Img20100108163518
夜明けが遅いので 朝起きた時まだ月が光っているのが見えてとてもキレイです。

昨日の夕刊を見て驚きました「小澤征爾さん食道がんのため半年間活動休止」
つい3週間ほど前 私は小澤さんの指揮を見て感動し、この日記にも書いたばかり。
当の小澤氏は変わりなく力強いまなざしでインタビューに応えておられるのを今朝テレビで見ました。
病気のことは ちょっとやっつけてくるくらいのカンジで・・・
「早く治さないと、自分にはいっぱいやることがあるから」と言っておられました。
日本には素地が全くなかった「西洋クラシック音楽という文化」
自らその真髄に迫るという「実験(と、小澤氏は言う)」をくりかえし 人を育て
その文化にさらに日本人の持つ繊細さが加わってようやく「日本独自の音楽の文化」が形になりつつある今 もっと完成させたい 僕は音楽が好きだから。日本には凄く力のある若い人も出てきている。
日本の文化を世界の人たちにもっと観てほしい聴いてほしい!と語っておられました。
かつて小澤氏は「オリンピックで『日の丸』を背負うように期待されるのはゴメンだ」と公言されていた
そうです。でも年をとると考えが変わって「自分が日本という国に生まれ日本人として育ち、今は日本のために何ができるかを考えるようになった」ともおっしゃっていました。
だから、医者の言うことをちゃんと聞いて早く治して一刻も早く現場に戻られるそうです。
「みなさん検診は受けたほうがいいですよ」とも言っておられました。

年末話題になっていた「仕分け」で文化芸術面の予算もかなり目をつけられていたようですが
「文化」は「ぜいたく品」なんかではないと思います。
文化がなければきっと夢や希望も生まれないし
夢や希望がなければ、勉強する気も働く意欲も湧かないことでしょう。
どうか、夢や希望を持つことができる日本でありますように・・・
そして、私も思います。「検診はちゃんと受けたほうがいいですよ !!」

HIRO