Img_eeb8410f3863ffcb0b0969c95294e5ec
『宮廷画家ルドゥーテ花の美学展』を見にいってきました。
「え?もう終わったんちゃうん? (Click!) 」と思う方もおられるかも・・・
薔薇のマークの高島屋、今度は京都店で今開催中です。先日高島屋で靴を買ったらルドゥーテ展の招待券をくれました。ラッキー!
詳しい解説をおさらいしたい方はつうこさんから→ (Click!) 
絵葉書や写真になるとタダの「花の絵」ですが、その精巧で緻密な手法は実際に見るとスゴイんです!
華道が盛んな京都での展示は大盛況、お花好きな皆さん花の名前を読みながら熱心に見ておられました。
私も絵葉書を買い求めましたが、選んだのがバラじゃないのばかり・・・その「あまのじゃく」ぶりに自分で苦笑しました。
あ、リースは薔薇です。Juliaさんが私に送ってくださった絵葉書、私もこれは一番大好きな絵でした。
「原画を1枚あげる」と言われたら、このリースのにしようか「パンジーのブーケ」にしようか迷うところです。
つうこはやっぱりどれか薔薇のを選ぶんでしょうね。

HIRO

Comments

つうこ | 09.26.2013 14:25
京都でもあったのですね!
「やあ~これ見よし~。 よぉこんなにこまか~に書きはったなぁ」
「ほんま、ルドゥテはん、きれ~に描いとぉすえ。うち、この花が好きやわ~はあんなりして・・❤」
京都展なら、お着物の女性がこんなふうに絵を見ておられるのでしょうか。
それにしても・・「あまのじゃく」ですね~^-^;
なんていう私も、ポストカードはバラ以外の花を選びました(笑)
バラはたくさんありすぎて、選びきれない、一つを選ぶことなんて無理(>_<)
と、ワタシの場合は「バラへの愛ゆえ」ですが・・(^-^)v
HIRO | 09.27.2013 23:21
そうですね、年配の方が多かったです。
そういう方はバラよりも「庭の花」やツバキ・芍薬を喜んで見ておられましたね。
そうそう!『ユリノキ』の絵もあって嬉しくなりました。
「見るからにロザリアン」という方も多かったです。
オールドローズを見る目つきがもう違います。
ところで「マリーアントワネットが愛した香り」か「ジョセフィーヌが愛した香り」
どっちが好きだった?
つうこ | 09.28.2013 10:39
どちらも想像していたより、とても優しい香りで好きな香りでした。
強いていうなら「ジョセフィーヌが愛した香り」でしょうか・・ただの直観ですが・・
Hiroはどちらですか?
HIRO | 09.29.2013 11:41
アントワネットもジョセフィーヌも本当はどんなお人柄だったか存じ上げないので
ただ単にふたつの香りを嗅いで・・・ということですが
(その割りには上に掲げてある肖像画の印象が邪魔しますけどネ)
私も香りとしては『ジョセフィーヌ』の方が好きでした。
『アントワネットの香り』よしもおとなし目ですが
深く上品な香りでしたね。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする