストックヤードからしきりと『ヨイショッ!ヨイショッ!』という掛け声が聞こえるので 何してるんやろ?
と思って見に行くとバッグのストックを一見してわかるように段ボールで棚を作っていました。見事な棚でした!
そして階段を上る時にも「ヨイショッ!ヨイショッ!」と言いながら上がってくるので(本人はきっと気づいていない)
「あぁ、あらんちゃん帰ってきた・・」ってスグわかります。
『コロコロ・・コロコロ。。』あらんちゃんの声は「鈴をころがした様」とゆうさんは言うのですが
ツボにはまることを言うとあらんちゃんは『コロコロ』と本当に可笑しそうにお腹を抱えて笑います。
大人しいな、と思って見ると編み物をしたり刺繍をしていたり・・・手を動かしている時です。
とにかく一日中ジッとしない人です。。。「HIROに言われたくないっ!」って言われそうですが(^-^;
そんな「あらんちゃんの音」を聴けるのも あと一日。
「ココカラ展」明日最終日は【16:00まで】です。18時までではないのでご注意ください!
16時から18時の間に来てしまった方、、、せっかくですので「撤収作業」手伝ってください。。。
ワタシタチ『ヨイショッ!ヨイショッ!』って頑張ってますので(笑)
でも、あらんちゃんと私はメチャメチャ逃げ脚が早いのでたぶん1時間くらいで撤収は完了すると思います。
あぁ、、、終わっちゃう・・・

HIRO


Img_9e6b6d93dd220019ee965b8ee692c0f12dd65697
本日「ココカラ展」が終了しました。たくさんの方々に足を運んでいただき とても嬉しかったです!
皆さん、本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m
なんだか、ふぅぅ~っと気が抜けてしまって・・・ 今まだ具体的には考えられないけれど、
この作品展をきっかけに「ココカラはじまること」はきっとたくさんあるだろう、という予感はします。
私自身は「ココカラ」と同時に「コレマデ」を強く感じる1週間でした。
これまで私を支えてくれた人や物、今私を支えてくれている人や事・・・ 「自分とは現象だ」と言った科学者がいますが 
今回の「ココカラ展」は、私が「コレマデ」出会った人や物や事が引き起こした「現象」だという気がしました。
いつになくヤヤコシイことを言っていますが、、、ひらたく言うと「みんなのおかげ!ありがとう!!」って強く感じました。
だからもう一回、「ありがとうございました!!!」
あらんちゃん、みきちゃん、お疲れ様でした。アホほど作って楽しかったね。。。このシンドさ、またすぐ忘れるんやろね(笑)
私は明日から「12月の主婦」に戻ります。休んでしまうと動きたくなくなるので年の瀬までこの勢いのまま駆け抜けます。

Img_875f4c62788dd4f3a83ea585c405379e01b711d2
Img_e5b8a12d7b1fcf806817b0921893f2003dce134d
Img_eb9832e8b65a7b4cf5143e31f827ec0a48dd1247
Img_5a5a998809aaf51db6e9ab615f3dd3c906b915d0
Img_ac66e3b8aa7b926083ac2874d016c795e72a51ed
Img_56dd4acd946e28bb8ea4bcf5b6b25f9f3e16e13f
Img_fa207eeddcf9d8936ae9314f21d07a7b4b4e5fb8
Img_598f1f6f50626ecfff8b94da4fa97340a793a526
Img_a342d5a4a44f085d0f79ecd24b615b17ed775884
HIRO
Img_87c14e68f7de2146002a2b9456288d37ed97fa94
「ココカラ展」を開催した靭公園の近辺は小洒落た飲食店や
雑貨屋さんとともに「道」のような貸ギャラリーもたくさんある
所でした。私達が借りていたギャラリー道の斜め向かいにも
「飛行船スタイルギャラリー」という展示スペースがあって
ちょうど私達が「ココカラ展」をしている時に
Wreath展を開催していました。
川西市在住の主婦5人「ラ・ベル・ジェルネ」というグループの作品展ですが、そのグループの方たちスゴイんです!
何がスゴイかと言うと大きくていっぱい数あるリースの素材を
すべて自分たちで集めてきているということ!
実や蔓や雑草や間伐された杉の木の葉っぱ・・・
メンバーの衣服のポケットには常にビニール袋が4~5枚
入っていて 何か見つけると拾いまくるのだそうです。
私が「VOICE OF PLANTS」なんて名乗っているのが何だか
恥ずかしくなるくらい、自然の恵みを愛して止まない
素敵な方々の集まりでした。
どのWreathもとても手間がかかっていて
自然の恵みへの敬愛や慈しみ・「分けていただく」喜びに
満ちていることが伝わってきます。
川西の方に住んでいたら絶対に仲間に入れていただくのですが・・・ ちょっと遠くて残念・・・
1年間集めたものをリースにして皆に見ていただく、、、ただそれだけのために費やす時間と労力ははかり知れません。
「趣味が高じてどんどんエスカレートしています」とおっしゃっていましたが、自然の恵みを授かっているせいか
満ち足りた表情のメンバーの方々を見ていると「いいナ❤」と思います。
私も花をしていて時々「何やってんだろ、ワタシ・・・?」と思うことがあるけれど 
そういう方たちに出会うと「これでいいのだ!!」とまた思います。「好きなこと」「したいこと」があるのは幸せなことです。
飛行船スタイルギャラリーでのWrath展は今週土曜日11日まで開催。「ギャラリー道」の斜め向かいです。
ジェルネさん、あと少し頑張ってくださいね!「ココカラ展」へもよく遊びにきてくださってありがとうございました。
このリース展へ行って初めて知ったのですが「ヘクソカヅラ」の実はメチャメチャ可愛いのです。匂いはなかったです(笑)
Img_09ee86e3d6b16617a475e0be324b9bf0b2480697
ナンキンハゼの実
Img_25548595c5adf245ccab81d44669d4d4405abf4a
ノイバラの実
Img_56b9abbbbf202168ae349aba1ee2d891b8f4c0ff
酒屋さんの杉玉のようなリース
Img_c8e8aec1b89ef79866f0799118a0fcfa818853b5
Img_062bf23338d4009fdf4c9370750594c0debe7106
Img_c702c8204ab1dc7fbecd6cbf0500121b3566c034
HIRO
Img_5691954c9d9075e83d1dc47201908291a1e88d86
Verdan' Gardenでは12月に入ってから「オーガニックランチ」が「クリスマススペシャル☆」になっています。
私は5日の日曜日、フラワーレッスンに行った時にいただきました!
Img_9c285ad481ed4a59c629cdc63ca84bf99589ab84
Img_082a0a432991286a89d98586133a94721a3f1076
いつにも増してタップリのお野菜!!「スペシャル」なのでスイーツとドリンクも付いています。ナント!1200円ナリ!!! 
「クリスマススペシャルランチ」は12月20日までです。VGのカレンダーをご確認の上 (Click!) お出かけくださいね。
Img_f380dc24c084fc36b88429a3a87c7ceda0a65b92
そしてコチラはレッスン後にいただいたスイーツ❤
「クリスマスレッスンはスイーツ付きがいーな~♪
スイーツプレートならもっとウレシーな~♪♪」と
ゆうさんに聞こえるように言っていたら
ちゃんとスイーツプレートが出てきました(喜!)
リクエストどおり マロンブリュレといちごタルト❤
ローズのロールケーキとチョコレートのケーキ❤
4種類じゃ数が悪いから、あと1こ何か考えておく・・と言ってくれた
「あと1こ」はコアントローのフルーツゼリーと手作りのアメちゃん❤
生徒さんたちと「ワオ❤」とか「キャォ♡♡♡」とか
大騒ぎしながらいただきました。
たいへんおいしゅうございました*(^-^)*
「ココカラ展」会場に、お昼ごはんは立ったまま食うや食わずのあらんちゃん美季ちゃんを置いといて
一人だけこんな「いい目」をしていました。ごめんよ~・・・終わって日にちがたってから言う・・・(^-^;
急に寒くなってきました。皆さん、風邪ひかないでくださいね*****

