カスミソウのリース

今年も11月にいつもの合同作品展する予定です。

コロナだからと動けずにいるのは、外へ出ると交通事故に合うかもしれないから・・・と同じかも。

動く以上リスクはゼロではありませんが、対策は万全にして普通の生活を取り戻していかないと。

作品展をどのような形でするのか、リスク管理はどうするか、しっかり話し合って決めていきます。

とにかく作品を準備しておかないことには始まりません。

最近の作品の傾向は「細かい作業をコツコツと」 写真はカスミソウのリースです。

左手に持っている量の花をリース台に1パーツづつ貼り付けていきます。

リース台を埋めるのにはかなりの時間がかかります。

茎を切って・切って・切って・切って、無数に思えるパーツを貼って・貼って・貼って・・・

そんな無心の作業と、それによってできたシンプルな作品がマイブーム。

「動」か「静」かと聞かれたら、今の気分は「静」かもしれません。

前の記事

花火