Img20100401143957
「ちまちま展」の看板の全景です。
昨年に引き続き、IGELKOTTのあらんちゃんと「何かひとつ一緒に」と作ったモノですが
今年は、ふたりとも より一層気合いを入れて作りました !!!
というのは、実は「気に入ってくださった方にお買い上げいただこう!」という魂胆だからです。
IGELKOTTのホームページ (Click!) をくまなく読んでおられる方ならご存知かと思うのですが・・・
あらんちゃんがバッグを作る際にハギレが出て、それを欲しい方に持って帰ってもらう、
そのかわり横のboxに「お志」を入れてもらい、ある程度まとまったら発展途上国の「女の子」を
支援する団体に寄付する・・・という「ちまちまチャリティー」をあらんちゃんはしています。
あらん&HIROがコラボで作った作品もどなたか買ってくださるなら
その収益金を寄付の足しにしよう!という話になりました。
「看板」という割には文字が小さいのはそんなワケで・・・
そして、お値段は皆さんにつけてもらおうということで、、、オークションです!生意気にも(笑)
期間中、この看板は会場に展示して横に用紙を置いておきます。
「○○円なら買ってもいいナ」と思ってくださる方は、○○円とご連絡先を書いてboxに入れてください。
期間終了後、boxを開けて一番高いお値段を付けてくださった方に作品をお送りします。。。
この、企画をゆうさんに話したら「いろんなこと考えるんだね~」と笑われました。
どこまでもチョーシに乗るふたり・・・「もしかしたら会場へは来られないけれど欲しい人もいるかも~」
と、ネットでも入札受付することにしました(笑)
「行けないけれど、これ欲しい・・・」と思ってくださる方、このVOPかIGELKOTTどちらかの
HPのメールフォームからお問合わせくださいね。
そこで、今日はこの看板「ジャパネット」のように宣伝してしまいます!
Img2a20100401143957
ちまちま競作 (直径1cmのカゴ)
あらんちゃんはピンクッションを
私はミニローズのアレンジを
看板用に作ったワケではなく
ふたりとも遊んだだけでしたが
ころがしておくと なくなってしまいそうなので
パーツとしてくっつけてしまいました。
イーゼルには「マーブルチョコ」を行進させました(笑)
Img3a20100401143957
インテリアのお邪魔にならない控え目な文字と         ちまちまマイクロな花たち
Img3b20100401143957
ちまちま刺繍をして綿をつめた                  あらんちゃん作のフタバ
シナモンスティックのメッシュのフレームで シナモンのいい香りがします。
大きさは縦20cm×横25cm イーゼルに立てて測ると高さ27cmです。
フレームは壁にかけることもできます。
お気に召した方!どうぞ、よろしくお願いいたします !! コラボ作品は1コ限り !!!
メチャメチャ手間かかってますが・・・チャリティーなので500円から!どうだ !?!?

と、強気で言っておいて「だぁれも欲しいって言ってくれなかったらどうしよう (^-^;」と
ふたりでゴソゴソ・・・(作るのが楽しかったからそれでもいいけど )
じゃ、エイプリールフールに告知して
誰もいなかったら「なんちゃって !!」で済ませようという4月1日作戦でしたー (^-^)/

HIRO
Img20100402141434
粗い画像で申し訳ないのですが・・・
VOPとしては、今日はやはりこのニュースをお伝えしなければなりません。
1219年源実朝が甥の公暁(くぎょう)に暗殺された舞台となった 鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏
樹齢千年の樹が、先月12日の雪まじりの強風で倒れた姿を、皆様も心を痛めて
ご覧になったことでしょう。
その後、「移植」「若い芽の生育」「挿し木」という形で、この大銀杏を再生、あるいは
そのDNAを残す努力が始められました。
折れた太い根からは、2mm~5cm程度の細い根が出ていたそうで、
水分、養分の吸収は可能な状態と判断されました。
通常なら「御神木」を輪切りにすることなどありえないことですが、
樹が蓄えてきた限られた養分・エネルギーを「再生」にいかすためには、地上4mで切断をし移植
幼木がそこから育つ可能性は大いに期待ができる、とのことです。
この移植された樹が根付くにはまでには、まだ時間を要しますが、
この画像は、残された大銀杏の根から吹いた若い芽達です。
歴史を見とどけてきた老木は、誰にも気づかれない早朝に力尽きて倒れたのかもしれませんが、
その根から吹いた緑の若い芽
「確かに生きている、受け継がれている」 という希望をつなぐしるしです。

つうこ
 
Img20100403164057
今日の画像のバラは ジャクリーヌ・デュ・プレ
白い花弁に赤いしべが美しい半八重のゆるいカップ先の花は、5輪前後の房咲きになります。
1988年、イギリス Harkness作出
この画像は資料からのショットですが、陽の元では明るく開いていた白い花弁も、
日没としともにべを包み込むそうです。
楚々とした白い八重咲き、少しはかなげななかにも品格と強さをただよわせるのこのバラは
夭逝した天才チェリストにちなんで名づけられました。

ジャクリーヌ・デュ・プレ(1945年、オックスフォード生まれ)
ジャッキーの愛称で呼ばれていたデュ・プレ、3歳のときには、BBCの番組でチェロの音を聴いて
魅了され、母親に「ああいう音を出してみたい」といったそうです。
3/4サイズのチェロを買い与えられ、レッスンを始めたっ彼女の上達はめざましく16歳でデヴュー
このロンドンのウィグモアホールでのデヴューは、クラシック界にとっては驚異的な発見となり、
「1世紀に1人の名女流チェリスト」と絶賛されます。
1967年にはニューヨークにもデヴュー、レナード・バーンスタイン指揮で独奏したシューマンの
チェロ協奏曲のレヴューも、タイム誌の音楽ぺージを飾りました。
「彼女のみちあふれんばかりの生気もまた才能のひとつ・・技巧は非のうちどころがなく、
流れるようなフレージングもまた魅力的である・・このような迫力でチェロをタックルできる
女性はめったにいない・・」
ところがこの天才チェリストからチェロを奪ってしまうような病に彼女は侵されてしまいます。
1971年、体に異変を覚え「多発性硬化症」ー(中枢神経を冒す難病。神経の信号が伝わらなくなり、四肢の麻痺、歩行困難失明、意識障害などがあらわれてくるそうです)と診断されます。
闘病の末、1987年10月、ロンドンの自邸でデュ・プレは42歳の生涯を終えました。
彼女を精神的に支え、臨終を看取ったチェロの名教師ウィリアム・プリースの言葉です。
「闘病の間も、彼女は決して忍耐力を失うことはなかった。彼女の勇気はまわりのものたちを
支えてくれたのである」

ジャクリーヌの演奏は、夫ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団による
ドヴォルザーク協奏曲、バルビローリ指揮、エルガーの協奏曲をはじめ、名演が残されています。
また彼女の愛用した銘器、ストラディバリウスは、ヨー・ヨー・マが譲り受けて愛用しています。
残された演奏、愛用した楽器、そしてこの白いバラは、世紀を超えてこの天才チェリストを
語り継いでいくことでしょう。

Img2a20100403165845
Img2b20100403165845
つうこ
Img20100404152413
この週末は絶好の花見日和でしたね。
満開の桜たち、枝先に笑顔をいっぱいくっつけてるみたいです。
お花見にいらした方も多いと思いますが
この美しさとこの花に対する「情」を共感できるって・・・
色々あるけれど、やはりこの国は「美しい国」なのだと思います。
まずは、写真部好みのショットからどうぞ!
Img2a20100404152413
Img2b20100404152413
お花見にいった場所は、龍野城です。
脇坂藩五万三千石の城下町、故郷龍野の城・・・
といっても天守閣があるような城ではなく「山城」
以前紹介したこともある鶏籠山に城を築いたのは初代藩主 赤松村秀
秀吉に滅ぼされた後は、「霞城」とよばれ山麓の平山城となりました。
このふもとに私の通っていた小学校があるのですが、(田舎の子というより、山の子?)
40年くらい前は城壁と城あとしかなく、格好の遊び場になっていました。
日が暮れるまで、殿様の隠した宝探し?(インディージョーンズみたい!)
鬼ごっこと宝探しの合体した探検遊びをしては「赤とんぼ」のチャイムが町じゅうに響きわたる5時に
今度は山を下りるのを競争しながら帰る・・という遊びたおした思い出があります。
30年前この城あとの城門と城壁、櫓を建てなおし、武者行列など催事が行われるこの季節には
観光客でにぎわいます。(この武者行列、テレビのサスペンスでも題材に使われ、
女優 賀来千賀子さんがロケで来られたこともあるんですよ!)
そうです、脇坂,藩主、安照は赤穂城請取りとしても有名で、「忠臣蔵」の「松の廊下」で
「殿中でござる、殿、おやめくだされ!」と浅野内匠頭を制止した役として登場することもあります。
・・なんて少し身近な話題を紹介してみました。
桜はこんな感じです。
Img3a20100404160018
Img3b20100404160018
「これが来週だったら、散ってしまってるやろね。いい時にきたよね、本当にキレイ・・・」
と足を運ばれたみなさん、山里の桜を愛でておられました。
VOP写真部がツァーコンをお引き受けします!皆様も、是非どうぞ・・・
Img4a20100404160018
つうこ
Img20100405103803
先日紹介した ジャクリーヌ・デュ・プレの父品種をたどれば、こんなバラでした。
マイゴルト (Maigold) 「メイゴールド」として流通することもあるそうです。
1953年、ドイツ Kordes.W作出
濃黄色の丸弁平咲き、数輪の房になって開花し、耐病性もあり強健
とても強い香りがする、とありましたが・・・
ジャクリーヌ・デュ・プレ(ばら)は、ジャクリーヌ自身が選んで名づけられたそうです。
すでに視力を失っていたジャクリーヌは、一番香りの強いバラをえらびました。
あの白いバラが、ジャクリーヌ自身に選ばれて、後世に天才チェリストの名を伝える運命をもつ
その背景には、この父品種「マイゴルト」の「強い香り」という血が大いに関係していたのですね。

ここまで紹介した特徴は、ジャクリーヌと非常によく似ているのですが・・
問題は花弁の色です。
以前「緑光」を紹介した時にも、「どうしてこの色からクリーム色のバラがうまれるのか・・と
謎の実生が鍵を握っている・・」と迷宮入りになったことがあります。
ジャクリーヌ・デュ・プレのややクリームがかった優しい白、あの色になるには・・・?
やはり母品種をたどってみなければなりませんね・・
Radox.Bouguet 手元の資料にはありませんでしたので改めて紹介したいと思います。

ジャクリーヌ・デュ・プレの作出家、ピーターハークネスのこんな言葉があります。
「植物は動物的なんだよ。 常に変化している。
となりに何があるかによってその影響を受けて変化しているんだ。
・・兄のジャックがよく言っていた。
『植物をきちっと認知するのは雲の正確な姿を描くより難しい・・』とね。
DNA鑑定でバラを科学的にバラを分析すると、育種家の考えていたのとは全く違う事実が
判明する。 想像もしなかったことがバラの中でおきているんだ。
育種家はバラの背中をちょっと押しているだけなんだよ・・」
深い世界に踏み入った専門家でさえも予測不可能な変化がおきているバラの世界
それが、別の種とかけあわせるとなると・・・
内に秘めた驚異と目の前の美しさに深いため息をついては、さらにのめりこむ・・・
「バラを愛する」ということは、この繰り返しなのかもしれません。

つうこ
Img20100405171408
少し前にIGELKOTT (Click!) のDiaryに
あらんちゃんが「ソラマメのアップリケに挑戦している」
という記事を書いていました。
あのマメたち、バッグになったのでしょうか・・・?
そらまめ・・・ 実は私も「好きなモノ」のひとつです。 
そのルックスがとても好き❤
←花材屋さんで「そらまめ」の形の花器を見つけました
即、買いました。。さて、どう料理しましょうか??
言ったことがないのに
「私も好き」なモノがあらんちゃんのDiaryに登場していて
ビックリすることがよくあります。
昨日もビックリしました。 コレ→ 
「鳩サブレー」 レモン色の可愛い缶カンはコレです。
この「ハト」と「ソラマメ」はなんだか同じニオイがする。。。
わかるかなー・・・わかんねーだろーな・・・ 
ってギャグ昔ありましたね(笑)今、思い出しました。
Img2a20100406122549
Img3a20100406122549
←IGELKOTTともうひとつのお揃い「ジューンベリー」です。
わが家のジューンベリーは昨日から咲きはじめました。
桜もいいけれど、フワッとほどけるように咲くこの花
本当に好きです❤
VGのゆうさんが選んでくれて植えた木です。
ゆうさんに「どうして私が好きなものがわかるの?」と
聞いたことがあります。そしたらゆうさんは
「HIROが好きなものと私が好きなものが似ているから」
と答えました。
もうすぐ「好きなモノ」が似ている人たち大集合です!!!

HIRO
Img20100407110014
あらんちゃんの「ソラマメ」はちゃんとお行儀よくバッグに整列したようです。 (Click!) 
よかった よかった!!
こちらのソラマメは ↑こんなふうになりました。ジャスミン・ローズ・ブルースター・・・
そして「ヘンナモノ」、、、ついています。  
私がオーダーをいただく時は
「『コレ何~?』というヘンナモノ付けてね!」というリクエストをよくいただきます。(笑)
今回のヘンナモノは「スパイダーガム」 360度を見渡す「蜘蛛の目」に似ているという実です。
元はどんな植物なのでしょうか?生っているところを見てみたいです。
このアレンジ、ちまちま展では「ソラマメバッグ」に並べて置こうと思います。
「ソラマメ好き」の方(いるのか?)は「ソラマメコーナー」へどうぞ (^-^)/

HIRO
Img20100408155320
今日の画像は、ご存じ ヴァーデン・ガーデンのオーガニックランチ!
できうる限り無農薬野菜を使い、一日30品目が1食でクリアできるという健康志向
加えて、『旬』のお野菜をふんだんに使い、たっぷりと季節を感じていただこうという
料理長の意気込みのあふれたヴァーデンガーデンの看板メニューです。
このメニューは5日にいただいたものなので、本日からは新しいメニューになっていますが・・・
VOPもう一人の「食いしんぼう万歳!」レポートをお届けしましょう!

献立は・・
 春の旬野菜のかき揚げ
 春キャベツとブロッコリーの辛子和え
 桜だし巻き卵     大根と高野の炊きあわせ
 グリーンサラダ      いろいろキノコのおみおつけ
 GARDEN CHINA TEA  十穀ごはん/ 白ごはん

春キャベツの辛子あえからは、まだ少し冷たい風にゆれる菜の花・・
ほんのりと桜の味のただようだしまき卵からは、あと数日で風に舞う花のはかなさを想い・・
なんて、いただいてる時には想いませんとも!後付けです(笑)
とにかく、オイシイものには言葉を失い、ただひたすら味わうことに集中する私です。
中でも、お伝えすべきはこの旬野菜のかき揚げ!
レンコン、シンゴボウ、ウド、金時ニンジン、ワカメ、サワラエビ、筍、タラの芽・・
旬野菜の「フルバンド」といったところでしょうか・・・
味わい、あるいはひとくせあるプレーヤー達も、てんつゆコンダクターにねじふせられ
ひとつに合体する管の分厚いハーモニー・・コレたまりません。
その中でも、繊細な風を感じさせてくれたのはこちら ↓
Img2a20100408155320
Plantsに自信のあるかた、ズームにして
はい、名前をどうぞ!
ゆうが紹介してくれたプレーヤー達
解答は・・・
左から、ヨモギ、ユキノシタ、ハコベ、カラスのエンドウ
ルッコラでした。
このメニューが1週間で終わってしまうなんて、もったいない・・・
毎日でもオーガニックランチを!と来られるリピータさんもいらっしゃるそうです。
でも、「定番化する」ということは、『旬』 の味とはちょっとはずれてしまいますよね。
それぞれのメニューが、一気に咲いて散っていく桜のような「潔さ」があるからいいのかもしれません。
自然の恵みとその時季一番の味を、私達の感覚を満足させ、体にも優しい形で届けてくれる
ガーデンのオーガニック・ランチ
自然と人への想いにあふれた料理長ゆうの描く 「1皿の庭」 なのだと思います。
お薦めランチ、皆様も是非どうぞ・・・

つうこ
Img20100409153853
快晴の昨日 辛抱しきれなくなって、背割堤(せわりづつみ)へ桜を見に出かけました。
木津川と宇治川が合流する地点にあるこの堤、わが家からは車で15分、知る人ぞ知る隠れた名所
だったのですが、今年も朝日新聞の一面で紹介され 先日はNHKの朝のニュースでも中継されて
すっかり有名になってしまいました。
1.4km続く桜並木、圧巻です!行けども行けどもずぅぅ~っと続く花の帯
Img2a20100409153853
Img3a20100409153853
「花が咲いているうちに見にいかなくちゃ!」と思ったり
桜の花を見上げて 
シミジミ「きれいだなぁ・・・」と感じたりするとは、、、、
私もトシかな・・・・・(笑)
今年の桜はいつにも増してピンクの色が濃いように思います。
←これはソメイヨシノではなくオオシマザクラです。
私が桜にみとれていた昨日4月8日
古川初穂さん率いる「古川ピアノトリオ」の2ndアルバム『おくにうた』が発売されました。
全国各地で展開される古川ピアノトリオのライブでは、そのライブ会場の土地の「ご当地ソング」を
古ピト流にアレンジして披露するという「お約束」があります。
3月のライブでお会いした時に初穂さんが「今度のCDは『ご当地ソング特集』なんだよ」と教えて
くださって、冗談かと思っていたら ナント・・本当に『ご当地ソング特集』でした。
「雨の御堂筋」「会津磐梯山」「水戸黄門のテーマ」「東京ラプソディー」「京都慕情」「横浜たそがれ」
「北の国から」「贈る言葉」「Little Flower」という9曲からなるCD。
私は昨日さっそくネットで試聴しました。 (Click!) 
「あの曲がこうなるの?!?!」という驚きの連続!短い試聴ですが古ピトのテクニックに圧倒されます。
最後の曲「Little Flower」はこのアルバムで唯一古川さんのオリジナルです。
まるで「ちまちま展」のテーマソングを作ってくださったようにグッドタイミング! グッドネーミング(^-^)/
(勝手にテーマソングにする:笑)
試聴だけではなく一刻も早くアルバムを全部聞きたいところですが
古川さん自ら「手売り」してくださるそうなので今しばらくガマン・・・
古川ピアノトリオのツアーライブ  (Click!) 
神戸は「ちまちま展イヴ」の4月21日(水) 元町萬屋宗兵衛で♪
つうこと私がふたり揃ってお迎えいたします m(_ _)m
『おくにうた』 CD・ライブ
「ちまちま展」ともどもよろしくお願いいたします!!

HIRO
Img5a20100409153853
Img20100410151523
今日もいいお天気でしたね。
お花見に行かれた皆様、ページを開いて
またかい・・・(汗)と思われました?・・ね(笑)
そうなんです、今日もさくら!だって「桜週間」ですから!(勝手に決める(^^♪)
昨日はほんのり優しい「さくらいろの桜」(バックが幹の黒なのはさすがフローリスト!)
そしてどこまでも続く桜の帯・・壮観でしたね。
あたかもそこに行ったような気分になってあの桜を美しいと思う・・
私達にはやはり「日本人の血」が流れているのですね。
たとえばトップの画像、これがポストカードだったら、ちょっと買わないかもしれない鮮やかな桃色桜
でも心底、愛おしいと思います。
ご自分の見てこられた桜をしっかり心にやきつけながらも
どれ、どれ・・・と大目にみてくださる皆様、ありがとうございますm(__)m
だって、私達日本人ですものね!
Img2a20100410151523
Img2b20100410151523
数日前にも公開した「龍野城」のさくらです。
満開のしだれ桜、初めて着物を着せてもらった桃の節句の女の子みたい・・重そうですね。
でも右側、どんなに花をつけても重くても太陽に向かって伸びる枝
冬も春も夏も秋も姿勢くずさず!見習わなくてはいけません。
Img3a20100410153354
Img3b20100410153354
こちらは、以前にも紹介した聚園亭(しゅうえんてい)、モミジ谷の近くの桜です。
遠くから見ると山のふもとに薄いピンクの「裾」ができています。
山の空気をいっぱい吸って、白い花に彩られた空を見ながら歩いてきました。
ああ・・・空気も届けたい!!
Img4a20100410162308
そしてこちらは 「聚園亭」です。
以前このバックの鮮やかな紅葉とともに公開しました。
背後の山々の紅葉が美しい、池の浮き室「お茶室」
しっとりとした「和」の情緒ただよう庭園ですが
桜の木は茶室前にこの1本と庭園脇のしだれ桜数本
お茶室と桜・・この花木を最小限にとどめたガーデナーの意図に
今頃気づいたふるさと特派員でした・・・
そして最後「春の主役」を遠くから眺めていた「秋の主役」です。
「乙女桜」という種の「いろはもみじ」もありますが
この紅葉がそうだったらいいのに・・・
山の季節は確実に動いています。                    

つうこ
Img5a20100410162308
Img20100411110810

私がLOVE❤な木 Huuと名付けた「モミジバフウ」
葉っぱが出てきました。
黄色が強い黄緑色の新緑です。
桜もいいけど 新緑も好きです。。。
昨日は「桜が一番」と言っていたのにって・・・?
単純なので
今目の前にいるその人が「一番好き」だったりするんです(^-^;
だって、その時は「一番好き」だと思うんだもの・・・
「一番好き」がたくさんあると 楽しくていいですよ(笑)。
「一途」なつうこには「節操がない」と叱られてしまいそうですが・・・
桜が終わって、しばらくは
落ちた花びらが道の上でクルクルクルクル追いかけっこをするのを見るのが楽しみです。
それと同時に一斉に目覚める新緑を見るのが楽しみです。
新緑を見ると思いだす曲があります。ビージーズの『若葉の頃』♪
映画「小さな恋のメロディー」の挿入歌でした。
「101匹わんちゃん」以外では生まれて初めて観た 私のfirst movieでハマりました~
トレイシー・ハイドが着ていた小学校の制服
ブルーのギンガムチェックのワンピースとエンブレムが付いたネイヴィーのブレザーが可愛くて
「私もイギリス人に生まれたかった・・・」と憧れました。
当時大切にしていた映画のサントラ盤はもうどこかへ行ってしまったけれど
今でもこの時期には『若葉の頃』の美しいフレーズが頭の中で流れます。

HIRO

Img20100411222829
今年も桜の季節が過ぎてゆきます。
HIRO や つうこほどじゃないけど、やはり
この時期にしか見られない「桜」は格別です!
ずううううっと根巻のままうっちゃられていた
大島桜、去年やっと植えてもらえて、
初めての花を咲かせました。うれしそうでしょ?
今年のコラボ展もきっと「あ、やっとだ~~~!!」
という想いがサクラのようにまちかねて
噴出するんでしょうね!影の存在であった私までも
どうやら今回は参加しなくちゃいけないようで・・・
この週のランチはどうぞ皆さん期待して下さいね!
(たいしたコトしないけど)

ゆう
Img20100412115631
さて「ちまちま展」まであと10日となり、必死の追い込みのワタシ・・・
あらんちゃんの日記でクロスステッチのウサギを見ながら、
刺繍やアップリケなら見た目から「ちまちま感」が伝わるけれど、プリザーブドフラワーって
「キレイねー」で終わってあまり『ちまちま感』はないのではないかとハタと気付きました。
まぁフラワーアレンジメントは「癒しグッズ」なので あまり「がんばってマス感」は出さずに
「キレイねー」で終わってもらわなければいけないのですが・・・
プリザーブドアレンジをしたことがない人にはどこがどう「ちまちま」なのかはわからないと思います。
「ちまちま」というテーマに則って、私はマジメにちまちましています・・・という説明を少し。
今回は「母の日」が近いということで
カーネーションを使ったアレンジ↑をいくつか作りました。
生花なら1輪そのまま挿すのですが、プリザーブドのアレンジでは
「フェザーリング」といって1輪のカーネーションを3~4のパーツに
分けるテクニックがあります。ガクをはずして、
花びらを3等分あるいは4等分してワイヤーでまとめ
テープを巻いて小さなカーネーションを作ります。
Img2a20100412115631
ローズをはじめすべての花やリーフにワイヤーとテープで細工をしては空間を埋めていくのが
プリザーブドフラワーのアレンジです。
慣れない頃にはどうしても1つのパーツが大きくなりがちなのですが
細かいパーツをたくさん用意する方がキレイなアレンジができます。
私は小さな作品でも20~30、少し大きな作品では100を超えるパーツを作っています。
だからプリザーブドはかなり「ちまちま」な作業の連続で向き不向きがあるかも・・・
他のことは「我慢弱い」私ですが (^-^; パーツはナンボでも作っていられます。時間さえあれば・・
DMにも書いたのですが今回プリザーブドフラワーで「オールドローズ」を再現しようと試みました。
これはプリフラに限っては「我慢強い」私もちょっとネをあげそうになりました・・・
それに関しては、また聞いてくださいね。

HIRO
Img20100413142355
コラボ展まであと9日、カウントダウン開始です。
昨日のdiaryの作品、皆様もズームにしてご覧になったことでしょう。
まだメインが控えているようで・・楽しみに待ちたいと思います。
アランちゃんのソラマメ、クロスステッチのウサギ・・早く実物に会いたいですよね。
梱包用の段ボールが届いたようで、頼もしい箱が「でん」と控えているのを見ると
そろそろ・・と気分もどんどん高まってきます。
そうです!一昨日には、料理長ゆう自ら「ちまちまランチ」のプレゼン!
「大したことしない」とありましたが、ゆうの「たいしたことしない」はどれほどのものなのかは、
皆様がご判断くださいませ。
通常のランチメニューももちろんですが、イヴェント、ライブ後のうちあげのメニューなど
「うわー!」「なんだこれ!」[やばいっ!」と感嘆の叫び声と写メに収めるシャッター音の嵐です
料理長の「腕まくりちまちまランチ」どうぞお楽しみに!
どんどんボルテージも上がっていく中、ひとりのんびりしてる誰かさん?(汗)
これではいけない!と何か参加できることはないものかと考えました。
そこで今日の画像とタイトルからおわかりのように、製菓部をたちあげ(暫定的に)
クッキーを焼いてちまちま展に参加します。
今回焼くクッキーは、「スノーシュクレ」、細かく刻んだくるみの入ったクッキーです。
くるみの少し苦い皮をできるだけ取り除き、ただひたすら細かくきざみ、一つ一つ丸めて焼く
アランちゃん、HIRO,ゆうのような「匠の技」は全く要りません。
でも、くるみを刻むのもスピードカッターは使いませんし、丸める、焼く、粉砂糖をお箸で
ひとつずつまぶす・・ひとつひとつに手をとおす「ちまちまクッキー」です。
この案をHIROとゆうに話したところ、認可がおりました。
Img2a20100413142355
くるみを
Img2b20100413142355
刻んで
Img2c20100413142355
焼きあがり!雪が降りました
このスノーシュクレを7個ずつですが、
お値段をつけてお売りし、お買い上げいただいた分すべて
ボードオークションで落札された分とともに
チャリティーにまわしたいと思います。
できるだけたくさんの皆様にチャリティーに参加いただけるよう
頑張って焼きますね!!よろしくお願い致しますm(__)m
また、VGのパティシエAyamiちゃんも何か考えているもよう
皆様どうぞお楽しみに!            つうこ
Img3a20100413152139
Img20100414104827
昨年も書いたかと思いますが、4月14日は「オレンジデー」だそうです。
2月14日のバレンタインデーに女子が告白して、3月14日のホワイトデーにお返事をもらい
4月14日のオレンジデーには両思いの二人が仲良く柑橘類を食べる日なのだそうです。
写真は「ちまちま展」のために作ったオレンジ色のリース
べつにオレンジデーを意識して作ったものではありませんが、ブラックメタルのシフォン型や
レンコンのような「ベールナッツホール」というかじってみたくなるような実が
昨日のつうこの記事にコラボして謀らずもスイーツつながりになりました。
私が好きな「ペタルテクニック(花びらをばらして使う手法)」を使った作品です。