HIRO
Img_92150c03653b54b60590fbb7b55a9d440694f2bb
Img_ac85b7d97784b36b8dafc67cacb8b5596d2fac12
Img_e91c3e21b67d8b54d1b89870ce2bcb741f28adbd
先週はずっと最寄駅から西向きの電車に乗って大阪市内へ通っていたのですが、
今日は久々に東向きの電車に乗って京都市内へ。
私が住む枚方は大阪と京都の真ん中で、どちらの街へ出るのも距離的感覚はほぼ同じです。
私が所属する三条のフラワースクールVICE+VERSA (Click!) の年末の作品展が
7日から教室の隣のCafe Collaboで始まっています。
アトリエでは先生と3人のスタッフさんが週末のブライダルのブーケやテーブルフラワーの制作の真っ最中でした。
とっても忙しいハズなのに、ここにはいつもゆったりとした空気が流れています。スタッフさんたちの持ち味です。
Img_0b82492592ccc3e495472cc1c04902615935356f
Img_fe5fc323a7f56efc5e009f96eea76e2709b50116
Img_32af9d0a5051996dc4d662dd092aea928bbd9f62
出展されている個性的なWreathの数々
「ココカラ展」向けの作品制作で自分の世界に浸りきっていた私が
久しぶりにアトリエへ行って他の方の作品を見ると「目にウロコがはりついていたなぁ~」と思います。
VICE+VERSA[それもアリかも!]という教室名のとおり
ここの作品展は「そう来るか!」と思わせる自由な発想の作品が並びます。
私は教室の作品展用に新しいものを作る馬力がなくて「ココカラ展」に出していたものを持っていきました。
「目にウロコがはりついてとれなくなる」なんてことのないように、来年はまたできる限り教室へ通おうと思います。
VICE+VERSAの作品展は三条高倉のDuce Mixビル3階のCafe Collaboさんにて 12月25日までです。

教室を出て師走の京都の街をブラブラ歩きました。
三条通り・錦市場・四条河原町の高島屋・・・京都でした。師走でした。。
そして四条川端まで歩いて京阪電車に乗る前にコレ↓を見なければ!南座顔見世の「まねき」です。
上がったと思ったらすぐに下がった「まねき」もあったりして、今年は何かとバタバタしたようですが・・・
私がこの時期、この場所からファインダーをのぞくといつも南座の右上に三日月がおすまししています。

Img_0776204036f06249c4cb2953a5e757c19213dbe5
HIRO
Img_41c6292dea439144421d36256301a09048703c1a
12月もすでに10日が過ぎてしまいました・・
ちょっとした挨拶の中で交わされる言葉と言えば、「急に冷えてきましたね」とか「今年も早かったですよね・・」
「寒い」「早い」「忙しい」「焦る」この時期の共通語をいかにはずしVOPモードをキープするかが課題・・
1/4倍速の出番です(笑)課題山積みはみな同じ「あと20日ある!」とプラス思考でともに年末を乗り切りましょう!
さて、今日の画像は久しぶりのマチルダ、大阪靭公園のマチルダです。
ほら、作家さん達が「ココカラ」次のステップへ踏み出したというのに、もう時間が巻き戻りましたよ(笑)
バラ達は大雨と強風に見舞われた後、陽の落ちた公園で撮ったものです。
都会で生き抜くマチルダ・・芯は強そうでもほのかなピンクと花弁の優しさはやはりあのマチルダ❤
この公園で出会ったバラの中でも特に印象的なバラでした。
もう暗くなりかけている公園、執拗にショットを狙っている横で、お世話をされるお姉さんが花がらを集めておられました。
「もうあがるぞ~」遠くの方から叫ばれる同僚の職員さんに「はーい」と答えながら地面に落ちた花弁を集め続けるお姉さん
広い公園での至近距離・・この時間にこの撮り方は怪しまれているかも・・と、思い切って声をかけました。
「すみません。ネームプレイトないんですけど、このバラ、マチルダですよね?(知ってるバラでセーフ・・)」
「そうです!ご存じなんですね・・」と振り向いてにっこり
「大好きなバラです。キレイに咲いていますね。お手入れ大変でしょう・・」
「いいえ・・行き届かなくって・・」
その後、秋の色の出方とかもお話しましたが、終始ニコニコそのお姉さんの笑顔が忘れられません。
この日に出会ったあらんちゃんとHIRO、そしてこのバラの世話をする職員さんの笑顔
バッグや花やバラ、それぞれが慈しみをもって関わり、その想いが「人」とつながった時の「喜び」の笑顔だったのですね。
素敵な笑顔に感謝、そして強風にも耐え笑顔を向けてくれた大阪のマチルダにもありがとう!
忙しいけれど笑顔を忘れず日々過ごしたいものです。あっ「忙しい」って言わないんだった・・(笑)


つうこ
Img_5eb173037aa2845413e12d92e11f269fd7ce72d3
今日はいいお天気でしたね。
明日は雨模様・・となると、神戸ルミナリエ最終日イブの夜、にぎわったことでしょう。
「希望」の灯をとうとう今年も見にいけずじまい・・残念ながらショットを紹介できませんので別の「エスぺランサ」を・・
そう、チリの落盤事故の際、坑道に閉じ込められた作業員に赤ちゃんが生まれ、「エスペランサ」ちゃんと名づけられ
「希望」をつないだというのも印象的なエピソードでしたね・・
今日紹介するのはミュージシャン、エスペランサ スポールディング、今をときめく女性マルチインストラメンタリストです。
華奢な体、cuteなルックスにアフロヘアー、ベースを弾きながら伸びやかなボーカルでスキャットまでやってのける姿
その強烈なインパクトと存在感、何より音楽的なpotentialにファンは急増中です。
すでにご存知の方もおられるでしょう。つい先日、今年のノーベル賞受賞式が行われていましたが
昨年のノーベル平和賞授賞式でバラク・オバマ大統領の名誉を讃える演奏を披露したミュージシャン
今年の2月7日には前日行われたオースティンシティリミッツの演奏の反響が大きく、その日のGoogleで
「Esperanza Spalding」が世界で2番目に多い検索キーワードとなったそうです。
私が知ったのは数週間前、音楽雑誌を通してですが、たまたま演奏を聴いていた知人が絶賛していたのでチェック
YouTubeではまってしまいました。

