Img_50f16667058ddcbf1569ef0e2090979e
先日お見せしたわが家のブルースターに住んでいるチビカマキリ。
昨夜は雨も風も激しくて、あのカマキリも飛ばされてどこかへ行ってしまっただろう・・・と思いながら朝見たら
ちゃんとまだ居ました。 「無地やったで~」と朝の挨拶(笑っ)
ブルースターはご覧のとおり毛むくじゃらなのでシッカリしがみつきやすかったのかもしれません。

梅雨時は色々な虫や菌が繁殖しますねぇ・・・
私は育てているバジルの葉っぱをかじられて非常に気分が悪いのです (-"-#
よく見ると5mm位の小さな青虫が。 バジル食べたいので殺虫剤をかけるわけにもいかず
毎朝割り箸でつまんで捕るけれど、保護色の青虫は老眼では捕りきれない。
バジルよ 食べられる分よりも早く育ってくれぇぇ・・・

そして、何となく漂う不快臭~~~  ゲッ! これです!
虫が嫌いな方は決して大きくして見ないでください。
物見高い人は大きくして見てください。 なかなかモードなカメムシ集団です (^^;
Img_172ca37fa77d43849856ec2123189dd9
そんなこんなで 虫が苦手な方にはなかなか辛い季節ですが・・・
たまにこんな可愛いイタズラをするコもいるようです *(^-^)*
Img_2411bd5fd04e77b5b247444fb7adf1d1
HIRO

Comments

ゆう | 06.19.2015 03:15
自然農薬の結構効くレシピをお教えします。材料は
鷹の爪ひとつかみ、ニンニク一個、焼酎かウォッカ少々と
水と古くなっちゃってもう飲めないだろー的な緑茶。以上。
鷹の爪とニンニクをフードプロセッサーでみじん切りにして
水を入れてお鍋で煮出します。そこにお茶っ葉を入れて
冷まし、冷めたらアルコール分を加えます。
ペーパータオルか不織布の水切り袋かなにかで濾して
適当に水で薄めて虫のつくヤツや虫本人にスプレーで
かけちゃってください。青虫や毛虫の類いは柔肌なので
この刺激になかなか耐えられません。じたばたあがいて
おっこちていきます。すべて食品で作るので、人体には
一切影響がありませんし、殺虫剤ではなくあくまで
忌避剤ですから(たまにひ弱なヤツは死にますけどね)
さほどの罪悪感もありません。料理に使う時は洗えば
いいだけ。余ったら冷蔵庫で2週間くらい持ちます。
ただし作っている最中に「ペペロンチーノ食べたい〜」
とかなっても責任は持ちません。
HIRO | 06.19.2015 09:20
ほおぉぉ! さすが!ゆうさん!!ネットにもこんなの載っていませんでした。
「根もとにドクダミの葉っぱを置くと虫が寄り付かない」とあったので
さっそくやってはいますが、もう寄っちゃった虫には効かないよねぇ・・と半ばあきらめムードでした。
鷹の爪「ひとつかみ」とはまた豪快な・・・
コレを吹きかけられる・・と想像しただけで目がシバシバ(ToT;; 青虫気分...
さっそくやってみます! ありがとう(^o^)/
ゆう | 06.19.2015 17:55
根元に置いても飛来害虫には関係ないです (^_~)
細かく刻んで煮出してから噴霧すれば違うでしょうが。。。
さっきのレシピにお茶っ葉と一緒にドクダミ入れても
全然 OK っすよ(^^)
HIRO | 06.20.2015 14:02
どちらにせよ、人体に無害で虫だけに効くってのは手間がかかるんですね・・・
ぼくらはみんないきている~  ですもんね。。。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする