Img20100123135316
プリザーブドフラワーはキレイで好きなのだけれど「ホコリたかるのがちょっと・・・」とおっしゃって
フィルムをかけたままで飾られる方が結構おられるようです。
プリザーブドフラワーは生のお花と同じように美しいので、私は本当はケースに入れたり
フィルムをかけたままにせずに じかに楽しんでいただきたいと思っています。
これは、私がホコリをあまり気にしないせいかもしれませんが (^-^;
そこで、ゆうさんが「こんなのあるよ」と『光触媒コーティングスプレー』なるもののサンプルを
取り寄せてくれました。
その正体は「二酸化チタン」のようです。長々と理論の説明書きが添えられているのですが
化学が大の苦手(いったい何が得意だったんだ・・という話だけど)な私には全く理解できません。
要はこの謎の液体をプシュプシュスプレーしてコーティングすると「ホコリはスルスルと滑って
つかない、UV効果があるので色あせない、しかもゴワゴワにならないのでプリザーブドフラワー
にはもってこいです!」ということのようです。
頭で考えるよりも先にカラダで覚えるタイプの私、、、とりあえず試作品にプシュプシュして
本当にホコリがつかないかどうかしばらく様子を見てみます。
もし効果が顕著であれば、ホコリ嫌いの方には朗報です。
「ホコリがつかない加工済み」の作品を作ることができます。
ただ・・・ このスプレー値段がとても高いので加工はオプションかなぁ・・・
私だったら、プシュプシュしてもらうよりお花が2つ3つ多い方が嬉しいかな??
ま、自分基準はいけません。。。
絶対にホコリは許せない!という方、おっしゃってくださいね。こんな製品もあります。

HIRO