ざっと経歴をおさらいしますと・・
1984年10月18日オレゴン州ポートランド出身
4歳でTV番組でチェリスト ヨーヨー・マを見て感激、これが音楽を志すきっかけになったそうです。
幼少の頃はギターを習っていた母親のレッスンについていっては、ピアノの下で聴いていたとか・・
ベースに出会う前はオーボエ、クラリネット、バイオリン、チェロもこなし、14歳でその独特の形と音に共鳴し
ダブルベースを始めます。
「朝起きたらそこに相棒がいた、って感じ・・」
この楽器との出会いをこんなふうに語るエスぺランサ。14歳の少女とこの大きな楽器はごく自然に惹き合ったようです。
15~16歳の頃には、ローカルバンドのために曲や歌詞を書き、創作活動への意欲も自然と演奏活動へと転じていきます。
詩やメロディーの理解や感情をどう表現するか責任をもつこと・・など人に歌を届けることに明確な意識を持ち始めたのもこの頃でした。
飛び級で16歳で高校を卒業、音楽特待生としてポートランド州立大学に入学しますが、教授陣にその才能を認められ
バークリー音楽大学への転入を薦められます。
もちろん成績優秀者の奨学金を得て入学することになりますが、ボストンへの航空費とわずかな余剰金は地元のライブで集めたとか・・
このバークリー時代、生活は決して楽ではなく、最寄駅より2マイルも離れた下宿から華奢な体でウッドベースをかついで
通う日々、音楽の道をあきらめ政治学への転向を考えたこともあったそうです。
そんな時エスぺランサの才能を見出したのはパットメセニーでした。
その後は非凡な才能に各方面より認められ、飛び級で早々とバークリーを卒業、弱冠20歳にして最年少講師に迎えられます。パティーオースティン、スタンリークラーク、フォープレイ、ジョーロバーノ・・多くの大御所ミュージシャンと共演
ボーカリスト、ベーシスト、コンポーザー、バンドリーダー、その才能をあますところなく発揮しています。
前フリはこれぐらいにして、歌と演奏をお聴きいただきましょう!
あっ、その前にメセニーの言葉を・・
「彼女はこれまでに出会ってきたミュージシャン達の誰とも似ていない。
 彼女のユニークさは、あの素晴らしい演奏スキルに裏づけされたものだと思うよ。
 つまり、彼女は自分の中にある感情、ヴィジョン、エネルギーを表現する類まれなる才能があるということだね・・」
では、どうぞ!
 (Click!) 
Img_e17974a951f307fce0b8fc3abd4ce8d96e651c65
つうこ
Img_04db9ee21a873d0d1c93b1b223394217667863d6
昨日は南向きの電車に乗って高校時代の同窓生たちとの食事会に行ってきました。
その中に先週の日曜日「奈良マラソン」に出場して42.195kmを完走してきたというツワモノの女性がいました。
彼女は私が高校へ入って一番最初にトモダチになった人ですが昔も今も体育会系イメージは全くナシ・・・
見かけは全く「ツワモノ」ではありません。どちらかというと「シンドイことはできるだけしない」人かと思っていました。
主婦になってからはテニスに目覚め週に4~5日はコートへ通うと聞いた時もちょっと意外な感じがしたのですが
「それがまたナゼ?フルマラソンまでいくかなぁ??」と聞いてみると
「テニスは面白いけれど試合に出たところで勝ったぁ・負けたぁ、、それだけやん。
 マラソン走ると『自分だけで成し遂げた』っていうのが自分の中に残る」と答えてくれました。
「自分の中に残る」という表現がとてもいいなぁ*(^-^)*と思いました。
だからって「ワタシもマラソンしょ!」とは絶対に思いませんが・・・
16歳で出会った私達が、信じられないくらい長い年月(笑)をそれぞれに過ごしてきて、
年齢だけ聞けば十分オトナになった今もなお「自分とは何ぞや?」「ワタシってどうよ?」と追い求めている・・・
「一生追い求める」のだろうか?それとも色々な経験知を積んでそろそろ「自分を完成させる時期」なのかなぁ?
帰りの電車の中で「私から見ればすっかり完璧に完成した人(同窓生のひとり)」の隣で考えてみましたがヤヤコシくて
わからなくなったので「自分の中に残る」ことはいいことだ!とだけインプットしました (^-^;
今日の写真↑は、東京の同窓生がお土産にくれた「浅草名物満願堂の芋きん」です。
たいへんおいしゅうございました!ありがとう(^-^)/~~ さっすが、グルメ~♪

HIRO
Img_2086379fe95ba568f75952a0c5cb4dc7c7b28173
ちょうど1週間前になりますが、7日姫路のライブハウス「Layla」に行ってきました。
中央の SAX奏者はあの T-Squareのフロントを務めていた宮崎隆睦さん。
実は「Layla」は宮崎さんが学生時代にセッションに頻繁に来られていた店、ここでは「宮崎クン」でおなじみです。
懐かしい「あの頃」を知る人も、「憧れの宮崎さんのプレイを!」と訪れた若いファン達も興奮の熱いライブでした。
宮崎隆睦さんの経歴を紹介しましょう。
神戸市須磨出身。13才よりSAXを始め、16才で地元のジャズクラブで活動を開始。
甲南大学卒業後渡米、バークリ音楽院に留学。在学中、ナタリーコールやナットアダレイと共演。
NYでT-Squareと出会い帰国後親交を深め、1998年に T-Squareに参加。
その後 ボズスキャッグスの日本ツアーや織田裕二、古内東子、徳永英明等のツアーに参加。
2000年にT-Square脱退後は様々なセッション、レコーディング等に参加する一方、講師、クリニック等
後進の育成にも携わっておられます。

思えば20年前・・すでに「持っている若者(笑)」宮崎君は、神戸、大阪、姫路のセッション、ジャズコンテストでは
話題の中心人物。関西のプロミュージシャンにも認められ、愛好家達のセッションでもひっぱりだこでした。
音よし、リズムよし、卓越した技量、音楽性・・誰からも好かれる好青年がさらなる飛躍を求めてバークリーに旅立った時
すでに「持っているもの」をどう進化させてくれるのか・・誰もが再びその音を聴くのを心待ちにしていました。
帰国後、1996年企画したコンサートに参加してもらい、T-Square参加の際にChicken Gerorgeで演奏を聴いて以来の
ライブでしたが、やはり私は日本人では宮崎君のアルトサックスが一番好きです。
かげりのないストレートな音と、納得のフレージングはやはり音になった瞬間に「聴きたかった音」となり
深く心に刻まれます。先日から同じような言い回しばかりですが、要は宮崎さんの音楽、saxの大ファンなのです(笑)
今回のセッションメンバー、呉服隆一さん(p),笹井BJ克彦さん(b)、吉川弾さん(ds)の上にのって
オリジナル、アレンジ曲を伸びやかに歌い上げる宮崎さんのブロウから、音楽のルーツや求める方向性を垣間見ることができました。もちろんジャズもバリバリなのですが、スティーリーダンとか昔よく聴いてはりましたね・・そのあたりのミュージシャンやエリックマリエンサル等フュージョン系サックスのお好きな方、是非宮崎隆睦さんをチェックしてみてくださいね。

素晴らしい演奏を披露された宮崎さん、実はこのあくる日からは、村井秀清さん、須藤満さん、大槻カルタ英宣さんらとのツアーに参加されました。バークリー時代の先輩村井さん、元T-Squareつながりの須藤さんとはよく共演されていますがこの度は村井さんの新譜「In the air In the water」の発売記念ツアーです。
確か今日は須藤さんの誕生日!須藤さん、おめでとうございます!!さぞかし盛り上がったことでしょうね!
そこで、ひとつミミヨリなお知らせがあります。
昨年末、「秀景満」のライブや平井さんのCD、DVDをこのHPでも紹介させていただいたのですが・・
今年も、年末「秀景満」が神戸にこのトリオならではの熱い音と興奮を届けてくださいます♪
詳細はコチラ↓
 
       『2010 歳末・秀景満』
村井秀清(pf) 須藤 満(b)  平井 景(ds)
12月29日(水)神戸元町 萬屋宗兵衛  tel:078-332-1963
  開場 18:30 開演 19:30
一般     / 予約¥3,800  当日¥4,300
中・高・大学生 / 予約・当日  ¥2,500 (要学生証提示)
小学生     / 予約・当日 ¥1,500

