Img20100425155004
ちまちま展に展示してある私が再現した「シャルロット」というイングリッシュローズです。
イベントのことを何も知らなくて入ってこられたお客様でも、
ローズが好きな方は熱心に見入ってくださいます。
「オールドローズ」という言葉自体知らずに来てくださった方も、見ていただいたら
「このコーナーのバラ、形がちがう・・・」というのは気づいていただけると思います。
それだけで、私の「ちまちま」は充分報われます。
私は自分では、ごくごくスタンダードな人間だと思っていますが、、、
プリフラでの作品づくりに関しては「人とちがうカラーを出したい」とかなり強く思っています。
オールドローズはその名のとおり品種改良が進む前の「昔からあったバラ」なので
茎がクネクネしていたり切り花にするとすぐに形が崩れて散ってしまったり・・・
その「難」を克服するためにどんどん人の手が加えられて、茎がまっすぐで
バァーッと開いたりしない「いつまでもキレイ」なモダンローズが生みだされたようです。
自然回帰志向の時代の流れでしょうか、最近またオールドローズは人気が出てきているようです。
花の丸くて艶やかな容姿やその香り、奔放に伸びゆく蔓や
刻々と変化して開いては散ってしまうはかなさ・・・が魅力だそうです。
それをプリザーブドでやってしまうと、全然「儚く」ないのですが・・・ 
ま、好きなキャラをフィギアにして大切に眺めるような気持ちでしょうか・・・ (^-^;
私は作ること自体が楽しかったです。
「これは売っていただけないの?」と何度かお尋ねいただいたのですが m(_ _)m
まだまだ発展途上のものですし、「これはダメなのですが、お作りします」とお約束するのも
軽いめまいを感じるくらい勇気いります。
ですのでオールドロースのアレンジメントわずか3つですが、こちらは最終日までご覧いただけます。
遅ればせながら、今回持っていった作品を全部ではありませんがGallery(Preserved)にupしました。
会場に来ていただけなかった方や、来ていただいた時にはすでになかったものなど
そちらから見てやってくださいね。

HIRO