オレンジデーより何より、4月14日はVOPにとっては2つのアニヴァーサリー!!
ひとつは、今日はつうこのお誕生日です(=^・^=) 私とは丸々11ヶ月ちがい! 
つうこがもう少し早く生まれるか私がもうちょっと遅く生まれていたら、二人は同学年ではなく
VOICE OF PLANTSというクラブ活動を一緒に始めたりすることはなかったことでしょう。
この人といると次々とオモシロイことがおこります♪
そうそう、昨日紹介されたつうこの「スノーシュクレ」おいしーーんです!! 身内というのをヌキにして・・・
ぜひ、ご賞味ください (^-^)/
そして、もうひとつ4月14日はわれらが基地Verdan' Gardenのお誕生日でもあります。
9周年、おめでとうございます!!
ゆうさんHONDAさんいわく「夢中ですごしていたら9年たっていた感じ」と・・・
そんなものかもしれません。
でもGardenの植物たちは、四六時中働ているスタッフや 大音響を引き連れたマッタリや
4倍速で動き回る新参者を悠然と見下ろし ゆったりと9年分成長しています。
先日は「根っこがまわって池の底が割れたかも(*-*;」と大騒ぎになっていました。
その後どうなったのでしょう?恐るべし植物のチカラ・・・
「夢中」の中で手をとめた時に フと聞こえてくる「VOICE OF PLANTS」
そんなモノを感じて私はここを勝手に「基地」と決め自分のサードプレイスにしている訳ですが(笑)
VOICE OF PLANTSが聴こえる空間を作ってくれているのは、
やはりゆうさんとHONDAさんなのだと思います。これからもヨロシク (^-^)/~

HIRO

Img20100415163354
私事で恐縮ですが・・・昨日は誕生日でした。
ほんとうにたくさんの方に祝っていただきありがとうございました。
まるで、晴れの日を迎えたようでした(大笑い こんなのかなあ・・・)
曲のタイトルとかラッキーナンバーとかこのHPでふれまわっていたために、
継読いただいている皆様にとっては、忘れられない数字になったようで、申し訳ありません(汗)
タイタニック号が沈んだ日とかで覚えておいていただくのはどうでしょう?ユニバーサルですし・・
心づくしの品や温かい心のこもった言葉、お祝いのメッセージをいただき感謝申しあげます。
もっと自分のことを心配しないといけない人たちからも、お心をいただいたり・・・
この日にこんな私のことを思ってもらえる「幸せ」をかみしめた一日でした。
さあ、幸せに浸っている場合ではありませんよね!(ここが晴れの日迎えた人と違うところ・笑)
新たなページを開いて!といただいたメッセージどおり○ページ目の一歩を踏み出したいと思います。
多くの人とつながり感応できる喜び、私の幸せの中心は、今このことにあるような気がします。
その中で自らも成長し、受けたものをすこしでも誰かにおかえしができれば・・・
そんなことを考えつつ「頑張ろう!」と思っている1/4倍速です。
さあ!とページ開いたわりにはペースは変わりませんが・・笑
今後ともよろしくお願いいたします。

つうこ
Img20100416174700
VOPの「ちまちま展」のDMにはチラッと書いてあるのですが、今回私が一番「ちまちま」努力したのは
↑この、プリザーブドフラワーで「オールドローズ」を再現する、という作業です。
「オールドローズ」って何?という方・・・ 今ちょっと説明している暇がありません (^-^;
(Wikipediaか このDiaryのOld Logでつうこの解説をごらんください)
プリザーブドフラワーは最近では少し花型の種類は増えてきたものの、
その大半は高芯咲きのモダンローズ(高島屋のトレードマークを思い浮かべてください)です。
いかにも「バラ」という感じがする代表格ですし、花びらの数が少なくてプリザーブドに加工しやすく
加工したあとも形が崩れにくいからだと思われます。
実物のバラは多種多様な種類があるのに、プリフラは色が違うだけで形は似たりよったり・・・
「もっと違う形のプリザーブドローズがあると面白いのに!」ゆうさんと私は同時に思いました。
去年8月のことです。      
「ないものは作るしかない!!」「プリフラでクォーターロゼットができたら凄い!!」と言うゆうさん。
ゆうさんに「凄い!!」と言わせてみたい・・という欲望が私の心に火をつけました。
「売られたケンカは買う」のがVOPの流儀です(笑) ホントの喧嘩はしないけどね・・・
なんとかなりそうな気がして「やってみるわ!!」と始めたものの、、、半年間 どうにもならなかった(焦)
オールドローズの花びらは根気のいい誰かさんが数を数えたようにモノによっては100枚以上
そして、高芯咲きのローズとは花びらの形からして違うのです。
高芯咲きのプリフラローズの花びらの数はだいたい二十数枚、なので1輪のオールドローズを
作るのに4~5輪の花をバラして花びらを1枚づつカットして形を整えては花芯にはりつける・・・
一日一善ならぬ一日一輪の世界です。「何してんのやろ・・・ワタシ・・・」と何度も思いましたが、、、
2月にようやく花びらのどの部分をどの角度で使ったらいいかがつかめてきた時は達成感ありました。
バラにはウルサイVerdan' Gardenゆうさんとナガイさんから
6種類のオールドローズ、イングリッシュローズの認定をいただき晴れてお披露目です\(^o^)/
私がオールドローズの「ちまちま」に取り組んでいる頃、あらんちゃんも自分なりのハンドクラフトを
考えている時だったようで、今回のテーマ「ちまちま」はただのノリで決めたものではなく
同時期にそれぞれに考えていた事の中から出てきた共通項です。
「ちまちま・・ちまちま・・・」とつぶやいていたら
ゆうさんもつうこもHONDAさんもayamiちゃんもやってみたくなったようで・・・(笑)
どうか、私たちが生みだした「ちまちま」 皆さんに楽しんでいただけますように!!

HIRO
Img20100417155610
ヨガに行くと「呼吸法」というのをすることがあります。
深い呼吸をするための訓練でやり方は何種類もあるようです。
ある日した呼吸法は、右の鼻の穴を親指でふさいで左の鼻の穴から息を吸う
次に薬指で左の鼻の穴をふさいで親指は離し右の鼻の穴から吐く、そのまま右から吸って
指を換えて左から吐く、左から吸って指を換えて右から吐く・・この繰り返し・・・というものでした。
スーハーしながら、「左に比べて右の鼻の通りがとても悪い・・・」と思っているところへ先生の説明
「体の器官というのは左右反対側の『脳』につながっています。
 『右脳』というのは直感・感覚・イメージなどをつかさどり『左脳』というのは論理・分析・計算などを
 つかさどっていると言われています。こうして片方づつ意識をしながら酸素を送り込むことは
 右脳と左脳をバランスよく鍛えることにつながります。」
ゲッ・・・ワタシ、左脳に全然酸素いってへんやん・・・・・ どうりで・・・
万事を勘に頼って切り抜けている私の生活を見抜かれたような数分間でした。
息をするだけで鍛えられるものならば、、、右の鼻の穴もせっせと鍛えよう・・・
それよりもGarden行った時に樹くんと一緒に計算ドリルしたほうがいいかな (^-^;

HIRO
Img20100418114838
昨日のdiaryを読みながら皆様、右の鼻の空気の通りと左の鼻の空気の通り、確かめられました?
私も右の通りが悪く、計算ドリルをしないといけないようです。
車の運転中、前の車のナンバープレートの数を2桁にわけて引き算とか以前はしていたのですが
ナンバーを自由に決められるようになって、語呂あわせにウケたり、何の数字だろ?と
妄想を働かせたり(左脳使ってませんね)してさぼっていたので、今日からまた始めようかな・・
PCの前で皆様に深呼吸してもらうえるよう、昨日の画像はマイナスイオンたっぷりのイメージ
今日の話題はその前、一昨日のオールドローズの話にもどります。

一昨日の画像で私が今回一番見たかったchime-chimaをやっとチラッと見せてもらえました。
HIROがオールドローズ、イングリッシュローズをプリフラで再現しようとしているのは聞いていました。
あつ、オールドローズとイングリッシュローズ、簡単にもう一度・・
オールドローズ  1867年フランスで作出された[ラ・フランス」がハイブリッド・ティーの第1号
            とされていますが、それ以前に作出された原種以外のバラです。
            交配種が何をもとにしているかによって、20種の系統に分類されています
イングリッシュローズ  デビッド・オースティン作出のバラ
               オールドローズとモダンローズの長所を活かしつつ、オールドを超えた
               オールドローズを・・というオースティンのロマンにあふれたバラです
               画像のアブラハム・ダービーもイングリッシュローズです。
画像のアブラハムのように多弁の、ロゼッタ咲きを再現するなんて・・
本当に気の遠くなるような作業だったと思います
芯が複数に割れるクォーターロゼッタの他に、その中心がグリーンの愛らしい目のようになる
グリーン・アイまで・・これは「マダム・アルディ」と認定されたのではないでしょうか。
大好きなオールドローズ達を、ワクワクしながら見ては、「ようやる・・」とその作業を想い溜息をつく
その繰り返しでした。

今回のテーマ 「chima-chima」
皆様はすでにお気づきとは思いますが、ただ細かい作業を根気強く続けるだけではない
アランちゃんとHIROの「新たなるオリジナリティーへの挑戦」なのです。
アランちゃんのボタンで描く模様やソラマメのアップリケ、うさぎのクロスステッチ・・
まだごく一部しか明らかにされていませんが他にも新しいアイデアはいっぱいなのでしょうね!
一枚の生地が、作り手の想いの詰まったバッグとなり届けられる
私達は、その過程を想い、作品に深い愛着を覚えます。
プリザーブドフラワーでは、まだテクニカルノートが完成されていない
オールドローズを創り上げたHIRO。「オリジナル」のフロンティア?
さらにその開拓を進めていく二人の作家の熱い挑戦
作家としてのアイデンティティーを求め続ける二人
chima-chima は、新たな飛躍の「コラボ展」なのだと思います。
そんなん、分かってはりましたね~はい、失礼しました(笑)
いずれにせよ、実物「Live]で見ないと!!楽しみですね!
ああ、日が迫ってきました・・焦るのも1/4倍速、やっと通常倍速の日々です・・(汗)

つうこ
Img20100419140728
今月8日に 古川初穂ピアノトリオ2ndアルバム 「おくにうた」がリリースされました。
普段は 1/4倍速の私ですが、さすがに古ピトの新譜は待ち切れず、早速入手しました。
HIROのdiaryでも紹介されていたので、試聴された方も多いと思います。
1曲目の「雨の御堂筋」圧巻ですよね!
傘もささず、泣きぬれて夜の御堂筋を南へ歩く傷心した女性は・・・
どこ探しても見つかりませ~ん(笑)
激しい横殴りの雨、車のヘッドライトと信号機の点滅が激しく交差する中、
高層ビルの谷間に逃げ込む逃亡者、黒づくめの追手、忍びよる影
そんな緊張感連続のスパイ映画を見ているみたいです。
続く「会津磐梯山」は猪苗代湖畔で、湖面の揺らぎを眺めながら、もの想うボサ・ノヴァ
その次は・・ああ、お伝えしたいのですが、皆様にも楽しんでいただきたいので
ここはグっとこらえてお知らせしないでおきましょう。

先日、土曜日に古川師匠が、森山良子さんのツァーで龍野に来られました。
そのコンサート、森山さんの歌にかける想いに関してはあらためまして・・
森山さんは年間50以上ものステージをずっと同じメンバーで続けておられます。
サポートミュージシャンそれぞれがまるで家族のようなユニットで、日本中に
歌を届けておられます。
音楽を届けられる先々で触れられる、その土地の方々の音楽を、歌を愛する心・・・
届けられる側の森山さん、サポートミュージシャン、音響、照明スタッフ
すべての関係者が、先々で何百人もの音楽を愛する心に接しそれを糧に次の道へとつなげていく
森山さんを中心とし、ともにプロジェクトを支え続ける方々の「共通した想い」を感じました。
以前の diary {富山県高岡市」で、音楽愛好家のみなさんの熱意が古ピトを生んだ
ことはお伝えしましたね。
演奏を届ける先々で、その地にまつわる曲をアレンジ、演奏される「ご当地ソング」
毎回のライブで2度と同じことはやらない、毎回新曲をアレンジし演奏し続けているこだわり
この背景には、年間移動移動で全国を飛び回り、多くの音楽を愛する人々に接しておられる
そのことも大いに関係しているのだと思います。
「それぞれの土地の音楽に対する敬意、音の受け手となられる多くの人々への感謝の気持ち」を
「古川初穂印」?の刻印の押されたアレンジ、この強力ピアノトリオならではの演奏で届けられた
アルバム、本当にお薦めです!是非皆様もどうぞ!
そして、そのアルバム発売記念ライブも今日が初日、京都RAG
明後日21日水曜日には、元町萬屋宗兵衛で!楽しみです。
21日にもしお越しいただけるなら、VOPの名前をおっしゃってください。
予約のお値段で入場いただけます。
よろしくお願いいたします。

つうこ
Img20100420160727
突然ですが、この度のコラボ展 「chima chima」に軽音楽部も展示参加しますので、ご報告です。
先日、製菓部として参加することはお伝えしたのですが、まだ何か足りない・・・
この輪のなかに入れてもらうには何か足りない・・
そんな思いがずっと離れませんでした。
そう、汗が足りない!
chima chima と私ー作文の題みたいですが、私にとって、chima chimaとは?と
考えているうち、あるものを思い出しました。

今日の画像は、私の大好きなパットメセニーグループのアルバムジャケットです。
もう15年以上前に発表されたライブコンサートアルバムなのですが、この中に
「First Circle]という曲が入っています。
メセニーグループ名曲中の名曲、この曲が始まると会場のオーディエンスも
決して簡単ではないハンドクラッピングに参加するのです。
4拍子、5拍子6拍子が入り混じった曲なのに、複雑さを感じさせない爽やかさ
なおかつゴールへ向かってひた走る疾走感とドラマ性にあふれた曲です。
当時楽譜が出版されていなかったこの曲を譜面におこそう!・・実に無謀な思いつき(汗)
1小節ごとに異なるパーカッションン、ドラムのパート、当時の仕事の同僚で
今はアメリカでシンバル職人をしている Nさんがとりました。
「1995年夏、何をしましたか?」と尋ねられたら「これしかしていません」といえるほど
この曲に費やしました。
できあがった楽譜のその後にはちょっとしたいきさつがありまして、長い間しまいこんでいましたが、
この度、軽音楽部のこのちまちまをゆうに見せたところ、展示の許可がおりました。
もう15年前の夏のchima chima メセニーグループを愛する1ファンの汗の結晶です。
塩ふいてます(笑)
ちなみにこの楽譜は、私が旅立つ?時には棺おけに入れてほしいとHIROに頼み、
「まかせなさい!」と頼もしい返事をもらいました。
加え、そこにオールドローズも入れるため、ゆうは今からガーデンで栽培してくれるそうです。
なんてことをいってる chima chimaの サークルに私もなんとかいれてもらえそうかな・・・
期間中、メセニーのこのアルバムも鳴らしてもらう予定です。
大変急ですが、軽音楽部展示参加のお知らせでした。

つうこ
Img2a20100420160727
Img20100420231206
「あと1ヶ月」が「あと10日」になり「あと1週間」「あと3日」・・・
どんどんカウントダウンは進んで、
遂に明日から『ちまちま展』開催です。
あらんちゃんから遅れること3日
「お約束(?)」の集合写真を撮りました。
全員ではありません・・・
他にも、すでに「箱」に入った作品たちが10個ほど。
Img2a20100420231206
「箱」といえば・・・
今回も貼りました、、ミューズコットン。。。
作品つくるよりも「箱」作る方がメンドクサイのですが
すべてピッタリ!!の大きさの箱が見つかって満足しました。
私の仕上げのちまちまは「箱貼り」でした。
これで、お花が潰れたりせずに無事にお持ち帰り又は
プレゼントとして届けていただけると思います。
と、思うとこの手間は作品の一部・・・省けません。
昨晩はたくさん寝ました。今朝は元気いっぱいです (^-')b
さ、ディスプレィしに芦屋へ出かけますか!
今日は「ちまちま参加メンバー」勢揃いで準備です。集合写真とらなくちゃ!!
では、行ってきまーす (^o^)/。。。。。

HIRO
Img20100422234912
「ちまちま展」始まりました!!
搬入の昨日はとてもいいお天気だったのに、今日は一日中大雨・・・
にもかかわらず、たくさんの方にお越しいただきありがとうございましたm(_ _)m
一昨年は私が一人(+つうこがちょっと参加)で始め、
去年はあらんちゃんと二人(+つうこがちょっと参加)でこの時期にした作品展
それが今年は「ちまちま」というキーワードのもと 6人のオンナたちが本気で「腕まくり」
「ちまちまガチンコ勝負」みたいになっています。
ディスプレィの最中からお互いの持ち寄った「ちまちま」を見ては、ワーワーキャーキャー大騒ぎ!
「ちまちまは本当にタイヘ~ン(^-^;」 と口では言いながら全員何だかウキウキしているオンナ達を
陰でしっかりとサポートしてくださるHONDAさんナガイさん、ありがとうございます。
あらんちゃん・フェルトの美季さん・つうこ・私の「ちまちま」はこのDiaryで少しづつ紹介していましたが
まだ最終決定していなかったゆうさんの「ちまちまランチ」と
スイーツ担当ayamiちゃんの「コーヒー豆クッキー」 間に合いました。。。スゴイ! スゴイですよ!!
今日来られたお客様、皆「大感激」のランチです。
モチロン私もあらんちゃん・美季さんと共に2時過ぎにようやく頂くことができましたが
「いただきます!」の時に思わず拝んでしまいました。もうっ・・ここまでやるか~(感涙)
ayamiちゃんのコーヒー豆クッキーもカリッカリッってコーヒー豆を齧ったらこんな食感かも・・
と思っているうちにビターな味わいが広がってオイシー❤
生地を実物大のコーヒー豆の大きさに丸めて丸めて線を入れて・・・
ayamiちゃんは昨日は6時間も立ちっぱなしでコーヒー豆クッキーを作っていてくれたのです (: - ;)
ムスメのようなayamiちゃんが一生懸命作ったと思うと一粒一粒がいとおしくてたまりません。
Img2a20100422234912
Img2b20100422234912
Img2c20100422234912
あらんちゃん・jolie saison29の美季さん・私、ここまでにかなり「ちまちま」を続けて
「シンド・・・もーたくさん・・・・」とか思っていたのに・・・
お客様がとだえると、「ねーねー、ココどうやったの?」とか「これをこうするともっとオモシロイ」とか
「コレを使ってこんな作品できるんじゃないか」とか「トリプルコラボやってみる?」とか、、、
「3人寄ると文殊の知恵」と言いますが口ぐちに思い浮かぶことを言い合ってずっと作戦会議
今スグにもやってみたくなる懲りないヒトたちです(笑)。
さ、ランチの写真も出してしまったので、、、ゆうさんはひたすら仕込み続けるしかありません。
この価格急騰の折にお野菜タップリ、「ちまちま」種類が多いだけではなくひとつひとつが
本当にオイシイ (^-^)o ぜひとも、食べてくださいね!
って、ススめればススめるほどゆうさんはタイヘンな思いをするワケですが・・・
「タイヘン」なほど「楽しい」という「ちまちまハイ」なワタシたち、皆さまをお待ちしています。

HIRO
Img20100423145937
21日水曜日、古川初穂ピアノトリオ2ndアルバム発売記念ツァー 神戸ライブが終了致しました。
会場で空気を震わせる音とリズムの波に浸られた皆様、ご来場いただきありがとうございました。
やむなく仕事場から、またはご家庭より応援いただいた皆様、熱い声援をありがとうございました。
このトリオが結成された’07年より、ライブ毎に新たな驚きと感動が刻まれ、
このトリオならではのスタイルが築かれていく現場に接してきたのですが、今回のライブで
さらにこのトリオの唯一無二のスタイル、アイデンティティーを感じました。
今回のツァーは、ご当地ソングを中心に組まれたプログラム、アレンジ曲が8割を占めます。
オリジナル曲がむしろ少ないプログラムで、トリオのアイデンティティーを感じた?なんて
考えれば皮肉な話ではあります。
もちろん今までのオリジナルでもこのユニットの力量は十分見せつけられていたのですが、
既成の曲のアレンジという今回のライブで、トリオのもつ音楽性の豊かさ、フィールドの広さと深さが
より明確になったと思います。
よくある、「○○をジャズ風に~」というアルバムでは、ただ、ジャズっぽいコードをつけ
スィング、ジャズワルツ、ボッサノヴァにのせて演奏、アドリブが始まれば、誰が演奏しているのか
全く見えてこない、そんなアルバムがほとんどでした。
でも、この古ピトのご当地ソングのアレンジ、そこには明確な「古ピト印」の刻印が押されて
いるのです。
コードに持たせる色合い、味、リズムのうねり、音形、アイディア・・・
古川初穂ファンなら、そこかしこに「はっつあん」の薫り、色を感じられることでしょう。
でもそんな手法云々よりも、生まれ変わった曲、その心踊る音に、体が自然と動き、
遠い土地の空気、光や風を、大地のぬくもりを感じることができる・・・
たとえば、東京ラプソディー
今回、ライブでピアノ横にPCを置いて、一体何をシンクロさせて凝ったことしはるんやろ?と
思っていましたが、、MCで原曲を流す為でした。(笑)
藤山一郎さんの朗々とした歌声、ラジオの音声に、あの時代どれだけの人が夢や希望を抱いて
聴いたのだろう・・・そんなことをふと思います。
あの時代に、あの曲を聴いた人たちが抱いた思い、音楽から得た力や希望を今に甦らせる!
原曲に敬意を払いつつ、原曲のもつ力をこのトリオのアレンジと演奏で、倍増、いや何十倍にも!
それが、ご当地ソングのコンセプト - 古ピトというフィルターを通してのアウトプットの方程式
だったのだと思います。
このHPでも秀景満ライブの紹介でおなじみ、素晴らしいベーシスト須藤満さん、
神戸が誇る大活躍のドラマー、則武裕之さん,の最強リズム隊
このお二人の素晴らしさは、目をみはる技巧にも、常にその先にある「音楽」が見えてくることだと
思います。
ピアノ、ベース、ドラム、三人の音が融合し、どんな曲であれ、紛れもない「古ピト」の音、
古ピトにしか出せない音となり、私たちの心を動かします。
残念ながらツァー途中ですので、プログラムを公開するのはひかえておきます。
でも、ひとつ挙げるとすれば、オリジナル「予感」の演奏のすごさ・・・
たとえば、技術的には、男子フィギアの4回転ジャンプ級の超絶技巧がどのメンバーからも
飛び出すのですが、3人の音から、中心にひとつの火柱があがるような、
CGでも見ているかのような、熱い音のエネルギー変化・・圧巻でした。
もうひとつ、挙げるとすれば・・・ご当地ソング
前回は「そして神戸」だったのですが、もう一度「そして神戸」。でも、アレンジは全く違います。
「雨の御堂筋」も私が2年前大阪で聴いたヴァージョンとも違います。
同じ曲でも、同じアレンジではやらない、そこまでノルマを課す古川初穂隊長は
どこかの誰かさん達と同じく、自分を追い込まずにはいられないようですね(笑)
早速、白根真理子さんが東京でのライブのことをアップされていたのですが・・
「宇宙戦艦ヤマト」があったとか・・いいですよねえ・・
それぞれのライブのご当地ソング、今回も続けておられるようです。
そんなライブ、神戸にお越しくださったお客様、実に9割の方がCDを購入、
アンケートを書いてお帰りになられました。 ありがとうございます。
この事だけでも、ライブの素晴らしさは充分お伝えできるのではないでしょうか。
「たくさんの力をありがとうございました。また、明日から仕事に励みます」
- お越しいただいた方からの言葉です。
古川師匠、須藤さん、則竹さん、感動と感謝の気持ちは、言葉では言い尽くせません。
ありがとうございました。
そして支援いただいた皆様、萬屋宗兵衛の皆様、HIRO、チームVG、
お世話になったすべての方々に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

つうこ
「商品開発のハナシ」
IGELKOTTのあらんちゃんは「男性にも持っていただけるバッグ」というのを考え中だそうです。
今回持ってきた中のこの↓バッグは、私が狙っているもののひとつでもあるのですが
男の人が持ってもカッコイイのではないか・・・というハナシになりました。
そこで私が勝手にこれを「オシャレオヤジバッグ(何かの雑誌の見出し?)」と名付けて、
忙しいHONDAさんや やってくる男子同窓生をつかまえては
「ちょっとコレ持ってみて!次はコレ!」と大きさや持ち手の長さ、縦長・横長どっちがいいか・・・
これを持つと本当に「オシャレオヤジ」に見えるかどうか?(笑)をモニタリングしてもらっています。
モニタリングにご協力いただいた男性の皆様ありがとうございましたm(_ _)m
今回のデータを参考にして、皆さまが必ず「オシャレオヤジ」に見えるようなバッグを
あらんちゃんがカタチにすると思いますので、その時はヨロシクお願いいたします。
このバッグどこがオシャレかというと、中がこんなに↓オシャレなんです。欲しい~
ちなみに女性が持つ場合は「デキル女バッグ」と命名しました。
少しヒマになるとあらんちゃん美季さんとこんなことばかり言って
一日中退屈しない私たちの会話を聞いては厨房のゆうさんは可笑しいやら呆れるやら・・・
「このちまちまランチの仕込みはやってもやっても終わらんワイ」と手は休みません。
Img20100424223550
Img1b20100424223550
「早くもゲット」
初日の帰り際に私がgetした美季さんのケータイケースです↓。
裏返すとカメみたいです。。。 カワイイ❤ 持っているだけでウレシクなります。
以前、ケータイをジーンズのポケットに入れていてトイレにポチャンと落としたことがあるんです。
同じ体験をされた方もいると思いますが、あれはためらうことなく思わず拾いあげます・・手で・・・
このホルダーにいれてベルトループに下げておけばもうそんな目には合わなくて済むでしょう(^-^;
この柄が欲しかったお客様、、、お先にいただきました。ごめんなさい・・・
Img2a20100424223550
Img2b20100424223550
「今日食べた昼ごはん」
左から 
あらんちゃんと美季さんが食べた「ヘルシーハンバーグランチ」
目玉焼き定食ではありません。下にハンバーグが・・・
つうこはまだ食べていなかった「ちまちまランチ」
彼女が写真撮っている間にあらんちゃんと私は自分のご飯完食しました。
私が食べた「サーモンとキノコのピザ」これまたオイシー *(^-^)* 
VG自家製タバスコはビックリするほど辛いので、辛いの弱い方はかけ過ぎにご用心!
Img3a20100424223550
Img3b20100424223550
Img3c20100424234343
「お礼とお詫び」
「つうこのちまちまクッキー」昨日完売となり、土日来てくださるお客様のために・・・と、
昨日も寝ないで(大袈裟ではなく本当に寝ないで)追加分を焼き上げ
本日お昼過ぎに息も絶え絶えにVGへ持って現れたのですが、
大好評につき籠に出した瞬間、次々と手がのびて約2時間で完売してしまいました。
つうこ、「ああっ・・・一晩かかったのに一瞬で・・・」と感謝と嬉しさのあまりむせび泣いておりました。
つうこのちまちまクッキー、皆さまのご協力のおかげで予想を上回る募金をお寄せいただきました。
お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございました。
ちょっともうこれ以上、時間的にも体力的にもつうこに無理をさせることはできませんので
今回の「ちまちまクッキー」の販売は終了とさせていただきます。
これから来て買おうと思ってくださっていた方、本当に申し訳ありません。
今度またこのような機会がありましたら、どうしたら欲しいと言ってくださるすべての方に
お持ち帰りいただけるか、まじめに作戦会議もしますね m(_ _)m

そんなこんなで今日も一日賑やかに過ぎました。
たくさんの方に足を運んでいただき本当に感謝しています。
あ~、もう半分終わっちゃった・・・
長い間準備しながら楽しみに待っていたのに、始まるとアッという間に会期が過ぎていきます。
あらんちゃんは、明日まで会場にいます。あらんちゃんに会いたい人は是非明日!

今日はつうこに対抗しようと思って少し長めに書いてみましたが・・・
やはり「見たまま思ったまま」を書いただけの文章でしたね(苦笑)
いえいえ・・・ 今日ブログについての感想を何人かの方からお聴きしたもので・・・
VOPのDiary読む時は、脳を使ったり休めたりしてくださいね(笑)

HIRO
Img20100425155004
ちまちま展に展示してある私が再現した「シャルロット」というイングリッシュローズです。
イベントのことを何も知らなくて入ってこられたお客様でも、
ローズが好きな方は熱心に見入ってくださいます。
「オールドローズ」という言葉自体知らずに来てくださった方も、見ていただいたら
「このコーナーのバラ、形がちがう・・・」というのは気づいていただけると思います。
それだけで、私の「ちまちま」は充分報われます。
私は自分では、ごくごくスタンダードな人間だと思っていますが、、、
プリフラでの作品づくりに関しては「人とちがうカラーを出したい」とかなり強く思っています。
オールドローズはその名のとおり品種改良が進む前の「昔からあったバラ」なので
茎がクネクネしていたり切り花にするとすぐに形が崩れて散ってしまったり・・・
その「難」を克服するためにどんどん人の手が加えられて、茎がまっすぐで
バァーッと開いたりしない「いつまでもキレイ」なモダンローズが生みだされたようです。
自然回帰志向の時代の流れでしょうか、最近またオールドローズは人気が出てきているようです。
花の丸くて艶やかな容姿やその香り、奔放に伸びゆく蔓や
刻々と変化して開いては散ってしまうはかなさ・・・が魅力だそうです。
それをプリザーブドでやってしまうと、全然「儚く」ないのですが・・・ 
ま、好きなキャラをフィギアにして大切に眺めるような気持ちでしょうか・・・ (^-^;
私は作ること自体が楽しかったです。
「これは売っていただけないの?」と何度かお尋ねいただいたのですが m(_ _)m
まだまだ発展途上のものですし、「これはダメなのですが、お作りします」とお約束するのも
軽いめまいを感じるくらい勇気いります。
ですのでオールドロースのアレンジメントわずか3つですが、こちらは最終日までご覧いただけます。
遅ればせながら、今回持っていった作品を全部ではありませんがGallery(Preserved)にupしました。
会場に来ていただけなかった方や、来ていただいた時にはすでになかったものなど
そちらから見てやってくださいね。

HIRO
Img20100426220107
オンナ6人よってたかってワイワイやらせて頂きました
「chima-chima 展」も、余すところ明日1日のみとなりました。
大好評頂きましたのも、ひとえに遠くから近くからお出で頂きました
皆様のおかげです。基地とはいえこんな僻地までありがとうございます。
思い起こせば去年の「コラボ展」、無謀にも1ヶ月近く開催し、
HIRO もあらんちゃんも死にかけました。。。
それを教訓に今年は1週間と、短い開催期間にもかかわらず、
たくさんの皆様においでいただきました。感謝です!
つうこの「ちまちまボランティアクッキー」も(あとでHIROから
正確な報告があるでしょうが)1万円以上の金額を御協力頂きましたようで、
本当に有り難うございます。
皆それぞれに心底ちまちましたこの1ヶ月程・・・その中で僭越ながら
ランチを担当させて頂きました。いつもはメニューをちゃんと公開して
いるのですが、今回は「なにがでるかな?」という期待感を持って頂きたく、
店のHPにもアップしておらず、来て頂いたお客さまに『あれなに?』とか
いろいろ御質問を頂きましたので、最終日ネタばらししようと思います。
写真手前からアボカドとクリームチーズのピスト、ローストビーフの
2種の手まり寿司、2列目左からシュウマイの皮を使ったラザニア、
麦のサラダ、色々野菜の寒天アスピックゼリー、3列目左から
ナッツの丸パン、きのこのアヒージョ(スペインのタパス)焼きコロッケ、
ほうれんそうとおマメのフリッタータ(イタリア風卵焼き)
あとサラダとフルーツ、ブロッコリのスープという構成でした。
おかげさまで皆様に本当に楽しんで頂けたようで、この1週間
仕込んでも仕込んでも終わらない仕込みに『わあああお』とか
思ったこともいい思い出になりそうです。あとウチのちまちまムスメ、
AYAMIのちまちまコーヒークッキーもホントに彼女がんばって
作りました。残りわずかですがまだ少しあります。明日お越しの方、
ぜひ御賞味くださいませ。
なにはともあれ明日最終日です。今日デビューした作品もありますから
まだまだ見どころ満載です!是非皆様お運びくださいませ!!!

ゆう
Img20100426232026
Img1b20100426232026
「ポカポカ陽気」にはなってくれませんが、ちまちま展も昨日今日は好天に恵まれました。
いつもは芦屋消防署前の道・最短距離を一目散にVerdan' Gardenめがけて歩くのですが、
今日はお天気もよかったし阪神芦屋駅のホームから眺めたら市役所横のハナミズキが
素晴らしくきれいだったので、芦屋川の河原をプラプラ歩いて出勤しました。海が見えます。
何十回もVerdan' Gardenに来ているのに、このアングルから芦屋浜を見るのは初めてです。
このところバタバタしていて、こうして遠くの景色を眺めたのは久しぶりのような気がしました。
晴れた日に見たこの景色、訪れてくださった皆さんの笑顔とともにきっとずっと覚えています。
あらんちゃんも皆さんの笑顔をお土産に携えて信州へ帰って行きました。ちまちま展はあと1日。
美季さんと私が超シアワセなランチタイムを過ごせるのもあと1日です。
二人とも1週間で2kg位太ったかもしれません(笑)
明日は雨の予報、初日が雨で最後の日も雨・・・・ 
「晴れオンナ」と豪語するワタシ、、、今回は「お足元悪く」してしまいました、ごめんなさいm(_ _)m
「3月の風と4月の雨が美しい5月をつくる」そうですので勘弁してください。
気づけば「美しい5月」はもうすぐそこ・・・
4月は「ちまちま!」「ちまちま!」とお騒がせしました。この騒ぎもあと1日です (^-^)/~ HIRO
Img2a20100426232026
Img20100427144549
本日で、コラボ展も終了致しました。
本当にたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
このたびは、写真部の展示、製菓部のチャリティークッキー、軽音部の展示という形で参加
させてもらいましたが、参加にあたって多くの方に支えていただいたこと、感謝いたします。
まずは、スノーシュクレをほんとうにたくさんの方々にお買い上げいただき、チャリティーに
ご協力いただいたこと、心より御礼申し上げます。
発展途上国の女の子達の笑顔を想い、ただただ皆様のご厚意に感謝するばかりです。
ありがとうございました。
今後もこのような形で、どこかでどなたかの笑顔につながるのならば、くるみをきざみ、
丸め、焼き続けようと暫定製菓部考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。
このたび写真部の展示に際して、HONDAさんの手をお借りしました。
軽音部、製菓部で不在の間に展示していただき、ありがとうございました。
写真部は園芸部と不可分、むしろ園芸部が記録写真を撮っているといったほうがいいかも
しれません。
いい写真を撮るために被写体の植物達を丁寧に育てること、そこから始めないといけません。
また花の季節が訪れました。いいショットをお見せできるよう、しっかり育てたいと思います。
コラボ展後も壁の写真とポストカードは展示してくださるようです。
今後もガーデンで、VOPのバラやクレマチスも点在、皆様をお待ちしております。
期間中、製菓部でちまちましていた他は、作品を存分に見せていただいた私・・
アランちゃん、美季さん、HIROの「匠の技」にただ脱帽です。
実際、作家さんとお会いするとそのかたの人となりが伝わってきて、作品への愛着もひとしお
精巧なちまちまも、ひとえに作品を愛する、使ってくださる方への想いあってこそ
「人」があらわれた作品ばかりでした。
8年前に初めてガーデンを訪れた時、スプリングフェア開催中、グリーンや花を愛する人達で
あふれかえっていました。
人と人がつながり、もっと多くのかたが、このガーデンに咲く花をごらんに訪れてくださる
この状況を心より嬉しく思います。
皆様、ありがとうございます。
これからも精進し、次回はまた違った「花」をお届けできればと思っております。
どうか変わらぬご支援をお願い申し上げます。
今日の画像は・・・
期間中に撮った ガーデンランチ 料理長ゆうの「腕まくりちまちまスペシャル」
ちまちまちまちま・・言ってるあいだに、新緑のまぶしい季節となりました。
トップは緑に飛翔する蝶と光輝く金箔 - 一皿に庭を描く ゆうの 今回のコラボ展への想いが
凝縮されているのだと思います。
加えて、絵になるアシメトリーな庭のコーナーにも Closer to YOU !
解説は料理長よりお願いしましょう。
Img2a20100427152644
Img2b20100427144549
Img2c20100427144549
あっ、そこにいたの、セイン・・・
ほら、もっとおもしろくなるから・・つて言ったとおりになったでしょ?
来年ももっとね!
あ、その前に週末は大音量、覚悟しておいてね(笑)
Img3a20100427151347
つうこ
Img20100428002531
「ちまちま展」
皆様のおかげ(ホントに心から思っています)を
もちまして無事終了いたしました。
たくさんの方に足を運んでいただき
本当にありがとうございました。
結局一番しんどい思いをさせてしまったゆうさん
なんとか持ちこたえました。
2kg太ってしまった美季ちゃんと私に反比例して
ゆうさんは2kg以上痩せてしまいました、、ゴメン。。。
撤収作業を終え最寄駅まで帰ってきて空を見上げたら
虹色の傘をさした満月が輝いていました。
思わずお財布を出してフリフリ~
「みんな!ありがとう!!またステキなこといっぱい起こりますように!」
皆様からいただいたモノを胸の中に抱えながら、なんて欲張り・・
ただでさえライブ前はいっぱいいっぱいのつうこが
衰弱しながら作ったクッキーはチャリティーに大貢献。
あらんちゃんと私がコラボで作った看板も
ありがたいことに落札していただきました。
「少しでも足しに・・」と思いついた企画
ナント合計で15600円も途上国の女の子に送ることができます!
本当にありがとうございました。
Img2a20100428002531
コラボ、本当に楽しい一週間でした (^-^)/
あらんちゃん (Click!) やjolieの美季ちゃん (Click!)  
それぞれのコトバで感謝の気持ちを表しています。
そして、VOPのナデシコも・・・↓↓↓
お休み前のひとときにこのページを開いてくださった方がた、、、余力があればおつきあいください。
ちなみに、この丁寧なご挨拶を補足させていただきますが・・・
一番上の画像は・・・
平たく言うと、「ちまちまランチ」の「ブロッコリーのポタージュスープ」です。ちかっ (^-^;
では、おやすみなさい・・・  も、いっかい、、、みんな本当にありがとう!!!

HIRO
Img20100429184926
拡大して見ていただかないとよく見えないのですが、私には見なれたフワフワとしたつうこの文字
「First Circle」の譜面・・・ちまちま展に遅れてきた分まだVrdan' Gardenに居残りしています。
ちまちま展が始まる直前に「軽音部緊急参戦いたします!」とつうこが表明して出したものですが
これは 彼女の一世一代の「大ちまちま」!!
皆がいくら「ちまちま」がんばっているからと言って・・・
「早くもそんな『とっておき』を出すんかい・・!」と言ってしまったシロモノです。
平たく言ってしまうと「パットメセニーグループ」の「ファーストサークル」という曲のコピーです。
「コピー」といっても複写機で印刷した・・・という意味ではありません。
音源を1つ1つのパートごとに耳で聴きとって楽譜に書いていく作業です。
パットメセニーグループというのはつうこが命かけて大尊敬するグループで
その中でも「First Circle」はつうこが死ぬほど好きな曲です。
楽器をやる人は好きな曲は奏でてみたいもので、楽譜があれば見て弾いてみたりするのですが
当時「First Circle」の楽譜はまだメセニーグループしか持っていなかった・・・
ならば!と、聴いた音が全部音符になって脳に入ってくるつうこはそれを譜面に書きました。
しかも全部の楽器のパートを!それが、、、コレ↑です。オーケストラの譜面みたい・・・
音楽をかじったことがある人ならこの譜面を見れば気が遠くなることでしょう。
譜面が読めない人でも、この複雑に入り組んだ「図形」を見たら
なんとなく「タダモノではない」雰囲気を感じると思います。
わたしが3年がかりで言い聞かされている「First Circle」へのつうこの熱い想い・・・
こんなに少ないスペースで話しを終わらせたんじゃ・・・後で叱られるかもしれませんが(^-^;
興味ある方は、どうぞ本人から解説してもらってくださいね。
3日後の5月2日(日)Verdan' GardenでのSTABLE NOTESのライブに来てくださる音楽ファンの
皆さま「First Circle」の譜面は必見です!!!
そして、譜面には興味がなくてもつうこさんに会ってみたい方!
はたまた4分の1倍速のつうこさんしかまだ知らない方!
ライブでは14倍速(16ではない)のキリリッとした「おっとこ前」なつうこさん見れます (^o^)♪
GWの予定がまだ決まっておられない方「Jazzはわかんないから・・・」なんて言わないで、
一度STABLE NOTESのゴキゲンなライブにお越しください。
何だかスゴーク嬉しくなってきて、帰る時にはとても元気になるような楽しいライブです。
        5月1日(土) 神戸元町萬屋宗兵衛 19:30開演
        5月2日(日) 芦屋Verdan' Garden 14:00開演
詳しくはこのホームページのInformation(Music)をごらんください。

HIRO
chima-chima参加者の後書きを読んでいたら、
jolie美季ちゃんが「身についた2kgを振り返ってみます」と書いていて (Click!) ・・・
とてもシアワセな いい記録だなぁ・・・と思ったので
私もchima-chima展の間にいただいたシアワセごはんをここに集めて残すことにしました(笑)
Img20100430113742
Img1b20100430113742
Img1c20100430113742
Img2a20100430113742
Img2b20100430113742
Img2c20100430113742
Img3a20100430115415
Img3b20100430115415
Img3c20100430115415
本当にシアワセでした❤ ゆうさん、ごちそうさまでした (^o^)/

そしてchima-chima展が終わっても、シアワセはまだ続く・・・(笑)
昨日は和歌山岩出の「ビストロたけ」さんでまたまたシアワセ❤になっている私でした。
Img4a20100430115415
Img4b20100430115415
Img4c20100430115415
こちら たけさんのお料理もほんっっとーーーにオイシイ!
第二京阪道路が開通し、私が住む枚方から「たけ」さんまでわずか1時間15分で行けました!スグです!!
距離にしたら往復200kmくらいあるのですが・・・ 昔だったら片道3時間くらいかかっていた所です。
「スグ」なのでまた行きますね!! たけさんおっけちゃん、ごちそうさまでした!!!
おなかすいている時に見ている人、ごめんなさい・・・

HIRO