ご予約はこちらのHP メールフォームでもお受けいたします。
今年の締めくくりライブは「秀景満」で!!
年末の仕事は早めに済ませ・・たとえまだでも残り2日で何とかなります、なんとかしましょう!(笑)
皆様のお越しをお待ちしていますm(__)m
Img_6de778f98433cea2ccadbfa472ab625764c5ab6f
つうこ
Img_251d687b4bf31839a00db0eb9187311caeb9dc6c
「ココカラ展」が終わって早くも1週間がたちました。
「ココカラ展」では、やっぱりモチロン私も『また』あらんちゃんバッグを買ってしまいました。
わが家のスチールラックには「IGELKOTT大阪支店」か・・というくらいIGELKOTTバッグがS字フックにかかっています。
が、見ると欲しくなる・・・私を含め女性はバッグが好きです。特に関西の女性は大の「袋モノ好き」です❤
今回も、初めは「いわゆるIGELKOTTパターン」の冬バージョンや柄違いに惹かれていたのですが
目をつけていたコたちが次々と嫁いでいく中・・・
最終的に「絶対このコ」と思ったのは↑あらんちゃんニューチャレンジのトートバッグでした。
ブログで見た時には「色合わせがオシャレ~♪」と思ったのですが、実物を見て生地の質感に惚れました。
あらんちゃんいわく「帆布に洗いをかけてわざとちょっとヴィンテージの風合いを出した生地にコダワリ」なのだそうです。
よくあるトートバッグのピーン・パリッとした手触りよりもしなやかで柔らか・・・
まさにちょっとヴィンテージ入ってクタッとしたワタシにピッタリ!! もとい、、、「大人のオンナなトートバッグ」です。。。
外側ポケットの色がカラフルな物も可愛いかったのですが、持ってみるとシックリくる・こないがハッキリします。
あらんちゃんと二人であーだこーだ言いながら全部の色を持ってみて私にシックリきたのは↑このコでした。
Img_b76ee2ed1c71b9b038c9775ac0184a5aa17f007c
Img_7dbd5f3a87fec83bc94897d4b2c42ca09508fde3
← 内側のポケットの色が持ち手と同じ挿し色です。
生地や大きさ、デザインはあらんちゃんの手によるものですが
縫製は帆布を得意とする「アトリエ南西」さんという所へ
お願いしているそうです。
すごくキッチリとしたキレイな縫製です。
巾着型のインバッグも実用上スグレモノな上に
インバッグがついていると「オンナらしく」見えます。
容量も見た目よりずっとたくさんのモノが入ります。
メチャメチャ気に入っています❤ オススメです!
←そしてやっぱり「見ると欲しくなる」美季ちゃんのフェルト。カワイイ。。
美季ちゃんのターコイズブルーは絶対ゲットしようと思っていました。
ある人に見てもらったらターコイズブルーは私のラッキーカラーだそうです。
合わせてある毛糸の色も全部好きな色*(^-^)*
美季ちゃん新作の型の携帯電話ケースで、裏にフックが付いていて
ベルトやベルトループに吊り下げられるようになっています。
携帯電話用ですが 私のデジカメがピッタリと納まりました。
いつも「あ!写真!」と思いついては鞄の中を急いでガサガサしていましたが
これからはカメラも腰につけておくことにします。
思い出とともにモノも増えた「ココカラ展」でした。

HIRO
Img_804969cb10ff866ff64b582d6e93bd3c3eb92db9
小澤征爾さんが復活の指揮をとられました! 嬉しいニュースです。
ちょうど1年前の12月15日に私は大阪シンフォニーホールで小澤さんの「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」を聴いたのに
その1ヶ月後には「食道がんの手術をうけます、夏の松本には戻ります。みなさん人間ドックは受けたほうがいいですよ」と
言い残して休養生活に入られたマエストロ。
夏の松本の音楽祭に姿を現したものの10分と立っていることもできない痛々しい姿・・・心配しました。
それが1年後の12月15日、ニューヨークのカーネギーホールでサイトウキネンオーケストラによる
「ブラームス:交響曲第1番」を40分間みごとに指揮されました。
「命を削ってでもニューヨークへは行く」と言っておられたそうですが、
1年前見た小澤さんと変わらぬ体中から命があふれだすような指揮・・テレビで見ていても感動しました。
小澤さん、決して命を削るようなことはなさらないでください・・・
小澤さんのような方は1年でも1日でも長生きをされて世界中の人に「本当の音楽の喜び」を届けてくださいますように❤

そして今日は世界のオザワほどbig nameではないですが やはり体中から音楽を届けてくれる人たち
Stable NotesによるVerdan' Gardenでのクリスマスライブです(^-^)/
夜なのでドラムの廣野さんヌキというのは少し寂しいけれど・・・しっとりムーディーなStable Notesもいいですよ♪
ゆうさんのお料理も楽しみ!ayamiちゃんのスイーツも楽しみ楽しみ!!
その上 VGセレクトのおいし~ワインも飲み放題♡ ワインセラーを空にするぞー!!(嬉々)
ところで 今日はライブなので今頃はりきっているであろうつうこさん
「健康診断?10月のライブが終われば受けますとも・・・」と言っていたけれど、受けた???
今年の宿題やりのこしていませんか?
あなたが敬愛するオザワセイジさんも「人間ドックは受けましょう」と今日のインタビューでも言っておられましたよ!!!

HIRO
Img_745e49a61541652c86fdd37cca8d3368f748e647
昨日は本当に寒かったですね。冷える、寒波到来、・・と叫ばれていたので、寒さ対策は万全に!
いつものカイロに加え、手首にも足首にもウォーマーを装着してヴァーデンガーデンにでかけました。
あの寒さの中、ガーデン前のテニスコートではナイターでテニスをしておられる方も・・
好きなことに熱中してしまえば寒さも関係ないのでしょうね。
こちらは暖かい室内、お世話になった皆様が笑顔でお食事をされている中、心も温かくライヴを終了できました。
皆様の笑顔は、ゆうの腕よりディナーとayamiちゃんのスウィーツのおかげ
誉田さん始めガーデンのスタッフのチームワーク、コース料理でお客様に視覚、味覚のステージを堪能していただく中、
私達音楽隊Little Stable Notesは皆様のお耳を拝借、素敵なゲストボーカルを向かえての熱いライブ♪
お楽しみいただけましたでしょうか・・
お料理メニューと写真は残念ながらありませんが、楽隊ピットから「美味しそう❤・・」と眺めておりました。
こちらからは演奏曲メニューをお伝えしましょう♪
The 1st Stage
1. A Nightingale sang in Berklee Square
2. Fly me to the moon
3. Like someone in love (vocal)
4. You can have me any time (vocal)
5. Just the way you are (vocal)
6. Christmas song (vocal)
7. All the things you are
The 2nd Stage
1. Feast
2. Body and soul (featuring bass)
3. Hanamizuki (vocal)
4. The first Noel(vocal duet)
5. Walnut Sucre
6. Blessing
7. Touched by the fiery eyes
8. Wreath

