Img_4e220a83ccdb6b2484f94ad926afbbe820f5b4df
昨日は大変な雨でしたね。警報のでていた地域の皆様、大丈夫でしたか?
今日は時折晴れ間も見えますが、なかなかすっきりとした空色は見えず・・
なので、(何が「なので」かわかりませんが・・笑)バラの紹介をしましょう。
昨日の「芍薬」素敵でしたね・・開花してもまあるいまま、あの中のきれいな花びらを最後まで見せないなんて・・
「奥ゆかしさ」にもほどがあります❤ 今度は散った花びらのショットをリクエストしてしまいそう(してるやん・・笑)
数日前に公開されたアレンジで、あの芍薬に反応してしまったのは、イングリッシュローズに咲き始めが
そっくりのバラがあるからなんです。
大事そうにかかえこんだ中から、出てくる出てくる、200枚以上もの花びらが優雅なロゼッタ咲きになるものもあれば
このトップ画像のバラのように、外側の花弁だけが開き、中はカップ咲き「カップ&ソーサー」になるものもあります。
今日のバラ「セプタード・アイル」の咲き始めはこうです↓
Img_790f2f6cbe9cc165e6dbf54e8c8d95062683051b
トップ画像はRose Gardenで撮ったものですが、花は開いた後のものばかり
なので、コチラ、図鑑より拝借しました。
他にも咲き始めの丸いかたちがよく似たイングリッシュ・ローズがたくさん
また少しずつ紹介しますね。
交配種は Wife of Bath x Heritage
Wife of Bathは多くのイングリッシュローズの親になっています。
Heritage はショットがあるので近々・・色々紹介する約束、覚えています!
覚えているだけではいけませんね、守らないと!(笑)

「Scepter'd=王に統治された Isle=島」はシェークスピアの「りチャード2世」に登場する叔父ジョン・オブ・ゴーントが
祖国への愛を語るセリフにちなんで名づけられました。詩のお好きな方はどうぞ (Click!) 
シェークスピアで登場するジョン・オブ・ゴーントは愛国心が強く、リチャード2世の統治に危機意識をもちながらも
「王は神の代理人」と支持する姿勢を貫きます。息子(後のヘンリー4世)がイングランドより追放されても
(リチャードの従兄弟ヘンリーが王の重臣初代ノーフォーク公モーブレーのことを「軍資金横領してまっせ。弟君の死んだんも関係あるんとちゃいますか・・」と言いふらし、怒ったモーブレーとの決戦前、リチャードは2人を国外に追放します)
病の床を訪ねてきたリチャード2世に政道を正すよう意見し、鼻であしらわれる・・死後は公領を没収され・・と
気の毒な人物として描かれています。
でも、実在のジョン・オブ・ゴーント(1340~1399)は王位をねらう野心に満ちた人物だったようですね。
イングリッシュローズを辿ると、名前を通して色んなことに出会えるから勉強になるのですが、
調べないと紹介できないような「カード」がまだたくさん手元に・・時間はたっぷりあるのでボチボチいきますね。(笑)
すでに皆様がご存じの「ハムレット」や「ロミオとジュリエット」「ヴェニスの商人」等の有名なセリフに加え、
「リチャード2世」の第2幕、ジョン・オブ・ゴーントが呼ぶこの祖国の名を・・よければ覚えてくださいね。
ポロっと口にされると・・・・ロザリアンがふりむきます❤(笑)
Img_f2dce51063a2a76b492820784ff995237adc0275
つうこ

Comments

HIRO | 06.13.2011 23:19
「セプタードアイル」6月5日の私のDiary『靭公園』
ローズの写真左端は「セプタードアイル」です。まぁるい花弁が特徴的で写真を撮りました。
名前ね、一応チェックしていますが・・・
そのあたりの紹介いっさいがっさいはつうこさんにお任せしまーす>>>>>
つうこ | 06.14.2011 03:17
わあ!「セプタード・アイル」だったのですね。
外側の花弁の白さと中のピンクの「差」がピエールに似ているけれど、
違うなあ・・誰だろう・って思ってました。バラあてクイズ、まだまだです・・^_^;
そう!綺麗なしべもちゃんと撮ってもらってますね。
育てておられる方によると「花びらと黄金のしべとの対比こそが、このバラの魅力」だとか
これで正面のショットもそろえば、もうバッチリです!
プロマイドの収集にご協力、ありがとうございました\(^o^)/



HIRO | 06.14.2011 18:28
へ? 「セプタード・アイル」だとお気づきではなかったのね・・・
ゆうさんはわかってたやろね。。。
ほな、真ん中と右もわからへん?
ご参考までに、「ピーチブロッサム(名前が可愛い)」と「ライラックローズ」です。
彼女たちもきっと小山内さんに選ばれしコたちなのでしょうね(^-')b
つうこ | 06.15.2011 13:01
「ピーチ・ブロッサム」は、咲き進むとほとんど白になり・・とありますが、
本当にそうですね。よくみたらほのかなピーチが残ってます。
「ライラック・ローズ」も開くとこんなふうな花びらの詰まり方になるのですね。
どうしても持ってるプロマイドのイメージだけで判断してしまいますが、いけませんね~^_^;
「熟❤な頃」のプロマイド収集にご協力ありがとうございました。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする