Img20100410151523
今日もいいお天気でしたね。
お花見に行かれた皆様、ページを開いて
またかい・・・(汗)と思われました?・・ね(笑)
そうなんです、今日もさくら!だって「桜週間」ですから!(勝手に決める(^^♪)
昨日はほんのり優しい「さくらいろの桜」(バックが幹の黒なのはさすがフローリスト!)
そしてどこまでも続く桜の帯・・壮観でしたね。
あたかもそこに行ったような気分になってあの桜を美しいと思う・・
私達にはやはり「日本人の血」が流れているのですね。
たとえばトップの画像、これがポストカードだったら、ちょっと買わないかもしれない鮮やかな桃色桜
でも心底、愛おしいと思います。
ご自分の見てこられた桜をしっかり心にやきつけながらも
どれ、どれ・・・と大目にみてくださる皆様、ありがとうございますm(__)m
だって、私達日本人ですものね!
Img2a20100410151523
Img2b20100410151523
数日前にも公開した「龍野城」のさくらです。
満開のしだれ桜、初めて着物を着せてもらった桃の節句の女の子みたい・・重そうですね。
でも右側、どんなに花をつけても重くても太陽に向かって伸びる枝
冬も春も夏も秋も姿勢くずさず!見習わなくてはいけません。
Img3a20100410153354
Img3b20100410153354
こちらは、以前にも紹介した聚園亭(しゅうえんてい)、モミジ谷の近くの桜です。
遠くから見ると山のふもとに薄いピンクの「裾」ができています。
山の空気をいっぱい吸って、白い花に彩られた空を見ながら歩いてきました。
ああ・・・空気も届けたい!!
Img4a20100410162308
そしてこちらは 「聚園亭」です。
以前このバックの鮮やかな紅葉とともに公開しました。
背後の山々の紅葉が美しい、池の浮き室「お茶室」
しっとりとした「和」の情緒ただよう庭園ですが
桜の木は茶室前にこの1本と庭園脇のしだれ桜数本
お茶室と桜・・この花木を最小限にとどめたガーデナーの意図に
今頃気づいたふるさと特派員でした・・・
そして最後「春の主役」を遠くから眺めていた「秋の主役」です。
「乙女桜」という種の「いろはもみじ」もありますが
この紅葉がそうだったらいいのに・・・
山の季節は確実に動いています。                    

つうこ
Img5a20100410162308