エイジング加工

作品展の時にリースなどを掛けて展示するのに使おうと思い木製の衝立を1つ買いました。

写真左のように真っ白な衝立、昔の少女マンガの乙女の部屋に似合いそうです。

今ドキはレトロな雰囲気・アンティーク調のインテリアが人気。

リースやスワッグもピカピカの所よりも経年変化のあるナチュラルな場所に置いたほうが映えます。

と、いうことで今日はピカピカの衝立に「エイジング加工」を施しました。

「エイジングオイル」という油性の塗料をわざとムラムラに塗ってから拭き上げると

わずか半日で! 右の写真のように時を経た衝立に変わりました。

エイジングオイルはドロドロに溶けたチョコレートのようなトロミのある塗料です。

力を入れて拭き上げるのが結構大変、大物だったのでとても疲れました。

作業後は私も10歳エイジング加算でした。

前の記事

月間フローリストに

次の記事

キンモクセイ