この度は10月ライヴにはアクシデントの為来れなかった出宮寛之クンのベースと共演
お客様ももちろんですが、演奏側も興奮、非常に盛り上がりました。やはりいいですよね、出宮クン!
クール、ブレない、太い音で支えながらしっかり音楽の方向をひっぱりつつ、フロントのプレイに積極的に攻めるプレイ
そんな彼と共演でき貴重なライブとなりました。
ジャズはもちろん8ビートやファンクまでカバーするレンジの広さが彼の持ち味。
ベースをフィーチャーしたBody and Soulでは歌心たっぷりのベースを聴くことができました。
今後も出宮君の活動を紹介しますので、皆様ご注目くださいね♪
お腹の底から歌いきる、楽器を鳴らしきる、が信条のリーダー東川さんは冬も変わらず熱いブロウ、お疲れ様でした♪
そして素敵なボーカルを披露してくれたAtsuko、思いっきり声を出し生の楽器とコラボする楽しさが見えたようで
何よりでしたね。このユニットはこうです(笑)互いの生音、原点でこれからも思いっきり音楽しましょう♪
そしてフロアでお手伝いをしていたスタッフ、フランス人セバスチャンがサプライズゲストとしてボーカルを披露
温厚なお人柄そのままの、しっとりとした歌声で「ハナミズキ」を歌ってくれました。ありがとう!
さらにサプライズは、この日9歳の誕生日を迎えたかわいい男の子にフランス語で「Happy Birthday」を・・
その後英語で全員の歌に続き、ayamiちゃんからクッキー、樹くんからも絵のプレゼント
みんなに祝福されたお子様は、以前Photo Galleryで紹介したMさんの息子さんです。「Happy Birthday」にあわせて
少しハニカミながらもリズムをとってらした姿がとても可愛らしく印象的でした♪
ケイスケ君、おめでとう!お姉さんのハルカちゃんやお父さんと一緒に是非又ライブに来てくださいね♪
こんな楽しいディナーライブも閉会は10時前、笑顔いっぱいの皆様をお送りし無事終了することができました。
寒い中お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様の笑顔とともに音楽できたとても幸せな時間でした❤
チームヴァーデンガーデンの皆様、本当にお世話になりました。心から感謝ですm(__)mm(__)m
この度のライブは限られた人数のお客様との会になりましたが、たとえその場にお越しいただけなくても
熱い応援をいただいた皆様、ライブ、CDを通しStable Notesの音をシェアいただいた皆様
温かい支援にこの場をかりまして心より御礼申し上げます。ありがとうございましたm(__)m

つうこ
Img_ed8bf304c9a8a79aa5bc5130c2014fbf4fcf075e
Img_9c1ae37215ea7f3d36cbadda031525f213b5f31d
Img_590188291eea2c61240348e6ea7eba5a77c39c21
Img_f3f12ae9654131636da5d4fb4e582635309b8e4f
昨日のDiary↓で「おいしそう!」と紹介されていたゆうさんのお料理、本当に美味しかったです!↑
温かくて優しくて美味しくて・・ 無口なゆうさんの「気持ち」がいっぱいつまったお料理はいつもいつも私達を幸せにします。
ゆうさん、アリガト❤  ayamiちゃんのスイーツも、どれもこれも美味しかった*(^-^)*
ayamiちゃんはフランスで腕を磨いて、また美味しいモノを食べさせてくださいね!楽しみに待っています!
Img_c0af80b7c97d9ecf827ef3acffcdb636b5fe1c7d
そしてStable Notes!! ノリノリで演奏中♪ こちら、オーディエンス側もノリノリでした(^-^)♪
この「トリオ」でのセッションは初めてですが、メチャメチャ息ピッタリ!ぜひ、また機会があったら聴きたいです。
Img_ec946214728f2a2cd1f0b1c270e8dc1880cbc9b8
そしてVerdan' Gardenをいきなり「パリ」のcafeに変えたこの男性(ひと)セバスチャンです。なんてホリが深い・・・

パリの香りもかぎつつ、美味しいお料理と上質な音楽・・・ 至福のひと晩でありました♡

HIRO
Img_a42a2df1fa864aada3f1181d3557f290edd34f4e
今日の画像の作品は・・そうです!皆様ご存じ『A Nightingale sang in Berklee Square』
ココカラ展の3人の作家さんのコラボ作品です。11月2日のdiary「プレゼン」に登場していたので
ご記憶の方も多いと思います。
「ああ・・コレがアレね・・素敵❤」と会場でご覧になった多くの方々のハートを射とめたそうです。
アランちゃんの花器はSquare、空から降りてきた星達は美季ちゃんのフェルト・・
寄り添うバラ達とカーネーション、アジサイが優しく語りあう、そんなしっとりとしたロマンチックな作品です。
ハート❤をピッと押すとNigtingaleが啼きます。なワケないやろ!と思われましたね(笑)
いいんです、私の中では啼いています(笑)
でも、twigには時折パープルの露がキラリと光り、Squareはバラの薫りがほのかに・・これは本当ですよ!(笑)
コラボ作品をじっくり見てみると、いかに作家さん3人、それぞれが扱う素材は全く違うのに
感性が繋がっているか実感します。
最終的なコーディネートは、もちろんフローリストのHIROさんに委ねられているわけですが
花器を作っているアランちゃん、フェルトを作っている美季ちゃんお二人の期待と信頼の気持ちが伝わってきます。
出来上がった作品を見て、お二人も大満足、笑顔で見つめられたことでしょうね・・
そんな多くの方々の笑顔を集めた作品が、今私の手元にあります。
申し遅れました、ワタクシget致しました!A Nightingale sang in Berklee Square!
皆様、ありがとうございます!実はこの作品をここに届けてくださったのは他ならぬ皆様です!
実はコラボ展に行って、いえ、行く前から「絶対、コラボ作品はgetしよう」と心に決めていました。
素敵な曲のタイトルがついているならなおさら♪半ば里親になる覚悟で出かけていったのはいいのですが・・
いざ、面会すると迷う迷う・・メセニーもナタリーコールもジョンレノンもナイチンゲール・・一つに絞るなんて・・
結局決めきれず、この作品を愛してくださる皆様と想いを共有しよう、皆様に先に選んでもらって、
私は残った作品の中から選ぶことに・・作家さん達とそんな密約をかわし、会場を後にしました。
そしてコラボ展後、この作品を選ばせてもらい、先日ガーデンでHIROから受け取りました。
作家さん達が繋がった作品は、皆様ともつながり、今こうしてここにあります。
あらためて、皆様ありがとうございますm(__)m
えーっと・・金曜以降にコラボ展にいらした皆様、「無言のバリヤー」「お願い残しておいてオーラ」を感じられたとか・・
そんなことないですよね~(笑)

つうこ
Img_61302598c274a24006207312f0f7267e6470024e
深夜ひとりで高速道路を高速でとばしていました。少し眠たかったのでSAで小休止。
最近はSAにもスターバックスが進出しているのですね・・・ 街中と同じ香りがしてちょっとホッとします。
「本日のコーヒー:クリスマスブレンド」を飲みながら「月がキレイ~」と眺めていたら・・・
どこからか1匹のネコくんが現われて、私とバッチリ視線が合いました。。。
「ネコ派」のつうことは逆で、、、「イヌ派」の私は実はちょっとネコが苦手です。
Verdan' Gardenにも何匹かネコがいて、まだ私がVGに出入りして間もない頃 勢揃いしたネコさんに取り囲まれました。
ジロジロ見ながらグルグルと私の周りを回るネコさんたちの真ん中で少し固まって
「ワタシ犬語はわかるけれどネコとは話せないんだよね・・・ネコってすごーく人を値踏みするやん」と言うと
ゆうさんはケラケラ笑っていたっけ・・・
話しは戻って スターバックスのネコです。。。
目と目をしばらく合わせたまま「視線を外したら負けだ!」と思ってネコくんを見つめていたら・・・

Img_9ace55c360ad5ce3deb121ebbfa416585e93ed7c
ネコくん何のためらいもなくスゥと私に寄って来てスリスリ~スリスリ~
気持ちよさそうに目をつぶってはスリスリ~スリスリ~・・・
え?私一目惚れされた・・・???
そんないきなり親しげに・・・ メチャ積極的・・・
相手がニンゲンだったらエラいことやった・・・と
引き続きハンドルを握りながら「やっぱりネコはようわからん・・」と
思った私でした。。。

