「能楽」を観る

昨日この年にして初めて「能楽」を鑑賞しました。

私の住む町に新しい文化ホールが建って、昨日はその開館記念式典がありました。

幸いなことにその式典に参加する機会を得て出かけ、

会館の杮落しの余興は野村萬斎さんによる狂言でした。

『三番叟』という演目は萬斎さんにとっても特別なプログラムのようで

能楽ファンは「萬斎の三番叟はぜひとも一度は見たい」という作品だそうです。

演じる前にビデオで萬斎さんの作品解説があったのですが、

この演目は五穀豊穣を願う神事の舞

種を蒔き踏み固めるような動作が繰り返されるのですが

この地にたくさんの「文化」の種を蒔きしっかりと踏み固めるという思いで舞います、

と仰っているのがとても印象的でした。

素人目にも日々の鍛錬が感じられる舞の動き、

体中が楽器のように響く声に 震えるほど感動しました。

コロナになってから映画館さえ行くことができず、「芸術文化」から遠ざかっていた私ですが

芸術によって心を動かされる感覚を思いだす1日でした。

(画像はネット上から拝借しました)

前の記事

花火