Img20100120141155
Img1b20100120141155
昨日、年があけてからまだ一度も行けていなかった
私たちの基地Verdan' Gardenへフラリと遊びに行きました。
昨日今日と穏やかで春のような日和になっていますが、Gardenの植物たちはまだ冬眠中
一番目覚めの早い純白のクリスマスローズとショウジョウバカマだけが咲いていました。

さて、今日は音楽のPR
このHPにも時々登場してくださるジャズヴォーカリストの白根真理子さん。
つうこのバンドSTABLE NOTESとセッションライブするために去年一昨年と関西へ来てくださいました。
いつもSTABLE NOTESにくっついている私も仲良くしていただいて
ガールズトークをしたりMCに役立ちそうな関西流「ノリツッコミ」「ボケツッコミ」のアドバイスをしたり・・・
真理子さんの音楽面以外でのサポーター(??)です。
ジャズヴォーカリストって、本当にタイヘン。
ちょっとやそっと歌が上手いだけではジャズヴォーカリストにはなれません。
生バンドで歌うのはとっても贅沢で気持ちいいように思いますが、
実はカラオケで歌う方が全然歌いやすいんです。と、いうのはカラオケはいつも同じ伴奏だから。
それが「jazz」となるとプレイヤーによって 音は違うわ 間(ま)は違うわ
おんなじプレイヤーでも気分によってノリが違うわ・・・ で、毎回毎回全くちがう伴奏。
それに対応して歌うってのはすごーーーくタイヘンなことです。
と、まるで自分がジャズヴォーカルに挑戦したことあるような口ぶりで書いていますが
私はそんなのしたことありません (^-^;
ジャズヴォーカルに挑戦し苦戦している凄く歌が上手い友人たちを見ていての実感です。
歌をつうこのピアノと二人で合わせる時でさえ、つうこが毎回ちがうカラーのフレーズを弾くので
すっかり自分の歌を見失い、玉砕・・・ 
「つうこ、同じように弾いてよ、そしたらさっきより上手に歌えるのに」と泣きそうになると訴えます。
つうこは(いやjazzのプレイヤーは)そうやって、他のプレイヤーをしごきます。もとい、鍛えます。
白根真理子さんは百戦錬磨 (^-')b 鍛え抜かれています。
お話聞けば聞くほど、jazzするための努力を惜しまれない方でそれほどに音楽が好きなんだなぁ
ということを強く感じる方です。カッコイイ女性ですよ。
そんな白根真理子さん、明日の夜インターネットラジオに出演されます。
動画も流れるので、その姿も拝見できます。
布川俊樹さんのギターに合わせ2曲披露してくださるそうです。
スーッと歌っておられるように見えて実は努力の賜物であるjazz vocal
だからこそ、心に届く音楽・・・  
お時間合う方はぜひパソコンで真理子さんの歌声聴いてくださいね!

白根真理子さん出演 インターネットラジオ【Suono Dolce】
1月21日(木)  「TOKYO AFTER6」 (18:00~21:00) *真理子さんの出演は20時すぎ
      明日夜8時前にこちらをクリック→ (Click!)
      「PLAY」をクリックすると無料で動画を楽しめます。

      白根真理子さんのHP→ (Click!)

                                             HIRO