HIRO
Img_5b135ca8e6bf13e64d142a40e0ab42f695a6cb34
先日IGELKOTTのブログを読んでいたら
あらんちゃんが「園芸とかガーデニング・・できるだけしたくない」と
書いていて ちょっとウケてしまいました。
ある部分では「アホほどちまちま」するくせに
めんどくさがるポイントが一緒・・・ 似てる・・・って (^-^;
でも私はなんたって「VOICE OF PLANTS」の一員なのですから
「土いじりは苦手だ~」なんて大きな声では言えません。(言ってる・・)
いえいえ、、、やむをえず入った園芸部とはいえ、
相手は生きているのでちゃんとやっています。
← ちゅん、安心して! ハボタン元気です*(^-^)*
(勝手にネーミングされて不本意な?)「オドリカナタニ」
今年は背丈が伸びるのが早くて日々グングン伸びていきます。
春までにどこまで伸びるつもりなのでしょうか。。。
黄色くなった下葉を取るのも、パンジーの花殻つみもマジメにやってます。

最近園芸に対して少しだけ意欲的になったワタシ、今年の秋いきなり「クリスマスローズを育てよう!」と思いたちました。
これはあきらかにVerdan' Gardenゆうさんの影響です。
別にゆうさんに「クリスマスローズを植えてみたら」と勧められたわけでもなく
ゆうさんが「クリスマスローズの魅力」について私に語ったわけでもなく・・・
ただ、何年もVerdan' Gardenに通って春夏秋冬・庭の写真を撮らせてもらっているうちに
他の花がすべて終わる寒いクリスマス頃のこの季節から、他の花たちがまた百花繚乱の彩りを見せる春までの間
静かに・密やかに・なのに艶やかに咲くクリスマスローズのこと大好きになっていました。
ゆうさんが花にこめた無言のメッセージ、受け取ってしまいました・・・
で、「思い立ったらスグ」の私は自分が土いじりが苦手なのも忘れてクリスマスローズの苗を購入。
今年は2種類、ちゃんと育てることができたら少しづつ種類を増やしていけたらいいな。
苗の説明書きには「花をつけるのに1~2年かかります」とあったのに
ココカラ展が終わる頃、1つの株が蕾をつけました!
私が(そしてゆうさんが)大好きな純白の花が咲くハズです。
楽しみ・楽しみ ***(^-^)***
「園芸」の醍醐味、ココにあり!
何の写真だかわかりづらいですが、蕾の写真です。
この蕾、何だか口をパクパク開いて喋り出しそうな顔しています。

HIRO
Img_4ab8b4f86b83bb90ff29f51563069632b1f34da5
Img_21ebe9aeb5b3bf738ff8c3626874be8b330bb34e
先週16日、HIROのdiary「Good News」で小澤征爾さんがカーネギーホールでサイトウキネンオーケストラを
ふられたことがとりあげられていました。世界中のファンがこの知らせを喜び大きな力を得たことでしょう。
ちょうど同じ頃、もうひとつの嬉しい報せが届きました。
13日のニュースでもとりあげられていたので、ご覧になったかたもおられるでしょうね。
以前「姫路音楽祭」のお知らせでも紹介した、ヴァイオリニスト 樫本大進さん、ベルリンフィルの
正式なコンサートマスターとしての就任が決定しました。
この画像では1プルトインで演奏しておられますが、これからはアウトで弾かれることになります。
内定が決まってからの試用期間は2年とされていますが、樫本さんの場合は1年3カ月という異例の早期決定。
日本でツアー中の10日、指揮者と団員全員による投票そして決定の報せをうけ、記者会見をされた樫本さん、
指揮者サイモン・ラトルからもその音楽性と人間性に絶大なる支持を受け、仲間の団員たちからも、祝福メールがつぎつぎと届く中、大きな喜びと新たな船出への意気込みを語っておられました。
「コンサートマスターとして演奏することは、ソリストとは全く異なった音楽の作り方、考え方が必要。
ある時は指揮者の右手でもあり、楽器でもあり、時々奴隷でもあり、またオーケストラの奴隷でもある(笑)色々な方向から音楽が見えることが魅力・・」
以前、安永さんが就任された時には、東洋人が世界最高峰のオーケストラのコンサートマスターに迎えられたこと自体が
大きな話題を呼びました。
この度は、そのオケをバックにソリストをつとめるヴァイオリニストがコンマスの位置に座られることも注目されています。
長年ご自身の憧れだったオーケストラ「ベルリンフィルの音」を失わないで受け継いでいきたいと言われる樫本さん、
委ねられたポストで、存分に力を発揮し私達に素晴らしい音を届けてくださることでしょう。
就任後最初のコンサートは、12月29、30、31日のジルべスタコンサート
樫本さんご自身も運命的・・と言っておられましたが、指揮者は当初は小澤征爾さんが決まっていました。
もし実現すれば、世界一のオケを振るマエストロとそのタクトに応えオケをまとめる樫本さんの姿を見れたのでしょうが、
この度は代役の指揮者グスタボ・ドゥダメルのタクトによる演奏となります。
以前ベネズエラのシモンボリバリユースオーケストラを紹介した際にもこの若き天才指揮者のことはお伝えしましたね。
指揮台にベルリンフィルのメンバーが育ててきたベネズエラのドゥダメル、コンマスには世界的に活躍する
日本人ヴァイオリニスト、伝統の音がどう生まれ変わるのか、とても楽しみです。
放送予定は分かり次第お伝えします。皆様どうぞご注目ください !
ベルリンフィル、デジタルコンサートホールはコチラ  (Click!) 
トップページのプレイをクリックしていただくだけで、ものの1分で、心洗われます!(笑)

つうこ
「ココカラ展」が終わってからようやくちょっとテレビを見たりする時間もできました。
CMソング、軒並みクリスマスバージョンになっていますね。
アフラックの猫とアヒルやペプシの宇多田ヒカルちゃん・・・
私のお気に入りは「au 土屋アンナちゃんのクリスマスソング」です。
どんなのか知らない人、コチラです→ (Click!) 
『鶴瓶もビックリ!!』のロックなアンナちゃんも好きでしたが
クリスマスソングを歌うアンナちゃんは「勇気を出して❤」と背中を押す
優しいママの表情。でもあいかわらず目力は強い・・・

Img_ad7e51f898c3a4bda052302637c5e647bbd84bfd
あの強い目力で言われたら、「メールで・・・」なんて告白している場合ではない。。。
「1・2の3で電話して」直接言うべき! 私もその方がいいと思います!!(誰に言ってるねん・・・)
私が「クリスマスだから心臓がドキドキ♡した頃」にはケータイなんてなかった・・・
好きな人に電話したいと思っても、「家族じゃなくて本人が出て!」って別の意味でドキドキしたもんだ・・
そんなドキドキ、いまどきのコドモは知らないだろう・・・
あ~、でも「勇気を出して大好き」って言ってみて「ごめんなさい」と言われたら冬休みもお正月も暗いよね(^-^;
やっぱドキドキかぁ・・・ 明日勇気を出してみようと思っているすべての人、健闘を祈る(^-')b
この短いCMをニヤニヤ笑いながら見ている私はそんなことを思っているのでありました。
メリークリスマス (=^・^=)☆★☆★☆

