茅の輪リース

改築のお祝いに、と青い大きなリースを作らせていただきました。

写真では大きさが伝わらないのが残念ですが・・・ 

リース土台の直径が50cm、仕上がりが直径56~57cmあって

乳幼児ならハイハイして通れるくらいの大きな輪っかです。

なのでひそかに「茅の輪リース」と名付けました。

このリースを掛けていただく同じ部屋に

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のステンドグラス細工の額が設置されていて

少女の「青い」ターバンとコラボするリースを作ってもらいたいというご依頼でした。

イメージパースを写真で見せていただいたのですが、

美術館のような素敵なお宅で、このリースがそこに掛けられたらどんなふうになるか・・・

「お嫁にいった先での様子を見にいけたらいいのに」と思う気持ちはいつもあります。

作品が大きすぎて納品するにも箱がなく、、

1畳大のプラダンボールを切り貼りして箱も手作りです。

大切な贈り物をオーダーいただきありがとうございました。

前の記事

神聖な森