Img20100417155610
ヨガに行くと「呼吸法」というのをすることがあります。
深い呼吸をするための訓練でやり方は何種類もあるようです。
ある日した呼吸法は、右の鼻の穴を親指でふさいで左の鼻の穴から息を吸う
次に薬指で左の鼻の穴をふさいで親指は離し右の鼻の穴から吐く、そのまま右から吸って
指を換えて左から吐く、左から吸って指を換えて右から吐く・・この繰り返し・・・というものでした。
スーハーしながら、「左に比べて右の鼻の通りがとても悪い・・・」と思っているところへ先生の説明
「体の器官というのは左右反対側の『脳』につながっています。
 『右脳』というのは直感・感覚・イメージなどをつかさどり『左脳』というのは論理・分析・計算などを
 つかさどっていると言われています。こうして片方づつ意識をしながら酸素を送り込むことは
 右脳と左脳をバランスよく鍛えることにつながります。」
ゲッ・・・ワタシ、左脳に全然酸素いってへんやん・・・・・ どうりで・・・
万事を勘に頼って切り抜けている私の生活を見抜かれたような数分間でした。
息をするだけで鍛えられるものならば、、、右の鼻の穴もせっせと鍛えよう・・・
それよりもGarden行った時に樹くんと一緒に計算ドリルしたほうがいいかな (^-^;

HIRO