HIRO
Img_76763add3edeebf41a6caec05d8a16c2b3338cc0
寒気の影響で、所によれば大雪、竜巻、雷など荒れた天気になるとのことです。関連地域の方、どうぞご注意くださいね。
画像のクリスマスツリーはカレンダーから拝借したものですが、この光に彩られたツリーを見てある木を思い出しました。
数年前の新聞の記事ですが、インドネシアの熱帯雨林、何万匹ものホタルで埋め尽くされた1本の大木・・
夜のジャングルでまばゆい光を放ち、まるで種の宝庫からの大切なメッセージを伝えているように思えました。
同時に季節はずれではありますが、やはりクリスマスツリーもイメージしました。
といいますのが、同じくホタルにライトアップされたクリスマスツリーを数日前に見たばかりだったので・・
どこで、そんな?ですよね。
NHK教育で夕方放送している「おじゃる丸」という番組です。
実は私はこの番組が大好きです。なるほど・・と納得されましたか、そうですか・・(笑)
平安朝妖精界の貴族の子、坂の上おじゃる丸が千年の時を超えやってきた現在の「月光町」
町の人々、動物、自然、色々なモノとの関わりを温かい目で描いた作品です。
なかには大人でないと分からないパロディがあったり、歌を詠んだり、時には深いテーマがあったり・・
その1話の中にこんな話が・・
月光町には、町のシンボルツリー、もみの木があり、クリスマスに向けてこの木に町のみんなでかざりつけをすることに・・
老人達も子供もみんな力をあわせて飾りつけをしている中「やんごとなき雅なお子様」おじゃる丸
「みな、しっかりのお~」と大好物のプリンを食べながらただ見ているだけ・・このあたりのものぐさなキャラもおじゃるらしいところです。
無事飾り付けが終わり、ライトアップを町じゅうの人が楽しみにしていたその夜・・
なんと季節はずれの雷で、月光町は停電、真っ暗になります。失望の声が飛び交う暗い町
そこでおじゃる丸は、電ボに何やらコソコソ耳ウチ・・
「電ボ」というのは代々坂ノ上家にお仕えするホタルの一族、その電ボ三十郎が、おじゃる丸の身の回りの世話をしながら、電書ボタル、メッセンジャーとして飛び回り秘書の役もこなすのです。
「わかりましたでございます~おじゃる様~」
飛び去った電ボはしばらくすると小さな小さな光の大群をひきつれて戻ってきます。
その光の大群が暗くなった月光町の、シンボルツリーに灯をともしました。
光輝くクリスマスツリーを皆が笑顔で眺め、めでたしめでたし・・
「やあ、ひさしぶり~○○さんのいとこのおじさん・・」
「元気でした?○○さんのはとこのおよめさんの・・」
電ボ一族が、こしょこしょそんな挨拶をかわす中、「ちとうるさいの~」そんなおじゃるの溜息で番組は閉じられます。
普段は、ものぐさ、やんごとなき・・とわがままをとおす「マロ」おじゃるが、本当に誰かの為になることをする時には
一言も言葉にださず、こっそりとその行為を行う・・まいりましたm(__)m
例によってクリスマスイブにも喰いつきどころのズレたいつもの私でしたが・・(笑)
この日に祈りをささげる人も、大切な人や家族と過ごす人も、ドキドキの打ち明けをする人も、
そんな特別な日に誰かの為に働く人達も・・みんなにとって素敵なクリスマスになりますように!!

つうこ
Img_833a9aecdfc2e744b895ad2d164ed1cc568920d6
今朝新聞を読んでいたら【いつもと違う朝を迎えたカップルもおられよう。
週末にクリスマスが重なったおかげでホテルの有名どころはホクホクらしい・・・】
読んでいたのはスポーツ新聞ではありません(^-^; クリスマスの朝の朝日新聞「天声人語」の書き出しです。
お堅いイメージの「天声人語」、こんなんええん?と朝から紙面にツッこんだ「いつもと同じ朝」を迎えたワタシ(笑)
イヴの昨晩は・・・
「This is it」を見て「マイケルはやはり天才エンターティナーだ!」と思い(別にマイケルファンではないけど)
小田和正さんの「クリスマスの約束」で山本潤子さんが歌う「冷たい雨」を思わず一緒に口づさむ・・という
「懐メロづくし」のクリスマスイヴでした。クリスマスイブのテレビというのは、「特に行くところがない」
「なのに夜更かしする元気はある」中高年が喜ぶように構成されているのでしょうか・・・
今晩は「松本人志のスベらない話」です。
「芸人」とバカにすることなかれ・・・ 出演者の話術はメチャメチャ素晴らしい!と思います。
限られた短い時間の中での起承転結。「それで?それで?」と続きをせがむほど惹きつけて、みごとなオチで大爆笑!
彼らは常に「面白いこと」にアンテナを張り巡らし、フツーのことをいかに面白く聴かせるか、研究を怠らないのでしょう。
ニンゲンはハタから見て正直に描写してしまえばかなり面白かったりするので、観察力も鋭いのかな・・・

クリスマスイヴに「おじゃる丸」を語ったり、クリスマスに「芸人」を語ったりしているVOPもかなりヘン・・・
そんなふうにVOPの2010年は暮れていきます。

HIRO


Img_9a77d8437247f4a12f34dfd9378f279bf6b3c0ea
さあ、クリスマスも済み、年末の「濃い」日々に突入です(笑)
かなり寒い日が続くようですから、皆様、お体にも充分ご注意くださいね。
クリスマスまでは、特別なお食事があったり、忘年会があったり・・「胃」も「心」も充実の時を過ごされてきたことでしょう。
あと1週間もすればお正月、再び、美味しい料理とお酒・・の日々がやってきます。
それまでにしばし、胃にも小休止のご提案を・・
なんて私が言うまでもなく、もうそれぞれご自身の体の管理はされているとは思います。
今日のタイトル「Dear Lunch」、あるプロジェクトの紹介です。
私の中学、高校と通った母校では 今はお休みにはいりましたが毎週火曜日のおひるはパンかおにぎり1個、
お弁当持参の人は半分の量に、と決められ、全校生徒と教職員がそれにしたがっています。
パン1個、おにぎり1つ、いえ、それも食べられない貧しい国の子供達を想い、自分達のおかれている状況の有難さを
認識することがまず一つ、そしてその質素な食事にしてういた分を寄付し学校に行けない子供たちを支援しているのです。
毎週一人あたり集めるお金は100円、全校生徒で2人の女の子を支援しているそうです。
育ち盛りでおなかもすくだろうけれど、笑顔でパンやおにぎりをほおばっている記事が以前新聞に載っていました。
このプロジェクトは、先生や学校側からの強制ではなく、今の生徒会が提案、全校生徒の同意により実行しているとか
私が学生の頃、「キリスト教の理念」[聖書のことば・教え」を「宗教」の時間に習ってはいたものの
いざ実践・・となると??自分のことしか見えていない日々を送っていたと思います。
それに比べて、もっとグルーバルな視野で環境とか世界のかかえている問題をとらえ、自分達にできることを
即、みんなで実行に移してしまう彼女達、今の子供達・・・こちらが教えられます・・
同じく、途上国の女の子が教育を受けられるように支援する募金をずっとアランちゃんは続けていますが
春のコラボ展で、皆様のお力を得て私も参加させていただくことができました。
皆様その節はご協力本当にありがとうございました。
あの後、義援金BOXはガーデンのレジ横に置かれていたのですが 何人かのお客様が入れてくださったようです。
そう・・続けることが大事ですよね。歳末には募金の機会もあるし、私も実行したいと思います。

つうこ
 
P.S. 画像は今年たった1輪咲いたピエール・℃・ロンサールです。今年休憩した分来年は頑張ってもらいますね!(笑)

Img_715a912cbc6eb00fec522399a3d3e1f68de5a309
クリスマスが終わったので トップページの写真をWinter versionに変えました。
すべての枝先に 丸くてトゲトゲの実をつけたこの木はマンサク科フウ属の「フウ」という巨木です。
通勤路の途中ににあるこの木越しに空を眺めるのが好きで、この1年すいぶんたくさん写真を撮りました。
その一部をGallery(Fresh):Huuにupしていますのでよかったらご覧ください。
Top pageと↑上の写真は今年の1月・夕方月がのぼってくる時に撮った写真です。
今年いーっぱい撮った写真の中でも自分でかなり気に入っているものです。
「蒼」「月」「シルエット」の3点のツボが コレら ↓ の写真とかぶっているから・・・(笑)
Img_4981ed6647fd9e829d980af92afc6ee0d55b8419
Img_96d19f43154543a303caad3dc293ba2a9dadf1e5
冬のこの時期 夕方から夜に変わっていく時の深く蒼い空の色は本当にキレイです。
機会があれば見上げてくださいね。少し寒いけれど・・・

HIRO
Img_a469650c8b70cfdb002e0886505b6e01cf363974
小澤征爾さんの復活に引き続き、桑田佳祐さんも紅白歌合戦で復活されるようです。よかった。。
復活といえば フィギアスケート浅田真央選手、今期はジャンプのフォーム修正が間に合わず
これまでの試合かつてない不振に苦しんでいましたが日本選手権で早くも復活しました。よかった。。。
真央ちゃんは2位で優勝したのは安藤美姫選手。安藤選手もトリノオリンピックの頃はどん底・・・
私は「このコこれでやめちゃうんじゃないか・・」と思っていたのですが、
安藤選手ホンモノのアスリートに生まれ変わって見事な復活を果たしました。
男子高橋大輔選手も大ケガからの復活、この日本選手権は体調万全ではなくあちこち痛いところもあったようですが
魂のこもったステップは観客を魅了、黄色い声援に包まれていました。
浅田選手・安藤選手・高橋選手、いったんどん底に落ちて自力ではいあがってきた選手たちの演技には
本当に心を打たれました。若いのに凄いなぁ、偉いなぁ、強いなぁ・・・と。いや、若いからかな?
話しのスケールはいきなり小さくなるのですが、クリスマスの25日老人ホームに入居している叔母に会いにいきました。
認知症と診断されて5年余り・・・突飛もないことばかり言っていたかと思うと急に真顔になって
「私はここを出て誰かに助けてもらいながら自力で暮らそうと思う。そして働いて社会の役にたちたい」と言いました。
現状では生きていても何の役にもたっていない、、という自分の中の不服を出てこない言葉でもどかしく語る叔母。
役にたっていないことなんてないよ・・・あなたがそう言って聞かせてくれることはとても私の役にたっている。
相手が私じゃちっちゃすぎて、もっと大きな役にたちたいと思うかもしれないけれど・・・

人は生きている限り自分が生きる意味を問い続ける。
老いも若きも。たくさんの人から注目されている人もそうでない人も・・・
来年は自分のことばかりではなく、ちゃんと耳をすまそう。
話しを聞くことで少しだけでもその人の役にたつのならじっくりゆっくり話しを聞こう。
そして誰かの小さな心の復活を見届けよう。。。
そんなことを想う年末です。

HIRO


Img_a1f9c8174d2dbfc53133429ee192cc19ea8b14df
花を始めてからはお正月わが家の玄関には〆縄ではなく、お正月リースを掛けています。
今年はよそのお正月飾りばかり作っていて自分ちの玄関飾りを作るのをすっかり忘れていました。
先日つうこに「今年最後の作品です」と手紙を添えてお正月アレンジを送り、作業場の大掃除をしたのに・・
店先で山積みの〆縄を見て思いだし、急いでガサガサとグルーガンを取り出してリースを作りました。制作時間20分。
今年マイブーム美季ちゃんのフェルト玉をポポーンと飛ばしたらウサギ年らしく可愛いリースになりました。

さて、このDiaryを開けて「なんだ今日もHIROか↓」と思われたつうこさんファンの皆さん
予告してしまうと、年内は私が当番なのでつうこさんはしばらく登場しません。ゴメンナサイ!
なにしろ過酷な冬期講習中のつうこさんはヘロヘ~ロ(*-*♪なので・・・
でも絶対年内につうこさんに会いたい人は今晩神戸元町のライブハウス萬屋宗兵衛へ行ってくださいね!
つうこさんは「秀景満」のライブ、受付でお手伝いしています。18:30開場の19:30開演です。
つうこさんに会える上、いいライブまで聴けてしまう♪ 今年最後のチャンスです。
私もそこへ行く予定だったのですが、ちょっとヤボ用が・・・
その頃ワタシは近所のおじいちゃんたちと一緒に「火のヨージン!カチカチ☆」って夜回りです(>.<)))
イケメンユニットの爽やかライブ聴きそこなった・・・ 残念 ;;;;;

HIRO
Img_c8199858a5e6b3990ba18a3ceb1fbcb6e534a843
新聞やテレビでは盛んに「2010年をふりかえる」特集が取り上げられていますが、私個人的に2010年を振り返ると
何と言っても4月の「ちまちま展」と12月の「ココカラ展」ができたことがとても幸せでした。
作品展前は それなりに時間と体力・アタマも気ぃも(これでも)使って本当に2kgは痩せるのですが
それ以上に得る物(それが何なのか口では説明できない)が大きくて、最終日には次のことを考えたりします・・・
ちまちま展では つむじ風(あらんちゃん&ワタシ)に巻き込まれた美季ちゃん・ゆうさん・ayamiちゃんにまで
タイヘンな思いをさせました。おつかれさまm(_ _)m
普段絶対にネをあげないゆうさんが後になって「ありゃーシンドかった・・」というのだからよっぽどやったね。。。
後々語り草になるような「がんばった思い出」ができてよかったね・・(^-^;
あ、、、つうこも昼夜問わず24時間稼働のクッキー工房、フラフラでした ;;;;;;; おつかれさまm(_ _)m
でも つうこの方から「ワタシも入れて!」って決意の上の参加だったからね・・皆が喜んでくださってよかったね♡
ココカラ展は「広いギャラリー、おもいっきり作るぞー!」というまた違う気合いが入り
たくさんの作品を作る機会を与えられたことがとても嬉しかったです。(もっと大きいのも作ればよかった・・)
そして それを皆さんが見に来てくださったこと・会いに来てくださったこと本当にありがたかったです。
たくさんの人に見届けていただいたので、次は「ココカラ」どうなったのかを見せなければなりません。がんばります!
頼まれてもいないし、やらなければならないことでもないのですが・・がんばりたいからがんばります!(笑)
頼まれてもいないし、やらなければならないことでもないのに、がんばって今年もたくさん曲を作ったSTABLE NOTES♪
「On The HORIZON」ニューアルバムですが間もなくもう2年、「ニュー」じゃなくなってしまいます。
そろそろ次考えましょっか・・・*(^-^)*

HIRO


Img_7b7916e725471d1c1e901a55f03a17038423f082
皆さんへ
今年も一年間 いろいろたくさんありがとうございました!
アッと言う間に過ぎた とても早い1年でしたが、1日1日を大切に過ごせた1年だったと思えます。
それは日に1度はこのVOICE OF PLANTSの部室へ来て、今日撮った植物や空の写真を眺めたり
みなさんの置手紙を読んではニッコリする時間を持てたからだと思います。
今日を思う、明日を想う・・・自分を思う、誰かを想う・・・
ささやかな場所ではありますが、今度はVOPがみなさんの基地になれますように!
来年も、よろしくお願いいたします ♡(^-^)♡